5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

魔王のガイドライン2

1 :水先案名無い人:05/01/13 19:38:18 ID:zgsX+Cma
前スレ 魔王のガイドライン
http://that3.2ch.net/test/read.cgi/gline/1083415218/

 こんな夜更けに、闇と風の中に馬を走らせるのはだろう。
 それは父と子だ。父はおびえる子をひしと抱きかかえている。

父   「息子よ、なぜ顔を隠すのだ」
子   「お父さんには魔王が見えないの。かんむりをかぶって、長い衣を着ている・・・」
父   「あれはたなびく霧だ・・・」
魔王 「かわいい坊や、一緒においで。面白い遊びをしよう。岸辺にはきれいな花が咲いているし、金の服を私の母さんがたくさん用意して待っているよ。」
子  「お父さん、お父さん!きこえないの。魔王がぼくになにかいうよ。」
父  「落ち着きなさい、枯葉が風にざわめいているだけだよ。」
魔王 「いい子だ、私と一緒に行こう。私の娘たちがもてなすよ。お前をここちよくゆすぶり、踊り、歌うのだ。」
子 「お父さん、お父さん!見えないの、あの暗いところに魔王の娘が!」
父 「見えるよ。だが、あれは古いしだれ柳の幹だよ。」
魔王「愛しているよ、坊や。お前の美しい姿がたまらない。力づくでもつれてゆく!」
子 「おとうさん、おとうさん!魔王がぼくをつかまえる!魔王がぼくをひどい目にあわせる!」

 父親はぎょっとして、馬を全力で走らせた。あえぐ子供を両腕に抱え、やっとの思いで館に着いた・・・
 腕に抱えられた子はすでに死んでいた。


2 :水先案名無い人:05/01/13 19:38:54 ID:CKa0OPoW
2

3 :水先案名無い人:05/01/13 20:20:49 ID:5lD8fL4v
(`・ω・´)シャキーン

4 :水先案名無い人:05/01/13 20:27:34 ID:VBL/YX3q
>>3
なにが(`・ω・´)シャキーンだ
人生(´・ω・`)ショボーンが!!!

5 :水先案名無い人:05/01/13 20:50:17 ID:AfSuLoBA
 こんな夜更けに、闇と風の中に馬を走らせるのはだろう。
 それは>>1と弟だ。弟はおびえる兄をひしと抱きかかえている。

弟者  「兄者よ、なぜ顔を隠すのだ」
>>1   「弟者には削除人が見えないの。眼鏡をかけて、洋服を着ている・・・」
弟者  「あれはたなびく霧だ・・・」
削除人 「かわいい新スレよ、一緒においで。面白い遊びをしよう。岸辺にはきれいな花が咲いているし、金の服を夜勤さんがたくさん用意して待っているよ。」
>>1   「弟者、弟者!きこえないの。削除人がぼくになにかいうよ。」
弟者  「落ち着きなさい、枯葉が風にざわめいているだけだよ。」
削除人 「いい子だ、私と一緒に行こう。私の娘たちがもてなすよ。お前をここちよくゆすぶり、踊り、書き込み禁止にするのだ。」
>>1   「弟者、弟者!見えないの、あの暗いところに削除人の娘が!」
弟者  「見えるよ。だが、あれは古いしだれ柳の幹だよ。」
削除人 「愛しているよ、新スレや。お前の美しい姿がたまらない。力づくでもつれてゆく!」
>>1   「弟者、弟者!削除人がぼくの新スレをつかまえる!削除人がぼくの新スレをひどい目にあわせる!」

 弟者はぎょっとして、馬を全力で走らせた。あえぐ兄者を両腕に抱え、やっとの思いで館に着いた・・・
 せっかく立てた新スレはすでに書き込めませんよ( ̄ー ̄)ニヤリッ

6 :水先案名無い人:05/01/13 21:04:11 ID:/rkNRKhE
ぬるぽ

7 :水先案名無い人:05/01/13 21:17:29 ID:/rkNRKhE
かぜのよに うまをかり かけりゆくものあり
うでにわらべおびゆるを しっかとばかりいだけり

ぼうや なぜかおかくすか

おとうさん そこに みえないの まおうがいる こわいよ

ぼうや それはさぎりじゃ

かわいいぼうや おいでよ おもしろいあそびをしよう
かわぎしに はなさき きれいなおべべがたんとある

おとうさん おとうさん きこえないの まおうがなにかいうよ

なあにあれは かれはのざわめきじゃ

ぼうやいっしょにおいでよ よういはとうにできてる
むすめとおどっておあそびよ うたっておねんねもさしたげる
いいところじゃよさあおいで

おとうさん おとうさん それそこに まおうのむすめが

ぼうや ぼうや ああそれは かれたやなぎのみきじゃ

かわいや いいこじゃのうぼうや じたばたしても さらってくぞ

おとうさん おとうさん まおうがいま ぼうやをつかんで つれていく

ちちもこころ おののきつ あえぐそのこを いだきしめ
からくもやどにつきしが こはすでに いきたえぬ


8 :水先案名無い人:05/01/13 21:28:29 ID:AfSuLoBA
共産主義になった日の夜、私は父とともに館に出かけた。
もう冬だというのに霧がたなびいている。
私の表情は希望と活気に満ち、額から流れる労働者の汗が月光を反射していた。

「お父さん、お父さん!きこえないの。魔王がぼくになにかいうよ。」
普段は滅多に話をしない私が、父の肩に手を置いて甲高い声で言った。
「落ち着きなさい、枯葉が風にざわめいているだけだよ。」
昨日までとある一流企業に勤めていた父が、落ち着いた声で私に言った。
「愛しているよ、坊や。お前の美しい姿がたまらない。力づくでもつれてゆく!」
通りがかりのかんむりをかぶって、長い衣を着ている魔王がそう言って微笑んだ。

魔王の娘は長年使ってきた金の服を質に入れ、黒光りするマイクを購入した。
「服はもう不要だ。これからは城中に歌を響かせよう」
一仕事終えた雌の表情で娘は言った。

闇夜のなかを魂魄が横切っていった。

9 :水先案名無い人:05/01/13 22:24:39 ID:WDoz/wRP
 こんな夜更けに、闇と風の中に馬を走らせるのはだろう。
 それはシューベルトだ。シューベルトはおびえる『魔王』をひしと抱きかかえている。

シューベルト   「『魔王』よ、なぜ顔を隠すのだ」
『魔王』      「シューベルトには2ちゃんねらーが見えないの。PCの前でニヤニヤしている・・・」
シューベルト  「あれはたなびく霧だ・・・」
2ちゃんねらー 「かわいい坊や、一緒においで。面白い遊びをしよう。岸辺にはきれいな花が咲いているし、『魔王のガイドライン』をID:weExFaemが用意して待っているよ。」
『魔王』     「シューベルト、シューベルト!きこえないの。2ちゃんねらーがぼくになにかいうよ。」
シューベルト  「落ち着きなさい、枯葉が風にざわめいているだけだよ。」
2ちゃんねらー 「いい子だ、私と一緒に行こう。専用ブラウザたちがもてなすよ。お前を改編し、笑い、歌うのだ。」
『魔王』     「シューベルト、シューベルト!見えないの、あの暗いところにギコナビが!」
シューベルト  「見えるよ。だが、あれは古いしだれ柳の幹だよ。」
2ちゃんねらー 「愛しているよ、坊や。お前の独特な歌詞がたまらない。力づくでもネタにする!」
『魔王』      「シューベルト、シューベルト!2ちゃんねらーがぼくをつかまえる!2ちゃんねらーがぼくをひどい目にあわせる!」

 シューベルトはぎょっとして、馬を全力で走らせた。ネタと化している『魔王』を両腕に抱え、やっとの思いで館に着いた・・・
 腕に抱えられた『魔王のガイドライン』はすでに2へと移行していた





10 :水先案名無い人:05/01/13 23:22:30 ID:6vQeyLPH
 こんな年代に、ルドン地方に行くのは誰だろう。
 それはバレンヌ帝国皇帝だ。皇帝はおびえる帝国重装歩兵ベアをひしと抱きかかえている。

皇帝  「ベアよ、なぜ顔を隠すのだ」

ベア 「陛下にはインペリアルガードが見えないの。腕力が高くて、槍適正もある・・・」

皇帝   「あれは柳沢慎吾だ・・・」

プレイヤー 「かわいいベア、ルドン高原においで。面白い遊びをしよう。味方は霧隠れで隠れているし、凶悪なモンスター達がたくさん待っているよ。」

ベア 「陛下、陛下!きこえないの。プレイヤーがぼくになにかいうよ。」

皇帝  「落ち着きなさい、アリがアバロンに繁殖しているだけだよ。」

プレイヤー 「いい子だ、あの昆虫系シンボルにぶつかろう。アリたちがもてなすよ。お前をここちよくゆすり、LPを削るのだ。」

ベア 「陛下、陛下!見えないの、インペリアルクロスの先頭にぼくが!」

皇帝 「見えるよ。だが、それは重装歩兵なら当たり前の位置だよ。」

プレイヤー「愛しているよ、ベア。お前の微妙なステータスがたまらない。力づくでも交代させる!」

ベア 「陛下、陛下!プレイヤーがぼくの装備を剥ぎ取る!プレイヤーがぼくをひどい目にあわせる!」

 皇帝はぎょっとして、高原を全力で脱出した。あえぐベアを両腕に抱え、やっとの思いでアバロンに着いた・・・
 ベアの場所はすでにワレンシュタインになっていた。

11 :水先案名無い人:05/01/13 23:33:07 ID:zEpEMHOZ
こんな夜更けに、闇と風の中に馬を走らせるのはだろう。
                              ↑ここが未だに理解できない

12 :あれはテンプレの脱字だ・・・:05/01/14 00:01:50 ID:ITpZhAUH
子   「>>11には「誰」が見えないの。左がごんべんで、右がふるとりの・・・」
父   「あれはたなびく霧だ・・・」

13 :水先案名無い人:05/01/14 04:40:55 ID:se2010YC
こんな夜更けに、闇と風の中に馬を走らせるのは誰だろう。 それは父と子だ。父はおびえる子をひしと抱きかかえている。

父   「息子よ、なぜケツを隠すのだ」
子   「お父さんには魔王が見えないの。皮をかぶって、長い衣を着ている・・・」
父   「あれはたなびく霧だ・・・」
魔王 「かわいい坊や、一緒においで。面白い遊びをしよう。岸辺にはきれいな花が咲いているし、金の服を私の母さんがたくさん用意して待っているよ。」
子  「お父さん、お父さん!きこえないの。魔王がぼくになにかいうよ。」
父  「落ち着きなさい、枯葉が風にざわめいているだけだよ。」
魔王 「いい子だ、私と一緒にヤ ラ ナ イ カ」
子 「お父さん、お父さん!見えないの、あの暗いところに魔王の息子が!」
父 「見えるよ。だが、あれは黒いしだれ柳の幹だよ。」
魔王「愛しているよ、坊や。お前の美しいケツがたまらない。力づくでもいれてゆく!」
子 「おとうさん、おとうさん!魔王がぼくをつかまえる!魔王がぼくをひどい目にあわせる!」 
父親はぎょっとして、馬を全力で走らせた。あえぐ子供を両腕に抱え、やっとの思いで館に着いた・・・ 腕に抱えられた子はすでにほられていた。

14 :水先案名無い人:05/01/14 07:45:56 ID:lAf91mBE
 こんな夜更けに、闇と風の中に馬を走らせるのはだろう。
 それは父と子だ。父はおびえる子をひしと抱きかかえている。

父   「息子よ、なぜ顔を隠すのだ」
子   「お父さんにはvipperが見えないの。VIP板に住み、クソスレを立ててる・・・」
父   「あれはたなびく霧だ・・・」
魔王 「うはwwwwwwwww坊やwwwwwwうぇうぇうぇwwwwwww」
子  「お父さん、お父さん!きこえないの。vipperがぼくになにかいうよw」
父  「落ち着きなさい、枯葉が風にざわめいているだけだよw」
魔王 「いい子wwwwwwwwwwwwせdrftgyふじこlp」
子 「お父さんwwwお父さんwww見えないの、あの暗いところにクソコテが!」
父 「見えるよwwwwうぇうぇwwwだが、あれは古いしだれ柳の幹だよwwww」
魔王「テラワロスwwwwwwww喪前の美しい姿がたまらんwwwwwwwww」
子 「おとうさんwwwwvipperがぼくをつかまえるwwwwwうぇうぇwwww」
父 「お前らテンション高すぎwwwwwwwwwww俺もなwwwwwwwwwww」

 父親は馬を全力で走らせたwwwwwwwwww笑う子供を両腕に抱えwwww
 やっとの思いで館に着いたwwwwwwwwうぇうぇうぇうぇwwwwwww
 腕に抱えられた子はすでに死んでいたwwwwwwwwギガワロスwwwwwwwww

15 :水先案名無い人:05/01/14 12:46:59 ID:LvbFY2Q6
私は魔王が恐ろしいとかあんまし思わないんですが、
なんで私の息子は魔王とか魔王の娘とかでうろたえるのでしょうか。霧じゃん。
わかんない。ノストラダムスとかもわかんない。得るものが少ないと思います。
したがってジャンプに載ってる魔王をメインテーマにしたギャグというか
地獄戦士魔王もよくわかりません。霧です。

さらにそもそも馬はなぜ魔王の出るような森を走るのですか。
あまつさえ枯葉が風にざわめいたりするのですか。私は賛成ですが。
いや賛成なのは魔王が出るからじゃないです。なんとなくいいからです。
私は枯葉のざわめきとかそういうものは大好きです。

いや問題なのは枯葉のざわめきではなくて魔王です。
魔王が現れてもかまいませんが、霧だと思います。

いやそうではなくて、なぜ魔王の出るような森を走るかということです。私は賛成ですが。

すいません。まちがいました。もういいです。

16 :水先案名無い人:05/01/15 20:42:09 ID:tioAAym2
前スレラスト最高に笑った。

17 :水先案名無い人:05/01/16 18:11:05 ID:apLFWC1s
>>16
詳しく

18 :水先案名無い人:05/01/16 21:27:05 ID:oflrLny6
まだ見られるよ。

19 :水先案名無い人:05/01/17 00:09:41 ID:mZ8mZsUD
こんな夜更けに、スタジオでクイズに回答しているのは誰だろう。
 それは真と草野だ。草野はおびえる真をひしと抱きかかえている。

草野  「真よ、なぜ一問目からスーパーひとし君なのだ」
真   「草野さんには徹子が見えないの。かんむりをかぶって、長い衣を着ている・・・」
草野  「あれはたなびくカツラだ・・・」
徹子  「かわいい坊や、一緒においで。面白い遊びをしよう。部屋にはきれいな花が咲いているし、金の服を私がたくさん用意して待っているよ。」
真   「草野さん、草野さん!きこえないの。徹子がぼくになにかいうよ。」
草野  「落ち着きなさい、坂東が警察に連行されているだけだよ。」
徹子  「いい子だ、私と一緒に行こう。お前の嫁がもてなすよ。お前をここちよくゆすぶり、踊り、歌うのだ。」
真   「草野さん、草野さん!見えないの、あの暗いところに僕の嫁が!」
草野  「見えるよ。だが、あれはミステリーハンターの竹内海南江だよ。」
徹子  「愛しているよ、坊や。お前の美しい姿がたまらない。力づくでもつれてゆく!」
真   「草野さん、草野さん!徹子がぼくをつかまえる!徹子がぼくを長寿番組のゲストに呼ぶ!」

 草野はぎょっとして、番組を全力で進行した。あえぐ真を両腕に抱え、やっとの思いでラストクエスチョンふしぎ発見・・・
 腕に抱えられた真はすでにボッシュート。


20 :水先案名無い人:05/01/17 17:45:35 ID:S+E/yp31
>>9
テラワロス


21 :水先案名無い人:05/01/17 23:59:18 ID:9rsoX8El0
>>19
パーフェクト賞

22 :水先:05/01/18 09:12:30 ID:nn6QF5aP0
 こんな夜更けに、闇と雨の中に86を走らせるのは誰だろう。
 それは拓海だ。拓海はおびえる樹をリアシートに乗せている。

拓海  「樹よ、なぜ顔を隠すのだ」
樹   「拓海にはケンタが見えないの。クラッチミートがうまくて、赤いS14に乗っている・・・」
拓海  「あれは前期型だ・・・」
ケンタ 「かわいい樹、一緒においで。面白い走りをしよう。沿道にはギャラリーがいるし、車載カメラを      涼介さんがたくさん用意して待っているよ。」
樹  「拓海、拓海!きこえないの。ケンタがぼくになにかいうよ。」
拓海 「落ち着きなさい、ギャラリーたちがざわめいているだけだよ。」
ケンタ「いい子だ、私と一緒に走ろう。レッドサンズたちがもてなすよ。お前をここちよくケツを振り、カ     ウンターを当て、ドリフトするのだ。」
樹 「拓海、拓海!見えないの、あの暗いところにエンペラーのエボWが!」
いろは坂の猿「群馬エリアのレベルはこんなもんか。」
ケンタ「愛しているよ、樹。お前の情けない姿がたまらない。力づくでもつれてゆく!」
樹 「拓海、拓海!ケンタがぼくをつかまえる!ケンタがぼくをひどい目にあわせる!」

 拓海はぎょっとして86を全力で走らせた。あえぐ樹をリアシートに乗せやっとの思いで秋名に着いた・・・
 86に抜かれたケンタはエボWにも抜かれていた。

23 :水先案名無い人:05/01/18 14:34:43 ID:5tTjniw/0
 こんな夜更けに、闇と風の中に馬を走らせるのはだろう。
 それは父と子だ。父はおびえる子をひしと抱きかかえている。

父   「息子よ、なぜ顔を隠すのだ」
子   「お父さんには魔王が見えないの。かんむりをかぶって、長い衣を着ている・・・」
父   「あれはたなびく霧だ・・・」
魔王 「かわいい坊や、一緒においで。面白い遊びをしよう。岸辺にはきれいな花が咲いているし、金の服を私の母さんがたくさん用意して待っているよ。」
子  「お父さん、お父さん!きこえないの。魔王がぼくになにかいうよ。」
父  「落ち着きなさい、枯葉が風にざわめいているだけだよ。」
魔王 「いい子だ、私と一緒に行こう。私の娘たちがもてなすよ。お前をここちよくゆすぶり、踊り、歌うのだ。」
子 「お父さん、お父さん!見えないの、あの暗いところに魔王の娘が!」
父 「見えるよ。だが、あれは古いしだれ柳の幹だよ。」
魔王「愛しているよ、坊や。お前の美しい姿がたまらない。力づくでもつれてゆく!」
子 「こやつめ、ハハハ!」
魔王「ハハハ!」

24 :水先案名無い人:05/01/18 23:10:25 ID:Lvct3rew0
子   「お父さんにはIDが見えないの。いつの間にか9桁に増えている・・・」

25 :水先案名無い人:05/01/19 00:24:21 ID:QSDiL2Wz0
途中でアイデアが沸かなくなった
ガ板住人にとってアイデアが沸かなくなるのはイン●テンツになるのと同じことだ・・・
もうだめぽ


 こんな夜更けに、闇と風の中にタチコマを走らせるのはだろう。
 それはバトーと今来栖だ。父はおびえる子をひしと抱きかかえている。

バトー   「今来栖よ、なぜ顔を隠すのだ」
今来栖  「バトーさんには笑い男が見えないの。フードをかぶって、ダウンコートを着ている・・・」

26 :水先案名無い人:05/01/19 02:51:57 ID:0t7z9spj0
父   「古館よ、なぜ顔を隠すのだ」
古館  「お父さんにはトシユキが見えないの。丸眼鏡をかけて、長い髪をはやしている・・・」
父   「あれは自称2ch通だ・・・」
井上 「かわいい古館、一緒においで。面白い遊びをしよう。2chにはたくさんのネタがあふれているし、小遣いを兄貴分がたくさん用意して待っているよ。」
古館  「お父さん、お父さん!きこえないの。トシユキがぼくになにかいうよ。」
父  「落ち着きなさい、弟分が先輩風にざわめいているだけだよ。」
井上 「いい子だ、私と一緒に行こう。スレの職人たちがもてなすよ。お前をここちよく煽り、釣り、晒すのだ。」
古館  「お父さん、お父さん!見えないの、あの暗いところに神が!」
父 「いわゆるゴット。だが、あれは古いしだれ柳の幹だよ。」
井上「愛しているよ、古館。お前の素晴らしい醜態がたまらない。力づくでもつれてゆく!」
古館 「おとうさん、おとうさん!トシユキがぼくをつかまえる!トシユキがぼくをひどい目にあわせる!」


27 :水先案名無い人:05/01/19 20:27:57 ID:3DwfziO70
 こんな夜更けに、闇と風の中に馬を走らせるのはだろう。
 それは父と子だ。父はおびえる子をひしと抱きかかえている。

父   「息子よ、なぜ顔を隠すのだ」
子   「お父さんには魔王が見えないの。かんむりをかぶって、長い衣を着ている・・・」
父   「それはひょっとしてギャグで言ってるのか?・・・」


28 :水先案名無い人:05/01/19 21:20:27 ID:JJPHinqH0
【恐怖】ねずみ、ネズミが出たんです【非衛生】
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1091301119/

夜更けにプレーリードッグの檻の横で音がする。
2匹のネズミが餌を食べにやってきたのだ。
部屋の電気をつけると、2匹のネズミは別の部屋に逃げてしまう。
仕方が無い。逃げた進路上に、10枚入り粘着シートを3枚並べよう。
5分もしたら、また戻ってくるだろう。

父:息子よ、なぜ隠れるのだ
子:お父さんには人間が見えないの。
父:息子よ、あいつは寝ている。寝返りだ。
人:可愛いネズミよ、粘着シートにお入り。君とランチを食べよう。
  一緒にパイを投げよう。君のスカートの模様部屋の壁紙にしよう。
  君に口出しは無用。ただ静かに見ていよう。

子:お父さん、聞こえないの。途中からマシマロになっているよ。
父:落ち着きなさい。「息子」とか「人間」とか出たから、悪乗りしたんだろう。
人:いい子だ。粘着シートに入ったら水も火も選べるよ。さあ、こっちへおいで。

子:お父さん見えないの。粘着シートが僕たちを狙っているよ。
父:あれは雑誌とCDだよ。単なる散らかった部屋だろう。
人:逝ってよし! ネズミさん。お前がうるさくて眠れない。エアガンで撃っちゃうぞ。

子:おとうさん、おとうさん! 粘着シートが僕の体を包み込む! 酷いめにあわせる!

語り:父はぎょっとして、全力で走り去った。
   泣き叫ぶ子供を背中に感じ、やっとの思いで館に着いた……
   子はすでに捕獲され、粘着シートに絡まった状況でもがいていた。

29 :水先案名無い人:05/01/20 14:29:07 ID:vfRTERhL0
 こんな夜更けに、星とカードの中に金を走らせるのは誰だろう。
 それはカイジと安藤と古畑だ。カイジはおびえる安藤と古畑をひしと抱きかかえている。

カイジ「安藤よ・・・なぜ顔を隠すのだっ・・・!」
安藤 「カイジさんには利根川が見えないの。参加者の前に立って、長い演説をしている・・・」
カイジ「あれは傀儡だっ・・・!」
利根川「Fuck You ぶち殺すぞ・・・ゴミめら・・・!面白い遊びをしよう・・・エスポワールには負け続けたやつらが
     集まっているし、別室を私の部下がたくさん用意して待っている・・・」
古畑 「カイジさん、カイジさん!きこえないの。利根川がぼくになにかいうよ。」
カイジ「落ち着けっ・・・!大人の都合に乗せようとしているだけだっ・・・!」
北見 「話にならねえっ・・・!この典型的ぶっちぎれヤローがっ・・・!
     オレの仲間たちがもてなすぜっ・・・お前にここちよく勝ち、星を奪い、上へ行くのだ・・・」
安藤 「カイジさん、カイジさん!見えないの、あの暗いところに北見の仲間が!」
カイジ「見えるっ・・・!だが、何が奇数であるかは・・・もう明白・・・!」
船井 「出てこいっ・・・!「X」・・・!おどれの美しい作戦がたまらないっ・・・!生き残る分の星をやろうっ・・・!」
古畑 「カイジさん、カイジさん!船井がぼくらをはめてくる!船井がぼくらをひどい目にあわせる!」

 カイジはぎょっとして、勝負を全力で終わらせた。涙を流す安藤と古畑を信頼し、やっとの思いで別室に着いた・・・
 脱落者に囲まれた安藤と古畑はすでに星を売っていた。

30 :水先案名無い人:05/01/20 18:42:53 ID:C+QX6Yuz0
 こんな夜更けに、闇と風の中に屋形船を走らせるのは誰だろう。
 それは柳沢主税と上州屋だ。柳沢はおびえる上州屋をひしと抱きかかえている。

柳沢  「上州屋よ、なぜ身を隠すのだ」
上州屋 「柳沢様には仕事人が見えないの。かんむりをかぶって、長い衣を着ている・・・」
柳沢  「あれはたなびく霧だ・・・」
念仏の鉄「かわいい上州屋、一緒においで。晴らせぬ恨みを晴らそう。三途の川には
      きれいな花が咲いているし、金のかんざしを私の仲間がたくさん研いで待っているよ。」
上州屋 「柳沢様、柳沢様!きこえないの。仕事人がぼくになにかいうよ。」
柳沢  「落ち着きなさい、枯葉が風にざわめいているだけだよ。」
念仏の鉄「いい子だ、私と一緒に逝こう。私の仕事技がもてなすよ。お前をここちよくゆすぶり、
      背骨を外し、たたむのだ。」
上州屋 「柳沢様、柳沢様!見えないの、あの暗いところに三味線のおりくが!」
柳沢  「見えるよ。だが、あれは地方巡業の山田五十鈴だよ。」
念仏の鉄「愛しているよ、上州屋。お前の無様な姿がたまらない。力づくでも仕事する!」
上州屋 「柳沢様、柳沢様!仕事人がぼくをつかまえる!仕事人がぼくをひどい目にあわせる!」

 柳沢はぎょっとして、船を全力で走らせた。あえぐ上州屋を両腕に抱え、やっとの思いで館に着いた・・・
 背骨を折られた上州屋はすでに死んでいた。

「ひ、ひいぃ」
「いかがなさいましたか、柳沢様?」
「ひっ、……なんだ町方か(ザシュッ)ウギャアー」

31 :水先案名無い人:05/01/22 17:17:11 ID:oYZE5VQY0
あげ

32 :水先案名無い人:05/01/22 22:54:03 ID:4DYdY4rs0
 こんな夜更けに、闇と風の中にギャグマンガ走りするのは誰だろう。 
 それはシンと細っ腹の相方だ。相方はおびえるシンをひしと抱きかかえている。 

相方   「兄貴よ、なぜ顔を隠すの?」 
シン   「相方には火雲邪神が見えないの。トランクスをはいて、ランニングシャツを着ている・・・」 
相方   「あれは半ケツの床屋だよ・・・」 
火雲邪神 「かわいいチンピラ、一緒においで。如来神掌を授けよう。お前の筋骨は整っているし、お前の脈を開くパンチをたくさん用意して待っているよ。」 
シン  「相方、相方!きこえないの。邪神がおれになにかいうよ。」 
相方  「落ち着いてよ、大家の奥さんの怒声が風にざわめいているだけだよ。」 
邪神 「いい子だ、私と一緒に行こう。イジメっ子たちがもてなすよ。お前を心地よくボコり、小便をひっかけ、蔑むのだ。」 
シン 「相方、相方!見えないの、あの暗いところに斧踏会のボスが!」 
相方 「見えるよ。だが、あれは少林サッカーの「魔の手」の人だよ。」 
邪神「愛しているよ、シン。お前の強い姿がたまらない。騙まし討ちでもトドメさす!」 
シン 「相方、相方!邪神がおれをつかまえる!邪神がおれをひどい目にあわせる!」 

 相方はぎょっとして、足を全力で走らせた。あえぐシンを両腕に抱え、やっとの思いで豚小屋砦に着いた・・・ 
 腕に抱えられたシンはすでに・・・ありえねー。



33 :水先案名無い人:05/01/24 01:30:46 ID:dIIb+G5K0
>>14
ワロタよ

34 :水先案名無い人:05/01/24 17:39:11 ID:vbLHci130
こんな夜更けに、闇と風の中に馬を走らせるのは誰だろう。 
 それは父と子だ。父はおびえる子をひしと抱きかかえている。 

父   「息子よ、なぜ顔を隠すのだ」 
子   「お父さんには魔王が見えないの。かんむりをかぶって、長い衣を着ている・・・」 
父   「あれはたなびく霧だ・・・」 
魔王 「かわいい坊や、一緒においで。Yo、party time!」
魔王の娘「パティーターイ!」
子  「ボンバヘッ!(ボンバッヘッ!)ボンバヘッ!(オトーサーン!)燃っえっだっすよーなー!あっつい魔王!」 
父  「Oh、Year!」 
魔王 「ボッ、ボッ、ボンバヘ!ボッボッボンバヘッ!」 
子 「ボンバヘッ!(ボンバッヘッ!)ボンバヘッ!(オトーサーン!)無っ茶っしって知ったー!ホントの魔王ー!」 
父 「get down!」 
魔王「Everytime wont you!何時でもFound you!逢いたいおーもいが〜ぁ〜!」 
子 「ボンバヘッ!(オトーサーン!)ボンバヘッ!(オトーサーン!)魔王がぼくを見つけてKiss you!今夜も熱くなる!!」 

 父親はぎょっとして、体を全力で踊らせ歌った。子供を両腕に抱え、やっとの思いで歌い終えた・・・ 
 腕に抱えられた子はすでにボンバヘッ!! 



35 :水先案名無い人:05/01/24 18:03:09 ID:I2JYGPKI0
ワロチ

36 :水先案名無い人:05/01/24 18:12:28 ID:kEApEqcT0
魔王 「かわいい坊や、一緒においで。面白い遊びをしよう。岸辺にはきれいな花が咲いているし、金の服を私の母さんがたくさん用意して待っているよ。」
ファーザー 「男は死ね。こちとら慈善事業じゃねえんだ。」
魔王 「いい子だ、私と一緒に行こう。私の娘たちがもてなすよ。お前をここちよくゆすぶり、踊り、歌うのだ。」
ファーザー 「わあ嬢ちゃんゲヘ」

その後ファーザーは死んだ

37 :水先案名無い人:05/01/24 18:41:03 ID:t0AsL1VX0
おお!年!>>34

38 :水先案名無い人:05/01/24 20:25:31 ID:oiQQ1EhZ0
>>36
翌日。
ファーザー「うーん。生きてるって超かっこいいにゃー。」
魔王「なんであの状態から生き返っちゃうんだ、こいつは。」

39 :水先案名無い人:05/01/25 10:47:35 ID:dMHE8Snm0
 こんな夜更けに、闇と風の中に馬を走らせるのは誰だろう。
 それは父と子だ。父は子をひしと抱きかかえようとしてキモがられている。

父   「息子よ、なぜ顔を隠すのだ」
子   「うぜーよオヤジ。魔王に決まってんだろ。偉ぶってんじゃねーよ。」
父   「あれはたなびく霧だ・・・」
魔王 「かわいい坊や、一緒においで。面白い遊びをしよう。岸辺にはきれいな花が咲いているし、金の服を私の母さんがたくさん用意して待っているよ。」
子  「お前キモイ。ぜってーつまんねーから。ババアの服とかいらねーし。」
父  「落ち着きなさい、枯葉が風にざわめいているだけだよ。」
魔王 「いい子だ、私と一緒に行こう。私の娘たちがもてなすよ。お前をここちよくゆすぶり、踊り、歌うのだ。」
子 「はあ?超ウゼー。何だよそのブスは。キショイから一人でやってろよ。」
父 「見えるよ。だが、あれは古いしだれ柳の幹だよ。」
魔王「愛しているよ、坊や。お前の美しい姿がたまらない。力づくでもつれてゆく!」
子 「超キメー。マジウザいから。それって誘拐じゃねーの?警察呼ぶよ?」

 父親はぎょっとして、馬を全力で走らせた。悪態をつく子供を両腕に抱えようとして、思いっきりウザがられた・・・
 ショックを受けた父親はすでに死んでいた。

40 :水先案名無い人:05/01/26 03:39:41 ID:Is8gnYal0
 こんな夜更けに、闇と風の中に馬を走らせるのはだろう。
 それはロードとニンジャだ。ロードはおびえるニンジャをひしとマポーフィックしている。

ロード   「ニンジャよ、なぜ全裸になるのだ」
ニンジャ   「ロードにはワードナが見えないの。老婆を道の半分までしか渡してやらず、財布を盗んでいる・・・」
ロード   「あれは養殖されるグレーターデーモンだ・・・」
ワードナ 「かわいい坊や、一緒においで。面白い遊びをしよう。ポイズンジャイアントは奇襲してくるし、シールド+2を私のマイルフィックがぜんぜん用意しないで待っているよ」
ニンジャ  「ロード、ロード!きこえないの。ワードナがぼくになにかいうよ。」
ロード  「落ち着きなさい、クリーピングコインがブレスを吹いているだけだよ。」
ワードナ 「いい子だ、私と一緒に行こう。私のヴァンパイアロードたちがもてなすよ。お前をここちよく麻痺させ、マダルトし、4レベルもさげるのだ。」
ニンジャ 「ロード、ロード!見えないの、あの暗いところにモンスター配備センターが!」
ロード 「見えるよ。だが、あれは護符を持つまよけもちだよ。」
ワードナ「愛しているよ、坊や。お前の美しいほしがたのぶったいがたまらない。力づくでもつれてゆく!」
ニンジャ 「ロード、ロード!ワードナがぼくのくびをはねる!ワードナがぼくにティルトウェイトする!」

 ロードはぎょっとして、馬を全力で走らせた。あえぐニンジャを両腕に抱え、やっとの思いでカント寺院に着いた・・・
 腕に抱えられたニンジャはもはやカドルトをつかわねばならない。

41 :水先案名無い人:05/01/26 07:51:46 ID:efxRNUR00
>>9
遅れ馳せながらワロタ

42 :水先案名無い人:05/01/26 23:34:54 ID:yOSC13ce0
>>14
遅いけど、笑い過ぎで腹が・・w

43 :水先案名無い人:05/01/27 18:41:21 ID:XQxS8oNc0
>>9
ワロタ
でも、決して>>41に影響されてワロタんじゃない。俺は今初めてこのスレを開いたんだ。

44 :水先案名無い人:05/01/27 20:22:32 ID:w3dN+jUZ0
>>9
右に同じ

45 :カント寺院:05/01/27 21:22:57 ID:7Qx6nbNn0
>>40
*おおっと*

46 :水先案名無い人:05/01/28 00:23:23 ID:UjOHPz0C0
魔王のフラッシュとか無いんかな。

47 :水先案名無い人:05/01/28 00:40:51 ID:3RxLDCQk0
>>46
ある
なんか変態の話

48 :水先案名無い人:05/01/28 00:44:19 ID:gLw/FdES0
魔王(ロリコン)と女の子のかな?
魔王がボソボソなんか言ってる・・みたいな。
保存してるがタイトルが解らないわ。

49 :水先案名無い人:05/01/28 10:13:48 ID:BH/JyNxj0
 こんな夜更けに、闇と風の中に馬を走らせるのはだろう。
 それは父と子だ。父はおびえる子をひしと抱きかかえている。

父   「息子よ、なぜ顔を隠すのだ」
子   「お父さんには魔王が見えないの。かんむりをかぶって、長い衣を着ている・・・」
父   「あれはたなびく霧だ・・・」
魔王 「ああっ、もうダメッ!ぁあ…ウンチ出るっ、ウンチ出ますうっ!!」
子  「お父さん、お父さん!きこえないの。魔王がぼくになにかいうよ。」
父  「落ち着きなさい、枯葉が風にざわめいているだけだよ。」
魔王 「いやああああっっっ!!見ないで、お願いぃぃぃっっっ!!! んはああーーーーっっっ!!!ウッ、ウンッ、ウンコォォォッッ!!! 」
子 「お父さん、お父さん!見えないの、あの暗いところに魔王の娘が!」
父 「見えるよ。だが、あれは古いしだれ柳の幹だよ。」
魔王「おおっ!ウンコッ!!ウッ、ウンッ、ウンコッッ!!!ウンコ見てぇっ ああっ、もうダメッ!!はうあああーーーーっっっ!!!!」
子 「おとうさん、おとうさん!魔王がぼくをつかまえる!魔王がぼくをひどい目にあわせる!」

 父親はぎょっとして、馬を全力で走らせた。あえぐ子供を両腕に抱え、やっとの思いで館に着いた・・・
 腕に抱えられた子はすでに・・・ウンチ出るっ、ウンチ出ますうっ!!。


50 :水先案名無い人:05/01/28 10:23:55 ID:BH/JyNxj0
>>46
ttp://yatuseisakusho.com/
ttp://www.realintegrity.net/~scrap/maou.html

51 :水先案名無い人:05/01/28 22:00:36 ID:mHTo02ZO0
あーん!坊やが死んだ!
坊やよいしょ本&坊やF.Cつくろー!って思ってたのに…
くすん…美形薄命だ…

うっうっう…ひどいよお…ふえーん!!
この間の「馬を走らせるのは誰だろう」の出だしからまだ15行じゃないですか!
どーして、どーして!?あれで終わり!?嘘でしょ!?
信じられないよおっあんな魔王ごときに殺られるなんてっ!!
馬と差がありすぎるわっ!!生き還りますよね?ね?ね?
……泣いてやるぅ・・

私はあのおそろしく鋭い彼が(たとえ息子でもさ!ヘン!)大好きだったんですよっ!!
坊やあっ!死んじゃ嫌だああああああっ!!
魔王のカバッ!!え〜ん

52 :水先案名無い人:05/01/28 22:22:46 ID:5ZN3/SH20
「それがPSPの仕様だ」のガイドライン
http://that3.2ch.net/test/read.cgi/gline/1106299881/l50

「あれはたなびく霧だ」 父親、子供の話を一蹴

「魔王がかんむりをかぶって、長い衣を着ているをいうのは、あくまでも子供の見間違いに過ぎない。」
「あれはたなびく霧だ。
魔王がぼくになにかいうよと言う子供もいるかもしれない。
それは枯葉が風にざわめいているだけだよ、と言うほか無い。」
「闇と風の中に馬を走らせるのは仕方ないし、子を怖がらせたくなかった。
あれは古いしだれ柳の幹。それが事実。
これは私が見たもので、そういう説明をしている。
明確な意思を持っているのであって、間違ったわけではない。
世界で一番説得力のある説明をしたと思う。
愛しているよ、坊や。お前の美しい姿がたまらない。力づくでもつれてゆく!などと言う魔王はいない。
それが当たり前。」

「腕に抱えられた子はすでに死んでいた。 」


53 :水先案名無い人:05/01/29 00:09:40 ID:RcFNzmg7O
>>51
夜中に死ぬほど笑わせるんじゃあないッ!
近所迷惑だろうがこのダボがッ!

54 :水先案名無い人:05/01/29 23:42:25 ID:y2isd9yW0
「魔王ははたして幻覚か」という議論をしている場合、あなたが
「魔王は現実に子供を殺している」と言ったのに対して父親が…
 1:事実に対して仮定を持ち出す
     「魔王は子供を殺したが、もし子供が生きていたらどうだろうか?」
 2:ごくまれな反例をとりあげる
     「だが、時としてたなびく霧が魔王に見えることもある」
 3:自分に有利な将来像を予想する
     「何年か後、魔王がいない事が証明されないという保証は誰にもできない」
 4:主観で決め付ける
     「枯葉のざわめき自身が魔王の声であることを望むわけがない」
 5:資料を示さず自論が支持されていると思わせる
     「世界では、魔王は実在ではないという見方が一般的だ」
 6:一見関係ありそうで関係ない話を始める
     「ところで、私がおびえる子をひしと抱きかかえていたのは知っているか?」
 7:陰謀であると力説する
     「それは、息子の死因を魔王と認めると都合の良い医者が画策した陰謀だ」
 8:知能障害を起こす
     「何、魔王ごときにマジになってやんの、バーカバーカ」
 9:自分の見解を述べずに人格批判をする
     「魔王が実在なんて言う奴は、顔を隠してる証拠。現実をみてみろよ」
 10:ありえない解決策を図る
     「結局、馬を全力で走らせれば良いって事だよね」
 11:レッテル貼りをする
     「魔王が実在だなんて過去の概念にしがみつく息子はイタイね」   
 12:決着した話を経緯を無視して蒸し返す
     「ところで、こんな夜更けに闇と風の中に馬を走らせるのは誰なんだ?」
 13:勝利宣言をする
     「古いしだれ柳の幹が魔王の娘だという論はすでに何年も前に論破されてる事なのだが」
 14:細かい部分のミスを指摘し相手を無知と認識させる
     「魔王って言っても母親から娘までいる。もっと勉強しろよ」
 15:新しい概念が全て正しいのだとミスリードする
     「息子の死因が魔王ではないと認めない限り医学に進歩はない」

55 :水先案名無い人:05/01/31 16:40:17 ID:MlOOdZ7L0
>>54
父親が正しい。

56 :水先案名無い人:05/02/03 05:24:12 ID:gQAajgnq0
ある人物が政治的に重要という話はよく聞きますが、アメリカの調査結果
によれば、魔王は危険な人物だということがわかりました。
しんのゆうしゃが増えている日本も他人事ではありません!

その驚愕の事実をご紹介します。

1)魔王の98%はパンを食べている

2)魔王を日常的に見て育った子供の約半数は、
  テストが平均点以下である

3)暴力的犯罪の90%は、
  魔王がなにかいってから24時間以内に起きている

4)面白い遊びは中毒症状を引き起こす。魔王に最初は父と子を与え、
  後に父だけを与える実験をすると、2日もしないうちに
  息子を異常にほしがる

5)新生児に魔王の娘を与えると、力づくでもつれてゆかれる

6)18世紀、どの家も各自で顔を隠していた頃、
  平均寿命は50歳だった

7)闇と風の中に馬を走らせるアメリカ人のほとんどは、
  重大な科学的事実と無意味な観測の区別がつかない

57 :水先案名無い人:05/02/03 06:02:35 ID:aou4xbb30
父「そう・・暗いよ、息子・・すごく・・・もう夜更けだよ・・」
時と共に激しさを増す闇と風の中に、馬は走らされていた。
正直、いまだ子供の息子では充分満足できるおびえは得られないと思っていたのだが、
父親の激しい抱きかかえは思った以上のギョエテワールド。
息子「お父さん、どう?魔王のかんむりと長い衣?」
父親「あぁ・・・すごく、たなびく霧だよ・・」
岸辺で金の服を用意して魔王の母親が待っている。
父親「落ち着きなさい、息子・・・こんな枯葉がざわめいちゃった以上、もう魔王がなにかいったりしないから・・・・・・・」
息子「うん・・・ぅ、ん・・見え・・ないのっ・・あの暗いところに・・魔王の娘がっ・・・!」
魔王の娘は息子をもてなし、ここちよくゆすぶり、踊り、更に歌う。
父親「ああ・・・あれは最高のしだれ柳の幹だよ・・!」
息子「ぼく・・もう・・・ダメ・・・つかまえられてひどい目にあわされちゃう・・・!」
魔王は息子の美しい姿にもう力づくモードだ。
するといきなり馬が急に全力で走り出して館に着いた。
馬「その息子・・・もう死んでる〜〜ブヒヒン!!」


58 :水先案名無い人:05/02/03 07:09:38 ID:Q1VAMkPL0
ぶひひん・・・

59 :水先案名無い人:05/02/03 15:55:36 ID:/xQIJvqq0
 こんな夜更けに、どのアニメキャラと
 おびえる子をひしと抱きかかえながら闇と風の中を馬を走らせたい?

父 「僕は神山満月ちゃん!」
子 「お父さんはどのアニメキャラとかんむりをかぶって、長い衣を着たい?」
父 「僕は神山満月ちゃん!」
父 「かわいい坊や、どのアニメキャラと一緒に面白い遊びをしたい?」
子 「僕は神山満月ちゃん!お父さん、どのアニメキャラとぼくになにかいいたい?」
父 「僕は神山満月ちゃん!」
父 「いい子よ、どのアニメキャラと一緒に行って私の娘たちにもてなされここちよくゆすぶられ、踊り、歌いたい?」
子 「僕は神山満月ちゃん!お父さん、どのアニメキャラとあの暗いところにいる神山満月ちゃんを見たい?」
父 「見えるよ。だが、あれは神山満月ちゃん!」
父 「どのアニメキャラにに愛されたい?坊や。どのアニメキャラにお前の美しい姿がたまらないと力づくでつれてゆかれたい?」
子 「僕は神山満月ちゃん!お父さん、どのアニメキャラとぼくをつかまえてひどい目にあわせたい?」
父 「僕は神山満月ちゃん!」

 父親はどのアニメキャラとすでに死んでいる子供を両腕に抱え、馬を全力で走らせて、やっとの思いで館に着きたい?
 腕に抱えられた僕はすでに神山満月ちゃん!

60 :水先案名無い人:05/02/03 16:13:11 ID:ITuSqaMm0
>>59
         ∧_∧   ┌────────────
       ◯( ´∀` )◯ < 魔王は、神山満月ちゃん!
        \    /  └────────────
       _/ __ \_
      (_/   \_)
           lll

61 :水先案名無い人:05/02/06 23:11:19 ID:RjTMuUaE0
ワラタ

62 :水先案名無い人:05/02/07 17:41:01 ID:gbKiMQWI0
age

63 :水先案名無い人:05/02/07 23:01:34 ID:Rov4qArF0
  ,j;;;;;j,. ---一、 `  ―--‐、_ l;;;;;; 
 {;;;;;;ゝ T辷iフ i    f'辷jァ  !i;;;;;   息子が見て怯えていたのは、 
  ヾ;;;ハ    ノ       .::!lリ;;r゙   ただのたなびく霧や古いしだれ柳の幹だった・・・
   `Z;i   〈.,_..,.      ノ;;;;;;;;>  そんなふうに考えていた時期が 
   ,;ぇハ、 、_,.ー-、_',.    ,f゙: Y;;f.   俺にもありました 
   ~''戈ヽ   `二´    r'´:::. `! 



64 :水先案名無い人:05/02/10 23:47:36 ID:0LlkCqua0
*横山三国志*オモワズ吹き出したセリフ3 etc...
341 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 04/10/03 19:01:37
 こんな夜更けに、闇と風の中に馬を走らせるのは誰だろう。
 それは父と子だ。父はおびえる子をひしと抱きかかえている。

父   「息子よ、なぜ顔を隠すのだ」
子   「お父さんには敵兵が見えないの。槍と刀を持って、鎧を着ている・・・」
父   「あれはおとりの兵だ・・・」
雑兵 「かわいい坊や、かかっておいで。腰が抜けて動けないのか。全く噂以上の臆病者だのう。」
子  「お父さん、お父さん!きこえないの。雑兵がぼくを罵るよ。」
父  「落ち着きなさい、あれは敵の罠だよ。」
雑兵 「はっははは、臆病風に吹かれたか。腰抜けぞろいと聞いたがここまでとは。鎧など脱ぎ捨てて、踊り、歌うのだ。」
子 「お父さん、お父さん!見えないの、あの暗いところに敵の軍勢が!」
父 「見えるよ。だが、あの奥には伏兵がいるよ。」
雑兵「おお、見事な逃げっぷり。お前の父は逃げる事ばかり教えたのか。小便でも引っ掛けてやれ。」
子 「おとうさん、おとうさん!雑兵がぼくを怒らせる!もう我慢がならねぇ!」

 子はカッとして、馬を全力で走らせた。止める父親を無視して、雑兵を追いかけて行った・・・

 ジャーン ジャーン  「伏兵だ!」

 伏兵に囲まれた子はすでに死んでいた。
 「むむむ、無念。」


65 :水先案名無い人:05/02/11 10:32:53 ID:m1qqoRID0
 こんな夜更けに、早馬を使うのは誰だろう。
 それは秘書とフルブライトだ。秘書はおびえるフルブライトを慰めている。

秘書    「フルブライト様、なぜ教授のダンスするのですか」
フルブライト「秘書にはトーマスが見えないのか。髪を結って、めがねをかけている・・・」
秘書    「あれはロードアーマーを剥がれたミカエルです・・・」
トーマス  「フルブライト、一緒においで。面白い遊びをしよう。もうドフォーレすら買収したし、8億オーラムを私の静海工房がたくさん用意して待っているよ。」
フルブライト「秘書、秘書!きこえないのか。トーマスが私にになにかいうよ。」
秘書    「落ち着いてください、ぞうが龍神降臨しているだけです。」
トーマス  「いい子だ、私と一緒に行こう。私の部下たちがおもてなしするよ。お前のゲージを左に押し込むのだ。」
フルブライト「秘書、秘書!見えないのか、あの暗いところにトーマスの部下が!」
秘書    「見えます。ですが、あれは殺された詩人です。」
トーマス  「愛しているよ、フルブライト。お前の総資産5億オーラムがたまらない。力づくでも買収する!」
フルブライト「秘書、秘書!トーマスが同盟と手を切る!こうなったらウィルミントン商人のド根性を見せてやる!」

秘書はぎょっとして、馬を全力で走らせた。あえぐフルブライトを両腕に抱え、やっとの思いでフルブライト商会本社に着いた・・・
商会はすでにトーマスカンパニーのものになっていた。

66 :水先案名無い人:05/02/12 10:01:25 ID:G+mo31Eu0
ゲージを左に押し込むのだワロタ

67 :水先案名無い人:05/02/13 19:51:09 ID:wLqW4kAM0
やってくれましたね魔王さん・・・よく私の帰宅の夢を見事に打ち砕いてくれました・・・・・
肉体の反応がありませんね・・・あなたが殺したんですか?
どうやったのかは知りませんがこれはちょっと以外でしたよ・・・・・・
それにしてもあと一息のところで私が殺されてしまうとは・・・
父親には残念ですが私はもっとでしょうか・・・
はじめてですよ・・・この私をここまでコケにしたおバカさんは・・・・・・
まさかこんな結果になろうとは思いませんでした・・・
ゆ・・・ゆるさん・・・
絶対に許さんぞ魔王共!!!!!
じわじわとなぶり殺しにしてくれる!!!!!
一人たりとも逃がさんぞ覚悟しろ!

68 :水先案名無い人:05/02/13 22:14:29 ID:ChUcBO4K0
「いいだろう!今度はここちよくゆさぶってやる!あの子供のように!」
「あの子供のように?…息子のことか…息子のことかーーーっ!!!」

69 :水先案名無い人:05/02/14 15:24:37 ID:7sPEuiB/0
誰かYAZAWAの貼ってください

70 :水先案名無い人:05/02/14 21:28:41 ID:HEUK2clC0
(0∀0)フォーウ

71 :水先案名無い人:05/02/15 01:58:59 ID:JVJ/Tu430
 こんな夜更けに、闇と風の中に卓を囲むのは誰だろう。
 それは父と子だ。父はおびえる子をひしと抱きかかえている。

父   「息子よ、なぜ顔を隠すのだ」
子   「お父さんには下家が見えないの。メガネをかけて、カレーを食べている・・・」
父   「あれはたなびくメンバーだ・・・」
下家 「かわいい坊や、一緒においで。面白い遊びをしよう。上家にはきれいな色で染まっているし、ドラを私の母さんがたくさん用意して待っているよ。」
子  「お父さん、お父さん!きこえないの。下家がぼくになにかいうよ。」
父  「落ち着きなさい、親父が寝言にざわめいているだけだよ。」
下家 「いい子だ、私と一緒に行こう。私の暗カンたちがもてなすよ。お前をここちよくゆすぶり、踊り、歌うのだ。」
子 「お父さん、お父さん!見えないの、あの暗いところに4カンツの娘が!」
父 「見えるよ。だが、あれは2ハン役だよ。」
下家「愛しているよ、坊や。お前の美しい4フーロがたまらない。力づくでもリーチする!」
子 「おとうさん、おとうさん!3カンツがぼくをつかまえる!3カンツがぼくをひどい目にあわせる!」

 父親はぎょっとして、局を全力で走らせた。あえぐ子供を両腕に抱え、やっとの思いでオーラスに着いた・・・
 腕に抱えられた子はすでに3ハコかぶっていた。



72 :水先案名無い人:05/02/15 10:03:13 ID:8uqcBvsn0
づがーん

73 :水先案名無い人:05/02/16 03:09:42 ID:Agij5/zE0
魔王スレなんてあったのか・・・

74 :水先案名無い人:05/02/16 19:13:32 ID:wwdywoj40
YAZAWAバージョン貼ってください

75 :水先案名無い人:05/02/16 22:43:29 ID:PRcOpddu0
(0∀0)

76 :水先案名無い人:05/02/16 23:21:42 ID:Aq/LBbEg0
 こんな夜更けに、闇と風の中に馬を走らせるのは誰だろう。 
 それは父と子だ。父はおびえる子をひしと抱きかかえている。 

父   「息子よ、なぜ顔を隠すのだ」 
子   「お父さんには25歳が見えないの。去年まで金無し君だった・・・」 
父   「あれはたなびく霧だ・・・」 
25歳 「かわいい坊や、一緒においで。面白い遊びをしよう。オンラインカジノとパチンコで、二年で350万貯めた。一度やってみなよ」 
子  「お父さん、お父さん!きこえないの。25歳がぼくになにかいうよ。」 
父  「落ち着きなさい、枯葉が風にざわめいているだけだよ。」 
25歳 「初回のみだけど、1ドル以上のチップを買えば30ドル(4000円くらい)貰える。
     もらうだけもらってプレイせずに換金することもできるし、ルーレットで赤か黒に 
     思い切って賭けてしまえば50パーセントで二倍になる。 」 
子 「お父さん、お父さん!見えないの、あの暗いところにインペリアルカジノが!」 
父 「見えるよ。だが、あれは古いしだれ柳の幹だよ。」 
25歳 「愛しているよ、坊や。金なきゃオフラインでゲームすればいいだけ。暇つぶしになる。 」 
子 「おとうさん、おとうさん!ビデオポーカーとかスロとか色々あるのでマジでお勧め!」 

 父親はぎょっとして、馬を全力で走らせた。あえぐ子供を両腕に抱え、やっとの思いで館に着いた・・・ 
 腕に抱えられた子はすでにマジでお勧め。 



77 :水先案名無い人:05/02/17 18:14:58 ID:4LESQv460
名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:04/12/16 09:05:21 ID:MRu1LoMV
こんな夜更けに、蛍光灯の灯りと煙草の中にPCを走らせるのは誰だろう。
 それはSEと上司だ。上司は帰りたがるSEをひしと抱きかかえている。

上司   「SEよ、なぜ仕事をサボるのだ」
SE   「上司には私の顔色が見えないの。指先を震えさせて、青い顔をしている・・・」
上司   「それは職務怠慢だ・・・」
取引先 「かわいい坊や、注文を聞いて。面白い遊びをしよう。納期は1週間縮めるし、新しい仕様書をお前の上司がたくさん用意して待っているよ。」
SE  「上司、上司!きこえないの。取引先がぼくになにかいうよ。」
上司  「落ち着きなさい、2倍の速さで仕事をすれば良いだけだよ。」
取引先 「いい子だ、私と一緒に行こう。私の部下たちがもてなすよ。お前をここちよくゆさぶり、罵り、注文するのだ。」
SE 「上司、上司!見えないの、あの暗いところに無能な新人が!」
上司 「見えるよ。だが、あれはお前に2日で教育させるだけだよ。」
取引先「愛しているよ、坊や。お前の苦しむ姿がたまらない。力づくでも仕様変更させる!」
SE 「上司、上司!取引先がぼくに無茶を言う!取引先がぼくをひどい目にあわせる!」

 上司はぎょっとして、SEを全力で働かせた。あえぐSEに徹夜をさせ、やっとの思いで製品に納めた・・・
 デスクに突っ伏したSEはすでに過労死していた。


78 :水先案名無い人:05/02/17 20:41:37 ID:i86yyIhc0
前スレ

674 名前:水先案名無い人 投稿日:04/12/15 01:21:25 ID:1mt2wSAK
 こんな夜更けに、蛍光灯の灯りと煙草の中にPCを走らせるのは誰だろう。
 それはSEと上司だ。上司は帰りたがるSEをひしと抱きかかえている。

上司   「SEよ、なぜ仕事をサボるのだ」
SE   「上司には私の顔色が見えないの。指先を震えさせて、青い顔をしている・・・」
上司   「あれは職務怠慢だ・・・」
取引先 「かわいい坊や、注文を聞いて。面白い遊びをしよう。納期は1週間縮めるし、新しい仕様書を私の上司がたくさん用意して待っているよ。」
SE  「上司、上司!きこえないの。取引先がぼくになにかいうよ。」
父  「落ち着きなさい、2倍の速さで仕事をすれば良いだけだよ。」
取引先 「いい子だ、私と一緒に行こう。私の部下たちがもてなすよ。お前をここちよくゆさぶり、罵り、注文するのだ。」
子 「上司、上司!見えないの、あの暗いところに無能な新人が!」
父 「見えるよ。だが、あれはお前に2日で教育させるだけだよ。」
取引先「愛しているよ、坊や。お前の苦しむ姿がたまらない。力づくでも仕様変更させる!」
子 「上司、上司!取引先がぼくに無茶を言う!取引先がぼくをひどい目にあわせる!」

 上司はぎょっとして、SEを全力で働かせた。あえぐSEに徹夜をさせ、やっとの思いで製品に納めた・・・
 デスクに突っ伏したSEはすでに過労死していた。

79 :水先案名無い人:05/02/17 22:26:55 ID:gsO0gsrX0
こんな夜更けに、魔王初代スレの既出ネタを貼るのは誰だろう。
 それは>>77だ。>>78は前スレからそのネタを引っ張ってきている。

80 :77:05/02/17 22:49:17 ID:4LESQv460
前スレから持ってきた訳じゃないんだ・・・。
オカ板を徘徊中に見つけたから貼ってみたんだよ。
スマソ

81 :水先案名無い人:05/02/18 07:19:12 ID:1HWB/2DT0
微妙に改良されてるね。

82 :水先案名無い人:05/02/18 07:51:15 ID:H4hpt5RV0
 こんな夜更けに、闇と風の中に馬を走らせるのはだろう。
 それは父と子だ。父はおびえる子をひしと抱きかかえている。

父   「息子よ、なぜ顔を隠すのだ」
子   「お父さんには魔王が見えないの。帽子をかぶって、ダンボールを運び出している・・・」
父   「あれはあびる優だ・・・」
あびる 「かわいい坊や、一緒においで。面白い盗みをしよう。倉庫には鍵がかかってないし、ダンボールをたくさん用意して待っているよ。」
子  「お父さん、お父さん!きこえないの。魔王がぼくになにかいうよ。」
父  「落ち着きなさい、あびる優が集団窃盗してるだけだよ」
店主 「ちょっと待て、お前ら何やってる。ちょっと来い。警察がもてなすよ。お前を疑い、通報し、捕まえるのだ。」
子 「お父さん、お父さん!見えないの、あの暗いところに店主が!」
父 「見えるよ。だが、業者のふりをしてやり過ごすよ。」
あびる「何言ってんすか、この倉庫に搬入してくれって言われたんスけど」
子 「おとうさん、おとうさん!あびるが店主をやり過ごす!あびるが店を閉店させる!」

 父親はぎょっとして、馬を全力で走らせた。あえぐ子供を両腕に抱え、やっとの思いで店に着いた・・・
 あびるの被害にあった店はすでに潰れていた。

83 :水先案名無い人:05/02/18 21:28:11 ID:ZqHChwEI0
>>81
初出の直後に修正されていた。

84 :水先案名無い人:05/02/19 04:10:58 ID:bq9KYlj9O
こんな夜更けに、闇と風の中に推理を走らせるのは誰だろう。
それは古畑と今泉だ。
古畑はおびえる今泉をひしと抱きかかえている。
古畑 「今泉よ、なぜ顔を隠すのだ」
今泉 「古畑さんには魔王が見えないの。赤いかんむりをかぶって、長い衣を着ている・・・」
古畑 「あれは中浦たか子だ・・・」
魔王 「かわいい坊や、一緒においで。面白い遊びをしよう。頭にはきれいな洗面器が乗っているし、その中には水を私の母さんがたくさん用意して待っているよ。」
今泉 「古畑さん、古畑さん!きこえないの。魔王がぼくになにかいうよ。」
古畑 「落ち着きなさい、倉田勝男が毛利サキにざわめいているだけだよ。」
魔王 「いい子だ、私と一緒に行こう。私の洗面器がもてなすよ。お前とゆっくり、ゆっくり、歩くのだ。」
今泉 「古畑さん、古畑さん!見えないの、あの赤いところに魔王の洗面器が!」
古畑 「見えるよ。だが、あれは苦し紛れの日下光司だよ。」
魔王 「愛しているよ、坊や。お前の美しい姿がたまらない。力づくでもつれてゆく!」
今泉 「古畑さん!古畑さん!僕もう我慢出来ません!」
今泉 「ちょっとすいません、貴方どうして洗面器を頭にのせているんですか?」

古畑はぎょっとして、あえぐ今泉を両腕に抱え、やっとの思いで魔王に聞いてみた。
古畑 「え〜・・・・続きを、」
すると魔王は答えた
魔王 「それは君の…








85 :水先案名無い人:05/02/20 00:30:49 ID:lOeJYd+l0
お父さん! お父さん!
お父さん! お父さん!
お父さん――――!!!

霧? 枯葉? 柳?

そんなもの…クソ喰らえだ!
そんなものには見えやしね―――――!!

「息子」の目にうつるものはただ一つ!!

 魔王!!

86 :水先案名無い人:05/02/20 00:32:56 ID:Hpx7of2u0
魔王ガッデム

87 :水先案名無い人:05/02/20 17:49:06 ID:iqdpzLaT0
魔王・・・ですよねぇ

88 :水先案名無い人:05/02/20 21:23:52 ID:QHzh7QpT0
 こんな朝早くに、高速でワゴンを走らせるのは誰だろう。
 それは父と子だ。父ははしゃぐ子を隣に遊園地へ向かっている。

父   「息子よ、なぜ顔を隠して笑っているのだ」
子   「お父さんには魔王が見えないの。今時ありえない、馬鹿な格好をしている・・・」
父   「ああいうのは見てはいけません・・・」
魔王 「失礼な坊や、一緒においで。面白い遊びをしよう。PSPもDSも買ってあるし、NIKEの服を私自身が出来る限り用意して待っているよ。」
子  「お父さん、お父さん!きこえないの。貧相な魔王がぼくになにかいうよ。」
父  「落ち着きなさい、魔王は独り言が大好きなんだ。」
魔王 「失礼な子だ、私と一緒に行こう。私の娘たちがもてなすよ。お前をここちよくゆすぶり、踊り、歌うのだ。」
子 「お父さん、お父さん!見えないの、あの暗いところに魔王の娘が!」
父 「見えてるよ。だが、本当の魔王の娘は奥さんと一緒に出て行ったんだ。」
魔王「愛しているよ、坊や。お前の美しい姿がたまらない。力づくでもつれてゆく!」
子 「おとうさん、おとうさん!魔王がどんどん離れてく!魔王はこの車に追いつけない!」

 父親は平然として、高速を全力で飛ばした。魔王は息を切らせ、やっとの思いで車に追いついた・・・
 そんな魔王を周りの人は見てみぬふりをして笑っていた。

89 :水先案名無い人:05/02/22 06:17:29 ID:SHM0SgvX0
Chapter 01 怯え Scare
嗚呼、馬が行く・・・・・・
こんな夜更けに、闇と風の中に
馬を走らせるもの。
それは、父と子に他ならない。
Chapter 02 濃霧 Fog
かわいい坊やが、顔を隠しても
父はたなびく霧と勘違いするものだ。
無論、岸辺にはきれいな花が咲いて
いるし、面白い遊びも出来る。
だが、私の母さんの真意は、そんな金
の服をたくさん用意することにある。
Chapter 03 息子 Son
お父さんに聴覚などというものは
無く、理不尽な魔王が
ぼくになにかいう時もある。
あの暗いところの魔王の娘は、お父さん
は古いしだれ柳の幹だと言い、そして魔王が
ぼくをひどい目にあわせる。
Chapter 04 魔王 Demon
そして、魔王はその姿を現す。
坊やを求め・・・・・
美しい姿を見て・・・・・
たまらなくなり・・・・・
力づくでつれてゆき・・・・・
何をしたのか・・・
Final Chapter 父親 Father
やがて一人の父親はぎょっとして、その馬
を全力で走らせ、あえぐ子供
を両腕に抱え、やっとの思いで館に着くだろう。
故に、子はすでに死んでいた・・・・・・

90 :水先案名無い人:05/02/22 07:59:47 ID:OV45Q/Bj0
斑鳩乙

91 :水先案名無い人:05/02/22 09:20:35 ID:7MYTrcg70
涙も出ないような情けない父親
涙も出ませんむしろ笑いが先に来ました
もうあきれはててここまでひどいとは思いませんでした
魔王すら見えない 世界中の子供に言いたい、私と一緒に行こう!
お前の美しい姿がたまらない、と子供に言いたい
私と一緒に行くということは、私の娘たちがもてなすということです
力づくでもつれてゆく
涙も出ない、笑いが先に来る哀れな父親だ
        ∧__∧   ________
      <# `Д´>/ ̄/ ̄/
      ( 二二二つ / と)
      |    /  /  /
  __  |      ̄| ̄ ̄
  \   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
  ||\             \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
  ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
     .||             ||

92 :水先案名無い人:05/02/22 12:20:43 ID:UBYie2wL0
>>91
税金払えw

93 :水先案名無い人:05/02/23 03:35:34 ID:RGjJUTUH0
>>91
ギガワロス

94 :水先案名無い人:05/02/23 08:06:43 ID:1INCZvRm0
>>89
キル・ビル風?

95 :水先案名無い人:05/02/23 12:10:59 ID:W0v5eJC60
>>94
>>90
「斑鳩」というシューティングゲームのステージ開始デモが元ネタ。

96 :水先案名無い人:05/02/23 20:27:49 ID:wwrSCkiR0
父親は まあ、アカン  汚れとるトロくさい馬で走っとる
これからの息子は ま・お・うが連れてく〜

さて

世間じゃ魔王を馬っ鹿にするけどよ 閻魔もベルゼブブも魔王だってよ
たなびく霧とか枯葉とか色々言うけどよ 金の服をたくさん用意して待ってるでよ
魔王は娘がいるけどよ ここちよくゆすぶり、踊り、歌う証拠だってよ
ほらよ
坊やの美しい姿がたまらなくてよ いきなり連れ去ったろか力づくで

ま・お・う・は ええよ
面白い遊びをするがね〜
ま・お・う・は ええよ
花がきれいだがね やっとかめ!

かんむり 長い衣 私の母さん
岸辺 力づく 愛しているよ

GO! GO! 魔王  魔界の王 魔王
やったりゃあよ 見てりゃあよ
息子を 奪うでよ〜

97 :水先案名無い人:05/02/24 00:38:06 ID:gQZWs4G40
>>91の元ネタは何?

98 :水先案名無い人:05/02/24 01:37:17 ID:jA8e1dd/0
>>96
「名古屋はええよ、やっとかめ!」だな。
ワラタ。

99 :水先案名無い人:05/02/24 10:06:51 ID:+fowBLfr0
>父親は まあ、アカン  
でもう歌いだしてしまったでかんわ。

100 :水先案名無い人:05/02/24 10:39:50 ID:2ywPhNeT0
>>69-70
ワロス

101 :水先案名無い人:05/02/24 14:10:40 ID:wNwClYmW0
>>91
世界中に言いたい、日本には来るな!のガイドライン
http://that3.2ch.net/test/read.cgi/gline/1106762799/l50

恐ろしい事に、マジ発言らしい。

102 :水先案名無い人:05/02/24 18:59:37 ID:jA8e1dd/0
涙も出ないような情けない結末
涙も出ませんむしろ笑いが先に来ました
もうあきれはててここまでひどいとは思いませんでした
館に到着一つすらしない 世界中に言いたい、父親には頼るな!
父親に抱かれないほうがいい、とおびえる子に言いたい
父親に抱かれるということは、魔王の物となることです
人間として扱われない
涙も出ない、笑いが先に来る哀れな馬だ
        ∧__∧   ________
      <# `Д´>/ ̄/ ̄/
      ( 二二二つ / と)
      |    /  /  /
  __  |      ̄| ̄ ̄
  \   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
  ||\             \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
  ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
     .||             ||

103 :水先案名無い人:05/02/24 19:01:13 ID:jA8e1dd/0
なんかいろいろ間違えた。
ごめん。

104 :水先案名無い人:05/02/25 01:35:43 ID:nXRTxe8/0
May 9, 1998
夜、父親に抱きかかえられて闇の中馬を走らせた。
父親の奴、魔王をたなびく霧だといってやがったがきっとうそにちがいねェ。
俺たちをばかにしやがって。

May 9, 1998
今、魔王から一緒においでと頼まれた。
面白い遊びをしてくれるそうだ。
岸辺にきれいな花が咲いてるってんで、ちょっと迷ったら、奴ら、金の服を用意して
母親自慢したあげくやっと誘いやがる。

May 10, 1998
深夜2時頃、ごく普通の服を着た父親に突然たたき起こされて俺もひしと
抱きかかえられた。なんでも、枯葉が風にざわめいているだけらしい。
父親ときたら、夜も寝ないで馬ばかり走らせてるからこんな事になるんだ。

May 10, 1998
さっきからこのいまいましい父親に抱かれたままなんで、頭が締め付けられて妙に痛い。
いらいらするんで、腹いせにあの魔王どもの声を無視してやった。
いい気味だ。

105 :水先案名無い人:05/02/25 01:37:30 ID:nXRTxe8/0
May 10, 1998
あまりに魔王がこわいんで父親にいったら、適当に誤魔化された。
それから、もういいから黙って寝ろと父親がいった。
おかげで今夜はよく眠れそうだぜ。

May 10, 1998
今起きたら、魔王だけでなく魔王の娘もでてきてやがった。
父親がやけに静かなんで、魔王の娘がいるって教えてやったら全然反応しねえ。
魔王が何か言ったくらいでビビりやがって。
魔王の娘に見つかったらもてなしてもらえそうだ。

May 10, 1998
さっき、見た魔王の娘はふるいしだれ、柳のみき、て はなしだ。
夜、まおうが こわいこわい。
魔王のいうこと きいてたら あいしているよ坊やといわれた。
いったいおれ どうな て

May 10, 1998
やと まおう いった も とてもこわい
今 またまおうきたの、まおう ちからずく つれてく

May 10, 1998
おとうさん おとうさん まおうーきた
ひどいめにあわせるんで にげ
こわかっ です。

10
すでに
しんでた

106 :水先案名無い人:05/02/25 02:20:17 ID:NPnzRPtY0
感動のシーンが(つД`)

107 :水先案名無い人:05/02/25 15:01:53 ID:n11Y3Ds60
元ネタ何? アルジャーノン?

108 :水先案名無い人:05/02/25 15:06:18 ID:FSzAKkjZ0
花束置いて行きます
  ,,
つ==;*;
''


109 :水先案名無い人:05/02/25 15:11:32 ID:vkkUEwvm0
>>107
【かゆい】飼育員の日記【うま】
http://that3.2ch.net/test/read.cgi/gline/1099304187/

110 :水先案名無い人:05/02/25 16:46:54 ID:moSCbsB40
前スレ 魔王のガイドライン
http://that3.2ch.net/test/read.cgi/gline/1083415218/

 こんな夜更けに、闇と風の中にかつらをなびかせるのは誰だろう。
 それは束と卵だ。束はおびえる卵をひしと抱きかかえている。

束   「卵、なぜ頭を隠す」
卵   「束には自分が見えないの。かつらの形がいつもと違って、長いワンレンになっている・・・」
束   「これはたなびくわかめだ・・・」
不和 「かわいい坊や、一緒においで。面白いヅラ遊びをしよう。頭皮にはきれいな洗浄をほどこすし、金のカツラを僕の姉さんがたくさん用意して待っているよ。」
卵  「束、束!きこえないの。魔王がぼくになにかいうよ。」
束  「落ち着け、かつらが風にざわめいているだけだよ。」
不和 「いい卵だ、僕と一緒に行こう。僕の姉さんたちがもてなすよ。頭皮をここちよくゆすぶり、マッサージし、生やすのだ。」
卵 「束、束!見えないの、あの暗いところに魔王の姉が!」
束 「見えるぞ。だが、あれは俺の古いしだれ柳風のかつらだ。」
不和「愛しているよ、卵。お前の触覚がたまらない。力づくでも抜いてゆく!」
卵 「束、束!魔王がぼくの前髪をつかまえる!魔王がぼくをひどい目にあわせる!」

 束はぎょっとして、かつらを全力でかぶらせた。あえぐ卵を両腕に抱え、やっとの思いで家に着いた・・・
 腕に抱えられた卵の前髪はすでに抜かれていた。

111 :水先案名無い人:05/02/26 18:16:32 ID:5q/kMz0g0
   こんな夜更けに、闇と風の中に馬を走らせるのはだろう。
 それは千田服役囚だ。看守はおびえる千田をひしと取り押さえている。

看守   「千田よ、なぜ顔を隠すのだ」
千田   「看守さんにはアニータが見えないの。かんむりをかぶって、長い衣を着ている・・・」
看守   「あれはたなびく霧だ・・・」
アニータ 「か牢獄(ろうごく)に入れられた時、『神よ、私はこんな目に遭うべき人なの? あなたをこんなに信じているのに! 』と思いました。(拘留所の)中に座ると、皆が『あなたがここにいるのはおかしい』と言ってくれました」
千田   「看守さん、看守さん!きこえないの。アニータがぼくになにかいうよ。」
看守   「落ち着きなさい、枯葉が風にざわめいているだけだよ。」
アニータ 「子供たちを置いてまで日本に行ったのは、貧乏になるためじゃない」
千田   「看守さん、看守さん!見えないの、あの暗いところにアニータの娘が!」
看守   「見えるよ。だが、あれは古いしだれ柳の幹だよ。」
アニータ 「日本人、待ってて下さい。私、日本に絶対行く」
千田   「看守さん、看守さん!アニータがぼくをつかまえる!アニータがぼくをひどい目にあわせる!」

 看守はぎょっとして、千田を全力で連れ戻した。あえぐ千田を両腕に抱え、やっとの思いで懲罰房に着いた・・・
 腕に抱えられた千田はすでにたかられていた。

112 :水先案名無い人:05/02/27 23:05:45 ID:TghOpNMB0
ttp://gazo04.chbox.jp/wom/src/1109055256226.jpg
ttp://gazo04.chbox.jp/wom/src/1109055304587.jpg
ttp://gazo04.chbox.jp/wom/src/1109055327239.jpg
ttp://gazo04.chbox.jp/wom/src/1109055357992.jpg
↑元ネタ

 こんな夜更けに、闇と風の中に相撲の稽古をするのは誰だろう。
 それは父と子だ。父はおびえる子をひしと抱きかかえている。

父   「息子よ、なぜ稽古をしないのだ」
子   「お父さんは道場のことを知らないの。小便をもらしたら、みんなで笑っている・・・」
父   「パパも小便タレだ・・・」
真人 「かわいい坊や、一緒においで。レスリングをしよう。ブリッジは胴体を押さえるし、チン○はにぎらなくていいんだよ。」
子  「お父さん、お父さん!きこえないの。ぼくはおすもうをやめるよ。」
父  「落ち着きなさい、笑う奴がいたらこうして、チン○を見せてあげるんだよ。」
真人 「いい子だ、私と一緒に行こう。私の友だちがもてなすよ。お前をここちよくヌポリ、つん、きゅう。」
子 「お父さん、お父さん!見えないの、マワシの前袋から太い桃色の棒が!」
父 「見えるよ。だが、こんなパパは汚いか?嫌いになったか。」
真人「マジになってるよ、坊や。お前のかわいい姿がたまらない。力づくでも高校生活を充実させる!」
子 「おとうさん、おとうさん!ぼくはすもうを続ける!ぼくでちゃってます!」

  ザン

 父親はぎょっとして、稽古を全力で行なった。あえぐ子供を両腕に抱え、やっとの思いで終了した・・・
 腕に抱えられた子の春はこれからだ!


http://that3.2ch.net/test/read.cgi/gline/1109051799/より転載

113 :チャーハンタン@ばれません:05/02/27 23:21:50 ID:Rpc5nZGn0
こんな夜更けに、闇と風の中に車を走らせるのはだろう。
 それは父と子だ。父はおびえる子をひしと抱きかかえている。

父   「息子よ、なぜ顔を隠すのだ」
子   「お父さんにはドナルドが見えないの。白い圧化粧をして、赤い口紅をつけてる・・・」
父   「あれはただのピエロだ・・・」
魔王 「かわいい坊や、一緒においで。面白いマジックをしよう。マックにはおいしいパテ肉がおいてあるし、アップルパイを私の母さんがたくさん用意して待っているよ。」
子  「お父さん、お父さん!きこえないの。ドナルドがぼくになにかいうよ。」
父  「落ち着きなさい、客が注文ミスでざわめいているだけだよ。」
魔王 「いい子だ、私と一緒に表へ出口。私の娘(グリマス、ハンバーグラー)たちがもてなすよ。お前をここちよく太らせ、踊り、歌うのだ。」
子 「お父さん、お父さん!見えないの、あの暗いところにドナルドの息子が!」
父 「見えるよ。だが、あれはドライブスルーの看板だよ。」
魔王「愛しているよ、坊や。お前の美しい姿がたまらない。力づくでもつれてゆく!」
子 「おとうさん、おとうさんドナルドがぼくをつかまえる!ドナルドがぼくにドナルドマジックをかける!」

 父親はぎょっとして、馬を全力で走らせた。あえぐ子供を両腕に抱え、やっとの思いで館に着いた・・・
 腕に抱えられた子はすでにドナルドになっていた。


114 :水先案名無い人:05/02/28 00:38:23 ID:EaBmvOnU0
画像置き場

http://puerutadelsol.seesaa.net/image/82BB82CC1.jpg
http://puerutadelsol.seesaa.net/image/82BB82CC2.jpg
http://puerutadelsol.seesaa.net/image/82BB82CC3.jpg
http://puerutadelsol.seesaa.net/image/82BB82CC4.jpg


115 :水先案名無い人:05/02/28 00:40:35 ID:EaBmvOnU0
すみません、誤爆しました・・・

116 :水先案名無い人:05/02/28 00:44:28 ID:EaBmvOnU0
ところで前スレはどこかにうpされていませんか?

117 :水先案名無い人:05/02/28 16:29:00 ID:iHZ4ohzi0

父   「息子よ、なぜ顔を隠すのだ」
子   「お父さんには魔王が見えないの。かんむりをかぶって、長い衣を着ている・・・」
父   「それ、ワシ」

118 :水先案名無い人:05/02/28 16:32:41 ID:fbs7FEGO0
 こんな夜更けに、闇と風の中に馬を走らせるのは誰だろう。
 それは父と子だ。父はおびえる子をひしと抱きかかえている。

父   「息子よ、なぜ顔を隠すのだ」
子   「お父さんには魔王が見えないの。かんむりをかぶって、長い衣を着ている・・・」
父   「あれはたなびく霧だ・・・」

じゃーん、じゃーん、じゃーん

父   「げえっ、魔王!」

119 :水先案名無い人:05/02/28 16:37:09 ID:2/aNsG1i0
>>113
ドナルドになっていた ワロタ

120 :水先案名無い人:05/03/02 01:37:19 ID:pYK/DGUc0
全選手入場スレにあったコラボは神だったな。

121 :水先案名無い人:05/03/02 15:35:58 ID:i7OA4jDG0
>>120
確かにあれは神w

122 :水先案名無い人:05/03/03 05:42:31 ID:7vz7jAFK0
795 名前: 水先案名無い人 [sage] 投稿日: 05/02/23 23:18:34 ID:wrBge3Sv0
思いついちゃったんで、スレ違い覚悟で投下!

魔王と全選手入場 夢のコラボ第2弾!

 こんな全選手入場に、研鑚と完成の投げに歴史をもの言わせるのは護身だろう。
 それは3階級と全階級だ。打撃対策はおびえる完璧をひしとベスト・ディフェンスにある。

「タイマンよ、なぜ絶対に負けんのだ」
「バーリトゥードではこいつが怖いの。韓国を海兵隊って、炎の虎を上陸している・・・」
「あれはプロの喧嘩だ・・・」
「かわいい達人、一緒に奥義。面白いバクハツをしよう。へヴィ級にはきれいなチャンプが代名詞ているし、
 キャリアを私の母さんが一切不明して待っているよ。」
「立ち技、立ち技!最強じゃないの。格闘技が最強にムエタイうよ。」
「ブラジルなさい、本場がオレを驚かせているだけだよ。」
「いい子だ、私と説明不要。私の本家日本たちがもてなすよ。
 ベルトをここちよく邪魔し、思い切り殴り、思い切り蹴るのだ。」
「自分、試しに!日本に来たの、あの鎬流の紐きりに死角が!」
「今ベールを脱ぐよ。だが、あれは燃える全盛期の本名だよ。」
「治すも壊すも思いのままだよ、医者。特に理由はないがたまらない。暗黒街でもデンジャラス!」
「実戦、A級!超一流がニューヨークをオドロカせる!武術空手がこの男を切り札に完成させる!」

 若き王者はぎょっとして、チャンピオンを全力で待たせる。
 負傷者発生を加えて備え、超豪華なリザーバーを4名御用意した・・・
 もう一名は到着が遅れている様だった。


123 :水先案名無い人:05/03/05 00:14:27 ID:kWbFkF4Q0
959 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:05/03/03(木) 14:51:20 ID:T1X1yJpY
こんなミッドナイトに、ダークとウィンドの中にホースをランさせるのはフーだろう。
それはダディとサンだ。ダディはおびえるサンをひしと抱きかかえている。

ダディ「マイサンよ、なぜフェイスをハイドするのだ」
サン 「ダディにはサタンがノットキャントシー。クラウンをウェアして、ロングなコートをウェアしている・・・」
ダディ「ザッツはたなびくミストだ・・・」
サタン「プリティベイベー、カモン。面白いプレイをプレイ。シーサイドにはきれいなフラワーが咲いているし、ゴールデンクロースをマイマーマがメニー用意してウェイト。」
サン 「ダディ、ダディ!きこえナッシング。サタンがミーにセイサムシング。」
ダディ「ユードゥ落ち着く、枯葉がウィンドにシンギング。」
サタン「クール、アイアム一緒にゴー。ミーのドーターがユァウエルカム。ユーをグッドフィーリングシェイキング、ダンシング、シンギング。」
サン 「ダディ、ダディ!見えないの、あのダークいところにサタンズドーターが!」
ダディ「アイシー。だが、ザッツオールドしだれ柳の幹だよ。」
サタン「アイラブユー、ベイベー。ユアビューティフルボディがたまらない。パワープレイでレッツジョイン!」
サン 「ダディ、ダディ!サタンがぼくをホールド!サタンがぼくをバッドアイにミーティング!」

ダディはぎょっとして、ホースをオールパワーでランニング。あえぐサンをアームホールディング、やっとの思いでハウスに着いた・・・
アームホールドされたサンはすでにバイバイ。

124 :水先案名無い人:05/03/05 06:01:21 ID:nFkCVlY40
こんな夜更けに、闇と風の中に馬を走らせるのはだろう。

こんな夜更けに、闇と風の中に馬を走らせるのは『誰』だろう。

わざとなのか、これ…

   ∩___∩         |
   | ノ\     ヽ        |
  /  ●゛  ● |        |
  | ∪  ( _●_) ミ       j
 彡、   |∪|   |        J
/     ∩ノ ⊃  ヽ
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

125 :水先案名無い人:05/03/05 11:18:15 ID:Wm6ArEBj0
   ∩___∩         |
   | ノ\     ヽ        |
  /  ●゛  ● |        |
  | ∪  ( _●_) ミ      >>124
 彡、   |∪|   |        J
/     ∩ノ ⊃  ヽ
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

126 :水先案名無い人:05/03/05 12:11:17 ID:n9id2GwJ0
>>122
それさぁ、前スレの初めのほうになかったっけ?

127 :水先案名無い人:05/03/05 12:12:24 ID:n9id2GwJ0
ごめ。
×>>122 →○>>123

128 :水先案名無い人:05/03/05 14:19:19 ID:JzR/CHwI0
こんな夜更けに、前スレ超既出の"誰"抜けコピペミス問題をいまさら蒸し返すのは誰だろう。
それは>>124だ・・・

129 :水先案名無い人:05/03/05 19:07:50 ID:IPRgUXJQ0
>>10
今更ながらグランドワロスwwwwww 笑いすぎて涙出た

130 :水先案名無い人:05/03/05 22:07:27 ID:gBWnUlyGO
こんな所で自演する奴は誰d(ry

131 :水先案名無い人:05/03/05 22:40:04 ID:kfCNQqc50
130がぼくになにかいうよ。

132 :水先案名無い人:05/03/06 11:34:36 ID:Tz3JfWxg0
落ち着きなさい、枯葉が風に・・・落ち着きなさい
息子よ、落ち着きなさい・・・落ち着けっ!
ええぃ、落ち着けっ!落ち着けーぃ!
あれはたなびく・・・・落ち着けーぃ!
見えるよ。だが・・・・お、落ち着けーぃ!
落ち着けーぃ!息子よ、落ち着けーぃ!
古い・・・・落ち着けーぃ!落ち着けーぃ!落ち着けーぃ!


133 :水先案名無い人:05/03/06 21:39:48 ID:KFJ6tWYJ0
>>132
一行目の時点で小牧愛佳だとわかった僕はもう駄目ですか?

134 :水先案名無い人:05/03/06 23:26:12 ID:uMDOjaII0
あれはたなびく水戸黄門だ・・・

135 :水先案名無い人:05/03/06 23:53:56 ID:KE1jXGVH0
>134
お前にやられたわw

136 :水先案名無い人:05/03/07 01:21:43 ID:5W8l82xR0
角「お前の頭が高い姿がたまらない、力づくでもひかえおろう!」

137 :水先案名無い人:05/03/08 09:00:32 ID:9xJqgeXz0
>136
全文ぷりーず

138 :水先案名無い人:05/03/08 11:58:50 ID:bRrE4yyK0
 こんな夜更けに、闇と風の中で悪党を蹴散らすのは誰だろう。
 それは助さんと格さんだ。格さんは黒光りする印籠をひしと抱きかかえている。

格さん 「助さんよ、なぜ刀を収めるのだ」
助さん 「格さんには黄門様が見えないの。頭巾をかぶって、長い髭を結えている・・・」
格さん 「あれは越後のちりめん問屋だ・・・」
黄門  「助さん格さん、もういいでしょう。ワンパターンの締めをしよう。21時には月曜ミステリーが控えているし、スポーツニュースを筑紫哲也が出来るだけ用意して待っているよ。」
助さん 「格さん、格さん!きこえないの。黄門様がぼくになにかいうよ。」
格さん 「落ち着きなさい、石坂浩二が不倫会見しているだけだよ。」
黄門  「いい助さんだ、もういいでしょう。私の忍たちがもてなすよ。風車をここちよく投げつけ、殴り、お湯をかけるのだ。」
助さん 「格さん、格さん!見えないの、あの暗いところに黄門様の忍が!」
格さん 「見えるよ。だが、あれは古いしだれ女優の由美だよ。」
黄門  「もういいでしょう、助さん格さん。悪党の頭が高い姿がたまらない。力づくでも控えおろう!」
助さん 「格さん、格さん!黄門様が悪党を静めてる!黄門様が悪党をひどい目にあわせる!」

 格さんはぎょっとして、悪党を全力で蹴散らした。あえぐ黄門を両腕に抱え、やっとの思いで一件落着した・・・
 懐に入れていた印籠はすでに出番を失っていた。


139 :チャーハンタン@ばれません:05/03/08 15:08:39 ID:VosvIGbP0
こんな夜更けに、闇と風の中で戦車を転がすのは誰だろう。
 それはグレゴリオとダンだ。グレゴリオは血だらけの同胞をひしと抱きかかえている
グレゴリオ「ダン、どうした。なぜ身を隠そうとするのだ?」
ダン「見えないのか、グレゴリオ。敵兵だ!俺には今、武器がない・・・・」
グレゴリオ「それは俺の家族写真だ」 
敵兵「本部どうぞ。こちら第3分隊。敵兵を一体発見。確保します。」
ダン「グレゴリオ!助けてくれ!敵兵にみつかった!」
グレゴリオ「ダン!それは大砲のスコープだ!落ち着け!」
敵兵「なかなか良く鍛えられてるな。収容所に入れれば、いい働き口になるぞ!仕事をさっさと済ませばすぐに休めるし、飯だってつく。悪くないだろ?」
ダン「グレゴリオ!!見えないのか!あそこに強制収容所が!!」
グレゴリオ「おい!ダン!!気をしっかり持て!戦車の出入り口しかないじゃないか!!」
敵兵「お!ヘリが来たぞ!さぁ立て!もうお前の国は負けたんだ!たたないなら引っ張ってでも連れて行くぞ!」
ダン「アァァァアアアアアア!!奴らが俺を引っ立てていく!!ころされるぅぅ。、ああぁぁl!”!!!!」
グレゴリオはぎょっとして、戦車を全力で走らせた。あえぐ同胞を両腕に抱え、やっとの思いで基地に着いた・・・
 腕に抱えられたダンはすでに死んでいた。



140 :水先案名無い人:05/03/08 17:13:03 ID:NIxLY+8y0
>>123
>アームホールドされたサンはすでにバイバイ。
妙に軽くてワラタ。

141 :水先案名無い人:05/03/10 12:19:21 ID:jSACoSLC0
 こんな夜更けに、闇と風の中に馬を走らせるのはだろう。
 それは父と子だ。父はおびえる子をひしと抱きかかえている。

                   r、ノVV^ー八
                 、^':::::::::::::::::::::::^vィ       、ヽ l / ,
                 l..:.::::::::::::::::::::::::::::イ      =     =
                    |.:::::::::::::::::::::::::::::: |     ニ= 仙 そ -=
                  |:r¬‐--─勹:::::|     ニ= 道 れ =ニ
                 |:} __ 、._ `}f'〉n_   =- な. で -=
  、、 l | /, ,         ,ヘ}´`'`` `´` |ノ:::|.|  ヽ ニ .ら. も ニ
 .ヽ     ´´,      ,ゝ|、   、,    l|ヽ:ヽヽ  } ´r :   ヽ`
.ヽ し き 仙 ニ.    /|{/ :ヽ -=- ./| |.|:::::| |  |  ´/小ヽ`
=  て っ 道  =ニ /:.:.::ヽ、  \二/ :| |.|:::::| |  /
ニ  く. と な  -= ヽ、:.:::::::ヽ、._、  _,ノ/.:::::| | /|
=  れ.何 ら  -=   ヽ、:::::::::\、__/::.z先.:| |' :|
ニ  る と   =ニ   | |:::::::::::::::::::::::::::::::::::.|'夂.:Y′ト、
/,  : か   ヽ、    | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::_土_::|  '゙, .\
 /     ヽ、     | |:::::::::::::::::::::::::::::::::::.|:半:|.ト、    \
  / / 小 \    r¬|ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| \

142 :水先案名無い人:05/03/10 21:55:12 ID:pAwOPlk50
 こんな早朝に、合格発表へと向かうのは誰だろう。
 それは浪人生と現役生だ。浪人生はおびえる現役生をひしと抱きかかえている。

浪人生   「現役生よ、なぜ顔を隠すのだ」
現役生   「浪人生さんには予備校が見えないの。問題が的中して、東大にたくさん合格している・・・」
浪人生   「あれはサークル勧誘のビラだ・・・」
予備校   「かわいい現役生、一緒においで。もう一年勉強をしよう。校舎にはきれいな自習室があるし、レベルにあったコースをたくさん用意して待っているよ。」
現役生   「浪人生さん、浪人生さん!きこえないの。予備校がぼくになにかいうよ。」
浪人生   「落ち着きなさい、合格発表帰りの受験生が騒いでいるだけだよ。」
予備校   「いい現役生だ、私と一緒に行こう。私の講師たちがもてなすよ。お前をここちよく奮わせ、教え、成績をあげるのだ。」
現役生   「浪人生さん、浪人生さん!見えないの、あの暗いところに予備校の講師が!」
浪人生   「見えるよ。だが、あれは合格者を狙う不動産業者だよ。」
予備校   「愛しているよ、現役生。お前の払う授業料がたまらない。力づくでも浪人させる!」
現役生   「浪人生さん、浪人生さん!予備校がぼくをつかまえる!予備校がぼくをひどい目にあわせる!」

 浪人生はぎょっとして、大学へ全力で走った。あえぐ現役生を両腕に抱え、やっとの思いで大学に着いた・・・
 腕に抱えられた現役生は不合格だった。

143 :水先案名無い人:05/03/11 08:25:15 ID:/dBYzngG0
 こんな夜更けに、闇と風の中に馬を走らせるのは誰だろう。
 それは父と子だ。父はおびえる子をひしと抱きかかえている。

父 「息子よ、なぜ顔を隠すのだ」
子 「お父さんには魔王が見えないの。かんむりをかぶって、長い衣を着ている…」
父 「あれはたなびく霧だ…」
魔王「かわいい坊や、一緒においで。面白い遊びをしよう。
   岸辺にはきれいな花が咲いているし、
   金の服を私の母さんがたくさん用意して待っているよ。」
子 「お父さん、お父さん!きこえないの。魔王がぼくになにかいうよ。」
父 「落ち着きなさい、枯葉が風にざわめいているだけだよ。」
魔王「いい子だ、私と一緒に行こう。私の娘たちがもてなすよ。
   お前をここちよくゆすぶり、踊り、歌うのだ。」
子 「お父さん、お父さん!見えないの、あの暗いところに魔王の娘が!」
父 「見えるよ。だが、あれは古いしだれ柳の幹だよ。」
魔王「愛しているよ、坊や。お前の美しい姿がたまらない。力づくでもつれてゆく!」
子 「おとうさん、おとうさん!魔王がぼくをつかまえる!魔王がぼくをひどい目にあわせる!」

 …で、どこを縦読みしたらいいの?


144 :水先案名無い人:05/03/11 18:01:56 ID:cT9CVVoP0
http://schubertiade.info/schubert/2sakuhin/kakyoku.html
誰が抜けてる所を見ると1はここからコピペかな?

145 :水先案名無い人:05/03/11 23:53:43 ID:+LAYqGjAO
>>138 >>142
クソワロタw

146 :水先案名無い人:05/03/12 22:27:58 ID:PuMS99xc0
>>123

 魔王が宮崎吐夢の声に脳内変換された…

147 :水先案名無い人:05/03/13 00:00:27 ID:/+UHxtCC0
 こんな土曜日に、バク天でてるのは誰だろう。
 それは大田と田中だ。大田はおびえる田中の肩に手を置いている。

大田   「田中よ、なぜ玉を隠すのだ」
田中   「大田さんにはゲイが見えないの。グラサンかけて、黒の皮っぽい服を着ている・・・」
大田   「あれは騒ぐふかわだ・・・」
レイザーラモン 「かわいい坊やフゥー!、一緒においで。面白い遊びをしようフゥー!。僕と人助けをしようフゥー!、皮の服を私の母さんがたくさん用意して待っているよオッケェー!」
田中  「大田さん、大田さん!きこえないの。ゲイがぼくになにかいうよ。」
大田  「落ち着きなさい、客席がざわめいているだけだよ。」
レイザーラモン 「いい子だフゥー!、一緒に行こうオッケェー!。ビレッジピープルたちがもてなすよフゥー!お前をここちよくゆすぶり、しゃぶり、入れるんだフゥー!。」
田中 「大田さん、大田さん!見えないの、あの暗いところにハードゲイのガソリン”フレディ・マーキュリー”が!」
大田 「見えるよ。だが、あれはゴルゴへのフリだよ。」
レイザーラモン「愛しているよ、坊やフゥー!。お前の美しい姿がたまらないフゥー!。僕の腰の動き見てるかい?!オッケェー!」
田中 「大田さん、大田さん!ゲイがぼくをつかまえる!ゲイがぼくをひどい目にあわせる!」

 大田はぎょっとして、ゴルゴへの前フリをすませた。あえがされる田中を両腕に抱え、やっとの思いでゴルゴにたどり着いた・・・
 腕に抱えられた田中の片方の玉はすでに死んでいた。

148 :水先案名無い人:05/03/13 01:56:16 ID:ecCBxG+00
>>147
クソワロタwww
あいつおもしれーw

149 :水先案名無い人:05/03/13 02:12:45 ID:or4RHhPh0
田中 大田      ヽoノ  フゥーーーーーーーーーー!!!!!
 ↓  ↓     ((  、ノ    )) 
 λ... λ...       <<


150 :水先案名無い人:05/03/13 17:15:47 ID:7RJdr9huO
ワロスフゥー!

151 :水先案名無い人:05/03/13 22:29:21 ID:lHnSt0Nl0
 こんな遅うなって、風吹いとるゆうのに誰が馬走らせてんのやろ。
 それぁ父子やってんな。おとんはビビんりょる子をガッチリ抱きかかえとったんや。

父   「おまえ、何顔かくっしょんねん」
子   「おとん魔王が見えへんの。かんむりかぶって、長い服を着とぉ・・・」
父   「あれ霧やがな・・・」
魔王 「めんこい坊や、一緒においで。おもろい遊びしょうか。岸辺にはええ花が咲いとうし、金の服を俺のおかんがようけ用意しとるからな。」
子  「おとん、おとん!きこえへんの。魔王がぼくになんやゆうとる。」
父  「ちょう落ち着けて、枯葉が風でガサガサゆうとるだけやがな。」
魔王 「ええ子や、俺と来んか。俺の娘がおるさかい。お前を揺らして踊って歌おやないか。」
子 「おとん、おとん!見えへんの、あの暗いとこに魔王の娘がおるやんか!」
父 「見えるで。でも、あれ木ィやんか。」
魔王「好っきゃで、坊や。お前のめんこい姿がたまらへん。無理やり連れてっちゃろか!」
子 「おとん、おとん!魔王がぼくをつかまえよる!魔王がぼくをひどい目にあわせよる!」

 おとんはぎょっとして、馬をおもくそ走らせてん。あえぐ子供を両腕でもって、やっとの思いで館に着いてんけどな・・・
 腕に抱えられた子はもう死んどってんや。


152 :水先案名無い人:05/03/13 23:41:19 ID:cZ43pIY20
>>151
ワロス
つるべボイスで再生してしまったw

153 :水先案名無い人:05/03/14 04:20:21 ID:+xn4yNXo0
>>151
魔王は神戸出身やったんか・・・。

154 :ついでに京都バージョン:05/03/14 04:39:08 ID:+xn4yNXo0
こんな夜遅うに、暗うて風吹いてる中を馬走らせたはるのは誰やろなぁ。
それは父子やった。お父ちゃんは怖がりのぼんをしっかり抱きかかえたはるわ。

父   「おまえな、なんで顔隠してるんや」
子   「お父ちゃん魔王が見えへんの。かんむりかぶって、長ぁいおべべ着てはるやん・・・」
父   「あれは霧やで・・・」
魔王 「かいらしいぼん、一緒にきぃや。おもろぉい遊びしょうな。岸辺にはきれぇな花が咲いてるし、金のおべべをわてのお母ちゃんがぎょうさん用意してるさかいにな。」
子  「お父ちゃん、お父ちゃん!きこえへんの。魔王がぼくになんかゆうたはる。」
父  「落ち着きぃや、枯葉が風でざわざわしてるだけやろ。」
魔王 「ええ子やなぁ、わてと一緒においでぇな。わての娘が相手するで。あんさんを揺らして踊って歌ってくれるで。」
子 「お父ちゃん、お父ちゃん!見えへんの、あの暗いとこに魔王の娘がいやはるわ!」
父 「見えるでぇ。せやけどなぁ、あれは古ぅいしだれ柳の幹とちがうか。」
魔王「好きやで、ぼん。あんさんのうい姿がたまらへん。どうあっても連れていくさかいにな!」
子 「お父ちゃん、お父ちゃん!魔王がぼくをつかまえはる!魔王がぼくをひどい目にあわさはる!」

お父ちゃんはぎょっとして、馬をいっしょけんめぇ走らせはった。あえぐぼんを両腕で抱きしめて、やっとの思いで館に着かはったんや・・・
腕に抱えられたぼんはもう死んだはったわ。

155 :水先案名無い人:05/03/14 10:13:26 ID:2PUMjVlg0
>>154
なんだろう、この緊迫感のなさは…

156 :水先案名無い人:05/03/14 21:35:58 ID:Sh0kBirb0
>>154
しかし魔王がなんともイヤラシイ感じでよろしなァ。

157 :水先案名無い人:05/03/15 10:56:34 ID:4j9dqvtq0
河内弁だと殺伐とした雰囲気になるのかな?


158 :水先案名無い人:05/03/15 12:01:10 ID:UMAJWitH0
 こんてな夜更けさ、闇と風の中に馬を走らせるなァ誰だっぺ。
 そらァ父と子だ。父はおびえる子をひっしと抱きかけえてる。

父   「息子よ、なして顔を隠すだよ」
子   「お父ちゃんにゃあ魔王が見えねえのげ。かんむりさかぶって、長え衣を着てえる・・・」
父   「あれァたなびく霧だっぺ・・・」
魔王 「めんこい坊や、一緒においで。面白え遊びさすっぺ。岸辺にゃあきれえな花が咲いとるし、金の服さおれげの母ちゃんがいっぺえ用意して待っとるよ。」
子  「お父ちゃん、お父ちゃん!きこえねえの。魔王がおらさなんかいうだよ。」
父  「落ち着くべや、枯葉が風さざわめえているだけだべ。」
魔王 「いい子だ、おらと一緒に行くべ。おらの娘たちがもてなすだよ。おめえをこごちよくゆすぶり、踊り、歌うんだ。」
子 「お父ちゃん、お父ちゃん!見えねえの、あの暗えところさ魔王の娘が!」
父 「めえるよ。だがよ、ありゃあ古いしだれ柳の幹だよ。」
魔王「愛しとるよ、坊や。おめえの美しい姿がたまんねえ。力づぐでもつれてぐ!」
子 「おとうちゃん、おとうちゃん!魔王がおらのことさつかめえる!魔王がおらのことさひでえ目にあわせる!」

 父親はぎょってして、馬を全力で走らせた。あえぐ子供を両腕に抱え、やっとの思いで館に着いた・・・
 腕に抱えられた子はイバラギじゃなくていばらき。

159 :水先案名無い人:05/03/16 17:11:57 ID:zovnKdCt0
ふつうにやってくれ

160 :水先案名無い人:05/03/16 18:51:59 ID:WwZ1Oxj70
よく見ると最後とかおかしいな

161 :水先案名無い人:05/03/16 20:40:48 ID:y4PRX+XD0
『魔王』のご愛読、ありがとうございます。

なぜ、突然、作者のぼくが、この作品のあとがきを書くのか?

それは、現在、本誌(音楽の教科書等)に連載中の『魔王』におとうさんという
坊やの父親が出てくるのですが、そのおとうさんの行動について、
大変重大なミスが、この作品に収録されている中に、あったためです。

そのことについての抗議の手紙や電話をたくさんいただきました

「ふざけるんじゃねえ!」とか「いいかげんなことをいうな!」とか「おとうさんはウソつきだ!」とかの、
坊やの絶望と怒りと悲しみの声でした。
(おっと…ミスに気づかなかったおとうさん!
「へえ〜、そーなの、どこかな?」とかいって、わざわざ探したりしないでください)

そこで、その箇所を訂正して、ここでおわびするために、このあとがきを書いたのです。

『魔王』は、壮大な構想と緻密な計算のもとにつくられている作品ですが、
長くかきつづけると、そこにヒズミやキズができてくるということでしょうか…。

「おとうさんはウソつきだ」と思った坊やのみなさん、どうもすみませんでした。
おとうさんはウソつきではないのです。みまちがいをするだけなのです……。
それでは、これからも『魔王』の応援、よろしくね。


162 :水先案名無い人:05/03/16 23:53:29 ID:RcjSbMY+0
こんな夜更けに、町田をを徘徊するのは誰だろう。
 それは父と子だ。父はおびえながら銃器をひしと抱きかかえている。

子   「おいファーザー、なぜ顔を隠してるんだ」
父   「お前にはゲテモノが見えんのか!わしのパンツをかぶって、長い傷が顔にある・・・」
子   「あれはたなびく霧だ馬鹿」
ゲテモノ「好きじゃ、しびれる程。のう、ファー様。てめえ、今から俺のもんにしたるわ。」
父  「オンナスキー様、オンナスキー様!きこえないのですか。ゲテモノがわしになにかいうんじゃよー。」
子  「落ち着け、枯葉が風にざわめいているだけだ。」
ゲテモノ「ファー様、好きじゃあああ。そこらの娘たちよりももてなしたらあ。お前をここちよくゆすぶったる。」
父 「オンナス、オンナス!見えないの、あの暗いところにゲテモノのハンカチが!」
子 「見えるよ。だが、あれは古いしだれ柳の幹だ。」
ゲテモノ「好きとか嫌いとか最初に言い出した奴ぁ誰かのう。のう、ファー様。力づくでも犯したる!」
父 「どなたか、どなたかおられぬか!ゲテモノがわしをつかまえる!ゲテモノがわしをひどい目にあわせる!」

 子はぎょっとして、全力で警察に走った。あえぐ父を救うため、やっとの思いで警察官と現場に戻った・・・
 父の精神はすでに病んでいた。

その後3日ほど寝込んだのち、治ったらしいがたいしてかわらねえ。

163 :水先案名無い人:05/03/17 00:27:09 ID:9785L8/e0
「父のセリフの……『見えるよ。だが、あれは古いしだれ柳の幹だよ。』…ってよォ〜〜。

『古いしだれ柳の幹だよ』ってのは、わかる……スゲーよくわかる。
息子は風邪でありもしないものを見てるんだろーからな…。

だが、「見えるよ。」って部分はどういう事だああ〜〜〜っ!?
お前には魔王の娘が見えるのかっつーのよーーーーーッ!
ナメやがってこの父親ァ、超イラつくぜェ〜〜〜ッ!!
魔王の娘じゃあなくて古いしだれ柳の幹なら、
「見えていない」っていうのが普通じゃあねーか!
見えるもんなら見てみやがれってんだ!チクショーーッ。

どういう事だ!どういう事だよッ!クソッ!
「見えるよ。」って、どういう事だッ!ナメやがってクソッ!クソッ!」

164 :水先案名無い人:05/03/17 09:30:09 ID:GCVdPfcN0
こんな夜更けに、闇と風の中に馬を走らせるのは誰だろう。
 それは父と子だ。父はおびえる子をひしと抱きかかえている。
ジル  「いやぁ、ガビシャンありがとう。どうだいジョージ?」
ジョージ「とにかく欧米で最も闇と風の中に走らせるのが馬なんだけど
     あのおびえる子には恐れ入ったよ。」  
ジル  「なるほど、鋭い意見をありがとう。ナタリアは?」
ナタリア「私はむしろ逆で、馬よりもあの父の目。
     馬を走らせる父の目がエネルギッシュでよかったわ。」
ジル  「エクセレント!! ハマァタはどうだい?」
浜田  「いや、ハマダやけど…何であの親子は馬を走らしてんの?」
ジル  「よし、マツモト! おびえる子をやってみないか」
浜田   「 俺は無視かい!」

〜〜〜〜〜中略〜〜〜〜〜

ジル・ジョージ・ナタリア「「ギャーハハハハハハハハハ!!」」
浜田・松本 「…………」

ジル  「それでは今日はこの辺で、司会のジル・ベッソンでした。SEE YOU NEXT WEEK BYEBYE」
浜田 「終わりかい!」
ジル  「いやーマツモト、素晴らしかったよ 」
ナタリア「やっぱりニッポンのゲェーニンは最高だわ 」

165 :水先案名無い人:05/03/20 07:44:23 ID:iHZXxWEk0
●ぼくのン地元ではン魔王がン
息子のン魂をン連れてン行くン
●たわけンかようなンたなびくン
霧はン以後ン一切ンやめン

166 :水先案名無い人:05/03/20 09:19:32 ID:KpvcRN7B0
>>165
そのネタ多分俺しかわかってないと思うン
罰としてケツバット256発の刑

167 :水先案名無い人:05/03/20 12:17:14 ID:iHZXxWEk0
●ぼくはターナビビクーン。
ターナビビクーン。
ザワッザワッ。ザワッザワッ。
ウーンキンノフクー。
ハーウタウノダー。
マオマオムスムス。
という魔王を見ました。
●貴様は連れて行かん。

168 :水先案名無い人:05/03/20 12:36:09 ID:KpvcRN7B0
貴様はもうレスをするでない

169 :水先案名無い人:2005/03/21(月) 21:00:27 ID:1aPTOLcf0
ぬ。

170 :水先案名無い人:2005/03/21(月) 21:35:18 ID:rTpw4Auz0
る、

171 :水先案名無い人:2005/03/21(月) 21:50:52 ID:soyUPDul0
ガッ

172 :水先案名無い人:2005/03/22(火) 02:20:49 ID:iESZJ2Py0
馬を走らせていると、魔王が声をかけてきました。
魔王「かわいいまあちゃん、一緒においで。面白い遊びをしよう。」

├ 1.まあちゃん「結構です。もう追いかけてこないでください。」  
│                              
│    [まちがい]                         
│     魔王はこの程度のことでは振り切れません。
│     それに、あまりにも誘いを断っていると
│     魔王がしびれを切らしてしまいます。
│     力づくで連れていかれるかもしれません。
│                     ↑
│                     ここがポイント!

└ 2.まあちゃん「はーい!」
      
      [せいかい]

173 :水先案名無い人:2005/03/22(火) 11:00:06 ID:xT/H9mQq0
馬を追う神が呼んでいる。父親を差し置いても、我がもとに来たるべし。
我は与えん、面白き遊びを。我は伝えん、ゆさぶりの愉悦を。
神なる者の壮大な誘惑。子たる者の壮絶なる決意。
いま夜更けに、最後の戦いが始まる。
次回「魔王」。全てを得るか、地獄に落ちるか。


174 :水先案名無い人:2005/03/24(木) 00:02:23 ID:uSX8MM0a0
魔王って神じゃないよね。

175 :水先案名無い人:2005/03/24(木) 12:37:03 ID:KQ1z+AcZ0
このような夜更けに、闇と風の中にお馬を走らせていらっしゃるのはどなたでありましょうか。
それはお父様と御曹司でございます。お父様はおびえていらっしゃる御曹司をひしと抱きかかえていらっしゃいます。

お父様   「息子様、どうしてお顔をお隠しになるのですか」
御曹司   「父上には魔王陛下がご覧になれないのですか。冠をおかぶりになって、長い衣をお召しになっている・・・」
お父様   「あれはたなびく霧でございます・・・」
魔王陛下  「かわいいご子息、一緒においでなさい。面白い遊びをいたしましょう。河辺にはきれいなお花が咲いているし、金の服を私の母が用意してお待ちしておりますよ」
御曹司   「父上、父上!きこえませんか。魔王陛下が私に何かおっしゃいます」
お父様   「落ち着きなさい、枯葉が風にざわめいているだけですよ」
魔王陛下  「いい子でいらっしゃる。私と一緒に参りましょう。私の愚娘たちがおもてなししますよ。あなたをここちよくゆすぶり、踊り、歌うのです」
御曹司   「父上、父上!ご覧になれませんか、あの暗いところに魔王陛下のご令嬢が!」
お父様   「伺えますよ。しかし、あれは古いしだれ柳の幹でございます」
魔王陛下  「お慕いしております、ご子息。あなたの美しいお姿がたまりません。力ずくでも連れて行きます!」
御曹司   「父上、父上!魔王陛下が私を捕獲なさいます!魔王陛下が私をひどい目にあわせなさいます!」

お父様はぎょっとして、お馬を全力で走らせなさいました。あえがれる御曹司を両腕にお抱えになり、やっとの思いで親方にお着きになりました・・・
腕に抱えられなさっていた御曹司は既にお亡くなりになっていたのでありました。

176 :水先案名無い人:2005/03/24(木) 19:26:10 ID:Q+Ha898Y0
ちぐはぐな日本語にワロタ…

177 :水先案名無い人:2005/03/24(木) 23:53:52 ID:rrhlRnNC0
>>175
白石加代子の声で聞こえてくるのは何故だろう

178 :水先案名無い人:2005/03/25(金) 04:15:09 ID:2huYTVIR0
こんな夜更けに、森の中に迷っているのは誰だろう
それは私だ。夜になり減ってきたお腹をかかえている。

私 「お腹よ、なぜ顔を隠すのだ」
腹 「私には一軒のお店が見えないの。「ここはとあるレストラン」と看板が出ている・・・」
私 「あれは変な名前の店だ・・・」
店 「いらっしゃいませ。人気メニューはナポリタンでございます。真っ赤なトマトに、マッシュルームの入ったソースがご好評を頂いております」
腹 「私、私!きこえないの。店がぼくになにかいうよ。」
私 「落ち着きなさい、ナポリタンの注文を取っているだけだよ。」
店 「お腹さま、さあナポリタンができました。舌でここちよく味わい、のみこんで、消化なさってください。」
腹 「私、私!見えないの、テーブルの上にナポリタンが!」
私 「見えるよ。なんか変だ。しょっぱい。変にしょっぱい。頭が痛い。」
店 「すいません作り直します。食わなきゃ腹にたまらない。力づくでもお代は結構です!」
腹 「私、私、ナポリタンが来たよ。ナポリタンを食べたよ。今度は平気みたいだ!」

私はぎょっとして、店を出る。あえぐ腹を両腕で抱え、しばらくして気づいてしまった・・・
ここはとあるレストラン・・・人気メニューはナポリタン・・・

179 :水先案名無い人:2005/03/26(土) 11:22:52 ID:8hJOvbSK0
>>178
元ネタが分からん…。

180 :水先案名無い人:2005/03/26(土) 12:01:22 ID:Q+X5knX70
「ここはとあるレストラン」でおぐぐりあそばせ。

181 :水先案名無い人:2005/03/26(土) 17:32:07 ID:auK/U3Qo0
親愛なる父親へ。

館到着おめでとう。君がこれを読むときは、
おそらくぼくはもうそばにいないだろう。
だから、プレゼントの代わりに聞いて欲しい。
父親、いいか、お前には魔王が見えないのか。
ぼく、思うんだ。たなびく霧も、古いしだれ柳の幹も、
最初は魔王を見ない気持ちから生まれたんだって。
悲しいことに、馬は時として全力で走らず、
魔王がぼくをひどい目にあわせることもあるだろう。
そんなときは、ぼくが顔を隠していたころを思い出して欲しい。
無視されても無視されても、魔王にしか見えかったあのころを。
どうか、ぎょっとしてくれ、お父さん。
つかまることを怖れず、あえぐぼくを抱えて。
魔王に出会って、本当に殺された。

子、永遠に父親の心とともに。

182 :水先案名無い人:2005/03/26(土) 17:56:44 ID:Eeu1lCCF0
古館一郎風キボン

183 :水先案名無い人:2005/03/27(日) 09:55:14 ID:0U9otLVj0
◎ ゾーマの休日 2日目 ◎
http://game10.2ch.net/test/read.cgi/ff/1111486862/80-

 こんな夜更けに、城の中で戦っているのは誰だろう。
 それはオルテガと勇者だ。オルテガはおびえる勇者をひしと抱きかかえている。

オルテガ「勇者よ、なぜ顔を隠すのだ」
勇者   「お父さんにはゾーマが見えないの。かんむりをかぶって、闇の衣を着ている・・・」
オルテガ「あれはダイエットしたバラモスだ・・・」
ゾーマ  「かわいい勇者や、一緒においで。世界征服をしよう。アレフガルドには絶望があふれかえるど。」
勇者   「お父さん、お父さん!きこえないの。ゾーマがぼくになにかいうよ。」
オルテガ「落ち着きなさい、ヒドラが変な声で笑ってるだけだよ。」
ゾーマ  「いい子だ、私と一緒に行こう。私の娘たちがもてなすよ。お前をここちよくゆすぶり、踊り、歌うのだ。」
勇者   「お父さん、お父さん!見えないの、あの暗いところにゾーマの娘が!」
オルテガ「見えるよ。不細工だ。」
ゾーマ  「愛しているよ、坊や。お前の王者の剣がたまらない。力づくでも破壊する!」
勇者   「おとうさん、おとうさん!ヒドラが来たよ!ヒドラがおとうさんをひどい目にあわせる!」

 オルテガはぎょっとして、バギクロスを全力で唱えた。ヒドラの炎の息をかいくぐり斬りつけた。しかし致命傷を受けたとき・・・
 ベホマを唱えるだけのMPは既に無かった。

184 :水先案名無い人:2005/03/27(日) 11:42:08 ID:h5cH8p6V0
>>175
「愚娘」ってなんて読むの?

185 :水先案名無い人:2005/03/27(日) 12:10:28 ID:FSNksyP00
遊戯王の社長で魔王きぼん

186 :水先案名無い人:2005/03/27(日) 12:10:28 ID:h5cH8p6V0
こんな夜更けに、闇と風の中にタケコプターを走らせるのは誰だろう。
それはドラえもんとのび太だ。ドラえもんはおびえるのび太をひしと抱きかかえている。

ドラ「のび太くん、涙と鼻水たらしてどうしたのみっともない」
のび太「ドラえもんにはスネ夫が見えないの。奇抜な髪型で、自慢話をしている・・・」
ドラ「あれは虚言癖のある可哀想な子だ・・・」
スネ夫「みんな、僕の別荘においで。面白い遊びをしよう。岸辺にはきれいな花が咲いているし、金の服を僕の母さんがたくさん用意して待っているよ。のび太は連れてかない」
のび太「ドラえもんドラえもーん!たすけてえ。ジャイアンが不機嫌だ。」
ドラ「落ち着きなさい、一人でできない喧嘩ならするな!」
ジャイアン「のび太、むしゃくしゃする。殴らせろ。お前をギッタギタの、メッタメタにして、歌うのだ。ホゲ〜♪」
のび太「ドラえもん、ドラえもーん!こんなんでぼくは本当にしずかちゃんと結婚できるの?」
ドラ「できるよ。未来は決まってるんだ。」
出来杉「愛しているよ、しずか。お前の美しい姿がたまらない。力づくでもつれてゆく!」
のび太「ドラえもん、ドラえもーん!出来杉がしずかちゃんをつかまえる!出来杉がぼくを毒男にさせる!」

ドラえもんはぎょっとして、タイムマシンを全力で走らせた。あえぐのび太を両腕に抱え、やっとの思いで22世紀に着いた・・・
のび太の子孫のはずのセワシは既に消滅していた。

187 :水先案名無い人:2005/03/27(日) 19:07:32 ID:4Pa7YkUd0
ワロタ 上手いな

188 :水先案名無い人:2005/03/27(日) 21:01:47 ID:2yaL2l7Z0
やあ  _/M l
     (´・ω・`)

ようこそ、魔王の森へ
この金の服はサービスだから、まず落ち着いて欲しい。

うん、「また」なんだ。 性懲りもなく馬を走らせやがった。
いったい何人連れて行けば僕は認知されるのだろう

でも、 力づくでつれていくとき、
「たまらない」みたいなものを感じるんだよね
殺伐とした世の中で、そういう気持ちを忘れないで欲しい、そう思って
また僕は君をおびえさせるんだ。

じゃあ、Game startと行こうか。

189 :水先案名無い人:2005/03/27(日) 21:02:39 ID:2yaL2l7Z0
最後だけ変え忘れた…

190 :水先案名無い人:2005/03/28(月) 00:00:53 ID:rNtxlpbI0
ドラえもん魔王、超ワロタ

191 :水先案名無い人:2005/03/28(月) 19:56:37 ID:8PzR2nMF0
>>186
テラギガワロスwww

192 :水先案名無い人:2005/03/29(火) 00:51:27 ID:KEyvVof/0
>>186
笑いすぎて腹いてー

193 :水先案名無い人:2005/03/29(火) 01:11:57 ID:zK6bQGEE0
こんな夜更けに、闇と風の中に馬を走らせるのは誰だろう。
 それは父と子だ。父はおびえる子をひしと抱きかかえている。

父   「息子よ、なぜ顔を隠すのだ」
子   「お父さんにはお空が見えないの。黒く穴があいて、飲み込まれそうだよ・・・」
父   「あれは雷雲だ・・・」
空 「Alo, Salut... Sunt Eu Un.....Haiduc Si Te Rog, Iubirea Mea Primeste Fericirea Alo.....Alo..... Sunt Eu, Picasso Ti-Am Dat Beep Si Sunt Voinic Dar Sa Stii, Nu-Ti Cer Nimic」
子  「お父さん、お父さん!きこえないの。お空がぼくになにかいうよ。」
父  「落ち着きなさい、雨を降らせる雷の音だよ。」
空 「いい子だ。しっ! 誰か来た。 並フェイスで 踊り、歌うのだ。」
子 「父さん、父さん!ぬまぬま いぇい、ぬまぬま いぇい、ぬまぬまぬま いぇい!」
父 「Vrei Sa Pleci だが、ぬまぬま いぇい、ぬまぬま いぇい? ぬまぬまぬま いぇい!」
空「Ma-I-A Hi, Ma-I-A Hu Ma-I-A Ho, Ma-I-A Ha-Ha Ma-I-A Hi, Ma-I-A Hu Ma-I-A Ho, Ma-I-A Ha-Ha・・・!」
子 「おとうさん、おとうさん!お空がぼくをつかまえて、お空がぼくに歌わせようとするんだ!」

 父親はぎょっとして、馬を全力で走らせた。あえぐ子供を両腕に抱え、やっとの思いでO屋敷に着いた・・・
 腕に抱えられた子はすでにマイヤハッハー。

194 :改変:2005/03/29(火) 01:16:57 ID:xonz+NhC0
こんな夜更けに、闇と風の中に馬を走らせるのは誰だろう。
 それは父と子だ。父はおびえる子をひしと抱きかかえている。

父   「息子よ、なぜ顔を隠すのだ」
子   「お父さんにはお空が見えないの。黒く穴があいて、飲み込まれそうだよ・・・」
父   「あれは雷雲だ・・・」
空 「Alo, Salut... Sunt Eu Un.....Haiduc Si Te Rog, Iubirea Mea Primeste Fericirea Alo.....Alo..... Sunt Eu, Picasso Ti-Am Dat Beep Si Sunt Voinic Dar Sa Stii,

Nu-Ti Cer Nimic」
子  「お父さん、お父さん!きこえないの。お空がぼくになにかいうよ。」
父  「落ち着きなさい、雨を降らせる雷の音だよ。」
空 「いい子だ。しっ! 誰か来た。 並フェイスで 踊り、歌うのだ。」
子 「父さん、父さん!ぬまぬま いぇい、ぬまぬま いぇい、ぬまぬまぬま いぇい!」
父 「Vrei Sa Pleci だが、ぬまぬま いぇい、ぬまぬま いぇい? ぬまぬまぬま いぇい!」
空「Ma-I-A Hi, Ma-I-A Hu Ma-I-A Ho, Ma-I-A Ha-Ha Ma-I-A Hi, Ma-I-A Hu Ma-I-A Ho, Ma-I-A Ha-Ha・・・!」
子 「おとうさん、おとうさん!お空がぼくをつかまえて、お空がぼくに歌わせようとするんだ!」

 父親はぎょっとして、馬を全力で走らせた。あえぐ子供を見て我に返った。そうだったのか・・・・・・・・・!
 腕に抱えられた子はすでにマイヤハッハー。


195 :水先案名無い人:2005/03/29(火) 03:35:27 ID:R4K5Owqo0
前スレ見れるとこないですか?

196 :水先案名無い人:2005/03/29(火) 09:37:54 ID:P49Ky8tD0
>>195
http://ruku.qp.tc/dat2ch/0501/31/1083415218.html

197 :水先案名無い人:2005/03/29(火) 12:59:25 ID:wcWqFnr80
>194
飲ま飲まイェイ じゃないのか

198 :水先案名無い人:2005/03/29(火) 12:59:50 ID:NtBeLU0g0
>>196
前スレの美しいネタがたまらない。力づくでも読破する!

199 :水先案名無い人:2005/03/30(水) 22:58:49 ID:xDvGmRGy0
 こんな夜更けに、闇と風の中に北上するのは誰だろう。
 それは父と子だ。父はおびえる子をひしと抱きかかえている。

父   「息子よ、なぜ顔を隠すのだ」
子   「お父さんには四国が見えないの。しっこく!しっこく!って踊っている・・・」
父   「あれはオーストラリアだ・・・」
菅直人 「かわいい坊や、一緒においで。一緒にお遍路巡りをしよう。岸辺にはきれいな花が咲いているし、高知では橋本知事がもてなしてくれるよ。」
子  「お父さん、お父さん!きこえないの。能登半島がぼくになにかいうよ。」
父  「落ち着きなさい、あれはデンマークだよ。」
森喜朗 「いい子だ、私と一緒に行こう。パチンコ屋がもてなすよ。松井君のサインもあげよう。」
子 「お父さん、お父さん!見えないの、あの暗いところに佐渡島が!」
父 「見えるよ。だが、あれはアイルランドだよ。」
北工作員 「洗脳するよ、坊や。お前の人生がたまらない。力づくでもつれてゆく!」
子 「おとうさん、おとうさん!北工作員がぼくをつかまえる!北工作員がぼくをひどい目にあわせる!」

 父親はぎょっとして、馬を全力で走らせた。あえぐ子供を両腕に抱え、やっとの思いで館に着いた・・・
 腕に抱えられた子はすでに消えていた。

200 :水先案名無い人:2005/03/30(水) 23:40:39 ID:MViSOaaL0
それはそうです。走行馬のような真夜中の暗闇と風で。 それは、父と子供です。
父はしっかりおびえた子供を保持しています。

父、「表面がそうである、隠す、」
息子なぜ。 「子供」「魔王は父に似ていません。 そして、長い間すり減って、衣服がすり減ると
いうことです・、・、・ 」 「それは霧の銀行です」
魔王の父となってください。 「存在で一緒にいるすてきな小さい少年。 おもしろいプレーをしましょう。
美しい花は岸の中の花、および私の多くの母が準備して、お金の衣服が待たれるコネです。 」
子供「父となって、父となります。 私はそれを聞きません。 魔王は何かを私に言います。 」
「下がっていて、死んでいた状態で決着をつけるには、葉は、風と、雑音であるにすぎません」
という魔王の父となってください。「良い子供になろう、それ、および私がいる碁。
私の娘はそれを楽しませます。 あなたはゆったり動揺します、そして、踊ります、そして、それは歌います。 」
子供「父となって、父となります。 その暗闇の魔王の娘: ..見ません… 」
父「それはそれを見ます。 しかしながら、それは、古くて、退屈している柳の幹です。 」
魔王「愛をこめて、そして、小さい少年。 あなたの美しい外観は集まりません。 それは力づくでもつれます。 」
子供「父となって、父となります。 魔王は私を捕らえます。 魔王は私を苦労させます。 」

父は馬を怯えて飼っていました、そして、彼のベストを走らせてください。 ほとんど・考えないことによって、
パビリオンに到着しました・ 喘ぎながら言った子供は両腕を雇われました、そして、・ アームで雇われた子供
は既に死んでいます。

201 :水先案名無い人:2005/03/31(木) 00:45:17 ID:do2sW7VO0
そのようなものに、夜(この人は暗さの中の馬および風を実行するだろう)遅い彼らは父親と子供です。
父親はぎょっとした子供を堅く抱擁します。しない、

父親「悪魔の父親捕らえること姿?「――
息子――顔は隠されます、なぜ――"――それが覆われていた子供、王冠および長い衣服が着用しています...それがそうである
父親「それは急斜面にある霧...".である。
悪魔「彼らはともに美しい少年および匂いです。」私は面白いプレーを行ないましょう。陸上へ、銀行では、美しい花が満開です。また、私の母親の多くは金色の服の準備をしており、待っています。
子供「父親、父親!それは来ず越えません。悪魔は私を言います、いくらか。
父親「――それは下へ落ち着きます。また、死んでいる葉は風に単に騒々しい。
悪魔「――彼はよい子供です――私は私と一緒に行きましょう。私の娘は扱います。快適に揺さぶられ、ダンスをされ、歌われます。
子供「父親、父親!悪魔の娘はそうです[それは目に見えません、そして]!」その暗い場所へ。
父親「それは目に見えます。しかし、それは古いシダレヤナギの幹です。
悪魔--「――それは愛しています――少年。あなたの美しい図は耐えられません。それは元気づけます――それは現われてもつれます!
子供「父親および父親!悪魔は私を捕らえます!悪魔は恐ろしい経験で私を結合します!

――父親は驚き、馬を実行しました、で、だろう、またメイン。...どれが両方の腕の中にあえぐ子供を抱くか、子供が腕の中に保持した、大きな困難を備えた大邸宅に着いたかは、既に死んでいました。

202 :水先案名無い人:2005/03/31(木) 02:25:45 ID:Enh7e50K0
 こんな夜更けに、闇と風の中にサイコロをふろうとしているのは誰だろう。
 それはミスターと大泉だ。ミスターはおびえる大泉をひしと抱きかかえている。

ミスター   「大泉よ、なぜ顔を隠すのだ」
大泉   「ミスターには藤村が見えないの。ヒゲをはやして、胡散臭い笑い方をしている・・・」
ミスター   「あれは着ぐるみを着た安田だ・・・」
藤村 「かわいい大泉、一緒においで。面白い遊びをしよう。サイコロは必ず四国行きだし、代えのテープを嬉野がたくさん用意して待っているよ。」
大泉  「ミスター、ミスター!きこえないの。藤村がぼくになにかいうよ。」
ミスター  「落ち着きなさい、安田が無理をしてすっ転んだだけだよ。」
藤村 「いい子だ、私と一緒に行こう。全国の深夜バスがもてなすよ。お前をここちよくゆすぶり、絶対に眠らせないのだ。」
大泉 「ミスター、ミスター!見えないの、あの暗いところに北海道のほの字もないフリップが!」
ミスター 「見えるよ。だが、あれは空気の抜けたonちゃんの着ぐるみだよ。」
藤村 「愛しているよ、大泉。お前のもじゃもじゃ頭がたまらない。力づくでもつれてゆく!」
大泉 「ミスター、ミスター!藤村がぼくをつかまえる!藤村がぼくをひどい目にあわせる!」

 ミスターはぎょっとして、深夜バスに乗り込んだ。あえぐ大泉を両腕に抱え、やっとの思いでHTBに着いた・・・
 腕に抱えられた大泉はすでに全国区になっていた。



203 :西武実況より転載の転載:2005/03/31(木) 08:25:20 ID:PokHO8s00
334 名前: 名無しさん 投稿日: 2005/03/30(水) 22:58:51 ID:a0Zl718Z
松坂 「涌井よ、なぜ顔を隠すのだ」
涌井 「お父さんには沼者が見えないの。キャップをかぶって、青い衣を着ている・・・」
松坂 「あれはたなびく旗だ・・・」
沼者 「かわいい坊や、一緒においで。面白い遊びをしよう。
    スタンドにはきれいな花火が咲いているし、自責点を私の仲間がたくさん用意して待っているよ。」
涌井 「お父さん、お父さん!きこえないの。沼者がぼくになにかいうよ。」
松坂 「落ち着きなさい、外野席がざわめいているだけだよ。」
沼者 「いい子だ、私と一緒に行こう。私の仲間たちがもてなすよ。お前をここちよくゆさぶり、エラーし、魔送球するのだ。」
涌井 「お父さん、お父さん!見えないの、あのマウンドの後ろに沼者の仲間が!」
335 名前: 名無しさん 投稿日: 2005/03/30(水) 22:59:12 ID:a0Zl718Z
松坂 「見えるよ。だが、あれは守備についた味方だよ。」
沼者 「愛しているよ、坊や。お前の炎上する姿がたまらない。力づくでもつれてゆく!」
涌井 「おとうさん、おとうさん!沼者がぼくをつかまえる!沼者がぼくをひどい目にあわせる!」

 松坂はぎょっとして、全力で投球した。あえぐ涌井を両腕に抱え、やっとの思いで若獅子寮に着いた・・・
 腕に抱えられた子はすでに俺達になっていた。
     _、_
   ( ,_ノ` )
 (⌒`::::   ⌒ヽ
  ヽ:::: ~~⌒γ⌒)
   ヽー―'^ー-'
    〉 16 │

204 :水先案名無い人:2005/03/31(木) 20:39:13 ID:ZOMH2auT0
>>199
父子を菅親子にして方がよさげ

205 :水先案名無い人:2005/03/31(木) 21:10:09 ID:SclY7f0l0
Excite 中→日(出だしだけ)

仇氏の30〓はding卞を載せる?正午〓と〓卞のにごり酒おじけづく〓日の6月および反対する〓分ける借りがある朱色で公の木反
対に捕虜にする正午〓分ける捕虜にす
る反対の雲あまりに尹月〓おじけづく夫の仄は正午に警戒の5人の井戸の地方長官が溶ける中に月

206 :水先案名無い人:2005/03/31(木) 21:13:28 ID:SclY7f0l0
Excite 日→韓→日

こんな深い夜に,暗さと風中に言葉を走らせるようにするゴッウンだろう.
それはお父さんと息子だ.お父さんは恐ろしがる子供をヒ日と抱えこんでいる.

部「息子だ,どうして顔を隠すことだ」
定木「お父さんには魔王が安保なの.管を使って,長い服を着ている・・・」
部「あれは長くポッ晴れない・・・」
魔王「可愛い坊,一緒に来なさい.面白い遊びをしよう.物価にはきれいな花が咲いていて,お金の服を私のお母さんがたくさん準備して待っています.」
定木「お父さん,お父さん!聞こえないの.魔王が私にオブゲなのか言います.」
部「沈着でください,枯れ葉がせいでざわめいているだけ(位)だ.」
魔王「良いAIDA,私と一緒に行こう.私の(お嬢さん)娘たちがもてなします.お前を気持ち姿,踊って,歌うのだ.」
定木「お父さん,お父さん!見えないこと,その暗い所に魔王の(お嬢さん)娘が!」
部「見えます.しかし,あれは古くさくてヌグヤナギの間だ.」
魔王「愛しています,児が.お前の美しい姿がたまらない.力句でも付いて行く!」
定木「お父さん,お父さん!魔王が私を取る!魔王が私を大目玉を食うようにする!」

父親はぞっとして,言葉を全力で走るようにした.喘ぐ子供を両腕に抱いてやっとの考えでタチに到着した・・・
腕に抱くことができた子供はもう死んでいた.

207 :水先案名無い人:吉野家コピペ暦04/04/01(金) 20:38:36 ID:ys6HySxQ0
翻訳戻しネタはさんざん既出な上にネタ自体もう飽きたんですが

208 :!baka:吉野家コピペ暦04/04/01(金) 20:43:02 ID:UOgXi2OB0
>>207
最初から終わっているような感じだったが、やっと飽きたんか。

209 :水先案名無い人:吉野家コピペ暦04/04/01(金) 22:33:46 ID:31XLEnf9O
>>202
面白すぎる

210 :水先案名無い人:吉野家コピペ暦04/04/02(土) 11:46:38 ID:8ccU3xay0
 こんな夜更けに、闇と風の中にノックをしているのはだろう。
 それはシーツと鳥谷だ。シーツはおびえる鳥谷に鋭い打球を浴びせている。

シーツ   「鳥谷よ、なぜ後ろを気にするのだ」
鳥谷    「シーツ先生には監督が見えないの。帽子ををかぶって、ネグリジェを着ている・・・」
シーツ   「あれはたなびく旗だ・・・」
監督    「かわいい鳥や、一緒にこんか。グフフ。面白い遊びをしよう。バーにはきれいな兄ちゃんがおるし、金の服をママさんがたくさん用意して待っているで。」
鳥谷    「シーツ先生、先生!きこえないの。監督がぼくになにか囁くよ。」
シーツ   「落ち着きなさい、私のバットスイングが空気を切る音だよ。」
監督    「いい子だ、わいと一緒に行こう。わいのオキニたちがもてなすで。お前をここちよくゆすぶり、掘り、1軍登録や。」
鳥谷    「先生、先生!見えないの、あの暗いところに葛城が!」
シーツ   「見えるよ。だが、あれは連絡がなかった桧山だよ。」
監督    「愛しているで、鳥。オマエの若い肉体がたまらんわ。もう一緒よ!」
鳥谷    「先生、先生!監督ががぼくをつかまえる!監督が僕をスタメンで起用してさらし者にする!!」

 シーツはぎょっとして、鳥谷を連れて走った。あえぐ鳥谷を引っ張って、やっとの思いで宿舎に着いた・・・
 オープン戦打率低迷の鳥谷は先発出場が決まっていた。

岡田    「そんなもん、オマエ……数字だけで判断するんなら小学生でもできる 」



211 :水先案名無い人:吉野家コピペ暦04/04/02(土) 12:48:31 ID:dVw1Fn8I0
秋葉オタのやつってどんなのだっけ。

212 :水先案名無い人:2005/04/06(水) 22:06:16 ID:amPTUlss0
 こんな夜更けに、闇と風の中に吉宗を打つのは誰だろう。
 それは父と子だ。父はおびえる子をひしと抱きかかえている。

父   「息子よ、なぜ顔を隠すのだ」
子   「お父さんにはジャグラーが見えないの。パーマで、不気味な化粧をしている・・・」
父   「あれはただの10枚役だ・・・」
ジャグラー 「かわいい坊や、一緒においで。面白いスロットをしよう。告知にはきれいなGOGOランプが光っているし、BB7を微妙なガールがたくさん用意して待っているよ。」
子  「お父さん、お父さん!きこえないの。ジャグラーがぼくになにかいうよ。」
父  「落ち着きなさい、吉宗が高確スルーしただけだよ。」
ジャグラー 「いい子だ、私と一緒に行こう。北連たちがもてなすよ。お前をここちよくハマらせ、連チャン、またハマりだ。」
子 「お父さん、お父さん!見えないの、あの暗いところにジャグラーガールが!」
父 「見えるよ。だが、あれは古い水兵の恋人だよ。」
ジャグラー「愛しているよ、坊や。お前のヘタクソな目押しがたまらない。力づくでもペカらせる!」
子 「おとうさん、おとうさん!ジャグラーがぼくをつかまえる!北電子がぼくをひどい目にあわせる!」

 父親はぎょっとして、吉宗を天井まで回した。あえぐ子供を両腕に抱え、やっとの思いで天井レジ・・・
 腕に抱えられた子はすでにねじっていた。

213 :水先案名無い人:2005/04/07(木) 00:02:07 ID:xqfoBDCE0
 こんな夜更けに、古代遺跡の中に息子を走らせるのはぬわーーっ。
 それは父とトンヌラだ。父はおびえるトンヌラをひしと抱きかかえている。

父   「息子よ、なぜ顔を隠すのだ」
子   「お父さんには魔王が見えないの。かんむりをかぶって、長い衣を着ている・・・」
父   「あれはたなびくぬわーーっ!!」
ゲマ 「ほっほっほ、かわいい坊や、一緒においで。
     面白い遊びをしよう。神殿にはきれいな教祖様がいるし、
     ドレイの服を教祖様がたくさん用意して待っているよ。」
子  「お父さん、お父さん!きこえないの。魔王がぼくになにかいうよ。」
父  「落ち着きなさい、古代遺跡が風にぬわーーっ。」
ゲマ 「いい子だ、私と一緒に行こう。ムチおとこたちがもてなすよ。
     お前をここちよく叩き、叱り、働かせるのだ。」
子 「お父さん、お父さん!見えないの、あの暗いところに魔王の部下が!」
父 「見えぬわーーっ。だが、あれは古代遺跡の模様ぬわーーっ。」
ゲマ「愛しているよ、坊や。お前の美しい姿がたまらない。力づくでもつれてゆく!ジャミ!ゴンズ!」
子 「おとうさん、おとうさん!魔王がぼくをつかまえる!魔王がぼくをひどい目にあわせる!」

 父親はぎょっとして、全力で戦わぬわーーっ。
 あえぐ子供の首にカマを宛がわれ、やっとの思いで勝った戦闘をもう一度、そして勝てぬわーーっ
 腕に抱えられた子はすでにドレイにされていた。

214 :水先案名無い人:2005/04/07(木) 00:49:16 ID:G9Df8DrM0
Xネタワロタぬわーーっ

215 :水先案名無い人:2005/04/07(木) 16:19:31 ID:il2guO3B0
これ書いたの誰

【外交】幽玄的なシダレザクラに見入る  ドイツ・ケーラー大統領が来日
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1112740705/70


216 :水先案名無い人:2005/04/07(木) 21:17:57 ID:+045l2WN0
 こんな夜更けに、死の大地の海の中を泳ぐのは誰だろう。
 それは父と子だ。父はおびえる子をひしと抱きかかえている。

父   「息子よ、なぜ顔を隠すのだ」
子   「お父さんには魔王が見えないの。光魔の杖を持って、長い髭を生やしている・・・」
父   「あれは部下のミストバーンだ・・・」
魔王 「かわいい坊や、一緒においで。面白い遊びをしよう。門の前にはフェンブレンが待っているし、
    すてきな罠をキルバーンがたくさん用意して待っているよ。」
子  「お父さん、お父さん!きこえないの。魔王がぼくになにかいうよ。」
父  「落ち着きなさい、フェンブレンがたった一騎で待ち伏せしているだけだよ。」
魔王 「いい子だ、私と一緒に行こう。私の部下たちがもてなすよ。
    お前をフェニックスウィングで弾き飛ばし、
    カラミティエンドで斬りつけ、カイザーフェニックスで燃やすのだ。」
子 「お父さん、お父さん!見えないの、あの暗いところに魔王の部下が!」
父 「見えるよ。だが、あれは鼻水のハドラーだよ。」
魔王「愛しているよ、坊や。お前のその力が部下にほしい。お前の父親はこの問いにYESと答えた・・・」
子 「おとうさん、おとうさん!魔王がぼくをつかまえる!魔王が黒の核晶を爆発させる!」

 父親はぎょっとして、黒の核晶を全力で抑えた。眠らせた子供を背後に守り、やっとの思いで爆発を防いだ・・・
 子が目覚めたとき父親はすでに死んでいた。

217 :水先案名無い人:2005/04/08(金) 14:57:54 ID:cew+xnyS0
父  「息子よ、なぜ顔を隠すのだ」
子  「お父さんには園川が見えないの。ハチ公前で、球団代表を待っている・・・」
父  「あれは愛甲だ・・・」
園川 「かわいい坊や、マリンスタジアムにおいで。なんでこの僕が2位指名なんですか。
    川崎では10.19に登板するし、イチローは私からたくさん打って200安打させるよ。」
子  「お父さん、お父さん!みえないの。園川が追いかけてくるよ。」
父  「落ち着きなさい、トレーバーが金田監督に蹴られてるだけだよ。」
園川 「ここ埋立地だぞ。私と一緒に行こう。ロッテファンがもてなすよ。
    ライトスタンドでここちよく体をゆすぶり、踊り、歌うのだ。」
子  「お父さん、お父さん!見えないの、あの路線バスの園川が!」
父  「見えるよ。だが、あれは乗車拒否をくらっているんだよ。」
園川 「仕方ない、僕だってそう思う。ザマアミロって感じがありましたね。」
子  「おとうさん、おとうさん!園川がぼくをつかまえる!園川がぼくを園様会に入会させる!」

父親はぎょっとして、馬を全力で走らせた。あえぐ子供を両腕に抱え、やっとの思いで館に着いた・・・
腕に抱えられた子は平気でピンピンしていた。子を連れ去るにも格ってもんがある。

218 :水先案名無い人:2005/04/08(金) 15:32:09 ID:RnBrVzSt0
あれはたなびくアンガールスだ・・・

219 :水先案名無い人:2005/04/09(土) 03:45:52 ID:fZKWd+Mb0
>218
腕に抱えられた子はすでにジャンガジャンガジャンガジャジャーーン。

220 :水先案名無い人:2005/04/09(土) 10:35:11 ID:FSXeYTJ+0
げぇっ!関羽!あわわ…

221 :水先案名無い人:2005/04/09(土) 22:26:25 ID:PVJuVW1j0
あれは「ジャーン!ジャーン!」だ…

222 :水先案名無い人:2005/04/10(日) 05:48:14 ID:8DID83U00
>>202
亀レスですまんが、テラワロスw

223 :水先案名無い人:2005/04/10(日) 08:47:45 ID:TprGS9yd0
 こんな夜更けに、闇と風の中に相撲の稽古をするのは誰だろう。
 それは父と子だ。父はおびえる子をひしと抱きかかえている。

父   「息子よ、なぜ稽古をしないのだ」
子   「お父さんは道場のことを知らないの。小便をもらしたら、みんなで笑っている・・・」
父   「パパも小便タレだ・・・」
真人 「かわいい坊や、一緒においで。レスリングをしよう。ブリッジは胴体を押さえるし、チン○はにぎらなくていいんだよ。」
子  「お父さん、お父さん!きこえないの。ぼくはおすもうをやめるよ。」
父  「落ち着きなさい、笑う奴がいたらこうして、チン○を見せてあげるんだよ。」
真人 「いい子だ、私と一緒に行こう。私の友だちがもてなすよ。お前をここちよくヌポリ、つん、きゅう。」
子 「お父さん、お父さん!見えないの、マワシの前袋から太い桃色の棒が!」
父 「見えるよ。だが、こんなパパは汚いか?嫌いになったか。」
真人「マジになってるよ、坊や。お前のかわいい姿がたまらない。力づくでも高校生活を充実させる!」
子 「おとうさん、おとうさん!ぼくはすもうを続ける!ぼくでちゃってます!」

  ザン

 父親はぎょっとして、稽古を全力で行なった。あえぐ子供を両腕に抱え、やっとの思いで終了した・・・
 腕に抱えられた子の春はこれからだ!


224 :水先案名無い人:2005/04/10(日) 11:59:35 ID:Jku1o7Fl0
ワロス

225 :水先案名無い人:2005/04/10(日) 18:54:47 ID:6rwD7WAV0
牛島 「加藤よ、なぜ顔を隠すのだ」
加藤  「監督には大魔神が見えないの。帽子をかぶって、エノカナに入れ込んでいる・・・」
牛島   「大魔神は大リーグ帰りのピッチャーだ・・・」
大魔神 「かわいい加藤、交代しよう。面白い炎上をしよう。夜空にはきれいな花火が咲き乱れるし、
     ファンの笑顔を私の炎上がたくさん用意して待っているよ。」
加藤  「監督!監督!きこえないの。大魔神がぼくになにかいうよ。」
牛島  「落ち着きなさい、メジャーへいったデニーがわめいているだけだよ。」
大魔神 「いい子だ、私と交代しよう。相川のリードがもてなすよ。試合をおもしろくゆすぶり、炎上し、破壊するのだ。」
加藤   「監督、監督!見えないの、大魔神のフォークは全然落ちないんだよ!」
牛島 「見えるよ。だが、大魔神には6億も払ってるんだ。」
大魔神 「愛しているよ、加藤。お前の好投している姿がたまらない。力づくでも炎上させる!」
加藤   「監督、監督!大魔神が試合を炎上させる!大魔神がぼくをひどい目にあわせる!」
 
 牛島はぎょっとして、野村を全力で準備させた。あえぐ加藤を両腕に抱え、やっとの思いで試合を終わらせた・・・
 加藤にはすでに勝ち投手の権利はなかった。


226 :水先案名無い人:2005/04/11(月) 00:17:26 ID:XWyLi18s0
魔王=マイケルジャクソン

227 :水先案名無い人:2005/04/11(月) 12:34:51 ID:Im9avWMp0
こんな夜更けに、闇と風の中に馬を走らせるのはだろう。
それは父と子だ。父はおびえる子をひしと抱きかかえている。

父   「息子よ、なぜ顔を隠すのだ」
子   「お父さんには魔王が見えないの。パジャマの上から、長いコートを着ている・・・」
父   「あれはただの被告人だ・・・」
マイケル・ジャクソン 「かわいい坊や、一緒においで。面白い遊びをしよう。部屋に面白いゲームがいっぱいあるし、ゴールドディスクをバブルスくんがたくさん用意して待っているよ。」
子  「お父さん、お父さん!きこえないの。魔王がぼくになにかいうよ。」
父  「落ち着きなさい、銀行からの借用書が金庫でうなってるだけだよ。」
マイケル・ジャクソン 「いい子だ、私と一緒に行こう。ゾンビたちがもてなすよ。お前をここちよくゆすぶり、今夜はビートイットだアーォ!」
子 「お父さん、お父さん!見えないの、あの暗いところに美容整形外科医が!」
父 「見えるよ。だが、あれは古いしだれジャネット・ジャクソンだよ。」
マイケル・ジャクソン「愛しているよ、坊や。お前の美しい姿がたまらない。力づくでもつれてゆく!フーッ!」
子 「おとうさん、おとうさん!魔王がぼくをつかまえる!魔王がぼくをひどい目にあわせる!」

 父親はぎょっとして、馬を全力で走らせた。あえぐ子供を両腕に抱え、やっとの思いで館に着いた・・・
 腕に抱えられた子はすでにレイザーラモン住谷です、フーッ!(腰をカクカク)


228 :水先案名無い人:2005/04/11(月) 13:46:40 ID:c1Bx7SqU0
父親はぎょっとして、馬を全力で走らせた。

                  r、ノVV^ー八
                 、^':::::::::::::::::::::::^vィ       、ヽ l / ,
                 l..:.::::::::::::::::::::::::::::イ      =     =
                    |.:::::::::::::::::::::::::::::: |     ニ= 魔 そ -=
                  |:r¬‐--─勹:::::|     ニ= 王 れ =ニ
                 |:} __ 、._ `}f'〉n_   =- な. な -=
  、、 l | /, ,         ,ヘ}´`'`` `´` |ノ:::|.|  ヽ ニ .ら. ら ニ
 .ヽ     ´´,      ,ゝ|、   、,    l|ヽ:ヽヽ  } ´r :   ヽ`
.ヽ つ き 魔 ニ.    /|{/ :ヽ -=- ./| |.|:::::| |  |  ´/小ヽ`
=  れ っ 王  =ニ /:.:.::ヽ、  \二/ :| |.|:::::| |  /
ニ  て. と な  -= ヽ、:.:::::::ヽ、._、  _,ノ/.:::::| | /|
=  い. 力ら  -=   ヽ、:::::::::\、__/::.z先.:| |' :|
ニ  く ず   =ニ   | |:::::::::::::::::::::::::::::::::::.|'夂.:Y′ト、
/,  : く   ヽ、    | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::_土_::|  '゙, .\
 /  で  ヽ、     | |:::::::::::::::::::::::::::::::::::.|:半:|.ト、    \
  / / 小 \    r¬|ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| \

229 :水先案名無い人:2005/04/11(月) 21:29:32 ID:B8a1hNXH0
魔王が子の命を無残にも奪い、地に這う子の顔面を踏みつける。
騒然とする館内。
突然、絶望に打ちひしがれた父が立ち上がる・・・
無言のままおもむろに剣を抜き服を脱ぐ父。
服の下からはかつて歴戦を戦いぬいた筋骨隆々の肉体が現れる。
止めようとする馬の前脚を掴み豪快に地面に投げつける父。
そのまま剣を構え魔王に対峙する父。
「さぁ来い!魔王!」
館内総立ち。魔王コール、父コールで館が揺れる。
シューベルトは予定を変更して『続・魔王』の製作を決定。

230 :水先案名無い人:2005/04/12(火) 01:13:39 ID:ioWTDF+S0
>>229
それ反則w

231 :水先案名無い人:2005/04/12(火) 07:57:12 ID:b6JNj1wk0
>>229
見たいw

232 :水先案名無い人:2005/04/12(火) 08:23:15 ID:SqbOppVU0
止めようとする馬、って・・・・w

233 :水先案名無い人:2005/04/12(火) 14:58:53 ID:w9uftT9w0
青筋の立ったブツブツ肉棒を力尽きたヘレンにねじ込むのが良い魔王

「フハーハハァ!味はどうだ小娘!ワシのモノは旨いかと聞いておるのだ!」

「ひ、ひぎっ…ぎいっ…アレッ、アレックスゥ!アレックスゥゥゥ!」

「奴は死んだぁ! 貴様の仲間は全員糞虫の餌となったぞ!
お前も後を追わせてやろう!
さあ、出すぞ! 受け止めろぉ!」

「ひぃぎ、やあ、やぁっ!
私の、アレックスの、赤ちゃ…やぁああ!」

234 :水先案名無い人:2005/04/12(火) 15:47:38 ID:WXEzQLPT0
>>232
たぶん黒王か松風。

235 :水先案名無い人:2005/04/12(火) 17:25:39 ID:AJkdXi3O0
>黒王
モヒカンを連れ歩くお父さん燃え。

236 :水先案名無い人:2005/04/12(火) 19:51:04 ID:bmSmJgmR0
>>229
俺を笑い殺す気か

237 :水先案名無い人:2005/04/12(火) 20:07:53 ID:snFKiq3H0
こんな夜更けに、闇と風の中に車を走らせるのはだろう。
それは父と子だ。父はアドレナリン全開で猛スピードで飛ばしている。

父   「息子よ、なぜ顔を隠すのだ」
子   「お父さんにはパトカーが見えないの。パトランプをかぶって、白黒ツートンカラーの車・・・」
父   「あれはトヨタのカローラだ・・・」
パト  「前方の白いセダン。停車してください。100km/hオーバーです。」
子   「お父さん、お父さん!きこえないの。パトカーがお父さんになにかいうよ。」
父   「落ち着きなさい、集中しているから私には聞こえないよ。」
パト   「前方の白いセダン。止まりなさい。ここは市街地です。どれだけ危険な運転をしているか
     わかっているのですか。」
子   「お父さん、お父さん!見えないの、あの暗いところにもう一台のパトカーが!」
父   「見えるよ。だが、あれしきの車なら振り切れるよ。」
パト  「白いセダン、暴走の危険あり、至急応援頼む!場合によっては実力行使もやむを得ない!」
子  「おとうさん、おとうさん!パトカーの集団が車にぶつかってくる!おとうさんのせいでぼくが
    ひどい目にあっている!」

 車は激突の衝撃で大破。父親はぎょっとして、車を捨て全力で逃走。あえぐ子供を両腕に抱え、
 やっとの思いで家に着いたが逃走先で逮捕… 腕に抱えられた子はすでに死んでいた。
 警察当局は子供の死因は父親の運転によるショック死と断定。「あの状況では一般市民に被害
 が出る恐れがあった。我々の判断は正しかったと確信している」とコメントした。

238 :水先案名無い人:2005/04/12(火) 20:12:38 ID:vISJGRCQ0
>父   「落ち着きなさい、集中しているから私には聞こえないよ。」
ワラタ

239 :水先案名無い人:2005/04/13(水) 00:04:14 ID:Eau1BGAW0
>>237
おとうさんのせいでぼくが ひどい目にあっている!に笑った。


240 :水先案名無い人:2005/04/13(水) 00:06:41 ID:a8OZpgM70
>237
ワロス

241 : :2005/04/14(木) 11:37:14 ID:wb5TBVSv0
>223
>112

242 :水先案名無い人:2005/04/14(木) 16:36:10 ID:KdHvHv410
>>237
俺は、最期の2行が言いたかっただけとちゃうんかと問いたい

243 :やらずにはいられなかった:2005/04/14(木) 19:56:45 ID:iyYkXOFF0
それはそうです。走行車のような真夜中の暗闇と風で。 それは、父と子供です。
神父は猛スピードで完全に開くアドレナリンを過ごしています。

神父、「表面がそうである、隠す、」息子なぜ。 「子供」「神父はパトロールカーを見ません。 それはPatoramp、および白黒ツートンカラーの車に・置きます・、・ 」
「それはトヨタのCorollaです」パットの父となってください。 「白いセダンフォワード。 止まってください。 100km/hが誇張されたということです。 」
子供「父となって、父となります。 私はそれを聞きません。 パトロールカーは何か父となるものを示します。 」
「落ち着いてください。そうすれば、私の声は集中したので、聞かれなく」パットの父となってください。 「白いセダンフォワード。
止まってください。 ここに、都市部があります。 非常に危険な運転が行われるaがわかられますか?」
子供「父となって、父となります。 別のパトロールカー: その暗黒に。見ません… 」
神父「それはそれを見ます。 しかしながら、それがその舗装の車であるなら、払いのけるのにおいて可能です。 」
パット「それは、危険にであるすぐに、白いセダンと暴走の支援を求めます。
また、場合によって、実力行使も避けられません。 」
子供「父となって、父となります。 パトロールカーのグループは車に面しています。 私は父で苦労しています。 」

車は衝突の衝撃でひどく破損します。 神父は、最もよく怯えてである遠くに投げることによって、車か
ら逃げます。 喘ぎながら言う子供は両腕を雇われますが、それはエスケープの目的地でそれを捕らえま
す、そして、…アームで雇われた子供が既に死んでいるとほとんど思わないことによって、家に到着しま
した。 警察当局は、ショック死であり、父が運転することによって、それを子供の死の原因に結論づけ
ます。 「損害はその状況で民間人の心に浮かぶかもしれません。 それは私たちの判断が正しかったと確
信しています。 」それはコメントしました。


244 :水先案名無い人:2005/04/14(木) 22:45:08 ID:q/bqTrcg0
まだ夜も更けないうちに、家の中でくつろいでいるのは誰だろう。
それは父と娘だ。娘は何やら本を読んでいる。

父   「娘よ、何を読んでいるのだ」
娘   「お父さんは『魔王』を知らないの。ゲーテの詩を元に、シューベルトが作曲した・・・」
父   「そんな小難しいのは知らん・・・」
魔王のセリフ 『かわいい坊や、一緒においで。面白い遊びをしよう。岸辺にはきれいな花が咲いているし、金の服を私の母さんがたくさん用意して待っているよ。』
娘   「お父さん、お父さん!見て見て。魔王が坊やを誘惑してるよ。」
父   「落ち着きなさい、面白い遊びってなんなんだよ。」
魔王のセリフ 『いい子だ、私と一緒に行こう。私の娘たちがもてなすよ。お前をここちよくゆすぶり、踊り、歌うのだ。』
娘   「お父さん、お父さん!見て見て、魔王の娘まで出てきたわ!」
父   「うるさいよ。どうせ、古いしだれ柳の幹にでも見まちがえたんだよ。」
魔王のセリフ『愛しているよ、坊や。お前の美しい姿がたまらない。力づくでもつれてゆく!』
娘   「おとうさん、おとうさん!魔王が坊やをつかまえたわ!魔王が坊やをあんな目やこんな目にあわせてる!
     この魔王はすごいショタコンだわフゥハハハーハァーくぁswでfrtgyふじこl;p」

父親はぎょっとして、娘を全力で落ち着かせた。あえぐ子供を両腕に抱え、やっとの思いで落ち着いた・・・
腕に抱えられた娘はすでに絶頂していた。

245 :水先案名無い人:2005/04/14(木) 23:01:58 ID:TBkVl8r+0
>>233
お前は魔王改変作れって1000

246 :水先案名無い人:2005/04/14(木) 23:23:17 ID:/Nz9hZmO0
>>244
>そんな小難しいのは知らん・・・
>うるさいよ。どうせ、古いしだれ柳の幹にでも見まちがえたんだよ
ワロスwwwwwwww

247 :水先案名無い人:2005/04/15(金) 01:57:48 ID:pXEjGWGx0
 こんな世紀末に、闇と風の中に単車を走らせようとするのは誰だろう。
 それはケンシロウとユリアだ。ケンシロウは恋人のユリアをひしと抱きかかえている。

ユリア 「ケンシロウよ、なぜ顔を隠すのだ」
ケンシロウ 「ユリアには悪党共が見えないの。ヘルメットをかぶって、斧で武装している・・・」
ユリア 「あれはたなびく放射能だ・・・」
シン 「かわいいケンシロウ、一緒においで。面白い決闘をしよう。俺には執念、欲望があるし、南斗の技を用意して待っているよ。」
ケンシロウ 「ユリア、ユリア!きこえないの。シンがぼくになにかいうよ。」
ユリア 「落ち着きなさい、血飛沫が風にざわめいているだけだよ。」
シン 「いい子だ、私と一緒に行こう。私の部下たちがもてなすよ。お前をここちよく羽交い絞め、拷問し、放置するのだ。」
ケンシロウ 「ユリア、ユリア!見えないの、あの暗いところにもシンの部下が!」
ユリア 「見えるよ。だが、あれは古い親父の墓だよ。」
シン 「愛しているよ、ケンシロウ。お前の弱っちい姿がたまらない。力づくでもユリアをつれてゆく!」
ケンシロウ 「ユリア、ユリア!シンがぼくをつかまえる!シンがぼくをひどい目にあわせる!」

 シンはぎょっとして、指を全力で突き入れた。あえぐケンシロウを部下に抱えさせ、やっとの思いで傷を七つ目にした・・・

一年後────
 シンに捕らえれたユリアはすでに死んでいた。

248 :水先案名無い人:2005/04/15(金) 17:33:54 ID:laSPQqrT0
 こんな夜更けに、闇と風の中に坊やを誘惑するのは誰だろう。
 それは母と魔王だ。母は金の服をたくさん用意している。

母  「息子よ、なぜ金の服がいるのだ」
魔王 「お母さんには坊やが見えないの。体を震わせて、顔を隠している・・・」
母  「これは可愛い坊やだ・・・」
坊や 「こわい魔王、あっちに行って。見間違いをしよう。あれはたなびく霧だし、枯葉が風にざわめいているよ。」
魔王 「お母さん、お母さん!きこえないの。坊やがぼくを拒むよ。」
母  「落ち着きなさい、父親が嘘を吹き込んでるだけだよ。」
坊や 「わるい魔王だ、早く館に帰ろう。私の父が馬を走らせるよ。私を抱きかかえ、ぎょっとし、逃げるのだ。」
魔王 「お母さん、お母さん!見えないの、あの暗いところに全力で走る坊やの父が!」
母  「見えるよ。だが、あれは馬だよ。」
坊や 「大嫌いだよ、魔王。お前の恐ろしい姿がたまらない。力づくでも逃げてゆく!」
魔王 「おかあさん、おかあさん!坊やがぼくをいやがる!坊やがぼくからすごい勢いで逃げる!」

 母親はぎょっとして、坊やを全力でゆすぶった。あえぐ孫娘も躍らせ、やっとの思いで坊やを連れ去った・・・
 腕に抱えられた坊やはすでに死んでいた。

249 :水先案名無い人:2005/04/16(土) 00:06:24 ID:6jNbwxcF0
http://that3.2ch.net/test/read.cgi/gline/1107188647/703-704

250 :水先案名無い人:2005/04/16(土) 01:29:54 ID:uZVs/gwn0
すごいな。魔王エンド。

703 名前:水先案名無い人[sage] 投稿日:2005/04/15(金) 23:37:16 ID:MAOUENDC0
>>695
とりあえず、まあ、なんだ、その…>>695よ、イkg


251 :神おめ:2005/04/16(土) 05:30:06 ID:WeSSQmDk0
こんな夜更けに、宇宙ヤバイスレッドの中で驚かれたのは誰だろう。
それは>>249のスレの>>703だ。そのスレッドで703は695を慰めている。

703 「>>695よ、イkg」
702 「それよりお前のIDが見えないの。MAOUで、しかもENDしている・・・」
703 「それは気付かなかった・・・」
707 「ヤバイ。>>703ヤバイ。 まずIDが魔王END。 」
703 「ヤバイ、言われるまでID魔王に気付かなかった。」
707 「落ち着きなさい、 そんな>>703は神のIDスレにいくと良かったと思います。」
709 「いい子だ、魔王のガイドラインあるよ。」
703 「ヤバイ。即レスだよ。時間で言うと約5分。」
709 「しかも2だよ」
このスレの>>249-250「愛しているよ、すごいな。魔王エンド」
703 「魔王スレ見てみたら、自分の書き込みがコピペされてた。ヤバイ。なんか照れる。 」

このスレの住人もびっくりして、>>249へ駆けつけた。URLをクリックして、特に問題なくスレについた・・・
>>703は○○が狭霧だと判ったから超寝ていた。超おやすみ。


252 :水先案名無い人:2005/04/16(土) 10:27:39 ID:0GpM/63l0
>>251
GJ!

253 :水先案名無い人:2005/04/16(土) 15:37:00 ID:k2PXsbNu0
腕に抱えられた魔王はすでに一酸化炭素中毒で死んでいた。

254 :水先案名無い人:2005/04/16(土) 19:59:57 ID:TGBNJRGT0

 こんな地合に、ハイテクと新興に買いを入れるのは誰だろう。
 それは営業マンと個人投資家だ。営業マンはおびえる
 個人投資家をひしと抱きこんでいる。

営業マン 「お客様、なぜ買いを隠すのだ」
個人投資家「営業マンには日経平均が見えないの。長い陰線をつけて、長い上髭を付けている・・・」
営業マン 「あれは小さい反落だ・・・」
アナリスト「かわいい個人投資家や、買いを入れて。面白い投機をしよう。
      仕手株が初動をしているし、逆日歩をたくさん用意して待っているよ。」
個人投資家「営業マン、営業マン!きこえないの。アナリストがぼくになにかいうよ。」
営業マン 「落ち着きなさい、日本市場は緩やかな回復に向かっているから大丈夫だよ。」
アナリスト「いい相場の肥やしだ、私の薦める銘柄を買おう。北村も推奨しているよ。
      見せ板をここちよく小出しにし、お前を惑わし、嵌め込むのだ。」
個人投資家「営業マン、営業マン!見えないの、あの板の厚いところに売り爆弾が!」
営業マン 「見えるよ。だが、あれは仕手筋の見せ板だよ。」
アナリスト「愛しているよ、坊や。お前の狼狽投げがたまらない。力づくでも売り下げる!」
個人投資家「営業マン、営業マン!全力二階建ての比例狙いをしてたら引け際に寄る!」

 営業マンはぎょっとして、買い注文を全力でキャンセルした。あえぐ個人投資家をなだめ、
 やっとの思いで引け成りを出した…
 高値掴み約定したものは既に追証が発生していた。


255 :水先案名無い人:2005/04/16(土) 22:01:13 ID:XvGSOEzG0
こんな夜更けに、館に閉じこもっているのは誰だろう。
それは父と子だ。父はおびえる子をひしと抱きかかえている。

父   「息子よ、なぜ顔を隠すのだ」
子   「お父さんには借金取りが見えないの。パンチパーマ、ドハデなスーツを着ている・・・」
父   「あれは単なるチンピラだ・・・」
借金取り 「シューベルトはん!いてるんやろ。東南アジアに行きまひょ。腎臓や角膜は高う売れるし、フィリピン行きの航空券を手配して待ってまっせ。」
子  「お父さん、お父さん!きこえないの。借金とりドアを叩いているよ。」
父  「落ち着きなさい、木の枝風でが飛んできてドアに当たってるだけだよ。」
借金取り 「えぇ子や、ワシと一緒に行きまひょ。東南アジアのゲイどもがもてなすで。おどれはここちよくゆすぶられ、掘られるだけで日銭ガッポリや。」
子 「お父さん、お父さん!見えないの、あの暗いところにゲイのおっさんが!」
父 「見えるよ。だが、見なかったことにしよう。」
借金とり「エエ加減にせぇよ、オドレら!!早よう2000万ユーロ返してくれなたまらんわ!!。力づくでもつれていきまっせ!」
子 「おとうさん、おとうさん!借金取りがドアを壊してくる!借金取りがぼくをひどい目にあわせる!」

 父親はぎょっとして、窓から逃げ出した。あえぐ子供を両腕に抱え、必死に逃げたが借金取りの仲間に捕まった・・・
 某日、 フィリピンでオーストリア人親子の死体が見つかった。

256 :水先案名無い人:2005/04/16(土) 23:09:46 ID:JrocXJ670
>見えるよ。だが、見なかったことにしよう。

ワロスww

257 :水先案名無い人:2005/04/17(日) 01:07:35 ID:hNgTysxh0
>2000万ユーロ
芸が細かいな ワロタ

258 :水先案名無い人:2005/04/17(日) 06:00:02 ID:1kSBjMTw0
父が妙に冷静w

259 :水先案名無い人:2005/04/17(日) 15:15:46 ID:oPP3q+eJ0
>>249
( ゚д゚) ・・・
 
(つд⊂)ゴシゴシ
 
(;゚д゚) ・・・
 
(つд⊂)ゴシゴシゴシ
  _, ._
(;゚ Д゚) IDが魔王END!?

260 :水先案名無い人:2005/04/18(月) 21:16:04 ID:TGg5axiu0
 こんな夜更けに、闇と風の中に馬を走らせるのはだろう。
 それはアキオとZだ。アキオはおびえるZのステアをひしと抱きかかえている。

アキオ「Zよ、なぜ思い通りに動いてくれないのだ」
Z   「アキオには地獄のチューナーが見えないの。組む車がどれも速すぎて、誰もが事故を起こしている・・」
アキオ「あれは北見サイクルのおっちゃんだ・・」
北見 「OKアキオ、一緒においで。とびきりのEgを組もう。チューニングには終わりがないし、果てしなく時間と金をつぎ込んだ先に何かがきっと得られるヨ。」
Z   「アキオ、アキオ!きこえないの。湾岸の帝王がぼくになにかいうヨ。」
アキオ「落ち着きなさい、お前と一緒ならブラックバードにも負ける気がしないヨ。」
島  「いい車だ、私と一緒に走(ヤ)ろう。パイプフレーム+カーボンパネルのポルシェがもてなすヨ。お前と逢えるべくして逢い、戦い、撃墜(オト)すのだ。」
Z  「アキオ、アキオ!見えないの、あの暗いところに鉄とアルミの天才が!」
アキオ「見えるよ。だが、あれは保険水増しのボッタクリ板金屋だよ。」
高木「ウーロンだヨ、アキオ。オレに勇気を与えてくれるその目がたまらない。力づくでも手伝わす!」
Z 「アキオ、アキオ!高木サンがアキオをダブらせる!高木サンがアキオに敵車のボディワークまでやらせる!」

 アキオは留年して、Zを全力で走らせた。あえぐZを毎晩ねじ伏せ、やっとの思いで悪魔に認められた・・
 GTRの新型は一年経たずにR32からR34になっていた。

261 :水先案名無い人:2005/04/18(月) 23:42:10 ID:y9oqEf1/0
馬か

262 :水先案名無い人:2005/04/19(火) 00:25:31 ID:cy3WOSjH0
>馬
文学的にはおkだと思う、でも日本の文学系にはわからない氏ね

263 :水先案名無い人:2005/04/19(火) 06:13:45 ID:oU9Jcwoz0
 こんな朝っぱらから一睡も出来ていないのは誰だろう。
 それは隣家の女性(64)と旦那だ。旦那はおびえる嫁(64)をひしと抱きかかえている。

旦那   「嫁よ、なぜ顔を隠すのだ」
嫁(64)   「あなたにはmiyocoが見えないの。布団たたきを持って、朝9時から布団4枚・・・」
旦那   「あれはたなびく霧だ・・・」
miyoco 「9時半だーー!布団を庭に干してまーーす!抗議しまーーす!コラー!ご主人がまたしゃしゃり出てきてるよ!朝から!抗議したいものだなぁ!」
嫁(64)  「あなた、あなた!きこえないの。miyocoが私になにかいうよ。」
旦那  「落ち着きなさい、TWO-MIXがざわめいているだけだよ。」
miyoco 「何しとん?引っ越しもせんと!今日も盗撮か?あー?抗議するからな!ハイ!引っ越し!引っ越し!さっさと引っ越し!!」
嫁(64) 「あなた、あなた!聞こえないの、あの暗いところにラジカセが!」
旦那 「聞こえるよ。だが、TWO-MIX with miyocoだよ。」
miyoco「引っ越し!引っ越し!引っ越しがーさーきー!ハイ!引っ越し!引っ越し!さっさと引っ越し!しばくぞ!!」
嫁(64) 「あなた、あなた!miyocoがうるさい!miyocoが私らを引越しさせる!」

 旦那はぎょっとして、法的手段をとった。あえぐ嫁(64)を両腕に抱え、やっとの思いでmiyocoは逮捕・・・
 腕に抱えられた嫁(64)はすでに引っ越していた。

264 :水先案名無い人:2005/04/19(火) 08:29:31 ID:zmzP4LNx0
>>263
不覚にも基地害ババァテラワロスwwwwwwwwww

265 :水先案名無い人:2005/04/19(火) 15:25:54 ID:DhM/kchY0
嫁だけしつこいほど年齢明示なんだなww

266 :水先案名無い人:2005/04/19(火) 20:40:10 ID:UfUEBmGx0
 こんな休みの日中に、建物の中で身を潜めているのは誰だろう。
 それは在中の日本人だ。共産党指導部はおびえる日本人を見事にシカトしている。

指導部 「日本人よ、なぜ身を隠すアル」
日本人 「指導部には反日デモが見えないの。プラカードを掲げて、投石をしてくる・・・」
指導部 「日本人は中国人に謝罪するアル」
中国人民「日本の豚ども、一緒に来るアル。面白い遊びをするアル。広場にはたくさんの同志が集まているし、拷問具を私の母さんがたくさん用意して待ているネ。」
日本人 「指導部、指導部!きこえないの。中国人がぼくになにかいうよ。」
指導部 「落ち着くネ、早く日本人は中国人に謝罪するアル。」
中国人民「生意気な子アル、私と一緒に行くアル。私の同志たちがもてなすヨ。お前らをここちよくいたぶり、嬲り、喰らうアル。」
日本人 「指導部、指導部!見えないの、門のまわりにたくさんの中国人が!」
指導部 「見えるアル。だが、あれは正当な抗議アル。」
中国人民「憎んでいるアル、日本人。お前の醜い姿がたまらないアル。力づくでも駆逐するネ!」
日本人 「指導部、指導部!中国人がぼくをつかまえる!中国人がぼくをひどい目にあわせる!」

 党指導部はぎょっとして、警官隊を全力で走らせた。デモ隊の投石は見てみぬふりをしつつ、やっとの思いで館に着いた・・・
 日本大使館のガラスはすでに粉々に砕けていた。


267 :水先案名無い人:2005/04/19(火) 21:26:38 ID:sbzQvk1J0
>>266
ガクブル

268 :水先案名無い人:2005/04/19(火) 23:44:29 ID:8pYBx3vt0
>>266
ニュースを書くなよニュースを。事件のルポはニュー速ででもやれ。
ここはコピペ改変を楽しむスレだ。空気嫁ヴォケ



・・・・・・・・orz


269 :水先案名無い人:2005/04/20(水) 23:29:50 ID:aNivar6J0
【スタンド名】ザ・デビル(魔王)

【スタンド能力】
破壊力E スピードA 射程距離A(4〜5km) 持続力A 精密動作性B 成長性C
幻覚を見せ、相手の精気を吸い取る能力を持つ。ただし、幻覚を見せられるのは
1人だけである。吸い取られた精気はそのまま本体に吸収される。
冠を被り、長い衣を着ている容貌。

【本体特徴】
死の間際にあったシューベルトが「いつまでも作曲したい」という気持ちによってスタンド
能力を開花させる。以後、スタンド能力によって回復、現在まで生き長らえている。今は
オーストリアの山荘にこもり、名を変えて作曲者生活を続けている。

270 :水先案名無い人:2005/04/21(木) 22:02:26 ID:jaTtOCZV0

馬を走らせる父は子を抱いている。

父「なぜ隠す」
子「魔王が見えない。」
父「あれは霧」
魔王「おいで。花を用意している。」
子「きこえない。なにかいうよ。」
父「落ち着け」
魔王「行こう。もてなすよ。ゆすぶり、踊り、歌う。」
子「見えないの、娘が!」
父「柳の幹だ。」
魔王「愛している。たまらない。つれてゆく!」
子 「ひどい」

父親は全力であえぐ子供を思い、死んでいた。

271 :水先案名無い人:2005/04/21(木) 23:17:23 ID:g4dd4HGm0
父  「愛しているよ、息子。お前の美しい姿がたまらない。力づくでもつれてゆく!」
子 「魔王、魔王!おとうさんがぼくをつかまえる!おとうさんがぼくをひどい目にあわせる!」
 魔王はぎょっとして、馬を全力で走らせた。あえぐ子供を投げ捨て、やっとの思いで館に着いた・・・
 戻ってみると、投げ捨てた子の尻からはすでに白い液体が流れ出ていた。


272 :水先案名無い人:2005/04/21(木) 23:33:28 ID:HGjdIa8m0
牛島 「セドリックよ、なぜ顔を隠すのだ」
セドリック  「監督には大魔神が見えないの。帽子をかぶって、エノカナに入れ込んでいる・・・」
牛島   「大魔神は大リーグ帰りのピッチャーだ・・・」
大魔神 「かわいいセドリック、交代しよう。面白い炎上をしよう。夜空にはきれいな花火が咲き乱れるし、
     ファンの笑顔を私の炎上がたくさん用意して待っているよ。」
セドリック  「監督!監督!きこえないの。大魔神がぼくになにかいうよ。」
牛島  「落ち着きなさい、メジャーへいったデニーがわめいているだけだよ。」
大魔神 「いい子だ、私と交代しよう。相川のリードがもてなすよ。試合をおもしろくゆすぶり、炎上し、破壊するのだ。」
セドリック   「監督、監督!見えないの、大魔神のフォークは全然落ちないんだよ!」
牛島 「見えるよ。だが、大魔神には6億も払ってるんだ。」
大魔神 「愛しているよ、セドリック。お前の好投している姿がたまらない。力づくでも炎上させる!」
セドリック   「監督、監督!大魔神が試合を炎上させる!大魔神がぼくをひどい目にあわせる!」
 
 牛島はぎょっとして、野村を全力で準備させた。あえぐセドリックを両腕に抱え、やっとの思いで試合を終わらせた・・・
 セドリックにはすでに勝ち投手の権利はなかった。

273 :水先案名無い人:2005/04/22(金) 02:08:59 ID:Vzc6LO+i0
http://yatu.main.jp/maou.swf
途中でニートとか聞こえたような気がするが
多分枯葉が風にざわめいてるだけだろうな

274 :水先案名無い人:2005/04/22(金) 09:31:12 ID:ADTz7f1U0
>>273
歌下手すぎでwwwww


「%&%&%&%&%$$$ ニート!」

タ、安「ぎゃはははは」
安「いってるいってる!」
タ「手ぬぐい」

275 :水先案名無い人:2005/04/23(土) 12:09:28 ID:1bWZVhw00
父ヤギ「息子よ、なぜ顔を隠すのだ」
子ヤギ「お父さんには、あのオッサンが見えないの。帽子をかぶって、チェックの衣を着ている・・・」
父ヤギ「あれは宮城淳一(63)だ・・・」
オッサン 「かわいい坊や、一緒においで。面白い遊びをしよう。
     牧場にはひづめを研ぐ岩も置いているし、おからをベースにした栄養たっぷりの特製の餌をたくさん用意して待っているよ。」
子ヤギ「お父さん、お父さん!きこえないの。オッサンがぼくになにかいうよ。」
父ヤギ「落ち着きなさい、宮城淳一(63)がマスコミに喋っているだけだよ。」
オッサン 「いい子ヤギだ、私と一緒に行こう。私の娘たちがもてなすよ。お前をここちよくゆすぶり、リラックスするのだ。」
子ヤギ「お父さん、お父さん!見えないの、あの暗いところにオッサンの娘が!」
父ヤギ「見えるよ。だが、あれはスピーカーだよ。」
オッサン 「愛しているよ、坊や。お前の美しい姿がたまらない。力づくでもクラシックを聞かせる!」
子ヤギ「おとうさん、おとうさん!オッサンがぼくをつかまえる!オッサンがぼくをひどい目にあわせる!」

クラシック聴かせヤギを飼育
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/news/1114149470/
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050422-00000013-ryu-oki

276 :水先案名無い人:2005/04/23(土) 13:17:02 ID:kwE6tQp50
>>275
それニュー速にオレが書いた奴じゃねえか
まさかこっちに書かれているとは思わなかったw

277 :水先案名無い人:2005/04/23(土) 13:36:38 ID:oMeLrOmr0
何を考えてるんだ宮城淳一(63)

278 :水先案名無い人:2005/04/24(日) 22:47:06 ID:jC+eGVUO0
 こんな夜更けに、闇と風の中にゾイドを走らせるのはだろう。
 それは元藩主と村の少年だ。元藩主はおびえる少年のそばを離れず走っている。

元藩主 「ルージよ、なぜ顔を隠すのだ」
少年   「ラ・カンには魔女が見えないの。派手なゾイドに乗って、空を飛んでる・・・」
元藩主 「あれはレインボージャークだ・・・」
魔女   「かわいい坊や、一緒においで。面白い遊びをしようね。家にはおいしい料理があるし、すてきな服もたくさん用意して待っているよ。」
少年   「ラ・カン、ラ・カン!きこえないの。魔女がおれになにかいうよ。」
元藩主 「落ち着きなさい、通信がONになってるだけだよ。」
魔女   「いい子ね、私と一緒に行こうね。私が全身全霊でもてなすよ。あなたをここちよくゆすぶり、○○し、××するのよ。」
少年   「ラ・カン、ラ・カン!見えないの、コックピットに魔女の姿が!」
元藩主 「見えるよ。だが、あれはミィよりもかなり年を食っているな。」
魔女   「愛しているよ、坊や。あなたの美しい姿がたまらない。力づくでもつれてゆく!」
少年   「ラ・カンさん、ラ・カンさん!魔女がおれをつかまえる!魔女がぼくを○○な目にあわせる!うわあぁぁーーー!!!」

 元藩主はぎょっとして、ゾイドを全力で走らせた。あえぐ少年のゾイドをなんとか引っ張って、やっとの思いで町に着いた・・・
 コックピットの中の少年はすでにちょっとあんたたちなにやってんのよーーーっ!!!


279 :水先案名無い人:2005/04/25(月) 00:38:06 ID:JRlCO2ng0

 こんな夜更けに、闇と風の中を筋斗雲で飛ぶのはだろう。
 それは父と子だ。父はおびえる子をひしと抱きかかえている。

父   「よぉ悟飯、なに顔隠してんだ」
子   「お父さんには大魔王が見えないの。ターバンをかぶって、肩アーマー付のマントを着ている・・・」
父   「ありゃピッコロだ・・・」
大魔王 「孫のガキ、一緒においで。面白い修行をしよう。魔閃光を習得できるし、魔族の戦闘服をたくさん用意して待っているよ。」
子  「お父さん、お父さん!きこえないの。大魔王がぼくになにかいうよ。」
父  「落ち着け、奴は運転免許も取得できねえヘタレだ。」
大魔王 「いい子だ、俺と一緒に行こう。パシリの地球人たちがもてなすよ。お前をここちよくしごき、鍛え、決戦に備えるのだ。」
子 「お父さん、お父さん!見えないの、あの暗いところに三つ目ハゲが!」
父 「見えるぞ。だが、あれは舞空術から女子バレーまでなんでもござれの天津版だ。」
大魔王「孫のガキ。お前の秘めた潜在能力がたまらない。力づくでもつれてゆく!」
子 「おとうさん、おとうさん!大魔王がぼくをつかまえる!大魔王がぼくをひどい目にあわせる!」

 悟飯はぎょっとして、筋斗雲を全力で走らせた。アイヤイヤイヤイヤーイ・・・と宙返りし、やっとの思いで家に着いた・・・
 よく考えたらお父さんはラディッツ戦ですでに死んでいた。


280 :水先案名無い人:2005/04/25(月) 06:48:04 ID:BFuu7Y390
(((( ;゚Д゚)))

281 :水先案名無い人:2005/04/25(月) 07:52:36 ID:+bLSjDVY0
>>279
父さん怖いよ父さんガクガクブルブル
それはそうと>舞空術から女子バレーまでなんでもござれの天津版だ
ここワロタ

282 :水先案名無い人:2005/04/25(月) 08:56:27 ID:T97WKO8f0
>>279
ワロス

283 :水先案名無い人:2005/04/25(月) 18:35:48 ID:wRO5csIA0
>>279
ワラタ

284 :水先案名無い人:2005/04/25(月) 19:32:48 ID:wHZRHIqE0
 こんな夜更けに、闇と風の中に父を走らせるのはだろう。
 それは子と魔王だ。子はおびえる魔王をひしと抱きかかえている。

子   「魔王さん、なぜ顔を隠すの」
魔王  「君には馬が見えないのか。かんむりをかぶって、長い衣を着ている・・・」
子   「あれはたなびく霧だ・・・」
馬  「かわいい魔王、一緒においで。面白い遊びをしよう。岸辺にはおいしい草が生えているし、金の蹄鉄を私の母馬がたくさん用意して待っているよ。」
魔王 「君、君!きこえないのか。魔王が私になにかいうよ。」
子  「落ち着いて、枯葉が風にざわめいているだけだよ。」
馬  「いい子だ、我輩と一緒に行こう。私の娘たちがもてなすよ。お前をここちよくゆすぶり、乗せ、走るのだ。」
魔王「君、君!見えないのか、あの暗いところに魔王の娘が!」
子 「見えるよ。でも、あれは古いしだれ柳の幹だよ。」
馬 「愛しているよ、魔王。お前の凛々しい姿がたまらない。力づくでもつれてゆく!」
魔王「君、君!魔王が私をつかまえる!魔王が私をひどい目にあわせる!」

 子はぎょっとして、父親を全力で走らせた。あえぐ魔王を両腕に抱え、やっとの思いで館に着いた・・・
 腕に抱えられた魔王はすでに馬ヅラになっていた。

285 :水先案名無い人:2005/04/25(月) 19:38:38 ID:/Wqf1H0J0
入れ替えるにもややモチケツ

286 :水先案名無い人:2005/04/25(月) 21:20:19 ID:d5B460PI0
>>273
いくらなんでも歌が下手糞すぎやしないか

287 :水先案名無い人:2005/04/25(月) 23:41:29 ID:gO19Lshv0
>>279
運転免許も取得できねえヘタレ
にワロタ。アニメオリジナルでそんな話あったな。

288 :水先案名無い人:2005/04/25(月) 23:52:30 ID:nQyn9S1R0
福知山線で改変作ろうかと思ったが…、
ダメだ、不謹慎すぎてオレにはできねェ…orz
とりあえず、ご冥福をお祈りしまつ…

289 :水先案名無い人:2005/04/25(月) 23:58:44 ID:lqutbmUC0
>>288
宇宙ヤバイスレでも同じような事を考えた香具師が居るがどうなったか見てくるといい。

290 :水先案名無い人:2005/04/26(火) 02:52:13 ID:T348Xy3Y0
>>273
前スレだかで貼られてたときはスルーされてたのよね…。

歌はともかく、ドイツ語まるで読めない香具師が無理して
カタカナ発音ですらない歌い方をしなくてもいいのにとオモタ

291 :水先案名無い人:2005/04/26(火) 03:59:02 ID:q5nR7b1t0
いや、イッヒくらいは読めるだろ

292 :水先案名無い人:2005/04/26(火) 08:54:48 ID:umAttc930
中学時代にドイツ語バージョンと日本語バージョン両方を聴いた記憶がある

293 :水先案名無い人:2005/04/26(火) 12:36:35 ID:vcLb8xCu0
全国の中学生がそうだろう、そりゃw

294 :水先案名無い人:2005/04/26(火) 19:35:06 ID:pNRFuQKO0
そうでもないって

またループですか

295 :水先案名無い人:2005/04/27(水) 04:57:56 ID:bDSETmbQ0
>>287
ピッコロも免許取ろうとしてたっけ

296 :水先案名無い人:2005/04/27(水) 09:07:07 ID:s5wd3G/30
仮に舞空術を使わないとしても
運びたいものを担いで走った方が速いんでないの?

297 :水先案名無い人:2005/04/27(水) 17:30:46 ID:LhR/mPbg0
>>292
漏れは日本語バージョン聞いたことが無い

298 :水先案名無い人:2005/04/27(水) 18:31:04 ID:tZxJeP/g0
>>292
歌手が「おぉとぉーさん!おとぉーさん!!」って絶叫してて爆笑した記憶がある。


299 :水先案名無い人:2005/04/27(水) 18:38:20 ID:6UJ9mkQG0
おぉとぉ〜さんっおぉ〜とぉさんっ♪
そぉれぇ〜そぉぉぉこにぃぃぃぃぃ♪
まぁおぉのぉむぅすぅめぇがぁぁぁ♪

って奴か。俺も両方聞いたな。その辺(日本語のみ、独語のみ、両方)は音楽教師の裁量権の範囲内なんだろうな。

300 :水先案名無い人:2005/04/27(水) 19:30:35 ID:nR10rws80
ttp://www.kr4.net/lite/
2712 maou

301 :水先案名無い人:2005/04/27(水) 20:58:52 ID:RO51lRGe0
>>300
おお、まさしくそれじゃ。懐かしい。GJ!!

302 :水先案名無い人:2005/04/28(木) 00:54:31 ID:yK0FnliE0
 こんな夜明けに、闇と風の中に編隊を組んでいるのは誰だろう。
 それは黄色中隊だ。ジーンはおびえるジャン・ルイにひしと寄り添っている。

ジーン ≪ジャン・ルイよ、なぜ敵にケツを向けるのだ≫
ジャン・ルイ ≪ジーンにはX-02が見えないの。リボンのエンブレムをつけて、QAAMを16発も装備している・・・≫
ジーン ≪あれは味方機のたなびく煙だ・・・≫
メビウス1 ≪かわいい坊や、一緒においで。面白い空戦をしよう。こっちは全機リボン付きだし、補給基地が特殊兵装をたくさん用意して待っているよ。≫
ジャン・ルイ ≪ジーン、ジーン!きこえないの。メビウス1がぼくになにかいうよ。≫
ジーン ≪落ち着きなさい、隕石が風にざわめいているだけだよ。≫
メビウス1 ≪いい子だ、私と一緒に戦ろう。私のFOX2たちがもてなすよ。お前は必死に機体をゆすぶり、コブラし、背面を晒すのだ。≫
ジャン・ルイ ≪ジーン、ジーン!見えないの、あの暗いところにもリボン付きが!≫
ジーン ≪見えるよ。だが、あれはサボリ魔のS-37/SMIRNOVAだよ。≫
メビウス1 ≪愛しているよ、坊や。お前のヘタレ加減がたまらない。力づくでも撃墜する!≫
ジャン・ルイ ≪ジーン、ジーン!メビウス1がぼくをつかまえる!メビウス1がぼくをひどい目にあわせる!≫

 ジーンはぎょっとして、機体を全力で旋回させた。あえぐジャン・ルイを後方に連れ、やっとの思いで攻撃を回避した・・・
 ミサイルに食いつかれたジャン・ルイはすでに死んでいた。

 ≪ああ!ジャン・ルイがやられた!≫
 ≪落ち着け!ジーン、指揮を引き継げ!≫


303 :水先案名無い人:2005/04/28(木) 01:07:35 ID:yelD5RIz0
ジャン・ルイってストーリーに出てくるイエローだっけ?

304 :水先案名無い人:2005/04/28(木) 11:14:05 ID:MZaP7M2n0
It is . of ..running.. in the dark and the wind at such midnight as
for the horse. It is father and a child. Father is tightly holding
the frightened child.

Father"The face is hid ..son.. why. "Child「The beelzebub doesn't look like father. Is worn and and long clothes are worn ・・・. 」
Father "That is a bank of fog" beelzebub. 「A lovely little boy, together in being. Let's do interesting play. A beautiful flower is in blossom in the shore, and a lot of mothers of me prepare and clothes of money are waited for. 」
Child「Father and father. I do not hear it. The beelzebub says something to me. 」
Father "To settle down, and dead leaf is wind, and only noise" beelzebub「Let's a good child it, and go with me. My daughters entertain it. You are comfortably shaken, it dances, and it sings. 」
Child「Father and father. Beelzebub's daughter in that darkness : ..not seeing... 」
Father「It sees it. However, that is old and a trunk of the bored willow. 」
Beelzebub「Love, and little boy. Your beautiful appearance doesn't collect. It tangles by sheer strength. 」
Child「Father and father. The beelzebub catches me. The beelzebub makes me have a hard time. 」

Father had the horse frighteningly, and run his best. The child who panted was employed in the
both arms, and it arrived at the pavilion by thinking barely ・・・ The child employed in the arm is
already dead.

305 ::2005/04/28(木) 11:15:20 ID:MZaP7M2n0
それはそうです。走行馬のような真夜中の暗闇と風で。 それは、父と子供です。
神父はしっかりおびえた子供を保持しています。

神父、「表面がそうである、隠す、」息子なぜ。 「子供」「魔王は父に似ていません。 そして、長い間すり減って、衣服がすり減るということです・、・、・ 」
「それは霧の銀行です」魔王の父となってください。 「存在で一緒にいるすてきな小さい少年。 おもしろいプレーをしましょう。 美しい花は岸の中の花、および私の多くの母が準備して、お金の衣服が待たれるコネです。 」
子供「父となって、父となります。 私はそれを聞きません。 魔王は何かを私に言います。 」
「下がっていて、死んでいた状態で決着をつけるには、葉は、風と、雑音であるにすぎません」という魔王の父となってください。
「良い子供になろう、それ、および私がいる碁。 私の娘はそれを楽しませます。 あなたはゆったり動揺します、そして、踊ります、そして、それは歌います。 」
子供「父となって、父となります。 その暗闇の魔王の娘: ..見ません… 」
神父「それはそれを見ます。 しかしながら、それは、古くて、退屈している柳の幹です。 」
魔王「愛をこめて、そして、小さい少年。 あなたの美しい外観は集まりません。 それは力づくでもつれます。 」
子供「父となって、父となります。 魔王は私を捕らえます。 魔王は私を苦労させます。 」

神父は馬を怯えて飼っていました、そして、彼のベストを走らせてください。 ほとんど・考えないことによって、
パビリオンに到着しました・ 喘ぎながら言った子供は両腕を雇われました、そして、・ アームで雇われた子供
は既に死んでいます。


306 :水先案名無い人:2005/04/28(木) 12:25:41 ID:ZkmHj+0w0
 こんな夜更けに、闇と風の中に馬を走らせるのは一体何者なのだろうか!?
 それは、父と子ッ!父はおびえる子をひしと抱きかかえていたッ!

父   「おいおめぇ、なぜ顔を隠すだァ」
子   「お父さんには魔王が見えないのォ、かんむりをかぶってェ、長い衣を着ているゥ・・・」
父   「ありゃたなびく霧だァ・・・」
魔王 「かわいい坊やァァァ、一緒においでェェェ。面白い遊びをしよォォォ。
     岸辺にはきれいな花が咲いているしィィィ、金の服をォォォ私の母さんがァァァたくさん用意して待っているよォォォ。」
子  「と、父ちゃん!きこえないのォ。魔王がぼくになにかいうよォ。」
父  「落ち着けェ、枯葉が風にざわめいているだけだァ。」
魔王 「いい子だァァァ、私と一緒に行こォォォ。私の娘たちがもてなすよォォォ。お前をここちよくゆすぶりィィィ、踊りィィィ、歌うのだァァァ。」
子 「と、父ちゃん!見えないのォ、あの暗いところに魔王の娘がッ!」
父 「見えるよォ。だが、あれは古いしだれ柳の幹だァ。」
魔王「愛しているよォォォ、坊やァァァ。お前の美しい姿がたまらないィィィ。力づくでもつれてゆくッ!」
子 「と、父ちゃん!魔王がぼくをつかまえるッ!魔王がぼくをひどい目にあわせるッ!」

 父親はぎょっとして、馬を全力で走らせたッ!あえぐ子供を両腕に抱え、やっとの思いで館に着いた・・・
 しかし・・・!腕に抱えられた子はすでに死んでいたッ!!

307 :水先案名無い人:2005/04/28(木) 19:36:01 ID:MFO8NcWl0
>>306
ズッギャーーーーーンッ!!

308 :水先案名無い人:2005/04/28(木) 22:25:08 ID:18VDZe+o0
私ィィィの坊やァァァァァァッッ

309 :水先案名無い人:2005/04/29(金) 02:18:31 ID:ZEHQcMS20
坊や : 死亡


to be continued→

310 :水先案名無い人:2005/04/29(金) 03:08:25 ID:0fMa85ul0
第2部もきぼん

311 :水先案名無い人:2005/04/29(金) 07:32:42 ID:JnbvGeTr0
 時刻は真夜中・・・闇と風の中を疾走する馬があった!
 父と!子!!父はおびえる子をッ!ひしと!抱きかかえているッ!!

父   「杖助くん、なぜ顔を隠すのかね」
子   「ジョースターさんは魔王が見えないんスか。ギザギザのハチマキをして、ペン先のイヤリングをつけているっス・・・」
父   「あれはたなびく霧だと思うがのう・・・」
魔王 「かわいい坊や、一緒においで。面白い遊びをしよう。岸辺にはきれいな花が咲いているし、200万の札束を露伴が用意して待っているよ。」
子  「ジョースターさんッ!きこえないんスか。魔王がオレになんか言ってるっスよ。」
父  「落ち着きなさい、枯葉が風にざわめいているだけだとワシは思うんじゃよ。」
魔王 「いい子だ、私と一緒に行こう。私のサイコロがもてなすよ。チンチロリンで勝負して、小指を、もらうのだ。」
子 「ジョースターさん!見えないんスか、あの暗いところに麗美さんが!」
父 「見えるよ。だが、あれは古い郵便ポストじゃよ。」
魔王「愛しているよ、坊や。お前のサザエさんみたいな頭がたまらない。力づくでもつれてゆく!」
子 「ジョースターさん!魔王がオレをつかまえるっス!魔王がオレをグレートな目にあわせるっス!」

 父親はぎょっとして、馬を全力で走らせた。あえぐ子供を両腕に抱え、やっとの思いでッ!館に着いた・・・
腕に抱えられた子はすでにマジやべェっスよー!!

312 :水先案名無い人:2005/04/29(金) 08:33:21 ID:BfiM4mPQ0
 こんな夜更けに、闇と風の中に行軍するのはなんだろう。
 それは馬謖率いる蜀軍だ。王平はおびえる馬謖を励ましている。

王平 「馬謖よ、なぜ顔を隠すのだ」
馬謖 「王平には孫子が見えないの。かんむりをかぶって、長い衣を着ている・・・」
王平 「あれは丞相のコスプレをした姜維だ・・・」
孫武 「かわいい坊や、一緒においで。面白い所に陣を引こう。山頂にはきれいな花が咲いているし、たくさんの兵法書を私の部下がたくさん用意して待っているよ。」
馬謖 「王平、王平!きこえないの。孫子がぼくになにかいうよ。」
王平 「落ち着きなさい、張郃が踊っているだけだよ。」
孫武 「いい子だ、私と一緒に行こう。私の兵法書たちがもてなすよ。お前をここちよく攻め、守り、急襲するのだ。」
馬謖 「王平、王平!見えないの、あの暗いところに呂尚の兵法書が!」
王平 「見えるよ。だが、あれはお前が持ってきた三略だよ。」
孫武 「愛しているよ、坊や。お前の泣いて斬られる姿がたまらない。力づくでも布陣させる!」
馬謖 「王平、王平!孫子がぼくをつかまえる!孫子がぼくをひどいことをさせる!」

 王平はぎょっとして、軍を全力で走らせた。あえぐ馬謖を急き立て、やっとの思いで麓に自軍の陣をひいた ・・・
 追行してくるはずの馬謖軍はすでに山頂布陣していた。

313 :水先案名無い人:2005/04/29(金) 10:49:30 ID:wbg/dmV+0
こんな夜更けに、闇と風の中に馬を走らせとるんは誰や!お前か!?

魔王「ち、違います」

314 :水先案名無い人:2005/04/29(金) 20:02:49 ID:27C+Tr7s0
素で違う

315 :水先案名無い人:2005/04/29(金) 20:43:51 ID:hq6DNrBV0
立場や年齢が違うから見違いはイナメナイ
魔王に見えたりたなびく霧に見えたりするのね
ましてや父と子どもだからすれちがいはしょうがない
魔王の娘に見えたり柳にしか見えなかったりなっちゃうね
何がきっかけでどんなタイミングで魔王に目ェつけられたんだろう
こんな夜更けに闇と風の中
出来るだけ早く帰りたいのさ
馬駆ってみるよ やれるだけ
逃げ切ってみてよ 少しだけ
なんだかんだ言っても つまりは 
子どもに死なれたら いやなのさ

まぁ歌えるよな。

316 :水先案名無い人:2005/04/29(金) 23:00:37 ID:cY19Keaw0
 こんな夜更けに、闇と風の中に馬を走らせるのはだろう。
 それは父と子だ。父はおびえる子をひしと抱きかかえている。

父   「息子よ、なぜ顔を隠すのだ」
子   「お父さんには魔王が見えないの。かんむりをかぶって、長い衣を着ている・・・」
父   「あるあるwwwwww」
子   「ねーよwwwwwっうぇwwwペタワロスwwwwwwww」

317 :水先案名無い人:2005/04/30(土) 00:31:53 ID:pzruGaEL0
魔王 「かわいい坊や、一緒においで。面白い遊びをしよう。岸辺にはきれいな花が咲いているし、金の服を私の母さんがたくさん用意して待っているよ。」
子  「魔王ギガキモスwwwwwww」
父  「落ち着けwwww、風でざわめく枯葉クォリティタカスwwwwwwwwww」
魔王 「いい子だ、私と一緒に行こう。私の娘たちがもてなすよ。お前をここちよくゆすぶり、踊り、歌うのだ。」
子 「お父さん、お父さん!あの暗いところに魔王の娘が!やべ、エロスwwwwwうぇうぇwwwwww」
父 「うp!うp!」
魔王「……こんなガキイラネ」
子 「魔王クォリティヒクスwwwwww」

318 :水先案名無い人:2005/04/30(土) 09:57:50 ID:ipM8PJv80
 こんな夜更けに、闇と風の中に馬を走らせるのは誰だろう。
 それは父と子だ。父はおびえる子をひしと抱きかかえている。

父   「息子よ、顔を上げるのだ!」
子   「父さんには魔王が見えてないの!?かんむりをかぶって、長い衣を着ている・・・!」
父   「あれはたなびく霧だ!」
魔王 「かわいい坊や、一緒に行こう!面白い遊びをしよう!岸辺にはきれいな花が咲いてるし、金の服を母さんがたくさん用意して待ってるから!」
子  「父さん、父さん!きこえないの!?魔王がぼくになにかいう!」
父  「落ち着きなさい、枯葉が風にざわめいているだけだ!!」
魔王 「いい子だから、オレと一緒に行こう!オレの仲間たちがもてなすよ!君をここちよく受け入れ、喜び、祝うんだ!」
子 「お父さん、お父さん!見えないの!?あの暗いところに魔王の仲間が!」
父 「見えている!だが、あれは古いしだれ柳の幹だ!!」
魔王「愛してるんだ、坊や!!君の美しい姿がたまらない!力尽くでもつれてゆくぞっ!!」
子 「父さん、父さん!魔王がぼくをつかまえる!魔王がぼくを連れて行ってしまう!!」

 父親はぎょっとして、馬を全力で走らせた。あえぐ子供を両腕に抱え、やっとの思いで館に着いた・・・
 腕に抱えられた子はすでに連れ去られた後だった。


319 :水先案名無い人:2005/04/30(土) 20:37:52 ID:ydPDJ9NQ0
子 「おとうさん、おとうさん!魔王がぼくをつかまえる!魔王がぼくをひどい目にあわせる!」

父親はぎょっとして、馬に取り付けたボタンを押した。光が馬と子供を包み、魔王は掻き消えた。

父「こんなこともあろうかと密かに開発しておいた空間磁力メッキが役にたったな」

320 :水先案名無い人:2005/05/01(日) 14:29:39 ID:stgmdCxQ0
FLASH見つけたぞ

魔王〜Erlkonig〜(音有り)
ttp://yatu.web.infoseek.co.jp/fla/maou.htm

321 :水先案名無い人:2005/05/01(日) 15:16:32 ID:8wfKVTmU0
>>320
>>273

322 :水先案名無い人:2005/05/01(日) 16:01:12 ID:M865j8NO0
>>320
歌下手すぎだろ。すっげえな。

323 :水先案名無い人:2005/05/01(日) 19:46:29 ID:jioevU5qO
>>311
ワロチ

324 :水先案名無い人:2005/05/01(日) 22:23:57 ID:Eog5Ht6Y0
>>313
魔王「こんな夜更けに、闇と風の中に馬を走らせとる奴がおる、お前やろ」
父「私はたなびく霧だ」
魔王「お前やー!」

325 :水先案名無い人:2005/05/01(日) 23:03:39 ID:1PnwV4Ye0
>>324
なんかスッキリした

326 :水先案名無い人:2005/05/02(月) 00:01:36 ID:WZ3Y0otX0
>>324
たーばこいっぽんひーろた

327 :水先案名無い人:2005/05/02(月) 10:45:25 ID:x5h1UvNr0
子「この中に1人、ワシを狙ってる奴がおる、お前か?
父「違います
子「お前か?
霧「違います
子「お前か?
柳「違います
子「お前か?
魔「違いますが一緒に来ませんか
子「お前や!

328 :水先案名無い人:2005/05/02(月) 19:20:02 ID:qopt31Ll0
なんで漫才スレになってんだw ワロタけど

329 :水先案名無い人:2005/05/02(月) 23:50:24 ID:F6C7bfMA0
この世〜にこんな〜、恐ろし〜い魔王が〜、
……あったら〜、怖いよ〜。
あったら怖い〜、あったら怖い〜、あったら〜、怖い〜セレナーデ〜〜。

330 :水先案名無い人:2005/05/03(火) 03:00:11 ID:CWGw5vJ2O
ハンバーガーショップ ハンバーガーショップ
魔王みたいなハンバーガショップ


331 :水先案名無い人:2005/05/03(火) 05:01:50 ID:XFnR5iH30
すっかり嘉門スレだなw

332 :水先案名無い人:2005/05/03(火) 08:48:00 ID:Yj7K68Sg0
おるんやったらおーてみたい

魔王にさらわれてく子供

おるんやったらおーてみたい

333 :水先案名無い人:2005/05/03(火) 10:21:19 ID:QY4MgN+B0
 こんな夜更けに、闇と風の中に馬を走らせるのはだろう。
 それは父と子だ。父はおびえる子をひしと抱きかかえている。

父   「息子よ、なぜ顔を隠すのだ」
子   「お父さんには魔王が見えないの。かんむりをかぶって、長い衣を着ている・・・」

ちゃらり〜 鼻から牛〜乳〜!

父   「あれはたなびく霧だ・・・」
魔王 「かわいい坊や、一緒においで。面白い遊びをしよう。岸辺にはきれいな花が咲いているし、金の服を私の母さんがたくさん用意して待っているよ。」
子  「お父さん、お父さん!きこえないの。魔王がぼくになにかいうよ。」

ちゃらり〜 鼻から牛〜乳〜!

父  「落ち着きなさい、枯葉が風にざわめいているだけだよ。」
魔王 「いい子だ、私と一緒に行こう。私の娘たちがもてなすよ。お前をここちよくゆすぶり、踊り、歌うのだ。」
子 「お父さん、お父さん!見えないの、あの暗いところに魔王の娘が!」

ちゃらり〜 鼻から牛〜乳〜!

父 「見えるよ。だが、あれは古いしだれ柳の幹だよ。」
魔王「愛しているよ、坊や。お前の美しい姿がたまらない。力づくでもつれてゆく!」
子 「おとうさん、おとうさん!魔王がぼくをつかまえる!魔王がぼくをひどい目にあわせる!」

ちゃらり〜 鼻から牛〜乳〜!

 父親はぎょっとして、馬を全力で走らせた。あえぐ子供を両腕に抱え、やっとの思いで館に着いた・・・
 腕に抱えられた子はすでに鼻から牛〜乳、鼻から牛〜乳、鼻から牛〜乳……

334 :水先案名無い人:2005/05/03(火) 14:20:50 ID:mWCCzfBd0
>>333
ワロタww

335 :水先案名無い人:2005/05/03(火) 19:08:26 ID:VMfgN0ml0
>>300
再うpキボンヌ。漏れの中学でもドイツ語版しか聞かせてくれなかったよ。

336 :水先案名無い人:2005/05/03(火) 21:08:08 ID:tOJbtSEo0
魔王日本語版を聞いたことのない奴は人生の8%は損してる

337 :水先案名無い人:2005/05/03(火) 21:38:59 ID:8/yiN2XI0
571 :どうですか解説の名無しさん :2005/05/03(火) 21:31:17 ID:Us1DZH/B
堀内  「息子よ、なぜ顔を隠すのだ」
ヒロシ  「お父さんには泡様が見えないの。ひきつった顔してこっちを見ている」
堀内   「河原は西武へいったはずだ」
泡様 「さあ、ヒロシパリーグへおいで。酷使もされないし、キャッチャーもまともだよ」
ヒロシ 「お父さん、お父さん!きこえないの。泡様がぼくになにかいうよ。」
堀内  「落ち着きなさい、河原の霊はミセリに乗り移ったはず。」
泡様 「いい子だ、私と一緒に行こう。俺達もてなすよ。お前はゆっくり左のワンポイントになれる」
ヒロシ 「お父さん、お父さん!見えないの、あの暗いところに俺達が!」
堀内 「見えるよ。だが、あれは後藤だよ。」
泡様「愛しているよ、坊や。お前の美しい姿がたまらない。力づくでもつれてゆく!」
ヒロシ 「おとうさん、おとうさん!魔王がぼくをつかまえる!魔王がぼくをひどい目にあわせる!」

 堀内はぎょっとして、馬を全力で走らせた。あえぐ子供を両腕に抱え、やっとの思いで館に着いた・・・
 腕に抱えられた子はすでに死んでいた。

338 :水先案名無い人:2005/05/03(火) 21:41:01 ID:8/yiN2XI0
574 :どうですか解説の名無しさん :2005/05/03(火) 21:32:58 ID:Us1DZH/B
>>571
最後の部分変更
堀内はぎょっとして、ヒロシをマウンドから降ろした。あえぐ子供を両腕に抱え、やっとの思いでベンチに着いた・・・
腕に抱えられたヒロシはすでに逆転された。

339 :水先案名無い人:2005/05/03(火) 21:44:45 ID:F3GQWFny0
 こんな夜更けに、闇と風の中にサイドカーを走らせるのは誰だろう。 
 それはテリーとアンディだ。テリーはおびえるアンディをひしと抱きかかえている。 
テリー   「ザコどもはきみとアンディにまかせる」
アンディ  「兄さんにはクラウザーが見えないんだ。鎧を着て、長い衣を着ている・・・」
テリー   「ばかぬかせーっ!?ア… アンディ てめえ… てめえよくもお兄さまを侮辱しましたね…わたしは許しませんよーっ!」
クラウザー「かわいいリヒャルト、一緒においで。面白い遊びをしよう。扉には南京錠がついているし、睡眠学習を睡眠学習装置が用意して待っているよ。」 
アンディ  「兄さん、兄さん!きこえないのか。クラウザーが俺になにかいっている!」
テリー   「自分の手をよごさぬ闘いをしかけたてめぇこそ闘士じゃねぇだろ。」 
クラウザー「いい子だ、私と一緒に行こう。私の親衛隊たちがもてなすよ。お前をここちよく殴り、斬り、投げるのだ。」 
アンディ  「兄さん、兄さん!見えないのか、あの暗いところにクラウザーのクローン兵たちが!」 
テリー   「悪いな おれは医者じゃねぇ そいつはできねぇ相談ってもんだ。」 
クラウザー「愛しているよ、リヒャルト。お前の美しい姿がたまらない。力づくでもつれてゆく!」
アンディ  「兄さん、兄さん!クラウザーが俺を捕獲する!クラウザーが俺を睡眠学習させる!」

 テリーはぎょっとして、サイドカーを全力で走らせた。クローン兵をひき殺し、やっとの思いで城に着いた・・・ 
 さらわれたアンディはすでに睡眠学習でパワーアップしていた。

340 :水先案名無い人:2005/05/04(水) 02:53:58 ID:xkQgHKRy0
魔王です

父親に霧と間違われたとです

魔王です 魔王です 魔王です・・・・

341 :水先案名無い人:2005/05/04(水) 03:21:22 ID:1oLaBtTK0
 こんな夜更けに、闇と風の中に馬を走らせるのは誰だろう。
 それは父と娘だ。父はおびえる娘をひしと抱きかかえている。

父  「娘よ、なぜ顔を隠すのだ」
娘  「お父さんには魔王が見えないの? パンストをかぶって、荒い息をしている・・・」
父  「あれはたなびく変態だ・・・」
魔王 「かわいい嬢や、一緒においで。大人の遊びをしよう。
    ここには摘みごろの花が咲いているし、白い液を私の象さんがたくさん用意して待っているよ。」
娘  「お父さん、お父さん!きこえないの。魔王があたしになにかいうわ。」
父  「落ち着きなさい、浮浪者が用を足しているだけだよ。」
魔王 「いい子だ、私と一緒に行こう。私の娘たちがもてなすよ。お前をここちよくゆすぶり、犯し、汚すのだ。」
娘  「お父さん、お父さん!見えないの、この茂るところに魔王の息子が!」
父  「見えるよ。だが、あれは腐りかけたバナナの房だよ。」
魔王 「愛しているよ、嬢や。お前の美しい姿がたまらない。力づくでも挿れてゆく!」
娘  「おとうさん、おとうさん!魔王があたしを突きあげる!魔王があたしを無理やりに犯すの!」

 父親はぎょっとして、馬を全力で走らせた。あえぐ娘を両腕に抱え、やっとの思いで館に着いた・・・
 腕に抱えられた娘の純潔はすでに散っていた。

342 :水先案名無い人:2005/05/04(水) 03:22:15 ID:/SzaTksA0
GM「それじゃみんなは馬に乗って走ってるところな」
子PL「じゃあ俺は父PLと一緒に乗るよ」
父PL「マジか」
GM「馬に乗って走ってると異常が起きるわけだ。セージ+知力判定で2D振って」
父PL 「息子よ、なぜ顔を隠すのだ(1ゾロw)」
子PL 「お父さんには魔王が見えないの。かんむりをかぶって、長い衣を着ている・・・(判定目標値達成)」
父PL 「あれはたなびく霧だ・・・」
GM「じゃあ魔王が子供に魔法かけるよ 「かわいい坊や、一緒においで。面白い遊びをしよう。岸辺にはきれいな花が咲いているし、金の服を私の母さんがたくさん用意して待っているよ。」子PLは抵抗ロール振ってね」 」
子PL「よし、何とか・・「お父さん、お父さん!きこえないの。魔王がぼくになにかいうよ。」と異常を知らせよう」
GM「また気づくかどうか振っていいよ、ただし冒険者レベル+知力でね」
父PL「う・・・7か・・「落ち着きなさい、枯葉が風にざわめいているだけだよ。」と言ってしまおうw」
GM(魔王) 「もう一度魔法を「いい子だ、私と一緒に行こう。私の娘たちがもてなすよ。お前をここちよくゆすぶり、踊り、歌うのだ。」抵抗どうぞ」
子PL「耐えたぞ、また知らせよう「お父さん、お父さん!見えないの、あの暗いところに魔王の娘が!」 」
父PL「う・・1ゾロ「見えるよ。だが、あれは古いしだれ柳の幹だよ。」 」
全員「出目悪すぎ(大爆笑)」
GM(魔王)「ほい参度目の正直だ達成値上げて・・「愛しているよ、坊や。お前の美しい姿がたまらない。力づくでもつれてゆく!」抵抗どぞ」
子PL「うわ!ピンゾロ!」
父PL「まじかよ、生き返らす金無いぞ」
子PL「くそ〜せめて異常を知らせるぞ「おとうさん、おとうさん!魔王がぼくをつかまえる!魔王がぼくをひどい目にあわせる!」と言ってっ知らせよう・・」
父「今更判定成功、馬を急がせるよ」
GM「わかった。父親はぎょっとして、馬を全力で走らせた。あえぐ子供PLを両腕に抱え、やっとの思いで館に着いた・・・ でも腕に抱えられた子はすでに死んでいた。」

TRPG風にやってみた

343 :水先案名無い人:2005/05/04(水) 03:23:31 ID:1oLaBtTK0
一行改変忘れてたorz


344 :水先案名無い人:2005/05/04(水) 07:23:26 ID:+6KZNUhX0
>>342
今時ソードワールドかよw
てか、一般人わけわからんだろ
卓ゲ板に帰れ

345 :水先案名無い人:2005/05/04(水) 09:41:39 ID:K/pFBPGW0
そういや会社で大ポカした時、ついつい
「くそ〜1ゾロ振っちまったなぁ」って考えるな。
元ネタ自分でも忘れてた。

346 :水先案名無い人:2005/05/04(水) 10:17:30 ID:Lh4+Wjlm0
>>344
今時って言ったらTRPGそのものが…。
TRPGそのものが元気がないというのはともかく、
その中ではソードワールドはけっこう元気な方かと。

板違いついでに…
TRPGをやったことのある人は
http://salad.2ch.net/warhis/kako/985/985546189.html
の239以降を読むと笑える。

347 :水先案名無い人:2005/05/04(水) 11:23:05 ID:PAKkEfMB0
>>342
たまらん。GJ!

348 :水先案名無い人:2005/05/04(水) 11:29:13 ID:40AjFJDd0
>>346
通りすがりだがサンクス。顎もげるほどワロタ

349 :水先案名無い人:2005/05/04(水) 14:48:30 ID:/SzaTksA0
「今時ソード・ワールドか」と言われてもねぇ・・・
俺等みたいなデジタルなモノばっかりになじんだ若者世代としては新鮮なゲームだしな






つか最近のRPGのシナリオつまんねーんだもん
さて、板違いっぽいし↓本来の流れどーぞ

350 :水先案名無い人:2005/05/04(水) 16:35:51 ID:a9F6vDGx0
>>346
T&Tひさしぶりに見た
三国志わからんけどおもすれー

351 :水先案名無い人:2005/05/04(水) 17:23:17 ID:roLfPjOY0 ?#
みさくらバージョンってなかった?

352 :水先案名無い人:2005/05/04(水) 18:37:31 ID:aW5fsZhS0
こんな夜更けに馬を走らせていたら、
普通に「お父さんには魔王が見えないの」といわれた。
ほんと普通に言われたので、思わず吹き出してしまった。

「力づくでもつれてゆく!」と言われたので
全力で馬を走らせたら
子はすでに死んでいた。


353 :水先案名無い人:2005/05/06(金) 00:17:34 ID:youszPiY0
ドラクエバーションキボン
確か「おおむすこよ しんでしまうとはなさけない」とかそんな感じの

354 :水先案名無い人:2005/05/06(金) 00:29:24 ID:FqqcO1oN0
おお>>353よ オチを先に書いてしまうとはなさけない

355 :水先案名無い人:2005/05/06(金) 04:01:11 ID:578yx4Ch0
魔王の手下「さくやは おたのしみでしたね」

356 :水先案名無い人:2005/05/06(金) 11:53:27 ID:nGPqcn/U0
父があらわれた!
子があらわれた!

子はおどろきおののいている
父はマヌーサのじゅもんをとなえた!
子にまわりに霧がたちこめる!
魔王は金の服をかかげた!
子はこんらんした!
しかし、父にはきかなかった
魔王の娘のパフパフ!
子はますますこんらんした!
しかし、父にはきかなかった
魔王のぬすっと斬り!
子をたおした!
父は逃げ出した!
魔王は子の魂をてにいれた!

357 :水先案名無い人:2005/05/06(金) 14:54:26 ID:R7qALYCZ0
ぱふぱふなのかw

358 :水先案名無い人:2005/05/06(金) 19:38:33 ID:N/bhi91p0
まおうがあらわれた!
たなびくきりがあらわれた!
かれはがあらわれた!
しだれやなぎがあらわれた!

まおうのこうげき!
ぼうやに16のダメージ!
たなびくきりはたなびいている!
ぼうやは、ちちにたすけをもとめた!
だがかれいにスルーされた!

まおうのこうげき!
ぼうやに12のダメージ!
ぼうやはちちにこんがんした!
しかしきちがいにんていされかかっている!
たなびくきりは、たなびいている!
かれはは、ねむいのでにげだした!

まおうは、むすめをしょうかんした!
ぼうやに70のダメージ!
ぼうやはちちにおいすがった!
しかし、ちちはもうめをあわせようともしない・・・
しだれやなぎは、エロゲーがかぞくにみつかりにげだした!
たなびくきりは、たなびいている!

まおうのこうげき!
かいしんのいちげき!ぼうやに34のダメージ!
ぼうやはしんでしまった!
たなびくきりは、たなびいている!

359 :水先案名無い人:2005/05/06(金) 21:18:48 ID:ojzKyaCB0
>>358
やべwwwwwwwwwwwツボったwwwwwwwwwwwwwwwwww

360 :水先案名無い人:2005/05/06(金) 22:29:12 ID:nK1HfJsvO
たなびくきりはたなびいている!ってのがイイ!!

361 :水先案名無い人:2005/05/07(土) 11:45:33 ID:E8A6pYNj0
同じくw

362 :水先案名無い人:2005/05/07(土) 12:17:02 ID:IMyNmev30
しかし魔王が率いている子分は揃いも揃ってしょぼいな

363 :水先案名無い人:2005/05/07(土) 12:59:46 ID:U1otJUN/0
魔王自ら出向いてくるとこだしね

364 :水先案名無い人:2005/05/07(土) 13:46:11 ID:g6PwQtDW0
手下のいない単なる森の悪霊(自称魔王)だったりして

365 :水先案名無い人:2005/05/07(土) 16:41:36 ID:QUPHD9rv0
「ホモアニメ」でググるといいらしい

366 :水先案名無い人:2005/05/07(土) 16:44:57 ID:JSOtKyK90
なに、魔王が息子をさらってからのアニメがあるのか

367 :水先案名無い人:2005/05/07(土) 16:54:36 ID:uxw1K3Yp0
あ〜〜、あれかあれか。
確かにあるな。

368 :水先案名無い人:2005/05/07(土) 20:57:14 ID:qyWba+jO0
これが本当の「ま」ちがいですな

369 :水先案名無い人:2005/05/07(土) 21:29:57 ID:CXOm8E6g0
魔王が男だという文あるか?


女の魔王かもよ?

370 :水先案名無い人:2005/05/08(日) 01:20:22 ID:N4tNt0990
そしたら魔女じゃね?

371 :水先案名無い人:2005/05/08(日) 01:35:29 ID:yXV3HYVz0
魔王が女なんて話をし始めると
女性に「王」などと言う最高権力者の称号を与えたくないアンチフェミと
女性を悪の枢軸たる魔王に仕立て上げることに激怒したフェミの双方につるし上げを食うぞ

372 :水先案名無い人:2005/05/08(日) 01:45:53 ID:rE3o7I8k0
俺中立だから魔王は性別を超越した存在でいいかなと思ってる。

373 :水先案名無い人:2005/05/08(日) 03:13:01 ID:rlyRKX370
そうしたら魔王の娘は・・・


娘は何らかの理由で魔族じゃないとか?

374 :水先案名無い人:2005/05/08(日) 10:38:08 ID:j1RJ0C9R0
魔王が坊やと同じように連れさらってきた少女・・

ハァハァ

375 :大魔王:2005/05/08(日) 10:43:45 ID:JBn/dq1E0
アクビちゃんはワシの実の娘でごじゃるよ!

376 :水先案名無い人:2005/05/08(日) 12:46:09 ID:pUoGMHJp0
おい魔王、ブル公さんがそっちに行ったぞ!

377 :水先案名無い人:2005/05/08(日) 20:34:07 ID:Ca5N+6t/0
ワシゃもう、かなわんよ

378 :水先案名無い人:2005/05/09(月) 17:38:20 ID:cqS5nU0e0
こういうスレは本来どこに立てたらいいんだろう?

379 :水先案名無い人:2005/05/09(月) 18:16:01 ID:kEUuC1xP0
ん、どうなのぉ?いいのぉ?いいのぉ?そんな走っちゃっていいのぉ?
どこを走ってるのぉ?ん、闇と風の中なのぉ?
一緒に来ないのぉ?来ないと金の服あげないよぉ?来なくていいのぉ?
ん、聞こえないのぉ?ん、お父さんには見えてないのぉ?ねえ?
ん、面白い遊びをしたいのぉ?したいのぉ?したいのぉ?
お父さんいいのぉ?ねえ?枯葉だなんて言っていいのぉ?ねえ?
たなびく霧じゃないよぉ?息子怖がってるよぉ?ねえ?
ゆすぶっていい?踊って歌って心地よくしちゃっていい?
あー、いい子。いい子だよ?ねえ?こんなに娘がたくさんいるよ。
ダメだよ、古いしだれ柳と見間違えちゃ? 
いいのぉ?ねえ?捕まえちゃっていいのぉ?
あー愛してる、こんなに美しい姿して、たまんないよぉ?
いいのぉ?いいのぉ?力づくでも連れてっちゃっていいのぉ?
ひどい目にあわせちゃってもいいのぉ?まだダメなのぉ?まだダメぇン?
いいのぉ?連れてっちゃうよぉ?それじゃ連れてくよぉ、連れてくよぉ、
あっ・・・

380 :水先案名無い人:2005/05/09(月) 20:42:17 ID:8w4p3OxL0
>>379
潮吹いた

381 :水先案名無い人:2005/05/09(月) 21:05:30 ID:asYVJgiM0
息子はすでに逝っていた

382 :水先案名無い人:2005/05/09(月) 22:11:20 ID:xHDNN8MH0
テラワロスwwwwwwwww

http://that3.2ch.net/test/read.cgi/gline/1115125760/53
53 名前:水先案名無い人[sage] 投稿日:2005/05/07(土) 14:33:33 ID:zmD7fHAa0
「今だけ・・・父親のことを嫌いになった子供でいて下さい」
「ぼく父親のこと嫌いになった訳じゃないから、
うまく言えないかもしれないけど・・・

最高だ、魔王、父親よりずっと良い
魔王のかんむりや長い衣に比べたら
父親なんて物足りないよ、魔王の服装は最高だ
きれいな花も、金の服もすごくて、父親じゃやっとの思いで館に着くけど
魔王には連れて行かれるだけでもうすぐにも逝っちゃいそうだ
父親のあんな言葉に惑わされていたなんて自分で情けないよ
魔王の娘に心地よくゆすぶり、踊り、歌われたら
もう古いしだれ柳の幹に見える気もしない
父親なんて馬を全力で走らせるくらいしか価値のない屑男だよ
魔王さえ居れば俺は・・・ 魔王ぉ、魔王ぉぉ」


 腕に抱えられた子はすでに死んでいた。

383 :水先案名無い人:2005/05/10(火) 03:48:59 ID:VB2xeSZn0
魔王の娘1「息子が顔を隠してまつよ」
魔王の娘2「おびえる姿がたまらんハァハァ」
魔王の娘1「魔王×息子に萌え〜」
魔王「かわいい坊や、一緒においで。面白い遊びを(ry」
魔王の娘2「ショタやおいマンセー!」
魔王の娘3「父親×息子の近親相姦もイケるかも」
魔王の娘4「馬も入れて獣姦プレイもオケ?」
魔王「いい子だ、私と一緒に行こう。私の娘たちがもてなす(ry」
魔王の娘3「息子、総受けでヨロ」
魔王の娘1「それより、魔王陵辱シチュも捨て難いんでつが…」
魔王の娘4「魔王が受けかよ!('A`)」
魔王の娘2「魔王受けなんてアリエナイ!」
魔王「愛しているよ、坊や。お前の美し(ry」
魔王の娘1「『愛しているよ』キタ━━━(゚∀゚)━━━━!!!」
魔王の娘2「キタ━━━(゚∀゚)━━━━!!!」
魔王の娘3「キタ━━━(゚∀゚)━━━━!!!」
魔王の娘4「キタ━━━(゚∀゚)━━━━!!!」

娘達の夜は終わらない。

384 :水先案名無い人:2005/05/10(火) 08:40:01 ID:eO7mLshO0
四人も腐女子がいたらかなわんなww

385 :水先案名無い人:2005/05/10(火) 11:35:19 ID:tXAImZkk0
>>383
それでは次のお葉書です。ラジオネーム・魔王さん。
『こんばんわ。いつも楽しく聞かせてもらっています。
須磨さんのお声は亡くなった妻に似ており、ラジオの…
(以下、20行程省略)
…しかし、早くに妻を亡くしてからというもの、男手一つで
娘4人を育ててまいりましたが、年頃にもなるとやはり難しいものです。
娘達はあまり人間界との付き合いがない為、腐女子になってしまいました。
先日も、とある家庭の息子さんを攫おうとしたのですが、
仕事に勤しむ私の傍らで、娘達はやおい話ばかりに盛り上がり、
私の仕事を手伝ってはくれませんでした。
このままでは魔王としての威厳は地に落ちてしまいます。
須磨さん、どうしたらよいか、アドバイスの御教授をお願い致します。』
あらら…魔王さん、深刻なお悩みですね。男のかたが娘さんを4人も…。
さぞや色んな苦労があったと思います。
この問題について、番組では皆さんからのFAXを受け付けております。
FAX番号は……

386 :水先案名無い人:2005/05/10(火) 12:26:47 ID:f0+kn4860
柳「魔王ちゃんはショタコン?」
魔王「ショタコンじゃないです」
柳「今彼氏いるの?」
魔王「今はいません」
柳「じゃあ一人でしてるんだw」
魔王「え、いや…」
柳「いいじゃん、みんなやってることなんだから。誘拐は悪いことじゃないよ。魔王ちゃんも誘拐してるんでしょ」
魔王「うーん…することもありますけど…」
柳「みんなー魔王ちゃんは誘拐しまくりですよーーw」
魔王「しまくりじゃないですー」

387 :水先案名無い人:2005/05/10(火) 13:44:53 ID:IBA8RYtI0
>>384
俺は慣れてるからそうでもない

388 :水先案名無い人:2005/05/10(火) 14:55:34 ID:gNufrQ250
 こんな夜更けに、闇と風の中に馬を走らせるのは誰だろう。
 それはグレイとガラハドだ。グレイはおびえるガラハドをひしと抱きかかえている。

グレイ   「ガラハドよ、なぜ顔を隠すのだ」
ガラハド  「グレイにはフレイムタイラントが見えないの。火山にいて、炎に包まれている・・・」
グレイ   「あれはたなびくケルベロスだ・・・」
タイラント 「かわいい聖戦士、一緒においで。面白い遊びをしよう。アルツールにはアイスソードが売られているし、金を私のしもべがたくさん用意して待っているよ。」
ガラハド  「グレイ、グレイ!きこえないの。フレイムタイラントがぼくになにかいうよ。」
グレイ   「落ち着きなさい、ねんがんのアイスソードを手に入れてもらうだけだよ。」
タイラント 「いい子だ、私と一緒に行こう。私のしもべ達がもてなすよ。お前をここちよくゆすぶり、踊り、歌うのだ。」
ガラハド 「グレイ、グレイ!見えないの、あの暗いところに遊牧民の娘が!」
グレイ 「見えるよ。だが、あれはバルハル族の女戦士だよ。」
タイラント「愛しているよ、聖戦士。お前の美しい剣がたまらない。殺してでも奪い取る!」
ガラハド 「グレイ、グレイ!踊り子がぼくをつかまえる!トカゲがぼくをひどい目にあわせる!」

 グレイはぎょっとして、アルツールへ全力で走った。あえぐガラハドを両腕に抱え、やっとの思いでアルツールに着いた・・・
 腕に抱えられたガラハドはすでにな、なにをするきさまらー!

389 :水先案名無い人:2005/05/10(火) 16:52:29 ID:Z78jq4l+0
あれ?
子ってもしかして女なんじゃね?
で、魔王の娘はレズビアン



うはwwwおkwww

390 :水先案名無い人:2005/05/10(火) 19:11:14 ID:u3xpnrpp0
女の子同士でお友達になって遊ぶという発想はないのか

391 :水先案名無い人:2005/05/10(火) 19:24:10 ID:9ovh+ZQV0
>>1に載っている歌詞だと美形の魔王を想像してしまうが、
以前にupされていた日本語バージョンの歌の歌詞だとジジイの魔王を想像してしまう

392 :水先案名無い人:2005/05/10(火) 20:21:07 ID:WsTsIsp+0
ピアノのテトテテトテテトテテトテってとこ、
馬が走っている様子をうまく表してると思う。
これ作曲したやつ伸びると思うよ。
シューベルトとかいったっけ。

393 :水先案名無い人:2005/05/10(火) 20:27:38 ID:iEU3i98Y0
同級生に雑誌部で魔王×息子の小説書いてた女いたなぁ・・・

394 :水先案名無い人:2005/05/10(火) 20:31:02 ID:EdCa1tBD0
>393
詳しくw 読んだ?

395 :水先案名無い人:2005/05/10(火) 20:59:23 ID:TwIJAA/D0
>>393
腐女子は最強だな…

396 :水先案名無い人:2005/05/10(火) 21:18:55 ID:ADMzne6z0
関西弁の奴キボン

397 :水先案名無い人:2005/05/11(水) 01:01:23 ID:kezVsLarO
子「お父さんお父さん魔王のが今!」
父「うほっ」

みたいのか

398 :水先案名無い人:2005/05/11(水) 07:21:03 ID:PgmKo1FM0
え、息子と魔王で
くそみそテクニック?

399 :水先案名無い人:2005/05/11(水) 09:34:51 ID:LZMw6VKw0
 こんな夜更けに、闇と風の中に馬を走らせるのはだろう。
 それは父と子だ。父はおびえる子をひしと抱きかかえている。
  
      / __, ィ_,-ァ__,, ,,、  , 、,,__ -ァ-=彡ヘ  ヽ
父   「息子よ、なぜ顔を隠すのだ」
子   「お父さんには魔王が見えないの。短い髪で、優しい目をしている・・・」
父   「あれはたなびく霧だ・・・」
      | |/ノ二__‐──ァ   ヽニニ二二二ヾ } ,'⌒ヽ
     /⌒!|  =彳o。ト ̄ヽ     '´ !o_シ`ヾ | i/ ヽ !  
     ! ハ!|  ー─ '  i  !    `'   '' "   ||ヽ l |  
魔王 「かわいい坊や、一緒においで。面白い遊びをしよう。尻にはきれいな油を塗ってあげるし、いい男を私の兄さんがたくさん用意して待っているよ。」
子  「お父さん、お父さん!きこえないの。魔王がぼくになにかいうよ。」
父  「落ち着きなさい、枯葉が風にざわめいているだけだよ。」
      \ !         '-゙ ‐ ゙        レ'
        `!                    /
        ヽ     ゙  ̄   ̄ `     / |
魔王 「いい子だ、私と一緒に行こう。私の右の手がもてなすよ。お前をここちよくゆすぶり、踊り、歌うのだ。」
子 「お父さん、お父さん!見えないの、あの暗いところに魔王の手が!」
父 「見えるよ。だが、あれは古いしだれ柳の幹だよ。」

魔王「愛しているよ、坊や。性欲を持て余す。力づくでもつれてゆく!」
子 「おとうさん、おとうさん!魔王がぼくをつかまえる!魔王がハッテン途上国にする!」

 父親はぎょっとして、馬を全力で走らせた。あえぐ子供を両腕に抱え、やっとの思いで館に着いた・・・
 腕に抱えられた子はすでに掘られていた。

400 :水先案名無い人:2005/05/11(水) 09:53:12 ID:cngfDpRL0
ワロス

401 :水先案名無い人:2005/05/11(水) 19:30:59 ID:HZBV4lk80
>>399
子「おとうさん、おとうさん!文字の中に誰かいるよ!」
父「うわぁぁぁぁぁ」

402 :水先案名無い人:2005/05/11(水) 19:37:20 ID:sRY43xgr0
>>399-401
テラワラズン

403 :水先案名無い人:2005/05/11(水) 19:56:41 ID:B9BW5fzK0
>>401
父「あれは単なる文字列だ・・・」

404 :水先案名無い人:2005/05/11(水) 20:06:11 ID:dhQeKctW0
>>403
一人だけ空気を読めてませんよ……

405 :水先案名無い人:2005/05/11(水) 20:30:00 ID:sRY43xgr0
いや、俺としては>403もツボだったが・・・

406 :水先案名無い人:2005/05/11(水) 21:02:34 ID:HLlOpaEi0
子 「お父さん、お父さん!見えないの、あの文字の隙間にいい男が!」
父 「見えるよ。だが、あれは送信の時に混入したノイズだよ。」


407 :水先案名無い人:2005/05/11(水) 22:04:08 ID:PgmKo1FM0
「やらないか」

408 :水先案名無い人:2005/05/11(水) 23:16:43 ID:Cf6xlx8D0
子  「お父さん、お父さん!きこえないの。魔王がぼくになにかいうよ。」

409 :水先案名無い人:2005/05/11(水) 23:17:14 ID:A2Qyvqd10
父「ウホッ、いい魔王」

410 :水先案名無い人:2005/05/11(水) 23:25:46 ID:0PEIu7zr0
   か
   わ
   い .     ,-' ̄−、
   い    /' -     ヽ   / ̄ ̄ ̄ヽ-、ノ
.   な.   l //^ヽ l   ヽ/         ヽ  
    ° ./ /  _,−┤|l   /   / ̄'''''---,,,,,,, .|  ボ  魔
      | ||/''   丶ヽヽ l  /__       ヽ .》  ク  王
      | ,ヽ_    -ニ'   >.v  ''''''   __,- ∨  を  が
      .| ) ニ  l    ||L   ♛&@#3642   ( ♛&@#3642 /ヽ  捕
       ヽヽ     l    |ヽ=l   __ '   /'/   ま
       >ヽ   ||||||  .人 .|ヽ   ヽ フ  /    え
      /   \_  ~ /|-ヽ|     .-  ノ     る
      |            ノ   ヽ__,,,/
     .|          ,-' ̄      |
     |     .l  _,-' ̄    ,-    ヽ
     |    ././      / /-,__   \
     .|    ∧l       / ヘ/  '''''l   \
     |     | |     __/  | l    .|     ヽ
     |    _△」──' ̄   |     |      |
    |  -' ̄         _,, |    | .__   |  |
    |          _,-' ̄  >   | ヽ ̄ヽ|  |
     l      __,,,-''''''  |  ./    l __/   ) |
     ヽ__,---' ̄ヽヽ    .| ./    /--   _丿 |
           .ヽヽ   ∨   ./===  /   .|

411 :水先案名無い人:2005/05/11(水) 23:29:52 ID:0PEIu7zr0
ミスった!魔王にさらわれてきます・・・

412 :水先案名無い人:2005/05/12(木) 11:47:05 ID:5DolqtWL0
>>411
マジになってんの坊や

413 :水先案名無い人:2005/05/12(木) 11:54:08 ID:telreoKX0
パパ!すもうとりがぼくになにかいうよ!

414 :水先案名無い人:2005/05/12(木) 13:53:58 ID:Zoy2MBoA0
父「あれは単なるおもらしのことだ」

415 :水先案名無い人:2005/05/12(木) 14:45:19 ID:6TN93Kap0
父  「なんでお前顔隠してんの」
子  「え、お前見えてんのか?あすこに魔王がいてるやろ」
父  「あれは霧やろ」
子  「何言うてんねん、ほら聞いてん、なんやごちゃごちゃ言うとるやろ。霧が喋るかい」
父  「枯葉がざわざわ言うとるだけやん」
子  「ほら、よう見てみ、あそこの影んとこ、魔王の娘おるやろ」
父  「俺は向かって左の娘が好きやな」
子  「僕は真ん中の娘が・・・って見えとんのかい!」
父子 「失礼しましたー」

416 :水先案名無い人:2005/05/12(木) 18:30:44 ID:BoRxtFx90
ドンドンドン!
「魔王だ!開けろ!
「だ だーれー?
「魔王だ!お前をもらいに来た!
「だーれー?
「ま お う だ !!魔王!
「魔王?
「そ そうだ!力づくでも連れ・・・
「僕は魔王じゃないよ
「俺が魔王だ!おい!開けろ!
「だーれー?

以下ループ

417 :水先案名無い人:2005/05/12(木) 18:43:43 ID:Zoy2MBoA0
ドンドンドン!
「魔王だ!開けろ!
「本当に魔王か
「魔王だ!お前をもらいに来た!
「なら次の質問に答えてみろ。お父さんには古いしだれ柳の幹にしか見えないものは何だ?
「私の娘たちだ
「魔王だ!!

418 :水先案名無い人:2005/05/12(木) 22:30:09 ID:eWVSzYSW0
ロバート・K・レスラー元FBI犯罪心理分析官による「魔王」像

まず、「金の服を私の母さんがたくさん用意している」という文面から魔王は裕福な家庭
の生まれであり、しかも母親と現在も同居していることが容易に想像されます。恐らく金の服は
子供にコスプレをさせ、鑑賞することで性的欲求を満たすためと考えられます。
次に、「私の娘たち」以下の文章ですが、性的誘拐の主犯はあくまでも魔王であり、自分の楽しみを
わざわざ娘に与えるようなことはしないと考えられます。これは子供と同年代の娘がいるように見せかけて
子供を安心させようとするための狂言の疑いが強いです。
最後の文章では誘拐計画を立てたのは良いが、欲望を抑えきれずに強引にさらっていったという点からも
魔王の本性が如実に表れています。以上より、私の考える犯人像は、知能が高いものの、制御が効かなく
なるという欠点があり、少年に対する性的欲望が非常に強く、そして母親と同居している、という点から無職、
あるいはフリーターで生計を立てている人物であると考えられます。

419 :水先案名無い人:2005/05/13(金) 03:32:46 ID:8SiWAZ760
お前達はバカだ
素晴らしいバカだ
私はお前達と同じ国に生まれたことに感謝している

420 :水先案名無い人:2005/05/13(金) 10:30:23 ID:UrA8xWET0
あーもうこんな時間だよ。法事終わったらすぐに帰ろうと思ってたのに、
なに宴会とか始めちゃってんだよ。こっちは酒飲めないのに義父さんは無理やり引き止めるし。
あれ、なんでこいつ顔隠してんの?・・・え?なに、魔王?・・・また妄想かよ、母親似め。
あいつに似てキレイな顔してるけど脳みそまで似ることないだろうに。
てか魔王がこんなド田舎でなにやってんだよ。なんで霧が魔王なんだよ。
え、次は声?幻覚の次は幻聴かよ、カンベンしてくれよ。
こいついっつもこんなんだよ。この前の休みも、

子 「ママ、庭に妖精さんがいるよ」
母 「ホントだわ、あの白いのがセーラで、赤いのがキディっていうのよ。坊やはえらいわね」

なにがえらいんだよ。頭ん中がエライことになってるだけだろが。
二人とも天然通り越してデムパなんだよ。
俺なんでこんなんと結婚しちゃったんだろ。そりゃ美人でかわいらしいところもあるけどさ。
え、次は娘?なんだよおい。カンベンしてくれよ。なんで登場人物増えてんだよ。
ああ早く帰りてえ・・・てかそもそもなんであいつだけ家にいんだよ。

421 :水先案名無い人:2005/05/13(金) 10:30:32 ID:UrA8xWET0
27にもなって

「法事ってイヤ。だって幽霊が出るでしょう」

とかありえないじゃん。母親がそんなんとかいやじゃん。
まあ、うちは子どもまでそんなんなわけだが。ってなんだよそれ、
何で魔王が一家総出でお前連れて行かなきゃならないんだよ。考えたらわかるだろ
・・・おい・・・ちょっ、大丈夫か・・・?ヤベ、早く帰らんと・・・。

おい・・・着いたぞ、おい・・・おい!
・・・嘘だろ・・・ちょっと待ってくれよ・・・

・・・息、してねえよ。

おい、ちょ、ま・・・え?え?


カンベンしてくれよ・・・。

422 :水先案名無い人:2005/05/13(金) 12:07:16 ID:gOOdtYt70
ワロス。

423 :水先案名無い人:2005/05/13(金) 17:08:14 ID:ueBwI+pO0
 こんな夜更けに、闇と風の中に馬を走らせるのはだろう。
 それは父と子だ。父はおびえる子をひしと抱きかかえている。

父   「息子よ、なぜ顔を隠すのだ」
子   「お父さんには魔王が見えないの。かんむりをかぶって、長い衣を着ている・・・」
父   「魔王みたいな服装じゃあ、仕方ないな( ´∀`)」
魔王 「かわいい坊や、一緒においで。面白い遊びをしよう。岸辺にはきれいな花が咲いているし、金の服を私の母さんがたくさん用意して待っているよ。」
子  「お父さん、お父さん!きこえないの。魔王がぼくになにかいうよ。」
父  「魔王の母さんが待っているんじゃあ、仕方ないな( ´∀`)」
魔王 「いい子だ、私と一緒に行こう。私の娘たちがもてなすよ。お前をここちよくゆすぶり、踊り、歌うのだ。」
子 「お父さん、お父さん!見えないの、あの暗いところに魔王の娘が!」
父 「見えるよ。だが、魔王の娘がもてなすんじゃあ、仕方ないな( ´∀`)」
魔王「愛しているよ、坊や。お前の美しい姿がたまらない。力づくでもつれてゆく!」
子 「おとうさん、おとうさん!魔王がぼくをつかまえる!魔王がぼくをひどい目にあわせる!」

 父親はぎょっとして、馬を全力で走らせた。あえぐ子供を両腕に抱え、やっとの思いで館に着いた・・・
 腕に抱えられた子はすでに死んでいたじゃあ、仕方ないな( ´∀`)

424 :水先案名無い人:2005/05/13(金) 17:49:05 ID:UrA8xWET0
君、そう、そこの坊や、ちょっと時間ある?
あのさ、いきなりで悪いんだけど、うちで働いてみる気、無い?
花が咲いてるようないいとこだし、あ、もちろん金の服とかも全部こっちで用意するからさ。
いや、そんなにいちいち親に報告しなくても。いやさ、僕も三人娘がいるんだけどさ、
やっぱり、親ってのは子どもを放したくないもんだから、
チャンスがあってもやっぱりダメって言っちゃうことが多いの。だからね、やっぱり君の人生だし、
勝ち組になろうと思ったら、やっぱり自分で掴まなきゃいけないと思うの、正味な話。
いやね、こんなにしつこく言うのはね、ん〜、僕ね、結構長いこと魔王の仕事やってんの。
えーと最初が・・・確か93年だから、12年はやってるんだよね。それでやっぱりね、
この子はモノになるな、ってのはね、なんかわかっちゃうの、うん。それで君見てピーンときたワケ。
だいぶ前になるんだけどね、君みたいにオーラバリバリの子、スカウトしたことがあってね、
その子入れたらすぐにbPになっちゃって、うちで稼いだお金元手にして、
今自分の店持ってガンガン稼いでるよ、この前あったんだけどね、・・・かわいい女の子連れてたよ。
でも、こういう仕事って待遇悪いってよく聞くでしょ。でもそんなことなくてね、
うちが特別なのかもしれないけど、従業員を徹底的にサポートする体制ができてるから。
うちの大魔王が偉い人でね、やっぱスタッフあっての経営だ、なんて言ってね、
まぁそれで僕みたいなのも稼がせてもらってるんだけど。


425 :水先案名無い人:2005/05/13(金) 17:49:13 ID:UrA8xWET0
あ、ほら、そこの三人が僕の娘だよ、ほら挨拶して・・・それと、ああ、これは言っとこうと思うんだけど、
ほら魔王って、あちこちから適当にぽんぽんスカウトするって感じのイメージあるでしょ、
それって全然違うの。やっぱり、連れてきた子がモノになるかならないかで、
僕ら魔王の待遇もずいぶん違ってくるの。やっぱりほら、見る目がないのはやめて行ったし。
それでね、ああ、実は僕ね、奥さんに逃げられてるの。外で男つくっちゃってね。
んで男手ひとつで3人育ててるワケなんだけどさ、いや、あのね、父親が言うのもなんだけどさ
・・・割と美人でしょ。んでね、三つ子だから、ちょうど今年でみんな高校卒業して進学するんだけどね、
やっぱり大学ってお金かかるでしょ、僕もしがない魔王だからそんなに稼いでるわけじゃないからね、
んで困ったところで君に出会っちゃったわけ!君みたいないい子連れてきたんなら、
ほら、やっぱり僕もそれなりのもの貰えるし、君だってこんな稼げる仕事そうそうないよ。
だからね、これはお互いにとってすごくいい話だと思うの。それにね、
大抵の子は店に出る前に雑用とか、そういうのを一通りやってもらうことになってるんだけど、
君は、すぐに店に出られると思うよ。いや、そりゃ最初は戸惑うかもしれないけれど、
まあ、肩叩きの延長線みたいなもんだからね、そんなに緊張しなくても大丈夫だよ、
要は慣れだからね。じゃ、とりあえず事務所に来てよ、だまされたと思って。
大魔王の話聞いたら、きっと君もその気になると思うから。向こうも絶対君を気に入ると思うよ。
まあまあまあ、そんな野暮言わずに・・・とりあえず会うだけだから、大丈夫大丈夫。
そうそうそう・・・。

426 :水先案名無い人:2005/05/13(金) 18:15:34 ID:GibOe3iT0
 こんな夜更けに、闇と風の中に馬を走らせるのはだろう。
 それは父と子だ。父はおびえる子をひしと抱きかかえている。


父  「息子よ、なぜ顔を隠すのだ」
子  「お父さんには阿部が見えないの。ツナギを着てベンチに座っている・・・」
父  「俺・・・阿部さんみたいな人、好きですから」
阿部 「嬉しいこと言ってくれるじゃないの。気持ちいい遊びをしよう。とことんよろこばせてやるからな」
子  「お父さん、お父さん!きこえないの。阿部がなにか言ってるよ」
父  「落ち着きなさい、実はさっきから小便がしたかったんです」
阿部 「いいこと思いついた、俺のケツでションベンしろ。私の息子がもてなすよ。お前をここちよくゆさぶり、ねぶり、犯すのだ」
子  「お父さん、お父さん!見えないの!阿部が昼間から息子を!」
父  「ああ、見えるよ。すごく・・・大きいです・・・」
阿部 「愛してるぜ、おっさん。お前のよくしまりそうなケツがたまらない。たとえノンケでも食っちまう」
子  「お父さん、お父さん!阿部がお父さんを狙ってる!お父さんをホモの道に引きずり込む!」


 父親はぎょっとして、馬を全力で走らせた。あえぐ子供を両腕に抱え、やっとの思いで公衆便所に着いた・・・
 子を抱えた父はすでにその気だった。

427 :水先案名無い人:2005/05/13(金) 20:43:27 ID:CATzmGqY0
阿部「いいぞ… よくしまって吸いついてきやがる…!」
父 「出… 出る…」
阿部「なんだァ? 今出したばかりなのにまた出すってのか? 精力絶倫なんだな」
父 「ちっ ちがう…!!」
阿部「なにイ? こんどはウンコォ? お前 俺をバキュームカーとまちがえてんじゃねえのか!?」
父 「しーましェーン!!」
阿部「しょうがねえなあ いいよ、いいよ 俺が栓しといてやるからこのまま出しちまえ
    クソまみれでやりまくるのもいいかもしれないしな!」
息子「工エエェェ(´д`)ェェエエ工」


428 :水先案名無い人:2005/05/13(金) 23:20:15 ID:WtD/dj+l0
教育に悪いなw

429 :水先案名無い人:2005/05/15(日) 10:26:52 ID:aIIbmqvt0
>>428
2chにきて教育がどうとかいわれても・・

430 :水先案名無い人:2005/05/15(日) 17:42:03 ID:R1ItWLeM0
>>426-427
誰かドイツ語に訳して歌ってほしい

431 :水先案名無い人:2005/05/15(日) 19:51:24 ID:05/mbr5U0
とりあえず、>>426-427のままでいいから、
一回オペラ風に歌ってほしいな

432 :水先案名無い人:2005/05/15(日) 23:13:56 ID:oewHPRg70
>>426-427
新鮮だ

433 :初代極煮 ◆592/ykmn6I :2005/05/16(月) 16:37:22 ID:YfpKQng90 ?#
 こんな夜更けに、闇と風の中に馬を走らせるのはだろう。
 それは父と子だ。父はおびえる子をひしと抱きかかえている。

(゚Д゚; 「息子よ、なぜ顔を隠すのだ」
子   「お父さんには魔王が見えないの。かんむりをかぶって、長い衣を着ている・・・」
(゚Д゚; 「あれはたなびく霧だ・・・」
メー゚)  「かわいい坊や、一緒においで。面白い遊びをしよう。岸辺にはきれいな花が咲いているし、金の服を私の母さんがたくさん用意して待っているよ。」
子   「お父さん、お父さん!きこえないの。魔王がぼくになにかいうよ。」
父   「落ち着きなさい、枯葉が風にざわめいているだけだよ。」
メー゚)  「いい子だ、私と一緒に行こう。私の娘たちがもてなすよ。お前をここちよくゆすぶり、踊り、歌うのだ。」
子   「お父さん、お父さん!見えないの、あの暗いところに魔王の娘が!」
(゚Д゚; 「見えるよ。だが、あれは古いしだれ柳の幹だよ。」
メー゚)  「愛しているよ、坊や。お前の美しい姿がたまらない。力づくでもつれてゆく!」
子   「おとうさん、おとうさん!魔王がぼくをつかまえる!魔王がぼくをひどい目にあわせる!」

 父親はぎょっとして、馬を全力で走らせた。あえぐ子供を両腕に抱え、やっとの思いで館に着いた・・・
 腕に抱えられた(゚Д゚;はすでに死んでいた。

メー゚) はははは!ねんがんの右を手に入れたぞ!

                   (゚Д゚;死んだの間違ってないか!?

434 :水先案名無い人:2005/05/16(月) 18:20:48 ID:6skv4Isq0
;゚д゚)< こっちにもおちんちんが!!


                    Σ(゚Д゚;エーッ!!オマエネンチャクスギルヨ!!

435 :水先案名無い人:2005/05/16(月) 21:59:51 ID:VdPHqFP40
  ππ
ヽ ('A`) ノ チカラズクデェーモ
  /(魔 )\  サラッテェークゾォー
 ヾノ | 〜

 __[警] ππ
  (  ) ('A`)
  (  )Vノ .)\
   | |   | |―-ゝ

436 :水先案名無い人:2005/05/16(月) 22:09:08 ID:+QmvKvim0
>>435
地味にウケタw

437 :水先案名無い人:2005/05/16(月) 22:21:44 ID:bHUgLrGC0
('A`)<魔王です…

('A`)<あなたってたなびく霧のような人ね、とよく言われるとです…

('A`)<魔王です…

('A`)<子供をさらおうとしたら、職質されて交番に一泊させられたとです…

('A`)<魔王です…

('A`)<娘に「お父さんってしんのゆうしゃより強いの?」と聞かれて、答えに詰まったとです…

('A`)<魔王です…魔王です…

438 :水先案名無い人:2005/05/17(火) 01:32:02 ID:Gepd+1fY0
('A`)<魔王の娘です…

('A`)<そんなにずんどうじゃないのに木の幹と間違えられました……

('A`)<魔王の娘です…  魔王の娘です…  魔王の娘です…

439 :水先案名無い人:2005/05/17(火) 01:53:03 ID:uIcGCcUA0
しだれ柳のミキタンハァハァ

440 :水先案名無い人:2005/05/17(火) 13:46:24 ID:l+6lZETj0
なんかもう、なんだこのスレ。
これが魔王スレで語るようなことか?
お父さん叩けば魔王の娘がが古いしだれ柳の幹に見えるるのか?
んなもんよそにスレ立ててやってくれ、ここは魔王のことを語るスレだ。
坊やをつかまえるのが趣味みたいな気色の悪いやつらは出てってくれ。


なんかもう、なんだこのスレ。のガイドライン
http://that3.2ch.net/test/read.cgi/gline/1114531087/

441 :水先案名無い人:2005/05/17(火) 14:39:42 ID:lbSeGDkm0
マジウゼぇけど言っとくわ。
ウチはかわいい坊やだけ、とかそんなんでみのがしたりするところじゃない。
見逃すのを認めるのは一般常識のあるまともな坊やだけってだけ。
お前の場合、Tanabiku killliってマジで最悪な見間違いを仄めかす応答。
しだれ柳の幹です。
なんて糞ふざけた文で人の娘を表現してくる性格。
マジで最悪だろうが。一般常識ないの明白。
しだれ柳の幹です。のあとに何か続けて、そのくらいスレンダーなボディとかしだれ柳のように長い髪は〜、とか普通に褒めてやろうって意志が見受けられるなら、「しだれ柳の幹です。」もおもしれえギャグだなwってとれるけど、この一文だけなんて、普通にイタズラだろ。
もうこんなん書いたら、どっかの掲示板みたいに、必死だな、とか書かれそうで嫌なんだけど、ムカついたんで力ずくでもつれていく!

マジウゼぇけど言っとくわ。のガイドライン
http://that3.2ch.net/test/read.cgi/gline/1113201067/

442 :水先案名無い人:2005/05/20(金) 21:52:08 ID:Od7b6Qr80
「お父さんには魔王が見えないの。かんむりをかぶって、長い衣を着ている・・・」
「あれはたなびく霧だ・・・」
こんな夜更けに、、父と子の声がこだまする。
魔王の岸辺に集う娘たちが、今日も天使のような無垢な笑顔で、ここちよくゆすぶり、踊り、歌う。
汚れを知らない心身を包むのは、金の服。
きれいな花が咲いているように、魔王には母さんが居るように、
息子をつれていくのがここでのたしなみ。
もちろん、魔王に気付かないなどといった、はしたない父親など存在していようはずもない。

魔王。
1815年作のこの曲は、もとはゲーテの詩のためにつくられたという、
伝統あるクラシック系歌曲である。

ここまでしかできんかった・・・

443 :水先案名無い人:2005/05/21(土) 02:05:09 ID:sJt8W27V0
>>441
たなびくきりのLが一個多い

444 :水先案名無い人:2005/05/21(土) 12:19:11 ID:hmxArrIm0
”初冬、息を切らし、歩み行く男あり。
 病に冒されし幼きわが娘を、しっかりと抱えて。”

朋也「どうした汐、なぜ顔を隠すんだ」
汐「パパっ、みえないの まおうがいるよ こわい」
朋也「大丈夫 雪が降ってきただけだ」
魔王「かわいい汐ちゃん、こっちにいらっしゃい。一緒に遊びましょう。
    海辺にはヒトデ、魔王プロデュースのヒトデパンもたくさんあります」
汐「パパ、パパ、 きこえないの まおうがなにかいってる」
朋也「大丈夫 あれは枯れ葉の音だ」
魔王「かわいい汐ちゃん、こっちではいまヒトデ祭り開催中ですっ!
   なんとあの祐介さんのライブ演奏も聴けるんですっ! ラブ・アンド・スパナ!」
汐「パパ パパ みえないの そこに、まおうの(義理の)おにいさんが」
朋也「汐、しっかりしろ汐 あれはただの樹だっ!」
魔王「んーっ、汐ちゃん、とってもいい子ですっ! だから……
   さ ら っ ち ゃ い ま す」
汐「パパ パパ まおうがわたしのてを・……さよなら、パパっ……!」

風子「……というわけで、汐ちゃんは風子の子になりました。じたばたしても無駄です」
朋也「それ、魔王じゃなくて、ただの人さらいだからな」

445 :水先案名無い人:2005/05/21(土) 14:40:13 ID:OdeevCr30
      r;ァ'N;:::::::::::::,ィ/      >::::::::::ヽ
.      〃  ヽル1'´        ∠:::::::::::::::::i
       i′  ___, - ,. = -一   ̄l:::::::::::::::l
.      ! , -==、´r'          l::::::/,ニ.ヽ
      l        _,, -‐''二ゝ  l::::l f゙ヽ |、
        レー-- 、ヽヾニ-ァ,ニ;=、_   !:::l ) } ト   ここは葉鍵板じゃねえんだ!
       ヾ¨'7"ry、`   ー゙='ニ,,,`    }::ヽ(ノ    
:ーゝヽ、     !´ " ̄ 'l,;;;;,,,.、       ,i:::::::ミ     俺と一緒に帰ろう、
::::::::::::::::ヽ.-‐ ト、 r'_{   __)`ニゝ、  ,,iリ::::::::ミ
::::::::::::::::::::Vi/l:::V'´;ッ`ニ´ー-ッ-,、:::::`"::::::::::::::;゙ ,     な!
:::::::::::::::::::::::::N. ゙、::::ヾ,.`二ニ´∠,,.i::::::::::::::::::::///
:::::::::::::::::::::::::::::l ヽ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /
::::::::::::::::::::::::::::::! :|.\;::::::::::::::::::::::::::::::/ /

446 :水先案名無い人:2005/05/21(土) 17:37:34 ID:lPTyvOnS0
なんかワラス

447 :水先案名無い人:2005/05/24(火) 14:15:51 ID:rjt8I6ZY0
父親に一言いいたい。お前魔王を馬鹿にしてないか?
俺ら魔王はなぁ、老体に鞭打って坊や誘惑してんだよ。そしてそれが俺達の誇りなんだよ。なのにな父お前なぁ・・・
な ん で 無 視 す る ん だ よ!!
いや、お前が俺に構うならいいんだよ。でもな、構わねーだろ実際?
坊やに聞いた後一回見て「あれはたなびく霧だ」って見て見ぬふりだろ?枯葉がざわめいてるだけだよ、って。
じゃあ無視するなっつー話だよ。お前が発言すると坊やが危ないやつになるんだよ。
お前がもし無視しなかったら
魔王=魔物の王 だったはずなのに、お前のせいで
魔王=坊やの見た幻覚 になってんだぞ?わかってんのか父?
勝手に館でもどこにでも帰ってくれ!でも無視はするなよ。無視するなら、金の服を装備しろ。
俺がいいたい事はそれだけだ

448 :水先案名無い人:2005/05/24(火) 20:27:07 ID:AL40/w6u0
>な ん で 無 視 す る ん だ よ!!
>いや、お前が俺に構うならいいんだよ。
この二行で、魔王→息子と見せかけた魔王→父に萌えた…。

449 :水先案名無い人:2005/05/24(火) 20:28:12 ID:AL40/w6u0
あああ誤爆しましたすいません!!本当にすいませんでした

450 :水先案名無い人:2005/05/24(火) 20:33:06 ID:tAWzOiH+0
 こんな夜更けに、闇と風の中に馬を走らせるのはだろう。
 それは父と子だ。父は子をひしと抱きかかえている。

父   「息子よ、どうしたのだ」
子   「お父さん、何か見える・・・かんむりをかぶって、長い衣を着ている・・・」
父   「あれはたなびく霧だ・・・」
魔王 「かわいい坊や、一緒においで。面白い遊びをしよう。岸辺にはきれいな花が咲いているし、金の服を私の母さんがたくさん用意して待っているよ。」
子  「たなびく霧か・・・」
父  「そうだよ、そして枯葉が風にざわめいているだけだよ。」
魔王 「いい子だ、私を無視しないでおくれ。私の娘たちがもてなすよ。お前をここちよくゆすぶり、踊り、歌うのだ。」
子 「お父さん、お父さん!見えないの、あの暗いところにいい女が!」
父 「見えるよ。だが、あれは古いしだれ柳の幹だよ。」
魔王「幹なんかじゃないんだ私の娘なんださぁこっちへ・・・」
子 「なんだ木か・・・」

 父親は馬を走らせた。子供を両腕に抱え、館に着いた・・・

451 :水先案名無い人:2005/05/25(水) 01:24:34 ID:j12MVfb20
こんな夜更けに、ガ板の魔王スレに書き込むのは誰だろう。
それは>>448だ。>>448>>447の書き込み内容に萌えている。

>>448「魔王→息子と見せかけた魔王→父に萌えた」
父「息子よ、どうしたのだ」
子「お父さん、何か見える・・・変なカップリングに萌えている・・・」
父「あれは腐女子だ・・・」
魔王「かわいい父親、一緒においで。>>448をもっと萌えさせよう。801板には他にも腐女子がいるし、私達のスレを腐女子が用意して待っているよ。」

父親は馬を全力で走らせた。しかし>>448の両腕に抱えられ、ttp://sakura03.bbspink.com/test/read.cgi/801/1115733551/ に着かされた・・・
腕に抱えられた子も父親も魔王も馬もすでに腐女子の餌食になっていた。

452 :水先案名無い人:2005/05/25(水) 01:42:04 ID:vomVtoBV0
 こんな夜更けに、闇と風の中に馬を走らせるのはだろう。
 それは父と子だ。父はおびえる子をひしと抱きかかえている。

父   「息子よ、なぜ顔を隠すのだ」
子   「お父さんには魔王が見えないの。かんむりをかぶって、長い衣を着ている・・・」
父   「あれはたなびく霧だ・・・」
子   (見えてねえ…オヤジどこに目付けてんだ…)
子  「お父さん、お父さん!きこえないの。魔王がぼくになにかいうよ。」
父  「落ち着きなさい、枯葉が風にざわめいているだけだよ。」
子   (いや、どう聞いてもあれは枯葉の音じゃないから)
子 「お父さん、お父さん!見えないの、あの暗いところに魔王の娘が!」
父 「見えるよ。だが、あれは古いしだれ柳の幹だよ。」
子   (見えるよ、だが…って、要するに見えてないんだろうが!)
子 「おとうさん、おとうさん!魔王がぼくをつかまえる!魔王がぼくをひどい目にあわせる!」

 父親はぎょっとして、馬を全力で走らせた。あえぐ子供を両腕に抱え、やっとの思いで館に着いた…
 腕に抱えられた子はすでに鈍い親父にあきれていた。

453 :水先案名無い人:2005/05/25(水) 21:40:21 ID:MsI6wqOn0
子の心の声ハゲワロスwwww

454 :水先案名無い人:2005/05/26(木) 11:50:49 ID:fFgV5R0t0
 こんな夜更けに、闇と風の中にジャイアントロボを走らせるのは誰だろう。
 それは草間博士と大作だ。博士はおびえる大作をひしと抱きかかえている。

草間博士  「息子よ、なぜ顔を隠すのだ」
大作   「お父さんにはセルバンテスが見えないの。カーフィアをかぶって、スーツを着ている・・・」
草間博士   「あれはたなびく残月だ・・・」
セルバンテス 「かわいい坊や、一緒においで。面白い遊びをしよう。BF団にはカッコいいオヤジ達がひしめいているし、怪ロボ達をを孔明がたくさん用意して待っているよ。」
大作  「お父さん、お父さん!きこえないの。セルバンテスがぼくになにかいうよ。」
草間博士 「落ち着きなさい、枯葉が風にざわめいているだけだよ。」
セルバンテス 「いい子だ、私と一緒に行こう。私のGR2がもてなすよ。お前をここちよくゆすぶり、泳ぎ、攻撃するのだ。」
大作 「お父さん、お父さん!見えないの、あの暗いところにGR2が!」
草間博士 「見えるよ。だが、あれはなかなか死なない村雨健二だよ。」
セルバンテス「愛しているよ、坊や。聞き分けのない子は嫌いだな。力づくでもつれてゆく!」
大作 「おとうさん、おとうさん!セルバンテスがぼくをつかまえる!セルバンテスがぼくをひどい目にあわせる!」

 草間博士はぎょっとして、ジャイアントロボを全力で走らせた。あえぐ大作を両腕に抱え、やっとの思いで館に着いた・・・
 大作ではなく草間博士はすでに死んでいた。「おとうさああん!」



455 :水先案名無い人:2005/05/26(木) 20:57:30 ID:hVPacUe90
たなびく残月と、なかなか死なない村雨健二
テラワロス

456 :よっぴい ◆cAyoppiimI :2005/05/26(木) 23:01:18 ID:/yS3MPsw0 ?##
パパーン

457 :水先案名無い人:2005/05/27(金) 15:14:05 ID:KQOPoi2f0
げぇっ魔王!
げぇっ父親!!
げぇっ息子!!!
  伏  兵  だ  ! ! !
ジャーン!ジャーン!

458 :水先案名無い人:2005/05/27(金) 16:09:25 ID:8flUtl6T0
俺も関羽ネタはちょっと考えた
挫折したが

459 :水先案名無い人:2005/05/29(日) 14:13:23 ID:ltr614np0
こんな昼下がりに、青梅と雨の中に盃を傾けるのは誰だろう。
それは曹操と劉備だ。曹操はおびえる劉備をしつこく引き留めている。

曹操   「劉備よ、なぜ世には英雄がいないのだ」
劉備   「曹操殿には袁術が見えないの。玉璽を持って、蜜水をなめている・・・」
曹操   「あれは墓の中の白骨だ・・・」
袁紹 「かわいい大耳、一緒においで。面白い統治をしよう。先祖にはきれいな四世三公が出ているし、
無敵の策略を私の郭図がたくさん用意して待っているよ。」
劉備  「曹操殿、曹操殿!きこえないの。袁紹がぼくになにかいうよ。」
曹操  「落ち着きなさい、小人が親の七光りに寄りかかっているだけだよ。」
劉表 「いい子だ、私と一緒に行こう。私の臣下たちがもてなすよ。お前をここちよく疎んじ、謀り、狙うのだ。」
劉備 「曹操殿、曹操殿!見えないの、あの暗いところに蔡帽の伏兵が!」
曹操 「見えるよ。だが、あれは古い時代の亡霊だよ。」
曹操「英雄は君と余だよ、劉備。お前の美しい義弟がたまらない。力づくでもつれてゆく!」
劉備 「曹操殿、曹操殿!雷がぼくをつかまえる!雷がぼくをひどい目にあわせる!」

劉備はぎょっとして、箸を全力で投げ捨てた。呆れる曹操を尻目に伏せ、やっとの思いで家路についた・・・
兵を与えられた劉備はすでに逃げていた。

460 :水先案名無い人:2005/05/29(日) 14:29:51 ID:psjXLUdn0
うまい

461 :水先案名無い人:2005/05/29(日) 16:16:11 ID:mbeRrxpz0
>>459
ウマワロスwwwwww

462 :水先案名無い人:2005/05/29(日) 22:05:36 ID:qvwCI9ik0
>>459
GJ!!!

463 :水先案名無い人:2005/05/30(月) 11:15:10 ID:/dTG89Rp0
三国志とかマイナーすぎ
解説もなしに笑えるわけねーだろアホか
三国志とかマイナーすぎ
解説もなしに笑えるわけねーだろアホか
三国志とかマイナーすぎ
解説もなしに笑えるわけねーだろアホか
三国志とかマイナーすぎ
解説もなしに笑えるわけねーだろアホか
三国志とかマイナーすぎ
解説もなしに笑えるわけねーだろアホか
三国志とかマイナーすぎ
解説もなしに笑えるわけねーだろアホか
三国志とかマイナーすぎ
解説もなしに笑えるわけねーだろアホか
三国志とかマイナーすぎ
解説もなしに笑えるわけねーだろアホか

464 :水先案名無い人:2005/05/30(月) 11:36:43 ID:XNMB0lv+0
面白くないレスは遠慮がちに書けばスルーされるだけで済むが
繰り返したり余分に改行を入れたり長文化するとそれだけでイタイ

465 :水先案名無い人:2005/05/30(月) 12:41:12 ID:tY0KfmAc0
そんなの三国志を否定されるのがいやか中国人の手先ども

466 :水先案名無い人:2005/05/30(月) 18:23:42 ID:IHeB2nPe0
お父さん、お父さん!きこえないの。>>465がぼくになにかいうよ。

467 :水先案名無い人:2005/05/30(月) 20:40:50 ID:oCg7X2Mh0
落ち着きなさい、枯葉が風にざわめいているだけだよ。

468 :水先案名無い人:2005/05/30(月) 20:52:44 ID:xWGtv7uz0
 こんな夜更けに、闇と風の中に馬を走らせるのはだろう。
 それは父と子だ。父はおびえる子をひしと抱きかかえている。

父   「息子よ、なぜ顔を隠すのだ」
子   「お父さんには魔王が見えないの。かんむりをかぶって、長い衣を着ている・・・」
父   「あれはたなびく霧だ・・・」
魔王 「かわいい坊や、いっそに、一緒においで。おもろし、面白い遊びをしよう。岸辺にはきれいな花が咲いているし、金の服をわ、私の母さんがたこさん用意して待っているよ。」
子  「お父さん、お父さん!きこえないの。魔王がセリフを噛んでいるよ。」
父  「落ち着きなさい、初めてだから緊張しているだけだよ。」
魔王 「いい子だ、私と一緒に行こう。私のむぬ、娘たつ、娘たちが、もてなしょ…も、もてなすよ。お前をこここちよくゆすぶり、踊り、歌の、歌うのだ。」
子 「お父さん、お父さん!見えないの、あの暗いところに魔王の娘たつが!w」
父 「見えるよ。だが、あれは慌てたせいでよけい噛みまくってるのだよ。」
魔王「愛せ、愛し…愛しているよ、ぼ、ぼ坊や。お前のうちゅくしい姿がたもら、たまらない。ゴホ、つからづくでも、あ、つ、つれてゆく!」
子 「おとうさん、おとうさん!魔王がグダグダになってる!もはや何て言ってるんだかわからない!w」

 父親はぎょっとして、馬を全力で走らせた。爆笑する子供を両腕に抱え、やっとの思いで館に着いた・・・
 後に残された魔王は泣きながら早口言葉の練習を始めた。

469 :水先案名無い人:2005/05/30(月) 20:57:40 ID:egCFKdDZ0
ワラタ

470 :水先案名無い人:2005/05/30(月) 22:10:28 ID:SbB90A0O0
>>468
テラワロスwwwww

471 :水先案名無い人:2005/05/31(火) 01:24:55 ID:5yXl/30c0
魔王モエスw

472 :水先案名無い人:2005/05/31(火) 06:20:48 ID:neB6mJ1q0
噛んでるっつーか訛ってるw

473 :水先案名無い人:2005/05/31(火) 08:33:57 ID:uhw5hCJP0
揚げ足を取る子w

474 :水先案名無い人:2005/05/31(火) 13:01:55 ID:zOMPm6xx0
>>468
この魔王はいつの日か伊武雅刀となり
「私は子供が嫌いです」
と熱唱する

475 :水先案名無い人:2005/05/31(火) 14:27:30 ID:vud5H8JL0
6/9発売のMetalMax新作、MetalSagaネタ

 こんな夜更けに、起きてゴソゴソしているのは誰だろう。
 それはモンスターハンターになろうとするはんただ。母は意気込む子に半ば呆れている。

ニーナ  「はんた、なぜ旅立ちのしたくをするの?」
はんた  「お母さんにはミカが見えないの。眼鏡をかけて、ツナギを着ている・・・」
ニーナ  「あれは努力家で幼馴染のお姉さんなメカニックよ・・・」
キリヤ  「ようはんた、一緒に行こうぜ。面白い冒険をしよう。ダンジョンには賞金首がいるし、
       修理キットをたくさん用意してまっているぜ。」
はんた  「お母さん、お母さん!きこえないの。キリヤがぼくになにかいうよ。」
ニーナ  「落ち着きなさい、彼は一見天才美青年メカニック。その正体はスタッフ公認のヘタレよ。」
シャーリィ「いい子だ、私と一緒に行こう。私の銃器がもてなすわよ。
      お前をここちよくゆすぶり、戦い、勝利するよ。」
はんた 「お母さん、お母さん!見えないの、あの荒野に女ソルジャーが!」
ニーナ 「見えるわよ。だが、あれは銃器使いのシャーリィね。」
ラシード「信頼しているよ、はんた。お前の運転技能がたまらない。白兵戦では力づくで突き進む!」
はんた 「お母さん、お母さん!男ソルジャーがモンスターを斬り捨てる!ラシードがぼくを冒険に連れ出す!」

 ニーナはぎょっとして、ため息をついた。
 決意するはんたを見つめ、必ずやり遂げなさいと激励した・・・
 はんたは旅立ちを決意し、置いていかれたキリヤはベッドで膝を抱えて泣いていた


476 :水先案名無い人:2005/06/03(金) 23:51:30 ID:nCZyqAS60
age

477 :水先案名無い人:2005/06/05(日) 19:49:47 ID:tAtqG1Bu0
>>476
あがってないでしょw

478 :水先案名無い人:2005/06/05(日) 20:00:54 ID:T+xE2X0H0
お父さんお父さん、聞こえないの?>>477がぼくに何か言うよ!

479 :水先案名無い人:2005/06/05(日) 22:10:16 ID:5kipiGxB0
魔王「愛しているよ、坊や。お前の美しい姿がたまらない。力づくでもつれてゆく!」
子 「おとうさん、おとうさん!魔王がぼくをつかまえる!魔王がぼくをひどい目にあわせる!」
父 「南無大慈大悲救苦救難広大霊感白衣観世音!!
   我が左手に封じられし鬼よ!今こそその力を、示せ!!」
魔王「ギャアアアアア」

バシュウウウウウ

父 「俺の息子に手を出すな!!」

480 :水先案名無い人:2005/06/05(日) 22:21:00 ID:JBDTWZOK0
お父さんカッコイイw

481 :水先案名無い人:2005/06/05(日) 22:58:29 ID:gCXKyVXJ0
ぬ〜べ〜ナツカシ

482 :水先案名無い人:2005/06/05(日) 23:40:57 ID:0yAOmHeH0
だめだ、ぬ〜べ〜ネタで「息子」って出るとどうも股間のレイヴ(ry

483 :水先案名無い人:2005/06/06(月) 11:33:44 ID:AJX2+c8L0
>>482
落ち着きなさい、股間のレイヴンがお前を欲しがっているだけだよ。

484 :水先案名無い人:2005/06/06(月) 17:11:15 ID:/PATfDdZ0
股間のレイヴン「愛しているよ、坊や。お前の美しい姿がたまらない。力づくでもつれてゆく!」

485 :水先案名無い人:2005/06/06(月) 20:37:36 ID:Q7DY3gxm0
こんな夜更けに、闇と風の中に馬を走らせるのはだろう。
それは父と子だ。父は罵倒する子をひしと抱きかかえている。

父   「息子よ、なぜ顔を隠すのだ!タマ落としたか!」
子   「お父さんには魔王が見えんのか?かんむりをかぶって、長い衣を着ている・・・
     まるでそびえたつクソだ!」
父   「気は確かか貴様?霧と魔王の区別もつかんのか!セイウチのケツのド頭突っ込んでおっ死ね!」
魔王 「かわいい豚娘ども、一緒に来い!頭が死ぬほどファックするまでシゴいてやる!
    兵舎にはM14が置いてあるし、ドーナツをゴーマーパイルがたくさん用意して待ってるぞ。」
子  「お父さん、お父さん!聞こえんのか?魔法使いのババァか!魔王が俺に何か言ってるが、
    ふざけるな!大声出せ!」
父  「落ち着けウジ虫!枯葉が風にざわめいているだけだ。まだ死にかけのジジィの方が度胸座っている!」
魔王 「いい子だ、俺と一緒に行こう。俺の妹がもてなすぞ。貴様をここちよくファックし、ナメナメし、マスかくのだ。」
子  「お父さん、お父さん!貴様の目は節穴か?あの暗いところに魔王の手先のおフェラ豚が!
    向こうにマンコがありゃ見えるだろ?」
父 「見えるぞ。だが、あれは古いしだれクソ柳の幹だ。迫力なし、伐採しとけ」
魔王「海兵隊を愛しているか、坊や。貴様の美しい姿がたまらん。じっくり可愛がってやる!
    泣いたり笑ったりできなくしてやる!」
子 「おとうさん、おとうさん!魔王が俺をつかまえる!俺の貞操をどうするつもりだ!パパとママの愛情が
   足りなかったのか貴様?」

父親はぎょっとして、馬を全力で走らせた。わめく子供を両腕に抱え、やっとの思いで館に着いた・・・
腕に抱えられた子はすでにSir Yes Sir!。

486 :水先案名無い人:2005/06/06(月) 20:42:39 ID:Enxy2lwT0
>>485
ワロス

487 :水先案名無い人:2005/06/06(月) 21:27:45 ID:3FZZAiVK0
>>485
ビール吹いた

488 :水先案名無い人:2005/06/06(月) 21:46:46 ID:G73AwgCp0
>>485
FMJ親子、最強

489 :水先案名無い人:2005/06/06(月) 22:11:51 ID:pDXnj4kv0
>>485
久しぶりのクリティカルヒット。たまらんw

490 :水先案名無い人:2005/06/06(月) 23:39:55 ID:Ho1hjsSN0
>>485
クソワロス

491 :水先案名無い人:2005/06/07(火) 00:32:10 ID:gl04HGMW0
>>485
「海兵隊を愛しているか、坊や」が最高にツボだw笑い死ぬww

492 :水先案名無い人:2005/06/07(火) 02:05:04 ID:fJdCTIgH0
すでにSir Yes Sir 
ってどんなだよ

493 :水先案名無い人:2005/06/07(火) 08:18:30 ID:cGpE9pes0
>>492
徴兵された

494 :水先案名無い人:2005/06/07(火) 12:06:50 ID:zfsNPlfy0
全員ハートマンでなくジョーカーをまぜて欲しかった。

495 :水先案名無い人:2005/06/07(火) 16:01:34 ID:T7k4XkFF0
【購入前】au WIN W21K by KYOCERA Part5【必読】@携帯・PHS
ttp://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/phs/1114961871/414


414 :非通知さん :2005/06/06(月) 22:15:44 KTyP/ATvO
坊や何故顔隠す

お父さんお父さん怖いよW21Kが売ってるよ怖いよ

坊やよあれはただのプラスチックだ〜

かわいい坊やだここにおいで今なら1円契約

お父さんお父さんW21Kがぼくの機種変誘ってる〜


かわいい坊やだここにおいでシンプルデザイン、着せ替えデータフォルダもあ〜るよ〜

お父さんお父さんW21Kが唯一のそんなに役に立たない機能アピってる

父は馬を飛ばしたが子はすでに買い換えてしまった

496 :水先案名無い人:2005/06/07(火) 19:57:46 ID:gswI5t9y0
>>485
ハゲワロスwww

497 :水先案名無い人:2005/06/07(火) 20:19:19 ID:DoOvnFrX0
 こんな夜更けに、闇と風の中に馬を走らせるのはだろう。
 それは父と子だ。父はおびえる子をひしと抱きかかえている。

父   「息子よ、なぜ顔を隠すのだ」
子   「お父さんには魔王が見えないの。ターバンをかぶって、長い衣を着ている・・・」
父   「あれはたなびく霧だ・・・」
魔王 「うっはっうっはうっはっうっはっジン・ジン・ジンギスカーン♪」
子  「お父さん、お父さん!きこえないの。魔王がぼくになにかいうよ。」
父  「落ち着きなさい、枯葉が風にざわめいているだけだよ。」
魔王 「サームラーイ♪サームライ♪」
子 「お父さん、お父さん!見えないの、あの暗いところに魔王のバンドの女性ボーカル二人が!」
父 「見えるよ。だが、あれは古いしだれ柳の幹だよ。」
魔王「モスカーモスカー♪」
子 「おとうさん、おとうさん!魔王がぼくをのハートをつかまえる!魔王がぼくをノリノリのハイテンションにする!」

 父親はぎょっとして、馬を全力で走らせた。ダンスする子供を両腕に抱え、やっとの思いで館に着いた・・・
 腕に抱えられた子はすでにCDをアマゾンで注文していた。



498 :水先案名無い人:2005/06/07(火) 21:09:57 ID:y3lx8Khz0
>>497
>うっはっうっはうっはっうっはっジン・ジン・ジンギスカーン♪
ワロスwww

499 :水先案名無い人:2005/06/07(火) 21:17:33 ID:dp4JGLW+0
 こんな夜更けに、ホワイトハウスにパワードスーツを走らせるのは誰だろう。
 それは大統領と秘書だ。秘書はテンパッた大統領とバカ騒ぎをしている。

秘書  「Mr.プレジデント!!なぜ撃たないんですか!?」
大統領 「ジョディ!君には円盤が見えないのか?銀色で宙に浮いて、オレンジの光を放っている・・・」
秘書  「Oh!UFOなんてみたの初めて!ジョディ超感激!」
宇宙人 「かわいい地球人、一緒においで。面白い遊びをしよう。母星にはきれいな花が咲いているし、最新技術を私の会社がたくさん用意して待っているよ。」
大統領 「ジョディ!What this!?宇宙人が私になにか言ったぞ!?」
秘書  「Mr.プレジデント!落ち着いて下さい!きっと枯葉が風にざわめいているですよ。」
宇宙人「いい子だ、私と一緒に行こう。私の部族たちがもてなすよ。地球人をここちよくゆすぶり、踊り、歌うのだ。」
大統領 「ジョディ!ジョディ!見えるか!?あの黒いところにUFOの子供が!」
秘書 「もちろん見えてます!でもきっとあれは宇宙人の兵器ですよ!」
宇宙人「愛しているよ、坊や。お前の美しい姿がたまらない。力づくと言わず私たちと平和の道を歩もう!」
大統領「ジョディ!UFOが私に攻撃してきた!アメリカの正義を侵略するインベーダーを私がひどい目にあわせてやる!
     なぜなら!私は!アメリカ合衆国大統領だからだ!!!!
     レッツパーティィィィィィィィィィィ!!!!!!!!!」

 宇宙人は蜂の巣にされて、UFOを全力で走らせた。あえぐ子供を両腕に抱え、やっとの思いで母星に着いた・・・
 腕に抱えられた子はすでに死んでいた。

500 :水先案名無い人:2005/06/07(火) 21:21:45 ID:7dOVAwY/0
>>499
大統領吹いたw

501 :水先案名無い人:2005/06/07(火) 21:21:47 ID:oV/HPOa10
>>499
子供がよくわかんないけどテラワロス

502 :水先案名無い人:2005/06/07(火) 21:33:42 ID:bpnM+co80
>>499
レッツパーリィィィィの方がそれっぽかったな
でもワロタ

503 :水先案名無い人:2005/06/07(火) 23:31:17 ID:v03RHyuS0
 こんな夜更けに、闇と風の中に戦車を走らせるのはだろう。
 それはゴメスとワルゲリョだ。ゴメスはおびえるワルゲリョをひしと抱きかかえている。

ゴメス   「ワルゲリョよ、なぜ顔を隠すのだ」
ワルゲリョ 「おやぶんにはハンターが見えないの。ゴーグルキャップをかぶって、重戦車に乗っている・・・」
ゴメス   「あれはただのハイウェイタンクだ・・・」
ハンター  「にっくきワルゲリョ、一緒においで。面白い遊びをしよう。岸辺にはきれいなDr,ラフレシアが咲いているし、金のじゅうたん(の死骸)を私の仲間がたくさん用意して待っているよ。」
ワルゲリョ 「おやぶん!おやぶん!きこえないの。ハンターがぼくになにかいうよ。」
ゴメス   「落ち着きなさい、唄うパラボラがざわめいているだけだよ。」
ハンター  「いい子だ、私と一緒に行こう。私の仲間たちがもてなすよ。お前をここちよく砲撃し、斬りつけ、しまいにはてっこう弾を打ち込むのだ。」
ワルゲリョ 「おやぶん、おやぶん!見えないの、あの暗いところにハンターの仲間が!」
ゴメス   「見えるよ。だが、あれはサルモネラほんぽとその仲間だよ。」
ハンター  「お前をさっさと倒して次に進みたいんだよ、坊や。お前のみすぼらしいレンタルタンクがたまらない。力づくでもつれてゆく!」
ワルゲリョ 「おやぶん、おやぶん!ハンターがぼくをつかまえる!ハンターがぼくをひどい目にあわせる!」

 ゴメスはぎょっとして、戦車を全力で走らせた。あえぐワルゲリョを荷台に載せ、やっとの思いでアジトに着いた・・・
 後部に載せられたワルゲリョはすでに麻痺ガス弾でひねりつぶされていた。

504 :水先案名無い人:2005/06/07(火) 23:35:18 ID:qLWsF5H+0
>>499
リチャード吹いたw

505 :水先案名無い人:2005/06/07(火) 23:39:23 ID:5RJWJte40
 こんな夜更けに、ネットサーフィンに勤しむのはだろう。
 それはテレホマンだ。彼刻々と進む時計をひしと抱きかかえている。
    ___
  / ´∀`;\
 /     /::::::|
 | /  /::::::|:::|
 | | /:::::::::::|:::|


506 :水先案名無い人:2005/06/08(水) 00:10:00 ID:GUQ5Bnfg0
ISDN  「テレホマンよ、何故時間を気にするのだ」
テレホマン 「ISDNにはタイムリミットが見えないの?張り切って、朝日を浴びている…」

507 :水先案名無い人:2005/06/08(水) 04:04:15 ID:nN31d7c90
朝8時の鐘が鳴ると駆け出すシンデレラだな

508 :水先案名無い人:2005/06/08(水) 07:02:47 ID:KMer5LCC0
テレホマン懐かしすぎるな
必死こいてダイアルアップしてた頃思い出して目頭が熱くなったよ

509 :水先案名無い人:2005/06/08(水) 12:47:00 ID:deKhQ+tt0
あの頃からOCNはよく落ちた

510 :水先案名無い人:2005/06/08(水) 12:57:41 ID:V/3Jqq4A0
ADSL「愛しているよ、テレホマン。お前の美しい姿がたまらない。激重ファイルをアップロードしてあげよう!」
テレホマン「おとうさん、おとうさん!ダウンロードに時間が掛かりすぎる!テレホーダイの時間が終わる!」

511 :水先案名無い人:2005/06/08(水) 13:17:59 ID:w/u/0pQt0
テレホマンテラナツカシスwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
>>510
ギャラクシーワロスwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

512 :水先案名無い人:2005/06/08(水) 22:28:57 ID:FV5db56h0
こんな夜更けに、闇と風の中に馬を走らせるのはだろう。
 それは父と子だ。父はおびえる子をひしと抱きかかえている。

父   「息子よ、なぜ顔を隠すのだ」
子   「お゙ぉおォおん父しゃんには魔王が見えにゃいぃのぉおお。かんむりをかぶって、長いぃ衣を着ていぃるのぉおお・・・」
父   「あれはたなびく霧ら・・・」
魔王 「かわいぃぃぃっよぉおお゙坊や、一緒にお゙ぉおォおんいぃれ。面白いぃ遊びをしよう。岸辺にはきれいぃにゃ花が咲いぃていぃるし、金のぉおお服を私のぉおお母しゃんがたくしゃん用意してぇぇぇぇ゛待っていぃるよお゛お゛お゛ぉ。」
子  「お゙ぉおォおん父しゃん、お゙ぉおォおん父しゃん!きこえにゃいぃのぉおお。魔王がぼくににゃにかいぃうよお゛お゛お゛ぉ。」
父  「落ち着きにゃしゃいぃ、枯葉が風にじゃわめいぃていぃるらけらよお゛。」
魔王 「いぃぃぃっよぉおお゙子ら、私と一緒に行こう。私のぉおお娘たちがもてにゃしゅよお゛お゛お゛ぉ。お゙ぉおォおん前をここちよくゆしゅぶり、踊り、歌うのぉおおら。」
子 「お゙ぉおォおん父しゃん、お゙ぉおォおん父しゃん!見えにゃいぃのぉおお、ぁあああ あぉのぉおお暗いぃところに魔王のぉおお娘が!」
父 「見えるよお゛お゛お゛ぉ。らが、ぁあああ あぉれは古いぃしられ柳のぉおお幹らよお゛お゛お゛ぉ。」
魔王「愛してぇぇぇぇ゛いぃるよお゛お゛お゛ぉ、坊や。お゙ぉおォおん前のぉおお美しいぃ姿がたまらにゃいぃのぉおお。力づくれもちゅれてゆく!」
子 「お゙ぉおォおんとうしゃん、お゙ぉおォおんとうしゃん!魔王がぼくをちゅかまえるのぉおお!魔王がぼくをひどいぃ目にぁあああ あぉわせるのぉおお!」

 父親はぎょっとしてぇぇぇぇ゛、馬を全力れ走らせたのぉおお。ぁあああ あぉえぐ子供を両腕に抱え、やっとのぉおお思いぃれ館に着いぃたのぉおお・・・
 腕に抱えられた子はしゅれにバカ!バカ!まんこ!

513 :水先案名無い人:2005/06/09(木) 01:10:47 ID:5rb+4Znj0
4行めで挫折

514 :水先案名無い人:2005/06/09(木) 04:14:09 ID:XXUvwRno0
最後の行だけ読んだ

515 :水先案名無い人:2005/06/09(木) 08:32:53 ID:E7iY5PsR0
>>512
魔王「いい子だ、私と一緒に病院に行こう。私の看護師たちがもてなすよ。
    お前をここちよく精神分析し、治療し、閉じ込めるのだ」

516 :水先案名無い人:2005/06/09(木) 13:49:44 ID:LIwY1gqC0
エキサイト翻訳みたいなもんだな

517 :水先案名無い人:2005/06/09(木) 19:07:54 ID:GdP/cmzn0
みさくらなんこつガイドライン瓶詰12ーもねー

http://that3.2ch.net/test/read.cgi/gline/1118245635/

518 :水先案名無い人:2005/06/10(金) 18:55:03 ID:/O8J0DbE0
何度見ても468テラオモシロス

519 :水先案名無い人:2005/06/10(金) 20:47:05 ID:HoFiCbnr0
 こんなマヨヒガに住む、妖怪の式神の式神は誰だろう。
 それは橙だ。八雲紫はおびえる橙をひしと抱きかかえている。

紫 「橙よ、なぜ顔を隠すのだ」

橙 「紫様には藍様が見えないの。式神らしく下半身裸で、長い衣を着ている・・・」

紫 「あれはたなびく弾幕だ・・・」

藍 「かわいい橙、一緒においで。面白い話をしよう。、マヨヒガには部屋が二間しかありません、いつもは大体家に誰か居るのですが。」

橙 「紫様、紫様!きこえないの。藍様が私になにかいうよ。」

紫 「落ち着きなさい、夜雀がチンチン鳴いているだけだよ。」

藍 「ある朝起きてみると誰も居ませんでした。ラッキー!テンコーできる!当然式神らしく、下半身スッパテンコー!!」

橙 「紫様、紫様!見えないの、あの畳の上に藍様の下着が!」

紫 「見えるよ。だが、あれは幽々子の頭上の布だよ。」

藍 「ああブディスト、四面楚歌楽しいよぉ。 フィニッシュはやっぱり、プリンセス天狐〜illusion〜!!」

橙 「紫様、紫様!藍様が私に見つかった!藍様がスッパテンコーを私に見られた!」

紫はぎょっとして、二度寝した。あえぐ橙を無視して、やっとの思いで眠りに着いた・・・
橙は飛翔毘沙門天で家を出て行った。

520 :水先案名無い人:2005/06/10(金) 23:42:54 ID:U8vdyvY60
一行開きウザ

521 :水先案名無い人:2005/06/11(土) 00:28:28 ID:eyoKB18N0
糞つまらねぇネタをわざわざ読まなくてもいいよという
発言者の心優しい気遣いに謝れ

522 :水先案名無い人:2005/06/11(土) 19:08:45 ID:mAmdaSWn0
ちち   「01よ、なぜかおをかくすのだ」
01   「おとうさんにはアポロンがみえないの。ムラマサをもって、しろいタキシードをきている・・・」
ちち   「あれはたなびくマサムネだ・・・」
アポロン 「このイージスのたてで きみらのこうげきは ふせぐぞ」
01  「おとうさん、おとうさん!きこえないの。アポロンがぼくになにかいうよ。」
ちち  「おちつきなさい、つよがっているだけだよ。」
アポロン「きたぞ!きたぞ!」
01 「おとうさん、おとうさん!みえないの、アポロンのすがたがかわった!」
ちち 「みえるよ。だが、あのひほうは かんぜんじゃないんだよ。」
アポロン「な なんだ これは!わたしの からだが!なにが おこったんだー!!」
01 「おとうさん、おとうさん!アポロンがばくはつする!アポロンがぼくをひどいめにあわせる!」

ちちおやはぎょっとして、01をかばった。01はひほうをつかった・・
めがみがニヤニヤしていた

523 :水先案名無い人:2005/06/11(土) 20:20:18 ID:zBinJpHm0
     _,,:-ー''" ̄ ̄ ̄ `ヽ、
     ,r'"           `ヽ.
 __,,::r'7" ::.              ヽ_
 ゙l  |  ::              ゙) 7
  | ヽ`l ::              /ノ )
 .| ヾミ,l _;;-==ェ;、   ,,,,,,,,,,,,,,,_ ヒ-彡|
  〉"l,_l "-ー:ェェヮ;::)  f';;_-ェェ-ニ ゙レr-{   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  | ヽ"::::''   ̄´.::;i,  i `'' ̄    r';' }   |  久々に可愛い坊や
 . ゙N l ::.  ....:;イ;:'  l 、     ,l,フ ノ   |  私と一緒に行こうと言えば素直についてきたのが
 . |_i"ヽ;:...:::/ ゙'''=-='''´`ヽ.  /i l"  < 昔の坊やなんだよな今の坊やは
   .| ::゙l  ::´~===' '===''` ,il" .|'".    | 力づくで連れてかないといけないから困る
    .{  ::| 、 :: `::=====::" , il   |     \________
   /ト、 :|. ゙l;:        ,i' ,l' ノト、
 / .| \ゝ、゙l;:      ,,/;;,ノ;r'" :| \
'"   |   `''-、`'ー--─'";;-'''"   ,|   \_

524 :水先案名無い人:2005/06/12(日) 17:35:51 ID:DCb65QIc0
カリメロ・・・

525 :水先案名無い人:2005/06/12(日) 19:49:59 ID:6mQEUT1j0
>>524
久々に卵の殻?

526 :水先案名無い人:2005/06/13(月) 19:34:08 ID:uYEt7vip0
 こんな夜更けに、闇と風の中に馬を走らせるのは誰だろう。
 それは父と子だ。父はおびえる子をひしと抱きかかえている。

父  「息子よ、なぜ顔を隠すのだ」
子  「お父さんにはあの霧のようなものが見えないの。かんむりみたいな頭に、長い体をしている・・・キモイヨ〜」
父  「あれはたなびくアンガールズだ・・・」
田中 「ど〜も〜アンガールズで〜す。お母さんからもらった金の服を着てたら
    何かの像と間違われて道で拝まれるアンガールズで〜す。坊や一緒においで〜。面白い遊びをしようよぉ。
子  「お父さん、お父さん!きこえないの。田中が噛みながらなにかいうよ。」
父  「落ち着きなさい、枯れ木のような田中が風にざわめいているだけだよ。」
田中 「いい子だね〜僕と一緒に行こうよぉ。僕の相方がもてなすよ。君をここちよくゆすぶり、踊り、歌うよ。」
子  「お父さん、お父さん!見えないの、あの暗いところに山根が!」
父  「見えるよ。だが、あれはただの古いしだれ山根だよ。」
田中 「愛しているよぉ〜坊や。君のぉ美しい姿がたまらない。力づくでもつれてい・・ポキッ」
子  「おとうさん、おとうさん!田中のぼくを捕まえようとした腕が折れたよ!仕返しに山根がぼくをひどい目にあわせる!」

 父親はぎょっとして、馬を全力で走らせた。あえぐ子供を両腕に抱え、やっとの思いで館に着いた・・・
 腕に抱えられた子の腕には折れた山根の腕があった。

父  「やっぱり心配する必要なかったな。」 はいっジャンガジャンガ〜

527 :水先案名無い人:2005/06/14(火) 18:15:30 ID:sC7PDWzp0
 こんな夜更けに、闇と風の中に馬を走らせるのは誰だろう。
 それは父と子だ。父はおびえる子をひしと抱きかかえている。

父  「息子よ、なぜ顔を隠すのだ」
子  「お父さんにはあの東京ドーム20個ぶんくらいものが見えないの。単位とか無くて、何坪とか何?fとかを超越している・・・」
父  「あれは伸びていく自転車で二時間の通学路だ・・・」
宇宙 「ヤバイ坊や、一緒に膨張しまくり。バナナで釘打つ暇も無く死のう。積分計算で出てきただけで上手く扱えないし、演算子を無限の馬力がたくさん用意して超何も無いのだよ。」
子  「お父さん、お父さん!きこえないの。宇宙が億年とか平気で出してるよ。」
父  「超のんびりなさい、有限って事にするだけだよ。」
宇宙 「マジヤバイ子だ、小学生と一緒に行こう。最も遠くから到達する光たちがもてなすよ。お前を無限のままゆすぶり、fと置いてみたり、超寒いのだ。」
子 「お父さん、お父さん!見えないの、あの暗いところに超がんばるハッブルが!」
父 「見えるよ。だが、あれは徒歩10分のトイレだよ。」
魔王「観測しているよ、坊や。地球のヤバすぎる姿が怖い。力づくでも話のわかるヤツだ!」
子 「おとうさん、おとうさん!宇宙が馬力を凄すぎる!宇宙がヤバさをもっと知るべきだ!」

 父親はぎょっとして、自転車を超ガラガラで走らせた。ヤバイ子供を両腕に抱え、やっとの思いで宇宙の端の外側に着いた・・・
 腕に抱えられた子はすでにそういうレベルじゃない。

528 :水先案名無い人:2005/06/14(火) 19:31:42 ID:XYR6gmxX0
>>527
なんか分からんけど後からクルなwwwwwwっうぇうぇwww



ところでそれエキサイト翻訳かなんか?(´・ω・`)

529 :水先案名無い人:2005/06/14(火) 19:33:46 ID:xYgGHiu50
>>528
宇宙ヤバイのガイドライン Part13ndとか困るっしょ
http://that3.2ch.net/test/read.cgi/gline/1115539912/


530 :水先案名無い人:2005/06/14(火) 20:13:19 ID:QmFT4haz0
 こんな夜更けに、闇と風の中に宇宙船を走らせるのはだろう。
 それは父と子だ。父はおびえる子をひしと抱きかかえている。

父   「息子よ、なぜ顔を隠すのだ」
子   「お父さんには時空振動反応が見えないの。歪みから、2つも出てくる。ありえない、何かの間違いではないのか?」
父   「あれはただの星雲だ・・・」
ビッグバイパー 「聞こえるか?こちらはビックバイパー。あまり時間がないのでよく聞いてくれ。ヤツを倒すためには君の助けが必要だ。」
子  「お父さん、お父さん!きこえないの。ビッグバイパーがぼくになにかいうよ。」
父  「落ち着きなさい、大気圏突入の騒音だけだよ。」
ビッグバイパー 「我々は別々のルートからヤツの内部に侵入し、2箇所のコア部分を互いに1つずつ破壊しなければならない。」
子 「お父さん、お父さん!見えないの、あの暗いところにゼロフォースが!」
父 「見えるよ。だが、あれは赤く光った惑星だよ。」
ビッグバイパー 「無論、どちらか片方ではだめだ。2人とも成功しない限り、我々に未来はない。」
子 「おとうさん、おとうさん!ビッグバイパーがぼくをつかまえる!選択の余地が無くなる!」

 父親はぎょっとして、宇宙船を全力で走らせた。あえぐ子供を両腕に抱え、やっとの思いで地球に着いた・・・
 腕に抱えられた子はすでにヴァー。

元ネタ:グラディウスVのガイドライン
http://that3.2ch.net/test/read.cgi/gline/1092226957/

531 :水先案名無い人:2005/06/14(火) 21:16:22 ID:/xqEUSqf0
まさか魔王スレでグラディウスを見ようとは・・・

532 :水先案名無い人:2005/06/14(火) 22:04:22 ID:XYR6gmxX0
>>529
サンク(´・ω・`)ス

文脈が変だったから翻訳かと思ったが違ったか

533 :水先案名無い人:2005/06/15(水) 04:33:53 ID:HFpoK6MD0
>>527
スタニスワフ・レムの気い狂ったコンピュータみたいだな。

534 :水先案名無い人:2005/06/15(水) 13:29:59 ID:oOt2dFW10
父親はぎょっとして、馬を全力で走らせた。あえぐ子供を両腕に抱え、やっとの思いで館に着いた・・・
腕に抱えられた子はすでに死んでいた。

数日後・・・
こんな夜更けに、フラッシュが炊かれる中記者会見をするのは誰だろう。
それは父と記者たちだ。記者はおびえる父に質問責めしている。

記者A   「お父さん、なぜお子さんの助けに耳を貸さなかったのですか」
父   「わたしには魔王が見えなかったのです。かんむりをかぶって、長い衣を着ていると言ってましたが・・・」
A   「あれはたなびく霧だったと思ってたのですね・・・」
記者B 「んなことないやろ!、答えになっとらん。お前が殺したんやろ。世論はアンタを許しとらんし、父親逮捕の記事を俺の同僚がたくさん用意して
      待ってんで。」
父  「そんなこと言っても!きこえなかったのです。魔王が息子に何か言ってたようですが」
A  「つまり枯葉が風にざわめいているだけだと思ったわけですね。」
B 「あほかオドレは!人が死んでんねんで!息子さんはアンタに苦しめられ、弄ばれ、殺されたんや!」
父 「違う!違う!あの暗いところに魔王の娘がいたと言ってました!」
A 「何か見えてたようですが、あれは古いしだれ柳の幹だと思ってたんですね」
魔王「あかん、説明になっとらん。もぅエエわあんた。作者呼んで!」
父 「息子よ、息子よ!記者が私をいじめる!記者が私をひどい目にあわせる!」

 父親は耐え切れなくなり、会見場を全力で逃げ出した。記者Aは後を追い、やっとの思いで館に着いた・・・
 父はすでに首を吊って死んでいた。

535 :水先案名無い人:2005/06/15(水) 13:48:36 ID:wAyWZPu00
>>534
>魔王「あかん、説明になっとらん。もぅエエわあんた。作者呼んで!」
テラワロスwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

536 :水先案名無い人:2005/06/15(水) 16:59:45 ID:RlZ60ueK0
魔王自ら事後処理に動くのかよwwwwwww
アフターケアコマカスwwwwww

537 :水先案名無い人:2005/06/15(水) 17:48:10 ID:/nUguRAN0
>>534
鼻水吹いた

538 :534:2005/06/15(水) 19:11:56 ID:A+pfggiz0
息子「お父さん、お父さん!何やってんの、改変し忘れているよ!」
父「落ち着きなさい。わざと受けを狙っていたんだよ」
魔王「うそつけ」

539 :水先案名無い人:2005/06/15(水) 20:53:09 ID:G3Uf1NyJ0
記者Bは魔王の変化した姿だったんだよ!!(MMRAA省略


540 :水先案名無い人:2005/06/15(水) 22:48:02 ID:oEw4sEft0
Ω ΩΩ(ry

541 :水先案名無い人:2005/06/16(木) 00:27:04 ID:wqbPRy6w0
流石は魔王パワーですね( ´∀`)

542 :水先案名無い人:2005/06/16(木) 00:43:18 ID:17z/E7gW0
魔王じゃあ、無理もないな( ´∀`)

543 :水先案名無い人:2005/06/16(木) 01:49:00 ID:/gl1YeIs0
>534テラワロスッタwwww
コレはミスしてて正解だよ。普通に読むよりかメチャクチャ面白くなってるもんw

544 :水先案名無い人:2005/06/16(木) 23:46:43 ID:+AzcfutM0
>>534
息が止まる程に笑ったぞ
やっぱり魔王がもう最高

545 :水先案名無い人:2005/06/17(金) 02:06:49 ID:vgwbPXo50
怪我の功名

という慣用句の意味を俺は今初めて真に理解した気がする。

546 :水先案名無い人:2005/06/17(金) 19:19:45 ID:g1zsd7Pp0
スマソ
だれかメタルギアソリッドで魔王してくれw
最後はもちろん「すでに性欲を持て余す」で
俺には難しすぎて作れないw

547 :水先案名無い人:2005/06/17(金) 20:32:52 ID:drkylf/10
こんな夜更けに、基地に潜入を試みているのはだれだろう。
それはキャンベル大佐とスネークだ。大佐は淫交モードのスネークを必死に抑えている。

大佐  「スネーク、なぜ顔を赤らめているのだ」
スネーク 「大佐にはオセロットが見えてないのか。リボルバーを持って、拷問したがっている・・・フギギッ」
大佐  「あれは真性サドだ・・・ブランクがあるとは思えん」
オセ 「かわいいスネーク、一緒においで。面白い遊びをしよう。部屋にはいろんな拷問道具が置いているし、
    オナマシーンを私のボスがたくさん用意して待っているぞ。」
スネーク  「大佐、大佐!きこえないのか。オセロットが俺になにかいっている。・・・ガマン汁が噴き出してきた」
大佐 「なんてことだ・・・余計なことを考えるな。今はメタルギアを食い止めることが先決だ。」
オセ 「いい子だ、私と一緒にイこう。股間のレイヴンももてなすぞ。お前のアナルをここちよくゆすぶり、舐め、掘るのだ。」
スネーク 「大佐、大佐!見えないのか、あの暗いところに棒引きで鍛えた股間のレイヴンが!ハァハァ」
大佐 「見えるぞ。だが今はメタル(ry」
オセ 「愛しているよ、スネーク。お前のタマタマの匂いがたまらない。ではいくぞう!」
スネーク 「大佐、大佐!オセロットが俺をつかまえる!オセロットが俺の性欲をもてあまさせる!ウォーォー!!」

大佐はぎょっとして、スネークの姿を全力で追った。あえぐスネークの声を聞きながら、やっとの思いで
ソリトンレーダーに捉えた・・・ 画面内でスネークはすでに行為に及んでいた。
大佐「バカモン!何てことをするんだ!くそぅ、基地外だ!こんな男に任務を頼むんじゃなかった・・・!」

・・・適当でスマソ

548 :水先案名無い人:2005/06/17(金) 21:04:37 ID:g1zsd7Pp0
>>547
サンクスw
大佐カワイソス(´・ω・`)

549 :水先案名無い人:2005/06/18(土) 07:03:27 ID:9aTD6nqV0
>>546
>>399にもやらないかとの融合バージョンがあるよ。

550 :水先案名無い人:2005/06/18(土) 07:58:24 ID:ulsKNLir0
 こんな夜更けに、闇と風の中に車を走らせるのはだろう。
 それは悪人達だ。
  
      / __, ィ_,-ァ__,, ,,、  , 、,,__ -ァ-=彡ヘ  ヽ
ボス   「手下よ、なぜ顔を隠すのだ」
手下   「ボスには魔王が見えないの。低い姿勢で、アイパッチをしている・・・」
ボス   「あれはたなびくスネークだ・・・」
      | |/ノ二__‐──ァ   ヽニニ二二二ヾ } ,'⌒ヽ
     /⌒!|  =彳o。ト ̄ヽ     '´ !o_シ`ヾ | i/ ヽ !  
     ! ハ!|  ー─ '  i  !    `'   '' "   ||ヽ l |  
スネーク 「こちらスネーク。ターゲットを発見した」
手下  「ボス、ボス!きこえないの。魔王がなにかいうよ。」
ボス  「落ち着きなさい、スネークが報告しているだけだよ。」
      \ !         '-゙ ‐ ゙        レ'
        `!                    /
        ヽ     ゙  ̄   ̄ `     / |
スネーク 「ああ、こっちには気づいていない、尾行を続ける。」
手下 「ボス、ボス!見えないの、あの暗いところにスネークが!」
ボス 「ああ、あれが間抜けなスネークだよ。」

魔王「大丈夫だ、痕跡すら残していない!」
手下 「ボス、ボス!スネークがこっちにくる!スネークがバレてるのに気づいていない!」

 ボスはにやりとして、車を全力で走らせた。あえぐスネークを簡単に撒き、館に着いた・・・
 スネークはすでに体力を使い果たしていた

551 :水先案名無い人:2005/06/21(火) 05:55:29 ID:aaUWWiS00
僕が父に魔王が僕を狙っているという事を流そうとしたのです。
ところが流れないのです。

子「お父さん。冠を被って衣を着た魔王がいるよ。」
父「あれはたな引く霧だよ。」
子「お父さん!魔王が僕に何か言うよ!」
父「風がざわめいているだけだよ。」
子「お父さん!!あの暗い所に魔王の娘がいるよ!!」
父「古い木の幹だよ。」

だから魔王は、絶対チェックしていると思います。
特に僕からの言論を。
(たな引く霧の)大体90パーセントが魔王ですね。
5パーセント位は違う人たちです。

「流れないのです」のガイドライン
http://that3.2ch.net/test/read.cgi/gline/1114407738/


552 :水先案名無い人:2005/06/21(火) 17:42:33 ID:DTimG25i0
もしも 子供が 弱ければ
魔王が たちまち 攻めてくる
娘が来て 金の服 着せられて
子供は貞操 無くすだろう
子供はおお 僕らの宝だ
少年愛から 守りぬくんだ
全力 疾走 Vater
全力 疾走 Vater
俺たちのウィーンの森が 燃えている
グロー ザ サン マイ ラブ サン
子煩悩親父 シューベルト

553 :水先案名無い人:2005/06/21(火) 19:08:57 ID:DfWb1u5+0
>>552
愛国戦隊吹いた

554 :水先案名無い人:2005/06/21(火) 23:03:30 ID:DlNqU08p0
太陽戦隊じゃないのか

555 :水先案名無い人:2005/06/22(水) 00:05:00 ID:3R4we+iA0
>>554
ふっ・・・ジェネレーションギャップってやつよ。オリジナルを知らない世代がいるってことさorz

556 :水先案名無い人:2005/06/22(水) 00:39:14 ID:Dii05bNP0
>>552
歌:串田アキラ

557 :水先案名無い人:2005/06/22(水) 01:05:25 ID:jumFz2fQ0
>>555
…え?あれ?愛国戦隊のほうがオリジナル?

558 :水先案名無い人:2005/06/22(水) 01:18:06 ID:subYKy7a0
どうでもいいです

559 :水先案名無い人:2005/06/22(水) 01:18:56 ID:l+vmXDL90
>>557
太陽戦隊の方だよ

560 :水先案名無い人:2005/06/22(水) 01:20:20 ID:yZ+zukE30
 こんな夜更けに、闇と風の中に馬を走らせるのはだろう。
 それは父と557だ。父はおびえる557をひしと抱きかかえている。

父  「息子よ、なぜ顔を隠すのだ」
557 「お父さんには552が見えないの。魔王を使って、サンバルカンを替え歌している・・・」
父  「あれはたなびく霧だ・・・」
555 「かわいい557、一緒においで。面白い遊びをしよう。畑はたちまちコルホーズだし、金のカズノコ漁船を
    私の母さんがたくさん拿捕して待っているよ。」
557 「お父さん、お父さん!きこえないの。555がぼくになにかいうよ。」
父  「落ち着きなさい、枯葉が風にざわめいているだけだよ。」
555 「いい子だ、私と一緒に行こう。私の愛国戦隊たちがもてなすよ。お前をここちよくゆすぶり、踊り、歌うのだ。」
557 「お父さん、お父さん!見えないの、あの暗いところにロシアの督戦隊が!」
父  「見えるよ。だが、あれは古いしだれ柳の幹だよ。」
555 「愛しているよ、坊や。お前のうるおぼえがたまらない。力づくでもオリジナル!」
557 「おとうさん、おとうさん!555がぼくを誤解させる!555がぼくをひどい目にあわせる!」

 父親はぎょっとして、馬を全力で走らせた。あえぐ子供を両腕に抱え、やっとの思いで館に着いた・・・
 腕に抱えられた557はすでにカミカゼスキヤキゲイシャ……。

561 :555:2005/06/22(水) 01:27:24 ID:3R4we+iA0
>>557
逆逆、太陽戦隊で正解よ。

そういや555で思い出したけどライダーがイケメンなのもすんっごく納得いかない漏れであった

562 :水先案名無い人:2005/06/22(水) 02:11:38 ID:+8Wy4A4T0
 こんな夜更けに、闇と風の中に車を走らせるのはだろう。
 それは田代と陽子だ。田代はおびえる陽子にシャブを打とうとしている。

田代   「陽子よ、なぜ顔を隠すのだ」
陽子  「田代さんにはおじさんが見えないの。鼻を赤くて、ホクロから毛が生えている・・・」
田代   「あれはたなびく霧だ・・・」
志村 「な、なんだチミはってか!」
陽子  「田代さん、田代さん!きこえないの。おじさんが私になにかいうよ。」
田代  「落ち着きなさい、まだシャブは打ってないよ。」
志村 「そうです!私がへんなおじさんです」
陽子 「田代さん、田代さん!見えないの、あの暗いところにへんなおじさんが!」
父 「見えるよ。だが、あれは古いしだれ柳の幹だよ。」
志村「あ、へんなおじさんだから へんなおーじさん」
陽子 「田代さん、田代さん!へんなおじさんが私をつかまえる!へんなおじさんが私におどりをおどらせる!」

 田代はぎょっとして、車を全力で走らせた。アクセルを全開する事10分、やっとの思いでマンションに着いた・・・
 助手席の陽子はすでにウンジャラゲ音頭を日曜まで踊り終えていた。

563 :水先案名無い人:2005/06/22(水) 06:22:08 ID:35JHW8YJ0
志村ワロス

564 :水先案名無い人:2005/06/22(水) 09:13:52 ID:dfNgpTan0
だいじょうぶだぁネタワロタ

565 :水先案名無い人:2005/06/22(水) 09:25:02 ID:uFTSp5q+0
 こんな夜更けに、闇と風の中に馬を走らせるのは誰だろう。











         誰            だ  !

566 :水先案名無い人:2005/06/22(水) 14:22:17 ID:NkU8fQLZ0
父「あれは空のかなたで踊る影だ…」

567 :水先案名無い人:2005/06/22(水) 18:53:32 ID:uCUBkG0q0
ヘルメットをかぶって、白い翼を着ている…

568 :水先案名無い人:2005/06/22(水) 18:57:04 ID:3R4we+iA0
「・・・・たなびく霧に見えてるやつは誰だ・・」ザッ
「・・・・魔王が見えないやつは誰だ・・」ザッ
「・・・・魔王の娘がしだれ柳に見えるやつは誰だ?」ザッ

 誰 だ !!!
  ♪夜更けに走るやつは〜

       誰 だ !!!
        ♪魔王に狙われるのは〜

   誰 だ !!!
    ♪枯れ葉がざわめくのは〜


  誰だ!
   誰だ?
 誰だ!?
    誰だ!!

 誰 だ あ ぁ ぁ 〜!!


                      電気グルーヴ「誰だ」より

569 :水先案名無い人:2005/06/23(木) 10:04:46 ID:M/KBYXpm0
>>565のレスにガッチャマンネタを書こうとしたのは誰だろう
それは>>569だ。>>569>>566に先を越されている、、、、、、、orz


570 :水先案名無い人:2005/06/23(木) 13:43:55 ID:kUlm4xc40
>>569
父  「落ち着きなさい、>>566は枯葉が風にざわめいているだけだよ。」
魔王 「いい子だ、だから早くネタを。科学忍者隊がもてなすよ。お前は真っ赤に、燃える、火の鳥だ。」


571 :水先案名無い人:2005/06/23(木) 15:23:30 ID:w/8NiIB80
 ギャラクター隊員はぎょっとして、メカを全力で走らせた。あえぐ仲間を両腕に抱えたが、落とされてしまった・・・
 ベルクカッツェはすでに逃げていた。

572 :水先案名無い人:2005/06/23(木) 16:58:30 ID:CU7rME530
魔王「かわいいジョーや、一緒においで。面白い遊びをしよう。バードミサイルの発射ボタンをたくさん用意して待っているよ。」
ジョー「ケン、聞こえないのか。俺はバードミサイルを発射するぜ!」
ケン「ジョー、落ち着け。バードミサイルは緊急時以外使用禁止だ!」
ジョー「うぉおおおー、俺は赤いボタンを見ると我慢できねえんだーーーーー!!」

573 :水先案名無い人:2005/06/23(木) 18:56:21 ID:/quwKV140
 こんな夜更けに、雪と風の中に車を走らせるのは誰だろう。
 それは透と真理だ。真理はおびえる透をひしと抱きかかえている。

真理   「透よ、なぜ顔を隠すのだ」
透   「真理には犯人が見えないの。サングラスをかけて、コートを着ている・・・」
真理   「あれは田中さんだ・・・」
犯人 「いっぱしのヒーロー気取り、一緒においで。面白い遊びをしよう。生き残っているのは女だけだし、むざむざ殺されにきたようなもんじゃないか。」
透  「真理、真理!きこえないの。犯人がぼくになにかいうよ。」
真理  「落ち着きなさい、俊夫さんが香山さんの首を絞めているだけだよ。」
犯人 「いい子だ、骨を折る痛さがわからないと見える。私の腕がもてなすよ。お前の腕をここちよく掴み、力み、折るのだ。」
透 「真理、真理!見えないの、あの暗いところに犯人の影が!」
真理 「見えるよ。だが、あれは幽霊編では私の叔父さんよ。」
犯人「愛しているよ、透。お前の美しい推理がたまらない。銃を使ってでも死んでもらう!」
透 「真理、真理!犯人がぼくをつかまえる!犯人がぼくをひどい目にあわせる!」

 真理はぎょっとして、扉を全力で叩いた。光るナイフを両腕に抱え、やっとの思いであいつの部屋に着いた・・・
 首を絞められた透はすでに死んでいた。

                             糸冬

574 :水先案名無い人:2005/06/23(木) 22:13:14 ID:pQbUs+010
デドー

575 :水先案名無い人:2005/06/23(木) 23:45:29 ID:dTvXOhv50
 こんな夜更けに、闇とサイレンの中で戦っているのは誰だろう。
 それはオンドゥルとダデャーナだ。ダデャーナは叫ぶオンドゥルを建物の影から見ている。

ダデャーナ 「ナニイテンダ!」
オンドゥル「ダデャーナザン!オンドゥルルラギッタンディスカー!」
ダデャーナ 「ヒドォオチョゲテルトヴットバスゾ!」
ムッコロ「オゥ!林田!」
オンドゥル「ダリナンダアンダイッタイ!」
ダデャーナ「オデノカラダハボドボドダ!」
ムッコロ「オレァクサマヲムッコロス!」
オンドゥル「ウソダ…ウソダドンドコドーン!」
ダデャーナ「ニゴリエースハオレノモノダ!」
ムッコロ「ラメネチャン!」
オンドゥル「ウェェェェェェェェェイ!!」

 ダデャーナはぎょっとして、バイクを全力で走らせた。叫ぶオンドゥルを両腕に抱え、やっとの思いでBORDに着いた・・・
 腕に抱えられたオンドゥルはすでにアンデッドになっていた。だが私は謝らない。



576 :水先案名無い人:2005/06/24(金) 01:12:13 ID:Pznx/zkV0
こんな夜更けにやらないか。


父親はぎょっとして、馬を全力で走らせた。あえぐ子供を両腕に抱え、やっとの思いで館に着いた・・・
こんなわけで僕の初めてのハッテン場体験はクソミソな結果に終わったのでした…

577 :水先案名無い人:2005/06/24(金) 08:34:02 ID:q2XwLrMg0
>>576
シンプルでワロタ

578 :水先案名無い人:2005/06/25(土) 14:59:02 ID:hyjs9KX40
_ □□    _      ___、、、
  //_   [][]//   ,,-―''':::::::::::::::ヽヾヽ':::::/
//  \\  //  /::::::::::::::::::::::::::::::i l | l i:::::::ミ  こんな夜更けに
 ̄      ̄   ̄/ /:::::::::,,,-‐,/i/`''' ̄ ̄ ̄ `i::;|  
―`―--^--、__   /:::::::::=ソ   / ヽ、 /   ,,|/  闇と風の中に
/f ),fヽ,-、     ノ  | 三 i <ニ`-, ノ /、-ニニ' 」')    
  i'/ /^~i f-iノ   |三 彡 t ̄ 。` ソ ハ_゙'、 ̄。,フ | )  馬を走らせるのは誰だぁっ!!
,,,     l'ノ j    ノ::i⌒ヽ;;|   ̄ ̄ / _ヽ、 ̄  ゙i )  
  ` '' -  /    ノ::| ヽミ   `_,(_  i\_  `i ヽ、 ∧ ∧ ∧ ∧
     ///  |:::| ( ミ   / __ニ'__`i |  Y  Y Y Y Y
   ,-"        ,|:::ヽ  ミ   /-───―-`l  |  //     |
   |  //    l::::::::l\    ||||||||||||||||||||||/  |     // |
  /     ____.|:::::::|    、  `ー-―――┴ /    __,,..-'|
 /゙ー、,-―'''XXXX `''l::,/|    ー- 、__ ̄_,,-"、_,-''XXXXX |
/XX/ XXXXXXXXXX| |         _,  /ノXXXXXXXXXX|


579 :水先案名無い人:2005/06/25(土) 16:09:18 ID:buKIlHR90
>578
不意を突かれた、ワラタ

580 :水先案名無い人:2005/06/25(土) 19:58:28 ID:9Ep4hhWV0
ところで魔王は坊やを連れ去って何をする気なんだろうか

581 :水先案名無い人:2005/06/25(土) 20:01:23 ID:RmrLNxgH0
うほっ

582 :水先案名無い人:2005/06/25(土) 22:10:17 ID:8GZZhnNa0
>>580
神殿を造るドレイ

583 :水先案名無い人:2005/06/25(土) 22:40:47 ID:igXuPfZkO
ぬわ――――っ!

584 :水先案名無い人:2005/06/25(土) 23:02:03 ID:+GZuz4Yf0
>>580
敷地内のテーマパークで好き放題遊ばせたりおもちゃ屋を買い占めたりする代わりに、
一緒にベッドで寝るのさ

585 :水先案名無い人:2005/06/25(土) 23:09:34 ID:+M2cTFWz0
 こんな夜更けに、観客席で声援を上げるのは誰だろう。
 それは父と子だ。父は引いてる子を煽ろうと必死である。

父   「息子よ、なぜ顔を隠すのだ」
子   「お父さんにはマイコーが見えないの。股間に手を当てて、ポオォォォーーォウ!って叫んでる・・・」
父   「あれは普通の振り付けだ・・・」
マイコー 「かわいい坊や、一緒においで。面白い遊びをしよう。岸辺にはきれいな花が咲いているし、金の服を私の母さんがたくさん用意して待っているよ。」
子  「お父さん、お父さん!きこえないの。マイコーがぼくになにかいうよ。」
父  「落ち着きなさい、マイクパフォーマンスをしているだけだよ。」
マイコー 「いい子だ、私と一緒に行こう。私の少年たちがもてなすよ。お前をここちよくゆすぶり、踊り、歌うのだ。」
子 「お父さん、お父さん!見えないの、あの暗いところに買われた少年が!」
父 「見えるよ。だが、あれはネバーランドで遊んでるだけの子供だよ。」
マイコー「愛しているよ、坊や。お前の美しい姿がたまらない。力づくでもつれてゆく!」
子 「おとうさん、おとうさん!マイコーがぼくをつかまえる!マイコーがぼくをひどい目にあわせる!」

 父親はぎょっとして、ステージから全力で遠ざかった。あえぐ子供を両腕に抱え、やっとの思いで自宅に着いた・・・
 腕に抱えられた子はすでにポオォォォーーォウ!!

586 :水先案名無い人:2005/06/25(土) 23:23:36 ID:jwQm7uq60
こんな夜更けに、闇と風の中に馬を走らせるのはだろう。
それはレーニンとトロツキーだ。レーニンはおびえるトロツキーをひしと抱きかかえている。

レーニン   「トロツキーよ、なぜ顔を隠すのだ」
トロツキー   「レーニンにはスターリンが見えないの。星のバッジをつけて、髭をたくわえている・・・」
レーニン   「あれは岡田真澄だ・・・」

ここまで考えた

587 :水先案名無い人:2005/06/25(土) 23:24:58 ID:+M2cTFWz0
>>586
岡田真澄メチャクチャワロタ
マジでビスコタこぼしてべたべとになってしもたので謝罪と賠償を(ry

588 :水先案名無い人:2005/06/25(土) 23:45:01 ID:3eRs2PmV0
>>587
落ちつけ

589 :水先案名無い人:2005/06/26(日) 22:21:35 ID:9tbLGj0W0
>>586のネタを三戦板に張ったのは誰だろう

590 :水先案名無い人:2005/06/26(日) 23:14:00 ID:xKOr1NMO0
それは>>595

591 :水先案名無い人:2005/06/26(日) 23:49:41 ID:TgHc3YF/0
>>590
落ちつけ

592 :水先案名無い人:2005/06/27(月) 05:06:31 ID:TBPAaro60
>>519
落ちつけ

593 :水先案名無い人:2005/06/27(月) 06:30:26 ID:UZ8OEfZf0
>>592
お前こそ落ちつけ

594 :水先案名無い人:2005/06/27(月) 11:01:47 ID:1Q7TzyyZ0
これは私が体験した真の体験です。
夜更けに、息子と馬を走らせていました。
すると前方から、なんと形容すればいいやら、
例えるなら魔王とでも言おう存在が突進してきました。
私は無我夢中で息子を突き飛ばし、
「斬るなら俺を斬れ!!!俺の命で済むなら・・・安い物ッ!!」と
無意識の内に叫んでいたそうです(息子・談)
すると私の身体から光のモヤみたいなものが飛び出し、
うーん、これも形容しづらいんですけど、白き翼をたたえた騎士、とでもいうような形に成りました。
白の騎士は魔王を光りの剣のようなもので断ち切り、私に向き直り
「真の勇気、しかと見届けた」と呟き、消えさりました。

あれは私の守護精霊のようなモノだったのでしょうか?
まあ、館に着いたときには腕に抱えていた息子はすでに死んでいたんですけどね。

595 :たなびく魔王:2005/06/27(月) 12:49:35 ID:/WdYK8HgO
>>519
ごめん

596 :水先案名無い人:2005/06/27(月) 16:24:23 ID:OIyRhfG80
 こんな夜更けに、闇と風の中に馬を走らせるのは誰だろう。
 それは父と子だ。父はおびえる子をひしと抱きかかえている。

父   「息子よ、なぜ顔を隠すのだ」
子   「お父さんには魔王が見えないの。かんむりをかぶって、長い衣を着ている・・・」
父   「あれはたなびく霧だ・・・」
魔王 「かわいい坊や、一緒においで。面白い遊びをしよう。岸辺にはきれいな花が咲いているし、金の服を私の母さんがたくさん用意して待っているよ。」
J( 'ー`)し「たかしへ げんきですか。いまめーるしてます」
魔王「うるさい死ね メールすんな殺すぞ」
子  「お父さん、お父さん!きこえないの。魔王がカーチャンになにかいうよ。」
父  「落ち着きなさい、枯葉が風にざわめいているだけだよ。」
J( 'ー`)し「ごめんね。おかあさんはじめてめーるしたから、ごめんね」
魔王 「うるさいくたばれ、メールすんな」
子 「お父さん、お父さん!見えないの、あの暗いところに魔王のカーチャンが!」
父 「見えるよ。だが、あれは古いしだれ柳の幹だよ。」
J( 'ー`)し「お金ふりこんでおきました。たいせつにつかってね 食事はしていますか?」
魔王「死ねくそ女」
子 「おとうさん、おとうさん!魔王が母親に親不孝している!息子が母親にひどい言葉を吐いている!」

 父親はぎょっとして、馬を全力で走らせた。あえぐ子供を両腕に抱え、やっとの思いで館に着いた・・・
 母親に孝行しようとした時には親はすでに亡くなっていた。


597 :水先案名無い人:2005/06/27(月) 20:04:18 ID:cF9CM/9E0
「魔王」 作詞 リー・アーメイ 作曲 米国海兵隊

【いちばん】

子供とパパはお馬でポクポク

子供がおびえて こう言った

「あそこに! 魔王が!」

「こわいよ」

おまえにはわろし

俺にはよし

うん よし

598 :水先案名無い人:2005/06/27(月) 20:08:00 ID:cF9CM/9E0
【にばん】

闇夜と共に起き出して

走れと言われて一日走る

父親のおめめはろくでなし

柳の幹 枯葉 たなびく霧

【さんばん】

可愛い少年が大好きな

俺が誰だか教えてよ

オーストリアの魔王!

俺の愛する魔王!

俺の魔王!

貴様の魔王!

我らの魔王!

大魔王!

599 :水先案名無い人:2005/06/27(月) 20:09:03 ID:cF9CM/9E0
【よんばん】

娘から聞いた話では

子供のフランクは冷凍チン庫

うん よし

感じよし

堅さよし

すべてよし

味よし

すげえよし

おまえによし

俺によし


600 :水先案名無い人:2005/06/27(月) 20:11:19 ID:cF9CM/9E0
【ごばん】

スカした美少女 もういらない

俺の彼氏はあの子供

もし森でさらったら

娘と一緒に帰還する

岸辺に花 飾り付け

ママも着せてよ 見事な金の服!

601 :水先案名無い人:2005/06/27(月) 21:08:12 ID:JUBaRAHz0
さんばんは無いの?

602 :水先案名無い人:2005/06/27(月) 21:18:16 ID:OSysGQQH0
あるだろ
どこ見てんだ

603 :水先案名無い人:2005/06/27(月) 21:32:17 ID:jKqNflsP0
>>602
落ち着きなさい、あれは古いしだれ柳の幹だ・・・

604 :水先案名無い人:2005/06/27(月) 21:39:08 ID:tLjLK3oq0
         〃∪'´ ̄`二二人\  ヽ
         | ツ´ ̄ ̄ ̄ ̄´ ヾ ヽ. ',
         |ハ ,ニ、   ,. - 、 | | | l |
         | ハ ィハ     ,二ヽ. | | | | | 同じ板にコピペするとそのままだけど、
         | | | じ'   |トJ〉  /)} l | 違う板にコピペすると鬼のような怖い顔
         | ハ  、'_,   ̄,, 厶イ川| に変わる摩訶不思議な佳子様コピペ。
         l l /\    .. イV\川 |
         ,' l l ,イ `l ̄´ /   /ヽl l
         l | l ハ  `メ、    〃  ヽヽ、__ノ
         l  ∨ └‐イ「ト--ァ'´     ハヽ__ノ
         ヽ/  }  l」」 /     / }`ー
          〈_n| 八   / /     /ノ
          〈二二人 c /\/ / , イ
           /  /厂 /\__>< {_

605 :水先案名無い人:2005/06/27(月) 23:54:15 ID:N8Upp5Un0
>597-600
マイコー魔王吹いた
ネバーランドに連れて行かれそうだ

606 :水先案名無い人:2005/06/28(火) 04:21:02 ID:5wGyDV/50
>>585
>腕に抱えられた子はすでにポオォォォーーォウ!!

どういう状態だよワロスww

607 :水先案名無い人:2005/06/28(火) 11:36:46 ID:5Wbwwb3c0
>596
俺が泣いた

608 :水先案名無い人:2005/06/29(水) 23:20:44 ID:QTVYsXef0
>>596
上手いこと融合させているが、悲しすぎる・・・。

609 :水先案名無い人:2005/06/29(水) 23:54:50 ID:FFln3iQ50
>>573
久々に来て感動した。うまいな

610 :水先案名無い人:2005/06/30(木) 06:12:36 ID:48f/2rVd0
>>608
魔王、カーチャンに金の服用意させといてなんというひどい扱いを・・・

611 :水先案名無い人:2005/06/30(木) 13:15:55 ID:pevwAC3j0
 こんな夜更けに、闇と風の中に馬を走らせるのは誰だろう。
 それは父と子だ。父はおびえる子をひしと抱きかかえている。

父   「息子よ、なぜ顔を隠すのだ」
子   「お父さんには魔王が見えないの。デュアルショックを股間に当てている・・・」
父   「父もショックだ・・・」
魔王 「かわいい坊や、一緒においで。面白い遊びをしよう。テレビには平八が映し出されているし、終始無抵抗で殴られ続けているよ。」
子  「お父さん、お父さん!見えないの。魔王と目が合ったよ。」
父  「落ち着きなさい、まずパンツを穿いてほしいよ。」
魔王 「いい子だ、私と一緒に探そう。私のパンツが見つからないよ。行為を見られたことに驚き、焦り、動揺しているのだ。」
子 「お父さん、お父さん!見えないの、あの脚に引っ掛けたままのパンツが!」
父 「見えるよ。だが、床に投げ出されたコントローラーがなおも振動を続けているよ。」
魔王「もう隠しようがないよ、坊や。この気まずい空気がたまらない。笑ってでもごまかす!」
子 「おとうさん、おとうさん!魔王が鉄拳3を選ぶ!魔王のセンスを評価する!」

 父親はぎょっとして、馬を全力で走らせた。あえぐ平八のKO負けを見届け、やっとの思いで館に着いた・・・
 魔王の醜態に腕に抱えられた子も一発KOです。

612 :水先案名無い人:2005/06/30(木) 14:46:23 ID:UyUyN4UDO
>「魔王のセンスを評価する!」
ハゲワロスwwwwwww

613 :水先案名無い人:2005/06/30(木) 17:32:09 ID:haID/tk30
妹がデュアルショックを股間にのガイドライン
http://that3.2ch.net/test/read.cgi/gline/1079969619/

614 :水先案名無い人:2005/06/30(木) 23:00:40 ID:T23F30Gp0
>611
2ちゃんで俺を噴飯寸前まで追い詰めたのは、お前が初めてだ。


615 :水先案名無い人:2005/07/01(金) 03:30:29 ID:fOjwJQKA0
>611
徹夜明けで見て吹いた
うまいな・・・

616 :水先案名無い人:2005/07/01(金) 17:02:19 ID:0TfosMPb0
>笑ってでもごまかす!
これいいな

617 :水先案名無い人:2005/07/01(金) 19:16:27 ID:ty/K/BNh0
 こんな木曜日に、洋画劇場をみるのは誰だろう。
 それは父と子だ。父は夜更ししようとする子を説教している。

父   「息子よ、もう寝る時間だ」
子   「お父さんにはアレが見えないの。ジャンジャンとかヴァンヴァンとかいってる・・・」
父   「あれはただのCMだ・・・」
魔王 「ジャンジャンジャジャン ジャンクロード ヴァンヴァンヴァヴァンヴァンヴァヴァンダム!。」
子  「お父さん、お父さん!きこえないの。魔王のテンションがおかしいよ!」
父  「落ち着きなさい、枯葉が風にざわめいているだけだよ。」
魔王 「ヴァンダムがー香港でー筋肉フィーヴァーア!!! WOW!!!」
子 「お父さん、お父さん!見えないの、あの暗いはずの魔王のテンションがやたら高いよ!」
父 「見えるよ。だが、あれは古いしだれ柳の幹だよ。」
魔王「全身の毛穴で受け止めろ! ノックオフ!」
子 「おとうさん、おとうさん!魔王がぼくをつかまえる!魔王がぼくにヴァンダミングアクションを仕込む!

 父親はぎょっとして、魔王を全力で黙らせた。あえぐ子供を両腕に抱え、やっとの思いで館に着いた・・・
 腕に抱えられた子はすでにセガール拳までマスターしていた。


618 :水先案名無い人:2005/07/01(金) 19:58:02 ID:QjFMKMkA0
ウィーンの森で障害者の子に対して暴言をはいた事件です。
障害者の子の近くで見ていた人がその時の様子を簡単に書いています。【実際あったやり取り/マジネタです。】
子供「この僕を連れ去ろうとしてるよ。みんなどう思う?感じ悪いよね〜。」
父「お前らだよカス!息子に迷惑かけんな! さっさと帰れよ!」
魔王「すみません、この娘にどうしても友達を作ってやりたくて・・・」
父「うざ〜〜、息子に迷惑かけんならくんなよ!」
馬「そうだそうだ!帰れよー!」
魔王「本当に申し訳・・(泣)・・・」
父「お前ら帰れ、邪魔邪魔」
娘「父上・・もう帰ろう・・本当にごめんなさい」
魔王「・・・(泣)」

619 :水先案名無い人:2005/07/01(金) 21:41:01 ID:fSqAwMQb0
>>617
ぅノックおぉふっ!!駄目だ腹痛てえ!ww
懐かしいネタできやがり・・くそ・・やられっ・・wwww

620 :水先案名無い人:2005/07/01(金) 21:49:43 ID:uHeBVcd30
>>618
連れ去ろうとしたんなら暴言吐かれて当然だよな

621 :水先案名無い人:2005/07/02(土) 02:59:40 ID:n0CsR0tS0
>>614
噴飯てお前…

622 :水先案名無い人:2005/07/02(土) 21:13:03 ID:zFdb4+SQ0
父   「息子よ、なぜ顔を隠すのだ」
子   「お父さんには魔王が見えないの。かんむりをかぶって、長い衣を着ている・・・」
父「
                  /,.i i.l.i i ヘ
                     l i i i.l.i i i l     __
                 l i i i l i i i l   /     \
                   l i i i⊥i i i l  |ス コ ド あ |
               ├'  |  `┤ ノ │ ン | れ |
                「ij.、_┴_,<|<  プ ソ ピ.は|
                  {N,(・)Y:(・)N} |  だ メ ン  .l
                    _rイヘ}::::;::^r/[、 !  .:   グ. /
          r 、  /l::::{フベ三'イrノ::ト、_        /
        _l ├‐'_ ..:.ヽ::>、rr<:::ノ:.:.:...`ーr―‐く
      /  l :.l::..::...:>:.:、 ̄!Yi ̄_r‐、/:.:... .:.:` __:.._ヽ
          .::.l ::|:. .´.. :: ..: ::` !:::l: . :: :: ::: .:. _( : ノ: :: :.::ヘ
       \::::!.:.l: :: ... _ ::、 ⌒:::r‐ク........ :.ヽ)r: :.:ノ::..:|
          .:::ヽl.:::!..::/..::::ノ: __)!:...ヘr:: :::___:::::::::::ト、.. ::_:::|
       `:.:::.r‐:し' .::/:.___::::1:.. :.:. .: .:--::::::::/: . : : :.ハ
       :.: ::: .:.:.:./---:::::::,小、::::::::::::::::::::::/:. : : .: /:.:.ハ
       :. ::.:.:.:__ノ`ー┬‐‐仁フ^ー‐┬―‐ハ: .: .:.:.!: .ノ〈
        ̄ ::::::!ヽ: .: . :l ̄`ー1: --ヘ:.l: :::::::l: : 「⌒:.:!:: :::::〉
       : : : /  ヽ!ヘ:l: ー‐ヘ〉ー‐ヘ:l: l/{!:./: .:.:::/r':.::/
       :::.ノ    ヽ:`ー―‐!r‐‐、ノ::::!  ヽ!:..::/::l:.::/  」

623 :水先案名無い人:2005/07/02(土) 22:16:52 ID:S4gDvZ6m0
 こんな夜更けに、城の中で大暴れしているのはだろう。
 それはヒーローだ。ヒーローはおびえるヒロインの手をつないでいる。

ヒーロー「ヒロインよ、なぜ手を離さないのだ」
ヒロイン「ヒーローにはジュリアスが見えないの。髪が立ってて、口元をヴェールで覆っている・・・」
ヒーロー「あれは場違いなFF4のエッジだ・・・」
ジュリアス「かわいいヒロイン、一緒においで。面白い遊びをしよう。滝の先にはきれいな樹がたっているし、偉大なる力を君の母さんがたくさん蓄えて待っているよ。」
ヒロイン「ヒーロー、ヒーロー!きこえないの。ジュリアスがわたしになにかいうよ。」
ヒーロー「落ち着きなさい、イトケンの音楽だよ。」
ジュリアス「いい子だ、私と一緒に行こう。私の手下たちがもてなすよ。お前に洗礼を浴びせ、わが妃となるのだ。」
ヒロイン「ヒーロー、ヒーロー!見えないの、あの暗いところにジュリアスの手下が!」
ヒーロー「見えるよ。だが、あれは取り損ねたバグだよ。」
ジュリアス「愛しているよ、ヒロイン。お前の美しい姿がたまらない。洗脳してでもつれてゆく!」
ヒロイン「ヒーロー、ヒーロー!ジュリアスがわたしをつかまえる!ジュリアスがわたしをひどい目にあわせる!」

 ヒーローはぎょっとして、シャドウナイトを全力で始末した。あえぐヒロインを後ろに下がらせ、やっとの思いで勝負に勝った・・・
 下がったヒロインはまたさらわれた。

624 :水先案名無い人:2005/07/02(土) 22:46:19 ID:Y/abqf8U0
ワロスw


625 :水先案名無い人:2005/07/03(日) 10:25:03 ID:DeXLj/hk0
ナツカシス
聖剣ってデフォ名ないんだっけか

626 :水先案名無い人:2005/07/03(日) 16:26:46 ID:g4WqQoCv0
    世間で有名なほう: 新(糞)約聖剣伝説
世間で有名じゃないほう: ファイナルファンタジー外伝 聖剣伝説

627 :水先案名無い人:2005/07/03(日) 17:29:07 ID:capndx9k0
外伝(笑)

628 :水先案名無い人:2005/07/03(日) 23:20:49 ID:64y59tvO0
>あれは取り損ねたバグだよ
「坂口さん、坂口さん!ナーシャがバグを入れまくる!聖剣2がクリアできない!」

デバッガはぎょっとして、バグを全力で駆逐した・・・あえぐテストプレイヤーを家に帰らせ、やっとの思いで出荷した・・・

出荷された聖剣2はやっぱりバグだらけだった。

629 :水先案名無い人:2005/07/04(月) 23:31:41 ID:Fdo10t4J0
1月3日に、湘南の風の中を並列して走っているのは誰だろう。
それは駒大と早稲田だ。駒大は耳を塞ぐ早稲田に疑問を持っている。

駒大  「なぁ早稲田、なんで耳を塞ぐんだ」
早稲田 「お前は徳光を知らないのか。復路8区で、声を張り上げている・・・」
駒大  「あぁ、あれはただのジャイアンツ親父だ・・・」
徳光 「さぁ頑張れ早稲田!古豪復活だ。そのまま突き進め。湘南のきれいな海が見えているし、
    エンジのユニフォームを君の母さんも見守っているぞ!」
早稲田「駒大、駒大!きこえただろ。徳光がぼくになにかいったよ。」
駒大  「落ち着けよ、浜風がざわめいているだけだよ。」
徳光 「いいぞ駒大!五連覇まっしぐらだ。私の孫たちも見ているぞ。君をここちよく応援し、勇気を与えるのだ。」
早稲田 「駒大、駒大!見えただろ、ギャラリーの最前列に徳光の孫が!」
駒大 「見えたよ。けど俺は徳光の孫の顔なんか知らないし。」
徳光「愛しているよ、立教。何で自分の母校が出てないのかわからない。俺が力づくでも出る!」
早稲田 「駒大、駒大!徳光が立教のユニフォームを着ている!徳光が駅伝をむちゃくちゃにする!」

駒大と早稲田はぎょっとして、全力でスパートをかけ、あえぐ早稲田とともに、やっとの思いで中継所に着いた・・・
徳光はその後警察に捕まり、翌日の駒大五連覇の記事を台無しにした。

630 :水先案名無い人:2005/07/05(火) 00:47:23 ID:J5EPZiqY0
>>629
徳光魔王テラワロスwwww

631 :水先案名無い人:2005/07/05(火) 09:27:21 ID:T8YKeMsT0
>>629
復路8区で駒大と並走とは・・・
早稲田もやるな

632 :水先案名無い人:2005/07/06(水) 02:09:52 ID:wT4ZQwfv0
箱根駅伝とは意表を突かれたw

>>631
リアルではこのところシード権もおぼつかないのになw

633 :水先案名無い人:2005/07/06(水) 22:55:42 ID:Xb0Tk10F0
 こんな夜更けに、闇と風の中に馬を走らせるのは誰だろう。
 それは兄と妹だ。兄はおびえる妹をひしと抱きかかえている。

兄   「妹よ、なぜ顔を隠すのだ」
妹   「お兄さんには魔王が見えないの。かんむりをかぶって、長い衣を着ている・・・」
兄   「あれはたなびく霧だ・・・」
魔王 「かわいい娘や、一緒においで。面白い遊びをしよう。岸辺にはきれいな花が咲いているし、金の服を私の母さんがたくさん用意して待っているよ。」
妹  「お兄さん、お兄さん!きこえないの。魔王がわたしになにかいうよ。」
兄  「落ち着きなさい、枯葉が風にざわめいているだけだよ。」
魔王 「いい娘だ、私と一緒に行こう。私の娘たちがもてなすよ。お前をここちよくゆすぶり、踊り、歌うのだ。」
妹 「お兄さん、お兄さん!見えないの、あの暗いところに魔王の娘が!」
兄 「見えるよ。だが、あれは古いしだれ柳の幹だよ。」





議長「シン、君は少し感が鈍すぎではないかね?」

シン「…なんで議長まで、同じ馬に乗ってるんだーーーー!!!!」

634 :水先案名無い人:2005/07/07(木) 01:52:47 ID:guurCHKd0
シードフレッツ吹いた。

635 :水先案名無い人:2005/07/07(木) 06:36:30 ID:R9ggv+0hO
ギャル文字ネタって既出?

636 :水先案名無い人:2005/07/07(木) 12:38:14 ID:7H3cEHPE0
魔王っているの?

いないよ派─┬─見間違いだよ派
          │    │
          │    ├─ たなびく霧だよ派(気象現象派)
          │    │
          │    ├─ 風にざわめく枯れ葉だよ派(気象現象と植物の複合派)
          │    │
          │    └─ 古いしだれ柳の幹だよ派(植物派)
          │
          ├─ 子供は嘘をついているよ派
          │    │
          │    └─ 子供はネタ職人だよ派(2ちゃんねらー派)
          │
          └─幻覚だよ派
               │
               ├─ 薬物の禁断症状だよ派(薬物中毒派)
               │
               └─ 父親の気をひきたいだけだよ派(精神分析派)

637 :水先案名無い人:2005/07/07(木) 12:39:52 ID:7H3cEHPE0
いるよ派─┬─ 子供が怯えるよ派
        │  │
        │  ├─ かんむりをかぶって、長い衣を着ているよ派(衣服派)
        │  │
        │  └─ 子供に何か言うよ派
        │      │
        │      ├ 面白い遊びをするよ派(遊興派)
        │      │
        │      └ 岸辺にはきれいな花が咲いているよ派(お花畑派)
        │
        ├─ 母親もいるよ派
        │  │
        │  └─ 金の服を沢山用意しているよ派(懐柔派)
        │
        ├─ 娘もいるよ派
        │  │
        │  ├─ 心地良くゆさぶるよ派(あやす派)
        │  │
        │  ├─ 踊るよ派(舞踊派)
        │  │
        │  └─ 歌うよ派(歌唱派)
        │
        └─ 力ずくでも連れていくよ派
           │
           ├ 子供を捕まえるよ派(未成年略取派)
           │
           ├ 子供を酷い目に遭わせるよ派(幼児虐待派)
           │
           └ 子供はすでに死んでいたよ(殺人派)

638 :水先案名無い人:2005/07/07(木) 12:46:16 ID:7H3cEHPE0
そんなことより>>636-637から続けて読んでくれ。
この間夜更けに、闇と風の中に馬を走らせてたんですよ。
そしたらなんか息子が魔王がいるとか言っているんです。
で、よく見たらなんか霧が出てきて、たなびいてるんです。
もうね、アホかと。馬鹿かと。
お前な、霧がたなびいてる如きで顔を隠してんじゃねーよ、ボケが。
たなびく霧だよ、霧。
なんかかんむりをかぶって、長い衣を着ているとか言ってるし。変なメーテルか。おめでてーな。
面白い遊びをしよう。岸辺にはきれいな花が咲いているし、金の服を私の母さんがたくさん用意して待っているよ、とか言ってるの。もう聞いてらんない。
お前な、枯葉が風にざわめいているだけなんだから、落ち着け。
魔王ってのはな、もっと殺伐としてるべきなんだよ。
馬の鞍に座った奴といつ子供の奪い合いが始まってもおかしくない、
逃げるか殺されるか、そんな雰囲気がいいんじゃねーか。魔王の娘供は、すっこんでろ。
で、やっと落ち着いたかと思ったら、息子が、魔王がぼくをつかまえる! 魔王がぼくをひどい目にあわせる! とか言ってるんです。
そこでまたぶち切れですよ。
あのな、魔王なんてきょうび流行んねーんだよ。ボケが。
おびえた顔して何が、魔王だ。
お前は本当に魔王がいると思っているのかと問いたい。問い詰めたい。小1時間問い詰めたい。
お前、魔王って言いたいだけちゃうんかと。
魔王通の俺から言わせてもらえば今、魔王通の間での最新流行はやっぱりしだれ柳、これだね。
古いしだれ柳の幹。これが通のなだめ方。
しだれ柳ってのは枝が多めに垂れてる。そん代わり人の姿に見える。これ。
で、古臭い。これ最恐。
しかし子供のいうことを無視すると次から力ずくで連れて行かれるという危険も伴う、諸刃の剣。
父親にはお薦め出来ない。
まあお前、馬を全力で走らせてなさいってこった。

投下したネタは、すでに死んでいた。

2ちゃんねるの死語と死AAのガイドライン
http://that3.2ch.net/test/read.cgi/gline/1096625866/

639 :水先案名無い人:2005/07/07(木) 23:28:17 ID:36YVo2380
 こんな夜更けに、闇と風の中を走るのはだろう。
 それは神のGTOだ。

640 :水先案名無い人:2005/07/09(土) 14:01:03 ID:1N8OdS4q0
 こんな夜更けに、闇と風の中に馬を走らせるのはダルダろう。

641 :水先案名無い人:2005/07/09(土) 16:45:00 ID:Hm7rgTPy0
ゴンナヨヴゲルャヴィドゥカデドナカルルバオ゙バジラゼヅドバダリディスカ-!!



642 :水先案名無い人:2005/07/09(土) 19:54:50 ID:jcUBtDBF0
子供は恐怖した。
必ず、かの邪知暴虐の魔王を除かなければならぬと決意した。
子供には少年愛がわからぬ。子供は、父の一人息子である。
笛を吹き、馬と遊んで暮して來た。けれども魔王に対しては、人一倍に敏感であった。

643 :水先案名無い人:2005/07/09(土) 22:00:34 ID:uomku9Y50
>>511
>「父もショックだ・・・」
ワロス

644 :水先案名無い人:2005/07/09(土) 22:07:25 ID:voDtL+ve0
>>642
獏かよ!w

645 :水先案名無い人:2005/07/09(土) 22:44:32 ID:hwILPviQ0
>>644
太宰だよw

646 :水先案名無い人:2005/07/09(土) 23:00:25 ID:iAemXMvu0
シューベルト「父親失格」

647 :水先案名無い人:2005/07/09(土) 23:57:36 ID:FQx/v+Kt0
シューベルトがあらわれた!
シューベルトはパルプンテをはなった!
シューベルトのゆうじんがあらわれた!
ゆうしゃのこうげき!シューベルトは まおう をとりだした!
シューベルトはこちらのようすをうかがっている
ゆうしゃのこうげき!シューベルトはつくえのほうをむいてしまった!
シューベルトのさっきょく!シューベルトはゆうじんをもむししてさっきょくしだした!
ゆうしゃのこうげき!シューベルトはさっきょくしている!
シューベルトのさっきょくがはやくなりだした!
ゆうじんのつぶやき!しかし シューベルトはむしした

友人は腹いせに、ギガディンを唱えた。途中で邪魔されながらも、やっとの思いで唱え終わった・・・
机に向かっていたシューベルトは既に作曲し終えていた。


ドラクエの戦闘シーンなんて覚えてねえよorz

648 :水先案名無い人:2005/07/10(日) 02:36:55 ID:TZ0VxdZ80
おきのどくですが、
ぼうけんのしょ1 はすでに死んでいた。

649 :水先案名無い人:2005/07/10(日) 03:01:31 ID:CgTkpzM90
ttp://www.ongakushitsu.net/NENPYO/04/SCHUBERT/TUNES/erlkonig.html
ぶつ切りだけど・・・

650 :水先案名無い人:2005/07/12(火) 01:20:14 ID:nqaXPYrz0
こんな夜更けに、闇と風の中に馬を走らせるのは誰だろう。
 それは父と子だ。父はおびえる子をひしと抱きかかえている。

父   「息子よ、なぜ顔を隠すのだ」
子   「お父さんにはYAZAWAが見えないの。マイクを持って、素肌にジャケットを着ている・・・」
父   「あれはたなびく霧だ・・・」
YAZAWA 「夜中に馬で疾走?いいじゃない。いい感じじゃない。。」
子   「お父さん、お父さん!きこえないの。YAZAWAがぼくになにかいうよ。」
父   「落ち着きなさい、枯葉が風にざわめいているだけだよ。」
YAZAWA 「何てゆうの?こう、若い人達の情熱?魂の叫びって感じ?疾走するソウル
     ってゆうの?そういうのYAZAWA、嫌いじゃないんだよね。」
子   「お父さん、お父さん!見えないの、あの暗いところにステージが!」
父   「見えるよ。だが、あれは古いしだれ柳の幹だよ。」
YAZAWA 「まぁ、君達にも走り続けるYAZAWAを応援してほしいわけよ。それじゃ、YAZAWAでした。ヨロシク!」
子   「おとうさん、おとうさん!YAZAWAがぼくをつかまえる!YAZAWAがぼくをロックにしようとする!」

 父親はぎょっとして、馬を全力で走らせた。あえぐ子供を両腕に抱え、やっとの思いで館に着いた・・・
 腕に抱えられた子はすでにサクセスしていた。


651 :水先案名無い人:2005/07/12(火) 05:36:58 ID:mRxxYTYb0
>>650
サクセスしたならめでたしだなwww

652 :水先案名無い人:2005/07/12(火) 16:40:33 ID:nWJF6A+z0
親愛なるお父さんへ。

無事生還おめでとう。君がこれを読むときは、
おそらくぼくはもうこの世にいないだろう。
だから、プレゼントの代わりに聞いて欲しい。
お父さん、いいか、決して誰も恨むな。
ぼく、思うんだ。たなびく霧も、枯葉が風にざわめくのも、
最初は魔王を信じない気持ちから生まれたんだって。
悲しいことに、魔王の声は時としてお父さんに届かず、
ぼくが屍に姿を変えることもあるだろう。
そんなときは、あの夜更けの時を思い出して欲しい。
魔王の母が待っていても魔王の娘がもてなしても、真っ直ぐにしか帰れなかったあの時を。
どうか、馬を全力で走らせ続けてくれ、お父さん。
あえぐ子供を離さず、真っ直ぐに館を目指して。
お前に出会えて、本当に幸せだった。

お父さんの息子、永遠にお父さんの心とともに。

653 :水先案名無い人:2005/07/12(火) 18:56:56 ID:JA2T6UOI0
>>652
息子(つД`)

654 :水先案名無い人:2005/07/12(火) 20:05:23 ID:IsTOzS6U0
こんな夜更けに、東京に車を走らせるのはだろう。
それは父と子だ。父はおびえる子をひしと抱きかかえている。

父   「息子よ、なぜ顔を隠すのだ」
子   「お父さんには又吉が見えないの。街宣車に乗って、甲高い声でわめいている・・・」
父   「あれは沖縄の恥だ・・・」
又吉 「かわいい坊や、社会状況が来るべき所まで来た!むちゃくちゃで、瀕死の社会状態になっている!」
子  「お父さん、お父さん!きこえないの。又吉がぼくになにかいうよ。」
父  「落ち着きなさい、むちゃくちゃなのはあいつだよ。」
又吉 「いい子だ、私と一緒に世界経済共同体党に入るべきである!私の妻たちがもてなす!父は腹を切って死ぬべきである!」
子 「お父さん、お父さん!見えないの、あの暗いところに又吉の奥さんが!」
父 「見えるよ。何が楽しくて付き合ってんだか」
又吉「愛しているよ、坊や。坊やはただ政党に入る者ではない!唯一神又吉イエスが、力づくでもつれてゆく者である!」
子 「おとうさん、おとうさん!又吉がぼくをつかまえる!又吉がぼくを無理やり入党させる!」

 父親はぎょっとして、車を全力で走らせた。あえぐ子供を両腕に抱え、やっとの思いで家に着いた・・・
 腕に抱えられた子はすでに詳しい事を広報で熟知していた。

655 :水先案名無い人:2005/07/12(火) 20:07:22 ID:mbGKovAHO
>>654
又吉ときたか

656 :水先案名無い人:2005/07/12(火) 20:27:42 ID:fF4XT7TK0
>>654
ワロス

657 :水先案名無い人:2005/07/12(火) 20:34:21 ID:X2uShvha0
>>652
それなんだったっけ

658 :水先案名無い人:2005/07/13(水) 01:48:45 ID:y8YdPYao0
>657
アニメ「厳窟王」

659 :水先案名無い人:2005/07/13(水) 06:51:45 ID:21EgwCMc0
>>654
ワロタw

660 :水先案名無い人:2005/07/13(水) 17:21:48 ID:4/23I1yV0
うっお―――っ!! くっあ―――っ!! かわいい坊や―――っ!
馬の速さはまだ出るぜ――っ!!てめぇ… 見えねえのか?
この世に魔王はいねぇ!先入観のはいった頭なら―― どんなもんでも見間違うぜーっ!!!!
う… ぎゃああーっ!! ごが ごががあっ!!ぜったいひどい目にあわされるから!!
誘惑殺法か!自分の手で力づくでもさらおうとするてめぇこそ魔王じゃねぇだろ
男なら闇と風の中に馬を走らせんかい!なにが魔王だ 息子の認識はでたらめだよ エルケーニヒ!!
わたしは逃しませんよーっ!こんな娘じゃあ 柳にしか見えねえぞ――っ!!
て…てめえは父親じゃねぇ…な… チ…父親なら… 息子を疑うようなマネはし…ねえ…
いったいあれはなにモンだ―――っ!?それは父と子だーっ!?
鈍感な父親が魔王一家に勝てるわけがない!!
枯葉がざわめいているだけからね うっぎゃああっ!やかましい!
すげえ服をもってやがる うげら!!んなら何で顔隠すのか言ってみろやーっ!!!!
なめんじゃねえ… あれは魔王の娘だ 適当に答えるんじゃねえ――っ!!!
坊やはきみと母さんにまかせる シューベルトの作曲だーっ!!
いったいなんの遊びだよてめ―――っ!!あんなあえぎ方をするわきゃね―――っ!!
おもいあがるんじゃね―――っ!!う… ぎゃああーっ!!
悪いな お前の美しい姿がたまらねぇ そいつはできねぇ相談ってもんだ
うぎゃっ うぎゃっ うぎゃーっ!!子はすでに死んでいた!

661 :水先案名無い人:2005/07/13(水) 19:28:13 ID:CPPEyADw0
>あれは沖縄の恥だ
>むちゃくちゃなのはあいつだよ
>何が楽しくて付き合ってんだか

テラワロス

662 :水先案名無い人:2005/07/14(木) 18:08:03 ID:bQ4q0DEZ0
>>660
まるで知性をかんじますよ

663 :水先案名無い人:2005/07/15(金) 08:05:13 ID:wNVWkidI0
とうちゃん、魔王が来たよ!

664 :水先案名無い人:2005/07/15(金) 16:51:17 ID:yGxER4vW0
息子よそれは別れた妻だ

665 :水先案名無い人:2005/07/15(金) 17:19:25 ID:YPMo0yCv0
リレーっぽくするとおもしろいかもな

666 :水先案名無い人:2005/07/15(金) 17:38:25 ID:5OjRO4F80
666ゲットで魔王襲来

667 :水先案名無い人:2005/07/15(金) 17:42:48 ID:D92DU5jT0
誰かフジの青嶋アナで書いてくれないか。

668 :水先案名無い人:2005/07/15(金) 21:54:40 ID:VgFYjYjW0
父   「息子よ、なぜ顔を隠すのだ」
子   「お父さんには王子が見えないの。を顔が横に長くて、緑色をしてる・・・」
父   「あれはただの虫だ・・・」
魔王 「かわいい坊や、一緒においで。面白い遊びをしよう。塊にはきれいな花が咲いているし、夜空の星々を私の父さんがたくさん夜空に浮かべて待っているよ。」
子  「お父さん、お父さん!きこえないの。王子がぼくになにかいうよ。」
父  「落ち着きなさい、枯葉が風にざわめいているだけだよ。」
魔王 「いい子だ、私と一緒に行こう。私のイトコたちがもてなすよ。お前をここちよくゆすぶり、踊り、歌うのだ。」
子 「お父さん、お父さん!見えないの、あの暗いところに王子のイトコが!」
父 「見えるよ。だが、あれは背景の一部だよ。」
魔王「愛しているよ、坊や。お前の大きさがたまらない。力づくでもつれてゆく!」
子 「おとうさん、おとうさん!王子がぼくを巻き込む!王子がぼくを星にする!」

 父親はぎょっとして、馬を全力で走らせた。あえぐ子供を両腕に抱え、やっとの思いで館に着いた・・・
 巻き込まれた子はシアワセニナリマス。

669 :水先案名無い人:2005/07/16(土) 11:47:35 ID:d8e8oY3u0
父   「息子よ、なぜ顔を隠すのだ」
子   「お父さんには青嶋が見えないの。インカムをして、メガネをかけている・・・」
父   「あれはたなびく霧だ・・・」
青嶋 「鉛色の空を切り裂くように走り抜ける1頭の馬in中山。」
子  「お父さん、お父さん!きこえないの。青嶋がぼくになにかいうよ。」
父  「落ち着きなさい、枯葉が風にざわめいているだけだよ。」
青嶋 「200を通過した!おーそとシーキング!おーそとシーキング!」
子 「お父さん、お父さん!見えないの、後ろのほうで馬上ダンスが!」
父 「見えるよ。だが、あれは親の七光りでがんばる二世騎手だよ。」
青嶋 「これは微妙!しかし審議です!レースそのものが審議!勝ち馬投票券は捨てずにお持ちください!」
子 「おとうさん、おとうさん!青嶋がぼくをつかまえる!青嶋がぼくに絶叫を聞かせる!」

 父親はぎょっとして、外国産ずが馬を全力で走らせた。あえぐ子供を両腕に抱え、やっとの思いで館に着いた・・・
 腕に抱えられた解説は吉田均さんです。

670 :水先案名無い人:2005/07/16(土) 14:04:10 ID:0JFS7Wx90
競馬ワロス

671 :水先案名無い人:2005/07/16(土) 19:24:40 ID:4p798ff10
魔王のシーン、X-FILESの冒頭のシーンに使えそう

672 :水先案名無い人:2005/07/16(土) 23:06:59 ID:Bn7Ej6hU0
某ACスレより。04好きにはたまらんw

52 名前:名無しさん@弾いっぱい[sage] 投稿日:2005/07/16(土) 22:40:44 ID:OhTaNCaT
 こんな夜明けに、闇と風の中に編隊を組んでいるのは誰だろう。
 それは黄色中隊だ。ジーンはおびえるジャン・ルイにひしと寄り添っている。

ジーン ≪ジャン・ルイよ、なぜ敵にケツを向けるのだ≫
ジャン・ルイ ≪ジーンにはX-02が見えないの。リボンのエンブレムをつけて、QAAMを16発も装備している・・・≫
ジーン ≪あれは味方機のたなびく煙だ・・・≫
メビウス1 ≪かわいい坊や、一緒においで。面白い空戦をしよう。こっちは全機リボン付きだし、補給基地が特殊兵装をたくさん用意して待っているよ。≫
ジャン・ルイ ≪ジーン、ジーン!きこえないの。メビウス1がぼくになにかいうよ。≫
ジーン ≪落ち着きなさい、隕石が風にざわめいているだけだよ。≫
メビウス1 ≪いい子だ、私と一緒に戦ろう。私のFOX2たちがもてなすよ。お前は必死に機体をゆすぶり、コブラし、背面を晒すのだ。≫
ジャン・ルイ ≪ジーン、ジーン!見えないの、あの暗いところにもリボン付きが!≫
ジーン ≪見えるよ。だが、あれはサボリ魔のS-37/SMIRNOVAだよ。≫
メビウス1 ≪愛しているよ、坊や。お前のヘタレ加減がたまらない。力づくでも撃墜する!≫
ジャン・ルイ ≪ジーン、ジーン!メビウス1がぼくをつかまえる!メビウス1がぼくをひどい目にあわせる!≫

 ジーンはぎょっとして、機体を全力で旋回させた。あえぐジャン・ルイを後方に連れ、やっとの思いで攻撃を回避した・・・
 ミサイルに食いつかれたジャン・ルイはすでに死んでいた。

 ≪ああ!ジャン・ルイがやられた!≫
 ≪落ち着け!ジーン、指揮を引き継げ!≫


673 :水先案名無い人:2005/07/17(日) 02:21:22 ID:dlwNi94+0
>669
>in中山。ハゲワロス

674 :水先案名無い人:2005/07/17(日) 13:47:56 ID:fs5ywU+C0
>>672
ネタが分かると面白い

675 :水先案名無い人:2005/07/17(日) 13:54:59 ID:FuKlhwr60
>>302で既出のが出戻りか

676 :水先案名無い人:2005/07/18(月) 11:29:14 ID:YW8uRwNn0
 こんな夜更けに、闇と風の中に仕事をしてるのはだろう。
 それは夏原と刃森だ。夏原はおびえる刃森に尋ねた。

夏原   「刃森よ、なぜペンが進まないのだ」
刃森   「“夏原”さんには“ギャング”が見えねーのか!?(ギリッ “偉”そうに椅子に座り、スーツを着ているぜ‥‥!?」
夏原   「あれは編集長だ・・・」
編集長  「かわいい刃森、一緒においで。面白い新連載を描こう。仕事場にはきれいな花が咲いているし、金のペンとアシがたくさん待っているよ。」
刃森   「“夏原”さん、“夏原”さん!きこえねーのか!(ピキピキッ “ギャング”が俺になにかいうぜ‥‥!?」
夏原   「落ち着きなさい、遠回しに打ち切り通告してるだけだよ。」
編集長  「いい子だ、私と一緒に行こう。先生たちがもてなすよ。お前をここちよくゆすぶり、踊り、歌うのだ。」
刃森   「“夏原”さん、“夏原”さん!見えねーのか!?(ギリビキッ、あの暗いところに“ギャング”の“手下”が!」
夏原   「見えるよ。だが、あれは打ち切られた漫画家たちだよ。」
編集長  「愛しているよ、刃森。お前のくだらない漫画がたまらない。力づくでも打ち切る!」
刃森   「“夏原”さん、“夏原”さん!“ギャング”が近づいてきた‥!?へ‥‥300%“ヤ”られる‥‥?」

 夏原はぎょっとして、ネームを全力で終わらせた。あえぐ刃森に描かせ、やっとの思いで原稿を完成させた・・・
 しかし「伝説の頭“翔”」はすでに打ち切られていた。

677 :水先案名無い人:2005/07/18(月) 13:19:12 ID:9OigyQBU0

             !?



678 :水先案名無い人:2005/07/18(月) 14:26:31 ID:XI+3/GTN0
魔王、こんなの見つけたよ

ヘビーメタルサンダーのガイドライン
http://that3.2ch.net/test/read.cgi/gline/1118045751/74

74 名前:水先案名無い人[] 投稿日:2005/07/17(日) 13:25:01 ID:hkXKt6dx0
生ぬるいJ-POPなんて聞いてるんじゃねぇ!


魔王はたなびく霧や古い枝垂れ柳の幹ではない
たなびく霧や古い枝垂れ柳の幹こそ  魔  王  な の だ
永遠に終わらない魔王・父・息子の三角関係、それが、
 シ ュ ー ベ ル ト の 「魔 王」
遥か、中世の時代から魔王は息子を力づくでも連れてゆくために戦い続けてきたのだ
21世紀になっても、父は息子を連れて、夜更けに闇と風の中に馬を走らせる

非常に非情なる魔王からの誘惑が、息子を連れて行こうとすれば、
「落ち着きなさい、枯葉が風にざわめいているだけだよ」と
父に言いくるめられたりもする
振り回されに振り回される息子の助けが父の耳に届いていたのだろうか?
Don't stop the ぎょっとして全力で走らせる!
Let's 腕に抱えられた子は既に氏んでいた!

今、小学中学の音楽の時間の空気がある意味塗り替えられる!

679 :水先案名無い人:2005/07/18(月) 18:39:38 ID:2zuRnIDp0
uppp 5872 maou

680 :水先案名無い人:2005/07/18(月) 23:26:02 ID:khJ4O0tE0
piza-

681 :水先案名無い人:2005/07/19(火) 16:29:18 ID:3zrCD2g60
こんな夜更けに、クソスレ騒動が起きているのはどこの板だろう。
それは○○○○板だ。まともな住人が狂ったスレ主を宥めたり、罵声を浴びせたりしている。


住人      「>>1よ、なぜ○○○○のクソスレを乱立させるのだ」「クソスレ立てるな!氏ね」「>>1逝ってよし!」
スレ主     「>○○○○、キモスwww。俺はお前たちキモオタどもと違ってまともな人生を歩んでいるんだよ!」
住人      「お前はまだ子供だ・・・」「はぁ?根拠もなしにでたらめ言うなよ。」「>>1そうでもないよ(AA略」
主の脳内彼女「1君、一緒に荒らそうよ。面白い遊びをしよう。人生では嫌な出来事ばかりだし、私が>>1君に素敵な優越感を味あわせるよ。」
スレ主     「>○○○○!信者乙wwwww!お前たちのレベルが丸見えだぞwww」
住人      「落ち着きなさい>>1、君はレスするごとに惨めさが滲み出てるよ。」「プライベートの侵害で>>1を訴えます。」「>>1オマエガナー」
主の脳内彼女「1君えらい!私と一緒に荒そう。私の姉妹たちが>>1君をもてなすよ。>>1君をここちよくゆすぶったり、踊ったり、歌っちゃうの!」
スレ主     「>○○○○、○○○○、○○○○!m9(^Д^)プギャー 、俺の様に彼女がいないからって妬むなよ!wwww」
住人      「いないよ。でも、彼女がいたらこんな風にクソすれ建てんだろう。」「いますが何か?」「>>1オマエジャネーノ?」
主の脳内彼女「愛してる!1君。私、1君といつまでも一緒だよ!」
スレ主     「>○○○○、○○○○、○○○○!(゚Д゚)ハァ?バカジャネーノ??羨ましいからって脊髄反射するなよキモオタどもwwwwwww」

 住人たちはあきらめて、全員でスルーしはじめた。あえぐスレ主はチンポしごきながらも、やっとの思いで100件も建てた・・・
 しごき終わったスレ主はすでにアクセス規制によって書き込み不可となった。

682 :水先案名無い人:2005/07/19(火) 18:22:38 ID:/3G4VJXd0
 こんな夜更けに、闇と風の中に馬を走らせるのは誰だろう。
 それは父と子だ。父はおびえる子をひしと抱きかかえている。

父   「息子よ、なぜ顔を隠すのだ」
子   「お父さんには大作が見えないの。ガマ口で、太っている・・・」
父   「あれはジャバ・ザ・ハットだ・・・」
大作 「かわいい坊や、一緒においで。天下をとれることが少し私には見えて来た。天下をとらない党なら、やる必要はない。私がひかえているから心配するな」
子  「お父さん、お父さん!きこえないの。大作がぼくになにかいうよ。」
父  「落ち着きなさい、ナメクジが風にざわめいているだけだよ。」
大作 「いい子だ、私と一緒に行こう。私が教わったのは帝王学だ。私は最高権力者になる。そのときには創価学会を解散してもいい」
子 「お父さん、お父さん!見えないの、あの暗いところに学会員が!」
父 「見えるよ。だが、あれはナメクジの傭兵だよ。」
魔王「愛しているよ、坊や。広布の闘いで、政党、学校、文化、民音等もできた。最後に残ったのは経済だ。これから、この社長会を中心に経済革命をする!」
子 「おとうさん、おとうさん!大作がぼくを折伏する!大作がぼくを学会員にする!」

 父親はぎょっとして、馬を全力で走らせた。あえぐ子供を両腕に抱え、やっとの思いで館に着いた・・・
 腕に抱えられた子はすでに公明党大躍進!

683 :水先案名無い人:2005/07/19(火) 19:00:55 ID:oi0YvS//0
>>682
ジャバ・ザ・ハット エクサワロスwww

684 :水先案名無い人:2005/07/19(火) 19:22:29 ID:IX18hXwv0
>>684
てか、大作が途中から魔王に化けてる悪寒・・・
((((゚Д゚;))))

685 :684:2005/07/19(火) 19:23:29 ID:IX18hXwv0
しかも、アンカー間違えて自分につけてる悪寒orz
>>682でつ・・・

686 :水先案名無い人:2005/07/19(火) 19:32:28 ID:uq/NxXVK0
大作も魔王もたいして変わらないしいいじゃん

687 :水先案名無い人:2005/07/19(火) 19:50:50 ID:vagJT7WK0
>>686
とりあえず、魔王と記者に謝ってこい

688 :水先案名無い人:2005/07/20(水) 04:38:06 ID:Uoo+6Jhl0
ミエミエの酷い二番煎じおめ

689 :水先案名無い人:2005/07/20(水) 14:46:56 ID:AXcOBpZ+0
ジャバ・ザ・ハットでSWネタ引っ張ってくるなら

>ナメクジが風にざわめいているだけだよ
C3POが愚痴っているだけだよ

>ナメクジの傭兵
ボバ・フェット

とかだったら満点あげたのに。w

690 :水先案名無い人:2005/07/20(水) 15:12:24 ID:V+YADJYh0
>>679
なつかし

691 :水先案名無い人:2005/07/20(水) 16:04:08 ID:PawzDPpv0
pipipi pipipi
スネーク「こちらスネーク、ウィーンの森の中に潜入した」
魔王「予定通りだな、ブランクがあるとは思えん。今回の君の任務は私に代わって可愛い坊やを
    連れてくることだ。今回も双眼鏡以外の武器装備は全て現地調達だ」
?「それにしても、この闇と風の中に馬を駆るなんて無茶ね」
スネーク「誰だ?」
魔王「ああ、まだ紹介してなかったな、ソリトンレーダーの開発責任者、私の娘だ」
娘「はじめましてスネーク」
スネーク「・・・・・・」
娘「どうしたの?」
スネーク「いや、画期的な技術の開発者が柳の幹みたいな奴だと聞いたが、こんなに可愛い女の子だったとは」
娘「スネークったら、お世辞は下手ね」
魔王「とにかく時間がない、スネーク、頼んだぞ」
スネーク「わかった、作戦に入る」(プツン)
(スネーク、馬を駆り坊やに近づく)
スネーク「お前が魔王の探している坊やだな」
子「うぅ・・・・・・触るな!」
スネーク「!!C4爆弾・・・・・・!」
?「そうだ!そいつに触れるとC4もろとも爆発する」
スネーク「誰だ!」
父「私は息子の父だ!お前が魔王のお気に入りか?どれほどの男か試してやる!」
(父、スネークともに銃を構える)
父「来い!」

692 :水先案名無い人:2005/07/20(水) 19:38:06 ID:vD34L1h/0
 こんな夜更けに、闇と風の中に馬を走らせるのはだろう。
 それは父と子だ。父はおびえる子をひしと抱きかかえている。

父   「何顔隠してんだお前。恥ずかしいのか?ナイスミドルの腕の中にいるからときめいてるのか?」
子   「ときめくかァァァァァ!魔王がいんだよ魔王が!かんむりかぶって、長い衣着て!」
父   「アレはお前、アレだよ、アレ、霧だ・・・」
魔王 「かわいい坊や、一緒においで。面白い遊びをしよう。岸辺にはきれいな花が咲いているし、金の服を私の母さんがたくさん用意して待っているよ。」
子  「うわっなんか言ってる!」
父  「枯葉がザワザワしてるだけだろ、何だお前、ダディに構って欲しいのか?
    前見ちゃったんだよ、ママがおれのパンツ箸でつまんでた、もう俺にはお前しかいねぇ」
子  「知るかァァァァァァ!」
魔王 「いい子だ、私と一緒に行こう。私の娘たちがもてなすよ。お前をここちよくゆすぶり、踊り、歌うのだ。」
子 「うわ娘まで出てきやがった!」
父 「見えるよ。だが、あれは古いしだれ柳の幹だよ」
子 「唐突にキャラ変えてんじゃねェェェェェ!」
魔王「愛しているよ、坊や。お前の美しい姿がたまらない。力づくでもつれてゆく!」
子 「うわっなんか来た!メッチャ来た!」

 父親はなんとなく、馬を全力で走らせた。やかましい子供を両腕に抱え、気がついたら館に着いてた・・・
 腕に抱えられた子はすでに・・・おっとこれ以上は言えねぇ。

693 :水先案名無い人:2005/07/20(水) 20:10:04 ID:rynZdErz0
>子 「唐突にキャラ変えてんじゃねェェェェェ!」
テラワロスwww


694 :水先案名無い人:2005/07/20(水) 20:15:06 ID:7c0cO/vi0
>>692
魔王より父の方が危険だwwwwww

695 :水先案名無い人:2005/07/20(水) 20:16:25 ID:RMJQ3SN50
>692
テラワロスwww
でも元ネタ教えろwwwうぇうぇwww

696 :水先案名無い人:2005/07/20(水) 20:35:23 ID:vD34L1h/0
>>695
銀魂っぽくやったつもり

697 :水先案名無い人:2005/07/20(水) 22:05:43 ID:ljFiC4xO0
まっさきに銀魂思い出したからグッジョブ

698 :水先案名無い人:2005/07/20(水) 22:15:07 ID:WImzUyg20
魔王が普通に魔王なのが面白いな

699 :水先案名無い人:2005/07/20(水) 23:09:47 ID:4uasUezA0
魔鬼にするんだったらアイツがよかったな。
ほら、何か花屋ですげぇツラした?アレだよ、アレ。

700 :水先案名無い人:2005/07/20(水) 23:41:59 ID:KM4gCzVt0
はじめて銀魂読んでみようと言う気になった
今日TUTAYAで買って帰ることにする

701 :水先案名無い人:2005/07/21(木) 12:02:21 ID:Be4FtTNv0
ここらでSWEP2ネタをひとつ。


 こんな夜に、闇と雨の中にスレーブTを飛ばそうとしているのは誰だろう。
 それはジャンゴとボバだ。ジャンゴは慌てるボバを励ましている。

ジャンゴ「ボバよ、なぜ余所見をするのだ」
ボバ  「パパにはジェダイが見えないの。ライトセーバーをもって、長い衣を着ている・・・」
ジャンゴ「ボバ!船に乗れ!」
オビワン 「賞金稼ぎや、一緒においで。コルサントまで行こう。コルサントにはジェダイの寺院があるし、お前の知っていることをヨーダが根掘り葉掘り尋ねるよ。」
ボバ 「パパ、パパ!きこえないの。ジェダイがパパになにかいうよ。」
ジャンゴ「落ち着きなさい、サイズミックウェーブでやっつけるよ。」
オビワン「いい子だ、私と一緒に行こう。ジェダイたちがもてなすよ。お前をフォースで強請り、たかり、裁くのだ。」
ボバ  「パパ、パパ!見えないの、真正面にパラサロフフ頭のジェダイが!」
ジャンゴ「見えるよ。だが、もう撃ち殺したよ。」
メイス 「ウホッ!いい賞金稼ぎ!お前の強い姿がたまらない。力づくでも首を切る!」
ボバ  「パパ、パパ!ハゲのジェダイがつっこんでくる!ジェダイがパパをひどい目にあわせる!」

 ジャンゴはぎょっとして、銃でメイスを迎撃した。モンスターに轢かれつつ、やっとの思いで立ち上がった・・・
 首と胴体は既におさらばしていた。


702 :水先案名無い人:2005/07/22(金) 04:25:32 ID:eO6+W6sV0
 こんな夜更けに、闇と風の中にタクシーを走らせるのは誰だろう。
 それはよっちゃんのパパと三つ子だ。父はおびえる子らをひしと抱きかかえている。

父   「息子たちよ、なぜ顔を隠すのだ」
子   「お父さんには魔王が見えないの。ヒゲを生やして、マントを着ている・・・」
父   「あれはサリーちゃんのパパだ・・・」
魔王 「かわいい坊や、一緒においで。面白い遊びをしよう。鉄人は空をゆくし、勝利の凱歌をジャイアントロボがたくさん用意して待っているよ。」
子  「お父さん、お父さん!きこえないの。魔王がぼくらになにかいうよ。」
父  「落ち着きなさい、これは孔明の罠だよ。」
魔王 「いい子だ、私と一緒に行こう。私の娘がもてなすよ。お前たちをここちよくマハリク、マハリタ、ヤンバラヤンヤンヤン。」
子 「お父さん、お父さん!見えないの、あの暗いところに魔王の娘が!」
父 「見えるよ。だが、あれはよし子の同級生のサリーちゃんだよ。」
魔王「愛しているよ、坊やたち。お前たちの美しい姿がたまらない。力づくでもつれてゆく!」
子 「おとうさん、おとうさん!魔王がぼくらをつかまえる!魔王がぼくらをひどい目にあわせる!」

 父親はぎょっとして、タクシーを全力で走らせた。あえぐ子供たちを両腕に抱え、やっとの思いでアパートに着いた・・・
 よし子は晩ご飯を作らずに先に寝ていた。

703 :水先案名無い人:2005/07/22(金) 15:27:31 ID:AgrEY8g20
死にたい息子にお薦めの危険な魔王

・父と息子の2人なら大丈夫だろうと思っていたら冠をかぶっている魔王に襲われた
・出発地から馬で1分の路上で魔王が長い衣を着て襲ってきた
・霧がたなびいていたので顔を隠していると魔王が遊びに誘ってきた
・馬を走らせた親子が襲撃され、館についたら息子が命を落としていた
・娘たちで息子をゆすぶって踊り歌った、というかもてなした後から力づくでも強奪する
・親子が魔王に襲撃され、息子も「父も」全員ひどい目にあわせられた
・馬から館までの10mの間に魔王に襲われた
・馬に乗れば安全だろうと思ったら、古いしだれ柳の幹が魔王の娘だった
・息子の1/3が魔王の母経験者。しかも金の服を母に用意させるという魔王の趣味から「美しい姿ほど危ない」
・「そんな危険なわけがない」といって出て行った父と子が5分後血まみれで戻ってきた
・「息子が居なければ襲われるわけがない」と一人で出て行った父親が馬と服を盗まれ下着で戻ってきた
・最近流行っている逃走法は「馬を全力で走らせる」 あえぐ子供を両手に抱えて館に着けるから
・闇と風の中半径200mは魔王にあう確率が150%。一度襲われてまた襲われる確率が50%の意味
・魔王による誘拐事件の死亡者は1日平均120人、うち約20人がおびえる子


704 :水先案名無い人:2005/07/22(金) 15:51:18 ID:WDFtU1NE0
 こんな夜更けに、闇と風の中に馬を走らせるのはだろう。
 それは父と子だ。父はおびえる子をひしと抱きかかえている。

父   「息子よ、なぜ顔を隠すのだ」
子   「お父さんには魔王が見えないの。かんむりをかぶって、長い衣を着ている・・・」

         ∧_∧
        ⊂(´・ω・`)つ-、
      ///   /_/:::::/
      |:::|/⊂ヽノ|:::| /」 はいはい魔王魔王
    / ̄ ̄旦 ̄ ̄ ̄/|
  /______/ | |
  | |-----------|



705 :水先案名無い人:2005/07/22(金) 21:38:16 ID:hXJSJFzH0
>704
やべぇ。カウンターでツボにはいった。

706 :水先案名無い人:2005/07/23(土) 09:45:00 ID:3nRsHwFg0
ぎんたまってなんだよ腐女子好みのする漫画か?おまえあ全員腐女子か?幻滅したもうこんなスレ来ねえよ

707 :水先案名無い人:2005/07/23(土) 10:28:08 ID:/FHQWEt30
こんな夜更けにウワアァァヽ(`Д´)ノァァアン泣きして走り去るのは誰だろう。
それは706だ。

708 :水先案名無い人:2005/07/23(土) 11:02:02 ID:aS6k+aww0
http://that3.2ch.net/test/read.cgi/gline/1119612180/905
3nRsHwFg0は例のスレの私怨中傷キチガイ

709 :水先案名無い人:2005/07/24(日) 01:57:06 ID:oikFTNTg0 ?
>>704
噴いた gj

710 :水先案名無い人:2005/07/26(火) 09:18:39 ID:cuc4m8gE0
子 「おとうさん、おとうさん!>>710がスレをageる!>>710がスレをひどい目にあわせる!」

711 :591:2005/07/26(火) 16:29:05 ID:nC1pbJzmO
愛しているよ「魔王のガイドラインその2」お前の笑えるレスがたまらない力づくでもsageてゆく

712 :水先案名無い人:2005/07/26(火) 16:33:02 ID:einEI2lg0
魔王 「この だいまおうバラモスさまに さからおうなど みのほどを わきまえぬ
    ものたちじゃ。 ここにきたことを くやむがよい もはやふたたび いきかえらぬよう
    そなたらの はらわたを くらいつくしてくれるわ」
子  「お父さん、お父さん!きこえないの。魔王がぼくになにかいうよ。」
父  「落ち着きなさい、中ボスがざわめいているだけだよ。」

713 :水先案名無い人:2005/07/27(水) 12:46:14 ID:D9Z3SJMc0
こんな夜更けに 誰だろう

闇と風の中 馬走らせて

子は父親に 抱きかかえられ

何を恐れて 顔を隠す

父は言う なぜ顔を隠すのか

子は答える 魔王がいるから

かんむりをかぶり 長い衣を着た魔王が

子の瞳には くっきりと映っているのだ。

魔王は誘う 面白い遊びをしよう

子は恐れ、父には聴こえない

魔王の娘が子を見つめる

父には映らず、子は恐れる

魂を引きずり出されたからっぽの眼は

すべてを失った父の顔を映し出した

714 :水先案名無い人:2005/07/27(水) 19:37:20 ID:1psFpCf10
こんな夜更けに、闇と風の中に馬を走らせるのは誰だろう。

それは父親かもよ! B-DASH!
息子おびえてるかもよ! B-DASH!
父は聞こえないかもよ! B-DASH!
魔王マザコンかもよ! B-DASH!
娘もてなすかもよ! B-DASH!
父は見えないかもよ! B-DASH!
魔王愛してるかもよ! B-DASH!
しかも力づくかもよ! B-DASH!
息子さらわれるかもよ! B-DASH!

父親はぎょっとして、馬を全力で走らせた。想像以上に足速い。
腕に抱えられた子はすでに死んでいた。 これはかなり愉快。

715 :水先案名無い人:2005/07/27(水) 19:56:06 ID:Q5/fo2l50
>>714
ビーダッシュワロタwwww

716 :水先案名無い人:2005/07/27(水) 20:00:43 ID:Ap7XJ9DY0
>>714
テラワロスwwww

717 :水先案名無い人:2005/07/27(水) 21:19:47 ID:81xD4glhO
>>714
ワロス
うまいなw

718 :水先案名無い人:2005/07/27(水) 21:39:29 ID:eYOmTSME0
>>714
B-DASHのガイドラインかとオモタじゃないかww

719 :水先案名無い人:2005/07/28(木) 01:38:52 ID:yS7wGY3u0
              ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
             /": : : : : : : : \
           /-─-,,,_: : : : : : : : :\
          /     '''-,,,: : : : : : : :i
          /、      /: : : : : : : : i     ________
         r-、 ,,,,,,,,,,、 /: : : : : : : : : :i    /
         L_, ,   、 \: : : : : : : : :i   / こんな夜更けに、
         /●) (●>   |: :__,=-、: / <   闇と風の中に馬を走らせたら  
        l イ  '-     |:/ tbノノ    \    負けかなと思ってる
        l ,`-=-'\     `l ι';/      \  ニート(24・男性)
        ヽトェ-ェェ-:)     -r'          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         ヾ=-'     / /  
     ____ヽ::::...   / ::::|
  / ̄ ::::::::::::::l `──''''   :::|

腕に抱えられた子はすでに死んでいた。

720 :水先案名無い人:2005/07/28(木) 07:08:05 ID:Kj+WYKp+0
801 名前: 水先案名無い人 投稿日: 2005/07/27(水) 11:05:04 ID:80xH2MNP0
ある日、何の罪も無い子供が突如誘拐された
事件当初、残された家族は犯人を見ることすら出来なかったが
事件が有名になった今となっては、犯人を自明の存在として語ることが多い
恐らく被害者はもう二度と帰ってこないものと思われる
また、犯人は度々交渉を持ちかけるが
その交渉は殆ど本音を隠した一方的な主張であり
自らの国を楽園と偽ったことさえある
余談であるが、残された遺族の取ったDQNな行動はここ2chの一部の人を未だに狂喜させ
社会のそれに対する評価との違いは、さすが2chネラー的な温度差といえるものであろう











シューベルト作『魔王』

721 :水先案名無い人:2005/07/28(木) 14:35:29 ID:dL9xlx/Q0
誤解を招く紹介文を書くスレ part5
http://that3.2ch.net/test/read.cgi/gline/1104338335/801

722 :水先案名無い人:2005/07/30(土) 22:26:30 ID:2FNdQUF80
さっき、森でやった六尺魔王凄かったです!ガチムチの色黒魔王が坊や連呼で
金の服を着て岸辺のきれいな花を振ってました。父は一杯くわされて幻覚食らい無様に
たなびく霧と間違ってました。娘を出されたときは一瞬引いたけど、魔王の「愛しているよ、
坊や!」の一言で覚悟決め、生まれて初めて誘拐されました。その後、脇・チンゲ
も刈られてビンビンのマラ、思いっきりしごかれ派手にガチムチ魔王の顔に飛ばしました。
スッゲー男らしく気持ちよかったです。また行くとき誘惑して下さい!帰ってからシューベルト
の曲聴いて、また感じまくってます!
元ネタ:ガチムチの六尺兄貴のガイドライン
http://that3.2ch.net/test/read.cgi/gline/1119265223/

723 :水先案名無い人:2005/07/31(日) 20:39:45 ID:NXLBVmy80
>>719
ニートが子を為すなよw

724 :水先案名無い人:2005/08/02(火) 19:35:29 ID:jzWc5ZAI0
将来の日本はニートが自分の子どもを養えなくなってストリートチルドレンが大量発生するらしいよ

725 :水先案名無い人:2005/08/02(火) 20:34:41 ID:b0OzGkap0
>>725
子供を養うとか以前に自分を養えないから、
ストリートニートが大量発生する悪寒

726 :水先案名無い人:2005/08/02(火) 22:30:30 ID:wc9TTl7i0
>>725
そしてニート自治区が自然に出来上がる。
そして、いつしかサファリパーク化。
外国人観光客の立ち寄る観光地に。

727 :水先案名無い人:2005/08/02(火) 22:52:15 ID:b0OzGkap0
>>727
そんでいつの日か、
2本足で直立するアライグマみたいに、
働き出すニートがブームになったり・・・



・・・てか、働いたてらニートじゃねー罠

728 :水先案名無い人:2005/08/03(水) 01:07:02 ID:IVmRJZRt0
まぁ、ある意味サファリパークや動物園、果てはペットも
人間に養われてる動物って点ではニートのお仲間よな。

…ニートって…orz

729 :水先案名無い人:2005/08/03(水) 01:51:50 ID:kF1+x6qJ0
スレ違いな議論は程々に

730 :水先案名無い人:2005/08/03(水) 06:50:17 ID:ldiFhnLQ0
こんな夜更けに、スレ違いのガイドラインの中にニート談義をするのは誰だろう。

731 :水先案名無い人:2005/08/03(水) 11:58:46 ID:n4WQIPA/0
それは2チャンネラーだ。夏厨がスレ違いもお構いなくレスをしまくっている、、、、

732 :水先案名無い人:2005/08/03(水) 12:55:47 ID:carwNyoX0
ほら!あの暗がりに臓器売買人がいるよ!

733 :水先案名無い人:2005/08/03(水) 16:52:22 ID:0J5ZO5MQ0
くされたイルボンニートの臓器なんぞ誰も買わないニダ

734 :水先案名無い人:2005/08/03(水) 19:01:37 ID:e5zHDnbl0
お父さん、お父さん!きこえないの。ニダーがぼくになにかいうよ。

735 :水先案名無い人:2005/08/03(水) 19:16:29 ID:0JXvgekH0
落ち着くニダ、枯葉が風にざわめいているだけニダ

736 :水先案名無い人:2005/08/03(水) 21:31:44 ID:d5QKxVih0
ニヤリ

737 :水先案名無い人:2005/08/03(水) 23:35:54 ID:aocu8kwS0
ニダリ

738 :水先案名無い人:2005/08/03(水) 23:40:47 ID:H35M4JFP0
ダーリン

739 :水先案名無い人:2005/08/04(木) 01:03:48 ID:rvcVoAEq0
リンダリンダリンダ

740 :水先案名無い人:2005/08/04(木) 03:10:50 ID:YrCRhqWQ0
サファリパークや動物園の動物は、見世物になっている事で働いていると言える。
ペットは主人に安らぎを与える事が働いていると言える。

ニートの方が格下。

741 :水先案名無い人:2005/08/04(木) 05:22:46 ID:K9ssaFoL0
お父さん、お父さん!見えないの、あの暗いところにひきこもりのの幼女が!

742 :水先案名無い人:2005/08/04(木) 07:10:04 ID:B7Ns2YbE0
見えるよ、だが顔がデヴィ夫人に似ているので関わりたくないよ

743 :水先案名無い人:2005/08/04(木) 10:15:49 ID:F8+iHxu10
お父さん、、、いくつ?

デビ婦人が若い頃に絶世の美女だったとことを知らないなんて・・

744 :水先案名無い人:2005/08/04(木) 13:40:05 ID:2DuizzOC0
魔王 「かわいいスレ住人や、雑談止めて。面白い遊びをしよう。
     ここは魔王のガイドラインだし、魔王の改変コピペをたくさん期待して待っているよ。」


745 :水先案名無い人:2005/08/04(木) 22:17:43 ID:XZTcM3Xb0
夏厨  「お父さん、お父さん!きこえないの。自治厨がぼくになにかいうよ。」


746 :水先案名無い人:2005/08/04(木) 22:39:29 ID:UiOZ+tTq0
父  「落ち着きなさい夏厨、寝言は寝てから言うものだよ」

747 :水先案名無い人:2005/08/04(木) 22:43:02 ID:mXQlVDEj0
ネタ投下
ttp://www2.axfc.net/uploader/7/so/No_1818.zip.html

風の夜に馬を駆り、駆けり行く者あり。
腕に童怯えるをしかとばかり抱けり。

父 「坊やなぜ顔を隠すか」
子 「お父さん、そこに見えないの?魔王がいる。怖いよ・・・」
父 「坊やそれは狭霧だ・・・」
魔王「かわいい坊や、おいでよ。面白い遊びをしよう。川岸に花咲き、きれいなおべべがたんとある。」
子 「お父さん、お父さん!きこえないの。魔王がなにかいうよ。」
父 「何あれは枯れ葉のざわめきじゃ。」
魔王「坊や一緒においでよ。用意はとうにできている。娘と踊ってお遊びを、歌っておねんねもさしたげる。いい所だよさあおいで。」
子 「お父さん、お父さん!それそこに、魔王の娘が!」
父 「坊や坊や。ああそれは枯れた柳の幹だ。」
魔王「かわいや、いい子じゃのう坊や。じたばたしてもさらってくぞ。」
子 「おとうさん、おとうさん!魔王が今、ぼうやをつかんで連れてゆく!!」

父は心おののきつ?あえぐその子を抱き締め、やっと宿に着きしが・・・
子はすでに息絶える。

748 :水先案名無い人:2005/08/05(金) 01:49:25 ID:K96/pHOj0
GJ!

749 :水先案名無い人:2005/08/05(金) 03:05:25 ID:rGxoPjAV0
 こんな夜更けに、闇と風の中に馬を走らせるのは誰だろう。
 それは父と子だ。父はおびえる子をひしと抱きかかえている。

父「息子よ、なぜ顔を隠すのだ」
子「お父さんには魔王が見えないの。天使のような無垢な笑顔で、深い色の制服を着ている・・・」
父「あれはたなびくセーラーカラーだ・・・」
魔王「お待ちなさい」
子「お父さん、お父さん!きこえないの。魔王がぼくになにかいうよ。」
父「落ち着きなさい、スカートのプリーツが風にざわめいているだけだよ。」
魔王「タイが、曲がっていてよ」
子「お父さん、お父さん!見えないの、あの暗いところに薔薇の館が!」
父「見えるよ。だが、ゆっくりと歩くのがここでのたしなみ。 もちろん、
 遅刻ギリギリで走り去るなどといった、はしたない親子など存在していようはずもない。」
魔王「身だしなみは、いつもきちんとね。マリア様が見ていらっしゃるわよ」
子「おとうさん、おとうさん!魔王がぼくのタイを直すよ!魔王がぼくを妹にする!」

 父親はぎょっとして、馬を全力で走らせた。あえぐ子供を両腕に抱え、やっとの思いで館に着いた・・・
 腕に抱えられた子はすでに温室育ちの純粋培養お嬢さまとして出荷されていた。

750 :水先案名無い人:2005/08/05(金) 03:16:55 ID:+veVp2wC0
>>749
魔王はマリア様より序列が下なのかよw

751 :水先案名無い人:2005/08/05(金) 09:09:08 ID:9pEJSp4Z0
>>749
GJ!
いいなw

752 :水先案名無い人:2005/08/05(金) 22:39:49 ID:W05UDb5w0
>>749
息子がお嬢さまにw

753 :水先案名無い人:2005/08/07(日) 07:51:54 ID:s2olRIfR0
八頭身のシンとレイはキモイ PHASE-22 昇天のブリッジより

615 通常の名無しさんの3倍 New! 2005/08/06(土) 21:39:28 ID:GZdTjG4+
 こんな夜更けに、闇と風の中に馬を走らせるのは誰だろう。
 それは兄と妹だ。兄はおびえる妹をひしと抱きかかえている。

兄   「妹よ、なぜ顔を隠すのだ」
妹   「お兄さんには魔王が見えないの。かんむりをかぶって、長い衣を着ている・・・」
兄   「あれはたなびく霧だ・・・」
魔王 「かわいい娘や、一緒においで。面白い遊びをしよう。岸辺にはきれいな花が咲いているし、金の服を私の母さんがたくさん用意して待っているよ。」
妹  「お兄さん、お兄さん!きこえないの。魔王がわたしになにかいうよ。」
兄  「落ち着きなさい、枯葉が風にざわめいているだけだよ。」
魔王 「いい娘だ、私と一緒に行こう。私の娘たちがもてなすよ。お前をここちよくゆすぶり、踊り、歌うのだ。」
妹 「お兄さん、お兄さん!見えないの、あの暗いところに魔王の娘が!」
兄 「見えるよ。だが、あれは古いしだれ柳の幹だよ。」



議長「シン、君は少し感が鈍すぎではないかね?」

シン「…なんで議長まで、同じ馬に乗ってるんだーーーー!!!!」

754 :水先案名無い人:2005/08/07(日) 11:53:01 ID:V3SSDtlF0
>>633

755 :水先案名無い人:2005/08/07(日) 13:00:25 ID:PSWcmPM40
 こんな夜更けに、闇と風の中に馬を走らせるのはだろう。
 それは父と子だ。父はおびえる子をひしと抱きかかえている。

父   「息子よ、なぜ顔を隠すのだ」
子   「お父さんには魔王が見えないの。かんむりをかぶって、長い衣を着ている・・・」
雷電  「むぅっ、あの男はまさか・・・」
父   「知っているのか、雷電!」
魔王  「かわいい坊や、一緒においで。面白い遊びをしよう。岸辺にはきれいな花が咲いているし、金の服を私の母さんがたくさん用意して待っているよ。」
子   「お父さん、お父さん!きこえないの。魔王がぼくになにかいうよ。」
雷電  「あれは・・・襲辺留徒!!」
父   「知っているのか、雷d(ry」
魔王  「いい子だ、私と一緒に行こう。私の娘たちがもてなすよ。お前をここちよくゆすぶり、踊り、歌うのだ。」
子  「お父さん、お父さん!見えないの、あの暗いところに魔王の娘が!」
雷電  「まさか、この目で見ることができようとは・・・!」
父  「知っt(ry」
魔王 「愛しているよ、坊や。お前の美しい姿がたまらない。力づくでもつれてゆく!」
子  「おとうさん、おとうさん!魔王がぼくをつかまえる!魔王がぼくをひどい目にあわせる!」

 父親はぎょっとして、馬を全力で走らせた。あえぐ子供を両腕に抱え、やっとの思いで館に着いた・・・
 腕に抱えられた子はすでに王大人死亡確認。

756 :水先案名無い人:2005/08/08(月) 16:10:19 ID:V5uXLUPi0
>755
ハゲワロタw

757 :水先案名無い人:2005/08/08(月) 20:52:07 ID:5+aIWDSA0
>>755
すぐに生き返るな。

758 :水先案名無い人:2005/08/08(月) 22:50:24 ID:9Ls9Ksa50
民明書房の解説入る間もなく死亡・・・

759 :水先案名無い人:2005/08/10(水) 16:58:38 ID:VKS7SDfe0
魔王はショタ

760 :水先案名無い人:2005/08/11(木) 09:45:22 ID:qwrOFrAY0
子はあくまで“子”だからなぁ。
実はボクっ娘かもしれないじゃないか。

761 :水先案名無い人:2005/08/11(木) 11:14:48 ID:HOqWrRXr0
>>760
それは考えたのだが、残念ながら、
>父   「息子よ、なぜ顔を隠すのだ」
って書いてある…。娘よ、ならよかったのに。



762 :水先案名無い人:2005/08/11(木) 11:46:12 ID:Fc9spOzZ0
>>761
そこで脳内補完ですよ。

763 :水先案名無い人:2005/08/11(木) 12:35:38 ID:75BdzOvX0
>>761
実は父親自身の息子(自分の男性器)を指している

つまり、父親は包k

764 :水先案名無い人:2005/08/11(木) 20:51:06 ID:kogUA+i40
な、なん(ry

765 :水先案名無い人:2005/08/11(木) 21:35:39 ID:RXy02ADN0 ?
 こんな夜更けに、闇と風の中にアメ車を走らせるのはだろう。
 それは大統領と息子だ。大統領はおびえる息子をひしと抱きかかえている。

大統領   「息子よ、なぜ顔を隠すのだ」
息子   「お父さんにはマイケルが見えないの。グラサンをしてて、デカイ銃器をもっている・・・」
大統領   「あれはたなびく霧だ・・・」
マイケル 「今後のストーリーを進めるためだ我慢しろ。」
息子  「お父さん、お父さん!見えないの。マイケルがパパの銅像を撃とうとしているよ。」
大統領  「落ち着きなさい、射撃練習しているだけだよ。」
マイケル 「いい奴だ、私と一緒に行こう。」
息子 「お父さん、お父さん!見えないの、あの暗いところでにマイケルが撃とうとしている!」

ガオォ――――――――――――z_______________ン !!


息子「マイコォ――――――――――z______ッ!!なぜパパを撃つんだ!アメリカンスピリッツを忘れたのか!!」
マイケル「ソーリー、パパww」
息子「唯今あなたの銅像が打ち落とされました」
大統領「大丈夫だ!なぜなら私はアメリカ合衆国大統領だからだ!」

 大統領は笑いながら(内心むかつきながら)、アメ車を全力で走らせた。騒ぐ息子を助手席に乗せ、やっとの思いで館に着いた・・・
 マイケルはバズーカ砲を手に入れた。

ーーーー

このネタが分かる人がいるのだろうか

766 :水先案名無い人:2005/08/11(木) 21:46:28 ID:+j8YWSX+0
>>765
ンフフフフハハハハ!!!!!

767 :水先案名無い人:2005/08/11(木) 22:19:19 ID:dM2zgcnO0
 こんな夜更けに、闇と風の中に馬を走らせるのはだろう。
 それは父と子だ。父はおびえる子をひしと抱きかかえている。

父   「息子よ、なぜ顔を隠すのだ」
子   「お父さんには菅井家が見えないの。みんな黒人で、何でも食べる・・・」

よく考えたらDVDも出してるし、書いたらまずいかな

768 :水先案名無い人:2005/08/11(木) 23:41:42 ID:7xak2yVQ0
HPに載ってる部分ならいいんじゃね?

769 :水先案名無い人:2005/08/12(金) 22:49:04 ID:03C/EY870
この歌って腐女子に受けが良いらしい

770 :水先案名無い人:2005/08/13(土) 14:02:19 ID:hS31ipjJ0
ショタやおいだからな。

771 :水先案名無い人:2005/08/13(土) 17:14:02 ID:hAlHm+F40
ところで今日日テレの「世界一受けたい授業」で「魔王」を唄うらしいぞ。
日テレじゃないけれど詳細↓
ttp://www.rnc.co.jp/tv/index.htm

772 :水先案名無い人:2005/08/13(土) 20:33:04 ID:wg2PybxI0
魔王キター!

773 :水先案名無い人:2005/08/13(土) 20:33:11 ID:m+J8OtjS0
CM明けにくるぞー

774 :水先案名無い人:2005/08/13(土) 20:34:57 ID:+XrQ0TH/0
魔王放送中記念マキコ

775 :水先案名無い人:2005/08/13(土) 20:37:24 ID:RTQLXShtO
子はすでに息絶えて

776 :水先案名無い人:2005/08/13(土) 20:38:04 ID:Z2HAnT+w0
天海祐希の魔王テラウマスw

777 :水先案名無い人:2005/08/13(土) 20:39:24 ID:/UKYRCEz0
ココリコ有田は坊やの代わりに魔王に連れて行かれればいいと思う

778 :水先案名無い人:2005/08/13(土) 20:41:12 ID:bEdb9XE30
ここつまんねーな
独り善がりのオナニーだね

779 :水先案名無い人:2005/08/13(土) 20:52:58 ID:m4RAkBWK0
いちいち文句たれにくるんじゃねーよ腐女子
残念だったねー、ショタやおいの展開じゃなくて

780 :水先案名無い人:2005/08/13(土) 20:53:57 ID:GdJsSX2B0
>>777につっこむヤツは誰もいないのかw

781 :水先案名無い人:2005/08/13(土) 21:14:58 ID:oJrDt9WC0
父   「息子よ、なぜ顔を隠すのだ」 
子   「お父さんには世界一腕の立つ殺し屋が見えないの。ライフルをかついで、指が6本もある・・・」 
父   「あれはヘタレスナイパーだ・・・」 
殺し屋 「かわいい坊や、一緒においで。面白い狙撃をしよう。心臓につまらんし、脳内照準をたくさん用意して待っているよ。」 
子  「お父さん、お父さん!きこえないの。殺し屋がぼくになにかいうよ。」 
父  「落ち着きなさい、心臓は体の右側には無いはずだよ。」 
殺し屋 「いい子だ、私と一緒に行こう。私の標的がもてなすよ。お前にカンフーを見せながら、踊り、歌うのだ。」 
子 「お父さん、お父さん!見えないの、あの暗いところにキレイな顔の黒龍が!」 
父 「見えるよ。だが、あれは通行人が邪魔で狙えないよ。」 
殺し屋「ちょろいもんだぜ、坊や。お前の美しい顔がたまらない。力づくでもふっとばしてやる!」 
子 「おとうさん、おとうさん!殺し屋がぼくを狙う!殺し屋がぼくを結局狙撃出来ずに終わる!」 

 父親はぎょっとして、馬を全力で走らせた。あえぐ子供を両腕に抱え、やっとの思いで館に着いた・・・ 
 腕に抱えられた子はすでにキスだけでイッていた。

782 :水先案名無い人:2005/08/13(土) 21:28:22 ID:PApXtwFC0
 こんな夜更けに、闇と風の中に馬を走らせるのはだろう。
 それは父と子だ。父はおびえる子をひしと抱きかかえている。

父   「息子よ、ハァハァなぜ顔を隠すんだ(;´Д`) ハァハァ」
子   「お父さんの魔王が見える!。かんむりをかぶった長いのが!」
父   「さぁ息子よオトウサンといいことしようか(;´Д`) ハァハァ パパと呼んでもいいぞ。」
魔王 「父親よ、それは流石にまずいと思うぞ。」
子  「お父さん、お父さん!そんなことより。魔王がお父さんに何か言うよ。」
父  「落ち着きなさい!初めてで緊張するのはわかるが嘘は良く無い」
魔王 「それでも親か お前は。」
子 「お父さん、お父さん!見えないの、あの暗いところに魔王の娘が!」
父 「見えるよ。だが、あいつのブツは古いしだれ柳の幹だよ。お父さんの冠被ったので遊ぼう。な!ハァハァ」
魔王「お前は見えてない、私のは大木だよ。」
子 「おとうさん、おとうさん!痛いよ!魔王とお父さんがぼくをひどい目にあわせる!」

 父親はうほっとして、馬を全力で走らせた。あえぐ子供を両腕に抱え、やっとの思いでねじ込んだ・・・
 腕に抱えられた子はすでにその気だった。


783 :水先案名無い人:2005/08/13(土) 22:07:47 ID:q1nBGl9H0
>>782
ノン気でも喰っちゃう父親キター
つか3Pかよ(;´Д`)

784 :水先案名無い人:2005/08/13(土) 22:51:44 ID:Aofu01co0
>>782
息子総受ハゲワロス
結局誘いウケだし

785 :水先案名無い人:2005/08/13(土) 23:28:06 ID:HWLj38hy0
とうとう腐女子にしか分からない世界に……

786 :水先案名無い人:2005/08/14(日) 00:08:31 ID:BvWC40z+0
ヤマジュンは、腐女子への強烈な
アンチテーゼ(っていうか、ガチ)だと思うんだが…w

787 :水先案名無い人:2005/08/14(日) 03:51:41 ID:thW+gZo90
778-779
両方バカ

788 :水先案名無い人:2005/08/14(日) 07:16:20 ID:GLQY/nyK0
 .| ヾミ,l _;;-==ェ;、   ,,,,,,,,,,,,,,,_ ヒ-彡|
  〉"l,_l "-ー:ェェヮ;::)  f';;_-ェェ-ニ ゙レr-{   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  | ヽ"::::''   ̄´.::;i,  i `'' ̄    r';' }   | 久々に魔王
 . ゙N l ::.  ....:;イ;:'  l 、     ,l,フ ノ   | 僕に何か言ってくる
 . |_i"ヽ;:...:::/ ゙'''=-='''´`ヽ.  /i l"  < のが魔王だったんだよな
   .| ::゙l  ::´~===' '===''` ,il" .|'".    |  今は娘まで出てくるから困る
    .{  ::| 、 :: `::=====::" , il   |     \________


       iソ!             iミ;!
      iミ!  ,.==、、_  ,__,,,..、、、 i;;リ    ________ 
      i^iト.  _ィェァ了 (ェoヮ、 /!7    /
       Yl.|    ´!| |!`    ! ! }   │ 全然見えないんだけど
       レl    /u__,ゝ    i:l‐'   │ あれが魔王の娘なのか?
         li  / _二' _、〉  i l    <  正直古いしだれ柳の幹だろ
______-ー;;;;;;;;;;;;ヽ   ´  ̄  `  i/;`''ー-、,,,, \_____________
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;゙ヽゝ、   ,  ノ// ;ヽ;;;;;;;;;;;;;;"'' 


789 :水先案名無い人:2005/08/16(火) 10:30:11 ID:vIMIAcyE0
>>788
おっさんなんか連れていきたくないから困る

790 :水先案名無い人:2005/08/16(火) 12:48:43 ID:GCSpA8c70
 .| ヾミ,l _;;-==ェ;、   ,,,,,,,,,,,,,,,_ ヒ-彡|
  〉"l,_l "-ー:ェェヮ;::)  f';;_-ェェ-ニ ゙レr-{   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  | ヽ"::::''   ̄´.::;i,  i `'' ̄    r';' }   | 久々にワロタ
 . ゙N l ::.  ....:;イ;:'  l 、     ,l,フ ノ   | 闇夜の森なんて全然平気だった
 . |_i"ヽ;:...:::/ ゙'''=-='''´`ヽ.  /i l"  < のが昔の俺だったんだよな俺の息子は
   .| ::゙l  ::´~===' '===''` ,il" .|'".    | 魔王が魔王がと泣き叫ぶから困る
    .{  ::| 、 :: `::=====::" , il   |     \________


       iソ!             iミ;!
      iミ!  ,.==、、_  ,__,,,..、、、 i;;リ    ________ 
      i^iト.  _ィェァ了 (ェoヮ、 /!7    /
       Yl.|    ´!| |!`    ! ! }   │ 全然笑えないんだけど
       レl    /u__,ゝ    i:l‐'   │ お前の息子死にかけてるぞ?
         li  / _二' _、〉  i l    <  正直本物の魔王だろ
______-ー;;;;;;;;;;;;ヽ   ´  ̄  `  i/;`''ー-、,,,, \_____________
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;゙ヽゝ、   ,  ノ// ;ヽ;;;;;;;;;;;;;;"'' 

791 :水先案名無い人:2005/08/17(水) 09:43:36 ID:whc+T2RT0
ラングネタが続いて困る

792 :水先案名無い人:2005/08/20(土) 19:25:13 ID:m8+e7zWA0
>>763の書き込みで思いつきネタ

こんな夜更けに、クリニックに車を走らせるのはだろう。
それは父だ。父はおびえるムスコをひしと持ちかかえている。

父   「ムスコよ、なぜ顔が隠れているのだ(涙)」
皮 「お父さんには包皮の大切さがわからないの。亀頭をかぶることで、性器を防護している・・・」
父   「それは包茎持ちの戯言だ・・・」
医者 「哀れなお父さん、一緒においで。手術をしよう。真性だと保険がきくし、3万円以下の値段ですむよ。」
皮  「お父さん、お父さん!きこえないの。医者がぼくになにかしようとしているよ。」
父  「落ち着きなさい、私が生まれ変わるための大事な儀式の話だよ。」
医者 「こりゃひどい、今すぐとりかかろう。私のレーザーメスがものを言うよ。包皮をここちよく焼き切り、出血は少ないのだ。」
皮 「お父さん、お父さん!見えないの、あの暗いところにレーザーメスを持った看護師が!」
父 「見えるよ。お前との今生の別れだ。」
医者「恥垢が匂うよ、お父さん。ムスコの醜い姿が耐えられない。力づくでも焼き切ってやる!」
皮 「おとうさん、おとうさん!医者がぼくを焼こうとする!医者がぼくをひどい目にあわせる!」

術後一週間たち、父親はほっとして、車を全力で走らせた。生まれ変わったムスコを両手に抱え、
やっとの思いで風俗に着いた・・・手に抱えられたムスコはすでにズル剥けていた。

793 :水先案名無い人:2005/08/20(土) 21:01:28 ID:7gID6QVs0
ええはなしや

794 :水先案名無い人:2005/08/23(火) 19:01:50 ID:gXgT9dZL0
>>793
どこが

795 :水先案名無い人:2005/08/24(水) 13:35:36 ID:0F+81YxQ0
>>794
お前も早く包茎直せw

796 :水先案名無い人:2005/08/24(水) 18:18:10 ID:K4s7YSW40
こんな夜更けに、闇と風の中に車を走らせるのは何だろう。
それは父と子だ。父は喫茶店にいこうとしていた。

父「息子よ、なぜ顔を隠すのだ」
子「お父さんにはJASRACが見えないの。音楽探知機を持って、著作権料徴収を狙っている」
父「あれは街のゴロツキだ」
JASRAC「JASRACの者ですが、あなたのセリフはシューベルト歌曲「魔王」にもとづいていますので、
       著作権料を支払っていただきます」
子「お父さん、お父さん!きこえないの。JASRACがぼくになにかいうよ」
父「落ち着きなさい、魔王の著作財産権はすでに切れているよ」
JASRAC「もはや音楽なしの生活はありえません。音楽文化は貴方達をここちよくゆすぶり、踊り、歌うのです。
       そして著作権料を支払わなければなりません。
子「お父さん、お父さん!見えないの、あの暗いところにJASRACに天下ろうとしている官僚が」
父「見えるよ。だが、あれはゆとり教育政策の責任をとらされて左遷になった文部科学省の官僚だ」
JASRAC「愛しているよ、日本銀行券。お前の美しい姿がたまらない。力づくでもつれてゆく!」
子「おとうさん、おとうさん!JASRACがお金を持っていこうとするよ」

父親はぎょっとして車を全力で走らせた。
著作権料のかからない君が代を歌う息子をつれて、やっとの思いで喫茶店についた。
喫茶店はJASRACに10年分の使用料を請求され、すでに潰れていた。

797 :水先案名無い人:2005/08/24(水) 19:02:30 ID:31F/0etb0
>>796
ワロタw

798 :水先案名無い人:2005/08/24(水) 19:27:55 ID:fwoXB/zp0
>>796
うまい、久々のヒット。

799 :水先案名無い人:2005/08/25(木) 01:14:08 ID:KsgS+jnf0
>>799>>796を見て笑えない人。














すなわち、一度爆撃を受けた俺様だOTL

800 :水先案名無い人:2005/08/25(木) 01:41:33 ID://jbUQTA0
>>799
詳しく。

801 :水先案名無い人:2005/08/25(木) 14:02:45 ID:KhA1YdxP0
拾ってきた。

ガンダムSEED DESTINY GENERATION of C.E. part5
http://game10.2ch.net/test/read.cgi/gamerobo/1124906148/133

133 名前:それも名無しだ[sage] 投稿日:2005/08/25(木) 09:59:03 ID:EnRzDXSh
 こんな朝に、光と風の中に車を走らせるのは誰ろう。
 それは父と子だ。父はおびえる子をなだめている

父   「息子よ、なぜ顔が青いのだ」
子   「お父さんにはGENE of C.E.が見えないの。リアル形体で戦闘している」
父   「あれは格好良いじゃないか・・・」
C.E.  「かわいい坊や、買っておくれ。面白い遊びをしよう。自軍は厳しい制限内で編成できるし、自分達が強くなると
     敵も節操なく強くなるよ。」
子   「お父さん、お父さん!きこえないの。GENE of C.E.がぼくになにかいうよ。」
父   「落ち着きなさい、あれはプロモーションの一環だよ」
C.E.  「いい子だ、私と一緒に遊ぼう。私のもっさりシステムがもてなすよ。お前をここちよくゆすぶり、堕落させ、時間を掛けるのだ」
子  「お父さん、お父さん!見えないの、あの本日発売の棚のところにC.E.がよりにもよって大量に!」
父  「見えるよ。だが、発売日だからそりゃ並んでるさ」
C.E. 「愛しているよ、坊や。お前の発売前は楽しみにしていた姿がたまらない。力づくでも遊ばせる!」
子  「おとうさん、おとうさん!GENE of C.E.を買えと店員が脅す!GENE of C.E.でぼくにひどい目を見せようとする!」

 父親はぎょっとして、店をあわてて飛び出した。嫌がっている子供を両腕に抱え、やっとの思いでこのスレを覗いた・・・
 腕に抱えられた子はすでに絶望しきっていた。

802 :水先案名無い人:2005/08/25(木) 15:39:00 ID:1B1pD3u30
こんな夜更けに、闇と風の中にバイクを走らせるのはだろう。
それは父と子だ。父はおびえる子をひしと抱きかかえている。

父   「息子よ、なぜ油をさすのだ」                     
子   「お父さんにはメカ沢が見えないの。第2ボタンがとれてて、「根性」Tシャツを着ている・・・」                                  
父   「メカ沢大変だ!デス高と戦争だぜ・・・」
メカ沢 「心配いらねえ。俺一人がイモ引いたことにしとくからよ。」
子   「お父さん、お父さん!きこえないの。メカ沢は頼りにされてるよ。」
父   「落ち着きなさい、メカ沢は顔がでかいよな。」
メカ沢 「そっか?私と一緒に行こう。私の弟がもてなすよ。お前らに壊され、茶筒になり、ケータイ化したのだ。」
子   「お父さん、お父さん!見えないの?あの暗いところにメカ沢の新OSが!」
父   「見えるよ。だが、CDプレーヤーが壊れてしまっている。直せないかな?」
メカ沢 「あ、ムリムリ。俺、機械オンチだから・・・」
子   「それはひょっとしてギャグでいっているのか!?」

父親はぎょっとしてメカ沢バイクを全力で走らせた。
あえぐ子供を両腕に抱え、やっとの思いでクロ高に着いた・・・
腕に抱えられた子は「ひょっとしてお父さんはヨッチャン!?。」

803 :水先案名無い人:2005/08/25(木) 18:35:21 ID:fw3Tcr1u0
クロ高ワロスwwwww

804 :水先案名無い人:2005/08/25(木) 18:52:21 ID:W7ufxbAz0
 こんな夜更けに、闇と風の中に馬を走らせるのはだろう。
 それは父と子だ。父はおびえる子をひしと抱きかかえている。

父   「息子よ、なぜ顔を隠すのだ」
子   「お父さんにはバディが見えないの。黒人で、やせた顔をしている・・・」
父   「あれは鏡だ・・・」
バディ 「かわいいナッティや、一緒においで。面白い遊びをしよう。大学にはやせる薬が残っているし、金の服を女がたくさん用意して待っているよ。」
子  「お父さん、お父さん!きこえないの。バディがぼくになにかいうよ。」
父  「落ち着きなさい、お前の声がこだましているだけだよ。」
バディ 「いい子だ、私と一緒に行こう。私の女たちがもてなすよ。お前をここちよくゆすぶり、踊り、歌うのだ。」
子 「お父さん、お父さん!見えないの、あの暗いところにバディの女が!」
父 「見えるよ。だが、あれは誰のでもない女だよ。」
バディ「愛しているよ、ナッティ。お前の醜い姿がたまらない。力づくでもつれてゆく!」
子 「おとうさん、おとうさん!バディがぼくをつかまえる!バディがぼくをひどい目にあわせる!」

 父親はぎょっとして、馬を全力で走らせた。あえぐ子供を両腕に抱え、やっとの思いで館に着いた・・・
 腕に抱えた子の脂肪はすで筋肉になっていた。


805 :水先案名無い人:2005/08/25(木) 23:48:37 ID:erBJf1Ap0
【魔王・第二章】

闇と風の中に馬を駆っていた父と子が魔王の馬車に追突
 ↓
「力づくでもつれてゆく!」 「つれて行かれたら館に帰していただけるんですね」などの
会話を経て金の服に。
 ↓
指とアナルで面白い遊びをし、「汚い穴だなぁ」などと罵られる
 ↓
娘のここちよいゆすぶりでで「アッー アッー!」と悶える
 ↓
魔王に局部を見せながら父と娘に尻の穴を見せる。「気持ちいい!」と悶えながら
男性自身を勃起させる。このあと、父がコンドームをつけ、子に背後から
挿入。「アッ、アッ、アッ、アッ!」と子は勃起させながら声をあげる。
 ↓
魔王も加わり4Pが始まる。ヤラれるばかりだった子が一転、攻勢に出て、
魔王を下にして犯し始める。小刻みに腰を振りながら、「アッー、アッー、イク!」
と叫んで、子も魔王の腹に勢い良く射精。


あとケツに古いしだれ柳の幹を差し込んで 3回まわって「ワン」と吠えたらしい。

806 :水先案名無い人:2005/08/25(木) 23:52:08 ID:nyOOsbpf0
別の意味で暗い話になってるw

807 :水先案名無い人:2005/08/26(金) 10:57:50 ID:t0+qlxAj0
 こんな夜更けに、闇と風の中に馬を走らせるのはだろう。
 それは父と子だ。父はおびえる子をひしと抱きかかえている。

父   「息子よ、なぜ顔を隠すのだ」
子   「お父さんには兄貴が見えないの。ガチムチをまとって、長いフンドシを着ている・・・」
父   「あれはたなびく霧だ・・・」
魔王 「かわいい坊や、一緒においで。面白い遊びをしよう。ビーチには汗臭い筋肉質が焼いているし、白の子種を俺のデカマラがたくさん用意して待っているよ。」
子  「お父さん、お父さん!きこえないの。兄貴がぼくになにかいうよ。」
父  「落ち着きなさい、枯葉が風にざわめいているだけだよ。」
魔王 「いい子だ、私と一緒に行こう。ガチムチの兄貴たちがもてなすよ。お前をここちよくゆすぶり、しゃぶり、孕ますのだ。」
子 「お父さん、お父さん!見えないの、あの暗いところに兄貴のフンドシが!」
父 「見えるよ。だが、あれは古いしだれ柳の幹だよ。」
魔王「愛しているよ、坊や。お前の美しい姿がたまらない。力づくでもつれてゆく!」
子 「おとうさん、おとうさん!兄貴がぼくをつかまえる!兄貴がぼくをひどい目にあわせる!」

 父親はぎょっとして、馬を全力で走らせた。あえぐ子供を両腕に抱え、やっとの思いで館に着いた・・・
 腕に抱えられた子はすでに丸刈りだった。

808 :水先案名無い人:2005/08/26(金) 18:37:05 ID:STAjHqAt0
487 :代打名無し@実況は実況板で :2005/08/22(月) 23:20:38 ID:jONpXF2v0
今度はこの路線ですかw

風のようにグラブを駆り 落球しゆく者あり
腕に小坂 帯びゆるを しっかとばかり抱きにけり

(○ε○)<こさっち 何故顔を隠すか
(・ヘ・)<ハツさん そこに見えないの エカが居る 怖いよ
(○ε○)<こさっち それは澤井じゃ

(´エカ`)<かわいいこさっちおいでよ おもしろ野球をしよう 
      清原にローズ ベテラン4番がたんとある

(・ヘ・)<ハツさん ハツさん 聞こえないの エカが何か言うよ
(○ε○)<なあにあれは ライトのざわめきじゃ

(´エカ`)<こさっち 一緒においでよ 用意はとうに出来てる
      ジャビットと踊って遊ぼうよ 空調でドームランもさしたげる
      いいところじゃよ さぁおいで

(・ヘ・)<ハツさん ハツさん それそこにエカの娘が
(○ε○)<こさっち こさっち ああそれは 枯れた小宮山悟じゃ

(´エカ`)<かわいや いい子じゃのうこさっち じたばたしても強奪するぞ

(・ヘ・)<ハツさん ハツさん エカが今 ボクをつかんで連れてゆく

ハツも心おののきつつ 喘ぐこさっちを抱きしめ
辛くもマリンに着きしが こさっちは既に息絶えぬ

809 :水先案名無い人:2005/08/26(金) 18:51:43 ID:qMUrXWFB0
連中はどうしようもないね

810 :水先案名無い人:2005/08/27(土) 16:38:52 ID:F4R0M7HB0
時事ネタで即興で作ってみたんだが、こんなのしかできんかった…orz
改良求む

 こんな夜更けに、闇と風の中に馬を走らせるのはだろう。
 それは綿貫父子だ。父はおびえる子をひしと抱きかかえている。

父   「息子よ、なぜ顔を隠すのだ」
子   「お父さんには小泉が見えないの。クールビズと称して、かりゆしを着ている・・・」
父   「あれはたなびく霧だ・・・」
小泉 「かわいい坊や、一緒においで。面白い改革をしよう。郵貯・簡保には340兆円もの資金があるし、造反議員への刺客を私の支持者がたくさん用意して待っているよ。」
子  「お父さん、お父さん!きこえないの。小泉がぼくになにかいうよ。」
父  「落ち着きなさい、枯葉が風にざわめいているだけだよ。」
小泉 「いい子だ、私と一緒に行こう。私の国民たちがもてなすよ。郵政事業をここちよくゆすぶり、踊り、民営化するのだ。」
子 「お父さん、お父さん!見えないの、あの暗いところに小泉の娘が!」
父 「見えるよ。だが、あれは古いしだれ柳の幹だよ。」
小泉「愛しているよ、坊や。トナミの美味しい利権がたまらない。力づくでも民営化する!」
子 「おとうさん、おとうさん!小泉が造反議員に刺客を送り込む!小泉がトナミ運輸をひどい目にあわせる!」

 父親はぎょっとして、自民党を離党した。あえぐ子供を両腕に抱え、やっとの思いで国民新党を立ち上げた・・・
 トナミ運輸はすでに会社更生法の適用を受けていた。

811 :水先案名無い人:2005/08/27(土) 17:35:51 ID:AOEzAPYb0
ピコワロスww

812 :810:2005/08/27(土) 18:03:56 ID:F4R0M7HB0
今見たら小泉の娘のままになってる…orz
まぁ、自民公認の女性候補(刺客)とでも脳内変換してくだされ

813 :水先案名無い人:2005/08/27(土) 19:12:12 ID:uQQsyQiq0
ちょっと杜撰すぎ

814 :水先案名無い人:2005/08/29(月) 01:19:17 ID:f7WN7RD50

http://2style.net/maido/R3_temp.swf?inputStr=%82%DA%82%A4%82%E2%81A%82%BB%82%EA%82%CD%8B%B7%96%B6%82%B6%82%E1

815 :半端でスマンが:2005/08/30(火) 22:02:57 ID:QAXcnr8G0
 こんな夜更けに、闇と風の中に馬を走らせるのはだろう。
 それは父と子だ。父はおびえる子をひしと抱きかかえている。

父   「息子よ、なぜ顔を隠すのだ」
子   「お父さんには綿貫が見えないの。太陽をかぶって、国民を照らしている・・・」
父   「あれはたなびく霧だ・・・」
綿貫 「かわいい坊や、一緒においで。面白い選挙活動をしよう。HPには面白い4コマが置いてあるし、利権を私の仲間がたくさん用意して待っているよ。」
子  「お父さん、お父さん!きこえないの。綿貫がぼくになにかいうよ。」
父  「落ち着きなさい、枯葉が風にざわめいているだけだよ。」
綿貫 「いい子だ、私と一緒に行こう。私の4コマたちがもてなすよ。お前にここちよく読ませ、笑わせ、[印刷する]のだ。」
子 「お父さん、お父さん!見えないの、あの暗いところに綿貫太陽が!」
父 「見えるよ。だが、あれは古いしだれ柳の幹だよ。」
綿貫「愛しているよ、坊や。お前の清き一票がたまらない。力づくでも投票(い)れさせる!」
子 「おとうさん、おとうさん!綿貫が4コマを印刷させる!綿貫がぼくを国民新党ハイルにさせる!」

 父親はぎょっとして、馬を全力で走らせた。あえぐ子供を両腕に抱え、やっとの思いで投票所に着いた・・・
 腕に抱えられた子には投票権は無かった。

816 :水先案名無い人:2005/08/31(水) 01:54:13 ID:L3IawB8y0
オチにワロタwそりゃそうだなw

817 :水先案名無い人:2005/08/31(水) 13:54:57 ID:eaA0YWio0
藤岡弘、探検隊風に改変しようとして挫折したorz

818 :水先案名無い人:2005/09/01(木) 12:34:15 ID:3tDZ5UdV0
投票権はナカタにワロタ

369 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)