5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【ここは上州】草津温泉統合スレッド・12【草津の湯】

835 : なんでもない草津共同湯ストーリー♪ :05/01/23 16:07:30 ID:RFoEjFWk

場所知らなきゃ絶対行かないだろう坂道を、
どんどん上がってってすこし下った先が地蔵の湯。
古い木造浴舎に硫黄色のかわいい湯畑。
そばには赤いエプロンの守り地蔵♪

湯の入口におバァさん。イスに腰かけ、首にかけた
タオルで額の汗ぬぐってる。
「お湯、ど〜だった?」 話しかけてみる。

「いいよぉ〜ココの湯は」と、おバァさん。
「どっから来たの」、「栃木」。男湯の戸が開き、
連れのお爺さんも参加。
「いつ来たの?」、「きのう」、「いつまでいるの?」、
「今日帰る」。「なに作ってるの?」、「お米」
…道端にしゃがんでおしゃべり。

農家やってて毎年ふたりで草津に来るんだという。
老夫婦の誰と比べるでもない暮らしぶりを聞く。

白髪頭に焼けた顔、刻まれた深いシワ。
笑うと眼がハニワみたいに線になる。
無防備で、つくろいのない人たち。

湯小屋前の路地は陽光ふり注ぎ、どこまでもおだやか。
旅先で時おり出くわすホッとする瞬間。
長くは続かないけど時間がとまる。旅の手応え感じる瞬間。

「…んじゃ、ぼちぼち」、腰を上げるおジイさん、
同時に席立つおバァさん…あうん。
しばらくふたりの後姿を見送る。振り返るだろうか?
振り返った。立ち止まり、笑顔でお辞儀する老夫婦。
こちらも会釈、最敬礼…「ありがとね♪」

221 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)