5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【黒澤明】★影武者★+★乱★

1 :この子の名無しのお祝いに:04/11/10 22:39:31 ID:SZH+10te
Amazon.co.jp: DVD: 影武者
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00007FOVL/249-0117182-2963517
影武者 - goo 映画
http://movie.goo.ne.jp/contents/movies/MOVCSTD6018/
* 黒澤明作品完全サントラ盤、制作レポート * 2002.3.18 「影武者」音楽・余談
http://66.102.7.104/search?q=cache:SIDGmJ2SrxgJ:www.cinematopics.com/toho/diary/output.php%3Fnumber%3D61%26offset%3D40+%E5%BD%B1%E6%AD%A6%E8%80%85%E3%80%80%E9%BB%92%E6%BE%A4%E3%80%80%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%A9&hl=ja
人形会館松葉彌の店頭から  
http://www.sekku-world.com/640-480/min-5-window.htm

前スレ【黒澤明】影武者【武田騎馬軍団】
http://that3.2ch.net/test/read.cgi/rmovie/1066455706

2 :この子の名無しのお祝いに:04/11/11 01:24:25 ID:/vQuGFZc
Amazon.co.jp: DVD: 乱
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000086F7U/ref=pd_bxgy_text_2/249-0117182-2963517
乱 - goo 映画
http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD17601/index.html
Amazon.co.jp: DVD: 黒澤明 創造の軌跡 黒澤明ザ・マスターワークス補完映像集
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00008NKBU/ref%3Dnosim/arelax-22/249-2961925-6025911
黒澤監督 やすらかに
http://www.icofit.net/information/secrets/director_kurosawa.html


3 :この子の名無しのお祝いに:04/11/11 08:52:21 ID:6OMA0jwI
【教授】クラシック任侠道・初代【降臨】
http://music4.2ch.net/test/read.cgi/classical/1099912787/
映画板で論破されて
泣きベソかいて去って行った負け犬が
遠く(板違い)で吠えてます。

4 :この子の名無しのお祝いに:04/11/11 21:14:14 ID:6h0pqpF2
>>1,2,3
 スレ殺陣乙。
 でも、「影武者」、「乱」といった大作を一緒にしてしまっていいのか?

5 :この子の名無しのお祝いに:04/11/21 17:42:05 ID:2V9ciuQC
セットで評価していいんじゃない。

それにしても「影武者」スレほど賑やかじゃないな・・・。

6 :この子の名無しのお祝いに:04/11/22 01:50:12 ID:JIKdPjBn
「乱」のオープニング、大好き

7 :この子の名無しのお祝いに:04/11/22 02:34:07 ID:8iAvKlCX
「影武者」のオープニング、凄すぎ

8 :この子の名無しのお祝いに:04/11/22 08:58:11 ID:f1o72aKS
影武者は主人公らしくない主人公、一風変わったストーリー、異色でイイ!

9 :この子の名無しのお祝いに:04/11/22 21:51:11 ID:F+fExtUa
「どですかでん」以降、自殺未遂を経た黒澤は崩れた主人公しか
造詣出来なくなって行く。「トラ!トラ!トラ!」の失敗に相当の
ダメージを受けたようだ。

10 :この子の名無しのお祝いに:04/11/22 22:47:36 ID:tOGv/Nro
「影武者」と「乱」どっちが好きと聞かれたら俺は「影武者」だな。

11 :この子の名無しのお祝いに:04/11/23 20:03:14 ID:tnU6diEI
影武者って、仲代さんで良かったと思う?

12 :この子の名無しのお祝いに:04/11/23 21:20:06 ID:hi1FknhM
>>11
じゃ、今生きてる役者だと・・・・西田敏行辺りで撮り直してみる?

13 :この子の名無しのお祝いに:04/11/26 22:37:22 ID:LsYnJQtE
大滝秀治はまたまた山県昌景。

14 :この子の名無しのお祝いに:04/11/29 00:27:20 ID:l/ONuy96
一文字秀虎の兜の前立てが好き。「明」の太陽と月のやつ。

15 :この子の名無しのお祝いに:04/12/09 19:56:40 ID:EiuXB3jP
 なぜか、レスが少ないな。アゲ。

16 :この子の名無しのお祝いに:04/12/10 03:31:22 ID:l/dCA7xT
もう、何書き込んでも概出かも、って空気

17 :この子の名無しのお祝いに:04/12/12 02:53:09 ID:k2FTFYYg
六本木ヒルズでやってる黒澤明アート展行ったけど、
武田信玄や楓の方のスクリーン等身大の絵コンテの迫力
には圧倒されましたですよ。

18 :この子の名無しのお祝いに:04/12/13 02:54:41 ID:bSwcZsly
「影武者」の隆信長を超える信長は今後出ないだろうな。

隆信長かっこよすぎ。

19 :この子の名無しのお祝いに:04/12/15 03:25:24 ID:1RiNiD53
ホモの作った映画だもんね

20 :この子の名無しのお祝いに:04/12/15 03:28:53 ID:Gm7R8oDT
ホモ・サピエンスですな

21 :この子の名無しのお祝いに:04/12/15 12:58:09 ID:1RiNiD53
男色野郎が作った映画か

22 :この子の名無しのお祝いに:04/12/15 16:52:15 ID:oOlYzL6E
>>19 >>21
ホモの書いたレスは無視の方向で

23 :この子の名無しのお祝いに:04/12/29 15:56:13 ID:7zyD0GqF
奥山:黒澤さんのは『影武者』と『夢』ですか。
黒澤さんの演出はどうだったですか?非常に贅沢な演出ですよね。

倍賞:『影武者』の門のシーンや『夢』なんかでも、ハリボテじゃないほんものの門の前に
役者さんを立たせてくれるので、気持ちいいですよね。
ほんものの前で芝居をするっていうのはほんとに気持ちいいものなんですよね。
今、簡単なものの言い方してますけれど。

倍賞:ええ。でも私も20代30代の監督さんになるとわかんないですね。でも今の若い人の映画の話って、みんな小じんまりしてるでしょ。映画自体や話も。

奥山:それは、だって、以前に比べて予算が少ないからじゃないんですか。

倍賞:いや、それじゃあ、そういう意味で、もっと人間を掘り下げるとか、出てくる人物それぞれが
もっといきいきとしてないと。
今、流行ってるからって映画を撮っても、それは残ってく映画じゃないでしょ。
残ってく映画っていうのは、心の奥を揺さぶる映画なんだと思うんですよね。
映画そのものはいっぱい作られてるんですけどね。

http://www.bestlife.ne.jp/bestlife/baisyou/04.html


24 :この子の名無しのお祝いに:04/12/30 20:30:50 ID:JyJ/PiZ7
スターウォーズのジョージルーカス
地獄の黙示録のフランシスコッポラの友情に助けられ
今黒澤明が世界に問う!
空前の超大作!

25 :この子の名無しのお祝いに:04/12/31 05:40:08 ID:luq/qE98
「影武者」もいいが、「乱」をもっと語ろうぜ。
三の城攻防シーンはとても75才の監督が撮ったとは思えないほど迫力があったね。

26 :この子の名無しのお祝いに:04/12/31 10:48:37 ID:aHlaIK/Z
>>25
あれは凄まじい合戦シーンだった。大殿の配下たちがいかにも精鋭らしく頑強に抵抗する様子がいい。
いよいよ最期というときに、階下から「大殿、さらばじゃ!」と呼ばわって斬り込んで行くあたりは
格好良すぎだった。

27 :この子の名無しのお祝いに:04/12/31 15:53:40 ID:NlfgpJnr
「大殿、さらばじゃ!
 もはやこれまで
 御覚悟を!」

「男子、出陣に際し女人に心を残すべからず。」
「慎むべし!」

「勇ましいお言葉じゃ。だが言葉だけでは戦には勝てません。」

「この鉄(くろがね)、殿には仕えたが
 楓の方に仕えた覚えは御座いません」

「乱」にはいい台詞が山ほどある。
「影武者」もだけど。



28 :この子の名無しのお祝いに:05/01/01 19:15:23 ID:Ss/2mDrU
 オレは仙台人だけど、仙台では1月3日の深夜に「乱」の放送がある。

 「はっ、これは?!」
 「なんと、あの末の方、実は狐だったとは!」
 「これは、稲荷の狐じゃ」
 「さては、狡猾な狐、今度は石に化けおったか」
 「くろがね!くろがね!く・ろ・が・ね!!」
 

29 :この子の名無しのお祝いに:05/01/01 20:09:51 ID:4TvSU07q
太郎冠者とかあんな雰囲気だな。
黒澤監督がにこにこしながら、
「さては末の方は狐の化身だったか。・・・まずはご用心。ごめん」
とカメラの後ろで台詞をなぞっているのが見えるようだな。

しかし三の城落城シーンは圧巻だな。
よくみれば、無意味に兵隊が駆けずりまわているだけなんだけど、
映像のリズムがさ。寄せ手が背旗はためかせ、わらわら迫ってくる
カットの積み重ねが、やっぱ始めて見ると皆息を呑むんじゃないの?

30 :この子の名無しのお祝いに:05/01/01 21:56:29 ID:bZGyYhXi
そうかなあ・・。
『ラン』も『影武者』も今ひとつだったけどなあ・・・。

31 :狂阿弥:05/01/02 03:35:13 ID:VM+gsSy4
「あの殿はのぅ、風の中の瓢箪よ。あなたにひょ〜ろりこ、こなたにひょ〜ろりこ!
本丸にぃ〜、瓢箪吊るして、面白やのぅ、面白やのぅ〜!」
「わっははははは〜〜!!」

32 :この子の名無しのお祝いに:05/01/02 12:26:50 ID:siAJeDAu
FOXLOBERの画質最悪のDVDで「乱」みてるよ。
だって国内版の乱は高かったから。今度、買いなおしてみるか。

なんつうかさ、OPの巻狩りで家督相続をさかいに、徐々に一文字家が
崩壊していく様が怖くてさ。
楓の方が「大殿のご正室のお行列」に道を譲れいうあたりから・・・。

シェイクスピアの「リア王」いうのはけして家庭内争議のドラマでなく
人間の愚かしさから、安泰な王国がついには滅ぶ宇宙崩壊の悲劇を舞台化
したものなんだけど・・・。
「乱」はこの、宇宙崩壊や王国の滅亡の雰囲気、スケールの壮大さもふくめ
よく映像化してると思う


33 :この子の名無しのお祝いに:05/01/02 20:42:28 ID:SoyzXQsE
「殿は楓の方に鼻毛の下を読まれましたな」
by 鉄

34 :この子の名無しのお祝いに:05/01/03 02:41:58 ID:aSsgGatY
バンッ!!
「やい、女狐!!策を弄して一文字家を滅ぼしてしまいおって!!
今こそ思い知ったか、女の知恵の浅はかさを!!」
「浅はかではありませぬ。親兄弟の恨みが積もったこの城が落ちて
燃えるのを、わらわはこの目で見たかった」
「うぬっ!!」
ズバッツ!!ブシューーーーーッツ!!
「殿、もはやこれまででござる。この鉄もお供つかまつりまする。
みなも、覚悟せよ!!」

35 :この子の名無しのお祝いに:05/01/03 05:45:32 ID:STvXxqQR
今見てるけどこれって史上最大のクソ映画じゃ?

全然面白くないし迫力もない

36 :この子の名無しのお祝いに:05/01/03 05:47:20 ID:STvXxqQR
つーかカメラやマイクの発達で
役者の細かい声や顔の表情撮れるようになったのに
なんでその映画で舞台風の演技だと

黒沢明がなにしたいのかわからん

37 :この子の名無しのお祝いに:05/01/03 08:08:11 ID:YPiHr2Bv
>三の城落城シーンは圧巻

CASSHERNみて乱をおもいだした
なんかアクション場面が書き割り臭いんだわな

思うにクロさんはバリーリンドンしたかったんだと思う
あれで1億ドル稼げるとマジで信じていたというQ監督ナイス

38 :この子の名無しのお祝いに:05/01/03 08:54:00 ID:ztyenpki
キューブリック・スレでもまともに相手にされなかったクダらん意見を
こっちにも書き込むなよ

39 :この子の名無しのお祝いに:05/01/03 16:58:40 ID:jy9kmegx
バリーリンドンじゃなく、「軽騎兵旅団の突撃」(邦題 遥かなる戦場)だというのに・・・。


40 :この子の名無しのお祝いに:05/01/04 05:34:16 ID:lPR3R4Tv
「神や仏はいないのか、畜生! いるなら聞け! お前らは気まぐれないたずら小僧だ!
天上の退屈しのぎに人を殺して喜んでやがる。やい! 人間が泣き叫ぶのがそんなに面白いか!」

「言うな! 神や仏を罵るな! 神や仏は泣いているのだ。いつの世にも繰り返すこの人間の悪行、
殺しあわねば生きていけぬ人間の愚かさは、神や仏も救う術はないのだ。泣くな! これが人の世だ。
人間は幸せよりも悲しみを、安らぎよりも苦しみを追い求めているのだ。見ろ! 今あの一の城では、
人間どもがその悲しみと苦しみを奪い合い、殺しあって喜んでおるわ!」


41 :この子の名無しのお祝いに:05/01/04 11:40:52 ID:9mSSL8RA
邦画で乱を越える合戦場面(まあ、書割くさいいうのはしょうがない。
戦国絵巻の再現ねらったし、乱はどちらかといえば監督の絵コンテに基づく
「絵画的な映画」だから)はないだろう。

いや、角川のアレとかいわれたら価値観の相違になるが(w

しかしキャシャーンなんか見に行ったのかよ・・・。
いや、ガンダムとかにくらべられたら、黒澤は書割かもナ(ww

42 :この子の名無しのお祝いに:05/01/04 19:34:52 ID:VmXjwpsb
 「影武者」にせよ「乱」にせよ、いい映画なんだけど、腐女子、気晴らしで映画を見ている人
には人気がないんだよな。テーマがあまりにも重過ぎる。外国人とかには、「いかにもニホンの
サムライだ!」という感じでウケるんだろうけど。「影武者」、「乱」が封切られた頃は、オレは
厨房、工房だったけど、学校では全然話題にならなかった。厨房、工房では、やっぱ、アクション、
ホラー映画が人気があったな。

43 :この子の名無しのお祝いに:05/01/05 14:56:09 ID:f6E85mWG
「書割」の意味も知らずに使ってる人がいるね。

44 :この子の名無しのお祝いに:05/01/05 15:03:07 ID:JeuLVZdE
>>39
バリー信者でしょ明ちゃん

でも映画で舞台劇すな

45 :この子の名無しのお祝いに:05/01/05 22:58:07 ID:kYM7Iyez

厨丸出しのオマエ、キューブリック・スレでも言われただろ

 オ マ エ は ク ド イ

46 :この子の名無しのお祝いに:05/01/06 10:13:00 ID:PIJrJPoQ
影武者はまだ楽しめたが

 乱 は つ ま ら ん


47 :この子の名無しのお祝いに:05/01/07 03:58:08 ID:Stripv1w
乱って遠距離カメラで登場人物とか詰めてとってあるんでしょ?

黒沢明が発明した技法はいぱいあるらしいけど
本人が生かせてないような?

48 :この子の名無しのお祝いに:05/01/07 16:09:22 ID:62Kj9eoZ
「影武者」と「乱」は海外で評価が高い。

「影武者」
カンヌ国際映画祭 グランプリ
英国アカデミー賞 監督賞 衣装デザイン賞
フランス・セザール賞 最優秀外国語映画賞
ベオグラード国際映画 最優秀芸術賞 作品賞 美術賞
ダヴィッド・デ・ドナテッロ賞 監督賞
ヴィットリオ・デ・シーカ賞
イエズス会文化センター サン・フェデーレ賞
テキサス州ヒューストン映画祭 最優秀作品賞
チリ映画祭 最優秀映画賞
イスラエル政府より 最優秀映画賞
イタリア批評家賞 最優秀監督賞
ヴェネズエラ文化映画センター 最優秀外国映画賞

「乱」
米国アカデミー賞 衣装デザイン賞
ニューヨーク批評家協会 最優秀作品賞
全米批評家協会 作品賞 撮影賞
英国アカデミー賞 最優秀外国語作品賞
カンヌ国際映画祭 特別賞

49 :この子の名無しのお祝いに:05/01/08 05:25:57 ID:SynHwwTw
>>48
海外で評価の高い映画は、なぜか、国内では評価が低い。その逆はたくさんあるけど。
例えば、韓流、「踊る大捜(ry)(w

50 :この子の名無しのお祝いに:05/01/13 21:14:18 ID:V0RSx7Dw
>>48
ガイジンがひっかかりやすい映画だったということでおま

51 :この子の名無しのお祝いに:05/01/15 16:34:51 ID:0b4gxMVG
>ガイジンがひっかかりやすい映画だったということでおま

絵が読めない人にはつらい映画だとは思う。

その逆の人には至福の映画だが。

52 :この子の名無しのお祝いに:05/01/15 17:27:56 ID:FhXo3vg1
こんど出るクライテリンのDVDは3時間版なんだな。個人的には
海外版の方が出来がいいと思うんだが、もう2時間40分版は
観れなくなっちまうんだろうか?


53 :この子の名無しのお祝いに:05/01/15 17:29:01 ID:FhXo3vg1
↑影武者の話な


54 :この子の名無しのお祝いに:05/01/15 18:34:24 ID:v7PymtJr
>48
>ニューヨーク批評家協会 最優秀作品賞
>全米批評家協会 作品賞 撮影賞

この二つが凄い。映画祭の賞とは質が違うぞ。

55 :この子の名無しのお祝いに:05/01/15 22:53:49 ID:a7DFYsI0


  70才を超えて日本映画の興行記録を塗り替えカンヌでグランプリを獲った黒澤天皇は神!




56 :この子の名無しのお祝いに:05/01/15 23:46:31 ID:ecjOnhd5
まあ、天皇は神の子孫なわけだが

57 :この子の名無しのお祝いに:05/01/16 05:45:01 ID:ZjNp9avf
影武者、七人の侍、生きる、乱、蜘蛛巣城、もう何十回も見てきたけど、
黒澤は本当の日本の姿や日本人の性質を撮りたかったと思う。
だからこそ外国で受ける。しかし日本人はカッコイイ外国文化に憧れる。
過去を捨てて新しい生き方を探す。それだけの違い。

58 :この子の名無しのお祝いに:05/01/19 02:39:23 ID:KwjGN8U2
高倉健と言えば、彼が「乱」に出るという話があった。
「乱」は仲代達矢演ずる一文字秀虎と3人の息子の話だが、
次男の次郎正虎(根津甚八)の一の家来に鉄修理という人物がいる。
この役は結局井川比佐志がやることになったが、当初は高倉健が本命だった。
黒澤さんは詳細な絵コンテを描くことで有名だが、
ある日「乱」の製作室を訪ねたときに黒澤さんに1枚の絵コンテを見せられた。
それは武者姿の高倉健で、まぎれもなく高倉健だった。
黒澤さんは「いままでに見たことが無い高倉健を見せてあげますよ」と言った。
条件が会わなかったようでこの話は成立しなかった。
後日、「乱」のプロデューサーになった原正人氏にこの絵コンテの話をしたら、
原さんは、「健さんがその話を聞いたら喜んだろうになぁ。彼は本当は出たがっていたんだよ」と言っていた。

映画「乱」製作秘話
ttp://www.iijnet.or.jp/NORI/documentary/hiwa2.html

59 :この子の名無しのお祝いに:05/01/20 01:40:52 ID:SknRRONU
>>51
>絵が読めない人にはつらい

全部記号じゃん

崇高な自然とか、骨肉相食む地獄絵図とか、あらかじめそういうキーワードがあって
それにあわせて撮影している

し ら け る

60 :この子の名無しのお祝いに:05/01/20 02:41:12 ID:4VfPOmBL

俺は黒澤映画で「乱」が一番好きだ。

とにかくあの映像美に圧倒されてしまうのよ。
武満の音楽は重厚かつ悲壮感があっていいし
狂った仲代達矢は名演技をしているし井川や加藤もいい味出してる。
次郎軍対三郎軍合戦シーンの撮影技術も凄い。

この映画は出来たら映画館で見てほしい。
三の城炎上シーンの迫力はスクリーンで見ないと味わえないよ。


61 :この子の名無しのお祝いに:05/01/20 03:31:40 ID:NEGkKRBJ
>>60
死ぬほど同意。

62 :この子の名無しのお祝いに:05/01/20 03:45:56 ID:iu/nNVIz
>>51

じゃあこう言おう。
目の悪い人にはつらい映画。

63 :この子の名無しのお祝いに:05/01/20 04:22:59 ID:SknRRONU
>>60
劇場でみて死ぬほど眠かった

その後TVでも通しでみたが
よく眠らなかったものだと自分を褒めたい

映像美という名の記号が2時間20分続く拷問映画 それが乱

64 :この子の名無しのお祝いに:05/01/20 11:40:44 ID:aeGnd1l6
>>63
オマエが最後まで眠らずに見たわずかな映画の中で
自信を持って傑作と呼べる映画のタイトルを挙げてみろ

65 :この子の名無しのお祝いに:05/01/20 12:27:24 ID:OWJSYIRc
一週間ほど前に乱をレンタルして毎日のように見ています。
家にテレビが一台しかないのですが、家族がいるときも
迷惑を顧みず、すきさえあればビデオを再生します。
もうかえさなあかんのが寂しい。それよりも映画好きの姉や母
がまっっったく興味を示さないのも寂しい。



66 :この子の名無しのお祝いに:05/01/20 13:52:31 ID:NEGkKRBJ
>>63
貴方の感性、錆付いてますね。
何だか可哀想・・・


67 :この子の名無しのお祝いに:05/01/20 14:15:07 ID:CGqmqIOb
ショーケンのかつよりのキャスティング
こんなにマッチしたものは無いと思う。

68 :この子の名無しのお祝いに:05/01/20 15:19:13 ID:pe/6909+
三兄弟が信号色の装束を着てる時点で既に駄作だろ

69 :この子の名無しのお祝いに:05/01/20 22:35:09 ID:OzxJpQxG
「乱」は美術がね〜・・・衣装や鎧のゴテゴテ感がなんとも気に入らないんだよな〜。
返って「影武者」の無骨ながら堂々とした鎧、質素ながらセンスのいい衣装も良い。
館もいかにも甲斐だな〜って思うし。
乱は明らかに外人受けを狙っていると思う。

70 :この子の名無しのお祝いに:05/01/21 00:43:34 ID:xxlS0Gax

>>乱は明らかに外人受けを狙っていると思う。

典型的な下衆の勘ぐりだな

71 :この子の名無しのお祝いに:05/01/21 01:01:55 ID:2U0SxrYB
>>69
ワダエミが「影武者」の衣装を批判していたけど「乱」のほうがダサいよね。
三郎の兜なんか特に。

72 :この子の名無しのお祝いに:05/01/21 01:03:30 ID:2U0SxrYB
ちなみに映画は「乱」のほうがドラマチックで好き。

73 :この子の名無しのお祝いに:05/01/21 01:20:15 ID:RRmk0L4D
どっちもつまんないよ

74 :この子の名無しのお祝いに:05/01/21 01:24:14 ID:s5XHJ3ne
影武者の化学繊維のテカリに
マンガ戦国武将ゲームみたいな
有名人の羅列がなあ・・・。

まあ、ラストサムライとか好きな人とかに人気有るんじゃない?

75 :この子の名無しのお祝いに:05/01/21 01:45:58 ID:2U0SxrYB
みんなとにかく>>48を見ましょう。

日本映画があれだけ海外で評価されているなんて素晴らしいじゃないか。



76 :この子の名無しのお祝いに:05/01/21 01:49:29 ID:2U0SxrYB
特に
>イスラエル政府より 最優秀映画賞
>ニューヨーク批評家協会 最優秀作品賞
>全米批評家協会 作品賞 撮影賞


こんな凄い賞貰ったの日本映画では黒澤さんの「影武者」と「乱」だけですよ。

77 :この子の名無しのお祝いに:05/01/21 02:58:03 ID:V9vx5R+o
あと「乱」はロサンゼルス映画批評家賞の外国映画賞と音楽賞も獲ってる。
アメリカの権威ある批評家賞全てで受賞していることになりますね。

78 :この子の名無しのお祝いに:05/01/21 04:01:41 ID:rj2NqJbj
>アメリカの権威ある批評家賞全てで受賞していることになりますね。

1980年代のベストムービーにも
選ばれてたはず。


79 :この子の名無しのお祝いに:05/01/21 05:54:45 ID:C/H5qzCh
スピルバーグは「プライベート・ライアン」のノルマンデイー上陸作戦の場面を
「乱」の手法そのまま取り入れて静寂の中の残虐を描いている。


80 :この子の名無しのお祝いに:05/01/21 07:18:49 ID:xxlS0Gax
>>79
ちぎれた自分の腕を拾い上げる兵士は、明らかに「乱」への言及ですな

81 :この子の名無しのお祝いに:05/01/21 10:30:12 ID:nNJDIjNs
>69
衣装はともかく鎧は使い回しと監督のインタビューに書いてあったが。
たしか

最初に「乱」を撮りたかったが東宝からダメ出しを食らったので言葉は悪いが「乱」の準備もかねて鎧を作りました。

こんな感じのインタビュー。
キネ旬の黒澤特集だったと思う。

82 :この子の名無しのお祝いに:05/01/21 14:49:00 ID:LnQ1s4/B
>>80
その上 確かDデイ生存者の目撃証言にあった 腕拾い

83 :この子の名無しのお祝いに:05/01/21 20:50:15 ID:MvyvJeBB
狂っている時の一文字秀虎はまるで仙人みたいだな。
風貌もそうだが高い城壁から飛び降りたり凄いスピードで疾走したり。

あとこの映画はアクション映画だよね。
特に秀虎の家来が馬に跳ね飛ばされて次々迫ってくる
馬に踏まれそうになる場面は凄かった。

84 :この子の名無しのお祝いに:05/01/22 04:24:52 ID:EmGW91b7
>>75
フジヤマゲイシャサムライそれに乱ってな

85 :この子の名無しのお祝いに:05/01/22 05:32:16 ID:+l3ufANz
そういえば、以前にも黒澤スレで、イチローの活躍を伝える日本の報道は
大袈裟な捏造だ、みたいなことをホザいていたキチガイがいた。

自分がミジメで卑しくて人から相手にされないから、自分と同じであるはずの日本人が
海外で活躍したり高く評価されたりすることを認めたくないのだろう

>>84 オマエも まさにその典型だな・・・ 

86 :この子の名無しのお祝いに:05/01/22 05:47:37 ID:UpmyuPgx
↑懐かし板に毎日粘着して黒沢関係スレをメンテしてる異常嗜好者。人物レベルは愚息なみ。


87 :この子の名無しのお祝いに:05/01/22 06:30:53 ID:+l3ufANz

    ↑
こんな早朝にも拘わらず、レスを返す速度の早さに笑った

さすが毎日粘着して黒沢関係スレを荒らしている単なるキチガイ!

88 :この子の名無しのお祝いに:05/01/22 11:47:37 ID:HQASbCeM
「乱」という作品は感動やカタルシスを期待して見ると、肩透かしを
食らわされるので駄作だということになるが、映像美や様式美に拘って
見ると結構楽しめると思う。
そういう意味では、ブラームスの交響曲第4番に通じるものがあるなw

89 :この子の名無しのお祝いに:05/01/22 12:39:30 ID:udgzmR65
黒澤なんて世界じゃほぼ無名だよ。
世界で評価されてるのは北野武だけ

90 :この子の名無しのお祝いに:05/01/22 13:59:19 ID:+ofwqUux
>>88
「カタルシス」の意味を誤解してるな。

「カタルシス」は、辛く、苦しい中にこそ存在するものなのですから・・・。

カタルシス
http://www.sam.hi-ho.ne.jp/mountain-field/Feeling-Place/column6.htm

91 :この子の名無しのお祝いに:05/01/22 20:02:46 ID:EmGW91b7
>>88
映像美というコンセプトがまずあって
それにあわせて絵がつくってある
だからこそつまらん

92 :この子の名無しのお祝いに:05/01/22 22:23:49 ID:P0MBpOad
>>91
美しいと思えないんだろあれを?
正直になれ。

93 :この子の名無しのお祝いに:05/01/23 01:46:34 ID:FYNKPBWP
>>84
>フジヤマゲイシャサムライ
昔はそうだったが今は

クロサワ ソニー ホンダになってる。

94 :この子の名無しのお祝いに:05/01/23 06:47:46 ID:65UsRb6y
>>91
オマエが最後まで眠らずに見たわずかな映画の中で
自信を持って傑作と呼べる映画のタイトルを挙げてみろ
この嫌味粘着が

95 :この子の名無しのお祝いに:05/01/23 17:55:32 ID:pW6jjK97
>>94
バカ粘着>>91はスルーで。

96 :この子の名無しのお祝いに:05/01/23 19:01:11 ID:SbBxdyCJ
黒沢死んじゃって黒沢信者って高齢者で老衰の焦りと時代への劣等感丸出しだね

97 :この子の名無しのお祝いに:05/01/23 19:43:41 ID:tdCs04sr
信者とアンチと通りすがりのキチガイしかいない。
それが黒沢スレ。

98 :この子の名無しのお祝いに:05/01/23 20:01:16 ID:0oYKXosi
どうでもいいが、「影武者」も語れよ
過去レスの「ショーケンの勝頼はナイスブッキング」にはコメントしてwやれよ

99 :この子の名無しのお祝いに:05/01/23 21:11:31 ID:BM0HE//0
『影武者』は日本語字幕つきで見返したらけっこう楽しかった。
DVDは色もキレイだし。あきらかに長過ぎるし、シナリオも無理あるが、
ショーケン勝頼も、ま、力みすぎなのがいいんでない?

100 :この子の名無しのお祝いに:05/01/23 21:46:00 ID:sVYyOV8B
映像美、というと『イワン雷帝』に近い印象だな。
大仰で、役者を型にはめたような演出。
俯瞰したような視点は、エイゼンシュテインより
ダイナミズムを欠くも、これはこれで素晴らしい。
『乱』は、末の方がいなかったら、、、大変!

101 :この子の名無しのお祝いに:05/01/23 23:33:39 ID:rtefqtOA
影武者はな〜
仲代が生真面目すぎていまいちユーモアがだしきれないんだな

102 :この子の名無しのお祝いに:05/01/24 05:20:28 ID:DV+/0EHS
黒澤は仲代に、これは信玄の悲劇なのだから面白く演じないでくれ、と言ったそうな
つまり主役の演技におかしみやユーモアを求めていなかった・・・というよりも
それらを排したかったと思われる

103 :この子の名無しのお祝いに:05/01/24 05:31:46 ID:CX5PameQ
後年、飛行機内で黒沢久雄に遭った勝は、
お父さんに、今度ゴルフでもやりましょう、と伝えておいて下さい。
と言ったそうな。 ホッとする話だ・・・・

この映画、ニューロティックな異常神経映画でもありますね。
自分の目の前で、自分を守るために人がバタバタと死んでいくのを眺めているうちに
自分でも自分のことを巨大なカリスマだと信じ込んでしまう男の話・・・

極めてユニークな怪奇映画の側面も持った映画だと思う。
「黒き死の仮面」も実現していたら凄い映画になっていただろうに

104 :この子の名無しのお祝いに:05/01/24 05:41:40 ID:lB7zwUVH
勝新で影武者見たかったというのと、
役所コウジでラスサムの勝元見たかったのを一緒にしちゃ駄目?

105 :この子の名無しのお祝いに:05/01/24 06:22:56 ID:O67bdJqO
>>98
ショーケン、いいじゃん。
どこがだめなん?

106 :102:05/01/24 06:54:49 ID:DV+/0EHS
>>103
おい、そのレス、以前 私がどこかに書いたレスのコピペじゃないか

今朝の私のレスの次に私の過去レスのコピペをするとは・・・果てしなくマヌケな奴
頭の悪い奴の悪事はすぐに発覚しますな・・・

107 :この子の名無しのお祝いに:05/01/24 13:51:54 ID:WNIfRHCN
>黒澤は仲代に、これは信玄の悲劇なのだから面白く演じないでくれ

勝が降ろされた理由がこれ。


108 :この子の名無しのお祝いに:05/01/24 14:19:11 ID:uurowD1W
黒澤とショーケンの対談で遠まわしに
ショーケンのワンパターン演技を黒澤にちくちくダメだしされてたね

109 :この子の名無しのお祝いに:05/01/24 14:37:07 ID:SZtldkDV
>107
あれは、勝新が演技のためといってVTRを回していたのが実は、TVだかビデオ販売会社に売ろうとしていたので降ろされた理由だと聞かされた。

110 :この子の名無しのお祝いに:05/01/24 17:00:47 ID:vrFu3uVb
幾らなんでも ソレ考えにくいな。
まるで香港じゃん。
でも勝ちゃんは「悪気と常識」無いからなあ・・

111 :この子の名無しのお祝いに:05/01/24 19:19:12 ID:O67bdJqO
>>108
対談って、影武者やる前のでしょ?
撮ってる最中だったの?

112 :この子の名無しのお祝いに:05/01/24 21:40:22 ID:sQZRxnmo
「影武者」観ました。
ラストの合戦シーンは、あれでよかったのでしょうか・・
詳しい方に聞きたいです。

113 :この子の名無しのお祝いに:05/01/24 22:37:42 ID:6x0ErME9
「物足りない」「何かが抜け落ちている」「ひとつ抜いたな」
いうと
「いや見せない事で完結している」「あれは見せない事を前提にした完成作品だ」と
公開直後の黒澤本人発言も含め評価がある。。

ただし黒澤本人も影武者製作中から、「乱」のための踏み台、習作、目標・乱と
発言しているはず。

百家争鳴だな(w

114 :この子の名無しのお祝いに:05/01/24 22:44:59 ID:FXpxSCve
>>102
後づけクサイな
そもそもどうして勝が選ばれたのかというと
その存在じたいがどこかふてぶてしいユーモアだったからですよね
仲代ではあの臭いはだせない

115 :この子の名無しのお祝いに:05/01/24 22:47:53 ID:FXpxSCve
>>113
影はなんで信玄にほれて影を務める気になったのだろう
ツボが割れてそこからナンマイダー体勢のモノホンがでてきてびっくり
それで心酔というのではいくらなんでも跳びすぎてやしないか

116 :この子の名無しのお祝いに:05/01/24 22:54:35 ID:d22XMyWj
>>115
心酔する箇所は瓶が割れたところじゃなくて、諏訪湖に
それを沈める荘厳なシーンだよ。

117 :この子の名無しのお祝いに:05/01/24 23:19:56 ID:FXpxSCve
>>116
遺体を捨てるところみて心酔するんかね
も っ と わ け わ か め

118 :この子の名無しのお祝いに:05/01/24 23:20:34 ID:NvQMCZnh
>>116
いや、最初に対面したときでしょ。

なかなか評価の厳しい仲代だが、
たしかに鼠族を演じるには少々上品で、勝が演じたほうがよりユーモアのある影武者になったかもしれないが、
戦国武将・武田信玄の高邁さや威厳などはものすごく上手に表現できていたと思う。
影武者の時でも、「山は、動かぬものぞ」のシーンなんか、「信玄になった鼠盗」をよく演じていた、と思うのはワシだけか?

119 :この子の名無しのお祝いに:05/01/24 23:22:30 ID:FXpxSCve
>>118
映写機が故障したのかとオモタ

仲代はどうも存在感からして生真面目すぎる
現代劇だとけっこうユーモアもこなせるんだが

120 :76年対談から:05/01/24 23:46:48 ID:uurowD1W
>>111
黒澤「それから、この間もテレビ見ながら笑っちゃったんだけど。
すごく深刻なシャシンが、喜劇みたいになっちゃうのね、俳優さんが
顔にばかり力いれるから。顔っていううのは自由にしといてさ、心に
感じるものを出さなきゃ。自由にしておくからこそ、顔に心が自然に出るんでね。
そういう自然な顔している人は、近頃ほんと珍しいね。昔はすごく顔に
力いれているスターが、いたよな、いろいろ。御大なんて言われている連中で。
でも。若い人が、ああ気張って、こりかたまった顔しちゃ、まったくいただけないね。
監督だって、手をつけられないよ。見てると、自分で一番いいと思っているような
顔が、三種類くらいあるんだよね。何かというと、それをかわりばんこに、出す。(笑)」

萩原「なんか、オレ、自分のこと言われてるみたいだな。(笑)」
黒澤「いい子だ、なかなか聞き分けがいい(笑)、ほんとに。でも、これが自分の
一番いい顔、っていうのを持ってる役者は、だめだね。いつでも、そいつを持ってくるから。」    

121 :この子の名無しのお祝いに:05/01/24 23:50:13 ID:sQZRxnmo
112です。
>>113さん、有難う御座いました。

僕も勝新が信玄だったらなぁと思っていましたが、
>>118さんが仰られるように、「信玄になった鼠盗」
を上手く演じていたと思います・・。

122 :この子の名無しのお祝いに:05/01/25 00:11:10 ID:zujl5xjl
>いい子だ、なかなか聞き分けがいい

黒沢カッコいい

123 :この子の名無しのお祝いに:05/01/25 03:23:08 ID:64qa18mv
萩原も映画界ホモのお相手でお仕事もらって生きてきた芸人やからなあ。悲惨なものだ

124 :この子の名無しのお祝いに:05/01/25 06:21:11 ID:PphHsgva
なつかし映画板の精神異常者の本日のIDは 64qa18mv か・・・
深夜から各スレ回ってご苦労さん
皆、オマエの死を願ってるよ


>>いい子だ、なかなか聞き分けがいい

おぉぉ〜 室戸半兵衛の台詞だ

125 :この子の名無しのお祝いに:05/01/25 12:03:07 ID:+ICHZl4e
「まあ、聞きなさい」

↑これもよく黒澤映画によく使われるセリフだね

126 :この子の名無しのお祝いに:05/01/26 02:44:11 ID:8ivw7aVZ
『乱』は中一の時、劇場に友人と観に行った。
すごいと思った。思わず2度観た。

127 :この子の名無しのお祝いに:05/01/26 03:06:07 ID:g6HQPuvN
幼稚園年長組のときに祖父につれられて新幹線大爆破を観て感激した
同じ日に今度は父にせがんでもっかい観にいった

128 :この子の名無しのお祝いに:05/01/27 17:20:48 ID:/npWGR0X
>>115
>>116
>>118

最初に対面したとき、影武者は信玄に悪態をつく。
数え切れないくらい大勢の人間を殺してきた男に、悪党呼ばわりされる覚えはねえ!と。
「悪党呼ばわり」というところで、信玄の眼力に圧倒され、どもる。
これに対して信玄が、
誰かが天下を取らねば、人殺しはいつまでも続くぞ、
と答える。
これで影武者はまいっちゃったようだね。
ははぁー、とひれ伏す。


129 :この子の名無しのお祝いに:05/01/27 22:04:45 ID:2VO+skG6
>これで影武者はまいっちゃったようだね。

ところが、お前
この台詞、海外版ではカットしたのよ
黒澤は。
NHKの番組でも
「この理屈に納得して平伏するわけじゃないんだよ」(という意味のこと)
を仲代に説明してる。
つまり、この台詞があるとそう誤解される可能性があると考えて
海外版ではカットしたわけだ。


130 :この子の名無しのお祝いに:05/01/27 22:06:10 ID:t8NqYogO
>>128
それだけでははーですかい
いうだけいって途中でとんまに死んじゃったっていうのにか

131 :この子の名無しのお祝いに:05/01/28 05:08:15 ID:p7Jk56n0
黒澤スレには時々現れますな
自分の脳内妄想にしがみつき、間違いを指摘されても
それを事実だと言い張って決して間違いを認めないイタ〜イ手合いが・・・

例えば、カンヌに出品された「影武者」が短縮版だったと言い張り続けているアホ
    (実際には3時間版です)

黒澤は「進め龍騎兵」を見て育ったと言い張るヘンな奴
    (黒澤が26歳の時に製作された映画を見て育ったってか?)

そして今、これらを上回る輩が登場した!!!
>>129 だっ!!!

一分一秒でも早くカウンセラーに診てもらうことをお勧めする
手遅れになったら家族とご近所に迷惑をかけるぞ

132 :この子の名無しのお祝いに:05/01/29 20:51:16 ID:C9MV2eCS
乱、乱らら乱乱乱〜、乱、乱ららら〜

133 :この子の名無しのお祝いに:05/01/29 21:31:35 ID:EX2c7lAQ
>>123
ショーケンは、嘘か本当か、ビスコンティのオファーを断った岡田真澄を、
「駄目だな─、尻くらい貸せよ。ビスコンティだぜ、ビスコンティ!」
と言った逸話があると同時に、出鱈目な人間であるようだが、
いい監督には従順で、勝新よりずっと感心な役者馬鹿だと思う。

134 :この子の名無しのお祝いに:05/01/29 21:32:46 ID:EX2c7lAQ
>>131
>>129が出てくるとお前も出てくるわけだな?

135 :この子の名無しのお祝いに:05/01/29 22:30:38 ID:Qo1xUH7K
>>129
最近、海外版見たけど、その台詞あったよ。
理屈に納得したんじゃないというのは、その通りだと思うけど。

136 :この子の名無しのお祝いに:05/01/29 23:19:19 ID:JQyTDo9T
>>120
76年の対談なら、一緒に仕事する前だよね。
影武者は80年公開だから、いくらなんでも4年前ならオファもまだないんじゃ?
前略おふくろ様やってる頃かな?

137 :この子の名無しのお祝いに:05/01/29 23:19:45 ID:HkAo0hib
西村雄一郎の本「巨匠のメチエ」を読んでるんですが
なぜか微妙にムカムカしてくるのはなぜでしょうか・・・。

138 :この子の名無しのお祝いに:05/01/29 23:28:49 ID:Qo1xUH7K
>>137
それ読んだ。
誰の発言がイライラする?

139 :この子の名無しのお祝いに:05/01/30 19:42:49 ID:QZAVJtpM
最近出た「死ぬまでに観たい映画1001本」て本の中で、
「乱」がむちゃくちゃ誉められてる。寄稿者はイギリスの映画記者。

 ・死ぬまでに観ておきたい1001本の中でも、確実にトップ10に入る。
 ・「乱」の戦闘シーンを越えるものは今も出ていない。
 ・演技は見事なものから完璧の域に達しているものまである。
 ・「乱」は人生の知恵を「たった」2時間40分で示してくれる。
 ・これを見ているあいだ、時間は一時停止してしまう。   等々・・・

それ程かよ・・・、って感じだがやっぱりシェイクスピアものは海外では評判いいのかな?

140 :この子の名無しのお祝いに:05/01/30 22:06:29 ID:sZX3lRKO
>>139
なんか価値観違うんだろうな。
俺は、こんな道徳臭くしないでいいんだよ、と思ったけどな。
影武者の方が面白かったけど、
あれは戦国時代に詳しくなきゃ無理か。

141 :この子の名無しのお祝いに:05/01/30 23:46:03 ID:zfBSZvEP
戦国時代ファンとしては、『影武者』はちょっと……
俺は断然、『乱』の方が好き。
あれぐらい架空の話になってくれないと、黒澤歴史劇はファンタジックすぎてキツイな。
『乱』はやっぱ話が面白かったし、画面の力もずっと充実していたと思う。

142 :この子の名無しのお祝いに:05/01/31 01:25:22 ID:SpwMeug9
ちょっと……どうなのかね

143 :この子の名無しのお祝いに:05/01/31 02:33:58 ID:xTuzm3Z1
「影武者」

カンヌ国際映画祭 グランプリ
英国アカデミー賞 監督賞 衣装デザイン賞
フランス・セザール賞 外国語作品賞
ベオグラード国際映画 最優秀芸術賞 作品賞 美術賞
ダヴィッド・デ・ドナテッロ賞 監督賞
ヴィットリオ・デ・シーカ賞
イエズス会文化センター サン・フェデーレ賞
テキサス州ヒューストン映画祭 最優秀作品賞
チリ映画祭 最優秀映画賞
イスラエル政府より 最優秀映画賞
イタリア批評家賞 最優秀監督賞
ヴェネズエラ文化映画センター 外国語作品賞

「乱」

アカデミー賞 衣装デザイン賞
ニューヨーク批評家協会 外国語作品賞
ロサンゼルス批評家協会 外国語作品賞 音楽賞 経歴賞
全米批評家協会 外国語作品賞 撮影賞
英国アカデミー賞 外国語作品賞 メイクアップ賞 脚色賞
カンヌ国際映画祭 特別賞

144 :この子の名無しのお祝いに:05/01/31 03:47:40 ID:6T8KysXV
>>139
二百三高地のほうが戦闘シーンはすげえぞ

>>145
フジヤマゲイシャカブキノウ、ブシドーケンドーアキラクロサワ

145 :この子の名無しのお祝いに:05/01/31 03:49:30 ID:6T8KysXV
>>145

143だな

146 :この子の名無しのお祝いに:05/01/31 03:58:19 ID:xTuzm3Z1
>>144
>フジヤマゲイシャカブキノウ、ブシドーケンドーアキラクロサワ

能と武士道はいいがフジヤマゲイシャカブキを黒澤と一緒にすんなや舛田厨w
おまえの好きな舛田は海外では全く評価されていないからね〜。残念!

147 :この子の名無しのお祝いに:05/01/31 04:04:29 ID:xTuzm3Z1
>>139

シェイクスピアの本場イギリスで絶賛されているのが凄いんですよ。



148 :この子の名無しのお祝いに:05/01/31 05:02:48 ID:zWgGNY5E
>二百三高地のほうが戦闘シーンはすげえぞ

角川の「天と地と」も好きでしょ?

149 :この子の名無しのお祝いに:05/01/31 05:17:31 ID:xTuzm3Z1
「二百三高地」も「天と地と」も三の城炎上シーンの迫力に比べるとしょぼいな。
ただ闇雲に大砲ぶっ放してエキストラ大勢出せばいいってもんじゃない。


黒澤映画の戦闘シーンには静と動の調和、そして哲学と美学がある。


150 :この子の名無しのお祝いに:05/01/31 05:37:18 ID:6T8KysXV
>>146
♪べいべー、すにーかーぶるーす♪

>>147
だったら資金はなぜフランス

>>148
春やんのは北朝鮮のマスゲーム

>>149
おとし穴に機関銃乱射・・・ぐわーっプライベートライアンなんざ子どもだまし

151 :この子の名無しのお祝いに:05/01/31 05:38:45 ID:6T8KysXV
>黒澤映画の戦闘シーンには静と動の調和、そして哲学と美学がある。

あらかじめそういう言葉があって、それにあわせて絵が設計されている
論ずる側も作り手のその言葉で論ずるのだ

152 :この子の名無しのお祝いに:05/01/31 05:44:24 ID:xTuzm3Z1
>あらかじめそういう言葉があって、それにあわせて絵が設計されている


名作、傑作と言われている映画は全てそうなのだ。


凡作、駄作と言われている映画は違うけどね。



153 :この子の名無しのお祝いに:05/01/31 06:09:27 ID:avspiOMi

馬鹿の一つ覚えしか書き込めない退屈なクズが相変わらず必死に粘着しているな

キサマは今後、「それにあわせて」と「フジヤマ」を使ってはならん

飽きた

154 :この子の名無しのお祝いに:05/01/31 06:15:23 ID:xTuzm3Z1
要するに「シナリオを書いてそれにあわせて絵コンテを書くのは邪道」
って意味だろ。

155 :この子の名無しのお祝いに:05/01/31 06:34:16 ID:/AaW/Evf
「乱」は、凄い。
それだけだ。

156 :この子の名無しのお祝いに:05/01/31 06:38:18 ID:xTuzm3Z1

80年代に74才の老監督がスペクタル時代劇を完成させる事自体凄い。

キューブリックやヒッチコックには到底真似できない偉業ですよ。

157 :この子の名無しのお祝いに:05/02/01 00:08:22 ID:R2D5DZho
>131
ん?「進め竜騎兵」と「遥かなる戦場」は黒澤のマイフェイバリットだよ。
いや26歳で黒澤の監督としての才能が成長をやめたと言い張りたいのなら
まあ、話は別だが(www


長篠合戦もってきたのも、要はテニスンの600騎全滅突撃を日本でやりたかった
黒澤のモダニズムだと思うのだが、
映画タイトルだけじゃなく、もちっと歴史を知らなきゃな、あんた(苦笑




158 :この子の名無しのお祝いに:05/02/01 04:42:27 ID:Y8sYz+mU
>>152
まさかぁ
真の名作っつーもんは作者の計算を超えたヴィジュアル言語にまで達したものだ

蜘蛛ノ巣城や用心棒にはそれがあった
乱はただの記号の羅列だ

159 :この子の名無しのお祝いに:05/02/01 04:43:44 ID:Y8sYz+mU
>>156
最後は敬老精神ですかい

74歳にしてオリンピック出場をめざす・・・マヌケだ

160 :この子の名無しのお祝いに:05/02/01 04:48:14 ID:Y8sYz+mU
>>154
脚本にあわせてるからいかんということではないよ
たださ、なんかこう、クロさんの頭のなかにはすでに完成後にこうやって批評されたいよーという
模範解答があって、それにあわせて問題が作られている感じがするんですね

で、実際に論ずる連中はまさに現代文の問題を解いていくノリで語るんですよ

 問3 三の城の攻防戦について思うところを200字で述べよ
 回答 骨肉相食む地獄絵図、親子の情も人間の業の深さを前にしては脆いうんぬんかんぬん

よくできましたー、で終わり。
そしてここの信者さんたちはまさにこれなんすよ。映画はセンター試験じゃないやいという
回答だって回答なのにね

161 :この子の名無しのお祝いに:05/02/01 05:42:38 ID:/SVyHZ0L
肉体的にも衰えた74歳の映画監督が「リア王King Lear」を撮ることは危険だし無謀だ。
しかし無事完成した「乱」は映画化された「リア王」の中でも最高傑作となった。

「乱」はシェイクスピアの本場英国で支持されていることに大変意義があると思う。
日本では不評でもね。

162 :この子の名無しのお祝いに:05/02/01 06:39:08 ID:/SVyHZ0L
>>160
答えは簡単。

「乱」が嫌いならこのスレにもう来るな。
いくら凡人が批判しても「乱」は凄いし面白いからしょうがない。


163 :この子の名無しのお祝いに:05/02/01 06:42:54 ID:wmaxArMC

例の気色の悪い粘着の必死の3連レス、大いに笑わせてもらった。
その必死さを哀れには思うが・・・こいつのレスは常に退屈だ
笑えるだけヨシとしよう

それから・・・>>157  
オマエは人にイチャモンをつける前に、自分が見当違いなことを言っていることに気付け


思えば「乱」とほぼ同時期、オーソン・ウェルズの「リア王」という企画もあったはず。
実現して欲しかったという思いは強いけれど、果たして当時のウェルズに
完成させる力が残っていたかどうか・・・

164 :この子の名無しのお祝いに:05/02/01 07:28:19 ID:Y8sYz+mU
>>161
そもそもリア王映画に傑作なんてあるんですかね

サムライシェイクスピアか・・・ 本国では酷評だらけなのに
ラストサムライが日本では受けてしまうようなもんか

165 :この子の名無しのお祝いに:05/02/01 07:29:33 ID:Y8sYz+mU
>>162
小論文で高得点とれることと
そのひとの文才はまた別ですぜ

166 :この子の名無しのお祝いに:05/02/01 07:45:22 ID:J+NjSlfi
>>164
「The Last Samurai」はimdbで7.9あるぞ。
http://imdb.com/title/tt0325710/?fr=c2l0ZT1kZnxteD0yMHxzZz0xfGxtPTIwMHx0dD1vbnxwbj0wfHE9bGFzdCBzYW11cmFpfGh0bWw9MXxubT1vbg__;fc=1;ft=20;fm=1
「乱」は8.4、「影武者」は7.8。三つともまあ妥当なんじゃないか?
俺は一番低い「影武者」以外は好きじゃないんだけど。

「乱」はリアリティよりも、
人工的で劇的な映画を新たに想像しようとしていることは理解できるし、
成功していると思うが、好き嫌いの問題として好きじゃない。
能にインスパイヤーされているところがあちこちに散見されているが、
能と違って演劇性が高いので、むしろ文楽に似てしまっている。





167 :この子の名無しのお祝いに:05/02/01 08:29:02 ID:stgUHkgZ
文楽か、なるほどね。
『蜘蛛巣城』はすごく能を感じたけど、
『乱』は狂言かな、と思ってはいたが。

168 :この子の名無しのお祝いに:05/02/01 14:14:31 ID:Y8sYz+mU
>>166
ここはだめ。信者が集中する
それに客こなかったんだよなあ
ぶんしんの評もけっこう冷酷だったし

>>167
これも作者の用意した模範答案なのかもな

169 :この子の名無しのお祝いに:05/02/01 14:52:22 ID:HL6GE4g7
>客こなかったんだよなあ

一般料金1500円の時代に配収16億。
そこそこのヒットだけど。
たけしの「座頭市」よりは入ってるよ。
「座頭市」が興収28億5000万円
配収なら半分の14億だし、1800円になってるしね。
「座頭市」が大ヒットって宣伝してるんだから
「乱」も大ヒットでいいでしょ。

>本国では酷評だらけなのに
ラストサムライが日本では受けてしまうようなもんか

アメリカでの批評はそんなに悪くはないけどね。
いろいろケチはつけられてるが。
傑作っていう人は少ないだろうけど。

170 :この子の名無しのお祝いに:05/02/01 15:04:21 ID:HL6GE4g7
>>160
いや、俺はこの映画見てる間はあの映像見てるだけで
思考停止状態だし、そんな屁理屈考えてる暇なかったけど。

終わった後も、ただひたすら美しく悲しいという思いだけ。

>骨肉相食む地獄絵図、親子の情も人間の業の深さを前にしては脆いうんぬんかんぬん

悪いけど俺そんな難しいことわかりません。

>人工的で劇的な映画を新たに想像しようとしていることは理解できるし

あなたも又小難しい理屈並べたがる人だね。
あの映像見て酔っ払わないで、そんな覚めた目で見られる人が
この世に存在するなんて、俺には信じられないけど。

171 :この子の名無しのお祝いに:05/02/02 01:57:06 ID:gHCE4PIH
ウディ・アレンの「夫たち、妻たち」では「乱」についてのジョークがある。

ヘルツォークの「彼方へ」では主人公の部屋の壁に「乱」のポスターが貼ってある。

172 :この子の名無しのお祝いに:05/02/02 02:39:29 ID:9uzmSMy4
「乱」のもくもくとのぼる入道雲がわすれられないよ。

173 :この子の名無しのお祝いに:05/02/02 04:09:28 ID:gHCE4PIH
三の城攻防シーンは環境音を排除して音楽だけ流しているのが凄い。
で、太郎が撃たれると同時に音楽が停止して今度は環境音に変わる。
こんな凄い演出が出来るのは世界でもクロサワとキューブリックぐらいではないか?

174 :この子の名無しのお祝いに:05/02/02 04:39:22 ID:gvmPjtqw
>>169
客こなかったというのはラスサムの話だって
この手の赤字大作は信者がつきやすいので実力以上に点がはいってしまう

サムライがネタのメロドラマというのがおおむねの評
わたしも同感

175 :この子の名無しのお祝いに:05/02/02 04:41:40 ID:gvmPjtqw
>>170
絵がきれいで動きが派手だとなんかうっとりしちゃうってこと、ないですか
井上陽水の歌は歌唱力とメロディはいいが、歌詞は結構陳腐なものが多い(すべてではないが)
それでも感動しちゃうひとは感動してしまう

176 :この子の名無しのお祝いに:05/02/02 06:07:40 ID:8XlGTYmv

>いい子だ、なかなか聞き分けがいい

俺だったらこの台詞は年下の女に使うけどなあ。
黒澤ってやっぱり男のほうが好きなの?

177 :この子の名無しのお祝いに:05/02/02 09:52:59 ID:gvmPjtqw
>>173
>三の城攻防シーンは環境音を排除して音楽だけ流しているのが凄い。

んなもん203高地でもやってらあ

178 :この子の名無しのお祝いに:05/02/02 09:53:45 ID:gvmPjtqw
>>172
入道雲なんざ夏になればなんぼでもみられる

179 :この子の名無しのお祝いに:05/02/02 09:54:41 ID:gvmPjtqw
>>171
>ヘルツォークの「彼方へ」では主人公の部屋の壁に「乱」のポスターが貼ってある

トップをねらえ!ではヤマトのポスターが部屋の壁にはってあるぞ

180 :この子の名無しのお祝いに:05/02/02 10:53:53 ID:zKFLpTy1

>>gvmPjtqw

オマエに頼みがある

もうここに来るな。 
オマエのレス、異様なまでの必死さの割りには毎度同じであまりにもつまらない・・・
オマエが大好きな大好きな「二十三高地」のスレ立てて、そっちで嫌われててろよ。本望だろ

181 :この子の名無しのお祝いに:05/02/02 11:39:54 ID:IW3syByM
>>167
ピーターは、完全に太郎冠者のつもりだね。

182 :この子の名無しのお祝いに:05/02/02 14:02:24 ID:yTDXyZai
>井上陽水の歌は

別に陽水に限定する必要はないぞ。
音楽なんてそんなものだろう。

フォーレやモーツァルトのレクイエム
バッハのマタイ
歌詞に感動してる奴なんていないだろ。

183 :この子の名無しのお祝いに:05/02/02 18:01:45 ID:t8uRNPqC
>>168
信者って言葉をどういう意味で使っているのか説明してくれ。
俺の見る限りこのスレに「黒澤の映画だからいい」とか、
「映画はこうでなければならない」といった自分の理屈を
絶対視して作品を論じたりしてる異見はほとんどいない。
>>170>>172のように、余計な解釈を施さず素直に映画を
楽しんでいる人がほとんどだ。
信者という言葉は俺の理解では君を形容するのに適した表現だ。
語の意味が双方で違っていればコミュニケーションは成立しない。
まず、信者という語の意味を説明してくれ。

184 :この子の名無しのお祝いに:05/02/02 19:17:37 ID:IW3syByM
>>183みたいに必死なのが信者(w

185 :この子の名無しのお祝いに:05/02/02 20:32:01 ID:6HrF7opd
>>184=>>168か?
これが答えってことでいいのかい?

186 :この子の名無しのお祝いに:05/02/02 23:54:55 ID:O6wyt9cZ
gvmPjtqwって本心は楓の方に首切られてレイプされてほしいと思っているんだよ。

187 :この子の名無しのお祝いに:05/02/03 00:16:19 ID:SvfeMB5N
鉄修理

面白い名前だ。

188 :この子の名無しのお祝いに:05/02/03 08:24:20 ID:XIozTDg7
>>182
でもねえ、映画のきもってやはりドラマなんすよ
ましてやああいう恩讐ものはそう

オペラとしては一級なのかもしれんが
戯曲としてはB級っつーとこやね

189 :この子の名無しのお祝いに:05/02/03 08:28:19 ID:XIozTDg7
>>183
そうやってやたらクロサワクロサワと繰り返すところが私には少々

人間の強欲とか権力欲とか、そういうアクティブな感情を描くことについては世界クラスの
天才だと思うが
悲しみとか哀愁とか、そういうパッシブなものはこの監督苦手なのね
引かなきゃいけないところで演出が押しまくる
例えば悲壮さを描くのに、悲壮な武満ミュージックがこれでもかーとパワフルに押し寄せてくる
それで乱は白けるのです

190 :この子の名無しのお祝いに:05/02/03 15:59:01 ID:aB9Jq4e8
>映画のきもってやはりドラマなんすよ

映画のきもってやはり映像なんすよ。


191 :この子の名無しのお祝いに:05/02/03 17:10:46 ID:VK775slr
アンコウのきもってやはりグロイんですよ。

192 :この子の名無しのお祝いに:05/02/03 17:14:24 ID:Y2xiR7Ls
>>191
ダウンタウンのコーナーで「アンコウを食らう」というのがあったね
そんとき浜ちゃん、ぶら下がってるに包丁突き刺して生身が出てきたら
「うえぇぇうえぇぇ」って吐いたっけw

193 :この子の名無しのお祝いに:05/02/03 20:31:36 ID:jJQ68eqt
>>189
>そうやってやたらクロサワクロサワと繰り返すところが私には少々

監督の名を連呼することが<どうなのか>っていう肝心のところが抜けてて
ちょっと分かりづらい。
それと事実誤認ぽい。俺は「黒澤」は一箇所、例示として使ってるだけだし。
別に他の監督の名でもいいけど、このやり取りなら当然「黒澤」というべきところだよ?
もし、他の人のレスのことなら、レス番を示して欲しい。
このスレ全般ということなら、黒澤作品のスレだから、黒澤の名が頻繁に出て
くるのは俺は当たり前のような気がするけど?

2段目は自分の感想を述べてるんだろ? それは別にいいんだけど、というか
俺がいいとかわるいとか言うべきことでもないし。
その部分は俺に対するレスじゃないのかな?

194 :この子の名無しのお祝いに:05/02/04 17:44:15 ID:viPBtdXs
>>190
映画のきもって脚本なんすよ

195 :この子の名無しのお祝いに:05/02/05 01:22:05 ID:rOd8QSw/
アンチ乱の人には「メイキング・オブ・乱」をお薦めしたい。

これ見ると黒澤天皇がこの映画に全力を注いでいるのがよく分かる。

特に次郎軍と三郎軍の合戦シーンをやぐらの上から演出している時の黒澤天皇はマジ凄いです!

196 :この子の名無しのお祝いに:05/02/05 01:31:04 ID:rOd8QSw/
天皇「あれほど注意したのに馬が手前に来ないじゃないか!馬鹿ーー!!!!」

天皇「(三郎軍のエキストラに)いいかー!突撃じゃないからな。敵に追われているんだぞ」

天皇「おまえ(助監督?)が余計なこと言うから埃撒いちゃうだろが!俺が言うからさ!」

197 :この子の名無しのお祝いに:05/02/05 01:38:49 ID:rOd8QSw/
あと三の城炎上シーンではエキサイティングな撮影にもかかわらず
落ち着いて平然と演出している黒澤天皇はさすがに貫禄があった。

198 :この子の名無しのお祝いに:05/02/05 03:13:24 ID:t8+pFAqT
乱の加藤武は一番光っていたな。
彼を一文字秀虎にすればよかったと思うよ。

199 :この子の名無しのお祝いに:05/02/05 06:29:45 ID:I0ntxnhq
>>195
それ、黒沢が凄いことは布教できても
乱が凄いこととはまた別なんでないですかい

メイキングが凄くて、でも実際のフィルムがショボーンな映画なんて掃いて捨てるほどあるというのに

200 :この子の名無しのお祝いに:05/02/05 15:05:51 ID:t8+pFAqT
影武者には乱みたいにキラリと光る台詞がなかったな。
「おまえが阿呆をいい。おれが真をいう。
 つじつまがあったら、おなぐさみだ」

201 :この子の名無しのお祝いに:05/02/05 16:04:31 ID:nSnr4pnF
>>199

快楽亭ブラックさん
こんな所で遊んでるなんて暇なんですね。

202 :この子の名無しのお祝いに:05/02/05 17:31:35 ID:4zF0Bw5k
この辺で、「天皇」の名言集をおながいします。

203 :この子の名無しのお祝いに:05/02/05 19:15:57 ID:8dx82yJz
乱、影武者に、土屋さん三船さんは出なかった。
後期黒澤映画を象徴するなんだね。

204 :この子の名無しのお祝いに:05/02/05 21:32:49 ID:mg136a4U
>>198
加藤武の声は吹き替えで担当しているのは星一徹の声優らしい。
>>199
メイキング見てから「乱」見ると100倍面白く見れるから一度見てみろ。
>>200
「乱」は小国英雄が脚本に加わっているからかな?


205 :この子の名無しのお祝いに:05/02/06 00:55:17 ID:R1yaQHzj
>>202
黒澤「本物の天皇に会ったとき自分も天皇と呼ばれておりますと言いたかったけど言えなかった」

206 :この子の名無しのお祝いに:05/02/06 10:35:48 ID:gjSy+RUU
>>205
かわいいねぇ

207 :この子の名無しのお祝いに:05/02/06 17:39:10 ID:jpRkoOz2
>>204
>メイキング見てから「乱」見ると100倍面白く見れるから一度見てみろ

メイキングは面白いかもしれんが本編はつまらん

208 :この子の名無しのお祝いに:05/02/06 17:44:29 ID:9oOMVhca

オマエの芸の無い しつこい粘着ぶりがつまらん

209 :この子の名無しのお祝いに:05/02/07 02:03:22 ID:1IjhhiWF
>「おまえが阿呆をいい。おれが真をいう。
 つじつまがあったら、おなぐさみだ」

このシーンは秀虎と狂阿彌が別々のセリフ言うんだけど、ちゃんと辻褄が合っているんだよね。
やっぱり脚本の完成度に唸らせられるよ。



210 :この子の名無しのお祝いに:05/02/07 14:29:57 ID:z5WyEdYO
>>209
舞台劇ならかっこいいかもしれんが
映画でやられるとわざとらしくて白ける

211 :この子の名無しのお祝いに:05/02/07 16:34:36 ID:saTurkc+


「映画」も「舞台」も分からない厨の
痛々しい知ったかレスは白ける

212 :この子の名無しのお祝いに:05/02/07 17:58:32 ID:XSzf2ci1
>>210
禿同

213 :この子の名無しのお祝いに:05/02/08 19:27:22 ID:+TD8b8eI
結局、「乱」の評価って
>>190
>>194
のどちらを取るかってことなんよね。
シナリオが悪いとは言わないが、
あまりにも話がわかりやすい。
わかりやすすぎるし、意外な展開がない。
だから馬鹿にされるのでは?
映像を第一と考えれば、これはもう、震える。

214 :にわか:05/02/08 20:03:30 ID:Jt+Yp1vV
最近、「蜘蛛巣城」みたんだがなんとなく「乱」と似てるね。
重厚なテーマといい空気感といい。
なんとなく感じただけだから、あまりつっこまれても困るけどね。

215 :この子の名無しのお祝いに:05/02/08 21:55:16 ID:9JJCFnG9
>>213
>映像を第一と考えれば、これはもう、震える

映像第一でも、震えなかった

ちぎれた腕をもってあーっとわめいているおっさんとか
絵の具であることがまるわかりの天井から滴る血
女たちのわざとらしい自害ぶり
ほかにはろくな建物がなくて天守閣だけがそびえているけったいな山城
おまけに富士がどこかの火山灰であることがみえみえの黒土

蜘蛛ノ巣城も建築としては変なんだそうだが
イメージ的にははるかに堅固だった

216 :この子の名無しのお祝いに:05/02/08 21:57:39 ID:9JJCFnG9
>>214
蜘蛛之巣城のほうが乱より1時間短かかった(と記憶している)
そのぶん圧縮されていてみなぎるパワー
細かなところで言いたいところはあるが
それでも蜘蛛のほうに軍配を上げたい

217 :にわか:05/02/08 22:10:12 ID:Jt+Yp1vV
検索してみたらどちらも原作シェイクスピアなんだね
どうも失礼しやした(・A・)

>>216
オレも蜘蛛の方が断然好きなんだけど
やっぱりカラーとモノクロの違いもあるんじゃなかろうか。
仮に同じセットでもカラーの方が安っぽくみえると思うなあ
しかし矢が刺さるってのは本当に痛そうだね。
見てて思わず「うっ」って声がでそうになる。

218 :この子の名無しのお祝いに:05/02/08 22:17:46 ID:qdIaBvRJ
>>216

お前が「乱」が嫌いなのはよくわかったから
このスレにはもう来るな。

清水寺みたいな舞台のある変な山城。
人間離れした変な動きの奥方。
そのわざとらしい発狂シーン。
セット丸わかりの老婆の小屋。

蜘蛛巣城でもケチつけようと思えば付けられるがな。


219 :この子の名無しのお祝いに:05/02/08 23:21:11 ID:Tq3xQH9i
俺が感動した「乱」のシーン

・オープニングで秀虎の家来が猪を探索しているシーン
・馬に乗った秀虎が猪に弓を引くシーン
・狂阿彌が遥か遠くの山を傍観してみんなが怪訝な表情をしているシーン
・うたた寝している秀虎の側に三郎が木の枝を突き刺し日差しよけにするシーン
・三郎が三本に束ねた矢を無理矢理折るシーン
・三郎と丹後が藤巻とその家来を秀虎の追っ手と勘違いして馬で逃走するシーン
・狂阿彌が太郎に向かって「あの殿はの風の中のひょうたん」と言って踊るシーン
・美しい夕日をバックに秀虎が末の方と面識しているシーン
・秀虎が裏切った太郎軍と次郎軍を天守閣から眺めているシーン
・三の城の入り口まで攻めてきた敵兵の兜に秀虎が刀で斬りつけるが刃が飛んでしまうシーン
・秀虎の家来が敵の馬にはじき飛ばされ続々とやって来る馬に踏まれそうになるシーン
・入り口の扉を閉めると同時に弓矢が次々と扉に突き刺さるシーン
・一文字太郎が撃ち死にするシーン
・燃え盛る城の中で秀虎が必死に刀を探して右往左往しているシーン
・太郎軍次郎軍の中を狂った秀虎が去っていくシーン


220 :この子の名無しのお祝いに:05/02/09 00:13:45 ID:KUaj1ipq
けど、蜘蛛巣>>>乱は事実。

221 :この子の名無しのお祝いに:05/02/09 00:25:49 ID:0KvDQNyr
>・馬に乗った秀虎が猪に弓を引くシーン

仲代達矢はこのシーンを撮るために一年間仕事をキャンセルして練習したらしい。

222 :この子の名無しのお祝いに:05/02/09 05:55:01 ID:xDWxPqU+

頭の悪さが痛々しい粘着野郎の本音

二百三高地>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>蜘蛛巣城>乱

223 :この子の名無しのお祝いに:05/02/09 10:04:46 ID:LmT8ieHS
>>218
いやーなんかさー蜘蛛之巣のときはああいう形式美、様式美の裏側に
世界屈指の天才アクション監督のパワーがみなぎっていて
細かいツッコミなんぞ重戦車ののりで踏み潰していく
そこに快感があるわけですよ

が、乱はもう肩がもたなくなった後期の金田投手のようなもので
馬力がおちている
それでいままであまりめだたなかった黒沢のわざとらしい演出のクセが
露骨にあらわれてしまった
そんなふうに思うわけですよ

224 :この子の名無しのお祝いに:05/02/09 10:08:41 ID:LmT8ieHS
>>219
全部前半のシーンですね
おまけに、物語に感動したというよりは
一枚一枚の絵に感動したというかんじですわね

なんかこう、上野の美術館を順にまわって
ロダンのあれがよかったとかルノワールのこれがよかったとか
上野公園で自慢しあうどこぞの中学の修学旅行生

225 :この子の名無しのお祝いに:05/02/09 11:54:01 ID:/vK9C4bL
>>223 >>224
お前もう好いよ。頼むから黙っててくれ。


226 :この子の名無しのお祝いに:05/02/09 13:46:33 ID:qaIXMfnB
>>223 >>224
阿佐ヶ谷北みたいな匂いがする

227 :この子の名無しのお祝いに:05/02/09 14:02:27 ID:HXm15f2a
>>223
「乱」の美しさがわからない奴に
「蜘蛛巣城」の美しさがわかるとは思えないが。

多分、三船が矢で殺されるシーンが凄い程度のもんだろう。

228 :この子の名無しのお祝いに:05/02/09 15:18:22 ID:oMad8nCP
外人が作った黒澤特集の番組で
やたらと「蜘蛛巣城」の矢のシーンがくりかえしくりかえし流れたなあ

229 :この子の名無しのお祝いに:05/02/09 16:06:37 ID:LmT8ieHS
>>227
城はシンフォニーだが
乱はクロサワ美術全集
一ページ一ページは美しいが
そこでみな完結してしまう

230 :この子の名無しのお祝いに:05/02/09 21:51:38 ID:fP9JDZat
俺なんかやっぱリアルタイムで観たからだろうけど、
『乱』の方が思い入れあるけどなぁ。
放心する秀虎の背景に火矢がビュンビュン飛びこんでくるショットや、
楓の方の妖しげな佇まい、三郎軍の渡河シーンはには、
リアル厨房も感動に打ち震えた。
もちろん『蜘蛛巣城』も高校の時に名画座で観て感心したが、
どうも黒澤にしては冷たい印象もあった。

231 :この子の名無しのお祝いに:05/02/10 14:42:01 ID:Zj400UKo
三郎軍が三の城から出ていくシーンとか、渡河シーンとか
ほんとに素晴らしいよね。
黒澤はこういうの撮りたくて、この映画作ってるってのが
よくわかるシーンだよ。

「組々右へ!」「組々左へ!」「使い番!」
こういう号令のかっこよさもいいんだよね。

232 :この子の名無しのお祝いに:05/02/10 19:06:30 ID:IJINRXaq
みなさん必死になってパーツを褒めるんですよね

でも実際に乗ってみると加速のタルいバイクというか

233 :この子の名無しのお祝いに:05/02/10 22:26:28 ID:URPDJiyB
俺が感動した「乱」のシーン(2)

・狂阿弥に草と花で作った兜を被せられ秀虎がニタ〜と笑うシーン
・高い城壁跡から秀虎が飛び降りるシーン
・楓の方が小刀で傷つけた首筋の血を舐めながら次郎と接吻をするシーン
・飛んできた蛾を楓の方が握りつぶすシーン
・一文字三郎軍の渡河シーン+落馬シーン
・丹後に切られた生駒が刀を抜こうとするが血がビューッと出て息絶えるシーン
・生駒と小倉が切られるのに秀虎が全然違うところを見ていて狂阿弥が悔しがるシーン

234 :この子の名無しのお祝いに:05/02/11 00:43:43 ID:HkGaxlG2
「乱」というタイトルを、花の「蘭」だと思っていたのは指揮者の岩城宏之。

235 :この子の名無しのお祝いに:05/02/11 02:21:09 ID:HkGaxlG2
>>160
それ赤瀬川原平の「乱」批評からパクっているだろ。

236 :この子の名無しのお祝いに:05/02/11 12:24:53 ID:X6s79pgn
まー既出だろうが乱の最期のバトルで
疾走突撃中撃たれた落馬兵が次々と真下にボテッと落ちるのが・・ねえ・・。
慣性で前方にゴロゴロ転がってくれねえと。
素晴らしいバトルシーンなのにあそこだけ「流れ」が止まっちゃう。
もし、わざとボテッと演出したのなら、どんな意図なのかねえ?
「様式美」とか言わんで欲しい。

237 :この子の名無しのお祝いに:05/02/11 12:29:09 ID:Dc4+ByUl
>>236
「様式美」

238 :この子の名無しのお祝いに:05/02/11 13:51:50 ID:u4309Yty
>>235
それ赤瀬川の「乱」批評からパクっているだろ。

赤瀬川の批評自体が最初に結論があって
それに合わせて理屈こねてるって感じだけどな。

こういう風に批評できる俺様は偉いって
プンプン臭ってくるいい文章だったな。


239 :この子の名無しのお祝いに:05/02/11 17:21:51 ID:j+6KvRpq
>>238
反論できないやつがなにをいっても無駄

240 :この子の名無しのお祝いに:05/02/11 17:24:18 ID:j+6KvRpq
>>233
俺が感動した「さよならジュピター」のシーン
(以下ry)

241 :この子の名無しのお祝いに:05/02/11 17:44:29 ID:Gyukfbzj
当人にしてみれば何か気の利いた事書いたつもりなんだろうが
はたから見たらゴミみたいな書き込みには反論も何も無用だろ。
黙殺しとけばいいだけ。

242 :この子の名無しのお祝いに:05/02/11 20:21:43 ID:j+6KvRpq
>>241
といって必死に抵抗してくるんだからなぁ

243 :この子の名無しのお祝いに:05/02/11 20:25:55 ID:KPUX3lFP
>>242
そんな程度のお前なんだな

244 :この子の名無しのお祝いに:05/02/12 00:21:23 ID:dAqL2sCL
俺が感動した「乱」のシーン(3)

・楓の方に会いに行く次郎に対し三人の側近が愚痴をこぼすシーン
・城門が開くと畠山小彌太と三郎軍が待ち構えているシーン
・畠山が三郎軍を率いて三の城を出るシーン
・綾部の軍が国境で展開しているのを三郎、丹後、畠山が見守っているシーン
・次郎の軍勢が続々と合戦場に集合して来るシーン
・陣形移動する次郎軍を見て畠山が「こしゃくな」と馬鹿にするシーン
・勝利した三郎軍に対し藤巻の軍勢が「エーイ、エーイ、オーー!!」と掛け声をあげているシーン

245 :この子の名無しのお祝いに:05/02/12 00:47:47 ID:dAqL2sCL
>>236
ちゃんとゴロゴロ転がっていますよ。



246 :この子の名無しのお祝いに:05/02/12 01:17:21 ID:SybfBEgf
ウハハハハ
モウイッチョウ!


247 :この子の名無しのお祝いに:05/02/12 01:28:09 ID:dAqL2sCL
>>229
「乱」だって立派なシンフォニー。
マーラーの交響曲第九番が「乱」かな。

248 :この子の名無しのお祝いに:05/02/12 01:42:33 ID:dAqL2sCL
>>198
一文字秀虎役はやっぱり三船敏郎でしょう。
年齢的にとても無理でオファーを断ったらしいが・・・。
でも仲代達矢の表情や動き、雰囲気は「蜘蛛巣城」の三船に近かったと思います。

249 :この子の名無しのお祝いに:05/02/12 01:57:47 ID:dAqL2sCL
>>68
「戦争と平和」で敵と味方が色分けされていないことに不満があった
黒澤監督ですから。
信号色だから駄目という発想は恥ずかしいですよ。

250 :この子の名無しのお祝いに:05/02/12 02:11:26 ID:0cstT83n
>>247
いやーなんてーかこう
マーラーでもチャイコフスキーでもなんでもいいんですが
世紀の大曲あいてに
これまたエンペラーとまで呼ばれる世界的大巨匠が棒振ってるんだけど
なにしろ75歳なもんだから
第一楽章が終わったとたんにぜーぜー息をきらして
補助席に座り込んじゃってるというか

251 :この子の名無しのお祝いに:05/02/12 02:25:14 ID:dAqL2sCL
>>250
そんなことないです。
息切れはしていると思うが第一楽章から第四楽章まで75歳になる巨匠は全く休憩せず
自分の生涯のライフワークとなる作品を全ての力を振り絞って演奏していると思います。


黒澤明「残っているエネルギーを全て使い切るつもりで「乱」を撮る」



252 :この子の名無しのお祝いに:05/02/12 02:28:13 ID:dAqL2sCL
ちなみに「乱」がマーラーの交響曲第九番と書いたのは武満の音楽が
第九番と非常に似ているからです。

253 :この子の名無しのお祝いに:05/02/12 02:53:02 ID:0cstT83n
>>251
そうなんだってば

第二、第三楽章ではバイオリンのソロ・パートとかを
山ほどはさんで棒振りの負担を減らしているのがよく分かる

で、体力温存させて第四楽章に突入するのですが、第九でいえば例の
サビのところでは黒沢もう息がきれてる

晩年のベームの第九はそらもう情けないものだった

254 :この子の名無しのお祝いに:05/02/12 03:15:39 ID:JZMziFQy
っていうか黒澤は指揮者じゃないし・・・。
それと黒澤はベームよりもフルトヴェングラーに近い。

255 :この子の名無しのお祝いに:05/02/12 03:22:45 ID:JZMziFQy
>>250
「メイキング・オブ・乱」見てみろ。
黒澤めちゃくちゃ元気だぞ。
合戦シーンをやぐらの上から演出している黒澤のパワーには圧倒されたぞ。

256 :この子の名無しのお祝いに:05/02/12 05:58:14 ID:bO7ulRtx
>>255
じゃあ見てみるから、うpよろ

257 :この子の名無しのお祝いに:05/02/12 13:06:47 ID:0cstT83n
>>255
プロデューサー氏の回想本があるが
テンノウヘイカも75歳ともなると
体力が続かなくて
以前なら一日でとってしまうであろう場面でも
次の日まで伸びてしまうことがよくあったそうな
制作費26億円というのも、実は撮影が延びたことによる
人件費その他の超過が原因でした、だって

258 :この子の名無しのお祝いに:05/02/12 13:07:39 ID:0cstT83n
>>254
乱のときは朝比奈かもしれんな

259 :この子の名無しのお祝いに:05/02/13 01:15:49 ID:53C1WTE+
> 実は撮影が延びたことによる
人件費その他の超過が原因でした、だって

「七人の侍」も「赤ひげ」もそれが原因で大幅な予算超過になってる。
他の部分にかける金なんて最初の段階で見積もりできるから。
そう大きくは狂わない。
当たり前の話。



260 :この子の名無しのお祝いに:05/02/13 04:05:09 ID:VwI0YvnZ
>>259
侍のときはパワーがありすぎて予定日程内に撮れなかったが
乱のときはパワーがたりなくて予定日程内に撮れなかった

261 :この子の名無しのお祝いに:05/02/13 07:17:50 ID:w1BSf7uF
なんだかんだ言っても、このスレは一人の頭の弱い奴の必死なまでの粘着によって
スレが伸びている。

いや、これは皮肉でも何でもなく、一人のキチガイのおかげで、「乱」という大傑作を
深く敬愛している同志が少なくないことが分かって、私は猛烈に嬉しい

これからも頑張って粘着し続けてくれよ、キチガイ!
ただ、粘着歴が長いんだから少しは芸を身につけろ。そろそろ飽きられ始めてるぞ

262 :この子の名無しのお祝いに:05/02/13 17:57:40 ID:bjAzbmwB
↑同類ウザイ

263 :この子の名無しのお祝いに:05/02/17 16:56:05 ID:S7XiPW8x
キチガイに対する牽制のレス、効果てきめんだな。
効果がありすぎて断末魔の叫び>>262を最後に、まともなレスも途絶えてしまった・・・

まぁこれでよい・・・・しばらくしたら人も戻ってくるじゃろうて

264 :この子の名無しのお祝いに:05/02/17 18:16:02 ID:r4cysWMt
別に効果テキメンってぇわけじゃなくて>>261-263みたいな
自意識過剰のキチガイをまともに相手しても馬鹿らしい
という常識の働きじゃね?(和良

265 :この子の名無しのお祝いに:05/02/17 19:06:02 ID:S7XiPW8x
4日間、1レスも無かったスレにレスしたら・・・・

このキチガイ、じ〜〜っと日夜ここを見てたんだな。
このバカ>>264の人生を想像したら泣けてきた
あまりにも親が気の毒で・・・・・

266 :この子の名無しのお祝いに:05/02/17 19:23:56 ID:r4cysWMt
スレが揚がったから見ただけなんだが、それを勝手な妄想で
落とし込めようとする陰険な>>265
「自意識過剰のキチガイ」という定義そのもの・

267 :この子の名無しのお祝いに:05/02/18 00:09:39 ID:b5lJlrij
乱は学芸会

268 :この子の名無しのお祝いに:05/02/18 03:44:21 ID:WDYW7UcH
それも最高水準の

269 :この子の名無しのお祝いに:05/02/18 20:17:14 ID:xJh5kG6i
10 名前:この子の名無しのお祝いに 投稿日:05/02/16 15:51:48 ID:wPTJAbOV
伊万里黒澤倶楽部 掲示板
http://www3.ezbbs.net/20/imari_kurosawa/

この掲示板に粘着して、チラシの裏にでも書いていればいいような、自分日記を
書き散らしている、昭和24年生のイタイ精神異常者ジジイ・東。(ゲラ爆笑
伊万里の会員も閉口状態で誰も相手にしない。
この痛いキチガイを、生温かくヲチ汁w


11 名前:この子の名無しのお祝いに 投稿日:05/02/17 07:29:56 ID:qIalPyP8
「通行人」
DDIポケット株式会社
発信元:青森県


270 :この子の名無しのお祝いに:05/02/18 20:22:57 ID:RvoAcHwq
影武者も乱もクールじゃん

271 :この子の名無しのお祝いに:05/02/19 03:24:09 ID:DT8l3oew
「影武者」

織田信長がイメージ通りで尚且つカッコイイ
高天神城攻防の夕暮れから夜戦までの完璧な映像美と構図の面白さ
武田信玄が三人座っているような錯覚に陥る幻想的で不思議な冒頭場面
長篠合戦描写が突撃と発砲と驚愕と死体だけで表現しているのは見事
×
信玄を撃った小太りの男の場面は冗長的だし四人とも演技が固い
風林火山の由来を説明している場面は映像的に面白くない
影武者が信玄の影武者を引き受けた動機が甘い

272 :この子の名無しのお祝いに:05/02/19 03:38:08 ID:cu4o9sX/


2ちゃんねる史上 最狂の本物の精神異常者・キチガイMO >>269 については以下を参照のこと

http://that3.2ch.net/test/read.cgi/rmovie/1092058211/268-270

273 :この子の名無しのお祝いに:05/02/19 03:50:31 ID:DT8l3oew
「さればこそ!あの信長公もその右腕と思うておる。あの大将怖いぞ!!あーはははははは!」
「甲斐の山で木の実でもお拾いなさるがよいわぁー!」

大滝秀治めちゃくちゃイイね!

274 :この子の名無しのお祝いに:05/02/19 07:08:14 ID:we8hgrTl
>あの大将怖いぞ

怖いぞあの大将

だったと思う

275 :この子の名無しのお祝いに:05/02/19 10:41:02 ID:bmFtPoyH
>>272
本人降臨
東必死w

276 :この子の名無しのお祝いに:05/02/19 11:40:26 ID:/4da8SYO
黒柳徹子「それはどういう?」
大滝秀治「黒沢監督の人格問題に抵触するので話せませんが」

277 :この子の名無しのお祝いに:05/02/21 00:20:12 ID:vpEpcyyc
2chらしくておもしろいスレでつね

278 :この子の名無しのお祝いに:05/02/23 17:12:35 ID:IiZiUsNF
一文字秀虎は70歳になったので家督を長男太郎に譲る。
そして、息子たちの結婚のことを考える。

70歳ということは、3人の息子たちは何歳だ?
まだ結婚していなかったのか!?


279 :この子の名無しのお祝いに:05/02/23 17:57:16 ID:9d9exxFu
>>278
「乱」観たことあるの?

280 :この子の名無しのお祝いに:05/02/24 07:39:21 ID:5XGzmpNY
えーーーーい!えーーーーい!おーーーーーー!

無責任男「はっはっはっは!もう一度!!」

えーーーーい!えーーーーい!おーーーーーー!


281 :この子の名無しのお祝いに:05/02/24 08:25:13 ID:Vj5EU7oc
>>279
いちばん下はちょんがー
あのわざとらしい山城に暮らす

282 :この子の名無しのお祝いに:05/02/26 09:58:27 ID:SSp8AVU+
ttp://news.www.infoseek.co.jp/topics/entertainment/trouble.html?d=25gendainet07116563&cat=30&typ=t
萩原は今回の恐喝容疑で4度目の逮捕だが、周知のようにそのひとつは83年の大麻所持。
当時も取材に当たった芸能リポーターの梨元勝はこう話す。

「映画『影武者』の共演俳優から芋づる式に逮捕者が出たんです。
この時に彼も疑われ、少量ながら他のドラッグも押収されたといわれてますが、
彼は時間をおいて後に逮捕されました」

283 :この子の名無しのお祝いに:05/02/26 10:47:31 ID:EKV/IFim
岡本喜八って評価が高すぎないだろうか?
ttp://blog.livedoor.jp/epson22/archives/14860793.html

284 :この子の名無しのお祝いに:05/02/26 12:27:30 ID:Pl/4djCg
いや、あまり評価高くないでしょ。熱狂的なファンがいるだけで。


285 :この子の名無しのお祝いに:05/02/27 02:18:13 ID:BtnPxetJ
>>273
ショーケンもいいぞ。

「不吉よ!我が武の新羅三郎義光公以来!敵に後ろを見せた試しは無い!」
「進めー!進め!!」

286 :この子の名無しのお祝いに:05/02/27 05:57:54 ID:FbwyNAnF
>>283
低すぎる、の間違いだよね?

287 :この子の名無しのお祝いに:05/02/27 17:11:26 ID:F3wN2/yR
>不吉よ!

「あれを何と心得まする?」
「虹よ」
「違いまする。あれは

288 :この子の名無しのお祝いに:05/02/28 04:17:30 ID:SYxQM3YK
Making of “RAN”.zip
P=ran
http://www.strangeworld.info/uploader/download.php?file=2162

289 :この子の名無しのお祝いに:05/02/28 04:22:35 ID:6cdcoWTs
ふっはっはっははは ご冗談を

290 :この子の名無しのお祝いに:05/03/01 05:57:09 ID:y2ihBZCS
おたわむれを

291 :この子の名無しのお祝いに:05/03/01 21:40:52 ID:wv0tVUQi
本編も面白いが「メイキング・オブ・乱」も面白い。

柵を突き破り逃走する猪を鉄砲隊が追いかけたり、
メガホンを双眼鏡と勘違いして覗き込む黒澤監督の珍場面など面白かった。

292 :この子の名無しのお祝いに:05/03/03 04:05:32 ID:cZ0HX8IM
ホモ若武者+男色淫乱


293 :この子の名無しのお祝いに:05/03/03 07:10:31 ID:PLlAYcAO
>メガホンを双眼鏡と勘違いして覗き込む

双眼鏡をメガホンと思って口に当てるよりはマシ

大殿〜

294 :打ち首:05/03/04 00:20:42 ID:39DFK7Yc
---<居眠りポイント>---
 途中の夜戦シーンが難関。視覚的な刺激が少なく、画面の動きも少ないので
意識していないと、気づいたら寝ていたと言うことになりかねません。
特に重要なエピソードはないので、飛ばしてしまっても良いかもしれません。

Something Anybody Knows
http://diary.jp.aol.com/zmenpt/19.html

295 :この子の名無しのお祝いに:05/03/04 00:27:20 ID:lAyWC0QI
『乱』は、ただただ美しい映画だ。
映画の始めから終わりまで、そして画面の隅から隅までを、創意と技巧を凝らして、
これほど艶やかに、上品に、格調高く描きあげた映画というものは滅多にない。
さながら、第一級の動く工芸品のような映画であり、スクリーンをカンバスとして
描きあげた力感溢れる大いなる絵画である。

296 :この子の名無しのお祝いに:05/03/04 08:27:23 ID:BNFzpmAF
たとえば戦いがもたらす無意味さとか、あるいは人生の生と死のむなしさ、骨肉あいはむ地獄絵図、
戦場の高原で花を摘む美しさ、自然の無限な存在感、といったような、いずれそうやって批評されるべき
言葉にそって映画が作られている。

この映画の各所に感じる映像の美しさも、これもまた『映像美』というあらかじめの言葉に添って
作られているのではないか、と思ってしまうほどだった

297 :この子の名無しのお祝いに:05/03/04 14:13:35 ID:UzKMmhGp
>たとえば戦いがもたらす無意味さとか、あるいは人生の生と死のむなしさ、骨肉あいはむ地獄絵図、
戦場の高原で花を摘む美しさ、自然の無限な存在感、といったような、いずれそうやって批評されるべき
言葉にそって映画が作られている。

「何という陳腐な言葉の羅列よ!ここは地獄か?」
あの美しさをそんな陳腐な言葉の羅列で表現できるとは思わないが。

一々映像の意味を言語化しないと納得できない人も世の中にはいるのだな。

298 :この子の名無しのお祝いに:05/03/04 20:42:02 ID:BNFzpmAF
>あの美しさを

まさに映像美という記号

299 :この子の名無しのお祝いに:05/03/04 21:36:53 ID:DUhmoiVa
http://www.strangeworld.info/uploader/download.php?file=2267
黒澤明〜創ると云う事は素晴らしい(影武者) .zip  
p=kage


300 :この子の名無しのお祝いに:05/03/04 22:15:46 ID:ZdZnBSwC
>>299
乙 確かに本物だ。でも音声だけ

301 :この子の名無しのお祝いに:05/03/04 23:43:07 ID:RCMTN83r
影武者の小姓って妙にお稚児さんしてない?

302 :この子の名無しのお祝いに:05/03/05 18:27:21 ID:S8kkIXJM
一の城は姫路城、二の城は熊本城。
三の城は実際にセットを建てたもの。
三の城は福井の丸岡城がモデルになっている。

>>296
赤瀬川原平のパクリはいけませんよw

303 :この子の名無しのお祝いに:05/03/05 20:50:58 ID:7Q2dVgvZ
>>295がそもそも佐藤のパクリなんだが

304 :この子の名無しのお祝いに:05/03/05 22:34:13 ID:TvXHHx7d
標高1250メートル、御殿場市大字太郎坊に建設された三の城のセットは、
総工費4億円をかけ、のべ4000人がかりで、127日かけて完成したものという。
火山灰でかなり傾斜した場所に城を築いたというのだから、相当の難作業であった。

305 :この子の名無しのお祝いに:05/03/05 22:57:38 ID:1aJlKhzw
「河童が覗いたニッポン」読んだ人いる?

306 :この子の名無しのお祝いに:05/03/06 05:05:57 ID:EhLNty3W
>>305
あんなペテン師の本、読む必要ない

307 :この子の名無しのお祝いに:05/03/06 10:32:46 ID:8DuW4Lkd
標高1250メートルの山城かよ

撮影用とはいえ、そんなもんそもそも城砦として何の役に立つんだろうね

天守閣いがいろくな建物がないという、なんだかわけのわからない城か

308 :この子の名無しのお祝いに:05/03/06 11:48:38 ID:IvBptV6V
>>306
(゚Д゚≡゚Д゚)エッナニナニ?そういうポジションだったのか!?

309 :この子の名無しのお祝いに:05/03/06 22:49:37 ID:2KQ5Jusb
『乱』の絵コンテをアニメーション化したCMは素晴らしい完成度だったね。


310 :この子の名無しのお祝いに:05/03/07 00:40:45 ID:3owDF8Ow
ラストの石垣を転げ落ちる阿弥陀の仏画は黒澤の映画への遺書ではないか。

「夢」「八月の狂詩曲」「まあだだよ」はプライベートフィルムだし。

311 :この子の名無しのお祝いに:05/03/07 12:38:28 ID:gfZaq7Il
15億円のPFかよ

312 :この子の名無しのお祝いに:05/03/08 17:52:40 ID:nrZsI4cN
織田信長の出陣場面を演出している時の黒澤天皇はカッコよかったな。


313 :この子の名無しのお祝いに:05/03/08 19:55:22 ID:Vqi2PNkJ
黒沢じゃない、役者がメインだろうが

まあだだよの予告編、黒沢その人が出てくるのでしらけた
いい味だけど

314 :この子の名無しのお祝いに:05/03/20 11:41:30 ID:xhjJ/+hS
>>312
黒澤は183cmある隆大介と並んでも遜色ないからね。
>>313
別にええやん。映画監督をメインに語っても。


315 :この子の名無しのお祝いに:2005/03/24(木) 23:28:03 ID:TBK+N3Nx
              .__
              |風|
              |林|
              |火|    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              |山|    | 武田騎馬軍団が315げっとだ!!
      _∧ .∧(oノヘ| ̄     < 
     (_・ |/(゚Д゚ )|\     | お前等お館様にひれ伏せ!クソ共が!
  <━━||\Ю ⊂)_|√ヽ     \___________
       (  ̄ ~∪ )^)ノ ;;;;⌒);;⌒) 
       //\//  \ ≡≡ ;;;;⌒);;⌒)
      '~  ~'~    '~      (´⌒(´⌒;;
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(´⌒(´⌒;;
武田騎馬軍団は神なり!武田騎馬軍団は神なり!武田騎馬軍団は神なり!武田騎馬軍団は神なり!
武田騎馬軍団 IS GOD!武田騎馬軍団 IS GOD!武田騎馬軍団 IS GOD!武田騎馬軍団 IS GOD!

>>義清へ    城取られるなよ、氏ね(ププ
>>謙信へ    一向衆が騒いでるぞ(ププ
>>氏真へ    鞠でも蹴ってろ(ププ
>>氏政へ    麦飯でも食ってろ(ププ
>>業正へ    早く氏んでね(はぁと
>>家康へ    クサイぞ糞もらすな(ププ


316 :この子の名無しのお祝いに:2005/03/25(金) 00:44:29 ID:6CGjWqk5
>>315は桶狭間の決戦で滅んじゃう。


317 :この子の名無しのお祝いに:2005/03/25(金) 02:50:01 ID:kywFGnzT
>>315
高校の春休み、楽しいか?なぜ、武田騎馬軍団最大のライバル、>>信長へ、がないんだ?
>>316
小学校でも春休みだな。桶狭間ではなくて長篠だぞ。もっとも、長篠の後も7年間生き延びて、本当に
滅んだのは信長が本能寺で死ぬ少し前だけどな。



318 :この子の名無しのお祝いに:2005/03/25(金) 06:16:19 ID:nf/daxy9
「風林火山」山本勘助が主役
「天と地と」上杉謙信が主役
「影武者」信玄の影武者が主役

意外にも信玄を主役にした映画は一本も無い。

319 :この子の名無しのお祝いに:2005/03/25(金) 08:38:10 ID:4DkriP0b
 ___
│掠疾│
│如如│
│火風│
│不徐│
│動如│
│如林│
│山侵│
│――








320 :この子の名無しのお祝いに:2005/03/26(土) 02:39:18 ID:9QsHyWY7
>>314
>183cmある隆大介

げーしらんかったよまじで

321 :この子の名無しのお祝いに:2005/03/26(土) 06:00:09 ID:k40/E/3x
NHKが製作した「影武者」のドキュメント番組は最悪だな。
姫路城ロケでは上空にヘリコプターを飛ばして撮影の邪魔はするし、
黒澤が怒っている場面ばかり放送して黒澤を不機嫌にさせるし、
この頃からNHKってクソだったね。

322 :この子の名無しのお祝いに:2005/03/26(土) 08:26:51 ID:d6kzZOrj
どうしてもマンセー的になる”提灯持ちメイキング”よりかは、
嫌な面も世間に知らしめた功績は絶大であった。

323 :この子の名無しのお祝いに:2005/03/26(土) 14:38:57 ID:Q5FgjG5t
>嫌な面も世間に知らしめた功績は絶大であった。

怒っている場面は別に嫌な面じゃないだろ。


324 :この子の名無しのお祝いに:2005/03/27(日) 03:21:09 ID:JFOvRbGU
本人にいわせるに
怒ってるとこを流すのはいいが
どうして、何に怒っているのかがばっさり削られているのは赦せんと

正論ではあるな

325 :この子の名無しのお祝いに:2005/03/27(日) 05:17:06 ID:ZfWrNqeZ
昔、怒った場面をコラした予告編を自分で編集しているが…
作り始めたのは自分じゃないけど。

326 :この子の名無しのお祝いに:2005/03/27(日) 14:41:57 ID:jGGesO/j
黒澤明「本式の映画づくりの姿をみなさんに見てもらおうと思ったのが、
NHK特集の『黒澤明の世界』だったんですよ。
それが、口やかましくて、怒っているようなところばかり紹介されてね。
シナリオを書き出す前とか、衣装や小道具を集めるところからとても大切で
重要な準備期間も取材されたはずだけど、それも無くてね。
NHKに抗議したいくらいですよ。(笑)」

327 :この子の名無しのお祝いに:2005/03/27(日) 16:02:59 ID:JrNT5Dyv
「興味本位の報道は困る」とは笑止のフジテレビ

ニッポン放送株をめぐるライブドアとフジテレビの激突が連日ニュースになる中で
フジテレビの社長が「興味本位の報道は困る」といった。
この発言に対して、お前らだけにはいわれたくない、と思う人は少なくないだろう。

しかし星霜移り人は去り、「話題性」や「絵づくり」を最優先にする手合いがニュースを
仕切るようになって、黄金は鉛と化した。いまやどこのテレビニュースも似たような体たらくだが
「面白くなければテレビじゃない」と放言して興味本位の先鞭をつけたのがフジテレビの現経営陣であることは確かだ。

【俵孝太郎】GENDAI NET http://gendai.net/contents.asp?c=023&id=18232
筆者は産経とフジの深夜前のニュースのOBだが、思うところあって10年も前から
産経の購読をやめている。
その理由にはいま触れないが、今後も続く泥仕合で「不公正」を直視する、後輩の健闘を
祈るや切なるものがある。
http://gendai.net/contents.asp?c=023&id=18461



328 :この子の名無しのお祝いに:2005/03/28(月) 23:27:21 ID:Yvc73gHA
>>326
>シナリオを書き出す前とか、衣装や小道具を集めるところからとても大切で
重要な準備期間も取材されたはずだけど、それも無くてね。

見たかったなー。
未公開部分を追加した「黒澤明の世界」のDVD発売キボン。

329 :この子の名無しのお祝いに:2005/03/30(水) 16:59:22 ID:4uIwmZrU
食べちゃったそうです

330 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/21(木) 04:03:55 ID:dN2JbXlK
影武者ビデオ借りて見ますた。アップをほとんど排しているのはいいですね。

無理矢理良い方に解釈すれば、イイ!と思える。
ただ少し不親切なので、見る側の知性が問われますね。
ラストは悲しい。。

331 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/23(土) 00:51:40 ID:bq1uYSUr
ラストは悲しいというより美しいと思うな。
風林火山の旗が川の中ではためいているシーンは美しい。


332 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/23(土) 03:42:48 ID:SnYwZqqU
冒頭で泥武者が走り抜ける場面が最高に面白くてかっこいい。
あの走っている人は元陸上の選手らしい。

333 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/24(日) 07:45:25 ID:vT57Gou5
黒沢監督にもこのころはまだ馬力が残っていた
乱ではもう息が切れまくっている
狂詩曲で持ち直したかにみえたが
まあだだよで腰がたたなくなっているのがよーくわかる

334 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/24(日) 17:18:02 ID:dFU6EK/R
角川の天と地とを観たが黒澤の偉大さがよく分かった

335 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/24(日) 17:46:42 ID:9NQ50tSx
>狂詩曲で持ち直したかにみえたが
>まあだだよで腰がたたなくなっている

全く逆だろ
狂詩曲は生ける屍
まあだだよは最後の煌き

336 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/24(日) 23:39:57 ID:iS3lvq+L



Yahoo!オークション -
【台本】黒沢明監督 幻の作品(没稿)
「トラトラトラ!」決定稿
http://page6.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/f35040767




337 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/25(月) 02:56:21 ID:GW4hJhZO
>>332
そのシーン泥武者が通る度に寝ていた兵士が次々に起き上がるので
巻き戻しながら見るとドミノ倒しみたいに見れる。

338 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/25(月) 16:02:31 ID:78w0ZjVa
>>333 >>335
オマエら、仲良くしろよ。 目糞鼻糞同士・・・・

>>336
それ、どこかの図書館で無料で読めるよ
さすがに持ち出し・貸し出しは出来ないけど

339 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/25(月) 17:50:41 ID:NFNugRc+
>【台本】黒沢明監督 幻の作品(没稿)

没にはなってないよ。
クレジットには出てないだけ。

340 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/26(火) 03:57:16 ID:YDioiYIF
>>335
狂詩曲は主張じたいはアレだがファンタジーならではの力があった
夢は無駄ではなかったのだ

まあだだよは×
クライマックスの大騒ぎの場面になると
カメラのこっち側にいるはずの黒沢の顔が脳裏に露骨にちらつく
にこにこ撮っていたんだろーなー

>>338
痰がなんかいってらあ


341 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/27(水) 04:16:49 ID:kmswobdY
「影武者」にしても「乱」にしても70才の監督が撮ったとは思えないほど映画にパワーがある。
何で黒澤にはそんなにパワーがあるのかと調べたら、毎日牛肉を食べていたらしいね。
日本人離れした発想や体格はどうやら食生活にあったのではないかと。


342 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/27(水) 10:12:22 ID:oLigqubw
>>341
日本人離れした体格というのは分からないでもないが、
日本人離れした発想というのはよく分からん。
黒澤映画って超日本的だと思うぞ。
あの繊細かつ豪胆な映画を育んだのは、屈辱的な敗戦を経て世界の経済国へと
発展を遂げつつあった、当時の日本の土壌だったと思う。

一般人には通用しない=日本人離れなのかもしれないけど、
クロサワの考えはハリウッドでも100パーセント理解されるとは思えんなぁw

343 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/27(水) 14:38:46 ID:GDv/qntj
>当時の日本の土壌だったと思う。

いや、きわめて黒澤の個人的なものだよ。
「虎の尾を踏む・・・」で検閲官に
つまらないのは、テメエがつまらん人間だからだ
と言い放つようなことは、普通の日本人はしないよ。

344 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/28(木) 01:09:04 ID:SKmqWkMl
>>313
黒澤は予告編によく出てるよ。

345 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/28(木) 07:54:28 ID:fMhNAWSt
まあだだよのは露骨すぎないか

346 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/28(木) 14:52:49 ID:hejEA+Yq
>まあだだよのは露骨すぎないか

影武者の方が出ずっぱりだよ。

というより予告編といっても
何種類もあるんだけど。


347 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/29(金) 02:35:12 ID:1NjgwLpY
>>346
そうじゃないのよ
影さんのにはコッポラもでてきた版があって
世界に殴りこみだ〜という感じなんだが
まあだだよだと
おじいちゃん監督がイスに座って(立てない)
いま一番大事なものがここにあるとかなんとか
ほんらい映画のコピーであるはずのものが
撮影現場のコピーになってるんですわ

作者がそのまま作品のテーマにするかわってやしないかと

348 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/29(金) 02:35:59 ID:1NjgwLpY
>するかわって

すりかわって

349 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/29(金) 14:15:22 ID:iGMDc5D1
>まあだだよだと
おじいちゃん監督がイスに座って(立てない)


それは特報の白黒のやつでしょ。
先生が倒れて、エレベーターまで移動するシーン撮影してるのでは
黒澤たってるよ。

影武者のも座ってるやつあるしね。


350 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/30(土) 03:33:00 ID:Fi5a1R43
>>349
座ってるからイカンというてるんじゃないのですが

いいですか、クロサワそのひとが作品のテーマになってるような
感じがものすごー強いんすよまあだだよって

師弟愛とかなんとか、黒沢組と内田百閭Xクールとがしらずしらず
同一視されるよう誘導されるというか(予告編の一本はby宮崎だっけか)

影武者だと信玄は死んでるんだけど現実の黒沢そのひとは別に死んじゃいない
でもまあだだよだともうイコールになってる
なんかせっこいなーと思って

351 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/30(土) 13:44:47 ID:DPeZjPPA
>いいですか、クロサワそのひとが作品のテーマになってるような
感じがものすごー強いんすよまあだだよって

弟子に猫騒動の後で礼を言うシーンなんか
あれは黒澤組のスタッフおよびファンに対しての言葉だと思うけど。
別にいいんじゃない。

>クロサワそのひとが作品のテーマになってるような

例えば「新出去定」とか「権藤欣吾」とかは?
「権藤」の語る靴作りの哲学って靴を映画に置き換え可能でしょう。

「まあだだよ」だけが特別にそういう傾向が強いということも
ないんじゃないの。
黒澤映画の主人公はいつも黒澤監督の分身ですよ。

352 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/30(土) 23:20:36 ID:Fi5a1R43
>>351
でも権藤さんと黒沢さんを同一視した観客はまずいまい

だがまあだだよの百閧ヘどうしても百閧ノみえない
自意識上のクロサワ自画像だ

353 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/01(日) 01:02:23 ID:P4Gitdgb
>でも権藤さんと黒沢さんを同一視した観客はまずいまい

いや、自分がそう思ったから書いたんだけど。
「まあだだよ」だけが特別にそういう傾向が強いということも
ないんじゃないの。
黒澤映画の主人公はいつも黒澤監督の分身ですよ。

354 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/02(月) 13:32:27 ID:ArmsPpxW
秀虎も信玄も死んでしまうけど
黒沢は生きている

でもまあだだよを観終わったとき
ああこれは遺書だなと思った

355 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/04(水) 01:45:10 ID:M29964Du
武田の精鋭、一糸乱れずage

356 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/08(日) 23:01:29 ID:QJiQ4tT0
>>355
そのあとの台詞ワロタ

今日、影武者を初めて観たけど面白かった。
最初は何の甕か分からなかったけど、ガンガン壊し始めたときに気づいた。
牡丹色の煙くらい衝撃的だった。

あんな下ネタがあったとは…

357 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/09(月) 22:43:29 ID:FVfSO9Tx
あのあともうひとつ壷を調達せなあかんめんどくさ

358 :信玄役が岡田真澄だったら:2005/05/19(木) 18:49:17 ID:Vm5QIHiF
    |┃三     , -.―――--.、
    |┃三    ,イ,,i、リ,,リ,,ノノ,,;;;;;;;;ヽ
    |┃    .i;}'       "ミ;;;;:}
    |┃    |} ,,..、_、  , _,,,..、  |;;;:|
    |┃ ≡  |} ,_tュ,〈  ヒ''tュ_  i;;;;|
    |┃    |  ー' | ` -     ト'{
    |┃   .「|   イ_i _ >、     }〉}     _________
    |┃三  `{| _;;iill|||;|||llii;;,>、 .!-'   /
    |┃     |    ='"     |    <    お前たちをいつも後ろから山のように見守っているぞ
    |┃      i゙ 、_  ゙,,,  ,, ' {     \ 敵前逃亡する奴は銃殺だ
    |┃    丿\  ̄ ̄  _,,-"ヽ     \
    |┃ ≡'"~ヽ  \、_;;,..-" _ ,i`ー-     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    |┃     ヽ、oヽ/ \  /o/  |    ガラッ


359 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/19(木) 23:39:59 ID:zMmNSkPy
竹丸が可愛すぎる件について

360 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/20(金) 02:17:23 ID:/MlYvi/C
竹丸役の子供は今30才くらいになっているのかな?
家康の息子らしいけど。

361 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/20(金) 16:43:35 ID:z3b1Php8
黒沢の孫かわいいよ孫なアツい思いが感じられる

362 :竹丸:2005/05/20(金) 17:47:21 ID:b/uvIAoA
>>358
違う、これはおじじではない!

363 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/20(金) 22:53:21 ID:tWVNE08P
月曜日にリア王の公演があるから、「乱」で予習しとこ。
原作は読んでるけど、どう時代劇になってるんだろう(・∀・)ワクワク

364 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/21(土) 13:06:43 ID:o1QicQH7
竹丸は家康の子・・だったよね?

365 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/21(土) 19:10:08 ID:Dbw1nO57
>>364
家康役の俳優のな

366 :363:2005/05/24(火) 08:11:34 ID:G5adSCGo
配色は違ったけど、三姉妹のドレスが信号色だった。

367 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/24(火) 15:49:19 ID:hiZAzMAu
黒澤の「乱」がこんなにも21世紀の戦争アクション映画に影響を
与えると予言していた人間はほとんどいなかった。公開当時絶賛
していたのは淀川さん、小林信彦、長部日出雄、佐藤忠男、桂千穂
くらいで、多くの自称黒澤信者が悪罵の限りを尽くしていた。

けれど小林信彦なんかは平然としていた。「黒澤映画で公開当時から
絶賛されていたのは姿三四郎だけ。七人の侍も隠し砦も用心棒も
天国と地獄も、公開時はリンチのような悪評を浴びせられていた。
そして数年たつとみんなそれを忘れたように手のひらを返す。」
そして今、松っちゃんなんかは「僕にとって心に残る黒澤は乱や
影武者なんです」と言ってる。いずれ狂詩曲やまあだだよも掌を
返して評価されるだろう。冗談じゃなしに。

日本人はいつでも十年遅れてくる。
宮崎アニメの「耳をすませば」「もののけ姫」が公開当時どれだけ
悪罵を浴びせられたか調べてみればすぐ読める。(切通利作なんて
よく今になってぬけぬけと礼讃本が書けるもんだ。)

こと黒澤映画については海外の評価の方が的確なのは事実だと覚悟して
比べたほうがいい。そういう体質を持つのが黒澤映画らしいから。

368 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/24(火) 20:36:09 ID:XUlwqfhk
ルーカスとかコッポラは乱の戦闘シーンに、憧れてるって読んだ。
SWエピソード1のラストの戦闘シーンは、確かに乱に似てるね。

369 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/25(水) 13:27:33 ID:unqARFbF
スピルバーグが 乱 全米公開前に
戦闘シーンのフィルム いち早くムビオラでチェックしたそうな。

370 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/25(水) 20:40:07 ID:ZVDFeBPQ
>>367
もっともそうにみえるが
乱の戦闘シーンに影響を受けた作品はあっても
乱そのものに影響をうけた作品はなんぼあるんでしょうか

もののけ姫は公開当時罵倒の嵐だったなんて嘘
その反対だった
いまあれを称えると厨房扱いされる

小林の話はあてにならない。侍らが悪評のリンチだったという
事実関係はないよ
羅生門だってキネ旬かなにかでは二位にはいっていた
理解されないとほざく信者は主観でそう思っているのみだ


>黒澤映画については海外の評価の方が的確なのは事実だと覚悟して

まあだだよはカンヌでおもいっきり引かれていましたな〜

371 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/25(水) 20:41:03 ID:ZVDFeBPQ
>>368、369
どっちかっつーと影響というよりオマージュだよな

372 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/25(水) 21:53:51 ID:2LGTfe0x
>カンヌでおもいっきり引かれていましたな〜
詳しく

373 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/26(木) 00:34:38 ID:gcOexKNS
>事実関係はないよ

こういう表現使うなら

>羅生門だってキネ旬かなにかでは二位にはいっていた

事実関係ちゃんと調べてから書こうね。

374 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/26(木) 03:18:39 ID:8tDpHbQW
>>373
じっさい二位だったよ

>>372
オープニング上映されたんだが
なんかクライマックスのまあだだよ〜合戦がカッコーの巣にしかみえへんという
反応だった


375 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/26(木) 14:28:05 ID:Okhvxrnq
>じっさい二位だったよ

何のベスト10で2位だったんだよ。

キネマ旬報では5位だが
1946-1955 日本映画ベスト10
http://www.asahi-net.or.jp/~AN4S-OKD/private/movie/mvkk01.htm

376 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/26(木) 20:25:28 ID:8tDpHbQW
>>375
キネ旬以外で調べてご覧
ちなみに全集にも載ってる

377 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/27(金) 00:53:18 ID:206aMZ58
海外での仲代達矢の評価ってどうなの?

378 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/27(金) 08:13:21 ID:iuenHg/u
IMdbによると、三船や志村と並ぶ俳優の一人。
笑ったニックネームは「Tats(タッツ)」。

379 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/27(金) 13:55:38 ID:JMFU3Gnk
このスレ、自分の思い込みを頑なに自分で自分に信じ込ませる人がいるようだけど・・・

>>オープニング上映されたんだが
>>なんかクライマックスのまあだだよ〜合戦がカッコーの巣にしかみえへんという
>>反応だった

「まあだだよ」に関してこんなことを言ってる人って
カンヌに出品された「影武者」が短縮版だったと言い張り続けていたイタイ人と
同一人物?

「まあだだよ」が招待作品として上映された年のカンヌのオープニングは
アンドレ・テシネの「背徳のささやき」だったんだけどね

思い込むだけなら好きにすればいいけど、それを事実のように書き込み
しつこく言い張るのは みっともないぞ

380 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/27(金) 19:36:05 ID:Q7MvIgjW
>>378
Tatsワロスw
あまり海外作品には出てないよね

381 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/27(金) 21:41:19 ID:iuenHg/u
うむ。「日本で多くの映画に出ているが、ほとんど手に入らないので残念」とも
書かれていたよ。

382 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/07(火) 03:37:40 ID:5lOtHxBM
>>342
日本映画や日本人の気質の共通性は見られますよね。
仁や義であったり、日本文化に対する憧憬であったり、
それらはあまりに強力な黒澤監督の演出力と三船の演技力など(モノクロ作品に言える事かもしれないですが)
によって霞んで見えてしまうだけだと思いますね。

「漢朝復興の大義に生きる〜」ではないですけど、
影武者ならば、武田家に対する家臣団の忠誠心は義によって貫かれているもので、
乱は、義を無くしたシビアな戦国世界観だと思います。仁を頼みにして生きよう
とする老君主も哀れですが、仁を無くして自滅する愚者たち−仁だの義だの、
古い日本人の心は、今の自分らの人生にとっても関係の無いものではないという
事が分ります。

>一般人には通用しない=日本人離れなのかもしれないけど
人の和がテーマの映画は少ないですね。
和こそが一番の日本人らしさなのかも知れないですけどね。

383 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/07(火) 21:47:07 ID:j1KU44Bo
>人の和がテーマの映画は少ないですね。

わが道を行くというのが
この人の基本的なスタイルだから。

384 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/07(火) 23:58:16 ID:gVkDFEbq
プライベートライアンの戦闘シーンは乱の影響があると思うけど。


385 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/08(水) 00:11:18 ID:hggpSCtl
>>384
キャパだろ

386 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/08(水) 00:36:32 ID:F+Mgu5ev
わが道を行く的な感想なんかだと、
ギャング・オブ・ニューヨークが一番それらしかった気もします。

乱の城攻めで太陽のカットが入ってたでしょ?
DVDの付録中で影武者が地の視点ならば、乱は天の視点というコンセプトが
説明されていて、あれが天を現そうとしているんだと思いました。
ギャングのラストの方の大抗争のシーンで歴代アメリカ大統領の写真が
燃やされるシーンがあって、天=神を大統領に置き換えたのかと
思いました。

387 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/12(日) 10:42:15 ID:lGRYS/ki
「天」と「地」というのは脚本全体を見渡したときのイメージ。
乱は人情を踏み潰していく凄みがあって、戦争そのものがテーマ、
影武者はまだ人情が守られている感じがする。


油井さんの徳川家康がひたすら誠実そうなのが面白かった。
信長や信玄が居た時は、まだあんな感じだったんだろうか。

津川雅彦の家康を観たが、割とハマッてる気がして以外だった。
やはり主観や役者の好き嫌いで演技を見てはいかんなあと思いました。

388 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/12(日) 13:23:35 ID:3ILMTFEh
>「天」と「地」というのは脚本全体を見渡したときのイメージ。

天の視点で撮るのでというのは、黒澤が言ってた事だけど。
俯瞰で撮りたいから、馬も人も数がいると。
もちろん、単に俯瞰で撮るから天の視点といってるわけじゃ
ないだろうが。

389 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/13(月) 22:31:14 ID:oy/6QB2W
>>204
やっぱりそうでしたか。何か聞き覚えのある声だと思った。

390 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/15(水) 02:19:20 ID:/GgN7vyV
「影武者」の長回しによる撮影スゲー!
特に冒頭の対面シーンと高天神城目指して信玄軍団が行進するシーンが凄い!

391 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/16(木) 16:33:53 ID:NpahTD+d
( “)<おじじ〜

392 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/20(月) 02:25:10 ID:DrT0X3r+
この間、深夜にラジオをつけたら映画関連番組をやっていて
映画通ぶってるだけのアホっぽい番組パーソナリティーが
「戦国自衛隊1549」の戦闘場面は「乱」を超えている、とホザいていた

このバカ、正気か? 

私は「戦国自衛隊1549」見たけれど・・・・批判するのが可哀想なほどの映画だった

393 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/20(月) 04:53:19 ID:p/7yOLDC
鹿賀の信長は酷いね。
隆大介は本当に良かったな。

394 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/23(木) 22:49:11 ID:zD0lPxIY
ところで乱の公開時の反響や興行成績についてご存知の方いらしたらどんなもんだったか教えていただけないでしょうか?
影武者は当時の邦画の興行収益の新記録を叩き出す大ヒットだったそうですが・・・

395 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/25(土) 04:01:05 ID:+LyDT6a6
影武者が大瓶を割ったら中から信玄の遺体が現れるシーンに感動。

396 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/26(日) 22:55:12 ID:yCTnIXn0
怒られるのは承知だが・・
「秀虎発狂後(三の城落城後)の秀虎がらみのシーン」を全部スキップしたら
最後までワクワクしながら観られた。


397 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/27(月) 07:11:08 ID:9U+9ZHZm
ピーターがらみのシーンをスキップ

398 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/27(月) 09:00:33 ID:lwKBOIJh
('A`)

399 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/27(月) 12:32:54 ID:NoozMpQ2
>396
ワーイ同じ考えの人がいた。
ついでに、仲代の台詞いらない。

400 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/27(月) 18:42:13 ID:TzfvoVWQ
>394
影武者を超えてはいませんが、乱も大ヒットしましたよ。

>392
確かにそのパーソナリティは、アホですね

401 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/27(月) 22:00:23 ID:ghlyzpLe
土屋嘉男の「クロサワさーん!」は、読み物としても面白かった。
唯一良かったというシーン(雑兵に手を振る)は仲代氏ではなかったって…

402 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/29(水) 20:43:57 ID:UdvopR4M
>>400
ありがとうございます。

403 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/01(金) 15:39:20 ID:1+Pf7lZN
ピーターはいらない。
ヤツのせいで、乱の素晴らしさが低下した。
なにゆえ、あんなのを起用したのか…

404 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/01(金) 15:59:00 ID:ZflaTjFL
かわいいからいいじゃん。

405 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/01(金) 18:35:48 ID:YrgdgyjB
ピーター良かったけどなー。
わりと演技派って感じだったし、
中性的な道化ははまり役だったじゃないの?

406 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/01(金) 22:50:30 ID:0t/S2gsz
逆に乱で上手いな〜と関心させられた俳優の筆頭は井川比佐志かな。
黒澤も気に入ったようでその後常連になったし。
予定では高倉健だったみたいだけど、結果的には井川で良かった。

407 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/03(日) 23:07:01 ID:ALDVGRdA
そうだな、高倉健だと派手すぎると思う

408 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/07(木) 05:46:10 ID:Dtggqo8T
脳内健さんにつっこむのもアレでありますな陛下

409 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/07(木) 13:13:31 ID:eMcr6wvr
>>408
あっそう

410 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/11(月) 16:48:06 ID:Kv1ag4cG
乱は好きだなぁ。

ともかく一文字家という戦国の架空の御家の一大事を、美術から衣装からきちんとこさえてさ。
落城で自害する女とかさ。

考えてもご覧よ。80年代にさ、十何億円もかけて主役2人が明るい明日に旅立つとか、
それでも一輪の花が残った、樅の木が残ったってオタメゴカシもなく、一族郎党全員滅ぶって
悲劇をつくるところがさ。

なかなかいないよ、そんな資金集めも含めた奇特な作家監督

411 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/13(水) 01:13:37 ID:Bm+Tr9VT
乱が製作中のころだったか講談社(?)の歴史の本の広告に黒澤監督の絵が
つかわれていた。一目で高倉健だとわかる鎧・かぶとの騎馬武者の絵だった。
高倉健に興味はないが、この絵の高倉健なら見てみたい。
「男は危ないくらいがちょうどいい。」と書いてあったと記憶。

412 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/13(水) 01:22:53 ID:1rTe1Vzl
影武者見て、武田信玄に興味を持ったんだけど、
信玄とかあの辺の戦国武将を描いた小説とかありますか?
家康と信長が手を組んでた時もあったってこの映画で初めて知って、
少し歴史の勉強しようと思った。でも歴史の教科書みたいなのは
読みたくないので、小説とかないですかね?

413 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/13(水) 02:31:30 ID:stLQ7iWc
新田次郎「武田信玄」(文春文庫、全四巻)超オススメ。

414 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/13(水) 11:14:58 ID:mRFPhk5g
健サン 居酒屋兆司 と重なったンだよね。

うーん・・・・

415 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/13(水) 11:44:01 ID:63VAHngT
>>394
> 影武者は当時の邦画の興行収益の新記録を叩き出す大ヒットだったそうですが・・・

何の新記録よ?

416 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/13(水) 15:27:04 ID:uTq07QQ3
「邦画の興行収益の新記録」と書いてあるな

417 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/13(水) 21:22:50 ID:dI927me9
('A`)

418 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/14(木) 11:27:52 ID:4Vc75Sw4
起請文?あきれ返って物も言えぬわ、読み上げてみい?

419 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/14(木) 11:31:30 ID:fhF7ur9V
>>412
> でも歴史の教科書みたいなのは読みたくないので、小説とかないですかね?

じゃあ最初は横山光輝の漫画にしとけ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A8%AA%E5%B1%B1%E5%85%89%E8%BC%9D
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A8%AA%E5%B1%B1%E5%85%89%E8%BC%9D#.E6.AD.B4.E5.8F.B2.E7.89.A9

420 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/14(木) 11:40:59 ID:fhF7ur9V
>>416
「日本沈没」は抜いてないでしょ?

http://www.walkerplus.com/movie/kinejun/index.cgi?ctl=earn_list&yr_earn=1980&submit.x=21&submit.y=11
http://www.walkerplus.com/movie/kinejun/index.cgi?ctl=earn_list&yr_earn=1973&submit.x=16&submit.y=9

まあ、各社宣伝のためにいろいろな計算の仕方があるのでしょうけども。

421 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/15(金) 10:43:26 ID:UcTtPMNf
公開当時、「刀槍じゃなく火力主体の戦闘」ってのが斬新だったんだよな。乱。
もっとも城攻めに火縄銃や騎馬武者をぶつけて、どうなんだという話もある。

黒澤はどちらかというと(史実を調べた上で)「映画的迫力」で不合理だけど
かっこいい画像を撮ると思うんだが、どうだろうか?
日本のジェリー・ブラッカイマー、フィルムのMTVが黒澤だ。
トラトラトラも、黒澤にやらせたら、意外と30年早い「パールハーバー」になってた気がする。


422 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/17(日) 00:57:58 ID:uo5XkZC6
乱、すごい映画だったし楽しめる。
もう見るのはこれで4回目くらいだが、
見るたびに良くなっていく。

最初見たのは高校のころだったが
なんだこの腐った映画はなどと思っていた。

423 :422:2005/07/17(日) 00:59:45 ID:uo5XkZC6
ただ、どうしても七人の侍や用心棒、生きる
などの傑作と比べてしまうので、
期待が大きい分、乱の評価は相対的に落ちている
といったところだろうか。

自分的には七人の侍に匹敵する傑作。

424 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/21(木) 22:14:31 ID:Sl4nO487
白黒時代からの黒澤ファンには「影武者」「乱」共に不評の声があったのも確かのようで。
http://homepage2.nifty.com/e-tedukuri/kagemusya.htm
当方「乱」で始めて黒澤映画を見たので普通に面白かったのですが・・・

昔からのファンにカラーの黒澤が不評だったのは、演出よりも三船敏郎不在の方が大きかったように思えます。
仲代達矢の演技力は三船より達者で遥かに器用ですが、三船の持つ豪胆さやエゴイスティックな存在感には欠けていました。
「乱」の主人公秀虎は人間の浅ましさといじらしさ、愚かさ、我侭、業・・・といったものを象徴する人物なので
演じる側にもそういう毒が含まれているとなお良かったのかもしれません。

425 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/21(木) 23:52:41 ID:4xHYFw7M
>>424
影武者の仲代はよかったと思う。
勝新の方がよかったという意見を聞くけど、仲代のスマートさが、肥満の老将という武田信玄のイメージを変えてくれて新鮮だったなぁ。
逆に、勝新だったら旧来の武田信玄そのもののイメージだったと思う。それでも、見れるものなら見てみたかったけどね。勝新の信玄。

乱の一文字秀虎は仲代じゃなかったほうがよかったような・・・
なんかムリしすぎというか、キャラと仲代の素が合ってなさ過ぎるというか・・・
秀虎こそ、勝新か三船が演じるべきだったのでは?

426 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/22(金) 21:06:24 ID:S4jaMxRV
>>425
同意。天下の名優・仲代達矢に失礼千万な言い方ですが意外(?)に新鮮な信玄でした。
乱にも起用されたのは影武者で思った以上の好演をしてくれたのと、
勝新の代役を快く引き受けてくれた恩や義理もあったのでしょう。

黒澤はいつからかプロの俳優が演じる当たり前の芝居には飽き足らなくなり
「トラトラトラ」以降積極的に素人や新人を起用するようになってます。

「影武者」で家康役の油井昌由樹は
「乱」で愚直に進言したが故に追放され、その後も忠義を尽くす平山丹後を演じていましたが、
プロ俳優ほど上手くはないものの、不器用な生き方しか出来ないこのキャラクターにはピッタリでした。

427 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/06(土) 21:59:48 ID:33tCMzQ6
俺が黒澤を見たのはNHKの6夜連続放送…確か正月特番だったような。
やってたのは七人、用心棒、椿、蜘蛛巣、隠し、影武者。
七人見て「これは面白い」と思い、次の日からビデオに録画。以来このビデ
オは擦り切れるくらい見て…この前お亡くなりになりますた。
影武者、仲代が機転を利かすシーンってどこかで聞いた&見たようなエピソー
ドを寄せ集めただけのような気がするんだけど全体としてみると面白い。七人
より好きかも。

最近無性に黒澤見たくなったのでDVD購入を試みるも、値段が…
で、乱だけ先のNHK特集でやらなかったのでDVD購入。
これほど怖い映画は見たこと無い。合戦表現が云々抜きにして、人間の狂気
みたいなのが感じ取られた。最後の観音絵巻がやけに印象に残ってる。

428 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/08(月) 22:59:31 ID:fQWKZEpe
「乱」ライティング気になって駄目だ…

429 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/09(火) 00:48:09 ID:0JBDjQln
今CSで乱観終わった
何度観ても凄いなぁ

430 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/18(木) 14:28:49 ID:gYAKc1p8
乱はオープニングだけ繰り返して何回も見てる
それで満足

431 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/01(木) 21:14:15 ID:315b9cQK
退屈だのなんだの酷評されていたから、あまり期待せずに「乱」を観た。
そしたら、物凄く面白かった。

秀虎が切腹しようとするのに、刀が見つからないところとか。
楓が短刀突きつけるところとか。
三ノ城が落とされていくさまを、淡々と映しているところとか。
最初はノホホンと狩りをしていた人たちが、最期はあんな風になってしまって。

合戦とか、美術とか、衣装とか、背景とか、とにかく見ごたえがあって楽しめた。

432 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/02(金) 02:27:17 ID:eqE7R+/l
オレは「乱」のドイツ語版をドイツで買った。なぜか、9ユーロ(1ユーロ=だいたい135円)という格安の
値段で売られていて、どこのドイツのDVDショップにも山積みしてあった。「乱」はフランスのプロダクションの
制作だから、ヨーロッパの方が安いのか?
「殿様」はドイツ語では「クアフュルスト」(Kurfuerst)と翻訳されるんだな。
「一文字秀虎殿・・・」は、「クアフュルスト ヒデトラ イチモンジ・・・」という感じ。

433 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/02(金) 12:38:35 ID:XWfL+uWh
>乱はオープニングだけ繰り返して何回も見てる

俺も同じ。あの さりげない緊張感が心地よい。音楽も素ン晴らしい。
武満は「乱」のタイトルに
「らんっ!」と音声入れたかったらしい。

434 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/02(金) 15:53:02 ID:QgAUyMhe
乱はあのOPを最期に、ドンドンドンドンという怖い怖い太鼓の音とともに王国が
崩壊していくさまが怖いんじゃないか。

「慮外な。わらわは今やこの城の女主。道を譲らぬ作法があろうか」あたりから
さり気なく秩序が崩れて、秀虎が太郎君の家来を撃ち殺しちゃうと、今度は秀虎自身が
起請文に血判を押さなければならない羽目にやられる。

ま、それがシェイクスピアだと言われればそれまでだけど

435 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/02(金) 16:25:49 ID:4b201V0P
OPにだけ限っていえば乱を超えるものはないな
しかし音声入れなくて良かった

436 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/02(金) 16:35:29 ID:O4nGi9AS
724 :名無し三等兵 :2005/08/22(月) 02:55:49 ID:Vg8lsAHC
6月末から2ヶ月ほどドイツに行っていたけど、ドイツ映画[Der Untergang]は、「ヒトラー 最期の12日」という
タイトルで封切られたのか。[Der Untergang]は、直訳すると「没落」とかいう意味なんだけどなあ。微妙な
ところ。ドイツでは、すでにこの映画のDVDが発売されていたなあ。DTS版で39ユーロだった。(1ユーロ=
130〜140円ぐらい)
余談だけど、なぜか、黒澤明の「乱」が9ユーロという低価格で発売されていて、どこの店でも山積みしてあった。


725 :名無し三等兵 :2005/08/22(月) 21:16:30 ID:???
>なぜか、黒澤明の「乱」が9ユーロという低価格で発売されていて
日本じゃありえない安さだなw


437 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/03(土) 18:08:27 ID:S54gp8Iu
「蜘蛛巣城」を見返したが、やはり「乱」の方が
はるかに優れていた。

役者の演技は、「蜘蛛巣城」の方が上だという記憶があったのだが
どうもこれも怪しい。

三船や千秋は力みすぎ、山田五十鈴の怪演は能を意識しすぎたせいか
上滑りぎみ。

438 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/03(土) 20:34:56 ID:3yMkF1pN
蜘蛛巣城はラストの視覚的な爽快感がある点だけは間違いなく勝ってるなあ。

それと乱も全体的に力みすぎじゃないかな。
一文字秀虎とかちょっと臭すぎるんだよね。
いい映画にき変わりないけれど。

439 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/04(日) 04:56:10 ID:kxSSdJHF
>>437
それは「サイレント映画はオーバー杉な芝居」と
言ってるに等しいような・・・

440 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/04(日) 07:51:44 ID:oCOPGPif
>>431
それ以外はツマランと

441 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/04(日) 07:55:25 ID:oCOPGPif
>>439
黒沢映画はみなそういうものなり
乱がどうも好きになれない理由として
かきわり臭さがある
三の城攻防戦をながめていると
どういうわけか全員集合を思い出してしまうのだ

442 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/05(月) 09:29:36 ID:zkA1gBLM
三の城に草が1本も生えてないのがうそ臭いな。
まあ、馬を走らせたときに砂煙をださせるためだろうけど。

443 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/08(木) 18:56:09 ID:y3CXL0km
CSで影武者を放送してたんで久しぶりに見たがどうにも中途半端だな。
影武者の悲劇なのか武田家崩壊の悲劇なのか、はたまた反戦なのか
つかみどころがない。
勝頼は重要な役どころだから深みのある演技が要求されるがあの役者
には荷が重過ぎる。
過去スレで散々語られた長篠の合戦シーンも監督の意図が空回りしてる
感じで伝わってくるものが何もない。
ただ、高天神城の夜戦のシーンはやっぱりすごい。あれだけ臨場感溢れる
戦のシーンはほかにない。映画史に残る名シーンだと思う。

444 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/08(木) 21:14:05 ID:7y25Is+G
意外にクレヨンしんちゃんの戦国映画で描かれた序盤の野戦なんかも臨場感があるんだよなあ。
迫力というより戦争が日常になってる人々が行う戦闘の現実感。

445 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/09(金) 08:39:14 ID:/x9vvEBK
>>444
それ、観たいと思ってる。「裏切り御免!」っていう台詞もあるらしいし。
原作の漫画にも結構黒澤映画ネタが出てくる。

446 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/09(金) 15:19:29 ID:JOisWTzb
>>445
おすすめですよ。
子供向けなのに、戦国自衛隊みたいないきなり騎馬に跨った武将が尖頭切って、
部隊ごとわらわらと突撃するようなシーンは出てこないw

447 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/09(金) 15:30:00 ID:WfF/FSTx
かなり最先端の時代考証をやったとか

448 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/09(金) 17:31:00 ID:mAve/z2c
黒澤映画には常に人間の「死」とはなんなのかというものが
鋭い洞察力をもって、いろんな視点から描かれてるわけだが。
この2本の映画については、個の「死」とともに
家だとか組織だとかシステムの崩壊を無常観をもって描かれてるよな。
そのへんが映像美や様式美とあいまって、
なんともいえない哀切さを醸し出している。
降板したトラ!トラ!トラ!もこのへんをもっとも描きたかったと
何かで読んだ記憶あり。
見たかったなぁ。

449 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/09(金) 20:41:15 ID:njLseW+Q
影武者の冒頭のシーンは凄えよなぁ。
信玄が床の間に三人。
ワンカットの長廻しでそれぞれ、その人となり、果ては運命の暗示さえも完璧に表現してしまう
あのシチエーションを映像化したセンスは超絶的だ。

最近の邦画はああいう創造力が圧倒的に枯渇してるのかなぁ・・・


450 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/10(土) 12:46:06 ID:cooinbUG
>>443
>高天神城の夜戦のシーンはやっぱりすごい。あれだけ臨場感溢れる
>戦のシーンはほかにない

あれ制作費をけちるために夜間戦闘という設定にしたそうでっせ
そうすれば陣地とか描かなくてすむからエキストラ費用が浮いて大助かり

個人的には陸上自衛隊の夜間演習にしかみえんかった
そもそも鉄砲の弾を避けるには仲代たん地べたにはいつくばればいいジャン
示しがつかないって
そこに影武者の影武者をですねぇ

451 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/10(土) 12:50:32 ID:cooinbUG
>>449
三人そろってキャメラ向き体勢というのがウケるといえばウケる
文字どおり芝居がかっている

後に七人の侍のリマスター版を劇場で観た時
百姓どもが円陣になって地べたにしゃがんでうなだれている冒頭に
ものすごく違和感を覚えた
ああいうのは舞台劇の演出だ
映画でやるものだろうか
好きな作品だけど
あちこちに未だに受けつけないところがなくもない

452 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 16:22:50 ID:H+mlV+eY
>ああいうのは舞台劇の演出だ

カメラの視点をよく見るべし。

453 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/12(月) 18:32:14 ID:PBLF6hqT
>>452
まっぴるまに大のおとながみんなでうんこすわりして輪になって
そのうえうなだれているなんて
劇的効果は大きいが
現実には考えにくい

454 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/12(月) 18:35:10 ID:KNtxZUNc
>>453
ノブセリ来るだぞ!!

455 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/15(木) 01:54:21 ID:n9kmcmrG
ゴルゴ13雇うだよ

456 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/17(土) 02:10:37 ID:2gszhxaW
「乱」の銃撃され落馬するシーンは圧巻でつ。
兜が吹っ飛んでるし…。

457 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/17(土) 14:02:23 ID:2AiXdCdp
>>456 馬から落ちる戦闘シーンって、黒澤の映画じゃ七人の侍ぐらいから
お約束なんだよね。黒澤映画のチャンパラシーンではもはやお約束。
そのお約束を乱ではしつこく繰り返してたから、逆に辟易する。

458 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/17(土) 18:08:58 ID:YCXcndyw
侍のときは実況中継風の撮りかたなのでド迫力だったが
乱はなんというか舞台中継のごとき撮りかたなので
それでしらけるのです

459 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/18(日) 05:09:00 ID:VjO8gxrG
「乱」で三郎の鉄砲隊が次郎の騎馬隊を撃ち落すシーンは、何回か見ると気付くけど、結局、誰も戦死していない。
しかも、三郎の鉄砲隊の乱射もかなり不自然。まるでマシンガンのよう。それに、あの次郎と三郎の戦闘シーンの
後には、死体が一つも転がっていない。良い悪いは別として、本当に奇妙な戦闘シーンである。

460 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/19(月) 02:58:41 ID:dHRpRSzw
>>459
マシンガン?何処をどう見たら「マシンガンのよう」なんだ?
マシンガンって何だかわかってんの?「機関銃」だぞ「機関銃」。
まさか、連発式の銃を全部マシンガンだと思ってないだろうな?
それとも弾幕を張っている様子を言いたいのか。

なんか「乱」の変なアンチが湧いてるな。まるで粗探しみたい。

461 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/19(月) 06:09:03 ID:EjQQwBzr
なんか、乱の城のセットって不自然。城じゃなくてまわりの風景が。
富士山近くの自衛隊の演習場に無理矢理立てたっぽくて、どうも
まわりの風景と不協和音を奏でてる。だいたい、あるのが城だけで、
まわりには何にも無いし。町とかのセットも作ればいいのに。

462 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/19(月) 19:53:52 ID:SLgcGMc4
土がもろに火山灰というのは痛いっすね

463 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/19(月) 19:55:35 ID:7xec/js0
なんで?

464 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/19(月) 21:39:21 ID:dHRpRSzw
なんか>461みたいな奴が、確信犯でここに常駐してるな。

465 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/19(月) 21:42:56 ID:ddbb3yk2
↑被害妄想にとりつかれた哀れな信者。

466 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/20(火) 01:15:49 ID:3ArDUntM
>>58
> 条件が会わなかったようでこの話は成立しなかった。

「乱」(1985.06.01)の撮影開始が遅れたからだって。

「居酒屋兆治」(1983.11.12)が始まっちゃったかな。


467 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/20(火) 02:25:42 ID:X/ETRX8X
蜘蛛之巣城だってあの辺ロケだろ

468 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/20(火) 06:33:36 ID:lAqqdL0X
>>461
晩年の黒澤は能に傾倒していたが、
最小限の城のセットで、人間の悲劇を
強調したかったんじゃないかな

469 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/20(火) 08:29:42 ID:fO98GzZe
>>461
城下町が発展するのは文禄・慶長以後のことです。
だいたいまだ戦乱のさなかで実際に城の周りであんな合戦があるというのに
呑気に町など構えてる場合じゃないでしょ。

470 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/20(火) 15:49:01 ID:/96JiDBS
戦乱の世だからこそ、塀を作ったり堀を作ったりして城の周りを
固めないと。水もろくに無さそうなあんな場所に城のみがぼつんとあるのは
不自然の極み。予算とか適切なロケがなかったんだから仕方なかったんでしょう。
不自然なのは火を見るより明か。

471 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/20(火) 16:38:35 ID:+fynaD+f
>>470
想像だけで「戦乱の世」を語るのはやめてください。

472 :468:2005/09/20(火) 16:45:37 ID:lAqqdL0X
ニ流の監督ならともかく、
黒澤が予算がないから、セットに妥協するとは考えにくい。
一文字秀虎という裸の王様の城を、象徴していたのではないか。
住まいは主をあらわす。

473 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/20(火) 17:48:37 ID:OC7dNyGy
>>471 お前こそ、想像だけで歴史も何も知らない阿呆。
戦国以前の平安・鎌倉・室町時代を知ってんのか。
武士や城の歴史は一朝一夕のものじゃないぞ。

474 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/20(火) 17:51:12 ID:OC7dNyGy
>>472 セットそのものには妥協は無かったけど、そのセットを立てる
ロケーションは妥協したと思う。他に適切な場所が無かった。不自然になったのはしょうがない。

475 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/20(火) 18:23:39 ID:+fynaD+f
>>473
想像だけで「の歴史は一朝」とか語るのはやめてください。

476 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/20(火) 18:55:05 ID:8CyXrpP8
普通セットを建てるときには周囲の景観を考慮に入れるだろw
ああいう荒涼とした土地に建てたのもひとつの狙い。
二の城、三の城は城とはいっても砦であり要塞だから必ずしも
周囲に町や村がなくてはならないということはなかったと思われる。

477 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/20(火) 19:49:57 ID:OC7dNyGy
>>475 はいはい。知らないなら知らないとはっきり言ってくださいね。
人も水も森も畑も何にも無い所に城を立てたるヴァカがどこにいるんだ。
砂漠の真ん中に無防備に城立ててる様なもんで、戦国時代ならなおさらヴァカな城だよ。
攻め落として下さいと言ってる様なもん。今だったらCGで描き足したり
するんだろうけど、当時はそういう技術も無かったしね。
>>476 狙いじゃなくて妥協だと思う。昔なら白黒でだませてたけど、
カラーだとごまかせない。黒澤もこれは妥協せざるを得なかった。

478 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/20(火) 20:02:37 ID:dGJOaxp3
砦に彦根城風の天守閣というのも
妙といえば妙である

土が火山灰だから草とかはえていないんですよね〜
井戸を掘っても水はでてこないと思われ

479 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/20(火) 20:21:48 ID:+fynaD+f
>狙いじゃなくて妥協だと思う。昔なら白黒でだませてたけど、
>カラーだとごまかせない。黒澤もこれは妥協せざるを得なかった。
根拠は?

480 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/20(火) 20:27:20 ID:dGJOaxp3
火山灰がまるわかりっすよね
蜘蛛巣城は白黒だからかえってど迫力になった
カラーだと監督の意図はどうであれ
なんかな〜な気分に

481 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/20(火) 20:31:30 ID:zXwjwcRP
火山灰だとなんでだめなの?

482 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/20(火) 20:43:22 ID:+fynaD+f
なるほど…

483 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/20(火) 23:11:31 ID:dGJOaxp3
>>481
水の調達をどうするんですかい

484 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/20(火) 23:20:23 ID:zXwjwcRP
それはスタッフが用意してるんでないの?

485 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/21(水) 00:04:43 ID:YsWeQ9Z2
撮影の話でなくてぇ〜

486 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/21(水) 00:16:32 ID:d81D3qGy
あまりにもおかしい点が揃いすぎているということだが、
それが妥協かどうかはわからないんじゃないか?
むしろ見せたい絵のためならそういう考証は無視するんじゃないかな。

487 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/21(水) 00:26:47 ID:k0R5KWy3
水の調達のことまで考えなきゃいかんのか・・
俺はそんなことより戦国時代の人々のわりには
みんな歯が綺麗すぎるし白すぎるのが気になる

488 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/21(水) 00:37:21 ID:YsWeQ9Z2
>>486
かきわり絵でえんえんと続く戦闘シーンというのも疲れませんか
三の城攻防戦で音を消して悲しげなオーケストラ曲を流しているんだが
諸君これが対位法でございといわんばかりの
作者の説教臭さがして好きになれません

ちぎれた片腕をもってうわーっとやってる秀虎の侍とか
演出からしていかにも褒めてもらいたげに思える

489 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/21(水) 11:04:36 ID:lzns6DHx
三の城落城シーンは圧巻だけど、
八幡ヶ原の合戦は、布陣まで良かったけど、その後がなあ。

思うに、黒澤監督は、テニスンの600騎(クリミア戦争のときロシア軍の大砲陣地に全滅突撃をかけた軽騎兵旅団。
映画化された作品はどれも黒澤さんのお気に入り)やりたかったんだけど、
「影武者」では予算が無くて結局ワンカット抜いて(・・・ああ、また大論争になるんだろうな)
「乱」では、全体のバランス上、そこだけ重くするわけにいかず、中途半端な負け戦(銃撃音声と落馬のエンドレス)
になったんだろうな。落城と楓の方を殺す為、一旦陣を払って、這って皆逃げてるし。

490 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/21(水) 13:13:52 ID:SWyaiyZw
最後撃たれるシーンでクレヨンしんちゃん思い出した

491 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/21(水) 20:13:16 ID:Xwjt42hZ
>かきわり絵でえんえんと続く戦闘シーン

いわんとする事は大体想像できるけど。
絵巻物風とか、絵画的に構図が決まりすぎてるとか
言いたかったのかな?
「七人の侍」の雨中の決戦シーンなんて
「乱」と同じく不自然なぐらい構図決まりまくりだけど
それは、気にならない?

>対位法

悲惨な戦闘シーンに悲しげな音楽使ってるから
対位法じゃないよ。

492 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/21(水) 21:50:11 ID:YsWeQ9Z2
>>491
>「七人の侍」の雨中の決戦シーンなんて
>「乱」と同じく不自然なぐらい構図決まりまくりだけど


  そ  れ  は  ひ  ょ  っ  と  し  て  ギ  ャ  グ  で  い  っ  て  い  る  の  か




493 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/21(水) 21:52:49 ID:YsWeQ9Z2
>悲惨な戦闘シーンに悲しげな音楽使ってるから

モロですね

悲しい場面にカッコウワルツをかぶせるとか
そういう演出が監督好きですね
でも乱では教科書的になりさがっていると思った

これ武満氏もぶつぶついってたっすね

494 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/21(水) 22:08:54 ID:MX4A2BmH
悲惨なシーンに悲しげな曲使っても
『モロ』なのか

495 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/21(水) 22:13:47 ID:YsWeQ9Z2
悲しいというよりは激しいシーンですよね
そこに悲しげな音楽をつけると悲しげというか凄惨な印象がでてくる

ただその演出が乱の場合いかにもな匂いが強くて白けるんですよ

ためしに音楽を消してあそこながめてやってちょ
悲壮感があんまりしなくなるのですが

496 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/22(木) 02:01:06 ID:YsXG08sa
>三の城攻防戦で音を消して悲しげなオーケストラ曲を流しているんだが
>諸君これが対位法でございといわんばかりの
>作者の説教臭さがして好きになれません

音楽は大事でしょう。

乱の場合は、オーケストラじみた曲で音楽が前に出過ぎる感じがするけど、
作曲家が作ったものだから、あるものは使うしかないんでないの?
ジョン・ウイリアムはSTAR WARSとか前に出るエンターテイメント用の曲しか
作らんとかなかったっけ?武満の音楽性は知らんけど。

>悲しいというよりは激しいシーンですよね
>そこに悲しげな音楽をつけると悲しげというか凄惨な印象がでてくる

凄惨な殺し合いに、格調高い音楽をつけると、
上から冷めた目で観る雰囲気になりますよね。
冷たさ・厳しさが出るというか。
ギャングオブニューヨークもそんな感じだった。

ただ、影武者もオーケストラだけどあっちは熱く泣けるような悲しさが出てますよねー。
俺がそう思ってるだけかもしれんけど、
カメラアングルの違いとか、音楽が持つ雰囲気の違いにも理由があるのかな?

497 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/22(木) 09:43:30 ID:OMOuwQL4
ためしに音楽を消してってのは論外だと思う

498 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/22(木) 10:11:38 ID:h6Md1hXS
どうして

ETでも音楽消してみると
編集がけっこう荒いことに気がつきますよ
ノリ優先であえてそうしたんでないかと以前大林監督が語っていましたが
後にウィリアムズ本人がスピにそう言われたと語っていた

499 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/22(木) 13:13:06 ID:Tytb4e2l
黒澤は、映像だけでは不完全な映像をわざと撮る、
その不完全な映像に音楽をつけると足し算ではなく掛算になるように撮る、
みたいなことをよく言っていたと思うが。

500 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/22(木) 15:59:20 ID:Ybwxz1xj
500ゲット?
映像的にはハッとさせられるけどね。

501 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/22(木) 18:26:31 ID:8+0M9gJA

      ,.--'"  ``¬ー--、
    /      _,.- ''_二ゝヽ
    j    _,-'_´-''_ニ -一ーヽ、_
  r''´   /_,r',.-''"   _,. 一'ヾ'"ヽ
  !   ///   _,-'"   ヾミミ、ノ
 /;; ,-' ///   ,.r';ミシ''"   _,,,!..._
 |V / l//   _,-ミシ" __..... -、ニ7 ''" 'l, 'l,   >>499、俺はそんなこと言った覚えはないぞ!
 ヽ |_V___,.='_,,,,===イ ''"'" d ヽー ' V    なんでわざわざ不完全な画を撮るんだよ!!
  ヽr'i-ヽ`: : :     |  ̄ ノ  ヾー"l                        _
    ',ヾ:: , i      `ー‐'ヘ-ヽ..-ヽ. |                 __,..--一''" ̄`''ノ  
--、_ハヽ__ヽ       /  __   _. |             __,..ィ"  - '_,, -'" ̄
ヽ、 Y `\  l        '"   ̄ノ /       _.... -‐''"        `-、
 \ ヽ   `'、     ヽ,,   ̄ ̄  ノ`ヽ,,,,_,.. -''"/           _   ヽ.
-- = \,.....--ヽ、  __ ,.ヽ_  _,. /_,;-'"/       |             `ヽ  ,)
シ_ _ ヽ___   \____r-、  ̄_,vノ'"/ :|      l          `ー、_ノ ̄
 /     `ヽ--'' /l   ̄ ̄ ,. -' _ |      ヽ、 ,r'''''ー一'''''''ー--’
〈_ - /  // / l| / |   _,.-'" =   ヽ     _,..-"



502 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/22(木) 20:36:58 ID:pYL0NMF9
>>493
>これ武満氏もぶつぶついってたっすね

ぶつぶついってたのは別のことじゃないすか?

503 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/22(木) 22:36:48 ID:h6Md1hXS
>>502
いや実際にインタビューでなんかいうてました
黒沢対位法の理屈は分かるがいつでもかならず効果的とはぼく思えないんだけど
とかなんとか

504 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/24(土) 02:18:35 ID:m9J+1Ji6
「乱」で「対位法」を使ったシーンはない。
そもそも、黒澤映画で対位法を使ってるシーンはそれほど
多いわけではない。
ほとんどが、悲しいシーン、明るいシーンにそれ相応の
音楽が使われてる。

505 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/24(土) 02:43:14 ID:Wq9oTR9H
音楽消して「迫力消えた!悲壮感減少!」っていうのは
ある意味当たり前じゃないだろうか
必要だから音楽入れてあるんだろ

506 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/24(土) 13:52:14 ID:QF+cYhs3
>>504
203高地で♪うみわ〜し〜に〜ま〜すか〜♪をえんえんかぶせてたでしょ
あれですよあれ
あれを映画の対位法と呼ぶのです

507 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/24(土) 13:56:40 ID:QF+cYhs3
>>505
乱のアレはあざといのですよ

ナウシカで一瞬音が消える場面があってものすごく印象的だったのに
魔女宅のときはすごく白けた

街中よりがんばれがんばれの大合唱のなか
さっと音が消えてそのあとぱんぱかぱーんとくる
いかにもすぎて引いた

508 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/24(土) 17:31:06 ID:p1QR9n+E
>>507
もののけ姫の製作のとき、鈴木プロデューサーが宮崎監督に
「音楽はどうする?」と尋ねたら
「今回は音楽なしでいきましょう。」と真顔で答えたらしい。

話は前後するが、黒澤監督は富士の裾野をこよなく愛していた。
これは、予算うんぬん以前に日本で自分の思い描いた映画を撮るのは
ここしかないと思ってたんじゃないだろうか。
急速に変貌していった日本の風景に失望して
「もう時代劇を撮れる場所はどこにもないね。」みたいなコメントを
何かで読んだこともある。
荒涼とした土地で、時代の重なりを醸し出す文化や生活臭みたいなものがなくても
真っ白なキャンバスに絵を描くがごとく、
映画を作っていったんじゃなかろうかと。


509 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/24(土) 20:54:13 ID:c/K0wNTe
ttp://www21.ocn.ne.jp/~smart/Tenki0523.htm

510 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/24(土) 21:57:12 ID:rX8OSaWH
>273
でも、この役は当初、先頃亡くなられた松村達雄さんにオファーがあったそう。
そう考えて観ると、この役の台詞口調、松村さんにクリソツでビックリした。
>414
そうなんだけど、撮影が延期になったから、あの時期なら(84年夏〜)出れたって、この前会った時に言ってたよ。悔し紛れに「夜叉」を作ったんだって。

511 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/25(日) 01:07:06 ID:Z3v3cdif
夜叉と乱がかぶったときいてますがハテ

512 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/27(火) 21:10:51 ID:RAgqJ5cm0
>>507
( ・∀・)つ●ウンコドゾー

513 :sage:2005/09/28(水) 17:47:13 ID:HmNKRfB4
>449
ちなみに後に影武者になる盗賊には影がなく
信玄、信廉には影があるんだよね。



514 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/28(水) 18:24:34 ID:Hv/zurKR
武満徹がブツブツ言っていたことは多いけど、はっきり言い切っていたのは
「監督の音楽センスは間違っていないけれど、それを具体化する際の
イメージが大昔のメジャーな古典しかないから作曲家の方法論が著しく
制約される」ということだったと思う。(「メチエ」ね。)
「影武者」「乱」の頃にはもう対位法を工夫することはとっくにやめてて、
コンテと同様に同じ色でベターッと塗りつぶす音楽の付け方をしている。
ワイド画面時代と違ってすごく複雑なキャラクターや話なのにそれは
合わないんじゃないか、というのが武満、西村両氏の一致した意見だったと
記憶している。

515 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/28(水) 18:29:27 ID:Hv/zurKR
でも「影武者」ってのも監督からすればすごくハッキリした話では
あったんだよね。いわゆる「近代」ってもの、たとえば科学万能主義
とか原発神話とか共産主義国家秩序とか会社忠誠主義とかいった、
それまでの日本や世界で誰もが疑わなかった神話というものが音を
立てて崩壊していくのが見えてきたのがあの頃。
(もちろん俺を含めて凡人が時代の変わり目に気付いたのはずっと
ずっと後だったけど。)

そういう「何かが壊れていく時代」になったときに人間はどうなるか。
それを必死で隠そうとするか、見て見ぬ振りをするか、消え行くもの
に殉じて破滅するか。そういう目に見えない概念を、「新しい兵器に
自殺のように突進して壊滅する騎馬隊」っていう「アクション」の形に
捉えるところが天才の天才たるゆえんであるわけで。



516 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/28(水) 20:11:43 ID:KQOQxGp+
>「影武者」「乱」の頃にはもう対位法を工夫することはとっくにやめてて

黒澤映画で対位法が使われてるのは、そう多くない。
「羅生門」「七人の侍」「赤ひげ」「どですかでん」「椿三十郎」のどこに
対位法が使われてますか?

>監督の音楽センスは間違っていないけれど

音楽的趣味が狭いので、それが足かせになってるってことは
音楽センスに問題ありって言いたかったわけでしょ。
武満が間違ってないといったのは映画音楽というものに対する
考え方の部分よ。

517 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/29(木) 08:18:49 ID:uqR7xBK+
>>516
>「羅生門」「七人の侍」「赤ひげ」「どですかでん」「椿三十郎」のどこに
>対位法が使われてますか

ああ早坂ボレロも理解できないという世代が増えつつあるというのか


518 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/29(木) 08:22:10 ID:uqR7xBK+
>>514
>「監督の音楽センスは間違っていないけれど、それを具体化する際の
>イメージが大昔のメジャーな古典しかないから

黒沢の音楽ボキャブラリーは要はクラシック名曲全集なので
そこから外にはとびでてこない
そういう発言だったと思う

519 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/29(木) 18:00:41 ID:8vKH3l8y
話ぶった切って悪いけど、一世一代といってもいいくらいの役どころを
もらいながら、要所要所のシーンを加藤精三に吹きかえられてしまった
加藤武はどんな気持ちだったんだろう。

まあ確かに甲高い声なので、吹き替えられた台詞の部分は合ってなかった
のは確かなのだけれど。
(一時は同じ加藤姓だったので、親戚なので声が似ているのかとまで思って
しまった。加藤精三氏ご自身とマネージャーが吹き替えを認めているので
事実であることは確認済み。)

520 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/29(木) 18:07:02 ID:8vKH3l8y
>>516>>518
私が「巨匠のメチエ」読んでの感想も518の方と似ている。
要するにこの場面にこういう音楽をつけるとこういう効果が出る、
というセンスや計算は鋭いんだけど、自分で作曲ができないから
「たとえばこんな感じで」といって聞かせる曲がスッペとかバッハ
といったものしか出せないので、作曲家はきわめて古典的な、
限られたテクニックしか用いることができなくなる、という
足かせをはめられる…ってことね。
それをセンスがないって言うのならそうなんだろうけど。

521 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/29(木) 20:47:17 ID:kjiCaPAL
野良犬は黒沢ファンからみてどうなの?

522 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/29(木) 21:00:54 ID:MMyeh9Tq
>>521
戦後の闇市風景、巨人戦、そしてクーラーない時代が
いやって程わかるあの蒸し暑い、東京の夏。

脚本もなかなか、サスペンスとしても今のテンポに
置き換えれば充分に見ごたえのあるものなるはず。

志村喬がベテラン刑事役をやっていたけど
本当にうまい。彼は他の黒澤映画でいろいろな役をやったけど
みなはまっていて、こんなにうまいバイプレーヤー
は今あまりいないと思う。あと犯人の木村功も個人的には
好きな俳優だった。

523 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/29(木) 22:30:01 ID:zMiMwIlG
>>522
夏なのに吐く息が白い

524 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/30(金) 00:40:20 ID:2PL1npgN
>早坂ボレロ

あの音楽は対位法的効果を狙ってつけられたものには聞こえないけど。

>要所要所のシーンを加藤精三に吹きかえられてしまった

加藤武の声が吹きかえられたのは落馬したせいで
アフレコの必要な部分での大声が出せない状態だったので
(どうしても体をかばって発声を無意識にセーブしてしまう)
違和感が出ないように全てのシーンにわたって、吹きかえられたと
記憶している。

525 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/30(金) 07:58:02 ID:fyLBlm88
>>524
>あの音楽は対位法的効果を狙ってつけられたものには聞こえないけど

聞こえたくないのですね

526 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/30(金) 10:13:25 ID:Jr5xYJIH
Kusakabe乙

527 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/30(金) 15:14:49 ID:mqEDWTs1
加藤武は落馬負傷したり昔も馬に頭蹴られたり黒澤作品じゃあ毎度散々だな。

528 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/30(金) 15:51:33 ID:NaqtiNDM
人相が悪いから馬にも嫌われるのです

529 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/30(金) 18:55:17 ID:muGHys7H
ボレロは「対位法」と関係ないと俺も思うぞ。

「野良犬」で、本多猪四郎はとてつもない尺を回したそうだ。
他のとこも見てみたいな(とっくに破棄されたにちがいないが)
「野良犬」ではトマトの木のシーンが印象に残る。

530 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/01(土) 01:58:32 ID:q6UKhuUq
 神戸ギャルソンのレイコちゃんどこ行ったんやー。

531 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/01(土) 07:14:40 ID:DyvXbORL
>>529
いいですかいいですか
いかにもな音楽ではなくあえてずれた音をつけるのも
映画的対位法と呼ぶのですよ

うみ〜わ〜し〜に〜ま〜すか〜

532 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/01(土) 08:44:17 ID:zFKgDglo
>>527
用心棒では西村晃にとっくりで頭なぐられた

533 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/01(土) 08:50:54 ID:hyCgZiDk
>うみ〜わ〜し〜に〜ま〜すか〜

これはそのまんまだったような・・

534 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/01(土) 17:24:14 ID:uiRgx8tC
>>531

>いかにもな音楽ではなくあえてずれた音をつけるのも

「羅生門」のボレロは証言者の感情の高揚と実に見事に
マッチングしていたがな。

>うみ〜わ〜し〜に〜ま〜すか〜

悲劇的なシーンに悲しい音楽。
どこが、対位法なのでしょうか?



535 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/01(土) 20:16:45 ID:sG3wkHYa
まさか悲劇的な大和の沈没シーンに対位法ちゅうて
「オブラディ・オブラダ」を流すわけにもいくまい

536 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/01(土) 21:01:37 ID:Q4XrZIPe
51 :名無しステーション :2005/10/01(土) 20:56:11 ID:pE8HU/wi
ここだけの話ですが・・・

俺のじい様、「乱」の撮影中ゴルフ場のバンカー隠すために
シートしいた中に隠れていました。
何の仕事だったのかはしらん。


537 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/02(日) 05:28:03 ID:A1TgD6G8
>>521
冒頭の野犬のドアップがドブネズミみたいで気持ち悪い
そこを飛ばせば名作だと思う


538 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/02(日) 10:43:58 ID:9Pd24xQA
>>535
キューブリックが、「フルメタルジャケット」のラストで
ミッキーマウス行進曲を使ってたことに、当時10代だったオレは
その意味を汲み取れず、ただ違和感だけが残ったことを記憶してます。
20代後半になって、再度見たときには、ぞくっと寒気をおぼえ
全く違ったラストになりました。
音楽の受け止め方ひとつでこれだけ映画の見方が変わるのかと学習。

微妙にスレ違い失礼。


539 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/02(日) 15:53:42 ID:rLabe8/M
対位法(黒澤のいう)

八月の狂詩曲のラスト>失敗
野良犬の対決シーン>成功

羅生門ボレロ>対位法じゃないけど、
あざとい音楽のつけ方は、まあ成功してる。
画のスピードとテンションが上がっていくなか、
テンポはキープしたままで音がクレッシェッンドしていく
もどかしいような緊張感は下世話な興奮がある。

音楽

乱の戦闘シーン>単純だけど大成功。
嫌がる武満徹に無理やり書かせた凄惨さと崇高さを合せ持った
マーラー風の管弦楽曲は、作家の力量通り、監督の注文に
見事はまった。他にも最初のティンパニの使い方はこれでOK。
武満が提案したという邦楽ぽさはなくてこれで良かったでしょう。


影武者>池べえの音楽は画に従属したBGM。

ま、こんな感想。



540 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/03(月) 13:42:24 ID:J+DHxxTk
影武者:勝新が主役をやってれば間違い無く最高傑作。
仲代の影武者は下人が信玄を演じてるんじゃ無くて、信玄が下人を
演じてるような気がして、しっくり来ないし、ユーモアも無い。

油井さんの家康は最初観た時は臭いと思ったけど、何度か観ると
結構良い味出してるな。と思うようになった。

乱: 映像美は素晴らしいけど、役者の演技は駄目。
特に孝行息子の三郎が狂った父と出会うシーンなんか臭すぎて、
わたしゃ、観る度に何故か自分迄恥ずかしくなって、顔を覆い
たくなる。

こんな風に思ってるのは私だけですかな・・・?


541 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/03(月) 14:04:26 ID:/vMZdQ0N
「乱」は、狂言とか能とか、ともかく「舞台劇の約束事」で話が進むから。
役者が舞台で「我は悲しい」と節回しを言えば、
客は無条件に「今、役柄人物は悲しんでいるのだな」と了解すべき。

>540
でも、ま、映画だしな。それは見る人それぞれだし、おれも正直臭いと思うw

542 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/03(月) 18:37:47 ID:DQL1092X
>>540
>仲代の影武者は下人が信玄を演じてるんじゃ無くて、信玄が下人を
演じてるような気がして、しっくり来ないし、ユーモアも無い。
俺もそう思う。まあ仲代も結構いいと思うんだけどね。
あと乱の演技に関しても同意


543 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/03(月) 18:57:21 ID:Qq2GXAc+
仲代は元々三船や勝のように主役をはるタイプじゃないからな
主演作はほとんど失敗作

544 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/03(月) 20:08:41 ID:iDVCiS70
カツシンの『影武者』なんて存在しないもののことを
いつまでもグダグダ言っても無意味だ
と書いてある本があったが、まあその通りかなと思った

545 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/04(火) 16:10:08 ID:6OgcsqtO
影武者の音楽は、なんか黒澤っぽくなかった。
なんかあった?

546 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/04(火) 17:33:14 ID:DBZpum3G
影武者の音楽はモーリス・ジャールだっけ?

547 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/05(水) 01:21:06 ID:yk3RrWBj
このスレ主によると黒澤作品を凌駕してるらしいですよ。
黒澤作品は飽きるほど見てるそうです
ちなみに本気の様です

クレヨンしん 戦国大合戦を海外でメジャーにするスレ
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/movie/1128310238/

548 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/05(水) 19:57:12 ID:LHOF/0Gv
ああ、21世紀製作のクレシンは、考証が残念ながら80年代中旬の黒澤を越えたからねぇ。
ま、アニメと実写は別だし

549 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/05(水) 20:40:58 ID:KlcyEsi5
というか考証と作品の出来は別だよな

550 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/11(火) 20:39:08 ID:C7mwG413
最近「アレキサンダー」という米国映画を見たのだが、
黒澤の「影武者」「乱」の2作は、
この映画の出現によって完全に乗り越えられたね。
たんなる旧作の一つに成り下がったと思う。

黒澤が描きたかった「絵」は、
CG技術と稠密な時代考証、そえをささえるスタッフを擁する
現代ハリウッド映画によって児戯に等しいものになった。
やはり黒澤の価値はモノクロ時代のものに限る。

551 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/11(火) 20:40:57 ID:C7mwG413
>>547
そんな映画は日本映画の衰弱の象徴。
というかアニメに変調した日本映画界の病理現象そのもの。
アニメなどに未来はない。
力のない表現をとりつくろっているだけ。

552 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/11(火) 20:57:40 ID:dAJAoVMl
アレキサンダーなんてうんこ映画じゃん

553 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/11(火) 22:57:23 ID:C7mwG413
>>552
「影武者」「乱」と比べて、とくに「うんこ」と呼ばれる内容ではない。
戦闘シーン、時代考証に限れば、はるかに凌駕する。

554 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/11(火) 23:03:30 ID:0w0EHSug
なんでこいつはこんなにアレキサンダーマンセーなの?
「自分が感動」=「傑作」みたいな飛躍した論理でマンセーするヴァカが
たまに現れるけど、お前もその系統か?!

555 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/11(火) 23:04:57 ID:78LgjEbR
『キングダム・オブ・ヘブン』のリドリー・スコットも『乱』の戦闘シーンを参考にした、とか言ってたな。

556 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/11(火) 23:30:18 ID:C7mwG413
マンセーなんてバカ言葉使うなよ。

黒澤が描きたかった絵はこの映画のようなのが理想だった、
ということ。
映画の表現発展段階があるとすれば、
それを乗り越えたところに価値がある、
といっている事をまず読み取れ。

それよりも、
マンセーなんてバカ言葉を平気で使う野郎が2chにいつの頃からかはびこり出したが、
それにたぶらかされたバカ野郎がここにもいるのか・・・

557 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/11(火) 23:35:49 ID:0w0EHSug
なんでこいつは、黒澤の理想をアレキサンダーに設定してるの?
誰の脳内設定?言ってる事が全部脳内ルール、脳内結論で喋ってない?
アレキサンダー以外に映画見た事無いんじゃないか?!
まるで全ての映画を見てきて、初めてアレキサンダーが乱や影武者を
超えたみたいな突飛な結論。アホ?

558 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/11(火) 23:49:01 ID:C7mwG413
>>557
歴史映画というものはそんなに多くはない。
正史を正面から描いた大作となると、
テレビの大河ドラマを除いては日本映画では近年皆無に近い。
影武者や乱は数少ない作品の一つだ。
黒澤が描きたかった「戦国の絵巻」という理想は、
当時の雰囲気を実写に近い形で再現したいという欲望があった。
それは製作に与っての黒沢のコメントを読めば分かる。
それが超えられたって事だよ。


559 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/11(火) 23:53:17 ID:0w0EHSug
>>558 「それが超えられた」なんてお前の主観。
お前は何?映画評論家?お前が結論づけたって何の権威も無いのに、
さも歴史が認める結論みたいな言い方。妄言もほどほどにしとけ。

560 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/11(火) 23:57:23 ID:C7mwG413
>>559
オレの主観だよ。当たり前だろうが。
映画評論家?
お前が思うならそう思っとけ、どうだって言い話だ。
あらゆる主張は「お前の主観」で済ましてきたのか、お前の人生は。

561 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/12(水) 00:19:39 ID:32SESnuH
>>560
どのへんがどう超えたのか具体的に示してもらえると
再鑑賞の手引きになろうかと思う

562 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/12(水) 00:33:32 ID:BZGNsVTp
>>560 そんなら「〜だと思う」って言え。お前の言い方は全部
断定なんだよ。消えろ。

563 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/12(水) 00:59:52 ID:Hg8urAvz
影武者の原作はなんですか?

564 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/12(水) 01:15:46 ID:7VhFvMVw
>>561
ガウガメラの戦いのシーン、バビロンの情景。
これらはCG技術の発達なくしては描けなかった。
映画の革命が起きている。
影武者、乱は一時期の黒澤でしか描けなかったかもしれないが、
これからは続々と出てくるだろう。
最近のハリウッド映画の根幹はCG技術の活用にある。
技術の発達に伴うコストの低廉化によって日本映画も
そのうち大きく変わってくるだろう。
それを自作できるか外注にとどまるかはさておいて。
「アレキサンダー」はそのような昨今の流れの中で
歴史映像を活写した点で特筆されるべき作品。

>>562
言葉使いのいちいちにまで気を使う神経質な野郎だったら、
お前こそ消えてなくなりナ。


565 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/12(水) 08:22:05 ID:uceG7D5d
>>564 やっぱり単なるアレキサンダーマンセーヲタじゃねーか。
糞映画を持ち上げてる暇があったら、ホモビデオでも見てろ。
ていうか、映画板のアレキサンダースレにもお前書き込んでねーか?

566 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/12(水) 08:24:01 ID:uceG7D5d
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1109789478/550

↑こいつがお前臭い。単なるアレキサンダーマンセー馬鹿。

567 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/12(水) 10:59:55 ID:Ic5jQGjB
おいおいあんまりいじめるな。
そういう感想もあるんだと感心したよ。

おれ「アレキサンダー」・・・映画館で寝てたから
コメントできない・・・


568 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/12(水) 11:56:23 ID:wod/IJEk
黒澤監督が影武者や乱で描きたかったのは華やかな合戦や歴史的情景じゃないだろう。
そんなものは七人の侍とかで極めつくしており、カラー黒澤作品では題材に過ぎん。
つまり何が言いたいかというとアレクサンダーみたいな映画と比較すべきは黒澤作品ではなくて角川歴史映画だろって事だ。
角川とアレクサンダーの監督が描きたいものはほぼ一緒だぜw

569 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/12(水) 19:31:42 ID:7VhFvMVw
>>568
いや、黒澤はカラーになってからは
絵へのこだわりが露出しすぎてしまっている。
(細かな事を言えばそれに伴って黒澤映画特有の洒脱なユーモアや
ドラマ展開のスリルが希薄となっていった)
合戦シーンや馬の疾走する姿はその中でも最も描きたかった素材だろう。
最大の見せ場でもある。

アレキサンダーについてはドラマの展開や史実の扱いについて
不満なところはあるが、影武者、乱にしても同様なことは言えるし、
公開当時から批判もあった。
それをさておけば、こと「絵」の表現に関して現在のCG技術が、
一人の作家(黒澤)が追い求めた技法、指揮力、演出力を追い抜いてしまった
ということ。
これは映画の未来を暗示するものだよ。

570 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/12(水) 19:37:50 ID:fGPh6D4m
CGはしょせんCGだよ

571 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/12(水) 20:35:47 ID:JeCScsr7
>>569程度のが増える現状が映画の未来を暗示してるな

572 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/12(水) 20:39:09 ID:Gx0FUJlx
>>569 アレキサンダー厨と認定。それ以上粘着すると、
アレキサンダーの印象がますます悪くなるから気をつけて。

573 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/12(水) 22:07:17 ID:7VhFvMVw
マンセー、マンセー
こいつ、こいつ
ってか? w

574 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/12(水) 22:22:47 ID:nz2s46oy
いよいよアレキサンダー厨が厨臭さ全開の本性を現し始めた。

575 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/13(木) 06:16:32 ID:6HD/bkzM
>>569のレスには刺激されるよ。

黒澤さんが生きていればCGを効果的に使っただろうね。
黒澤さんが作りたかった「平家物語」もCGで観れたかも。

576 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/13(木) 09:30:20 ID:4irHQ3Ha
だよね、だよね。もうさ、もうさ、実写よりCGの方が良かったらさ
役者なんていらないよね。全編フルCGでいいよね(・∀・)
君もさ、僕といっしょで風俗逝かずにダッチワイフですますタイプだよね?
最近のは精巧にできてるもんなー(・∀・)

577 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/13(木) 22:08:22 ID:dBufyUOj
>>576
君の言うように、やがてはすべてCGで映画が作れる時代が来るよ。
つまり映画とは現在のような大資本を必要とし、
一部のものしか作れないという時代ではなくなるだろう。

君でも出来る。

映画が小説、漫画と変わりなくなるってこと。
さらにいえば、小説、漫画はいまやネット配信で大手商業出版を必要とせず
不特定多数に自己表現を提供できる。
小説家、漫画家という概念も揺らいでいる。
映画も同じ運命をたどるだろうね。
すなわち映画作家、映画監督という座の意味も。
芸術家とか芸人とかの立場も変わってくるだろうね。
何十後になるか分からないが。
今はその濫觴期。それを示してくれている映画を日々目にしているわけだ。

578 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/14(金) 02:42:38 ID:HYz83Lyo
あのさ、すべてCGで映画が作れる時代なんかとっくに来てるだろ。

579 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/14(金) 07:44:35 ID:HqyKpYy2
でも、まだCGは高価すぎて、資本のあるメジャーしか使ってない。

580 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/14(金) 08:17:56 ID:rWCUGu2n
スレ違いなんで、CG大好きアレキサンダー厨は消えて下さい。

581 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/14(金) 08:39:13 ID:HqyKpYy2
CGが普及しても黒澤の価値は下がらないぞ。
黒澤も映画が進化していくことを望んでいたはずだ。


582 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/14(金) 09:26:17 ID:2pNi8xHQ
今週のスマステって
どうやら黒澤明特集らしいよ
見なきゃね

583 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/14(金) 10:26:22 ID:GP4VGfa7
>>582
まじか?!
久々に有益なレス見たよ、ありがとー

584 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/14(金) 13:08:09 ID:SLX/8vuC
アレキサンダーで、黒澤映画の価値が落ちるなんてことはないよ。
むしろアレキサンダーのような映画を突破口にして将来にわたって素晴らしい歴史画像の作品が生まれると思う。
そんな時代が来た時、乱と影武者は別の意味で評価されるかもよ。

CG映画についてはまだ発展途上で、我われが死ぬか、おじいさんになっているときには、
たとえば七人の侍を誰でもがリメイク(画面どおり)にできるような環境になっているかもしれない。
そういうことだろう。

585 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/14(金) 13:14:29 ID:SLX/8vuC
本当の黒澤ファンなら、
アレキサンダーとか、最近のCG映画に対して
貪欲な関心を持ってしかるべきだと思う。
黒澤映画の心髄は画面にあるんだから。

586 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/14(金) 13:23:49 ID:vMcZ9EQB
まだアレキサンダー厨は粘着してたのかよ。アレキサンダーは糞映画。
お前だけがマンセーマンセー。「本当の黒澤ファン」だとかキモイ言葉
を都合よく使うなカス。アレキサンダーの少年映像でオナニーしてろゴミ。

587 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/14(金) 14:49:31 ID:yplkVfhm
黒澤明「夢」の価値はどうなる。

もともとモガモボの黒澤がCGに興味抱かなかったわけないんだけどな。
ただし!実写の重みってのもよく判っていると思う

588 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/14(金) 17:57:46 ID:SLX/8vuC
>>587
モガモボの黒澤はカラーになかなか手を出しませんでしたね。
自分の色が出ないと言って。
CGも同じだったのじゃないかな。
残念なのは黒澤の晩年、すでに日本の技術は米国に相当遅れていて、
やるなら米国頼りになってしまったからでしょう。
日本の現実では思い通りにならない。
黒澤が満足するようなCG技術は今の日本では未だに駄目なんじゃないかと思う。
でも、CGの急速な発達に伴って、黒澤も姿を消した。
運命のような機もする。

589 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/14(金) 18:19:48 ID:ihbGq8pU
そして結論はアレキサンダーが傑作ってか?寝言は寝て言え。

アレキサンダー厨のID
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ID:SLX/8vuC

590 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/14(金) 18:25:10 ID:HqyKpYy2
黒澤チルドレンと言えるルーカスやスピルバーグが
CGを使って自由自在に想像力あふれる作品を作っていることを思うと
黒澤の意思は着実に、新しい時代に生きづいていると思う。

591 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/14(金) 19:56:58 ID:fb6oP3FR
ルーカスやスピ等、ハリウッドのアミューズメント映画作家の創作姿勢は
できるだけ多くの人に見てもらうために(多額の利益を得るために)誰もが
理屈抜きで楽しめる映画を作ること。
黒澤から影響を受けたからといって目指すものが同じということではない。

592 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/22(土) 15:41:51 ID:gCuxv529
http://www.amazon.com/gp/product/B00008973Q/103-1376905-3931041?v=glance&n=130&s=dvd&v=glance&tagActionCode=cinemakingdom-20
http://www.criterionco.com/asp/release.asp?id=316
外国のDVDは安くていいなあ

593 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/02(水) 14:15:56 ID:9hndkh2E
寺尾が撃たれたシーンで「あ!」と言った深夜2時。

90点
合戦のスケール−1 ストーリー平坦-1 キャストの適性-1 ピーターウザイ−7

594 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/08(火) 17:11:02 ID:k6Zp1Vpg
ピーターはうざい。
でもピーターの存在を知らずに見ればまだ許されるか

595 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/15(火) 21:43:34 ID:NUykPEAY
なんでも鑑定団で「影武者」の兜出てた。
黒澤は自ら兜のデザインまで手掛けて、本物の職人と作り上げたのだそうです。
やっぱりすげえ人だ。

596 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/16(水) 04:43:29 ID:mzImEfbu
当初の勝新で見たかった。

171 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)