5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

新東宝・ハンサムタワーズたちを語れ

1 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/01(日) 00:50:00 ID:gqE14ax2
菅原文太、吉田輝雄、寺島達夫、高宮敬二を輩出した新東宝
ハンサムタワーズ。何故ハンサムタワーズかって、東京タワー
のように背が高く、カッコイイからなのさ・・・。日活のダイ
ヤモンドラインだけがスターではないのだ。

2 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/01(日) 00:56:08 ID:QyAUFPTL
高宮敬二182
吉田輝男178
寺島達夫176
菅原文太175

石原裕次郎180
小林  旭175
赤木圭一郎173
和田 浩治172

確かに身長はハンサムタワーズの方が高い。

3 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/01(日) 00:57:54 ID:fXX/Hu3L
小野ヤスシ 178cm

4 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/01(日) 12:45:22 ID:xMlbQ4wo
>2
情報サンクス
高宮敬二がダントツ高いのは、「男の世界」で了解済み。
なぜか4人が並んで歩行するシーンでは、3歩下がっていた。
それにしても今の俳優にはない魅力をもったハンサムタワーズ
だけど、おそらくこうしたタイプの俳優って今後出てこないで
あろう。俳優志望ならこの4人を模倣してね。

5 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/01(日) 14:53:04 ID:e0pAlE11
俳優現役の菅原文太さん以外は、皆さんどうしているのでしょう?

6 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/01(日) 16:25:33 ID:B5VHjgrd
吉田さんは実業家、「無頼平野」で奇跡の復活

7 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/01(日) 22:50:42 ID:zH44eiHe
>5
高宮氏は俳優稼業をとっくの昔に退き。現在は音楽業界に籍を
置いている。歌も上手で何枚かリリースしており、数年前ハン
サムタワーズ(グループ名)で吉田輝雄氏と夢のデュエットを
果たしている。どうせなら4人の再会を祝して結成してほしか
った。惜しくも寺島達夫氏は数年前に亡くなられた。

8 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/01(日) 23:04:07 ID:zH44eiHe
このスレはハンサムタワーズ以外の俳優さんの話題や作品もどうぞ。
俳優なら、和田桂之助(孝)、松原緑郎、鳴門洋二、浅見比呂志他
女優陣なら、三原葉子、万里昌代、三条魔子、扇町京子、北沢典子等
ただし、御木本伸介は現況はどうよ?
とかいわないでね。わかる範囲は限られているので、よろしくです。

9 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/01(日) 23:05:17 ID:rjRzyOdq
新東宝の俳優さんてナンカ会社自体の存続が短期だったかも知れんが
他社の俳優さんと比べると妙に個性的なんだよな・・
いい意味で凄みがあるってのか?
でも結局は天知茂・若山富三郎・高島忠夫・丹波哲郎・宇津井健・菅原文太くらいか?
ハンサムタワーズは移籍した松竹が女優路線だったのも失敗だったんでは・・

10 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/02(月) 00:06:37 ID:ShKgsqwN
>>8
をいをい、いかに大霊界のセンセイが新東宝出身だからって、あちらの世界に
逝ってしまった人を例に挙げるこたぁないだろうが!
さて、和田孝は、引退後にはじめた人形工芸のスタジオを10年ぐらい前には
廃業したようですね。三原葉子は実業家として成功してハワイに移住したという
話を聞くので、これはこれでめでたい限り。若杉嘉津子も引退後、かなり苦労した
そうだが、70半ば過ぎてそれなりに健在なのは、ファンとしてうれしい。
その後がなんだか気になるのは、国方伝と小畑絹子だね。

11 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/03(火) 23:58:03 ID:ThQmpuKx
>10
小畠絹子はたまに土曜ワイド劇場で尼僧役で出演していますね。
地味〜な役が多いですね。お顔もすっかりお年を召したお顔に
なりました。

12 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/05(木) 11:39:11 ID:pLgB3Uud
高宮敬二氏は新東宝に入る前に、東映ニューフェースを受けているが、
残念(落ちてしまった)。受かっていれば同期には梅宮辰夫氏がいた。
因みに小林旭氏も東映を落ちている。受かって入れば同期には健さんが
いた。思うに人生とはわからないもの東映で小林氏が大成していたか?
落ちて日活に入ったからこそ、成功したという見方が正論。



13 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/05(木) 11:47:24 ID:pLgB3Uud
しかし、高宮敬二と寺島達夫両氏の東映デビューの扱い
は中堅以下の扱いだね。松竹では共に主演格であったお
二方が・・・。東映では主演をはれない。逆に皮肉では
あるが文太氏はその反対に逆走して成功した。主演を掴
めなかった(松竹)時代の敗者復活って感じですね。

14 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/05(木) 15:53:23 ID:ebN9klWm
文太って松竹時代は木下恵介の映画に出たりしてんだよな・・
怪作(?)死闘の伝説に・・・

吉田輝雄も小津映画に出てるけど

15 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/05(木) 16:26:24 ID:nKCe0RS2
女のヒモ暮らしカッコイイ

16 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/05(木) 21:55:00 ID:895oSO2a
東映での寺島・高宮は、大部屋扱い! 寺島なんかかつての盟友 文太に
「組織暴力・兄弟盃」で、冒頭でいきなり刺されたもんな!

17 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/05(木) 22:13:16 ID:hkGYs8C7
文太は木下作品には「香華」にもちらりと出ているぜ。
新東宝デビュー前は「大暴れチャッチャ娘」のラストのダンサー役や
「哀愁の町に霧が降る」の主人公の学友役などに出ていますね。
吉田輝雄は、松竹では中村登の「愛染かつら」(岩崎加根子が出てこな
かったら単なるクズ映画)の主演が印象深かったな。

18 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/05(木) 22:28:37 ID:xDH4RRCr
>16
それはいえますね。確か「侠客道」(67)で、高宮氏の出演順位が
脇役クラス。他の小畠絹子氏や天知茂氏は準主演並みなんですよね。
これにはショックを受けた。
>15
文太兄いは松竹時代、銀座のママに食わせてもらった時分があり、
大変お世話になったと語ってますね。
>14
一部の批評家に絶賛された文太氏が、松竹時代に誇れる唯一の作品。
小津映画に出た吉田輝雄氏、監督の演出でこんなに変わってしまう。
さすが巨匠。

19 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/05(木) 22:42:15 ID:xDH4RRCr
>17
情報サンクスです。
ちらりと出てくるといえば、「女王蜂の怒り」(58)で
星輝美氏と踊る文太兄いの背後に高宮氏を発見(エキストラ)
できます。さらに女親分の手下のなかにも寺島氏がいますね。
吉田輝雄氏にとって松竹は打ってつけの環境でしたね。

20 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/12(木) 13:09:25 ID:xBY++yGD
吉田輝雄は今何してますか

21 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/12(木) 21:58:44 ID:kMAOfhF6
>20
6を参照

22 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/12(木) 22:08:12 ID:kMAOfhF6
宍戸錠が売れる前に同じ下宿に菅原文太がおり、
同じ匂いと感じたそうです。

23 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/13(金) 01:29:21 ID:O+J2fG+7
テリー(吉田輝雄)カッチョイイ〜ね!
特に新東宝のエログロ路線だろうが東映の異常性愛路線だろうが品位が落ちないとこが。
そうゆう意味では松竹では二枚目の王道を行っててよかったのにな。
小津の「秋刀魚の味」などはホントになんともいえず素敵だね。

24 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/13(金) 18:43:35 ID:KK2An6qk
天下の二枚目佐田啓二も吉田輝雄の前ではかすんで見える
体型があまりにも違いすぎて

25 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/15(日) 12:09:38 ID:8p2CgROa
「新・兄弟仁義」だったかな。北島サブが高宮敬二を刺すシーンがあって
二人が正面からぶつかるんだけど、その身長差に唖然とした記憶がある。
サブは155くらいか?
とにかく高宮の胸くらいしかなくてまるで大人と子供だった。
その後しばらくしてTV「非常のライセンス」に高橋英樹がゲスト出演した時も、
天知と英樹の身長差にビックリしたが…。
天知は160あったのかな?


26 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/15(日) 23:03:28 ID:FGV6aruI
吉田輝男と高宮敬二は、ほんとスタイルいいね。
高倉健(顔デカ)や菅原文太(猫背)が野暮ったく見えるほど。

27 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/16(月) 19:59:54 ID:fiQWbO5W
それにしても、寺島氏と高宮氏の東映時代の扱いはひどい。
寺島氏の華麗なる松竹時代を、東映関係者はしっとんのかね。
「あらくれ荒野」とか「島育ち」とか主演を張った作品は多い
のにね。これは高宮氏にもいえることだけど。それとは裏腹
に吉田輝雄の東映時代はよかった。これも恩師石井輝男監督
のご贔屓あってのことだけどね。ところで高宮氏は何年生まれ
か知ってる方います?

28 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/16(月) 22:58:38 ID:SYOzB/ta

高宮敬二 昭和 8年1月15日生まれ
吉田輝男 昭和11年3月23日生まれ

29 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/17(火) 01:14:05 ID:RjmgY0t8
>25
今でこそ身長180以上なんてあたりまえだけど、当時の芸能人の
中ではダントツに背が高かったのではないでしょうか・・・。
>26
健さんや文太さんにとっては優に東映色オンリー。健さんは顔と
背中に男の哀感漂う魅力が任侠路線で爆発したし、文太さんは
あの猫背に人生の光と影を混在させ、実録路線で花咲かせた・・・。
そういえば彼が東映で成功する前、松竹で「男の顔は履歴書」
で脇役のチンピラを演じた文太氏を、ある映画評論家が絶賛したと
いっていた。
>28
情報サンクスです。

30 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/22(日) 21:42:48 ID:74TkyWnc
「男の顔は履歴書」の文太は、確かにその後の彼の活躍を示唆するには
充分に値する稀有な作品。さすが加藤監督。
高宮敬二もチンピラの三国人で出ていたが、やはりその後の東映路線の
彼を見ているようで忍びない。
時代の波に乗った文太は俳優としての確固とした地位を築いたが、他
の3人は時代の波に乗れるタイプではなかった。それは松竹時代の文
太が他の3人に追い抜かれ、くすぶっていた不遇の時代があればこそ、
到来したチャンスであった。

31 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/22(日) 21:44:39 ID:74TkyWnc
時代はバーシャル!

32 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/22(日) 21:48:09 ID:RoASclOE
吉田輝男は松竹でも東映でも数本主演を取ってる

33 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/22(日) 21:55:24 ID:74TkyWnc
それは不遇な時代というよりも、東映がヤクザ映画全盛になり、
文太の個性と東映ヤクザ映画が上手くマッチしたという意味です。
追い抜かれた他の3人は、逆の立場になってしまうのは、気の毒
なのですが・・・。吉田輝雄は石井監督のお呼ばれで石井作品に
頻繁に登場しますが、文太のような悪の強い個性は無く、どこか
あっさりとした後味のない個性で、暴力団に雇われた殺し屋役で
ニヒルさをアピールしてますが、いかんせんリアルさに欠け、文
太のようなリアルさはない。そこがこの2人の相違なのですが・・・。

34 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/22(日) 22:06:01 ID:2PaDBg2G
寺島、高宮はともかく吉田輝雄は新東宝出身としてはスタートして
長続きした方では?
松竹時代は64年頃まで主役張ってたし62〜63年は手薄な男優陣の中でも
トップクラスの扱いだったと思う。
フリーとなってからも東映を中心に67年頃までは準主役クラス、時に
主役を食うほどの存在感もあった(網走番外地シリーズなど)。
転落のキッカケはやはり石井輝男監督の異常性愛シリーズへの出演だろう。
今でこそあのシリーズも再評価されているが(当時も一部の評論家からは
高評価だった)当時は袋叩き。
何よりもあのシリーズに出てることで、他の作品からお呼びがかからなくなったのでは?
当時、「異常性愛記録ハレンチ」のポスターを見て、彼の顔つきがずいぶん変わって
しまったな、と思った記憶がある。まさに「異常」というのか、目が狂人のソレで、
唇が異様に赤く変質者のようだった。つい数年前まで小津の「秋刀魚の味」や
木下恵介の「今年の恋」、それにTVドラマで爽やかな好青年を演じていたのが
嘘のようだった。もう二度と正常で健康的な世界には戻ってこれないのだな…と
思った記憶がある。異常性愛シリーズが終了したあと、久しぶりにTVドラマ「ゴールドアイ」
に出てたけど、もう往時の爽やかさは見られなかった。
第一線から姿を消したのはその後まもなくだったと思う。
色んなインタビュー本など読むと素直であまり深く考えない性格の人だったようで、
旧知の石井監督から頼まれたら断れなかったんだろうけど。
ま、しかし特段演技力がある訳でもないし、性格俳優というタイプでもないから
早晩年齢を重ねるとともにスターの座は維持できなかっただろうけどね。
「網走番外地・南国の対決」のキザな白スーツ姿、決まってたけどな…。

35 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/22(日) 22:19:32 ID:uMeaez5C
ヨクも悪くも石井監督と東映で心中。アクの強さがあれば大木実・待田京介
の位置にいたんでは?二枚目俳優が生き残るにか悪役が出来ないとキツイ。

36 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/22(日) 22:39:53 ID:9p41gVaY
>>34
輝雄ちゃんは、最近もナショナル時代劇(「怒れ!求馬」とか)に出ていたけどな。
恰幅のある温厚そうないい年の取り方をしていたよ。
ナショナル劇場や東映京都のTV時代劇は、栗塚旭とか半引退している人をよく使うね。

異常性愛路線に出たのがいけなかった? その気になればTVや舞台(商業演劇)の脇等でぼちぼち
やることも出来ただろうし、あくまで本人が俳優業に限界を感じたんだと思う。

どんな作品でも素の人柄の好さが滲み出ていたけど、俳優としてはそんなに器用で
はなかったからね。
輝雄さんは私生活でも当時からモテモテだったんじゃない? 素も優しそうだしね。

37 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/22(日) 22:45:28 ID:74TkyWnc
>34
昭和45年以前までは文太より吉田輝雄の方が知名度があったのは、
言うまでもないけど。確かにこの頃は、他の3人とは別格の扱いで
あったのは、彼の松竹時代の主要作品を見れば納得するのではない
か・・・。彼自身異常性愛路線以降、俳優としての区切りをつけ、
自ら現役を退いたと、語っていた。オファーは各社からかなり受け
たようだが出演は辞退したと聞く。・・・俳優としての野心はあま
りない人なのだろう。同じく高宮敬二も「仁義なき〜」以降芸能界
から遠ざかる理由はなんとなく理解できるが、吉田輝雄は売れなく
なって芸能界を退いたのではないということを、彼は強調し述べて
いたような印象を受けた。
因みに寺島達夫は地道にテレビドラマに出演していたようだ。特に
彼が「ウルトラマン80」にゲスト出演したときは、一瞬藤田進と
間違えたくらい。重厚な表情で実年齢より老けて見えたのは、私
だけではないはずだ。


38 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/22(日) 23:09:14 ID:74TkyWnc
しかし、あえていえばハンサムタワーズの筆頭は吉田輝雄であり、
松竹でも期待の新星として最も注目されていたのも彼であった。
高宮敬二も俳優としての魅力は申し分ないが、吉田のような
あっさりした快活な魅力には乏しく、彼のような端正で且つクー
ルな締まりがない。もっとも寺島達夫はドライで無骨(演技)
な感じがシャープな吉田とは相反している反面、どこかやんわり
とした親しみさがあるが、逆に欠如している吉田には魅力があっ
た。

39 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/22(日) 23:11:40 ID:74TkyWnc
>38
訂正 逆に欠如している吉田にはない魅力があった。

40 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/22(日) 23:17:33 ID:RoASclOE
70年代半ばには少年向け特撮番組にチョイ役ででてるね
少し前までエッチ系とはいえ東映で主役を張ってたのに・・・・

41 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/23(月) 12:12:40 ID:6dzzKjST
この4人は新東宝が崩壊したときはそろって松竹へ
松竹で吉田以外は役に恵まれず行き詰まったところで一緒に東映へ
よほど仲良かったのかなあ。
同年代で長身の男優がそろうと役がつきにくいと思われ

42 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/23(月) 19:31:56 ID:+OP4JmcT
「仁義なき戦い」で山方新一(高宮敬二)と共に復員する広能(菅原文太)
この2人の共演を目にする度に、新東宝移籍組は各社たらい回しににされ
ながらも、こうして共演する機会を得る・・・。おそらくこれが逆の立場
でも同じ移籍組同士の共演を得ていたに違いない。菅原文太という人は、
そうした意味で幸運な星の下に才でた運勢の強さを持つ俳優だ。故に、
山方役が文太でも現状は同じ低位置なので、ちっとも不思議ではないか
らだ。雑誌か本の対談で、菅原文太は自分より売れていく俳優(移籍組)
たちを横目にさぞ悔しい思いをなされたのではないかという質問に
時代の要望がたまたま彼であって、俺ではなかっただけの話だよと
率直に答えていた。その彼とはもはやこのスレをご覧になられてい
る方には言うまでもない。



43 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/23(月) 21:07:07 ID:yqI5bxak
文太さんはダンスが上手らしいですけど、それを見ることが出来る
新東宝作品ってありますか

44 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/23(月) 21:44:10 ID:+OP4JmcT
>43
19参照「女王蜂の怒り」

文太氏と健さんの共演した「大脱獄」(75)
では、高宮氏も出演していたが、もうこの頃
の高宮氏は大部屋扱いもいいところで、健さん
にライフルの銃身を口に咥えられ、発砲!!
スプラッターなシーンで、今でも強烈に覚えて
いる。この映画「網走番外地」のシリアス版と
福間健二氏が「石井輝男映画魂」で述べていた。

45 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/23(月) 21:58:53 ID:GovtGn/X
>>43
http://www.yui.or.jp/~abe/columns/columns003.html
58年の「女王蜂の怒り」

46 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/24(火) 16:34:01 ID:CkIxipIB
どうもありがとう

47 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/24(火) 21:27:20 ID:v7ki6R/l
>>42
>「仁義なき戦い」で山方新一(高宮敬二)と共に復員する広能(菅原文太)
>この2人の共演を目にする度に、新東宝移籍組は各社たらい回しににされ
>ながらも、こうして共演する機会を得る・・・。

そんなに思い入れのある人だったのか。
今日まで、名前すら知らんかったんだが、
仁義での扱いもなんか中途半端で、
その上、仁義シリーズでは、役者の使い回し(何回も死んでいる)が多いのに、
その後全然出てこなかったように思う。
文太アニイの力で、お情けで出してもらったようだったといえば言いすぎだろうか。


48 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/24(火) 21:30:54 ID:CkIxipIB
というより、元新東宝組ということで演りやすかったんじゃないかなあ

49 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/24(火) 21:32:06 ID:fZbZGRbv
>>45
そのリンク先おもろい!

50 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/24(火) 22:20:38 ID:56LMpWux
「仁義なき戦い」一部って、松竹の(匂い)も感じとれるよなー。
文太、三上真一郎、高宮、高野真ニと揃ってるから。

51 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/24(火) 23:43:44 ID:oMxjL2XZ
>>45
ダンスも得意なのか。観たくなったぞ。

52 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/24(火) 23:45:36 ID:iRSUCEw7
おそらく東映時代の高宮敬二しか知らん人は、単なる東映の脇役俳優
にしか見えないんだろうね。
ご他聞に漏れずにいえば、東映は割りとそういう扱いを受けている人は
彼以外にもいるでしょうね。逆に東映で脇役から順主役に
昇格した俳優もいる・・・。例えば待田京介とかね

53 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/24(火) 23:54:26 ID:oMxjL2XZ
高宮は脇役と言うよりセリフがほとんどなかった。
待田京介は日活やTVドラマで主役の経験アリ。
文太は松竹で若山は大映で脇役専門だったが
東映で(若山は出戻りだが)主演スターに返り咲く。

54 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/25(水) 00:09:59 ID:k63h6KPy
>53 
城健三郎時代ですね。
新東宝でもパッとしなかったですね。
同じ新東宝出身で、返り咲く感じが文太と似てますね。


55 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/25(水) 00:26:40 ID:k63h6KPy
高宮敬二は演技力があるのかないのか、その作品によって
違いますよね。それは監督にもよるんだけど。例えば
「組織暴力」の冒頭で鶴田と台詞を交わすシーンは、先輩
鶴田浩二と張り合っていますね。声もよく聞き取れるし、
この人には成功してほしかった。

56 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/25(水) 07:05:43 ID:s9zQjVRw
>>54
新東宝では二人とも主演スターですが、新東宝自体客が入らない
末期の大映や日活のような頃ですから世間的にはパットしないと言えばしません。
59年に若山は東映に移籍して一応主演もやってますが、パットしません。


57 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/25(水) 21:36:49 ID:o8hNMyU+
>>41
確かに同じタイプがそろうと損だな。

58 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/25(水) 22:23:50 ID:j8dy7MZt
高宮は松竹移籍後は主役もやってるんだなー!もし彼に会う企画とかいろんな
条件がマッチングしたら、アクションスターになれたかもね。

59 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/26(木) 20:30:38 ID:98o540mb
>58
ただ運が悪かった。そうとしかいいようがないです。

60 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/26(木) 20:54:20 ID:AYP2VoI6
高宮敬二論
戦後の映画史のなかで一気に前近代的シークエンスをひっくり
返したスターは石原裕次郎である。彼が戦後近代主義的映画の
あり方を変えてしまったのである。もっとわかりやすく言うな
らば映画の領域、間口の広さは彼の存在なくして、日本映画は
成立しなかったのである。当時の映画会社は日活にすべて倣え
といっても過言ではない。ご他聞に漏れず新東宝のハンサムタ
ワーズのスタンスも彼らのパクリといえばいい過ぎか・・・。
つまり作品のライフワークが日活の映画に似通う程に、当時
の日活は斬新であった。そこでもし同じことが日活より早く
新東宝が歩み初めていたなら、時代の寵児は裕次郎ではなく
高宮敬二であったかもしれないのである。理想的プレモダン
の形成は、スターがたりえたわけではないことを証明した
のである。

61 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/26(木) 21:09:08 ID:m3oRD0tz
太陽先生青春記か
http://www.jmdb.ne.jp/person/p0110520.htm
を見るとやけに出演作が少なく見える。
主要キャストじゃないので検索できない作品が多そう。

62 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/27(金) 22:54:21 ID:JcEWTxKR
>60 
DyDoのコーヒーを飲んで敬二のオリジナルTシャツの抽選に
応募していたってのか・・・。時代は裕次郎ではなく、敬二
だったらって話だす。

63 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/27(金) 22:56:57 ID:JcEWTxKR
裕次郎との共通点は敬二の場合は、背が高い。歌が唄える。
カッコイイ!!

64 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/27(金) 23:38:25 ID:JcEWTxKR
ハンサムタワーズの4人が一堂に会する映画は、後にも先にも
この一本それが「男の世界だ」である。小生は個人的に作品の
云々どうこうではなく。どんな最高傑作が束になってかかって
きても、声を大にして「男の世界だ」文句あるか!・・・と、
怒号するであろう。作品の内容なんてどうでも良い、4人が出
ている。それだけでいいのだ。


65 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/28(土) 00:21:27 ID:R8c5GAzl
>>64
石原はサバ読んでるから高宮敬二の方がずっと高い

66 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/28(土) 17:14:08 ID:U9fm/lx7
吉田輝雄は異常性愛シリーズで共演してた橘ますみと出来ちゃったんだね。
ますみはデビュー作が鶴田主演の「博打うち」だったが、新人・共演女優には必ず
手を付ける鶴田でもあり一時期出来ていた。
ところが石井輝男監督に抜擢され異常性愛シリーズに出るようになってから運命が
変わってしまった。清純派でもパッとしなかったから、作品はともかく一応「主役」
ということで賭けてみたんだろうね。ここで出会ったのが吉田。
20も年が上で説教くさく威張りたがる鶴田に比べ、若々しくて優しい吉田にますみが
ゾッコンになるのはすぐだった。しかし吉田には当時結婚を約束した女性がおり別れざるを
得なかった。2人の仲は当時週刊誌でもすこしだけ報じられたが、大きな噂になることはなかった。
ますみはスターというには一般的な知名度がなかったし、吉田も既に往時の人気はなかったからね。
ところで鶴田は異常性愛シリーズ反対の急先鋒として、京都撮影所でも石井監督はじめスタッフや
出演者にたびたびつらく当たったことは有名だが、自分から逃げて行った橘ますみに対する愛憎も
影響してるだろうね。もちろん吉田輝雄に対する憎しみも。

67 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/28(土) 18:32:29 ID:YCW3HObQ
>>66
映画魂 石井輝男 の著書の中でも鶴田の事はあまりヨク語られてない・・
京撮組の中でも新東宝関係はかなりイジメがあったらしい・・
権力者(鶴田)の前ではおいそれと恋愛もご法度か?
工藤明子も後大出俊と再婚したり・・佐久間良子も平幹と結婚したが・・
三田佳子は鶴田を相手にしないタメ東映では佐久間の二番手扱い・・
それ位鶴田は時の東映では力があったんだと思う。。

しかし元新東宝の俳優がホント多かった・・
丹波・天知・吉田・高宮・寺島・若山・久保・三原・アラカン・・・

68 :製作=東映:2005/05/28(土) 21:05:01 ID:MfMEAyze
石井輝男は網走番外地シリ-ズという東映最大のドル箱ヒットを持ちながら
エッチ映画なんか普通はやらないと思うんだけど石井の企画なの?

69 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/28(土) 22:28:25 ID:U9fm/lx7
>68
これは後に社長になる岡田茂の企画だった。当時弱小プロによるピンク映画が全盛で
大人気。これに目をつけた岡田がプロデューサー天尾完次に「あれをウチ流に焼き直して
やれ」と命じたらしい。東映はもともと時代劇が得意だからエロと時代劇を組み合わせて…
てことでできたのが「徳川女系図」。このアイデアは岡田か天尾かどっちなのかな。
監督を当時の東映のエース格だった石井にさせたのは多分岡田だろう。
どうせやるなら徹底的にやるという、商売人岡田の指示に違いない。
しかしあのシリーズがあそこまでエスカレートしていくとは岡田も思っていなかったろう。
岡田以上に「やる以上は徹底的にやる」主義の石井と稀代の変人で凝り性の脚本家・掛札昌裕が
どんどん異常な世界にのめり込んでいったんだろう。


70 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/29(日) 18:47:04 ID:ufmoPAPP
高宮敬二論2
先日「地獄」を観たんだけど、三ツ矢歌子ってこの頃は色白で
ポッチャリしてまだ幼さの残る顔立ちで、それでいて肉感的
な魅力が何処かアンバランスなんだけど・・・。何か秘めた
美を男に狂喜させる妖艶さをもった女優ですね。それに割合
近い狂喜さが前田通子にもあるけど、それはまた別の機会に
譲るとする。さて新東宝作品で「黒い乳房」という映画があ
る。
そこで高宮敬二は小畠絹子のひも(チンピラ)を演じてい
るのだが、これがなかなか壷に嵌まり、小畠扮する娼婦に
粘着していく屑のような男なのだ。激しく小畠と絡む高宮
敬二の悪役振りも堂々とし・・・。なかでも笑ったのが
腹巻にいなせな白のスーツを着めこむ彼の姿であった。
威勢の良い男勝りのチンピラ役には徹した服装だ。普通
どうみても共演の菅原文太に振り分けられる役柄なのだ
がここでの文太は実直な社長秘書を硬く演じているのが
逆に東映の彼を知る映画小僧には、意表を突かれてしま
う。機会があればそのギャップの違いを堪能してほしい。


71 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/29(日) 19:30:39 ID:g62oDRCm
このスレ見て、高宮敬二という人に興味を持ち(というほどでもないか)、
「仁義なき戦い」をもう一遍見たんだが、やはり中途半端な配役だったな。
ほかの作品も見て見たいが、出演作品リストに載っているのは、ホンの一部だろうな。
東映で大部屋扱いだったにしては、異様に少なすぎる。
それとも、干されていたのか?

72 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/29(日) 21:33:34 ID:hHhfaNDl
高宮敬二の作品はむしろ東映ではなく、新東宝の作品に主演から準主演と
数多くあります。東映は貴君がおっしゃるように中途半端な扱いです。
序列も八名信夫や関山耕二辺りにクレジットされているので、脇役俳優
と誤解されがちですが、彼は脇役俳優ではないのです。本来なら主演を
張る俳優だったのです。ですから本当の彼を知りたいなら、新東宝の主要
作品を観ることです。それが高宮敬二を知る唯一の思索です。

73 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/29(日) 22:30:25 ID:WiTGNnLh
ハンサムタワーで松竹移籍後に1本も主演作がないのは文太のみ。
人の運命は分からないものだな。
文太は安藤昇に可愛がられたのが大きかったのかな。
彼は一見不器用そうに見えるけど身の処し方は意外と巧みなのかも。
それと他の3人に比べて理屈っぽそうな所が、鈴木則文や中島貞夫など
若手の監督に気に入られたのかも知れないな。

74 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/30(月) 16:38:04 ID:dtUHqBe6
高宮敬二は松竹の子会社CAG作品で、安藤昇との共演作が多いですね。
ワイズ出版の「映画俳優安藤昇」では、安藤が松竹から東映に移籍し、
「懲役十八年」の撮影中にひょっこりと文太が顔を出し、安藤を介して
俊藤プロデューサーに引き合わせたのが、文太の東映入りのきっかけ
といわれています。しかし、高宮とは違い、東映移籍が簡単にいかな
かったそうです。安藤昇が言うには、高宮は特に松竹とは契約を交わ
しておらず、彼の場合基本的にフリーだから・・・と述べています。


75 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/30(月) 22:37:01 ID:Y/jmQJFc
>>72
>本来なら主演を
>張る俳優だったのです。ですから本当の彼を知りたいなら、新東宝の主要
>作品を観ることです。それが高宮敬二を知る唯一の思索です。

なるほど。
しかし、新東宝の映画って、あまり簡単に見ることができんな。
丹波哲郎のファンだから、この時代の丹波先生の映画に興味があるんだが、
尽くといっていいくらい、ビデオにすらなっていないんじゃないかなと思う。

76 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/30(月) 23:10:14 ID:SHzHNvmd
女奴隷船は大きなビデオ店ならあるしCSでも放送された。
主演は菅原文太、準主演が丹波哲郎。
二人の格闘シーンもあるぞ。


77 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/31(火) 00:05:36 ID:zgb0N64A
>>76
女奴隷船は見た。いいね。
特に丹波先生、かっこいいぜ。
ただ、その他の新東宝映画が残念ながら、あまり見られる状況にないんじゃないかと。

特に、高宮敬二を知るには不十分な状況で、ブレイクしそうにもないな。

78 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/31(火) 00:29:43 ID:xgvbLMV2
新東宝作品も昨今DVD化されてますが、いかんせん怪奇ものばかりで
他は名の知れた監督作品に終始してますね。それ以外ならCS放送の
チェックとレンタルビデオ店(クラリオン)しかないですね。
新東宝時代の高宮敬二を拝めるのは、「女巌窟王」の男気なチンピラ
役の出演作しかないか・・・。彼は名監督の作品には新東宝時代から
恵まれていない。ラインシリーズあたりで主演を張ってほしかった。


79 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/01(水) 22:32:00 ID:gVnVzGYs
高宮敬二論3
菅原文太にしろ、安藤昇にしろ、全体の印象を決定付けたのは
両者共に実録路線ではないかと推する。いわずもがな前者は
「仁義なき戦い」であり、後者は自らの半生を映画化した「実録
安藤組シリーズ」である。一見どちらともアンビシャス的な感
はするが、少なくともこれまでのヤクザ映画にはないリアルな
未詳な側面が満面なく描かれたことは、最早語ることではない
ので割愛するが、ここまで徹底した集団劇且つ暴力映画は「仁義
なき〜」以降、ピークに達したというよりも、それ以前のアンチ
ヒーロー劇からの断絶とも読み取れた。それは人間の欲望には
際限がなく。過剰になれば過剰になるほど歯車が狂っていくもの
だ。故に「仁義なき〜」以上の映画は今日別な形で、再映されて
いくのだが、残念ながら「仁義〜」以上の邦画には出会っていない。
むしろ、映画よりも現実の社会にこそ、「仁義なき〜」以上の過剰
さを見てしまう。
まえおきが長くなってしまった。高宮敬二を語るつもりであったが、
次回に譲るとする。

80 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/02(木) 10:57:30 ID:yrqEyane
花嫁吸血魔にも高宮敬二は出ている
この映画、池内淳子の話題でのみ取り上げられるけど
結構おもしろい。昔の怪奇少女マンガの映像化のような
おはなし。というよりこの映画がそういうマンガの
素になってたりするのかな?

81 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/02(木) 19:43:04 ID:PZBZ5DW4
「花嫁吸血魔」の高宮敬二は損な役回りが多い。どちらかといえば、
好感の持てる若者寺島達夫の方が、軍配は上だ。
同じく、「女巌窟王」で吉田輝雄との交代劇の展開と比較して見て
しまう。





82 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/02(木) 19:46:38 ID:PZBZ5DW4
>81(女巌窟王)
前半部分は高宮、後半部分は吉田、こちらも軍配は吉田。

83 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/03(金) 22:47:49 ID:YguwwSbX
おまいらNECOで暴力5人娘を観たのか。話はそれからだ。

84 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/03(金) 22:48:49 ID:9fJz82q5
>>83
おまいらNECOで暴力5人娘を観たのか。話はそれからだ。

それが何か?

85 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/04(土) 00:29:47 ID:o4TSO/f4
どうせいうなら「九十九本目の生娘」と言ってほしかった。

86 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/07(火) 21:09:29 ID:jC4xq8t0
高宮敬二論4
誰かが書いていたが、「仁義なき戦い」では悪の親玉が存在しない
そうだ。それは自己流に解釈すれば、悪が単一に存在せず、むしろ
複数に分散したといえるのではないか・・・。「仁義〜」以前には
悪い奴は徹底して紋切型の悪と化し、良い奴は徹底して観衆の涙を
誘ったものである。では何故「仁義には〜」単一な悪の象徴が消えて
しまったのか・・・。それは我未だ見ず二項対立以降の世界のあり方
を示唆していたのではないか・・・。時代を先取りする未来の絵図
とも読み取れる。まさに今の悪は複数に分散した悪の象徴といえる。
何食わぬ顔をして相手を騙すような人間には、住みやすい時代にな
ったのではないか・・。昔の悪は端的に悪と断言できる存在であったが
、今の悪はまったく善良な市民のなかにこそ、存在する悪なので
掴み所がない。故にヤクザ顔負けの悪の社会なのだ。
広能はそんなやりきれない怒りを、坂井の位牌に向けて発砲したが、
今はどこにその怒りを発砲すればいいのだろうか?
このパソコンに向け発砲しろというのか・・・。そうした掴み所の
ない悪こそ、2000年代の悪の象徴だ。


87 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/07(火) 21:20:41 ID:jC4xq8t0
先日おもちゃ売り場で「仁義なき戦い」のフィギュアを見つけた。
顔も精巧にできていた。思わず、山方新一(高宮敬二)を探したが
何処にもなかった。・・・欲しい・・・。

88 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/09(木) 13:42:46 ID:sXrzwT8Q
今、ヤフオクで石井輝男監督の「ハレンチ」出品してる方がいるけど
、あれってビデオ化されていたんだね。しかし、探してるけど何処の
ビデオ店にもないな〜。

89 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/14(火) 01:51:56 ID:AgbiRV0L
>>78
> 新東宝作品も昨今DVD化されてますが、いかんせん怪奇ものばかりで
> 他は名の知れた監督作品に終始してますね。

そうか? かなり疑問なんだが…
どういう基準で選んでいるのか全く分からない。

「地平線がぎらぎら」とか…


90 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/14(火) 01:53:08 ID:AgbiRV0L
>>83
パンチを受けてヒューと棒を上っていくのには脱力orz


91 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/14(火) 17:42:59 ID:Xss+UY7Y
「盲獣VS一寸法師」に鳴門洋二が出ていたけど、この人わかるかな。
新東宝の俳優で、石井輝男作品にはよく出てたけど、老けたな・・・。
本編ではオカマの親爺がいい味だしてたね。ほんのちょっと出だけど
、鳴門ファン(いるのか?)には堪えられんませんよね。それから、
ついでだけどリリー・フランキーの貧乏な持ち味が、いかにも貧乏
然りで、食えない作家をのほほんと演じていたね・・。

92 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/14(火) 19:23:44 ID:bNtBC2Y6
懐かしいですね。鳴門洋二。
この人テレビの「鉄道公安28号」?っての出ていた?

93 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/14(火) 20:24:11 ID:hwaumGfR
>92
あんまりマニアックすぎてわかんないです。
鳴門洋二は新東宝倒産後、残党として大蔵映画に出たのかな?
けれども映画よりテレビ中心に活動してたのは確かだけど・・・。

94 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/14(火) 20:49:43 ID:bNtBC2Y6
>>93
ホントwマニアックだね。思いだしました・・
確かテレ朝で昭和39〜41年くらいに放送された東映テレビ製作
「鉄道公安36号」須藤健・影山泉等に混じって鳴門洋二もレギュラー
で出演していたはずですよ。後々の「さすらい刑事旅情」宇津井健主演
の原型番組。この番組で子役で真田広之が出ていた記憶があります。
しかし鳴門洋二が新東宝ってのは知らなかったな。。。

95 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/14(火) 20:57:25 ID:tU58c2lL
久保菜穂子って容姿端麗で外国産の絹物のドレスなんて
あしらったら、恐らく比較外だね。
つまり誰も比肩する者がいないってことだよ。それだけ
日本人離れした印象を受けたね。元来、魅力的な女性
ってのは男性からみれば普遍的な「美」を連想するけど、
彼女は一見して、場違いな山の手タイプの優雅で典雅な
女性だね。男にしてみれば近付きがたい女性だ。

96 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/14(火) 21:02:59 ID:/XTOAC6/
≫95 確かにねー! とても辰ちゃんの女だったなんて思いたくないなー!

97 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/14(火) 22:38:46 ID:AgbiRV0L
「憲兵と幽霊」で拷問受けてますね。

98 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/15(水) 18:31:00 ID:zkoo13Kl
100以降は三原葉子について熱く語りたいね。


99 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/15(水) 18:44:32 ID:zkoo13Kl
「憲兵と幽霊」を観て。
チャイナ服を着た三原葉子が色っぽかった。
久保菜穂子も出ているけど、何やっても上品
すぎちゃって、丸ぽちゃの三原葉子が未だに
一部のマニアから愛されている由来が、わかるな・・・。

100 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/15(水) 19:10:03 ID:tF7jKbJp
    ' 「      ´ {ハi′          }  l    阿部高和が100getだ
   |  |                    |  |
   |  !                        |  |    >>101 ウホッ!いい男…
   | │                   〈   !   .>>102 やらないか?
   | |/ノ二__‐──ァ   ヽニニ二二二ヾ } ,'⌒ヽ  .>>103 うれしいこと言ってくれるじゃないの
  /⌒!|  =彳o。ト ̄ヽ     '´ !o_シ`ヾ | i/ ヽ !  >>104 とことんよろこばせてやるからな
  ! ハ!|  ー─ '  i  !    `'   '' "   ||ヽ l | >>105 いいこと思いついた
 | | /ヽ!        |            |ヽ i !  .   お前、オレのケツの中でションベンしろ
 ヽ {  |           !           |ノ  /  >>106 ああ・・・次はションベンだ
  ヽ  |        _   ,、            ! ,    >>107 ところで俺のキンタマを見てくれ
   \ !         '-゙ ‐ ゙        レ'′       こいつをどう思う?
     `!                    /      >>108 ケツの穴のひだまで      
     ヽ     ゙  ̄   ̄ `     / |          あまさず写しとってくれよ・・・  
       |\      ー ─‐       , ′ !     


101 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/16(木) 21:21:34 ID:CGAv7lmS
「盲獣VS一寸法師」
巻頭、DV画像を観て驚いたけど、終わりごろには、
それほど必要欠くべからざることなの、DVを肯定
した自分がいた。50分毎には、冷ややかな視線を
投げかけたはずの自分が、今ではやや息を詰まらせ
気味に、口を開けばいいじゃんみたいな声をいちだ
んと高め。感嘆としていた。

102 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/16(木) 21:53:22 ID:CGAv7lmS
冒頭でレビューがはねた後、主人公の紋三のモノローグ
が被り、浅草の闇の第二幕はこれからはじまるのだ。
そこまで言ってことばを切ると、どこからともなく
夜の住人たちが現れ、くびすを接す・・・。男娼、
娼婦、裏写真を売る小商い、希うオカマ風のオヤジ・・・。
ほたるより異に、よく見れば鳴門洋二ではないか。
オカマのオヤジは、男娼(しゅう)に腕をまわして
、ぐっと抱きしめた・・・・。男娼は値踏みしながら
オヤジの手元にモクを当て、その熱さに耐えかねた
オヤジは甲高い声を上げ、ちょっと語気を強めてやり
返した。「あちっ!」
言った後で口を閉ざすと、男娼はオヤジの手の甲の
ヤケド部分に舌を垂らし、犬がご主人にぺろぺろする
ように舐めた・・・。ほんのここだけの登場だが、
印象に残る名シーンであった。

103 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/17(金) 21:43:02 ID:0UmrxWTm
どなたか三原葉子といっていたので、今回は彼女について
語りたい。一部の支持者の間で、三原葉子ほど愛されてい
る女優は珍しい、そんな彼女だが、やはり小生にとっての
三原葉子は島田髷にした江戸褄の彼女ではなく、現代路線
でキョトンとした愛嬌のある「セクシーライン」のような
肉感的な彼女こそ、三原葉子の本来の持ち味だと思う。


104 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/18(土) 00:12:54 ID:HNdNIdKB
パチパチパチパチ!!!

105 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/18(土) 09:19:23 ID:7+xZbdeV
久保菜穂子を最後に見たのはTV「夏体験物語」で
寮長(塩沢とき)の代役だった
池内や大空のように舞台に出てないから引退されたのか

106 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/21(火) 00:16:12 ID:5Hv1iB+U
>105
キャラ的には代役なので塩沢とき風なんですか?

107 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/21(火) 16:38:49 ID:0AIRzoAO
レンタル屋で「九十九本目の生娘」発見したので見たが
所々カットされてる感じで三原葉子の拷問もなかった、
おもしろかったけど見てしまえば他の新東宝作品と大差ない
娯楽映画の一本って感じ





108 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/22(水) 00:33:03 ID:lJt0xBMb
>107
そこが新東宝の良さです。

109 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/29(水) 20:04:15 ID:boSG+gzS
高宮敬二論5
「花嫁吸血魔とハンサムタワーズの試み 1」
何故かこの手の映画のヒロインは、不幸な境遇に見舞われて、不慮の死で
両親が他界し、巨額の借金を抱えていたりで、不憫な境遇である。我らの
ヒロイン池内淳子の役柄も、不幸のどん底にいながらも、健気な姿を情感
たっぷりに演じていた。
新聞記者(高宮敬二)の口利きで芸能界デビューが決まり、彼女はこれで、
借金の返済もできると安心した矢先、彼女が快く思っていない悪友の共謀
で崖下に突き落とされた。顔を酷く損傷し、女優生命を断たれた彼女に、
追い討ちをかけるよに母が自殺。彼女は世捨て人覚悟に、生前母に言われ
ていた巫女様の住む人里離れた山間の奥地へと向う。この謎の不気味な
老婆の秘術の力により、顔を修復するといいながら、彼女の顔は余計酷く
なり、あまりにも変われ果てた姿にショックを受けて自殺。それを見かね
た老婆は自らの命と引き換えに、彼女を蘇生させるのであった。
老婆の神通力で樽の水面が万華鏡に変わり、3人の悪友に突き落とされた
自分を映し出し、あれは事故ではなく、悪友の画作であった彼女は,復讐
のお礼参りへ向うのであった。名前を偽り別人(そのまんま)を装って、
再び悪友の前に現れた。彼女は老婆の秘術の副作用で、吸血魔に変貌し、
共謀した悪友を血祭りに上げていく。

110 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/29(水) 20:33:25 ID:+gXWVBcR
高宮敬二論5
「花嫁吸血魔とハンサムターズの試み 2」
ここまで書くと、単なる復讐劇にのみの筋書きに見えてしまいがちだ
が、監督は巨匠並木鏡太郎。ただのスリラー仕立ての映画ではない。
本篇の所々に松竹メロドラマ調で強引に引っ張ってくる。そこが本
作の味わい深さである。特に純粋な青年(寺島達夫)が彼女に思慕
を寄せるシーンはレトロチックな雰囲気に包まれていた。 
悪友に突き落とされる場面では、誰がどう見ても背後から3人の力
が加わり突き落とされたのだから、当の本人がその事に気がついて
も全然おかしくないのだが・・・・・勘繰りはやめます。
他方悪友を演じた瀬戸麗子の体の線の細さに比べ、池内淳子の線
の太さが少々気になる程度でしたが、当時の女優はどちらかとい
えば彼女のように中肉中背が主流だったらしく、単に着太りして
いるだけに見えたかもしれない。(続く)

111 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/03(土) 00:37:32 ID:dXnWsQY6
>>91-94
鳴門洋二は「ジャイアントロボ」にゲスト出演したことがあった。ユニコーンの元隊員の役で。

112 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/04(日) 03:42:20 ID:y/LBUVjW
>>8
鳴門洋二は「地獄」「盲獣VS一寸法師」、浅見比呂志は「地獄」に出演、松原光二(緑郎)は十数年前にフィリピン人の売春斡旋容疑でタイーホ、御木本伸介は'02年8月に逝去した。
そして、女優陣は三原葉子はグァムでホテルの経営、前田通子は「地獄」に出演、三ツ矢歌子は'04年に逝去、池内淳子、大空真弓は舞台女優として活躍中。
北沢典子は元横浜ベイスターズ監督の近藤昭仁夫人、扇町京子は新東宝倒産後、大蔵映画を中心にピンク女優として活躍、引退後、大蔵貢の愛人になった。

113 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/05(月) 23:59:16 ID:goOCmzWv
>112
情報ありがとさんです。


114 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/07(水) 18:42:16 ID:ez5eEOlV
>112
そうか、松原緑郎って松原光二だったんだな。
そういえば同じ顔だよな。健チャンの「昭和残侠伝・死んで貰います」で
だらしない男を演じてたけど、その後ほとんど見かけなくなった。
売春斡旋なんかやってたのか!

115 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/07(水) 21:47:39 ID:dTPX3QBo
>>112
>扇町京子は新東宝倒産後、大蔵映画を中心にピンク女優として活躍、
>引退後、大蔵貢の愛人になった。

もう新東宝の時からだったらしいよ。うちのオークラランドに勤めていた
ジジイが言ってた。うちのジイイ、もともとは教育映画作っていたんだが、
なんだかしらんうちに、勤めていた会社が大蔵映画になってたんだと。


116 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/08(木) 03:19:12 ID:0dJi7Vr6
>>115
大蔵映画の前身は富士映画って社名だった。たぶんそこが教育映画を作っていたと思う。
1961年に大蔵貢が新東宝の社長を辞めた後に、大和フィルムと富士映画、大蔵所有の興行会社を合併して、大蔵映画を設立した。

117 :112:2005/09/08(木) 09:45:28 ID:0dJi7Vr6
追加
大空真弓は、1998年に乳癌、その後二度の胃癌、2003年に食道癌の手術を受けたが、当の本人は、モグラ叩きゲームみたい物とアッケラカンとしているそうな。
そんな彼女が、闘病記を出版する。
(昨日の日刊スポーツに記事が出ていた)

118 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/09(金) 18:00:45 ID:l7o4xdSW
ハンサムタワーズは永遠に不滅です。

119 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/09(金) 23:28:31 ID:hUJppSbS
今日、衛星劇場で「男の世界だ」録画したぜ。  オープニングのモデル立ちチョーカッコヨス。

120 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/10(土) 01:30:22 ID:GeRQDeqJ
それにしても和田孝(横浜の工芸スタジオは平成はじめころに廃業か移転)や国方伝は
いったいどうしておるのかな?

121 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/10(土) 09:40:01 ID:RcnmU5aL
>>120
国方伝は、新東宝倒産後の1969年に伊吹吾朗主演「無用ノ介」にゲスト出演したが、その後の消息は不明、生きていれば、77歳ぐらいかな。

122 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 00:30:03 ID:rnWoZYd1
>119
吉田輝雄がメインで他の3人が霞んでいたな・・・。
大蔵貢の鶴のひと声で映画界入りした人だけに、社運を
賭けた新東宝のホープとして最も期待されていたんでしょう。
作品も恵まれていたしね。

123 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/12(月) 12:36:48 ID:uOg5ABST
吉田輝雄氏のインタビュー本とか出ないかな
ワイズ出版あたりから


124 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/12(月) 18:43:11 ID:Lcs8b7z2
>123
どうせなら「新東宝ハンサムタワーズ」ってタイトルで
ワイズ出版から出してほしい。
第1章
{高宮敬二映画を語る、新東宝から東映の道程!}
インタビュー形式でね。

125 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/13(火) 09:03:21 ID:lYFYdwy6
>>123
吉田輝雄のインタビューなら、十年前に出版された「無頼平野」の本に出ているよ。

126 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/15(木) 19:50:58 ID:9MZaVbHN
宇津井健よりリリー・フランキーの方が味があるな〜。

127 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/15(木) 21:46:43 ID:+j/sdPHX
伊達正三郎

128 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/16(金) 16:40:08 ID:HXHm6EDu
若山富三郎
明智十三郎
中村竜三郎
伊達正三郎
中村又三郎
市川門三郎
菊地双三郎
天津七三郎
小笠原竜三郎

129 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/17(土) 23:18:56 ID:+VDUZgtb
>126
江戸川乱歩の一寸法師の宇津井健はトップ屋。
石井輝男監督の紋三は推理作家。


130 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/17(土) 23:42:19 ID:qXcYAl8U
吉田さんとか高宮さんとか、昔の佩用さんって格好良かったんですね。私も昔の人間だけど高宮さんは初めて知りました。
かれ等はゲイ、ホモではなかったんですか?又そう云う噂も無かったのですか。あれほどイケメンなら監督の餌食になったとか。そう言うこともあればお聞きしたいです。・

131 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/18(日) 02:03:16 ID:FoQWntmN
 変なことに興味持つ人だな〜

132 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/18(日) 22:21:28 ID:TG/6CMgq
というかホモだろう。そんな発想をするじたいおかしいぜ。


133 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/18(日) 23:00:35 ID:TG/6CMgq
それともやおい好きの女か・・・?

134 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/19(月) 11:52:24 ID:nWsoDuoh
>>130〜133
もちろんホモですよ、ハンサムタワーズの四人は。
ホモはホモでもホモサピエンス

135 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/19(月) 16:30:46 ID:/aYGbcJy
なんのこっちゃわからんけど・・・。とりあえず、同性にも異性にも
好かれるってことだな。

136 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/24(土) 22:55:06 ID:IgvdjP6n
日本暗殺秘録の吉田輝雄のカッコよさは衝撃的!!
出番3分ぐらいだけどさ

137 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/25(日) 14:12:27 ID:kodjptUa
映画秘宝の石井輝男追悼特集で、吉田輝雄のインタビュー掲載。

138 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/26(月) 22:07:54 ID:1gb9ScHR
「猟奇女犯罪史」が10月にDVD化される。もう買うっきゃない。

139 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/08(土) 17:16:01 ID:DHqumce7
お前ら買えよな!

140 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/18(火) 21:59:35 ID:K5nyv5Ur
>138に賛同!
「猟奇女犯罪史」は絶対買え!
発禁になる前に・・・。阿部定が出るな〜。

141 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/21(金) 00:59:50 ID:auixJ2ex
発売日だぜ!買え!

142 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/21(金) 23:44:45 ID:6pRpMRcf
買ったぜ!お前らも観たら感想頼むぜ!

143 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/23(日) 03:02:53 ID:8nrcv27j
DVD-BOX買ったぞ〜!!
「徳川女系図」の予告編の「女体数百を脱がせまくる、健全娯楽作品」にワロタ!!

144 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/23(日) 21:14:45 ID:dmSBg55J
異常性愛路線シリーズを観まくり。石井監督のこの映画に対する
思い入れ、情熱が画面を通してビンビン伝わってきましたよ。
番外地シリーズのような系譜からいきなり、性愛路線に降りる・・
潔さ。その心意気。実験精神に、後世を担う若手の監督も、も
っと見習ってほしい。このシリーズを製作中いろいろなこと
があり、風当たりが悪かった作品なだけに、石井監督の一本気
は。昔ながらの職人気質で、頑固一徹。自分の意義を押し通し 
た傑作なのだ。恐らく周りのスタッフや評論家の意見に振り回
されていたら、これほどの内容には仕上がらなかったと思う。


145 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/09(水) 08:26:01 ID:ohQm5cML
寺島達夫さんっていう役者さんの話題がほとんど出てないんで
ググッてみたら元プロ野球選手ということぐらいしか・・・。

146 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/16(水) 00:46:24 ID:h8xnxwCP
>>145
寺島達夫は、1955年に東映フライヤーズに投手として入団するが、1957年に退団。兄が新東宝第3期スターレットとして活躍していた為、誘われる形で1958年2月新東宝に入社。(兄は彼が入社する前に亡くなったと思う)
同年12月「女王蜂の怒り」に端役で出演した後、翌1959年「東支那海の女傑」で本格的にデビューした。

49 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)