5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【生誕百年】成瀬巳喜男2【草葉の陰からウフフ】

1 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/16(木) 04:06:16 ID:bjhhc/UZ
生誕百年なのに落ちたままではさびしいので。
これから文芸座、NFCと特集が続きますし、CS特集はいよいよ終盤です。

文芸座での特集(7/9(土)〜22(金))
http://www.shin-bungeiza.com/schedule.html
「長編ドキュメンタリー 成瀬巳喜男 記憶の現場」の上映も決まりました

日本映画専門チャンネルでの成瀬特集
http://www.nihon-eiga.com/naruse/index.html

フィルムセンター(8/20(土)〜10/30(日) 詳細未定)
http://www.momat.go.jp/FC/fc.html

2 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/16(木) 04:06:53 ID:bjhhc/UZ
関連スレ

前スレ 【メロドラマ】 成瀬巳喜男  【珠玉の名作】
http://that3.2ch.net/test/read.cgi/rmovie/1078425417/l50
【成瀬巳喜男】流れる【真の名作】
http://that3.2ch.net/test/read.cgi/rmovie/1111088146/l100
【成瀬の遺作】乱れ雲(*´Д`)【真のエロス】
http://that3.2ch.net/test/read.cgi/rmovie/1113298972/l100

3 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/16(木) 04:16:48 ID:cSUTXSVz
文芸座のドキュメンタリーで小林桂樹が入っているのが嬉しい。
「めし」以降晩年までいくつもの作品に出ているが、彼が成瀬について語っているのを
あまり見たことがないので。
(「女の中にいる他人」は非常に印象深かった、と、夫婦を演じた新珠三千代が
亡くなった時に言っていたのは覚えている)

4 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/16(木) 06:14:00 ID:Bfe4qm36
これかあ。

http://www.shin-bungeiza.com/schedule.html#morning

モーニングショー 7/23(土)〜29(金) 毎朝9:50より

成瀬巳喜男・生誕100年記念映画
長編ドキュメンタリー 成瀬巳喜男記憶の現場

俳優・淡島千景、草笛光子、小林桂樹、司葉子、映画監督・石井輝男、小谷承靖らが語る成瀬巳喜男監督の創作の秘密!



5 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/16(木) 18:44:03 ID:p2dNMHAu
大阪でもシネ・ヌーヴォで上映するらしい。

6 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/17(金) 23:37:13 ID:C/s827fa
>>5
http://www.cinenouveau.com/hotnews-lineup.htm

ほんとだ。8月13日からだそうですね


7 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/19(日) 22:35:45 ID:PNBXeSvz
フィルムセンターのスケジュールがしりたいものだ

8 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/22(水) 10:31:54 ID:8j8/Awcb
日本映画専門チャンネルって、今年特集があるからというんで昨年後半あたりから
成瀬劇場の枠を減らしてたらしいけど、特集おわったらまた増やすのかな?

成瀬巳喜男劇場自体がなくなっちゃったりして

9 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/22(水) 12:57:53 ID:vivM5jac
撮り忘れたのをもう一度やって欲しい:-)

10 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/22(水) 17:29:20 ID:XWSflXOI
>>8
後番組で
「稲垣浩劇場」か「豊田四郎劇場」が始まるとか。

11 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/22(水) 17:48:28 ID:H0c5bL6n
工工エエエエエ(´Д`)エエエエエ工工

やっぱ終わっちゃうのォォォォォ?

12 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/24(金) 03:24:00 ID:OvdKCOEH
成瀬劇場やるなら「あにいもうと」「稲妻」も放映してほしかった。
大映作品だからNECOの成瀬企画でこの2本やってもいいはずだが、気配すらないね。

13 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/24(金) 09:16:34 ID:Y9OVWDMy
「あにいもうと」すばらしいですね

14 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/24(金) 11:00:15 ID:EMCJFWQX
「稲妻」もいい。

ところで成瀬ってモノローグ多いね。心の中で語る奴。
「妻」とか「お国と五平」とか。「おかあさん」の解説風の奴とか。
小津、溝口はちょっと思い出せないけど。

15 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/24(金) 11:22:58 ID:n7PrYHiU
小津は説明的なのを嫌ったからないだろうな。一通りみたけどちょっと思いつかない。
成瀬ですぐ思いつくのは「めし」のラストとか、「女が階段を上るとき」のラストとか。
そう、あと「おかあさん」の最初のほうもそうですね。

16 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/24(金) 14:26:09 ID:EMCJFWQX
「女が階段を上るとき」は冒頭の階段もそうじゃない?
「妻」も冒頭で高峰三枝子が生活を愚痴るんだよね。

「女の中の他人」の後半もアラタマさんがずっとモノローグだね。

で、いずれもあまり役者の演技とはシンクロしていない。
「妻」なんか普通の生活風景に愚痴をかぶせている。

17 :15:2005/06/24(金) 14:57:27 ID:87xWps1j
>>16
わぁゴメン、「女が階段〜」は冒頭のことをいってたんでした。
まさに階段を昇って夜の女になるところで、デコが語るんでしたよね。

「女の中の〜」はとくにラストの語りが印象に残っています。

記憶も曖昧なので、文芸座の特集を時間をつくって色々見てみたいと思っています。

18 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/25(土) 10:05:09 ID:zIJpn11w
他にもありそうだけど思い出せないなあ…

ちなみに↓

「リュミエール叢書36 成瀬巳喜男の世界へ」(蓮實重彦 山根貞男/編 筑摩
書房 2940円)を6月24日より発売

女優・岡田茉莉子、撮影監督・玉井正夫、美術監督・中古智のインタビュー
(聞き手・蓮實重彦)に、山根貞男、蓮實重彦、ダニエル・シュミット、楊徳
昌(エドワード・ヤン)、吉田喜重らの評論・エッセイを収録した

らしいです。(新文芸座のページより; http://www.shin-bungeiza.com/)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4480873171/

19 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/25(土) 17:42:49 ID:z1ETj4pZ
ああ、やっぱり少しずつ書籍も出るんですね…
ありがたいです

20 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/26(日) 17:41:54 ID:+lwug7Hg
成瀬巳喜男の本だと何がお薦めでしょうか?

21 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/26(日) 19:08:17 ID:jsJ2xHNM
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handle-form/250-9242678-9492242
そもそもあんまり無いんですよ。小津なんかにくらべたら全然。
「成瀬巳喜男の設計」はある程度見たあとなら面白い。
しかし唯一研究書といえそうなのが、外国人(シェアマン)によるものというのもね…
それ自体は大変結構だけど、もっと注目されていいですよね。
「映画読本」はデータ的には一冊持ってると便利かも。

22 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/26(日) 19:11:36 ID:jsJ2xHNM
上のURLクリックしてもでませんね。
単にアマゾンの和書で「成瀬巳喜男」と検索しただけです。
全部で7冊。

23 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/26(日) 20:58:55 ID:+lwug7Hg
>>21
ありがとうございました。
蓮の本はあまり好きではないので悩みますがw
外国の方の本は最近復刊したやつですね!近い内読んでみます

24 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/26(日) 22:30:24 ID:M5mJrRJy
>>20
「映画読本」と「成瀬巳喜男 演出術」に尽きます。
手に入れば三百人劇場のパンフ二冊の合本もだな。(劇場でまだ販売している)
他の本はこの後で読めばいいです。

「はじめに喜劇ありき−清水宏、小津安二郎、成瀬巳喜男、山中貞雄、伊丹万作、そして斎藤寅次郎」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4898301851/

今月はこんなんも出たんだな。これは未だ読んでないや。

25 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/28(火) 11:57:00 ID:81pw9exX
ところでみなさん
DVD-BOXは購入されますか?

26 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/28(火) 16:45:38 ID:0YSNV0hP
日本映画専門チャンネルで結構録画したからなぁ…
白黒も多いしわざわざDVD買うかどうか。特典ももう一つ…
そして夏から秋にかけて劇場でも見るチャンスが多い。

まようところですね。

27 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/28(火) 18:15:11 ID:Uj2bS0zf
くそころ
糞八糞次郎
糞女ごころ三糞姉妹
妻よ馬糞のやうに
糞の並木路
サーカス五糞組
はたらく糞家
糞役者
糞のめざめ
(糞)乱れる
(糞)流れる
(糞)めし
浮糞
乱れ糞
糞の音
石中先生行糞記
糞っ子
怒りの糞
コタンの糞笛
馬糞合戦
糞姫
放糞記

成屁身黄汚の映画は糞ばかり

28 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/28(火) 18:47:01 ID:nIAIR5yy
>くそころ

ここだけ少し笑った

29 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/28(火) 20:17:31 ID:QOK3s6gc
成瀬ってどう考えても二流だろ。

作品がリメイクされない。
海外の映画祭に一度も出品されたことがない。
脚本を松山善三に書かせて自分は書かない。
生誕100周年なのに全然盛り上がらない。
支持している監督はレオス・カラックスしかいない。

小津や木下に比べたら成瀬なんか正真正銘のカスだね。

30 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/28(火) 21:30:26 ID:yocdsrNY
>>29
このバリエーションあちこちのスレで見るけど、
自慢でもしたいのかなあ?

31 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/28(火) 21:53:13 ID:gFhVpRW6
>>29が、正真正銘のカスのようです

32 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/28(火) 21:57:20 ID:EiQDIt9N
成瀬が脚本を書かない意外は>>29の書いていることは全部事実だよ。

成瀬がカスなのは間違いない。

33 :桃中軒雲右衛門:2005/06/28(火) 22:15:34 ID:YC9U2ifz
この映画は、演出も下手糞でいいところがなく、月形龍之介の浪曲が
ことさらにひどくて全体を滅茶苦茶にしている、大失敗作である。
見る価値は全くない。私はスカパーでこの映画を見たので許せるが、
お金を払って長い時間をこの映画のために費やして映画館まで出かけていって見たとすれば、
スクリーンを切り裂きたくなるほどヒドイ出来の映画だ。成瀬映画に再々感動させられた私だが、
こうしてみると、成瀬というのは男の世界を描くには線が細すぎたのだろう。

http://www.geocities.jp/nada123jp/film.book.43.html

34 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/28(火) 22:38:39 ID:11gqw1sk
俺はそれほど嫌いじゃないけど…
旧劇系の時代劇役者とは全く合わないな、成瀬の演出は。

雷蔵と地味な話題の時代劇をやったらおもしろかったかもね。

35 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/29(水) 00:08:08 ID:3FR4xzm8
スクリーンを切り裂きたくなるほどヒドイ出来の映画だ。

スクリーンを切り裂きたくなるほどヒドイ出来の映画だ。

スクリーンを切り裂きたくなるほどヒドイ出来の映画だ。

スクリーンを切り裂きたくなるほどヒドイ出来の映画だ。

スクリーンを切り裂きたくなるほどヒドイ出来の映画だ。

36 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/29(水) 02:41:15 ID:e7RVXHLX
ちかごろは脳病院の患者もインターネットを楽しんでいるのか。
いい時代になったもんだ。作業療法も続けろよ。

37 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/29(水) 16:26:41 ID:D+7Ng0zv
>脚本を松山善三に書かせて自分は書かない。
うわごと?

38 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/29(水) 22:19:37 ID:lSeG4Ekr
高峰秀子が敗戦直後の「浦島太郎の後裔」について聞かれると、
「覚えてませんね。(…)でも、あれは失敗作じゃないですか」

成瀬可哀想だなw

39 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/30(木) 00:24:07 ID:TR1+hGQ4
当の成瀬が自ら振り返って酷評してるから

40 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/30(木) 00:59:47 ID:hJDNyJEY
失敗作というより企画の時点でダメ。
あの題材ではよくやった方では?

あの組合系こてこて路線は「明日を創る人々」など死屍累々なので…
結局、高峰秀子は東宝飛び出している。(この二つ後の「或る夜の殿様」は素晴らしいが)

共産党系の人はいろいろ賞揚しているけど、
正直言って、組合は一度失敗していて、 本木&黒澤や藤本&今井の力が大きい。
成瀬は藤本真澄に出会うまで(組合の強い影響を受けた)企画が悪かった。


41 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/30(木) 13:35:50 ID:Iu7WRsTH
まあ、浦島太郎はひどいけど、
黒澤だって、うんこみたいのいっぱい撮ってるじゃない

>>40
藤本真澄と出会うまでって、PCLのころからの顔見知りでしょ?

42 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/30(木) 13:56:53 ID:wH4boV3h
ま、南旺映画で「秀子の車掌さん」も藤本が製作やってますけど、
東宝があれなんで、独立して藤本プロ作ってから本格的な協力体制だよね。

43 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/01(金) 00:36:29 ID:yd4RiO9m
何十年も映画作ってて、全部がクリーンヒットばっかだったら
誰も苦労しないべさ、ま、才能が枯渇するのはあるかもすれない。

44 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/01(金) 00:55:19 ID:bb0Kwkzc
成瀬監督と仕事をして、俳優としてプラスになったと思うことはあるかと問われ、
高峰秀子「マイナスですね。何もおっしゃらないし、教えてもくれないし。
だから役者もそこで止まっちゃって上手くなりません。ただ、仕事中はラクでしたよ。
勝手に演っていればよかったから。私のような怠け者には最高の演出家でした」

一緒に仕事をしてプラスにならない成瀬はカスww

45 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/01(金) 00:56:22 ID:DXx5onnt
ひでこひどすぎ

46 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/01(金) 05:27:11 ID:6f8hGTvs
怠けてあれだけの芝居が出来るデコ、すごすぎ

47 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/01(金) 07:08:23 ID:3PUfHxJt
ひでこひねくれすぎ

48 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/01(金) 07:18:46 ID:VvnFUANB
釣り糸たれすぎ

49 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/01(金) 11:06:12 ID:3iajA/MV
>>44
行間を読み取る能力のないお前の方がカス。
お前ってば、オレオレ詐欺にかかったらすぐ振り込んじゃうような生活能力のない奴なのな。


50 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/01(金) 11:15:17 ID:eY+p/hkd
>>49
スレが荒れるばかりの内容のないレスは避けるように。

ちなみに>>18を読みましたが、
「シネマの中の他人」という演出術分析が一番面白かった。


51 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/01(金) 13:03:27 ID:JirnNe4K
一生懸命はいらない。
演技で自堕落な雰囲気作られると臭いから。

52 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/01(金) 14:52:38 ID:yd4RiO9m
クソとかカスとか言ってる香具師、けっこう成瀬映画の名前把握してるじゃん。
そんでもって成瀬のインタビュー本なんか読んでる。デコちゃん発言とか・・
好きじゃないならそんなに意地になってこのスレに書き込むなよ、ハッハッハ。

53 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/01(金) 16:42:55 ID:DQvB1lOl
そこで「めし」しか観てない俺ですよ。

もうすぐ映画館で観ることができそうなので
楽しみにしているのですが、
全部は無理なので、これだけは絶対映画館で観たほうがいい!
という作品はどれでしょう?
ちなみに、「めし」は大好きです。

54 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/01(金) 17:39:49 ID:xAezLA0z
住人がアンチを装って、スレを伸ばそうという目論見

55 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/01(金) 20:39:41 ID:a4ZwJvzI
遺作が「乱れ雲」なんだから、才能が枯渇してるなんてことあるわけないじゃん。

56 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/01(金) 23:06:32 ID:3PUfHxJt
>>53
同系統が良ければ、「山の音」「驟雨」「夫婦」「妻」。(好きな順)

違うのが観たければ「乱れ雲」「女の中にいる他人」「女が階段を上る時」
「秋立ちぬ」「杏っ子」「流れる」「浮雲」「あにいもうと」「おかあさん」
「秀子の車掌さん」「鶴八鶴次郎」「妻よ薔薇のやうに」「怒りの街」。(新しい順)

似た感じのはよくても外してあるから、気に入ったのがあれば、
「鶴八鶴次郎」→「歌行燈」「芝居道」
「あにいもうと」→「稲妻」
「秀子の車掌さん」→「石中先生行状記」
「女が階段を上る時」→「妻として女として」
な風に。

57 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/01(金) 23:09:40 ID:3PUfHxJt
>>44は佐藤忠男のインタビューかな?
正確に写しているみたいだから、持っているんだろう、きっと。
レスの内容としては、>>44 >>>>> >>49だな。

ちなみにデコは>>44のような事言っているけど、
自分が一番目線を使った演出の影響を受けていると思う。
市川崑の映画に出た頃は真っ正面に見据えるような演技が多かったけど。

58 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/02(土) 00:00:54 ID:sFfru4Ie
「噂の娘」は駄作ですよね。
左前の酒屋を建て直そうとする主人、父思いの長女、奔放な妹、風流な祖父・・など、人物の設定や演出などは良かったです。
特にあのお爺さんは良かったですね。しかし結末がイマイチでした。
これからどうなる?と面白くなってきたところで終わってしまった感じで、もう少し何とかしてほしかったです。
周囲の人間たちの視線(床屋のシーン)の描き方も、なんだか借りてきたような西欧文学風の雰囲気で良くありませんでした。


59 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/02(土) 07:33:06 ID:ii9dp6Uq
ということは、やっぱり「ひき逃げ」が最強。

60 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/02(土) 08:11:31 ID:wFpkQipC
ジェットコースターで子供を投げ捨てるシーン…


61 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/02(土) 14:26:20 ID:yqe/+T5M
成瀬監督の前で、明治生まれは早く死ねって言った、若い監督ってだれですか?

62 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/02(土) 23:39:10 ID:lMbEmXmR
晩年の方が良かったね。乱れる、乱れ雲あたりは最高。
この人つまらん映画もたくさんつくってるのも確かだな。それが
いまいち世界の巨匠になれない理由なんだろうか。

63 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/03(日) 00:38:01 ID:/vMG5Q8C
>>57
いや、49のいってることは正しい。44は表面をなぞってるだけ。まあ釣りネタだろうけど。
まぼろしの「白バックの映画」の話をデコちゃんは情感たっぷりに語っている。
行間どころか成瀬への思いは明白に叙述されてる。

64 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/03(日) 12:42:12 ID:art8ixqf
>>4
原節子さんは無理としても、高峰秀子さんに香川京子さんも出席されないのですね。残念。

65 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/04(月) 00:10:03 ID:/WQPBSWl
「君と行く路」観たんですが、これは微妙でした。
というのも、妾腹の子供たちの悲劇を描く・・という意味で、一種の社会批判の映画なのでしょうが、
どうしても元芸者の妾を母に持つ青年の悩みぶりに共感を覚えることが出来ず、
また、清川玉枝の演じる母親がとても活き活きしているので、
自分の幸福の追求のために、父親の勧める縁談を拒否するばかりの若い男女や、母親に「バカ!」と怒鳴る弟よりも、
母親の言うところの「親、兄弟を助けるために好きでもないお努めをしているんじゃないか」
という芸者の方が偉く見えてしまったのです。もちろん、そういう見方は本作の本来のものとは違うのですが。
キャスト陣の演技も良くなくて、成瀬作品としては駄作の方でしょう。

66 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/04(月) 00:21:54 ID:HQX7LHmZ
>>65
> どうしても元芸者の妾を母に持つ青年の悩みぶりに共感を覚えることが出来ず、
> 自分の幸福の追求のために、父親の勧める縁談を拒否するばかりの若い男女や、母親に「バカ!」と怒鳴る弟よりも、

下手だからね。

> もちろん、そういう見方は本作の本来のものとは違うのですが。

いや、成瀬は露骨に描かないだけで、そういう視点がある人でしょう。


67 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/04(月) 10:53:37 ID:rm9wOOy/
高峰秀子「日本の戦後は木下恵介と黒澤明と今井正がつくったようなものだ」

68 :53:2005/07/04(月) 16:00:09 ID:T7ZdH4yk
>>56
ありがとうございます。参考にさせていただきます。
「浮雲」「流れる」は、必ず観に行こうと思っていましたが、
「山の音」等も行ってみます。
あと、新珠三千代が好きなので「女の中にいる他人」も。

69 :56:2005/07/04(月) 16:29:34 ID:HQX7LHmZ
「女の中にいる他人」は「ひき逃げ」ほどではありませんが、
あまり評判のよくない作品です。けど私は好きです。

理由は、
・アラタマ命
・成瀬の演出術を駆使したスリラー
だからです。

成瀬はヒッチコックを研究したんじゃないかと思うだけどどうでしょうか?

「断崖」のケーリー・グラントと「女の中にいる他人」の新珠三千代なんてどうでしょうか?
脚本に階段が書いてあったのかそれとも演出なのか。
こういう場面はやはり階段か、渡り廊下がいいから単なる偶然なのか。

変な(というかあまり例がない)回想の入れ方、
謎解きじゃなくスリラーってのももちょっとヒッチっぽいです。

ネタばれですが、(謎解きじゃないからネタばれってこともないんだけど)
旦那が実際に殺したかどうかもう少し疑う余地があった方が面白かったかもね。
そうするとラストのアラタマがもっとカッコイイ!(?)
いや人殺しはアラタマあんただよって感じでさ。

70 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/04(月) 16:33:00 ID:HQX7LHmZ
渡り廊下と言えば、成瀬はお金持ちを題材にすることがほとんどないから、
あまり記憶にないけど、「乱れる」の土間を渡るための板はよかったですね。
またいだり、どけたりしながら、ちらっと見たり。

すでにああいうものがなくなってきている時代だと思うけど、
あれは中古さんの発案なんだろうか。


71 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/05(火) 03:33:46 ID:c/Q/dwdR
「女の中にいる他人」は、成瀬がもう少し長生きしたら・・・?と考えたくなる
新しい方向性でしたね。成瀬は一般には自然さを好んだといわれますが、この作品の新珠三千代の
描き方、夫の殺人の告白のあたりの緊張感なんかは人為的というか。
撮影監督が福沢康道氏ですが、彼の同時期の「けものみち」という
やはりサスペンス風の映画と非常に雰囲気が似ています。

72 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/06(水) 00:53:59 ID:CFaVpiuw
age

73 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/06(水) 01:11:23 ID:hAT38pZj
成瀬監督と仕事をして、俳優としてプラスになったと思うことはあるかと問われ、
高峰秀子「マイナスですね。何もおっしゃらないし、教えてもくれないし。
だから役者もそこで止まっちゃって上手くなりません。ただ、仕事中はラクでしたよ。
勝手に演っていればよかったから。私のような怠け者には最高の演出家でした」

一緒に仕事をしてもプラスにならないし、役者も上手くならないしで成瀬は本当にカスだな。
本音を言ったデコは偉いよ。

74 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/06(水) 02:45:28 ID:EvBWnDrj
上げ

75 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/07(木) 00:02:41 ID:6YiDS7GB
高峰秀子は成瀬のことが大嫌いだったのか・・・。
ちょっと納得してしまう。

76 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/07(木) 00:20:13 ID:mP/p4Nyi
「浮雲」と「妻として女として」しか見てないが
あえて言わせてもらう。

森雅之氏ね。

77 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/07(木) 00:42:44 ID:wcdqc6fy
>>75
違う違うw
「渡世日記」を読むと色々わかるけど

78 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/07(木) 00:47:54 ID:Uj1pU+09
>>76
「娘・妻・母」も観てくれないと。
ちなみに他の監督ですが「がめつい奴」で死んでます。

79 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/07(木) 03:29:58 ID:Cfb8r9F0
京都の映画館で明日まで「乱れる」「娘・妻・母」やってるんですが
どちらか見るとしたらどちらが良いでしょうか?成瀬作品は初めてです。
どっちも見れればいいんですがお金が…

80 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/07(木) 03:43:29 ID:H/5HBWXV
「乱れる」

81 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/07(木) 03:52:25 ID:Cfb8r9F0
>>80
ありがとうございます。「乱れる」にします。

82 :80:2005/07/07(木) 03:59:32 ID:H/5HBWXV
一言ですみません。
お楽しみは明日でしょうから、決めたんなら特に説明はしませんが、
加山・高峰二人のシーンが非常にいいです。音楽とかもね。
脇の役者もいいですし。
見たら感想よろ。


83 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/07(木) 04:14:02 ID:Cfb8r9F0
>>82
いえいえ。こんな時間にレスついてうれしいです。
お恥ずかしながら昔の日本映画は黒澤作品の有名どころくらいしか
見たことがなく、初心者状態です。成瀬監督を知ったのも、
以前ある俳優さんと少しお話する機会があり好きな映画をお聞きしたら
即答で「浮き雲」と答えられたのでずっと見たいと思ってたんです。
うっかりしてて成瀬監督の傑作選を上映していたのに気付かず…
「浮き雲」をはじめもっといろいろ上映していたようなんですが。
とにかく「乱れる」楽しみです。感想かかせてもらいます。

84 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/07(木) 18:57:42 ID:ua/2kMtQ
>>83
黒澤は好きなんですか?だいぶん違いますよ

85 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/08(金) 23:43:00 ID:8fUDJl3h
文芸座成瀬特集直前age

86 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/08(金) 23:43:55 ID:8fUDJl3h
ageてなかったorz

age

87 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/09(土) 15:39:32 ID:oCVz4kVq
乱れるとか乱れ雲とかってまったく予想通りの展開でつまらなすぎる
ありがちなメロドラマ

88 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/09(土) 18:49:09 ID:81/L87+6
森雅之は損な役をやれる貴重な役者だよ。
だって誰かがかたき役をしなきゃ映画は成立しませんから。
大滝秀治だってさんざん嫌なキャラ、スケベキャラをやって
今の好々爺に至ってるんです。

89 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/09(土) 23:04:23 ID:A7izmOUY
「浮雲」の役は幾らなんでもあんまりなんで嫌がったらしい。

90 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/10(日) 00:04:59 ID:IsUwee6f
>>87
ストーリーばかり追っていてもレントゲンで骨格だけ見るようなものだから
つまらないよ。
晩年の成瀬で面白いのは血肉の微妙な部分だと思う。

91 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/10(日) 00:45:07 ID:BnLZbfZr
浮雲はNGでも、あらくれはOKだったんだろうか?
ダメさを楽しんで演じてそうだったもんなw>森雅之

92 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/10(日) 09:59:00 ID:PZdb3pTN
「がめつい奴」「女の勲章」「妻として女として」「娘・妻・母」なんかも酷い。
ただ「あらくれ」も含めて全部「浮雲」の後だから、演ってみて気に入ったのかも。

つーかうまく役にはまっているし。「女の勲章」「妻として女として」辺りの説得力は凄い。

93 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/10(日) 23:56:29 ID:jUO6hj3i
そうそう、森雅之を判ってる人がいて嬉しい。
成瀬監督は配役が決まったら8割は成功したようなものだと言ってるし。
また、成瀬監督みたいな東宝の大物だから女優さん男優さんみんなが
出たがったってことでしょう。

94 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/11(月) 09:44:33 ID:KzffEgwL
四ヶ月丸ごと成瀬巳喜男劇場
http://www.nihon-eiga.com/naruse/index.html

トップからのリンクがなくなっているようです。もうじき終りですね。
http://www.nihon-eiga.com/naruse/img/mikio_naruse.swf

95 :83:2005/07/11(月) 13:37:51 ID:PWzQjBEn
最終日に急用ができてしまい結局「乱れる」観れませんでした…
仕方がないので「浮き雲」「乱れる」をレンタルして観ようと思います

>>84
とりあえず見ておこう、と思ったのですが時代劇はピンと来ませんでした
どちらかというと日常生活を描いた映画のほうが好きです。

96 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/11(月) 14:52:14 ID:fMl5h5ca
昨日 朝9時半に行って入れませんでした・・・

 浮雲 恐るべし!

97 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/11(月) 18:46:27 ID:l1p4lFYi
ハスミトークショーもあったようですね

98 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/11(月) 19:51:45 ID:58Zom677


イラネ

99 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/11(月) 20:33:01 ID:KzffEgwL
>>98
まあまあ、いいじゃない。
荒れるから、どのような方でも歓迎しましょうよ。
日専に出たフジテレビのディレクターはどうかと思ったけど。

100 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/11(月) 23:08:12 ID:58Zom677

百歳百歳。

101 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/12(火) 09:36:00 ID:7JUvD1Rx
成瀬は音楽入れるのあまり好きじゃなかったみたいだけど、
武満徹の「乱れ雲」の音楽はいいね。ストリングスが題材によく合っている。

102 :今まで何度も、何度でも。:2005/07/12(火) 15:40:05 ID:4TC+1EMv
森本もヘボイこと言ってたよ。

103 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/12(火) 16:24:10 ID:NYFhK6MV
>>101
「乱れ雲」はなんと云っても、フランス映画みたいなアコーディオンでしょ。

104 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/12(火) 20:09:35 ID:aLa5r8r4
>>102
レオならもうちょっとましだったろうに

105 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/13(水) 20:27:47 ID:SdkQCM4e
成瀬ってどう考えても二流だろ?

作品が一度もリメイクされない。

海外の映画祭に一度も出品されたことがない。

最高傑作とされている「浮雲」の脚本は成瀬じゃない。

生誕100年なのに全然盛り上がらない。

支持している監督はレオス・カラックスしかいない。

成瀬と一緒に仕事をしてもプラスにならない。 by高峰秀子

小津や溝口に比べたら成瀬なんか正真正銘のカスだね。

106 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/13(水) 23:42:07 ID:63VAHngT
> 作品が一度もリメイクされない。

>>105は遊びと割りきるとしても、嘘はまずいよ。

107 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/14(木) 00:16:22 ID:PuRzQa9O
 

108 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/14(木) 00:20:49 ID:PuRzQa9O
昨日「妻」と「夫婦」を見てきたんだけど凄いね。
「夫婦」はラスト5分が緊張感バリバリ。「妻」は見終わったあとのシニシズムがなんとも。

109 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/14(木) 00:23:55 ID:gMNvKHzL
昨日「妻」と「夫婦」を見てきたんだけど酷いね。
「夫婦」はラスト5分が脱落感バリバリ。「妻」は見終わったあとの死に沈むがなんとも。

110 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/14(木) 01:51:00 ID:vLLj05GN
>>105とか>>109の釣りっつーかアンチっつーか、そういう香具師は、
何と比べて成瀬が酷いと思っているんだろー?
木下恵介とか小津?

111 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/15(金) 09:06:14 ID:vPWli6qb
>>110
>>105に「小津や溝口に比べたら成瀬なんか正真正銘のカスだね」と書いてあるじゃん。
よく読んでから書けば?

112 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/15(金) 22:47:32 ID:qiHmJjtY
>>111
で、坊やは小津と溝口のなにを見たの?

113 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/16(土) 04:57:52 ID:8pHKKzzV
小津は、浮草物語、東京の宿、長屋紳士録、晩春、宗方姉妹、麦秋、
お茶漬の味、東京物語、早春、東京暮色、彼岸花、お早よう、浮草、
秋日和、小早川家の秋、秋刀魚の味、
溝口は、元禄忠臣蔵、お遊さま、西鶴一代女、雨月物語、祇園囃子、
山椒大夫、近松物語、楊貴妃、新・平家物語、赤線地帯を観ています。

質問されたので回答まで。
なお、私は>>111ですけど、>>105でも>>109でもありませんよ。

114 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/16(土) 10:10:29 ID:qIB8wEfB
>>113
>>105でもないのに>>111を書いたの?
小津と溝口しか見たことのない人が良く成瀬をカス扱いできますね。
スピルバーグしか見たことない人がジョン・フォードを貶すようなもんだ。

115 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/16(土) 11:45:11 ID:zSoBzfUW
喧嘩はおよしなさい。
と、『杏っ子』を観て人間が一回り大きくなった俺が来ましたよ。

116 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/16(土) 11:46:40 ID:7zfPHCoG
中学生の頃は『用心棒』の黒澤が神。
それから溝口→小津と来て今は成瀬巳喜男。
自分にとっては一番ハードルが高かった。

117 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/16(土) 18:17:36 ID:usvLoN/k
>>113
おれのほうが見てたので失笑してしまったw

118 :111:2005/07/16(土) 19:54:42 ID:ZUMFtMmK
>>114
はて?私は成瀬をカス扱いなどしていませんけど?
「小津や溝口に比べたら成瀬なんか正真正銘のカスだね」は>>105の方の意見ですから、
>>105の方に尋ねては如何?

119 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/17(日) 13:21:25 ID:wGnmXF3E
うるせえな。ケンカばかりしてるおまいらのためにオレが南部牛追い唄を歌いますよ。
この歌を聞いた人はみんな幸せになれるという言い伝えがあるんです。
あなたも幸せになってください。

120 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/17(日) 22:01:49 ID:nso5duuA
>>119
やんややんや。
じゃあ俺は藤木悠と小川安三と一緒に1個1円の卵を丸呑みします。

121 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/17(日) 22:43:15 ID:69z/99ZL
栗島スミ子|∀・)ジー

122 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/19(火) 23:17:00 ID:926FunaT
「馬鹿な真似はよせよ」(後ろ向きで)

123 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/20(水) 00:15:40 ID:C6PBpu2w
遅ればせながら浮雲はじめて見ました
立ち見でしたが全く疲れなど感じずのめり込むように見てしまった

お金を借りるときのあの眼帯がたまらない
散々罵詈雑言を吐かれた挙句
「もっと悪いところあるだろう」って
もう殺し文句ですね
マゾだけどそれで相手の愛欲を起こさせる
サド的マゾというか
こんな凄まじい男女の話を見てしまって
これから見る恋愛ものがつまらなくなりそうだ

124 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/20(水) 00:31:04 ID:ehOF9Imu
>>123
> これから見る恋愛ものがつまらなくなりそうだ

大多亮のTVドラマを見ればよい

125 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/20(水) 00:36:47 ID:Q+W23wjx
そうだね、成瀬巳喜男の正統的な系譜だね

126 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/20(水) 01:58:42 ID:tbzvs4wv
>>105
ちんちんがくさそうな書き込みハケーン!
デプレシャンも観てるよ、たしか

127 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/20(水) 04:43:46 ID:m/NfVj3N
>>120
1個5円では?

128 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/20(水) 20:27:32 ID:6pvlt81W
>125
バカも休み休みに言え

129 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/20(水) 23:00:37 ID:ehOF9Imu
>>128
若い人は気づかないだけで全部入ってますから。

130 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/21(木) 10:50:41 ID:3DzYomDa
新文芸座で「秋立ちぬ」みたよ
小学生カップルが微妙に色っぽくてドキドキ

131 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/21(木) 13:01:58 ID:bzYMztYJ
成瀬サイトやシェアマン本でも高評価の「秋立ちぬ」。
私も、昨日、池袋で見てきました。

今まで、「車掌さん」、「おかあさん」、「浮雲」、「妻の心」、「階段を上る時」
などを見てきた自分ですが、はっきり言って、「秋立ちぬ」が群を抜いてよかった。

デコファンゆえ、CSの成瀬特集はデコもの以外ほぼノーマークだったのですが、
このような傑作を録らずに、「浦島太郎」なんてどうでもいいものを録画していた
自分の愚行を心から後悔。orz


132 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/21(木) 19:30:25 ID:2MftbWmx
DVDゲトー!!

133 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/22(金) 00:50:28 ID:1At/WNvq
新文芸座でニュープリントの「鰯雲」観てきた。
淡島千景綺麗やった─!

照明の石井さんは稲垣の柳生武芸帖でカラー撮影体験しているけど、
カメラの玉井さんは初めてやったんやな。ちょっとロケでライト当てすぎかな。
千景がお礼に飯おごって貰いに店寄るところ、ここはセットやけど、
店の前景シーンでいきなり暗くなってるもんな。

橋本忍の脚本もいいし、ニュープリント堪能。

134 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/22(金) 00:51:55 ID:1At/WNvq
>>131
「秋立ちぬ」は放送回数少なかったから、再放送の機会があるんじゃないだろうか。


135 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/22(金) 02:00:29 ID:3ZJq6xlh
成瀬って低迷期があったとか、作品に波があるとか言われるけど、駄作ないよなー。
俺が見た中では1本もないな。

136 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/22(金) 02:28:38 ID:tzs5J2/l
戦後で言うと「浦島後裔」みたいな珍作もあるけど、戦後すぐはともかく、
「めし」以降はみんなそれなりだよね。
会社に忠実だったのか、作品が多すぎて、当時はともかく今は話題にすらなってない名作が結構ある。
50年代前半がやたらと注目されるけど、後半や60年代もいい。

137 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/22(金) 08:15:47 ID:1At/WNvq
「浦島〜」だって企画が珍なだけで、演出はいいもんな。

「娘・妻・母」「夜の流れ」「女の歴史」は、
企画というか、ストーリーがつまらないね。
脚本は悪くないんだけど。

「女の中にいる他人」「放浪記」「コタンの口笛」「鰯雲」「お国と五平」
この辺りは無視されたり、題材があってないと言われたけどいい。

流石に「ひき逃げ」の脚本だけは激しく疑問。

138 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/22(金) 09:32:13 ID:svhki0nF
>>137
「娘・妻・母」は「鰯雲」の流れというか、戦後経済学をホームドラマの中に絡めた異色作だと思うし、
個人的には結構好きな映画なんだけど。
でも、情動的なメロドラマを期待しちゃうと肩透かしを食うっていうか、貴方のように「ストーリーが
つまらない」ってなっちゃうんだろうね。
経済をひっくるめた上でのホームドラマ。
戦後の核家族化、団地家族、家計簿なんかから家庭経済学重視のドラマが自然と作られる
ようになったんだろうけど、意外とこの路線は生き残っていて、今でも「どーなってるの?」の
再現ドラマとか、若貴兄弟戦争を鰻屋兄弟に置き換えたテレ朝の遺産相続再現ドラマとか、
その他諸々の昼ドラなんかにその片鱗を見ることが出来るw。
経済が過剰になると、「乱れる」のスーパー対商店街戦争になるし、
「ひき逃げ」の自動車会社と重役夫人と子供を轢かれた高峰秀子が綺麗に一本の線で繋がる。
戦後を世相ではなくて、経済で括ってみせたのは、やっぱり異色なんじゃないかな、と。

139 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/22(金) 10:01:15 ID:1At/WNvq
>>138
> でも、情動的なメロドラマを期待しちゃう

じゃなくて、宝田と団の描き方が戯画的で陳腐。
(ああいう人間の存在がダメって言っているんじゃなくて、見せ方の問題ね)
草笛の嫁ぎ先の描き方もつめが甘い。単なるエピソードに終わってる。

井手俊郎/松山善三の脚本は成瀬には向いてないと思う。
「妻として女として」は面白いけど、星由里子の最後の演説以外、
子供の描き方はかなり疑問。「夜の流れ」の若者の描き方も。
「鰯雲」の橋本忍とはかなり出来に差がある。
井手は水木、田中と組んで成瀬作品やった時敗因だけど。

笠原良三の「秋立ちぬ」の子供はいいんだけどねえ。

140 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/22(金) 10:03:15 ID:1At/WNvq
ちなみに「鰯雲」の飯田蝶子がいなくなるところはかなりご都合主義だなと思う。
その他は非常に多い登場人物を実に巧くこなしている。

141 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/22(金) 21:59:38 ID:w+LRQ/od
9月のBS2は成瀬特集だーーー。貧乏人の俺には涙が出るほど嬉しい。

142 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/22(金) 22:32:48 ID:BMwzSVuJ
>>141
NHKは、小津の時と違って完全無視かと思ったら、ちゃんとやるんだね。
けっこう豪華なラインナップで、代表作は殆ど放送するね。ただな〜、
東宝時代の成瀬作品は、CSでこの間全部やったんで、松竹時代の作品と
大映の2本をやってもらいたかったな。あと、NHK−BSって、最近
東宝の作品を放送しなくなったね。『武蔵』の盗作問題で黒澤プロと揉めている為?

143 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/23(土) 01:05:22 ID:KlSPjYSw
新文芸坐で娘・妻・母を見てきた。
こういう金が絡んで家族が冷たくなる話は身につまされるな。
俺にとっては浮雲よりヘヴィーな話やった。
今まで見た成瀬で一番重かった。

144 :格無しさん:2005/07/23(土) 05:22:49 ID:UQZwfl+g
「娘・妻・母」

最後の台所のシーン、デコは節ちゃんよりずーっと美人だな

145 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/23(土) 06:23:00 ID:+cjbPBz4
けど、「娘・妻・母」の原節子いいよね。演技面ではベストじゃないかな。
せっかくよくなってきたのに、この後7本しか出てなくて残念。

146 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/23(土) 06:46:59 ID:xp4kYIMa
原節子がデコにおねえさんってヘンだよな。
実際の年齢的にはどうなのよ。長男の嫁って設定だからよくわからんが。

147 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/23(土) 07:38:38 ID:vw54y7wi
デコ1924生まれ
原1920生まれ

「娘・妻・母」は、俺は全くダメだった。途中で出たくなった。
脚本が陳腐なのは他の成瀬映画と同様だけど、スターだけ揃えて、
なんだか演出が投げやりというか、何か間が抜けた感じ。
音楽がヘン。原がキモい。三益つまんない。宝田大根(これはいつもか)。
子供が宇宙人みたいで、それだけは笑えた。

148 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/23(土) 10:41:50 ID:NA/H+2qN
>>140飯田ちょう子はなんで途中からいなくなるんだったっけ?

149 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/23(土) 11:02:49 ID:+cjbPBz4
>>146
「お義姉さん」ってやつでしょ。

>>148
嫁いでいる娘の家へ「猫の手」として借り出されている。

150 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/23(土) 11:03:45 ID:+cjbPBz4
>>147
> 子供が宇宙人みたいで、それだけは笑えた。

宝田と団? あれは善三が書いたんでしょうね。

151 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/23(土) 11:20:28 ID:ZDiVYSau
「娘・妻・母」は
自分がサラ金に250万
兄がサラ金に数百万
母がサラ金に数百万+知り合いに700万
母の内縁の夫が自分の祖母から4000万
の借金があるので
おもしろかったでし

152 :147:2005/07/23(土) 11:39:57 ID:vw54y7wi
>>150
ちがうよ。子役(森&デコの息子)のことだ。動きが人間とは思えなかった。

>>151
なるほど。俺は裕福だからあの映画を理解できないのかw

153 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/23(土) 12:13:42 ID:blFMQt24
どういう映画の見方だよ(w > 裕福だから

154 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/23(土) 13:00:45 ID:J9on7ESj
>>141
うーん、日本映画専門chで全作品DVD−R録画したんだけど、
DVD+Rでもっかい揃えておこーかなとか色々悩む今日この頃。

155 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/23(土) 13:17:28 ID:VkbAw2x+
成瀬の最高傑作は『旅役者』





とか言ってみたりして

156 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/23(土) 13:21:10 ID:+cjbPBz4
あれ面白いよね。
上映される気概が多いのが「妻よ薔薇〜」と「めし」以降ばかりで残念。

157 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/23(土) 13:56:27 ID:+cjbPBz4
>>141
BS2、既に載っているね。

生誕100年 成瀬巳喜男特集
http://www.nhk.or.jp/bs/navi/movie_fw.html のタイトルを整形してみた。

9月5日(月) 後1:00〜2:17 乙女ごころ三人姉妹 1935
9月5日(月) 後8:03〜9:41 めし 1951
9月6日(火) 後1:00〜2:15 妻よ薔薇のやうに 1935
9月6日(火) 後8:03〜9:40 妻 1953
9月7日(水) 後1:00〜2:29 鶴八鶴次郎 1938
9月7日(水) 後8:03〜9:45 晩菊 1954
9月8日(木) 後1:00〜2:34 歌行燈 1943
9月8日(木) 後8:03〜9:39 山の音 1954
9月9日(金) 後1:00〜2:17 三十三間堂通し矢物語 1945
9月9日(金) 後7:33〜9:37 放浪記 1962
9月11日(日) 前0:40〜2:15 成瀬巳喜男 記憶の現場
9月13日(火) 前0:33〜2:01 銀座化粧 1951
9月14日(水) 前0:33〜1:59 舞姫 1951
9月15日(木) 前0:33〜2:12 おかあさん 1952
9月16日(金) 前0:33〜2:01 夫婦 1953
9月18日(日) 前0:43〜2:14 驟雨 1956
9月19日(月) 後7:53〜9:57 浮雲 1955
9月20日(火) 後8:03〜9:55 女が階段を上る時 1960
9月21日(水) 後8:03〜9:42 乱れる 1964
9月22日(木) 後8:03〜9:52 乱れ雲 1967
9月27日(火) 前0:38〜2:35 流れる 1956
9月28日(水) 前0:38〜1:58 秋立ちぬ 1960
9月29日(木) 前0:38〜2:25 妻として女として 1961
9月30日(金) 前0:48〜2:40 女の座 1962


158 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/23(土) 13:58:26 ID:+cjbPBz4
>>142
新東宝は入っているんだねえ。
「おかあさん」、配給だけだけど「銀座化粧」

159 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/23(土) 16:05:16 ID:B72ESd0O
DVD Box-1が届いたどー。
画質はかなり良好だと思う。

「乱れ雲」がBox-1に入ってたらなぁ。

160 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/23(土) 16:11:54 ID:AemIXTrJ
>>157
未見作品も見れるのが楽しみ。これは素晴らしい特集ですね。しかもBS2
でやるというのがいい。
いまだに「日本映画はスケールが小さいから駄目」とか言う人がいるが、
いかに往年の日本映画が、そのスモール・スケールの中に最大限の贅沢さを
実現させたか、この機会に観て分かって欲しい。

161 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/23(土) 16:39:54 ID:SAO82lE2
女の座が嬉しい。
鰯雲、あらくれ、杏っ子がないな。

162 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/23(土) 19:27:13 ID:jxhLNJ+X
BSのラインナップかなりいいな。
国策映画で笑うってのはできないけど

163 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/23(土) 22:02:38 ID:6fhT3rkk
「女の座」これは多くの人にみてほしい名作

164 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/24(日) 03:49:53 ID:avUSoMKW
成瀬は日本最高の映画監督だよね


























地味で面白くないところがwwww

165 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/24(日) 04:33:05 ID:RtiZp8Ip
それよりも高峰秀子に嫌われていたのがワロスww

166 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/24(日) 07:01:04 ID:xYxzkT5y
>>157
『コタンの口笛』は、内容がアイヌ問題を扱っていて微妙だから外されたのかな?
もっとも、この作品は過去の成瀬特集でもあまり上映されない作品なんですが。

167 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/24(日) 09:41:45 ID:WQWZ49Gk
----------------
まあ選択について言い出すと好みの問題もあってきりがないので雑談程度に。

コタンはこの本数だと入らないでしょ。
「三十三間堂通し矢物語」は時代劇って事で入れたのかな。
「秀子の車掌さん」を入れたいね。

個人的には「杏っ子」と「鰯雲」がないのが残念。

168 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/24(日) 11:31:34 ID:ZtQuXy2M
>>167
あと、大映の「稲妻」「あにいもうと」も。

>>165
別に嫌われてはいないですよ。
「イジワルジイサン」なる表現は、高峰秀子さん独特の表現であって、
逆にものすごく親しみが込められているのです。

169 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/24(日) 16:08:18 ID:ywJbGC2S
俺の好きな「妻の心」「女の中にいる他人」は放送してくれないのか。

170 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/24(日) 16:09:40 ID:7bijUZc0
10月にもやるかもしれない

171 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/24(日) 17:03:06 ID:N8EO2wM6
「夫婦」やるのか。
作品自体も好きだが、若き日の三國連太郎が前髪カールの美術学校生を演じてたりする貴重な作品w

あと「ひき逃げ」をやらないのは、NHKの良識かw

172 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/25(月) 00:08:28 ID:89FvTIOs
>>169
「妻の心」と言えば、東宝のDVD BOX、
「娘・妻・母」を入れるくらいなら「妻の心」か「鰯雲」を入れるな。

成瀬の映画の中でも「娘・妻・母」が一番稼いだらしいが…

「妻の心」はちょっと「乱れる」かぶっちゃうのかな?


173 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/25(月) 00:13:59 ID:bmcyxDZ0
>>171
昔の三國はああいう役が良く似合うよねえ。
「善魔」「命美わし」「春の囁き」辺り。

若い頃の江川宇礼男あたりとタイプが似ているな。
「舞姫」も木村功よりも合っていたかも。


174 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/25(月) 00:20:36 ID:LRx59XpA
木村功と言えば、成瀬特集のNFCカレンダーが出ていて、
「杏っ子」の解説で「成瀬の作品歴の中でも屈指のふがいない男を木村功が熱演した。
木村が障子越しに老作家をじっと見つめるシーンの視線演出が痛ましい」だってさ(w

ちなみに61作品上映だそうです。
シンポジウムのトークセッションが、
山根貞男、石井輝男、小谷承靖、福沢康道、竹中和雄。

175 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/25(月) 00:40:43 ID:GqZHrmds
329 :この子の名無しのお祝いに :04/12/29 20:58:09 ID:zt/Zg+TK
海外の監督と共通する日本の映画監督(あくまで私見)

黒澤明=ウィリアム・ワイラー 職人タイプの監督
小津安二郎=エルンスト・ルビッチ 洗練されたタイプの監督
マキノ雅弘=ジョン・フォード ジャンルに固執するタイプの監督 多作
溝口健二=ジャン・ルノワール 完全主義のタイプの監督
成瀬巳喜男=ジョージ・キューカー 女優の使い方が上手いだけ 糞
鈴木清順=ニコラス・レイ 若い奴が持ち上げてカルト化した監督
水野晴郎=エド・ウッド 若い奴が熱狂して何故だかカルト化した監督 糞
加藤泰=ロバート・アルドリッチ ジャンルに固執しているうちにカルト化した監督
大島渚=ジョン・カサベテス 革新的な映画作りを目指した監督 偉大
若松孝二=ジョージ・A・ロメロ 社会的なメッセージでゲテモノ映画を作る監督
山中貞雄=ジャン・ヴィゴ たった数本で伝説になった監督・・・・
比べてみるとこれが結構面白いw

176 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/25(月) 01:34:27 ID:LRx59XpA
どれも共通項が少なすぎ。

177 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/25(月) 02:55:24 ID:V4bNdqY3
>175
わざとずらしたようにしか思えないくらいピントはずれだな。

178 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/25(月) 06:46:36 ID:IM2jgfS7
日本映画専門チャンネル、大特集のあとは、やっぱり成瀬劇場の枠自体が
無くなっちゃうのね…
何年もやってきたこと自体がありがたいけど、細々でも続けてほしかった・・

179 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/26(火) 02:34:37 ID:SS43CdYl
デコちゃんのエッセイやインタビューで成瀬について語ってる本教えて?

180 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/26(火) 02:46:21 ID:N6O0qo4Z
>>179
「わたしの渡世日記」(文春文庫)という自伝で一章を割いて言及している

181 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/26(火) 02:54:38 ID:LgKELpWk
成瀬監督と仕事をして、俳優としてプラスになったと思うことはあるかと問われ、
高峰秀子「マイナスですね。何もおっしゃらないし、教えてもくれないし。
だから役者もそこで止まっちゃって上手くなりません。ただ、仕事中はラクでしたよ。
勝手に演っていればよかったから。私のような怠け者には最高の演出家でした」

一緒に仕事をしてプラスにならない成瀬はカスww

182 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/26(火) 11:04:27 ID:KWifbfPq
>>179
三百人劇場の成瀬特集パンフ(百頁前後)。
これに「成瀬巳喜男の世界へ」で玉井さんがインタビューで言及している
佐藤忠男とのインタビューが載っている。
まだ三百人劇場で売っている。

183 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/26(火) 20:29:09 ID:xnD+LNS8
>>179>>180>>182
この次ぐらいのキネ旬で、高峰秀子インタビューが載るらしいよ。
当然、成瀬監督の事が中心になるみたい。これは必読!

184 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/26(火) 21:13:52 ID:Tpw3B8UD
>>183
ホームページによると、8月上旬号で松山善三、小林桂樹、仲代の談話があるみたいだけど、
高峰秀子も隠し球で出てくるの? キネ旬の看板で、根性で高峰引っぱり出してくる編集者
がいればいいのにね。

185 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/27(水) 01:40:25 ID:Tg78NJ9/
デコちゃんは成瀬が死んだことを受け入れられなくて一生墓参りに行きたくないとか書いてたな。
役者はうまくならない、イジワルジイサンなんて大そうな褒め言葉だ。

186 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/27(水) 02:14:13 ID:1vSQNj71
高峰秀子は一番成瀬の演出の影響を受けた役者だと思う。
目配せの演技が成瀬と組んでから増えている。

「女の座」「妻の心」「乱れる」あたりは、カメラを横切るように歩きながら、
ふと立ち止まってカメラの方をちらりと見て、また歩き出す、こういうのが多い。
次のショットに出てくる小林桂樹あたりの映えること。

187 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/27(水) 05:01:10 ID:oFsCvNEU
>>186
でも、木下恵介ってうるさいから一番絞られたんじゃないの?

188 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/27(水) 14:08:01 ID:k+wDQZJe
高峰秀子は本当に嫌いな監督は豊田四郎だけって、前に何かで言ってたな。

189 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/27(水) 16:41:56 ID:bBpAPQT2
「いやですね。ひつっこいね。」(三百人劇場パンフより)

190 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/27(水) 18:14:51 ID:oFsCvNEU
>>188
豊田がいやらしくデコをイビリたおしてデコが泣きそうなとこ、ちょっと見てみたいな。

191 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/27(水) 18:27:20 ID:q3fb0zQs
>187
木下はうるさくないでしょ。デコちゃんの言う俳優修行にはならない
という意味では成瀬と同じだと思うんだが。

192 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/27(水) 23:23:18 ID:1vSQNj71
木下は「ど下手!」って怒って、
この役者は出来ないと思ったら後ろ向きにして撮っちゃう人でしょ。

193 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/27(水) 23:47:28 ID:q3fb0zQs
その後「背中で演技できるってあなた天才ね」とフォロー

194 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/28(木) 00:52:30 ID:aO5njSL0
『成瀬巳喜男 記憶の現場』観ました。
草笛光子の成瀬監督の物マネは必見!

195 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/29(金) 23:20:03 ID:iQOs8Q+/
はやくフィルムセンターのスケジュールが知りたいものだ

196 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/29(金) 23:37:41 ID:eaTJRXpM
上に書いたが既にNFCカレンダーは出ているよ。そこに番組スケジュールも。

197 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/29(金) 23:49:13 ID:1XNUDcO/
「発掘された映画たち」のスケジュールしか見れんのだが...

198 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/01(月) 09:46:38 ID:BJ/vs6lx
千石規子のスレで、

> 森雅之の本業は農林技師なんだっけ? 真面目に考えて、いつまでも島に
> 住み続けるとも思えないな。

とあったが、原作では鹿児島に目的もなく戻ってそのままって結末だな。

199 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/02(火) 11:45:05 ID:D4bcVj8t
age

200 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/02(火) 15:02:23 ID:ncM9ho9A
キネマ旬報に特集されてる!
久しぶりに買ってしまった。

201 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/02(火) 15:16:45 ID:mMsGodwi
>>183の通り、親分登場? > きねじゅん


202 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/02(火) 16:57:23 ID:ncM9ho9A
特集は28ページあります。
(松山善三インタビュー4ページ含)
それになんと8月20日発売では
高峰秀子ロングインタビューだって。

203 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/03(水) 12:34:57 ID:9qaWDD39
フィルムセンターの特集、HPのほうでも発表になりました。いよいよですね。
http://www.momat.go.jp/FC/NFC_Calendar/2005-09-10/kaisetsu.html

204 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/03(水) 16:00:02 ID:qwp00kmv
善三のインタビュー面白かったけど、
インタビュアーの斎藤明美さんがいまいちだな。
答えを想定して質問している感じ。先入観が強いと言うか。
映画もあまり観てなさそう。

高峰秀子のインタビューも当然のごとくこの人だろうから不安…

205 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/03(水) 16:08:13 ID:qwp00kmv
「乱れる」で初めて本合わせによばれて、「いいよ」と褒められた。
静かに本を消していくなか、ボールペンの音だけが…
とあるんだけど、じゃあ消していくなかで、
脚本の意図は変えないまま、演出の上で要らないところを消したのか、
善三としては変更に不満があるところがあったのか、
話の様子からは前者だと思うんだけれども、そこのところを追求してない。

そこのところを追求してみて初めて、
大成瀬監督に対して、若き善三がどうやって脚本家として対峙したか、
というところが出てくるんだけど、あのインタビューじゃあ、
大成瀬監督にかしずく若い脚本家程度にしか見えない。

「乱れる」ではロケ地の希望を善三が出して、成瀬がむくれる、
というこぼれ話が以前にあったが、果たして対峙したのは、
ロケだけなのか、脚本を巡っての戦いはあったのか、気になるところだ。

というのも「乱れる」は成瀬の転機になった重要な作品だから。
この後の作品ではドラスティックな事件が作品の鍵となる。


206 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/03(水) 22:32:04 ID:62gCr6u8
フィルムセンターについてお尋ねします。

フィルムセンターは、一日に何本もやるときは、例えば1本目を上映してる間に
2本目を見たい人が並んでるの?そうるすと一日で3本見たりするのは難しい?
それとも最初の上映で席を取れば続けて見れるの?

207 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/04(木) 00:05:53 ID:OFxO34n/
NFCスレで聞けばいいのに…

今だかつて前の回の上映終了前に、
次の回が打ち止めになったのに遭遇したことがありません。
私のこれまでで一番早い打ち止め体験が35分前。
溝口の発掘された映画。

だからすぐに並べば楽勝かと。

208 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/05(金) 02:37:32 ID:3LEajFJB
>>204
善三さんはかなりアルツハイマーが進行しているっていうから、
事前にデコちゃんが間に立って質問と回答を用意したのかもよ。

209 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/05(金) 07:58:20 ID:HdSxzPi3
ハァ?松山善三は数日前にNHKで戦時中のおもいでを
ふつうに喋ってたじゃん。


210 :206:2005/08/05(金) 08:23:58 ID:jgtkTl+/
>207
thx

フィルムセンターは、大昔(火事の前)、まだ中学生のころに授業をサボって
よく行ってんだけど、そのころはヨーロッパの古典的名作とかをやると酷い混
み方で2時間前から並んでやっと見れたこともよくあった。今はそうでもない
のか。衛星放送やDVDが普及してるから当時とは状況が異なるんだね。

211 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/05(金) 10:18:54 ID:IfRhLWql
昔、竹橋の本館で臨時営業していた時も凄い行列だったけど、
京橋に戻ってからはどういうわけだか、30分前に行けば楽勝だね。
やっぱり古くはレンタルビデオ、現在はCS/CATVの影響だろうね。

212 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/05(金) 11:11:44 ID:4u6lZ1OE
そりゃそうだよ、関東近辺の中途半端な田舎に住んでる人は
交通費、行列で何時間かの待ち時間、昼飯代を勘定すれば
東京の京橋まで行けないってーことさ。家庭持ちなんか特に。
あ、言っておくけど自由業で東京都心に仕事場がある人は別ねw

213 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/05(金) 11:31:39 ID:HWKwuxma
>>211
いやいや、これが特集によってはそうでもないんだなあ・・・。最近の
豊田特集とかも入ってたみたいだよ。成瀬はどうなるかね?

214 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/05(金) 12:00:31 ID:IfRhLWql
>>213
豊田は通った。30分前に打ち止めになったのある? 20分くらい前じゃない?
ちなみに秀子の特集の時の「浮雲」は30分弱前に打ち止めだったはず。

215 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/12(金) 17:45:53 ID:/7KZqdg1
>>174
石井監督が亡くなられてトークセッションに出席できなくなったようです。
面白い話が聞けそうで楽しみにしていたのに残念です。合掌。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050812-00000162-kyodo-ent

216 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/13(土) 19:34:45 ID:2GNG1V5u
「娘・妻・母」の原節子タンはエロ過ぎた。
あの匂って来る様な熟女の色気、真のマニアにはたまらん。
でも中身はしっかり紀子さんなんだなぁ。

217 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/15(月) 18:59:27 ID:9CtYH/bu
>>215
変なこと話されたらヤバイから成瀬が連れてったんちゃう?

218 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/17(水) 22:55:34 ID:pP835IE2
「石井君は、変わった映画作ってるね。ああいうのが好きなの? ウフフフ」

219 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/20(土) 17:34:20 ID:BRo2/y+k
今日の映画+シンポジウムは、30分前に打ち止め!映画(ドキュメンタリー2本)だけ見て
帰る人を期待してかなりの人がすでに並んでいた。2時間半並んで結局シンポジウムにも
入れなかったら悲惨なので銀ブラして帰った。

シンポ見れた人、レポよろしく。

220 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/20(土) 20:12:22 ID:7B820jsb
成瀬巳喜男監督 最後の現場・司葉子インタビュー
(文學界9月号掲載)

221 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/20(土) 22:53:51 ID:p/T6fk+x
>>219
「女の中の他人」のトンネルは奥多摩ロケだったらしいが、
帰りに監督がみんなに奥多摩名物ヘソ饅頭を買ってくれたらしい。


222 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/20(土) 22:55:08 ID:p/T6fk+x
>>219
ちなみに11:00からの「腰辨頑張れ」「夜ごとの夢」は7割程度の入り

223 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/22(月) 08:40:42 ID:AE7sg9ec
9月から10月に書けてBS2で24作品放送するみたい。

224 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/22(月) 09:32:22 ID:CATShgIW
>223 =>157

225 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/23(火) 03:35:33 ID:ig48rEsn
10月もやるとはしらなかったぞ。やほーい。

226 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/23(火) 05:04:49 ID:qIPBpuyg
10/2(日) 「女の中にいる他人」

227 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/23(火) 08:55:25 ID:eCQ4TZRP
>>157に補完

女性映画の名匠 成瀬巳喜男の徹底ガイド 9月4日(日) 後7:30〜9:00

女性の心の深淵を描く名手で、恋愛ドラマ・メロドラマの元祖ともいわれる映画監督・
成瀬巳喜男。海外では黒澤明・小津安二郎などとともに高い評価を受けながらも国内では
案外知られていないその作品と見所を1時間半にわたってたっぷりと紹介する。
(略)
【スタジオ出演】なかにし礼(作家)、いしだあゆみ(女優)、岩松了(劇作家・演出家)
http://www.nhk.or.jp/bs/navi/info_fw.html

おまけ: http://www.nhk.or.jp/bs/navi/pic/pickup_050904_naruse.jpg

228 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/23(火) 08:57:46 ID:qIPBpuyg
いしだあゆみ?

229 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/23(火) 09:16:50 ID:eCQ4TZRP
NHKは視聴者である大衆を馬鹿にしたところがあるから、
単なるファンを呼んで、ミーハーな事を言わせ、
視聴者に共感を持たせる作戦なのであろう。
小津の時と同じように。

230 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/23(火) 12:58:19 ID:At9v6Dnn
NHKに限った話じゃないけどな

231 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/23(火) 15:56:19 ID:ig48rEsn
竹中直人がいないだけ100倍マシ!w

232 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/23(火) 21:52:29 ID:Si9aJDsO
成瀬百科
ナレーター=小林桂樹

なわけないか。

233 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/23(火) 23:20:58 ID:eCQ4TZRP
桂樹はナレーターは頼まれても断るんじゃないか?
かなりフガフガになってきたから。

234 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/25(木) 22:25:52 ID:iPVMd7+Q
CSやっても、NFCでやってもまるで盛り上がらないな…

全作観て思うのは、過去の成瀬の作品評価、
特に否定的なものは、まるであてにならないと言うこと。
先入観で決めつけている評が多い。

君と行く路、三十三間堂通し矢物語、女の中にいる他人、どれも面白い。
禍福を好意的に書いた評は殆んど観たことがなかったが、後編がいい。

235 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/25(木) 23:39:52 ID:gYbvzUKu
禍福、今日見に行く予定でいたのだが台風でめげた

236 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/26(金) 22:10:27 ID:uDNfkkf6
DVD発売あげ

237 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/26(金) 22:25:14 ID:zWxt7VD5
今日の「まごころ」はかなり入っていた。
そろそろ特集の方も満員御礼になりそう。

しかし「まごころ」は何回観てもいい。

238 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/27(土) 01:45:48 ID:qZXaQObB
>>237
さういふあなたはロリコンか?
ロリコンのわたしは、あなたの意見に全面的に同意するけれども。

239 :237:2005/08/29(月) 13:49:48 ID:GJCbhJ8v
>>238
違いますが、「まごころ」はすばらしいです。

ところで京マチ子は視線が顔の向きを巧く操る女優の一人だと思うけど、
「あにいもうと」だけなのは残念だね。「妻として女として」みたいなのを
高峰秀子とやって欲しかった…


240 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/29(月) 15:22:07 ID:+FOhvQ3/
キネ旬のデコ・インタビューを読むとデコ主演の映画はデコと一緒に脚本削ってたんだな。

241 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/29(月) 16:02:33 ID:GJCbhJ8v
二人でってのは初めて知ったな。
水木洋子は、高峰秀子も脚本を削る場所にいたけど、
殆んど発言せずに成瀬に耳打ちする程度と言っていたから、
あまり反映されてないのかと思ったけど、その前に二人でやってる可能性があるんだな。

ちなみに水木は敵ばかりで味方が一人もいないと感じたそうだ。

242 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/29(月) 17:25:44 ID:smsR57Ru
削って削って、「浮雲」では最後の屋久島のところもゴッソリ削ろうとしたら、水木はそれだけは譲らなかったそうな。
成瀬巳喜男はロケ嫌いなこともあろうが、内容的にも削れなかったことが気に入らなかったのか、あるいは脚本のほかの部分が
気に入らなかったかしらないが、、
「浮雲」について「あれは水木さんの映画だよ」と言って、結局自らの「最高傑作」を後に否定した。

243 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/29(月) 17:55:55 ID:aqNEVPXX
自作を囲んで、こんなせりふいらないよね(成瀬)、
こんなせりふ言えません(凸)とやられたんだから、
水木はたまらなかっただろうな

244 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/29(月) 17:56:05 ID:GJCbhJ8v
> 「あれは水木さんの映画だよ」

は、水木脚本の力が大きいという意味と理解している。


245 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/29(月) 17:58:28 ID:GJCbhJ8v
>>243
プロデューサも何も言ってくれないと嘆いていた。
たしか藤本プロの追悼文。

246 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/29(月) 19:40:14 ID:fyrTj6yq
成瀬巳喜男が『浮雲』を否定したという話は
デコも『渡世日記』で書いてたね
一方、気に入ってたのが『放浪記』だというからわからんもんだが

247 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/29(月) 19:54:23 ID:cCYqaMq7
DVDとかのディレクターズカットがかならずしも面白いとは限らない。

248 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/30(火) 21:32:55 ID:hzOLin4P
三十三間堂、マジ感動した

249 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/30(火) 21:36:56 ID:9XbHUMf/
NFCって平日とか観に行ってる人っているのかしらん。
年金暮らしの爺婆しか観に行ってないんだろうな。

文芸座で観れなかった「銀座化粧」「ひき逃げ」「おかあさん」観にいくど〜。

250 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/30(火) 21:49:59 ID:udzWEw0O
>>249
いやいや、これが30〜40代と思える人が、平日に来てるんですよ。
以前から謎だったんだけど、この人たちってどう考えても働いていない。
いったい、ど〜やって生計を立ててるんだろう?入場料だけでなく、
ここまで来る交通費だってバカにならないと思うんだけど…。

251 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/30(火) 22:05:56 ID:EIL2bg4g
>>250
>以前から謎だったんだけど、この人たちってどう考えても働いていない。

カタギで平日に休んでる人もいるでしょ? また、フリーターやヒモみたいな暮らしを
している人もいる。20代の学生や院生もいる。少数だが大学教官とか自称ライターとか。
いまだに実家住まいとか親のカネで生活している人もいるんじゃ?

名画座やオフシアターをうろついてる輩には、確かにろくでもない人が多
いようだな。外出できるニート、職場の代わりにああいう場所に「出勤」する
ニートみたいなもんや。あんまり深入りしない、詮索しないことやね。

252 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/30(火) 22:38:45 ID:hzOLin4P
成瀬の特集に通ってておもうんだが、新文芸座とNFCは客層が随分違う感じ
がする。年齢層や男女比は同じくらいなんだが、場所柄かNFCには汚い服の
人が少ない(本当に汚いということではなくて。ただし新文芸座には本当に汚く
臭い人も時々出没するが)。

ちなみに俺は一人社長(自営業ともいう)で、週に2日ほどはたらけば食べて
いけるので、あとはブラブラしてる。ろくでもなくて申し訳ない。

253 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/30(火) 22:54:41 ID:k9xy0STh
聞きたくない聞きたくない・・・・(-_-)

254 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/30(火) 23:29:19 ID:SHVN+oK/
>>248
面白いよね。田中絹代がいいな。素敵。

>>249
ほぼ満員だよ。
最近は学生が前より多いんじゃないのかな。
映画関係の学科、講座が増えたから。

255 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/30(火) 23:30:00 ID:rzvMS6mK
漏れは職場がすぐ近くなんで、
たまにちょっと抜けるふりしてよく見に行くよ。

256 :249:2005/08/31(水) 06:11:17 ID:OUAH5+Cy
それは驚き。
それなら、不労所得者(いや失礼、資産家)の方が多いんでしょうね。

上に(新)文芸座とNFCにつぃて書き込みがあったけど
文芸座の周辺はあの風俗地帯(場末のピンサロ、ヘルス、ソープ、ミカド劇場)
とパチンコ屋とか猥雑な昭和の感じがあの場所に懐かしくも残ってる。
まさに昭和の名画座にふさわしい懐かしさを感じられる地域にあるから好きだな。

257 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/31(水) 07:58:24 ID:lDXZRjbT
新文芸座は素晴らしいね。
スタッフの教育もばっちりだし、トイレが混んでたら時間も遅らせてくれるし、
ジュースも定価で売ってるし、すごく良心的。
文芸座にきている客も多いんじゃないかな。

258 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/31(水) 09:50:27 ID:WKkVXrQ7
他のスレでやれ。

259 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/31(水) 12:36:49 ID:X5lYWZbE
他のスレでやれというだけで、
自らネタを一つも提供しない件について。

260 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/31(水) 18:13:36 ID:7zFuH0KD
他のスレでやれというだけで、自らネタを一つも提供しない件について
というだけで、自らネタを一つも提供しない件について。




261 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/31(水) 20:49:20 ID:Cc+F8TbA
おれ成瀬初心者だけど、NHK-BS2の特集で最低限見ておくべきなのは何?
最近DVD化された下記の9作くらいでいい?

9/5日(月)  めし
9/8日(木)  山の音
9/9日(金)  放浪記
9/19日(月) 浮雲
9/20日(火) 女が階段を上る時
9/21日(水) 乱れる
9/22日(木) 乱れ雲
9/27日(火) 流れる
10/2日(日)  女の中にいる他人

262 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/31(水) 21:07:31 ID:G8Ym02pA
>>261
そんなもんだろう。
たしかに初心者ならまず戦後の評判の高い50年代の代表作を一通り+60年代で有名なものをいくつか、という感じになると思う。

あと「おかあさん」が15日にあったでしょ。50年代でこれははずせないね。

263 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/31(水) 21:22:52 ID:XoZ8HqGt
>>261
ケチケチせずに、鑑賞可能な作品は時間の許す限りご覧なさい。佳作率の
高い監督ですから。

264 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/31(水) 22:42:21 ID:uPnZHkON
>見ておくべき

映画鑑賞にそんな決まりはない。興味あるなら全部見ろ。
へんな義務の意識なら見るな。

265 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/31(水) 23:31:54 ID:WKkVXrQ7
>>261
「めし」以降に偏りすぎ。

全て見るのが一番いいが、以下を参考に。

「妻よ薔薇のやうに」
素晴らしい。これが戦前の作品とは全く思えない。
セリフ、人物造形の素晴らしさを見よ。捨てキャラ皆無の完璧な脚本。
「鶴八鶴次郎」
新派系映画の傑作。「新派」って何? って人も必見。
落ちぶれていく芸人を演じる長谷川、最後の見せ場の成瀬的さりげなさ、五十鈴の可愛らしさ。
「三十三間堂通し矢物語」
田中絹代の「銀座化粧」「おかあさん」に連なる傑作。これが演技というものだ。
「銀座化粧」「おかあさん」
成瀬の本領は新東宝にあり。市井の人間の泣き笑い。絹代/香川対決。
「女の中にいる他人」
サスペンス+"成瀬繋ぎ"→至上の緊張感。

成瀬は戦前/戦中/戦後直後の映画でも極めて"新しい"ことに注目。
「女の中〜」以外は笑えます。喜劇作家としても超一流。

266 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/31(水) 23:36:13 ID:WKkVXrQ7
「銀座化粧」は香川がうつむき涙ぐむシーンがあるのだが、
前後10秒の微笑ましくやるせない雰囲気から泣きへの移行の巧みさが素晴らしい。
涙ぐむ香川を受ける絹代の演技の素晴らしさ。

ちなみに助監督はあの石井輝男。

267 :261:2005/08/31(水) 23:53:30 ID:Cc+F8TbA
御教授ありがとう
全作品HDに録画してちょっとずつ見ていくよ

268 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/01(木) 00:04:32 ID:NFXN72aN
俺は気に入ったのだけ置いときたいけどHD容量少ないから
全部ダビングしないと無理だわ。


269 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/01(木) 22:28:28 ID:g06M81Um
東宝のDVDはこれで打ち止め?

270 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/01(木) 23:28:13 ID:cd61v+Qu
なぜ「ひき逃げ」が入ってないんだ。
ある意味一番壮絶な成瀬作品なのにw

271 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/01(木) 23:28:51 ID:0JCBCuYG
成瀬巳喜男は『晩菊』『おかあさん』など何度観ても発見がある映画が多いと思う。
そんなおれの中で、2回見るのが辛すぎる映画No.1は『杏っ子』。

272 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/02(金) 00:44:48 ID:FN7cySx1
切な過ぎる傑作は『秋立ちぬ』。
あまりにも悲しくて涙が出ない。
凄過ぎる傑作で思い出す度に胸が熱くなる

273 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/02(金) 01:15:50 ID:Jd3YzJYi
>>271
そうね、「杏っ子」はきついね。
>>174の解説に禿げ同。あの旦那は痛ましいくらい酷すぎる。

>>272
「まごころ」や「銀座化粧」でも子供のやるせなさが炸裂するよね。
子供心の切なさを書くのがうますぎ。豊田四郎もうまかったね。

274 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/02(金) 12:33:24 ID:/ALTF9x8
杏っ子って、原作はもうちょっとおもしろいんだけどねえ
相性が悪かったとしかいいようがない

275 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/02(金) 12:37:28 ID:Jd3YzJYi
え、映画も面白いよ。 > 杏

276 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/02(金) 12:54:25 ID:Jd3YzJYi
いまNHK BS2で特番やってるね。

277 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/02(金) 13:01:14 ID:Jd3YzJYi
紹介番組で、五分くらいで終わりました。
論調としては、誇張のない演技を要求、目線や仕草で語る映画。
それから「『めし』で復活」説でした。


278 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/02(金) 21:13:33 ID:+LbORH06
今、大型書店では成瀬コーナーがあるね

279 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/02(金) 23:51:12 ID:rdcc6sgW
今日、「妻」みてすげーわらったんだけど
あの高峰三枝子の妹役の人ってなんて名前なの?
知ってる人教えてください
けっこう美人かったんで


280 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/03(土) 00:56:23 ID:E7NiE3Mb
愛する人が立ち去るのをどうすることもできずに見送るというラストシーンが
多いね。

夜ごとの夢 君と別れて 朝の並木道 鶴八鶴次郎 おかあさん 晩菊 浮雲 秋立ちぬ
乱れる 乱れ雲
 
自分が見た中でもこれだけあった。


281 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/03(土) 01:13:40 ID:Vcckvsqx
>>279
新珠三千代。
宝塚を経て映画デビューして、東宝・宝塚映画で何本か出ているうちの一本。

その後日活などで活躍して、成瀬巳喜男の映画に再び出演するのは、10数年の時をへて「女の中にいる他人」。
こちらは深刻な役。

282 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/03(土) 01:14:47 ID:JbwZ9rlR
晩菊、これ最高!

283 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/03(土) 01:29:18 ID:Swr6K1iT
>>281
レス感謝!
新珠三千代かあ。チェックしてみるよ

284 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/03(土) 01:41:11 ID:oqEZzcX4
新珠三千代と言えばテレビの「細腕繁盛記」

285 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/03(土) 02:36:52 ID:6gX+GCMF
さらにテレビの「氷点」。
映画では若尾文子だが、ドラマのほうは大変なブームになったらしい。
>「氷点」は最終回で42・7%の最高視聴率を記録、「細うで繁盛記」も平均30%に迫る人気番組だった。
「細うで繁盛記」ともども、テレビ女優としても名高いもよう。

http://www.nikkansports.com/jinji/2001/seikyo010323.html
新珠スレ
http://that3.2ch.net/test/read.cgi/rmovie/1090082956/

286 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/03(土) 08:57:14 ID:ljKMZSw9
アラタマは、「かあちゃん結婚しろよ」やTVの「細うで繁盛記」みたいに、
シャカリキになっている役が似合うので、「鰯雲」みたいなのは綺麗だけど、
何だか持ち味が出てないなーって感じ。

だから成瀬には合わない役者さんかと思いきや、
サスペンスなら合いますわね。製作の勝利だね。
「女の中にいる他人」はあまり人気がないけどとてもいい映画。
シャカリキ新珠のダークサイドが炸裂。

287 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/03(土) 12:03:15 ID:CkiUUvwF
>282
晩菊、おもしろいけど終盤で上原が訪ねて食事してるときに突然始まる杉村の独白が
違和感在りすぎ。クライマックスともいうべきシーンだろうから俺的には残念だ。
達者な二人の演技だけで十分に分かる内容なのに、なぜ成瀬は削らなかったんだろうか。

「女の中にいる他人」でも最後に突然、新珠の独白が現れるけど、これもやだ。

ところで、NFCのパンフで、『晩菊』の解説に「...名優杉村の唯一の主演作。...」と
あるけどこれは成瀬作品で?それとも他監督も含めてなのかな

288 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/03(土) 12:17:16 ID:Vqe6xk51
加代ーっ、おみゃあに食わせるめしはにゃあずらよby富士真奈美

289 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/03(土) 12:27:22 ID:ljKMZSw9
>>287
成瀬だけの話。> 唯一主演
「母の地図」(1942)とか。「美貌に罪あり」だって主役の一人。

ナレーション、「晩菊」はイヤだけど、「女の中にいる他人」のはいい。
「女が階段を上がる時」も。「雪崩」はやりすぎだと思うけど、映画は面白いよ。

290 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/03(土) 14:03:24 ID:Yh0GRRpr
>>287
>>289
独白セリフは、 今のテレビや映画の映像技法からすれば、
ワザとらしけど、当時は、一般的な心象演出法>ナラタージュ
同時代の一般的な映画を機会があれば数多く観て、自分の
中に比較できる物差しを得れるようになるまで、邦画ファンを
続けてくれ。
NFC行ってて、観客平均60歳以上、男女比10:1だよ。
このままじゃあ、東宝も成瀬DVD追加しないよーになてしまふ。


291 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/03(土) 18:30:23 ID:ljKMZSw9
>>290
おいおい、「女の中にいる他人」頃も一般的と言ってしまうのか?
狂っているのはお前の物差しだろ?

それに成瀬のナレーションは同時代的に観ても特殊なものだよ。
「雪崩」の頃でさえ、物議をかもしているのに。

最近、成瀬のナレーションに注目している人は多いよ。
演出上も、脚本上も他の手法と濃い関係がある。

292 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/03(土) 20:02:10 ID:CkiUUvwF
>290
ナラタージュとモノローグは違うと思うんだが。それはともかく「女が階段...」みたい
に初めから一貫して使ってればいいけど、「晩菊」は杉村に感情移入しにくい構成の
中で突然最後の連続独白攻撃はやっぱり違和感ありまくりだ。

293 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/03(土) 20:52:29 ID:3yMkF1pN
新規にとっちゃ成瀬の映画は昔のバラック状態の東京が
リアルに出てきて引くのもあると思う。

40年以上前は、こんなに貧しかったのか?ってね。



294 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/03(土) 23:14:29 ID:U2F11aM1
それがいいんじゃない
          by みうらじゅん

295 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/04(日) 01:00:52 ID:CMRS/+Si
中古智さんもいい仕事してるよね。

296 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/04(日) 13:27:08 ID:Jv/1Z5rS
嫌よ貧乏臭い! by 淀川長治

297 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/04(日) 18:38:55 ID:U8nx9yNf
いよいよ明日からNHK-BS2で放送だにょー。
ttp://www.nhk.or.jp/bs/navi/movie_td_f.html

298 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/04(日) 19:51:20 ID:I8YKC9ZF
BSで「浮雲」見るの楽しみにしてたのに……NHKにネタバレされた(;´д⊂ヽヒックヒック
この悲しみをどこへ持ってゆけばいいのだろう……

299 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/05(月) 01:34:38 ID:LhgbC8Tk
ねえ今日フィルムセンター行ったひといる?

300 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/05(月) 01:38:47 ID:/lcxeGAv
>>298
ストーリーそのもの以上に見所の多い映画ですから大丈夫

301 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/05(月) 11:13:13 ID:63Ltd/06
昨日のNHK BS2の>>227って、東京では大雨で受信できず切れてるなあ。
NHKだから再放送するかも。


302 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/05(月) 11:40:49 ID:wkWVwbQN
三鷹だけど、ぎりぎりセーフだったよ

303 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/05(月) 13:31:34 ID:63Ltd/06
ところで、お前等、堤真佐子ってどうよ?
梅園竜子と一緒で演劇は素人だったんでしょ? ダンサーかレビュー出身の。
不思議な魅力があると思うんだが。

「君と行く路」なんて独断場だ。
家庭のごたごたに突然アンパンマンが乱入してくるからな。
その存在感は荒しに近いが、なぜか魅力を感じてしまう。

伊丹「巨人伝」、並木「樋口一葉」に出ているらしいんだが記憶にない。

304 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/05(月) 15:21:05 ID:yUI/HeHL
MSDに成瀬映画ダビングして会社の行き帰りPSPで見る。
毎日の満員電車が至福の時になるのはいいんだけど、これで鎌倉あたりに住んでいたらもっと良かったのに。

305 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/05(月) 16:27:57 ID:Cd+Y015w
>>299
「驟雨」観に行ったけど何か?

306 :157:2005/09/05(月) 19:05:39 ID:63Ltd/06
>>157の追捕版
結局10月は「女の中にいる他人」だけでした。好きなので嬉しいですね。

9月4日(日) 後7:30〜9:00 女性映画の名匠 成瀬巳喜男の徹底ガイド
9月5日(月) 後1:00〜2:17 乙女ごころ三人姉妹 1935
9月5日(月) 後8:03〜9:41 めし 1951
9月6日(火) 後1:00〜2:15 妻よ薔薇のやうに 1935
9月6日(火) 後8:03〜9:40 妻 1953
9月7日(水) 後1:00〜2:29 鶴八鶴次郎 1938
9月7日(水) 後8:03〜9:45 晩菊 1954
9月8日(木) 後1:00〜2:34 歌行燈 1943
9月8日(木) 後8:03〜9:39 山の音 1954
9月9日(金) 後1:00〜2:17 三十三間堂通し矢物語 1945
9月9日(金) 後7:33〜9:37 放浪記 1962
9月11日(日) 前0:40〜2:15 成瀬巳喜男 記憶の現場
9月13日(火) 前0:33〜2:01 銀座化粧 1951
9月14日(水) 前0:33〜1:59 舞姫 1951
9月15日(木) 前0:33〜2:12 おかあさん 1952
9月16日(金) 前0:33〜2:01 夫婦 1953
9月18日(日) 前0:43〜2:14 驟雨 1956
9月19日(月) 後7:53〜9:57 浮雲 1955
9月20日(火) 後8:03〜9:55 女が階段を上る時 1960
9月21日(水) 後8:03〜9:42 乱れる 1964
9月22日(木) 後8:03〜9:52 乱れ雲 1967
9月27日(火) 前0:38〜2:35 流れる 1956
9月28日(水) 前0:38〜1:58 秋立ちぬ 1960
9月29日(木) 前0:38〜2:25 妻として女として 1961
9月30日(金) 前0:48〜2:40 女の座 1962
10月2日(日) 前0:43〜2:26 女の中にいる他人 1966


307 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/05(月) 19:19:10 ID:8JMdwHUv
おとめ心三人姉妹の主人公。
演技も下手だし
顔も綺麗とは言えないんだけど
外でパンを食べようとしてたときに
「写真撮らせて下さい」って男性に言われ
意識しまくってるところ、めちゃくちゃ可愛かった!
なんて心の優しい純な娘だろうか。
それなのにあんなに救いのない悲劇で終わるなんて。
ヤルセナキオらしい。

308 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/05(月) 19:59:13 ID:lCbCf+RL
>>306
未見作品が楽しみ。往年の撮影所監督には珍しくないとはいえ、成瀬は本当に
佳作率が高い。つくづく「スランプがあった」だの言ってる奴はどうしようもない。
多作=佳作型監督は失敗作・凡作にも見所がある。

>>307
長女が間接的に三女を騙し、難を逃れるが代わりに次女が犠牲になる話だものね。な
のに、次女はそのことを隠し、恨み言も言わずに長女を送り出す。
てっきり、あそこで次女が長女を責めるとばかり思っていたのに、そういうことはしない。
(あの話の流れが原作か成瀬脚本かは不明ですが)

ロケとセットによる当時の浅草界隈の情景もいい。風俗的にも、古い伝統(角付け)が近代の習俗(レコードやレビュー)
に敗れていく哀しい話。生活と人情の機微と厳しさが滲み、しんみりする。

309 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/05(月) 20:06:08 ID:3jQcxHXV
>308
>つくづく「スランプがあった」だの言ってる奴はどうしようもない。
とは言ってもBSのラインナップにはスランプと言われている戦後〜1950年までの作品が
一本もないのだが。

デコファンとしては「浦島太郎の末裔」って見てみたいんだけど、NFCの特集でもやらない
んだよな。

310 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/05(月) 20:35:14 ID:63Ltd/06
日本映画専門チャンネルではやった。> urashima

> 308
> つくづく「スランプがあった」だの言ってる奴はどうしようもない。

禿げ同。
そもそもプロデューサシステムの東宝での企画の失敗を、
成瀬の不調と言わないで欲しい。
演出に注目したら、凡作なんて切り捨てぜりふは言えないはず。

311 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/06(火) 03:08:15 ID:P5pr81ub
乙女ごころ良かった。なんて可愛らしい映画だ。
サイレントっぽい感じも良かった。めしは別にって感じ。

312 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/06(火) 08:29:53 ID:LDp7ZhCY
>>311
じゃあ君に合うのは、おかあさん、秋立ちぬ、銀座化粧、妻よ薔薇のやうにだ。
次点が鶴八鶴次郎、流れる、女が階段を上る時。
今回やらないのでは秀子の車掌さん、石中先生行状記、君と行く路、杏っ子。
(以上全て適合順)

313 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/06(火) 09:03:57 ID:mfpj3ADk
浮雲と流れる、自分は流れるの方が好きだが、そういうのって変なのかな?
めしも好きだよ。あと、放浪記も嫌いじゃない。
好きな成瀬作品による傾向みたいなのがあるようなら、聞いてみたい。

314 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/06(火) 10:20:52 ID:LDp7ZhCY
俺は「おかあさん」が一番好きだ。「乱れる」とか。
「女が階段を上る時」もかなり上位。
「浮雲」と「流れる」だと「流れる」の方が好きだが、
「浮雲」の緊張感もたまらない。

315 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/06(火) 12:16:10 ID:4YwblvAu
>>309
NFCってどうして全作品やらないのかな?
「浦島〜」は去年の凸の特集や日本専門映画チャンネルでやったから、
客が入らないという予想か? 独立行政法人になって少し厳しくなったか?

316 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/06(火) 16:07:35 ID:uCHdQHSz
>>309
ものすごいよ、見ない方がいいw>浦島太郎の末裔

317 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/06(火) 17:03:24 ID:m0z7wRCc
いや、見るべきだよ。ある意味開き直り方が凄い。
うわ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜お!!!!!

ところで日本映画史上、国会議事堂の屋根に上ったのはキングコング、植木等、藤田進の3人で良いのかな?

318 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/06(火) 20:09:05 ID:/LoOKLFD
行定みたいな糞監督に尊敬されてる可哀想な監督
黒澤や溝口や小津より優れてる点は説明しすぎないってところだけだな
原作頼み、脚本家頼み

319 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/06(火) 21:01:46 ID:7ssfSvmj
>>318
馬鹿丸出し

320 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/06(火) 21:10:07 ID:/LoOKLFD
>>319
セカチューは面白かったかい?w

321 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/06(火) 21:30:31 ID:LDp7ZhCY
「妻」の前の解説だと、成瀬の性格がネクラで離婚したみたいだな。
婿入り姑問題は千葉さんが話していても、NHKでは言えないか…

322 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/06(火) 23:56:56 ID:pvpW0Naf
>>320
こいつそうとう大物だなw

323 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/07(水) 01:35:10 ID:BWpmioik
現在発売中の『東京人』で、成瀬巳喜男の小特集をやってるよ。
嬉しいのは、長岡輝子のインタビューがある事。今年で97歳なんだね。
元気だな〜。ちなみに、写真のキャプションが間違ってるよん。一緒に
写っているのは、中北千枝子じゃなくて東郷晴子。
あと、トップページの『放浪記』の撮影スナップのデコちゃん、いい表情してるね。

324 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/07(水) 08:44:30 ID:yYxGwitQ
BSで「妻」観た。
ここで終わるのか、という感じで考えさせられた。
三国連太郎の存在が救いだったような。
新珠三千代が最初わからなかった。
円阿弥谷津子とはなにごとだNHK。

325 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/07(水) 10:23:15 ID:AYTUl5ud
丹阿弥さんはちゅらさんでもおなじみなのにねえNHK

326 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/07(水) 11:22:35 ID:oCDabSAw
>>307
原作があるからしょうがない

327 :この子の名無しのお祝いに :2005/09/07(水) 11:49:50 ID:FsG6zuGW
>>303 >>307
私も堤真佐子気になった。朗らかな良い顔してるよね。

328 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/07(水) 12:56:39 ID:2R6OF8Mu
なんかずいぶんと物わかりのいい感じでいいよねえ。> 堤真佐子
お姉さんタイプ。

329 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/07(水) 18:40:37 ID:Gk12mN9r
鶴八、大好きな映画なのにBSの録画チェックしたら台風で画面にも
雨あられ。orz



330 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/07(水) 19:04:57 ID:VO7/XEEC
>>329
m9(^Д^)プギャ-

331 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/07(水) 21:22:45 ID:yED/ARLd
>>329
またやるだろ BS使いまわし好きだから

332 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/07(水) 21:36:15 ID:UyqPe+Je
>>329
え?どちらの地方?
うちは東京で、録画の最後の方見た限りは無事だったんだけど。

333 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/08(木) 00:11:29 ID:UE4pVYlG
俺も気になる。
東京は大丈夫だよな?

334 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/08(木) 10:55:34 ID:2hKrcxGo
いしだあゆみが「流れる」を絶賛してる件について↓


335 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/08(木) 13:08:11 ID:jcrmkGBJ
いしだあゆみの喋っている時の表情は、成瀬に駄目を出されるはず

336 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/08(木) 16:13:12 ID:0BDnPzo2
「めし」「妻」を連続観賞したが微妙な気持ち
これを名作といわれても理解できない俺が浅いのかな
節子さんの物言いとあの容姿が庶民感覚とどうも一致しない。
三枝子さんの煎餅バリバリとお茶でグチュグチュうがいはそれなりに納得したんだが・・

337 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/08(木) 17:04:18 ID:zt6qjhwu
名作もあれば凡作もある。
因みに私も「めし」「妻」はイマイチ好みではない。
「乱れる」「おかあさん」「流れる」
「石中先生行状記」と「くちづけ」からどちらも第3話。
などは繰り返し見ても飽きないほど好き。

338 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/08(木) 17:12:22 ID:jcrmkGBJ
>>336
まあ人によって好き嫌いはあるからね。
成瀬演出は好調でしょ?
>>337
凡作というのとは違うと思うが。

339 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/08(木) 18:23:38 ID:nvv9d2Lk
『妻』は未見なので、早く観たいが、『夫婦』の放送まで待って、
『めし』から一気に三部作観賞と洒落込む予定。

340 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/08(木) 20:43:30 ID:8SvcCINA
あんまり立て続けに見るのはよくないね。評論家でもないし。
感覚の整理がつかない。

341 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/08(木) 21:09:23 ID:Wg9PBL5b
2、3回見てみると、よさもみえてくるんじゃないかな?>めし
そういう俺は3回見たが、けっきょくあまり好きになれない

342 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/08(木) 21:29:58 ID:jcrmkGBJ
「山の音」は撮影、照明が綺麗だねえ。

>>340
おせっかいだねえ(w

343 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/08(木) 21:57:05 ID:iHuXRm3A
子供の頃、祖母とテレビで見た「山の音」辛気臭くて
ちっとも面白くなかった・・(以後、この作品はとばして見ていた。)
今夜、自分が愚かだった事を知った・・「流れる」「妻よ薔薇・・」と
並ぶ良さだった。成瀬最高!!


344 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/09(金) 01:05:25 ID:fU7k/1RI
>>323
> 現在発売中の『東京人』で、成瀬巳喜男の小特集をやってるよ。

「成瀬巳喜男 記憶の現場」のインタビューと殆んど同じだね。
http://www.mikionaruse.com/
草笛光子さん、小林桂樹さんのお二人、
ほん少しだけど「東京人」の方がコメント多かったね。

「成瀬巳喜男 記憶の現場」のインタビューも全て活字にしてくれないかな。
石井輝男は成瀬のビデオ作品を全て見直してインタビューに望んだらしい。
(NFCのシンポでそう語られていた; 3日間で全て見たらしい、スゴ!)

345 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/09(金) 01:33:56 ID:WJ5UQv0F
>344
「成瀬巳喜男 記憶の現場」
見逃した〜
DVDににならんかなぁ

346 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/09(金) 01:39:46 ID:fU7k/1RI
>>345

>>157
> 9月11日(日) 前0:40〜2:15 成瀬巳喜男 記憶の現場


347 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/09(金) 02:20:20 ID:tHLG7K7E
>>344
>石井輝男は成瀬のビデオ作品を全て見直してインタビューに望んだらしい
う〜ん、それはスゴイ!本当に石井監督は、成瀬監督の事を敬愛していたんだね。
なにかの本で読んだけど、石井監督は、成瀬監督の事を語る時は、常に「おっしゃる」
「おやりになる」と、キチンと尊敬語で話したそうな。他スレにあったけど、
最後には、成瀬調のしっとりとしたドラマを撮らせたかったな〜。

348 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/09(金) 05:52:06 ID:K4T80+77
巳喜男チャン巳喜男チャン

349 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/09(金) 10:07:18 ID:AIxgc2Yv
>>343
「晩菊」もそうだったが、「山の音」も台詞やシチュエーション・キャラクターの一つ一つが
まるでこちらに刺さってくるようだのう。「人情の機微」というとベタベタな優しさのみの意と誤解
されがちだが、つくづくこういった厳しさや葛藤も含めてのことだのう・・・。

話は変わるがこうして見直してみると、「東芝日曜劇場」等の往年のスタジオドラマが、いかに成瀬等の
家庭映画・風俗映画を参考にしていたか痛感させられる。古い日本映画を多く観るように
なってから「こうしたドラマには既視感がある」と思うようになったが、そもそものルーツはこちらだったのだ。
あるいは「参考にしていた」というよりも、脚本家や俳優はしばしば共通だったこともあり、自然と似
てくるのであろう。もうこういう劇も観られなくなったのう・・・。

>>347
恐らくは、現場で石井さんを一個の人間として対等に扱ってくれたのであろう。石井さんは元不良・無学歴・
生粋の演出部育ちではなく撮影部出身ということで苦労したらしいから、そういう恩は忘れない。
石井映画も随所で叙情的だからそういう面は受け継いでいるよ。強いて言えば「ゲン
センカン主人」が「こういうのもやりたかったんだな〜」という世界でしたね。

350 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/09(金) 17:45:22 ID:xNoBg12g
三十三間堂通し矢物語、この筋書きなら、今風にアップテンポにリメイクすると多少キャストが
アレでもそこそこ観れるような気がする。
それぞれのキャラクターを立たせまくれば良い娯楽作が出来そうだ。

351 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/09(金) 18:05:50 ID:fU7k/1RI
小国英雄はこういうのうまいね。
昨日消えた男、待って居た男、或る夜の殿様など。

成瀬ともう一度組んで欲しかったね。
藤村プロデューサと黒澤が仲悪かったから縁がなかったかな?

352 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/09(金) 18:37:37 ID:3gBMZgxt
めし」しか近所の図書館に無い

353 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/09(金) 18:41:49 ID:Zt7gvySN
今現存する最古の日本映画の予告編て何だ?
※リバイバル上映用などは抜きで。

354 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/09(金) 19:09:17 ID:2x2iFiqT
おかあさんてどこで泣くのかわからない
TVドラマみたいで全然おもしろくなかったな
まあ黒澤の「生きる」よりはマシかもしれないが

355 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/09(金) 20:37:25 ID:QygJeIdn
あれは元気はつらつな働き者家族を
ヲチして楽しむ映画だよ>おかあさん

俺は、あまり好きな映画じゃないけど

356 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/10(土) 00:39:44 ID:uenWVnrF
>BS「放浪記」
デコちゃん(芙美子)のバイタリティには圧倒されるが、出てくる男どもが全編、
嫌な奴・駄目な奴・他人の懐をアテにして生きている奴ばかりで、好感の持てる男性
が加東大介と少しだけ出てくる小林桂樹しかいない、世知辛い映画だったの〜。
男も女も、次々に出てくる劇壇・文壇・出版界の内外にいる人間たちの厭らしさには背筋がゾーッとした。

才能も生活力もないのに詩作や文学を気取る人種のうさんくささと、ハングリーで努力家だが同時に成り上がり
を狙う者特有の身勝手さが漂う芙美子自身の傲慢さが対になっていく仕掛けが面白いですね。
福地(宝田明)の芙美子への冷酷は、才能や自活力すべてが勝る芙美子に対する無能者(しかも健康にも恵まれぬ者)の嫉妬そのものだが、
そんな彼も出版記念会に現れて笑い者になりながらかつての妻でありライバルであった女への敗北を認め去っていく
ことで、辛うじて男としての最後のプライドを満たす。このあたりの男の優しさと虚栄の描出にも鬼気迫るものがある。

カリカチュアライズされてはいるが、こうしたものを作ったり書いたりする世界独特の人物類型と生活感にはリ
アリティがありますね。少しでもこうした場所(部活やサークル程度のレベルであれ)に出入りした
恥ずかしい過去を持つ人間には身につまされていたたまれないのでは? 少なくとも俺は観ていて縮みあがったね(わらい)
一流揃いのプロの新劇人や映画俳優たちが、こうした二流人種たちの役柄を熱心にやる、というのもちょっと凄いのう。

357 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/10(土) 01:02:09 ID:mTP0OWYo
>>356
林芙美子がいちばん厭らしいじゃん

358 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/10(土) 01:13:30 ID:uenWVnrF
>>357
そう、そうした二流たちの中にあり、才能があり努力家である主人公の芙美子自
身がある意味では最も高慢で鼻持ちならない。
林や菊田の原作は知らないが、このあたりもリアリズムだの〜。ラストで、他の人間たちと違い、
そんな芙美子にもっとも純粋な好意を寄せていた加東大介と小林桂樹が優しく
功成り名を遂げた晩年の彼女を見守るあたりでエンドマーク。心憎い。

自分などは、いつ加東が豹変してデコちゃんを犯すのか、冷や冷やして見ていたの〜w
一応は最後まで善人だった(余り邪心のある所を見せなかった)のでホッとしたよ。

他にも、親のカネで食っているお人好しの不労詩人(伊藤雄之助)なども面白い
キャラクターではありましたね。

359 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/10(土) 02:34:10 ID:cygTTxx1
BS「放浪記」を見たが成功作とは言いがたい。
田中絹代も中途半端だしデコちゃんのメークも一寸引く感じだし・・
宝田は相変わらず嫌味っぽいね若いときから一緒ヘタレ

360 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/10(土) 03:15:21 ID:FyH0n46B
>>356>>358
ナルホドねぇ〜。なかなか興味深い『放浪記』へのご考察、ありがとやんした。
結局、成瀬監督は、スノッブな連中(宝田明ら)にも、ガツガツしたハングリーな
林(高峰秀子)、両方に感情移入しない視点で演出した感じがあるね。

加東大介は、成瀬作品に欠かせない助演者だけど、絵に描いたよう善人(『おかあさん』
『杏っ子』『放浪記』)か、悪人、あるいは善人に見えて実は…(『浮雲』『流れる』
『あらくれ』)と、両極端なのが面白いね。

361 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/10(土) 03:34:34 ID:4A5DbM+4
放浪記よかった〜。デコちゃんはカリカチュアしたって言うからとんでもない
不美人にしてるのかと思ったらそれなりにちゃんと綺麗でホッとした。
伊藤雄之助のいかにも業界人ぽい感じが笑えた!
宝田明はセリフに抑揚がなさすぎてちょっとイマイチ。
加東大介や小林桂樹は好感度の高い役で儲け役かな。
とにかく良かった。やはり高峰秀子は日本一の女優だ。
唯一残念だったのは私のHDD+SVHSでは120分ではギリギリ20秒くらい
入りきらなかったこと。DVD買うか。


362 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/10(土) 10:14:46 ID:LzkAzGMM
>360
>あるいは善人に見えて実は…(『浮雲』『流れる』
>『あらくれ』)と、両極端なのが面白いね。

一番肝心なやつが抜けてる気もするがネタバレになるので
あえて書かないあたりが心憎い


363 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/10(土) 13:26:35 ID:mTP0OWYo
放浪記のデコが不細工なのは、わざとだろ
まゆげがさがってたりするのがいいわけ。
舞台の放浪記も見たけど、はるかに映画の方がいいよ

364 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/10(土) 14:43:44 ID:cygTTxx1
これを見ると森光子って大女優とは程遠いですね・・よく分かります
ギネスブックに挑戦してるだけだもん!

365 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/10(土) 17:14:58 ID:4wQoEq1b
褒めるために他のものを貶すのはどうかと思う。

366 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/10(土) 18:27:42 ID:jtKRMR62
デコより森光子の方が5歳年上なんだよな…

367 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/10(土) 19:16:33 ID:u/xMbmZa
高峰秀子が出演した映画を観たのは、今回の『放浪記』が
初めてだったけど、凄い!の一言に尽きる。
『浮雲』とか、他の作品も楽しみだ。
『めし』〜『山の音』まで観てちょっと微妙だったけど、
『放浪記』でこの監督の才能を確信した。

368 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/10(土) 20:48:37 ID:xkPRwyE0
今日のウィル愛知で
「稲妻」観てきました
舞台挨拶に香川京子さんが来てました
相変わらず可愛かったよ
会場も満員でした

369 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/10(土) 21:09:54 ID:lKPSg/DT
>>365
同じ特上牛肉でもステーキで食べるのと
牛丼で食べるのじゃだいぶん違うだろう?
そういう話なんだけど

370 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/10(土) 22:01:02 ID:TnrFF3mn
『放浪記』、俺はそれほど好きじゃないね。
凸は、やり過ぎって批判に、「本人がブスなんだから仕方ない」って答えているけど、
そういう問題じゃなくて、ちょっとやりすぎなんだよね。「さも」ってやつ。
あのメイクで普通に演じるか、あの演技で普段のメイクだった方がいいような気がする。
宝田明と合ってないし。水準以上の作品であることには変わりないけど。

カフェでの歌とか、宝田に蹴っ飛ばされるところとか笑えるしね。
凸がノリノリの演技しているところは、他に殆んど観られないしさ。



371 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/10(土) 22:55:26 ID:4A5DbM+4
宝田が何度もダメ出しされたシーンてどこだっけ?

372 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/10(土) 23:28:12 ID:TnrFF3mn
高峰を前に、柱を背に黙想。
成瀬「寝るんじゃなくて」

宝田「僕寝てた?」
高峰「寝てたじゃない」
宝田「そうか、先輩どうすればいいか教えてください」
高峰「自分で考えな。もったいなくて教えてやれるかって」
宝田(ムカッ!)

40年後の宝田「自分で考えなきゃ駄目ということを教えて頂いた」


373 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 09:56:32 ID:eY7k1nPA
「妻の心」の三船はたまらなくいい。

374 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/12(月) 05:40:31 ID:tvT3Pk3c
>>368
俺も行ってきたよ。カメラ構えたじーさん達が一斉に前に駆け出して行ったのにびびった。
来春にはシネマテークでも特集上映するみたいだし、名古屋でも成瀬映画がスクリーンで
観れる機会が増えるのはいいことですよね。

375 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/13(火) 00:36:57 ID:n5Pjirst
春雄ちゃん、かわいいのう

376 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/13(火) 00:44:53 ID:LkWp6O70
「稲妻」見た。
あんまりどうしょうもない人間ばかりの集まりに
凸じゃなくても「こんな家出てってやるわよ」って気になる。
林芙美子ってロクでもない人間と関わってよく観察眼を磨いてたんだな。
浦辺粂子って今更ながらすごい女優だ。晩年イロモノ扱いしてたけど失礼だった。
「稲妻」って、実は良い映画じゃないか!

377 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/13(火) 01:06:12 ID:n5Pjirst
「稲妻」いいよ。
無視し続けられて、本当に腹が立っていた。
ただし当時のキネ旬を読むと、絶賛する人も多いよ。
この年は「おかあさん」も作っているしね。

最後涙声になって秀子と歩く浦辺粂子が本当に可愛い。
全てのゴタゴタの根元(種違いの子供達)なのに、憎めない婆さんをうまく…
流石、山田五十鈴や入江たか子の前に溝口のヒロインだっただけあるぜ。

「あにいもうと」でも大活躍だし、
「乱れ雲」「乱れる」は出番少ないけれど滅茶重要な役。

378 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/13(火) 01:06:55 ID:NFptU5vm
浦辺さんは晩年にバラエティ番組にも出演して
芸人達にからかわれたりしていたが俺は内心
「日本映画の生き証人みたいな女優なのに失礼だなぁ」
「これが山田五十鈴ならびびりまくりのくせに」と思ってました。

379 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/13(火) 02:28:49 ID:xS2819qj
>>378
浦辺さんは映画にTVに驚異的な芸暦を誇るのに、晩年は可哀想だった。もっとも、TVでイ
ジられたお陰で最期までタレントとしては持ったとも言えますけどね。

「浦辺さんが偉い人だった」と言っても信じない人が多いんだよね。もう
浦辺さんのことすら知らない人も多いし。

380 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/13(火) 12:26:55 ID:n5Pjirst
「いやあねえ、芝居って幕間が長くって」

381 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/13(火) 12:47:47 ID:oTiohm87
林芙美子は他の作家とかに意地悪ばっかりしたんで恨まれてたらしくて
弔辞で川端康成がもう死んだのだからどうか故人を許してやってくれと言った

382 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/13(火) 13:12:31 ID:n5Pjirst
「故人は自分の文学的生命を保つため、他に対して時にはひどいことをしたの
でありますが、しかし後2、3時間もすれば、故人は灰となってしまいます。死
は一切の罪悪を消滅させますから、どうかこの際、故人を許してもらいたいと
思います」


383 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/13(火) 13:32:52 ID:n5Pjirst
「銀座化粧」の田中絹代と香川京子の静かなバトルの二人の演技は凄いね。
香川の視線は成瀬の指示なのかな?

384 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/13(火) 16:02:22 ID:5aqwsQfJ
>382
どんだけひどいことしたの??w

385 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/13(火) 16:54:51 ID:x1bH6oDr
>>382
ひどいことされたから、仕返しっていうのも含まれてると思うが?
女流作家のヒステリー=被害妄想の典型みたいないわれ方もするけど、
それだけ踏みにじられてたっていうことなんじゃないかな?

386 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/13(火) 19:41:56 ID:i5t1nONN
林芙美子は、有能な女流作家が現れると、必死に潰しにかかった。
テレビ番組「知ってるつもり」では、林が自分の作家としての地位をおびやかし
そうな新人を徹底的に叩いたのは、自己保身の為にやっていたと紹介してたな。
実際、林に潰された新人もいたらしい。
日本の文学界にとっては、マイナスにしかならない行為だな。

387 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/13(火) 22:32:26 ID:g3JUGsDN
成瀬巳喜男版「白昼の死角」をもう一回スクリーンで見てみたいな。
とっても良かったよ。

388 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/14(水) 01:25:31 ID:M3V/lAhW
ビデオで「女の中にいる他人」見たけど心情のナレーションだけはいただけないね。
この親切ぶりは観客を馬鹿にしてないとできない。あれがなくても作品が成立してるのに、
惜しい限りだ。

389 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/14(水) 01:31:10 ID:czSoXTz5
三百人劇場も閉館・・・orz



390 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/14(水) 09:04:35 ID:aucznNTD
>>389
え、映画上映辞めるんじゃなくて、劇場そのものが閉館しちゃうの?
成瀬のブックレットも手に入らなくなるのかな。

391 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/14(水) 17:30:34 ID:nxtNvPbn
「放浪記」のなかの林芙美子も
ライバル(草笛タソ)の原稿を隠し持ったまま
出版社に送らずに、自分が栄光を勝ち取ったじゃない。

あのままの性格なのでは?

い や ら し い んだね。

392 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/14(水) 22:15:03 ID:PWqIuykr
>>391
あのくらいは日常茶飯じゃん。会社なんかでも

393 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/14(水) 23:25:04 ID:KHijh53W
>390日テレの火サスも終了だしね・・・あの冒頭の音楽
ジャジャジャーーーン♪も聞けなくなる orz


394 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/14(水) 23:53:25 ID:XIxWZsx7
>>389
ttp://www.asahi.com/culture/theater/TKY200509130419.html

このニュースでは老朽化のせいになってるけど、ひょっとして本体の「昴」そのものも危ないのでは?
映画興行も無理して維持してる感じだったしな〜。

なんにせよ、無くなるのは寂しい話だの〜。今はどこも世知辛いや。
新劇系の鑑賞組織も会員は減ってるんだろうな〜。

395 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/15(木) 12:38:20 ID:FiihrkTz
>>391
ライバル(林芙美子)に自分の原稿送っといて、
と頼む方がアホじゃないかと。

396 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/15(木) 14:29:37 ID:0q6b+1y3
成瀬作品に数多く出演されていた中北千枝子さんが亡くなられました。
ご冥福をお祈りします。
http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20050915i504.htm

397 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/15(木) 15:42:34 ID:qQquPL1o
最近、BSで成瀬作品見てるけど今のところ「おかあさん」が一番面白い。
評価の高い「めし」は島崎雪子が綺麗だなと思っただけで楽しめなかった。

398 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/15(木) 15:58:45 ID:SZRCJczM
>>397
それなら「秋立ちぬ」を見るのを忘れないように

> 9月28日(水) 前0:38〜1:58 秋立ちぬ 1960


399 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/15(木) 16:54:35 ID:ANMrXpjl
>>395
つまり、草笛光子演じる女流詩人は、お嬢さん芸なのでそのあたりが大甘だったのだな〜。
命懸けで書いている人間と、道楽で書いている人間の違いなんだな〜。
このあたりの、自分の才能と努力に賭けるしかない成り上がりと、坊ちゃん嬢ちゃんの行
き違いというのもいかにも文壇的にありそうな構図で、辛辣で面白かった。

>>396
中北さんの「山の音」における、「私は菊子さん(原節子)みたいに美人じゃないし・・・云々」
というあたりなどは、聞いている周囲にとってはグサグサする台詞で怖かったな〜。
中北さんみたいに「ブスではないが普通っぽい」人が日常会話の中でさりげなく言うから恐いのだな〜。
つくづく、女性にとっての美醜というのは微妙な問題であるのだな〜。

400 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/15(木) 17:13:23 ID:SZRCJczM
「銀座化粧」でのラーメン
「山の音」のほうれん草

思い出すだけで笑えてきますが…

401 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/15(木) 18:42:08 ID:tlEPUeP+
「おかあさん」見逃した・・・
BSのHP表記ミスしやがって・・・

402 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/15(木) 19:02:47 ID:uRigR5gr
成瀬映画を観る度、オープニングロールに中北千枝子の名前をみつけ心の中でガッツポーズ。
逆に名前が無いと、駅弁買って割り箸ついてないくらいのショックがある。
様々な役柄を演じたが「流れる」の居候は絶品だと思う。 ご冥福をお祈りします。

403 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/15(木) 20:30:27 ID:25mKB6yh
>>396
ちょうどNFCで成瀬特集をやっていて、NHK−BSでも特集放送をしている
時期にお亡くなりになり、小津特集の時期の青木富夫(突貫小僧)みたいな
因縁を感じますね。自分は、『稲妻』の、最初はみじめったらしかったのに、
途中から開き直る妾役が忘れられん。あと、成瀬作品以外では岡本喜八監督
『地獄の饗宴』の、新興宗教に狂っている社長夫人が印象深いな〜。
ご冥福をお祈りします。

404 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/15(木) 21:31:13 ID:lmipzeJZ
ちょっとスレ違いになるけど、中北さんといえば「山の音」の出戻り娘が印象的。
「流れる」の芸者は、この後顕著になる下品さ(例えば「女が階段を上る時」のラーメンがっつきとか)が
上手い具合に抑えられていて、凄くしっとりしたイイ女だったような。
有名どころでは「世界大戦争」の母親とかね、小津の「早春」に出ているのがとっても嬉しかった。
ZAKZAKでは「ニッセイのおばちゃんで有名」って書いてあるけど、このCM自体古すぎて良くわからん。
むしろ、最近DVD化された「白い巨塔」の田宮二郎の母親役の方が印象に残っていて、
子供を愛する母親の心情が良く出ていて好きでした。

今頃は天国で夫君と再会し、天国チームで作るゴジラの新作へのオファーを振られて困っていることでしょう。合掌。

405 :>>400:2005/09/15(木) 22:55:46 ID:1rxHFp91
>>404
ああ、ラーメンは「女が階段〜」か。↓中北@成瀬作品

ひき逃げ
http://www.jmdb.ne.jp/1966/cp001440.htm
女の中にいる他人
http://www.jmdb.ne.jp/1966/cp000150.htm
乱れる
http://www.jmdb.ne.jp/1964/cn000190.htm
女の歴史
http://www.jmdb.ne.jp/1963/cm003510.htm
放浪記
http://www.jmdb.ne.jp/1962/cl003090.htm
妻として女として
http://www.jmdb.ne.jp/1961/ck002680.htm
娘・妻・母
http://www.jmdb.ne.jp/1960/cj002470.htm
女が階段を上る時
http://www.jmdb.ne.jp/1960/cj000290.htm
コタンの口笛
http://www.jmdb.ne.jp/1959/ci001450.htm
杏っ子
http://www.jmdb.ne.jp/1958/ch001950.htm
あらくれ
http://www.jmdb.ne.jp/1957/cg001980.htm
流れる
http://www.jmdb.ne.jp/1956/cf005100.htm
妻の心
http://www.jmdb.ne.jp/1956/cf002010.htm


406 :>>400:2005/09/15(木) 22:56:55 ID:1rxHFp91
驟雨
http://www.jmdb.ne.jp/1956/cf000270.htm
浮雲
http://www.jmdb.ne.jp/1955/ce000290.htm
山の音
http://www.jmdb.ne.jp/1954/cd000200.htm

http://www.jmdb.ne.jp/1953/cc001150.htm
夫婦
http://www.jmdb.ne.jp/1953/cc000250.htm
稲妻
http://www.jmdb.ne.jp/1952/cb002190.htm
おかあさん
http://www.jmdb.ne.jp/1952/cb001200.htm
めし
http://www.jmdb.ne.jp/1951/ca001950.htm
白い野獣
http://www.jmdb.ne.jp/1950/bz001050.htm
石中先生行状記
http://www.jmdb.ne.jp/1950/bz000150.htm


407 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/15(木) 23:40:35 ID:ydT7SwUI
この人、小津監督の「早春」にも出ていたんだなあ。

408 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/15(木) 23:43:04 ID:7BawQ9hd
女が階段〜で中華そばくってるシーンが忘れられない

409 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/15(木) 23:52:10 ID:3kh5Xsvh
驟雨では口やかましい近所の主婦役も長岡輝子ともども
絶妙ですよ。

410 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/16(金) 00:07:08 ID:XYjuIBXk
あれ、やりすぎだろ(w

411 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/16(金) 01:06:23 ID:+Bk+vWf8
まず、前スレだったかで中北さんが亡くなっている、訃報を読んだとかいっていた奴に厳重に抗議したい。

それにしてもちょうど生誕百年、大特集中に逝くとは。

412 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/16(金) 06:54:45 ID:c3pIFAsi
小津と黒澤は見たことあるけど、成瀬は見たことありません.
近所のレンタル店には、やはり前の二人の作品はケッコウおいてあるけど
成瀬は無さそうです。
近所の図書館で「めし」は見ることが出来ます。
楽しみ。

413 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/16(金) 07:45:55 ID:G+a2YlCy
>>404
さらにスレ違いになりますが、中北さんは、フィルムアート社から出ている
「映画読本・成瀬巳喜男」のインタビューで、「だって田中の作品、好きじゃ
ないですもの(笑)。「ゴジラ」なんて、あたくし、一本観ただけですよ。
あたくしが出るものってないですもの。戦争アクションとか、ゴジラものとか
ねえ」 なんて言っているんですよね。もちろん仲が良かったから、こんな
ことも言えたのだと思いますが。

ちなみに中北さんも出演している「コタンの口笛」は田中友幸演出で、
音楽は伊福部昭ですね。

414 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/16(金) 09:33:40 ID:XYjuIBXk
田中友幸演出→田中友幸製作

成瀬/田中/中北は次の四作品。

コタンの口笛
http://www.jmdb.ne.jp/1959/ci001450.htm
杏っ子
http://www.jmdb.ne.jp/1958/ch001950.htm
あらくれ
http://www.jmdb.ne.jp/1957/cg001980.htm
白い野獣
http://www.jmdb.ne.jp/1950/bz001050.htm

415 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/16(金) 09:37:26 ID:XYjuIBXk
>>413
「白い野獣」も伊福部だね。
「コタンの口笛」は橋本忍脚本で。

コタンの整音/下永尚ってのは何なの?
ゴジラとか特撮の録音をよくやっている人だけれど。

416 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/16(金) 10:22:52 ID:bNFzds0i
>>415
戦前からの東宝録音部のベテランのひと。効果音入れたり、音量・音声調整やったり。
黒澤、成瀬からクレージー、B級映画まで、50〜60年代の砧製作の東宝映画の8割方に関わっている。

417 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/16(金) 10:27:43 ID:XYjuIBXk
ロケが多かったから、録音に何かトラブルでもあったのかな?
わざわざ「整音」ってクレジットされるの珍しいよね。

418 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/16(金) 11:15:27 ID:5pEX11eC
>>417
一般的に、現場からダビングまで、1人の技師が一貫して手掛けた場合は「録音」クレジットのみ。

ダビング時のみに加わる技師さんは「整音」となる。手や時間が足りずに分業
したか、下永さんがダビング時にミキサーとして加わったか。

下永さんのフィルモグラフィーを見ると、どうもほとんどの作品がアフレコやダビングのみの参加で、
外の現場には行っていないような気がするんだが? 
東宝のダビングルームのミキサーの親方ということなんでしょうね。

419 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/16(金) 11:18:09 ID:n16c7OfJ
下永尚は50年代後半以降、主に「整音」でクレジットされているね。
スタジオのセットやロケーションで実際にレコーディングする技師が「録音」で、
録音スタジオで音響効果全般を手がけてミックスダウンまでを行うのが「整音」かと。

420 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/16(金) 11:39:37 ID:5pEX11eC
>>419
通常のプロの録音技師さんは、撮影現場での音取りからファイナルダビングまでを
自分の責任の下に一貫して行う。これが「録音」。

ただし、撮影現場とダビングで分業体制を取ったり、ダビング時に別の技師さんが加わることもある。
こういう場合は「整音」でクレジットされる。
TV映画などは「録音」と「整音」で分業されていることが多い。

下永さんの場合、当時の東宝のダビングルームに陣取り、東宝作品の録音の総監修
的な役割を担っていたと推察される。

421 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/17(土) 08:05:25 ID:d9zM5SCz
NFCって常連ばかり行っているの?客層はどんな感じなのでしょうか。
いかれた方情報求む。

422 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/17(土) 08:42:09 ID:m1PIhHnu
イカれた感じだよ。

423 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/17(土) 09:25:36 ID:EypSGpXs
「逝かれた方」だろ。
あそこは一種の大霊界。

424 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/17(土) 09:41:52 ID:8zH1Dusg
>>421
暇そうな爺。謎のババア。後は映画一般板のNFCスレで。


425 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/18(日) 09:31:55 ID:O5GN9qCs
『驟雨』面白かった。やっぱり水木洋子の脚本はイイ。
伊豆肇って池辺良に似てるね。

426 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/18(日) 10:45:23 ID:DhGluXb2
成瀬&水木の作品は、
おかあさん、夫婦、あにいもうと、山の音、浮雲、驟雨、あらくれ
だね。








427 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/18(日) 13:02:04 ID:DhGluXb2
今日、NHK BS2で21:00から、
「映画ほど!ステキなものはない」って番組があって、
草笛光子さんが出る模様。成瀬の話をするかどうか。

428 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/18(日) 13:16:00 ID:4x3sXuvU
しないほうがオカシイな。

429 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/18(日) 21:15:45 ID:lBC3M6Fx
草笛さん来たね

430 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/19(月) 12:23:16 ID:9/1Pe2rJ
『驟雨』は木下惠介の『お嬢さん乾杯』と続けて見ると、
後日談って感じで面白い。
音楽の趣味について言い合う場面とか。

431 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/19(月) 12:47:59 ID:u79+woCA
香川京子の役は美味しいよな。
隣の家はちょっと紋切り型かな。

432 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/19(月) 15:35:20 ID:9/1Pe2rJ
香川京子は、今この時代に同じ名前でデビューしても
絶対人気アイドルになれただろうな。

433 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/19(月) 15:54:16 ID:W13tWNw7
使いこなす巨匠がいない

434 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/19(月) 15:59:47 ID:XAi6EFwq
若い頃の香川って、岩崎ひろみに感じ似てるな。
そういやNHKの朝ドラ「ふたりっ子」じゃ祖母と孫の役で共演してた。
偶然だろうがナイスな組み合わせ。

435 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/19(月) 17:26:36 ID:Cb++lFR/
香川京子って大根だね。

436 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/19(月) 17:34:10 ID:9/1Pe2rJ
いや、原節子と佐野周二をむこうにまわして、
新婚旅行の顛末を語るあたりの演技は、
思わず「うまいっ」と唸ったよ漏れは。

437 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/19(月) 17:44:22 ID:Cb++lFR/
まあ確かに大根にしてはなんか変な印象が残るのは確かだ。まあうまくはないんじゃないかな・・・さすがに。

438 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/19(月) 18:02:44 ID:u79+woCA
香川京子の演技について語るなら、溝口の「近松物語」くらいは見てくれ…
うまくないなんて言っている人下は、「杏っ子」すら観てないと思わざるを得ない。

439 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/19(月) 18:34:31 ID:OUbX5wu1
「おかあさん」観て、若いころの香川京子は長澤まさみに似てるなと思った。



440 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/19(月) 18:36:22 ID:Cb++lFR/
「恋にめざめる頃」観て、若い頃の酒井和歌子は蒼井ゆうに似てるなと思った。

441 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/20(火) 01:23:22 ID:fho6bHf2
「浮雲」見て、高峰秀子はふぐに似てるなと思った。

442 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/20(火) 10:56:08 ID:Mhlz9CR9
香川京子といえば「猫と庄三と二人のをんな」のビーチ場面だろ、普通w

443 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/20(火) 11:04:53 ID:V42+4NJE
山田五十鈴と太地喜和子は似てるなと思った。

444 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/20(火) 11:41:56 ID:XCr+Q5Qo
「浮雲」の最後の高峰秀子の死顔は綺麗過ぎる。
もう少し現実感がほしかったな。

445 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/20(火) 12:10:24 ID:WyBipFge
BS特集で成瀬作品にどっぷりとはまってしまいました。
三國連太郎さんのひょうきんなカッコよさにやられて
しまいました。
「夫婦」を何回も観ています。「妻」を録画しなかったのが
悔やまれて…



446 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/20(火) 12:19:40 ID:XCr+Q5Qo
>>445
「妻」では、上原謙の不倫相手を演じた丹阿弥谷津子がよかったな。

447 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/20(火) 12:39:09 ID:n+S0QF00
丹阿弥谷津子、意外に巨乳。
セーターの隆起。金子信雄もねっとり味わったか。

448 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/20(火) 15:12:09 ID:XCr+Q5Qo
あと「浮雲」では、
森雅之が高峰秀子に
「生まれは葛飾か四ツ木あたりか?」
なんて言うシーンがあって、これなんか
高峰の子役時代の主演作「綴方教室」を
意識したセリフになっていて、笑ってしまった

449 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/20(火) 15:40:50 ID:oFKhogDv
>>439 漏れは上野樹里に似てると思った。

450 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/20(火) 16:18:35 ID:PkLab4gY
 香川京子や岡田茉莉子のその美貌が輝き出すのは
「おかあさん」や「浮雲」に出てから3〜4年後かな。
 

451 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/20(火) 16:35:52 ID:V42+4NJE
香川京子って、色んなのに似てるなw
ようするに今風ってことか。

452 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/20(火) 20:02:49 ID:pLNBHQ4F
>>439>>449
やっぱり、一番似ているのは、元TBSアナウンサーの雨宮塔子でしょ。

453 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/20(火) 20:05:51 ID:wYvGSadK
あんな顔丸くない

454 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/20(火) 20:21:07 ID:3ArDUntM
>>444
> 「浮雲」の最後の高峰秀子の死顔は綺麗過ぎる。
> もう少し現実感がほしかったな。

具体的にどうだったらよかった?
一応、死んだらどうなるか、整形外科医に聞いて、それを参考に演技しているよ。
「幸福への招待」の時。

455 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/20(火) 20:22:13 ID:3ArDUntM
>>450
香川京子は出演作の半分くらいは見ているけれど、
「おかあさん」が一番好きだ。

456 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/20(火) 20:48:35 ID:3ArDUntM
地震速報入っちゃった…
# まあ、DVDも日本映画専門チャンネルのもあるけれど…

457 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/20(火) 21:01:03 ID:3JVmEVQL
「猫と庄三と二人のをんな」観てみろよ、香川京子が大根なのが良く分かる。
少なくともうまいとは言わんだろ。

458 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/20(火) 21:11:44 ID:3ArDUntM
あれはそもそも配役に無理があるだろ。
高峰秀子が雪女やるみたいなもんで。

459 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/20(火) 21:23:22 ID:wYvGSadK
なら演技の幅が狭いけど
イメージにぴったりくる役だと巧い

460 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/20(火) 22:16:07 ID:gCw5rHA9
成瀬の映画って後引くんだね、ほんと

461 :堀達也:2005/09/20(火) 23:08:28 ID:2f/hWkXn
一人でしみじみと観たい「おかあさん」
こちら(子供)を見る、田中絹代の優しいまなざしが良い。
貧しくも家族が結束していたあの時代。下町の情景。木造の家々。
失われた物の全てが古い映画に残されている。


462 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/21(水) 02:29:24 ID:5eCn6S2X
女が階段〜意外とつまんなかった。
周りの女優がブサイクなせいでデコがいかに美人かよくわかった。

463 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/21(水) 03:13:14 ID:lUDnByNG
浮雲ぜんぜんつまんなかった。
あんな男に心奪われるか?? 森雅之、ぜんぜん全くイケテネー
カサブランカのボギー気取りか?

464 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/21(水) 04:22:11 ID:iHip4cf2
>>462
こんなに綺麗に撮られると後で困る。> 撮影の玉井さんに
>>463
そりゃあなたには合わないね、残念だったねー。

465 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/21(水) 04:29:37 ID:AUpoOr2m
>>462
いやいや、川島雄三の「赤坂の姉妹 夜の肌」(60)「花影」(61)などと並ぶ、当時の都市風俗と
夜の世界を描いた傑作ですよ。「花影」は「女が階段を上る時」と同じ菊島隆三の脚本。

これらの作品は風俗誌的な背景も面白いし(「赤坂の姉妹」にはTBSらしきTV局が出てきたりする)、なにより、
映画的に戯画化・誇張されているとはいえ、出てくる男女たちのリアリティには息を飲むばかり。

妻子を抱え、貧しそうなのに普段は何で食ってるのかわからない(工場経営も嘘? でもバーで遊ぶ程度のカネは持っている)
加東大介のキャラクターなども、いかにもああいう小悪党はどこにでもいそうで面白い。
恐らくはあちこちで寸借を繰り返しているのだろうが、相手の弱みも握るので塀に落ちそうで落ちないのであろう。
この場合、騙されて貞操を奪われたデコは、亡き夫への契りを破ったその我が身の過ちと悔しさゆえに泣き寝入りするしかない。

銀座では顔が割れているので、ほとぼりが醒めるまで今度は別の盛り場に現れるのであろうか?
あのキャラクターだけで別の映画ができますよね。ちなみに加東はjmdbによると、同じ60年1月15日
に封切併映の「新・三等重役 旅と女と酒の巻」にまで出ている。
50〜60年代の東宝映画に出詰っぱり。合間に舞台やTVにも出ているわけで、お疲れさんですたい。

466 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/21(水) 04:46:51 ID:iHip4cf2
加東大介は二回目観た時にまた面白いな。
何言ってんだよ、こいつ、スケコマシの癖にって感じで。
スケコマシうますぎ…

467 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/21(水) 04:48:57 ID:iHip4cf2
森とやったと知って、それなら俺も、と高峰にせまる仲代。
そのタイミングは絶対に無理やろ…
まあ気持ちは分かるけど。

468 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/21(水) 05:12:58 ID:AUpoOr2m
>>466
ああいう朴訥調の芸風がウリなんだな〜。スケコマシ・寸借詐欺師としては凄腕なのだろう。デコの実家まで調べ上げている。
デコも「どうしてここが分かったのかしら?」と訝しく思いつつ騙されてしまうのだな。

昔の映画は細かい所まで作りこんでいるので面白いな。沢村貞子は、淡路恵子のツケや借金を肩代わりさせられそうになるが、
大丈夫だったのだろうか? 適当に逃げてくれただろうか? 本気で心配になってくる。
デコの兄(織田政雄)の抱えている裁判にせよ、恐らく国選は頼りにならないので、自費で弁護士
を雇うことでやっと執行猶予になる。このあたりのリアリティも巧過ぎ。

デコが母親(賀原夏子)に「所帯じみちゃ駄目なのよ」と言うくだりもあの世知辛さがいいな。確かに人間、普
段の振る舞いや衣食住から無意識のうちに外向けの人格が形作られてしまうものですからね。
切実なお金と人間関係の機微で話を動かす成瀬、所詮この世は売り物買い物よ・・・。

469 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/21(水) 09:57:42 ID:iHip4cf2
あそこ、渡世日記や捨てられない荷物で、
義母との関係知っちゃってから、怖すぎて観てられない…


470 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/21(水) 10:42:34 ID:ybzOexw7
http://k-style.sakura.ne.jp/uploader/src/up5650.mpg

471 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/21(水) 14:03:29 ID:qDBiLfvU
妻よ薔薇のやうに、どうよ?
全く期待してなかったんだがおもろかった。

472 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/21(水) 14:37:31 ID:iHip4cf2
面白いよ。
>>265にも書いたが、捨てキャラがない。
千葉が窓の外を眺めているところなど良いところが随所に。

丸山定夫が広島公演中に原爆で死んだのは残念だね。

473 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/21(水) 15:19:28 ID:teNhLFYJ
大人になるとわかるのよ

474 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/21(水) 16:41:29 ID:iHip4cf2
NHK-BS2って「BSシネマの贈りもの」って10分の小番組で、
成瀬の映画の紹介やっていたんだね。今日初めて知った。

9月21日 前11:44〜11:54 BS2
9月22日(木) 後06:30〜06:40 BS2
9月27日(火) 後03:50〜04:00 BS2

BS1のは成瀬じゃないのかな。
9月22日(木) 翌00:50〜01:00 BS1
9月23日(金) 後09:10〜09:20 BS1
9月25日(日) 翌03:10〜03:20 BS1
9月26日(月) 後00:25〜00:35 BS1
9月27日(火) 後09:15〜09:25 BS1


475 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/21(水) 17:13:27 ID:lyM+LjYZ
本日「乱れる」放映age
「流れる」と共に成瀬作品中でも
人気のある作品なので未見の方
ぜひご覧あれ!

476 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/21(水) 20:04:44 ID:rKlXOjnr
>>471
俺は21のとき(もう14年前か…)「妻よ薔薇のやうに」を観て、一生成瀬について行くと決めた。
未だに、小津や黒澤(2人とも大ファンではあるが)よりも成瀬が好きだ。
日本でいちばん好きな映画監督だな。

477 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/21(水) 21:42:59 ID:iHip4cf2
やはり「乱れる」は素晴らしいね。
松山らしいバッドエンドも決まっている。
音楽の加山っぽいギターが笑わせる。

478 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/21(水) 21:49:58 ID:uzrOX9lR
乱れるは最後やられたなあ、全く予備知識なしで見たからきつすぎる
それまで加山の若さに任せた演技を微笑ましく見てただけに

479 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/21(水) 21:53:24 ID:iHip4cf2
あの後、遺体と共に戻らないといけないよね。何て説明するのか…

480 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/21(水) 21:58:05 ID:wFuOmZIv
>>478
最初見たとき、おれも高峰秀子とシンクロしてのけぞった。あんなのありかよ!
それでまた、走っても走っても結局、若大将に追いつけないのな。
もうほんと突き放しすぎ。

481 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/21(水) 22:12:15 ID:uzrOX9lR
>>480
この後凸たんがどうなるか、架空の人物なのにガチで気に掛かりますな
担架の加山の遺体の腕が見えた瞬間「恐怖の報酬かよ」と叫んでしまった
それはともかく成瀬映画を毎日見られて本当に幸せです、
BS特集前は浮雲、めしと驟雨しか見た事なかったから

482 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/21(水) 22:18:11 ID:GeOvzl8W
しかし、2階の窓から指のコヨリに気づくなんて、
凸たんは視力が良すぎないか。

483 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/21(水) 22:24:25 ID:ufRpvaPC
>>481
その晩、宇宙で小惑星が爆発し、地球に怪光線が降り注ぎ、地上の死者が蘇る。
凸たんは加山の死体を引き取りに行くが、加山は霊安室で生き返って凸たんの肉を求めて襲ってくる。
しかし加山は知能を持ったゾンビ・リーダー柳谷寛に制止されて、一番悪い奴中村鴈治郎に復讐を誓うのだったとさ。
果たしてゾンビ温泉に一人残された凸たんの運命は?ちゃんちゃん。

484 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/21(水) 22:32:44 ID:AUpoOr2m
>>482
あのコヨリは観客にも分からせるための映画的な記号。実際は遠めに「まさか・・・」
という感じだろう。そして宿の前で番頭に「お連れさんらしい方が・・・」と言われて確信に近づく。

485 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/21(水) 22:33:54 ID:3kyFMP33
↑ ↑
こういうバカ暇人もいるのが成瀬ファンの懐の深さw

486 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/21(水) 22:47:49 ID:irXz6ZfC
彼は本当に崖から落ちて死んだのか?
あんなに急いで走って担いでいったんだから
万が一、助かる可能性もあるんじゃない。


487 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/21(水) 22:54:22 ID:YbvPC6OH
>>472 >>476
おお〜同士。いや師匠だわ。
たいした話でもないんだけでど、おもろいよねえ。
リメイクの「恋にみざめる頃」は予想通り最悪だった。まあ当時の新宿駅周辺を見れるだけで十分なんだけど。

488 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/21(水) 23:02:34 ID:iHip4cf2
>>486
事故じゃなくて、自殺の可能性もある。
浦辺粂子に殺されたって事はないと思う。

489 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/21(水) 23:10:55 ID:Zc6GaI17
>>478
あんなのアリか? 反則としか言いようが無い。反則の癖に、別に勝ってないし。
そうか、そんなに悲劇にしたいのか、それで満足か予、って感じ。後味が悪いだけだ。

490 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/21(水) 23:24:49 ID:dHYgV/zF
柳谷寛 ウルトラQで最後身体が消えてしまう役やってました。
ハッピーエンドで終わるかと思ったのにすごーく怖かった。


491 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/21(水) 23:38:24 ID:irXz6ZfC
乱れる/ウルトラQの魔女ッ子の子役でてました。
一平君も明るく定員してました。

492 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/21(水) 23:43:32 ID:WY/dZwYc
浮雲、HDDレコーダがハングして録画に失敗してた!ムキ−!

493 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/22(木) 09:10:13 ID:J3W85jLN
>>488
あれはストーリー的に考えればほぼ100%自殺でしょ。
加山の立場に立てば悲劇だけど、デコは追うのを途中で止めるので
デコの立場に立てば家のしがらみやこんがらがった人間の情動からの自立と見ることも出来るんじゃないすかね。
「乱れ雲」とは似て非なる結末っつーか、「乱れ雲」の結末は一方的に加山の側に立っていて成瀬としては異色だった。



494 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/22(木) 09:36:50 ID:FXZinyuF
なんとなく「乱れる」を見た。初めてみたから、ラストにびっくりした。
昔の映画だし、この恋が成就しないとは予想してたけど…。加山さんって正直君といつまでもとサライしか知らなかったから、こんないい俳優さんだったのかと思った。主演の高峰さんがすごい綺麗だったなー。
少し鈴木京香さんみたいだったな〜。

495 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/22(木) 11:33:22 ID:/gHOJPHj
「乱れる」で演技づいた加山が、若大将シリーズのキャライメージ
定着を恐れ、藤本真澄Pに泣いて、成瀬作品への再度主演を頼み込んだ。
その結果が、遺作の「乱れ雲」主演につながったと、金子正且Pが
どっかに書いていた。

今晩、みんな観るべし。

496 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/22(木) 11:53:06 ID:ULEUPmiR
加山は「乱れ雲」の方がよくなっているね。
高峰秀子「演技もなにも、それ以前の人」とはいうものの、流石成瀬巧く使っている。

「乱れ雲」は、東宝スコープにすっかりなじんでいるのもよかった。
撮影の逢沢譲さんは「悪の紋章」「あこがれ」とすごくいいのに、
あんまり仕事に恵まれてないのが不思議。

497 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/22(木) 12:25:25 ID:FXZinyuF
>>495
20代なんで、若大将シリーズも見た事ないです。
でも、それで有名な人なのは知ってました。
「ぼかぁ幸せだなぁ…」ってやつですよねw
「乱れ雲」も見てみます。高峰さんは、今も女優さんなんですか?名前も知らない女優さんでしたから…すいません。

498 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/22(木) 13:18:22 ID:ULEUPmiR
高峰秀子=the映画女優 (田中絹代もね!)

499 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/22(木) 14:23:18 ID:aIL77Ds0
>高峰秀子「演技もなにも、それ以前の人」

おいおいそんな事言ってんのか。
ひでぇなデコ。

500 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/22(木) 15:56:48 ID:Ybwxz1xj
500ゲット?

めし、見たい!

501 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/22(木) 15:58:41 ID:s+FaUO/+
「乱れる」は素の加山の良さを引き出していると思う。
あの若さで演技派だったらもっと重くて暗かったはず。
音楽も印象的だったし、なんたって最後の列車シーンは
名場面です。だんだん二人の距離が縮まっていく様子が
見ていてドキドキ、ここだけでも何度も繰り返し見てしまう。
それとひなびた温泉街の情緒。今でもあのまんま残っているのかな。

502 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/22(木) 16:00:40 ID:uSvkZ91K
「放浪記」と「女が階段を上るとき」を続けてみたけど、ギャップで
めちゃくちゃきれいに見えました。惚れました。

503 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/22(木) 16:03:49 ID:iWqbg1RO
昨日の「乱れる」なんだけど、

浦辺粂子が加山雄三に戦死した息子の事を話す件や、朝、カバンの中の亡夫の写真を高峰秀子が見るシーンがあったりする件から推察して、加山雄三が姉を射止める最後の手段として義姉にとっての兄と同等の立場に身を置くために自殺したとは考えられない?

最後の高峰秀子の表情は、加山の思惑通りにその思いをハードに受け止めたって事でキメって感じ?

504 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/22(木) 16:05:01 ID:ULEUPmiR
三益愛子には「おおざっぱな演技」(キネ旬報インタ)
しかしそれを頭において「乱れる」を観たら、その通り…
「赤線地帯」では凄まじかったんだが。

505 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/22(木) 16:07:03 ID:ULEUPmiR
>>503
少し穿った見方だと思うが、
色々な見方を楽しめるのが、
全てを説明しきってしまわない映画の美徳だと思う。

506 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/22(木) 16:19:14 ID:uSvkZ91K
流れる、乱れる、乱れ雲のようなダークな映画もあれば
妻よ薔薇のやうにのようなウェルメイドな佳作もあって良いね。

507 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/22(木) 16:43:35 ID:sYUEfg7p
成瀬作品初心者です。
27日BS放映「流れる」には当時の柳橋周辺の風景が
結構出て来ますか?



508 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/22(木) 17:41:16 ID:ULEUPmiR
まあまあ
ご近所さんでも、セットとロケの見分けがつくかどうか…

509 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/22(木) 20:08:15 ID:sYUEfg7p
>>508
507です。レスありがとうございます。
縁の土地なので、楽しみです。
「流れる」は女優さん達も豪華ですよね〜
成瀬作品を毎日一緒に観ている中学生の娘は、
岡田茉莉子さんがとても可愛い、と言ってます。



510 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/22(木) 21:08:13 ID:WPqWJPJa
茉莉しゃんはどこでも大人気だなあ

511 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/22(木) 22:25:34 ID:sQD2HNkX
「乱れる」でスーパーの宣伝車が流していた曲名なんですか?
なんかどっかで聴いたことある

512 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/22(木) 22:53:38 ID:tP+yjyx2
「放浪記」を観た。
森光子の舞台とは全然ちがう印象。
同じ菊田一夫の戯曲を使っているのに、面白いね。

「浮雲」の時には不自然に思えた「花のいのちは〜」だけど、
「放浪記」の時はしっくりきたよ。

513 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/22(木) 22:59:37 ID:Hh4d40pS
>>511
舟木一夫の「高校三年生」ではないか?

514 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/22(木) 23:04:58 ID:ViEgVMVi
いくら時代感覚とはいえ「高校三年生」を使うとは思わなかったなぁ
映画の出来としては中の下くらいかな

515 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/23(金) 00:29:53 ID:7l+yUiM4
乱れ雲ってひと昔前のTVのメロドラマを見たような感じがした
展開が予想できてしまう

516 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/23(金) 00:36:43 ID:VECyC2Xv
つーか、もともと「ひと昔前のTVのメロドラマ」に多大な影響を与えてる作品なわけだが。

517 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/23(金) 01:07:03 ID:VZ3EzTb8
岡田茉莉子はあと二、三年松竹に行かず、東宝で我慢してたら、
成瀬の作品で主役出来ていたと思うから残念。
「あらくれ」みたいにちょっとコメディタッチの作品うまそう。

まあ、'56-57の東宝での丁重ぶり、
'57の松竹での「土砂降り」「集金旅行」で毎日の主演女優賞つーの考えると、
分からないでもないけれど。

518 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/23(金) 01:09:44 ID:VZ3EzTb8
>>515
> 展開が予想できてしまう

成瀬の映画では、筋の予測不能性は見所でもなんでもないから。

ところで「乱れる」の列車シーンと、「乱れ雲」の一泊シーンは、演出のリズムが似ているね。


519 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/23(金) 01:12:07 ID:2ZTNN7Ph
>>516
昔のTVドラマは明らかに、成瀬などのメロドラマや中間小説的な風俗映画を参考にしている。
脚本家も映画もTVも両方やってるし、山田信夫も結構TVの仕事も多い。ちなみに、TVドラマ
データベースで検索すると、「乱れ雲」自体がTVで何度かリメイクされている。

1970「ファミリー劇場『乱れ雲』」NTV 制作=東宝・NTV 監督=木下亮 回数不明
  脚本=山田信夫、重森孝子 出演=栗原小巻、中村敦夫
1974「乱れ雲」CX 回数不明 出演=北川めぐみ、西口久美子 
1988「木曜ゴールデンドラマ『乱れ雲』」YTV 監督=斎藤光正 脚本=清水曙美 単発
   出演=十朱幸代、三浦友和

また、タイトルは違うが、この作品も恐らくは「乱れ雲」のリメイク。主演は司葉子本人。

1974「テレビスター劇場『もうひとつの愛』」MBS 制作=東宝、MBS 演出=戸崎春雄  
   脚本=山田信夫 全4回 出演=司葉子、佐原健二、黒沢年男、酒井和歌子

520 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/23(金) 01:14:32 ID:VZ3EzTb8
マークし忘れたが、CSの「衛星劇場」で、「稲妻」をやっていたようだ。
(ま、DVD出てますがね)

521 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/23(金) 01:18:19 ID:VZ3EzTb8
>>519
まあ、TVドラマは基本はホームドラマが多いから、
成瀬、松竹、大映母物あたりがお手本ですわね。

522 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/23(金) 04:50:51 ID:dxL6cFB/
>>517
司葉子もインタビューで成瀬先生と小津先生がもう少し生きてくれてたら、
私も高峰さんや原節子さんのようにいい映画が残すことができた女優に
なれたのにって言ってるね。


523 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/23(金) 05:05:58 ID:H4LLZPSl
乱れ雲、今リメイクしたらやっぱり真珠夫人路線でいくのかな。
関係ないけど、長門裕之の頭の形が最近加東大介に似てきてさすがに親戚だと思ったのだが、
長門には加東みたいなああいう上品さがないから、乱れ雲とか出来ないだろうな。
森光子の役を女房にやらせて、一緒に司葉子をいじめてしまいそうだ。

524 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/23(金) 06:38:59 ID:KThu1NoL
司葉子に7年位前に大正村で会ったが、謙虚で品のある人だった。

525 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/23(金) 11:34:37 ID:QVKqn0ft
旦那さんの相沢元議員、前回の選挙は落ちたようですね。
今回は出なくて司ものんびりできたでしょうか。

526 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/23(金) 11:46:11 ID:VZ3EzTb8
相沢は後藤田正晴と年齢殆んど変わらない、さすがに引退でしょ。


527 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/23(金) 12:16:37 ID:uOF9FCyp
司女史の旦那はガス人間だから車にブチ当てられたくらいじゃビクともしないはずだが・・

528 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/23(金) 16:27:28 ID:lGzxVCoi
しかし女房取られる役が多いなガス人間は。

529 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/24(土) 02:27:16 ID:xF9v5m2W
カス人間?

530 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/24(土) 03:00:20 ID:Pa2fqnja
浜さんが窓にハンカチをあてる所がなんとも言えず感動した

531 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/24(土) 03:02:16 ID:o/XwHerY
>>529
http://images-jp.amazon.com/images/P/B00005TOLL.09.LZZZZZZZ.jpg


532 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/24(土) 04:40:43 ID:O4G1a1G/
>>524
これね。
http://www22.ocn.ne.jp/~aizawa/youko03.html

しかし凄い一家やな
《妻》 葉子 共立女子短期大学卒 女優
《長男》 英孝 東京大学経済学部卒 一橋大学教授
《次男》 周 早稲田大学政経学部卒
コーネル大学院経営学修了 株式会社キューピー常務取締役
《三男》 宏光 帝京大学医学部卒 JR東京総合病院勤務


533 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/24(土) 05:14:56 ID:9g6TkZi6
結局、長嶋茂雄と結婚しなかったのは正解ということか。

534 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/24(土) 05:34:00 ID:O4G1a1G/
大正村にあるらしい(初代村長の)高村三枝子の蝋人形
http://pds.exblog.jp/pds/1/200509%2F09%2F54%2Fd0004254%5F0263964%2Ejpg



535 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/24(土) 10:11:07 ID:kvKRUnvl
>>528
取られたんじゃねえ!
きっぱりくれてやったんだ!

536 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/24(土) 10:19:41 ID:uIgervY6
青葉くるみを土屋氏が食べてたら・・五郎と嘉男

537 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/24(土) 10:22:36 ID:waG0IJev
1ヶ月くらい前にやってたNHK・BSの成瀬監督特番で草笛光子
が言ってたけど、「喋ることといえば、”自然にね””自然にね”
ただそれだけ」。
こんなシンプルな演出だからこそ、女優が活きたんだろうね。

538 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/24(土) 12:47:37 ID:9XYSkHHa
自然にみえる演技というのが一番難しいと思ふ。

539 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/24(土) 12:53:44 ID:dedno8ns
役者の普段通りのままやるんじゃなくて、
役にとって自然な演技をわざわざやるわけだからね。

演じている側は自然かどうか判断しにくい。
演技なしの無表情じゃまずいわけだし。(加山は無表情で通しているシーンがある)

誇張した演技に比べると、どツボに嵌りやすい演技要求。

成瀬と小津にNG伝説があるのもそのためだと思う。

540 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/24(土) 15:16:06 ID:wbinn8rf
>> ウルQならバルンガの奈良丸博士も出てましたで。

541 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/24(土) 19:29:51 ID:R5gT+PeK
でもよく見ると、「乱れる」のデコはちょっと人が良すぎて気持ち悪いな。
成瀬映画のデコはやっぱ不機嫌な表情でブツブツ愚痴もらしてないとw
他に適当な女優いなかったんだろうか。
原節子が一回り若くて現役だったらはまってたかな?

542 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/24(土) 19:51:31 ID:2TskyMjx
↑司葉子が「私も原さんや高峰さんのような代表作・・」っていわれてもねぇー
あの大根じゃ!

543 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/24(土) 19:52:24 ID:dedno8ns
「私も原さんみたいに」だったらいいんじゃないか?

544 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/24(土) 21:48:45 ID:EYMZDD/4
結局、芝居だけならデコと五十鈴と春子が頂点かな。

545 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/24(土) 21:57:23 ID:dedno8ns
映画だけの評価ということになると、主演の少ない杉村が落ちて、
デコと五十鈴は互角だろうけど、映画一本のデコに軍配を上げたくなるな。
このスレではなおのこと。


546 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/24(土) 22:28:42 ID:vpNAWtBT
>>542
成瀬は『乱れ雲』の次に司葉子主演作を予定してたらしいよ。
既に演技派秀子から非演技派葉子に関心が移っていたんじゃないの?

晩年は徐々に演出がサスペンスっぽくなってきてたし。
『乱れ雲』は撮影なんかも相当技巧的で、秀子主演作のイメージとかなり違う。
そういうタッチの映画に秀子の演技はややくどいかもしれない。

547 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/24(土) 23:12:51 ID:dedno8ns
「乱れる」「ひき逃げ」って辺りの役柄を見ると、
年齢的なことが問題になってきていたんだろうね。
「晩菊」を企画するくらいの成瀬の方ではなくて、
東宝の番組編成上の問題で。

成瀬は、志賀直哉をやるつもりだったみたいだから、
高峰主演のものも考えていたと思う。

次回作は司のものを藤本と相談していたようだが。

それから「乱れ雲」の頃、凸は「華岡青洲の妻」の撮影中。
これは老け役ではあるが非常にやりがいのある作品だろう。

548 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/25(日) 16:32:29 ID:/H6rJxwW
>>544
ブスじゃない演技派はいないもんかね


549 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/25(日) 17:17:27 ID:iCevOo89
「乱れる」今さっき観たけど、まさに度肝を抜く終わり方だった。

凸は罪な女の役だったな。
でもああいう切ないのは、その後のことも考えると
映画の中だけにしてもらいたいものだ。

550 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/25(日) 20:27:18 ID:iMNsFr8I
>>545
ちなみに小津的には、杉村は「4番打者」だそうだ。
で、岡田が「1番打者」。

551 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/25(日) 21:33:54 ID:aDamjdcw
>>550
4番打者にバントさせるのが小津だけどな。

552 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/25(日) 21:43:55 ID:sckrBJFq
実際、小津は「晩菊」みたいな映画撮ってないからな。

553 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/26(月) 13:42:26 ID:m1FpXQZq
先日、フィルムセンターで「勝利の日まで」を見ておきました。
ここで逃したら、一生見られなさそうな作品。
デコのメガネメイド萌え〜と期待したら、断片フィルムの中では
出番少なし、アップ少なし、で無念。

つまらないギターの弾き語りが流れているうちに途切れちゃって
欲求不満。

しかし、これも円谷英二が特撮やったんでしょうかね〜。

554 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/27(火) 02:32:25 ID:UgxhorI8
前レスにあった「稲妻」を見てみた。
すげー良かった。
クズ人間の集まりで途中でイヤになったけど
最後の浦辺vs高峰が最高だった。

555 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/27(火) 08:19:23 ID:X58ao25k
最低生活→夢のような生活→母とのプチ和解の展開が良いよね。
生活がまともになって、心にも余裕が出来る凸の心情が快い。

ところが、「稲妻」の後半は空想上の山の手生活、と批判する評論家が当時いたのだ。
前半の生活のクズぶりをみれば、凸にとっては、あのくらいに見えて当然だと思う。
この作品もフランス逃亡時代を想像させる。

556 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/28(水) 04:31:20 ID:M/ugJfD3
成瀬ファンサイトの掲示板に酒造関係の仕事をされている方がいらしていて、
「乱れる」などの時代背景を解説されている。へ〜。
ttp://250.teacup.com/frontenac/bbs

BSで放送していた「秋立ちぬ」も銀座・築地のあたりの八百屋の話でしたね。
デパートに勤める原知佐子の彼氏である学生バイトの西条康彦が、就職についてバブル
期の学生みたいに「どうにでもなる」と舐めた言い方をするのが面白い。
恐らく西条はそこそこはいい大学の学生で、しかも当時は売り手市場だったんですね。西条
は4年生らしいが、今みたいに就活や内定の時期はそんなに早くなかったようだ。今が早過ぎるんだな。

子どもたちがいなくなってみなが心配している時、夏木陽介が「大丈夫だよお、どうせ三原橋の映画館でチャンバラでも観てるよ」
と言う台詞がある。三原橋というと、今の銀座シネパトスのあたりですかね? あそこはかなり昔からあるらしい。
当時は映画も安く、封切以外のマチのコヤは子どもの小遣い銭でも行けたはず。感覚としては今のレンタル料金程度か?

上の掲示板に山田太一の「ふぞろいの林檎たち」についての言及もあるが、映画やドラマにこういった生活のリアリズムが
存在したのも、せいぜい80年代までかな? バブル期以降の大半のものは本当にいい加減だしね。

557 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/28(水) 11:54:13 ID:TFGLrqMO
「秋立ちぬ」
子役の二人の初々しい恋がかわいいね。
浮雲のどろどろより好きだな。

558 :この子の名無しのお祝いに :2005/09/28(水) 13:42:36 ID:qxoE/mQX
>>557
大沢健三郎と一木双葉の二人は子役のままで終わったのかな。
昭和35年で小学生ということは今は50代後半の年齢だが
現況を知っている方はおられませんか?

559 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/28(水) 19:19:04 ID:GLqgBN6u
大沢健三郎  

[001] □  続社長学ABC(1970) 出演
[002] □  血と砂(1965) 出演
[003] □  サラリーマン清水港(1962) 出演
[004] □  女の座(1962) 出演
[005] □  妻として女として(1961) 出演
[006] □  アッちゃんのベビーギャング(1961) 出演
[007] □  ベビーギャングとお姐ちゃん(1961) 出演
[008] □  秋立ちぬ(1960) 出演
[009] □  大学のお姐ちゃん(1959) 出演

一木双葉は他になし

560 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/28(水) 19:52:43 ID:yFAKxsyX
成瀬はどう考えても二流監督

海外で作品が一度もリメイクされない。

海外の映画祭に一度も出品されたことがない。

脚本をあんまり書かない。

生誕100年なのに全然盛り上がらない。

支持している監督はレオス・カラックスしかいない。

成瀬と一緒に仕事をしてもプラスにならない。 by高峰秀子

小津や溝口に比べたら成瀬なんか正真正銘のカスだね。

561 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/28(水) 20:19:16 ID:zt++sCOD
フィルムセンターで初期〜中期作品通い
貴重なんだけど、やっぱ「めし」以降が一般に知られる成瀬かな

562 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/28(水) 20:30:57 ID:TFGLrqMO
>>560
よく書き並べたわりには、作品の評価は一つも書いてないじゃないか。
成瀬作品を見てから感想を聞かせてくれ。

563 :561:2005/09/28(水) 20:31:46 ID:zt++sCOD
最初からロムったけど、33の桃中軒雲右衛門
他は許せても私もこれは得に酷い駄作と思った
あとブルジョアものは表面だけなぞって全然こなかったよ

564 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/28(水) 21:31:32 ID:64I6Woyt
>562
定期的に現れるコピペ厨なので相手にせんがよろし

565 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/28(水) 21:33:15 ID:NTUlb0AK
俺は「君と行く路」の堤真佐子に萌えだ。
あんな凄いのは今だかつて見たことない。
E.T.みたいなもんだな。

566 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/28(水) 22:13:27 ID:vj5Yk7ky
>560
だったら、小津のどこがいいんだか解説してみろ、
できるもんなら、と燃料投下してみる。

567 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/29(木) 00:30:21 ID:8QXqTzGV
どてまさを馬鹿にすなーーっ
初期成瀬作品、そしてP.C.L期のたくさんの作品に出てる
顔はあんぱんみたいに丸いけど庶民派女優だぞ。

568 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/29(木) 05:49:55 ID:uKsyju7M
朝次さん?あなた私に対して失礼じゃないかしら?

569 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/29(木) 05:51:11 ID:uKsyju7M
>>567
どてて
>>567が、堤真佐子にたいして失礼。

それにああ見えてもダンサー出身だぞ。

570 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/29(木) 07:27:36 ID:zEHk2YXw
「めし」の姪役の人、
まさに当時の日本人離れした美貌を持ってた。
当時の日本人であんなに発育のいい人がいたんだね。

571 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/29(木) 16:21:38 ID:+j0quudu
録画した「流れる」をやっと観ました。
豪華な女優さん達のそれぞれの個性が上手にかみ合っていて、
とてもよかったです。
皆から信頼されて行く田中絹代のお手伝いさん、凄くはまって
いた〜
杉村春子と岡田茉莉子がソーダ水を飲んでいた甘味処は
「にん○や」さんのイメージかな?と思いました。


572 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/29(木) 20:50:59 ID:uggjgMGq
>>444
> 「浮雲」の最後の高峰秀子の死顔は綺麗過ぎる。
> もう少し現実感がほしかったな。

あれれ・・
あの映画のどこを見ているのかな?

安らかな死顔、だから哀れなんじゃないか。
好きな男に死ぬまで付いていって死ぬ。
女の本望だよ。
人生のせつなさ。
それが分からんようでは・・・


573 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/29(木) 21:10:03 ID:abKMS771
でも凸ってリアルな死顔の研究したんじゃなかったっけ?

574 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/29(木) 23:36:23 ID:8RutpmKS
フィルムセンター何度か通ったけど、客のマナーのなさにげんなりくるよ
上映中のビニール袋クシャクシャなんて毎回だもんな
飲食禁止だろ?何やってんだよって言いたくなる
こないだなんて、皆が笑うシーンで「何笑ってんだよ?」と普通に文句たれ
上映中に独り言つぶやくジジイが隣・・・

もうカンベンしてくれ

575 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/29(木) 23:44:35 ID:8QXqTzGV
マナーったって、昔は贔屓の役者が見得切ったり、ここぞっという
時に現れると拍手したり「ヨッ、錦ちゃん待ってました!」とか
「健さん!」とか叫んだんだから。
たまたまそのジジイはツボじゃなくて笑えなかったんだろう。
よほどDQNなジジイじゃなければ多目にみてやってよ。

576 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/29(木) 23:59:32 ID:8RutpmKS
>575
そりゃ、映画参加型(?)だからある意味楽しいかもしれんが
そんなもんかね

ある時、上映前に着物姿の上品な熟女が二人揃って入って来た
こういう客層があるのはホントいいと思うよ

577 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/30(金) 00:17:54 ID:y2KSi0eW
おまいらグダグダ文句言ってるが、
小便臭い上に、傾斜がないせいで前の客の頭がスクリーンに被りまくりの
銀座並木座に通って必死に成瀬見てた漏れら世代からすれば実に贅沢な悩みなわけだが。

578 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/30(金) 01:35:16 ID:Vpf7q/gk
「浮雲」の評価が高いのはデコと脚本家のおかげ。
成瀬はどうでもいい。




579 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/30(金) 01:55:20 ID:XYc5TRWw
>>574
こち虎の井筒の近くに座った客状態ですね


580 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/30(金) 02:06:59 ID:muGHys7H
>>560
>支持している監督はレオス・カラックスしかいない。

これは間違い。ウォン河合なんか、画面がときどき成瀬になるせ。

581 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/30(金) 07:08:50 ID:ErJkS9Db
NHK-BS2成瀬祭りも、残すところ「女の中にいる他人」で終わり(個人的にはこの作品は以前に観ている)
代表作の陰に隠れ、映画史的にはさほど「名作」とはされていない「秋立ちぬ」「妻として女として」
「女の座」の面白さにゾクゾクした。やはり映画は観てみないと分からない部分があるの〜。

オープンもあるようだが(銀座の一部は東宝銀座での撮影か?)、「秋立ちぬ」の銀座界隈や晴海の
ロケーションの素晴らしさには目を開かれた。大沢健三郎少年を後ろに乗せた夏木陽介のバイクが夜の幹線道路(あれは首都高? まだ開通してないよね?)
を走り抜ける場面はまるでヌーベルバーグのよう。
「妻として女として」の、ドロドロとしたプロットを悲愴感は薄くむしろ明るいムードで
押し通す手捌きにも感嘆した。みな割合に意思表示の明快なキャラクターなので、森雅之の
ワガママと駄目さ加減だけがラストで浮かび上がる仕掛けになっている。
「女の座」は、いまやTVでも廃れてしまった(渡鬼ぐらいしか残っていない)本格ホームドラマの妙に終始、
ニヤニヤさせられっぱなしでした。大沢少年扮する健ちゃんの痛ましい自殺も、当時、
既に受験競争が広範に大衆化していた高度成長期の世相の反映として興味深いものがありました。
単なる風俗史的点景の摘み食いとしての受験ノイローゼではなく、母親の期待と恵まれて甘やかされている自分の能力不足への自責の念とに
押し潰されていくさまがきちんと理由づけになっていて見事です。

成瀬はリアルタイムの世相やトレンド・風俗にはうるさい人なので、そういう部分の取り込み方の巧さを眺めているだけ
でも飽きないですな〜。「妻として女として」の後楽園などは映像記録としても貴重ですね。

582 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/30(金) 07:13:43 ID:pkkH4HJC
>>577
並木座はマナー悪くなかった。
NFCは安いから暇潰しに来ている爺等のマナーが悪い。
小津の時は1000円だったから、マナー悪い奴はいなかった。

583 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/30(金) 07:16:05 ID:pkkH4HJC
>>581
> 「妻として女として」の後楽園などは映像記録としても貴重ですね。

実母凸が痛々しいです…

584 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/30(金) 09:12:41 ID:pkkH4HJC
「女の座」はスター総出演ものでは一番出来が良いんじゃないかな。


585 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/30(金) 10:34:49 ID:F0mgXkNn
「妻として女として」の坊ちゃん役の人が
最初のシーンの風呂場で歌ってる歌、頭から離れないんですけど、、
ドンガラガッチャなんたらって曲。

586 :さすらい日乗:2005/09/30(金) 12:28:20 ID:+bqiU6g7
>585 あれは森山加代子(後に『白い蝶のサンバ』でカンバックする)が歌った『じんじろげ』です。
これは当時も意味不明の歌と言われた曲です。

まっかっかのおさんどん、すってんてんの ・・・何とか
お宮で願掛けた内緒にしとこー
じんじろげやじんじろげ
ほれ すららぱっぱ ほれっれーのすれら
まじょり まじょりがら ほいほい
しっかり釜たきわーいわーい
しっかり釜たきわーいわーい

と言ったほとんど意味のない詩です。
これについては、原曲はインドネシアの歌だとの意見を新聞で読んだことがあります。
真相は知りません。
なんとなく東南アジア風の感じはしますが。


587 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/30(金) 12:36:32 ID:JLaITF5v
>>581
私も「秋立ちぬ」「妻として女として」 「女の座」は「浮雲」なんかより
はるかに好き
なかでも「妻として女として」の妻と女の対比と「秋立ちぬ」のラストの
突き放し方は面白い
成瀬は子役の使い方うまいよね


588 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/30(金) 12:54:05 ID:pkkH4HJC
子供をダシに使うって事がなくて、子供の心情をよく考えてるね。
「妻よ、薔薇のように」の頃からずっとそうだね。

あの内縁の妻の子供二人は、何か主張するわけではないけれど、
そこにいるだけで物語を支配している。
だから窓を外を眺めている千葉の心情の変化が自然に理解できる。

成瀬自身、多感で物わかりのいい子供だったんでしょうねえ。

それからやっぱり外を眺めさせる演出も効いているね。> 妻薔薇



589 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/30(金) 12:55:23 ID:pkkH4HJC
>>586
http://www.mahoroba.ne.jp/~gonbe007/hog/shouka/jinjiroge.html

590 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/01(土) 00:54:35 ID:Ib7AibWc
よく路地とかで、子供が三輪車に乗って同じ所をクルクル回ってるシーンあるよね(笑)

591 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/01(土) 01:07:26 ID:H46OU8HT
「女が階段を上る時」の三輪車が笑えるな。

592 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/01(土) 09:47:12 ID:U6TY5Ypp
ちんどんやも好きだよな

593 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/01(土) 11:09:39 ID:Ib7AibWc
深刻なシーンにあえて子供のオモチャの無邪気な音とか挿入するのもね

594 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/01(土) 12:50:28 ID:7p4cCEc+
「桃中軒雲衛門」傑作だったなあ。俺はでたらめな主人公が周りの人間を不幸にするという映画が好きなんだ。でも陰惨になってはダメでそこを突き抜けた笑うしかない、というような状況が出現するような映画。

595 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/01(土) 12:54:05 ID:7p4cCEc+
「桃中軒雲右衛門」は傑作だ。でたらめな主人公が周りの人間を不幸にするが、そこに陰惨さを突き抜けた破壊的なユーモアが生まれる。このような映画が俺は好きなんだ。しかもこんな映画はめtったに


596 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/01(土) 12:56:11 ID:7p4cCEc+
失礼しました。上から続く。

597 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/01(土) 13:02:51 ID:7p4cCEc+
しかもこんな映画はめったにない。演じることのできる俳優がいないからだ。
ビートたけし(その男凶暴につき、血と骨)やロバートデニーロ(ザ・ファン)、三船敏郎(独立愚連隊)でのリメーク
がみてみたいと思った。

598 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/01(土) 17:23:51 ID:Ib7AibWc
「桃中軒雲右衛門」を好きと言い切れる輩もいるんだね
あんな独善的で深みのない人物を描いた成瀬作品はハッキリ駄作の部類なんだがね
原作は評判いいらしいが、映画は脚本も役者もダメダメじゃん
あれを傑作だの、ユーモアだのと取れる余裕が羨ましいよ
てか、脚本だけ考えると、よほどの力量がないと主役やるヤツは難しいでしょ



599 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/01(土) 18:27:00 ID:8S38iVF5
アンタ、業界人?
なにをそんな細かいこと言ってるんだか。
じゃ、あんたが撮ってみろ!って言いたいが、禁句かぁ?
駄作とか言い切る神経が・・・

600 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/01(土) 18:29:11 ID:H46OU8HT
あれ、どういう経緯でやったのかね。
月形の初P.C.L.作品だから会社から頼まれたのかな。

相三味線のお浜は師匠の妻で、不倫して駆け落ちしたこと、
日魯戦争下の世情で武士道を謡い上げて人気が出たことが
はっきり描かれていなくて、今の人が観ても話が良く分からないんじゃないかな。
俺も最初観た時はピンと来ない話だった。
師匠の妻と不倫、戦争に迎合した人気ってことで、
東京に変えるのも忸怩たるものがあると思えば何となく理解できる気はしたけれど。

戦争にまつわる芸能って事では、「芝居道」に似たところがあるね。

601 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/01(土) 19:13:51 ID:Ib7AibWc
>599
撮れる立場ならここにはいないで実践してるでしょ(笑)
成瀬が好きで、監督したすべてを愛する(愛したい)気持ちもわからんではないが、
一作品として、いいか悪いかの主観を評論と比較し、相違がないのを確認した上で述べただけ
(個人的に成瀬作品は好きだし上手いと思うし、作品も50本前後は観てると思う)

製作数が多いにもかかわらず、多くの佳作以上の作品を残しているから
(特に中期〜後期)、余計に失敗作が目立つんだよ
逆に言えば、それだけすごいことなんだけど

前期のブルジョアを扱ったものなど、一般に知られる成瀬スタイルが確立
されるまでの期間の作品は、作家としての試行錯誤が作品中に感じられて
逆に勉強になったりはするんだけどね
後期がいいだけに、遡って観ると前期のアラが目立つという話
そうムキにならんでも・・・



602 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/01(土) 19:32:56 ID:/OUbit5i
成功とか失敗とか、評論家じゃないんだからどうでもよくない?
興行主でもないんだったら、尚更だ。

603 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/01(土) 19:38:33 ID:H46OU8HT
戦前の語法が試行錯誤なのは、
成瀬演出なのか、カメラマンのチャレンジなのかよく分からないと思うけどどうかな?

三浦光雄、鈴木博などの戦前の有名カメラマンとの関係が良く分からないなー。

ただ、三浦光雄のものに試行錯誤(と言われるものが)多いのは確かだと思うけど。


604 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/01(土) 20:00:59 ID:Ib7AibWc
当時の、プロデユーサーと演出(監督)とカメラマンとの力関係だと思うし、
監督自身のその作品に対する乗る気も多分にあると思うし
(嫌々おっつけ仕事などは観る側にもすぐに伝わるし)
いずれにせよ、後世には成瀬監督作品として残るわけだからね
それ思うと、数作れない今の監督は一本ごとにピリピリだわなぁ

605 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/01(土) 20:28:55 ID:exvVmBHT
BSで「秋立ちぬ」を観たじゃん。
傑作ずら。
この作品の世間評価の低さがわからんずらに。

606 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/01(土) 20:43:23 ID:H46OU8HT
ワラ

607 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/01(土) 21:20:03 ID:Q6P8tTOn
「桃中軒雲右衛門」は賛否両論あるみたいだけど、
「浦島太郎の後裔」について賛の人っているのかな?
俺はやはり否だが、あの頃のデコはほんと美しい〜な。



608 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/01(土) 22:07:17 ID:H46OU8HT
「浦島太郎の後裔」と「明日を創る人々」は、
「十人の旗の会」の気持ちを知る上で重要な歴史的モニュメントだと思います。
ただでさえ本数少ないのにあれじゃたまらんでしょ、役者は。

中北さんは「明日を創る人々」の事はどう思っていたのかな。

609 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/01(土) 22:36:22 ID:tocLTxl+
GHQ主導の民主主義啓発ものは観ていて体がむず痒くなるよ。
あえなら国威発揚ものの藤田進の説教話のほうがまだマシw

610 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/02(日) 00:52:50 ID:nWW7pz1O
『秋立ちぬ』は大好きだけど、あの「〜ずら」の連発にはちょっと抵抗を感じたな。
信州出身者として言わせてもらえば、確か「〜ずら」は「〜でしょ?」とか「多分〜だろう」という意味で使ってたはずで、あんなに何にでも「ずら」を付けたりはしない(笑)。
まぁ、要するに田舎者であることのある種の分かり易い記号として使ったんだろうけど…あれだけはホント勘弁してほしかった。
埋立地のシーンとかラストとかはすごくいいんだけどね。

611 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/02(日) 01:02:46 ID:zgDGp69M
たしかに「浦島」のデコは美しい(;´Д`)

612 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/02(日) 01:10:28 ID:CKo79pDo
>605
「秋立ちぬ」好きずらよ(笑)
突然不可抗力で不幸に投げ出されるってパターンだよね
あえて大人の事情や都合を成瀬流にバッサリ削って(笑)子供を
投げ出して描写を集中する大胆な手法
しかも最後まで突き放してる
あの子にはめげずに逞しく生きていってほしい

「まごころ」といい、子供が主役の作品には、主役級の女の子に
めちゃくちゃ可愛い子使うよね
ロリじゃないけど、マジかわいい(笑)


613 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/02(日) 01:38:47 ID:ZiDJnFTm
加藤照子は「まごころ」の3年後「母は死なず」にちょい役で出てたね。
ちょっとハスッパな感じのローティーンガール。 
その2年後の1944年、黒澤「一番美しく」が最後の出演作になってるが
このあたりでフィルモグラフィ途切れると、戦火に巻き込まれたかとドキッとしてしまう。
健在なんだろうか...。

614 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/02(日) 01:54:00 ID:CKo79pDo
あ、「一番美しく」の子だったんだ
戦火の中、数寄屋橋で会った男性との再会を約束してって、あれぇ?

615 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/02(日) 08:52:27 ID:U63XXqIj
流れる、のラスト、山田五十鈴と杉村春子の
ツイン三味線バトルがすごい。
音はかぶせだろうが、もしほんとにプレイしていたとすると、
出るとこ出てもらおうじゃねえか、と鋸山のおじさんは
朝っぱらから切れまくってますた。

616 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/02(日) 10:20:59 ID:/uPUWw4s
「上海の月」飛びまくりでストーリー分からんかったけど、
戦前の朝日プロパガンダ新聞が写った時に驚いたね。
昨今のアカヒ新聞とは趣が真逆ではないか。

617 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/02(日) 19:06:27 ID:MeZh0U3F
黒澤や小津の映画って演技がかなり変だよなw
成瀬は比較的自然な感じ

618 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/03(月) 01:35:45 ID:N/8TS/nI
「そうかね?」
「ええ、そうよ。不自然よ」
「そうだったかね」

619 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/03(月) 21:44:07 ID:go7w/Qan
たしかに宮口精二なんか見比べると、
黒沢より成瀬の方がずっとうまく自然な演技引き出してるよね。

620 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/03(月) 22:32:48 ID:0499YpFe
>>586
私も映画で初めて知った口ですが可笑しかったです。
考えみたらスースースーダララッタ、スラスラスイスイスーイとか
ツーツーレロレロ、ツーレロレロ、とか変な歌がありましたね。
昔の人は何を考えていたのでしょう?

621 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/03(月) 23:42:47 ID:IIdPBfab
スーダラ節はともかくツーレロのシャンラン節は「早春」で軍隊仲間が合唱していたし、
「淑女は何を〜」では「とんがらかっちゃ駄目よ」なんて歌を子供たちが歌っていましたが、
これも愉快というか面白い歌ですね。
小津安二郎の話になってしまいますが。


622 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/03(月) 23:45:49 ID:PMFYP0DB
「ひき逃げ」で凸ちゃんが歌ってたのは何だっけ?

これで祭も終わってしまった
NHKが、好評につきもっと他の作品もやりますなんてことはないだろうか。

623 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/03(月) 23:51:47 ID:IIdPBfab
小津安二郎も大特集の後ちょぼちょぼやってるから、
また月1、2くらいの割合であるかもね

624 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/04(火) 13:03:02 ID:rbdndzFf
「乱れ雲」で面白かったから、これも貼っとくわ。
左卜全とひまわりキティーズ
http://www.fukuchan.ac/music/j-folk0/roujintokodomo.html

コタン、あらくれにも出ているな。



625 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/04(火) 23:09:51 ID:ZndnnFtG
成瀬特集って成瀬作品を全部放送したんじゃないの?
二本ほど録画失敗したので再放送してほしいが。

626 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/04(火) 23:18:53 ID:3rVVw7QU
放送してない重要作品たくさんある。
とくに晩年の「ひき逃げ」が抜けてるのが致命的だw

627 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/05(水) 00:15:08 ID:pYUpMLqI
日本映画専門チャンネルでやったよ。

628 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/05(水) 00:35:51 ID:vdzKelFL
707chの功績は大だろう
結局何年かかけて現存するほとんどを放映したんじゃないか
再放送も入れると毎月数本くらいやってたし。
去年途中から本数が小さくなって、今年の特集を最後に成瀬劇場がなくなってしまった。
100周年のお祭りがおわったら、また細々とやってほしいものだが。

629 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/05(水) 02:24:35 ID:9M/siWKa
「ひき逃げ」前日本映画専門チャンネルで放送した。
しっかり録画しててよかった。

630 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/05(水) 03:01:24 ID:OW+ndGdD
えーと、成瀬の全作品、現存作品てそれぞれいくつ?
全作品はジャスト90でおk?
戦後は東横の一本を除いて全部残っているらしい。
また、それ以前は、東宝(PCL)で撮ったシャシンは全部なんらかの形で残ってるらしい。
ここまでで65本残存。
松竹は全部で24本らしいが、いったい何が残ってるのか?

631 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/05(水) 03:19:07 ID:1MdOeDY/
>>630
スザンネ・シェアマンの本に現存リストが載ってる。

632 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/05(水) 04:48:18 ID:OW+ndGdD
>>631
松竹は何本?

633 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/05(水) 09:43:23 ID:pYUpMLqI
高瀬 昌弘
東宝監督群像−砧の青春
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4924609927/
に成瀬のことが出ていた。新しい話としては特機の人に金一封くらい。

川西正純さんのことが2ページくらい。



634 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/05(水) 12:18:36 ID:v7HSk/F1
前から思ってたんだけども、
スレタイの「草葉の陰からウフフ」ってどういう意味なの?
成瀬って、ひょっとしてウホッ系の人だったの?

635 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/05(水) 12:34:09 ID:9M/siWKa
ばっちこーい

636 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/05(水) 16:01:20 ID:G1xDbGaR
>>634
口数が少なく、一方で笑みを浮かべてウフフと笑っている様子が印象的なのか、共演者やスタッフによって色々証言されているからでしょう

637 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/05(水) 17:14:12 ID:V/YA2UoC
BSでも成瀬の扱いの悪さが・・・
存命中もこの人の扱いは悪かったよね。小津特集は60本全部放送したのに。
小津、黒澤、溝口のいわゆる日本三大監督に比べると扱いが悪いよな。
個人的にはここに木下と成瀬を加えて日本五大監督にしてもいいと思う。

638 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/05(水) 17:19:37 ID:G1xDbGaR
>小津特集は60本全部

細かいことだが、現存する四十数本全部、ってとこだろう

質はともかく現時点での知名度なんかからすれば、NHKの成瀬特集も結構がんばってくれてると思っています

639 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/05(水) 20:07:25 ID:aqLma6wV
>>634
>ひょっとしてウホッ系の人だったの?

それは弟子の石井輝男


640 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/05(水) 22:10:48 ID:pr6E64MC
>>634
それは同時代の木下恵介

「ウフフ」は恐らく凸のエッセイなどによるところが大きい。

641 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/05(水) 22:50:57 ID:pYUpMLqI
ウフフは司葉子が真似してたぞ。

642 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/06(木) 00:31:14 ID:1elhzR50
中古さんのインタビューでも真似してたなあ
よほど印象的だったのか口癖だったのか

643 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/06(木) 10:05:30 ID:qEdOSkzX
っていうか、
>>1よ、出てきて「ウフフ」を説明しろや。

644 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/07(金) 04:53:32 ID:t5VUeEeC
>>624
反ゲバルト・事故・ストライキの歌だったんだな・・・・
子供の頃はそんなこと考えもせずに聞いていた
当たり前だけど

645 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/07(金) 05:01:20 ID:r+jYb7zc
田中絹代 投稿者:Ikeda投稿日:2005-10-02 15時33分27秒

林芙美子の出世作の映画化で、自伝的にも見えますが、そうではないようで、
この当時良く言われた私小説と言ったほうが良いと思います。
成瀬巳喜男はそれを意識してモノローグを多く入れたのではないかと
思いました。勿論彼女は、かなり屈曲した人生を送ってきたようですが、
昭和の初めの貧しい庶民生活の中で、バイタリティをもった女性を描いて
いるところに、この小説の価値があると思います。
その意味では主役の田中絹代が、イメージを変えて、このしたたかな女性を
良く演じていると思いました。
それにしても新旧取り混ぜてスターや準スターが多く出ていて、
めまぐるしい感じがしますが、これは原作の内容から言って当然かも
知れません。ただ前半に比べると、後半はやや、はしょり気味で少し
物足りませんでした。

646 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/07(金) 09:24:55 ID:YQTTW098
>>645
ツマンネー。
中身も、あなたが張り付けた意図も。

647 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/07(金) 17:04:00 ID:idrU2lWQ
「稲妻」ってムナクソ悪い映画ですね。

648 :小川:2005/10/07(金) 18:54:48 ID:oUuSAHY7
大川平八郎ってホークスの映画のスタッフとして曲芸飛行とかをやっていたらしいね。大川の生前のインタビューなんか残っていないんだろうか。生きていれば一冊の聞き書き本ができるぐらいの価値はあるよね。

649 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/07(金) 18:57:56 ID:81BWNmz2
ヘンリー大川は「フランケンシュタイン対バラゴン」や「サンダ対ガイラ」など
東宝の合作映画のときは、現場で来日した俳優の通訳を現場で務めていた。

650 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/07(金) 21:16:08 ID:V6/1r6lN
>>649
かなりのブロークン・イングリッシュだった、というのを聞いた事がある。

651 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/07(金) 23:26:46 ID:V6/1r6lN
>>637
>小津、黒澤、溝口のいわゆる日本三大監督に比べると扱いが悪いよな。
個人的にはここに木下と成瀬を加えて日本五大監督にしてもいいと思う。

あっ、それで思い出したけど、数年前のSMAP主演の新春ドラマで、
それぞれの役名が「黒澤」「小津」「溝口」「成瀬」「木下」って
設定しているのがあって、狙いすぎで恥ずかしかったなあ。
第一、「黒澤」「木下」はともかく、「小津」「溝口」なんて苗字の
ヤツはそんなにいねーよ。ついでに、ゴダールの『メイド・イン・U.S.A.』の
ドリス・ミゾグチも。

652 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/07(金) 23:38:29 ID:YQTTW098
いいよ、五大監督なんて。
俺は成瀬が一番だから。

653 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/07(金) 23:57:03 ID:Vqz9axJc
蓮実的ランキングはおそらく

小津>成瀬>溝口>黒沢>木下

なんだろうけどな。
(あの元東大総長は外国の批評家に影響持ってるから、バカにならん)

654 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/08(土) 00:17:55 ID:BwcSew0M
成瀬はどう考えても三流監督

海外で作品が一度もリメイクされない。リメイクするほどの価値がないから?
海外の映画祭に一度も出品されたことがない。 出品するほどの価値がないから?
脚本をあんまり書かない。 脚本を書く才能がないから?
世界の映画人を驚愕させた名場面が一つもない。驚愕させる才能がないから?
生誕100年なのに全然盛り上がらない。 みんな成瀬に興味がないから?
支持している監督はレオス・カラックスしかいない。みんな成瀬の才能を認めていないから?
顔が池沼っぽい。 池沼だから?
成瀬と一緒に仕事をしてもプラスにならない。 by高峰秀子 演出が下手だから?

小津や溝口に比べたら成瀬なんか正真正銘のカスだね。

655 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/08(土) 01:39:44 ID:c0AdtPsG
はいはい

656 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/08(土) 02:25:08 ID:Sk/+1awg
>>653
>蓮実的ランキングはおそらく
>小津>成瀬>溝口>黒沢>木下

小津>成瀬>溝口(ここまで神)>黒沢>(越えられない壁)>木下
ぢゃないのか?

>>651
あのドリスが歌ってた歌はオリジナル?
タイトルはあるのか?

657 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/08(土) 03:02:03 ID:w6q7Xikl
恵比寿ガーデンプレイスのツタヤが品揃えいいってよく聞くので
言ってみたらなんか販売元がレンタル禁止にしてるからって理由でほとんどおいてなかった
それって昔からなの?それとも最近のこと?

同じ理由で溝口健二もほとんどおいてなかった
木下、黒澤、小津あたりはほぼそろってたけど…

658 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/08(土) 03:16:16 ID:KRsdG8FN
>>657
キネマ倶楽部はとっくにレンタル解禁されたはずだが? なぜか成瀬は
一般の東宝ビデオからはほとんど発売されなかった。

659 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/08(土) 03:28:49 ID:w6q7Xikl
>>658
結局そういう状況では
恵比寿ガーデンプレイス店には
昔から成瀬作品なんかほとんどおいてなかったの?

なんか新宿と恵比寿のツタヤは成瀬がよくあるって聞いたので…

660 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/08(土) 07:22:40 ID:Mr5p0tDv
最近出た成瀬DVDボックスのバラでのレンタルも早く普及して欲しい。

661 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/08(土) 12:24:04 ID:6dm3MtoT
蓮實は外国の評論家のパクリをしてバカにされてるっていうのが本当だろwwwwwww
日本映画の評価もフランス人頼みかよwwwwwww



662 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/08(土) 12:30:09 ID:TIy7/1Jw
半世紀たってもまだ高額でDVD売ろうとする
日本の業者には腹が立つ。


663 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/08(土) 14:39:12 ID:9+f7ERsU
全世界で売れるハリウッド映画と、日本でもそれほど売れない過去の邦画を
同一価格で販売できると思ってるほうがおかしいけど。
過去の邦画はこれ以上安くならないし、出してもらえるだけ感謝しろ。

664 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/08(土) 14:40:23 ID:i+67Q3iA
>>659
キネマ倶楽部は新宿と渋谷に少し、あとあざみ野に大量にある。
あざみ野は成瀬以外もたくさんあるので、多少遠くても一度は見てほしいよ。

665 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/08(土) 15:09:00 ID:TIy7/1Jw
>>663
そんな業者の言い訳まともに信じていいのか。
数年先どうなるかわからんぞ。

666 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/08(土) 15:46:09 ID:8gX+Vc5r
野口悠紀雄が書いてたね、日本のDVDは何故高いのか、と。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4478942196/

667 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/08(土) 17:23:20 ID:hPUxkf8y
>664
大量って旦那、ツタヤあざみ野店にあるタイトルか本数情報頼んます

668 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/08(土) 18:27:45 ID:i+67Q3iA
>>667
自分もここ何ヶ月か行ってないからはっきりは分からないけど、
キネマ倶楽部全体で3〜40本(陳列棚2段ブチ抜き)、成瀬映画10数本かな。
車掌さん
歌行燈
鶴八
三十三間堂
めし
浮雲
妻の心
乱れる
流れる
放浪記
階段上がる
辺り。こないだBSでやったのが多いかも。

ちなみに場所はあざみ野駅前(バスターミナルの反対側の出口)を
左側(坂を下りる側)に直進してすぐ。

669 :追記:2005/10/08(土) 18:32:16 ID:i+67Q3iA
あ、新宿渋谷のキネマ倶楽部はほぼ常時貸し出し中だけど、
あざみ野は知られてないのかほとんど真っさらでほとんど全部残ってるよw

670 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/08(土) 19:19:11 ID:lREIbtdT
杏っ子の香川京子がスケスケのセーター着てブラのラインが見えてたな。
帰ってきてすぐ抜いたよ。

しかし、あの男は酷いな。成瀬の映画ってロクな男でんけど最悪だな。

671 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/08(土) 20:16:15 ID:CUhbZzT8
>>670
>>174

672 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/09(日) 00:08:04 ID:W2ocoXDe
>>669
新宿とかってあれ常時貸し出しなの?
はじめから箱しか置いてないだけじゃないの?
この一年ぐらい30回ぐらいいったがいつ行っても溝口と成瀬は箱だけだし

というか溝口は雨月物語や赤線地帯など割と借りられやすそうなの有名作品は
どういうわけかいっつも置いてるし
人気なさそうな作品は常に箱だけ

673 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/09(日) 01:15:20 ID:WgKCFKDm
>>668
おかあさん
鰯雲
女の座
妻として女として
夫婦
驟雨
山の音
お国と五平

もあったよ。


674 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/09(日) 09:47:01 ID:oF+GXdKQ
>>672
いや、ごく稀に置いてあるよ。立地的に利用者が多すぎるのかも。
1作品1本しかないし。

>>673
補完thx!確かにあったあった。これで全部かな?


ちなみにあざみ野は自分が知る限り、東京近郊で一番置いてある店だと思う
(TSUTAYA以外も含めて)。

675 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/09(日) 15:47:16 ID:G54XDYIl
>>670
哀れよのう;;

676 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/10(月) 00:56:33 ID:sJ4hpj4k
NHKBSで録っておいた「おかあさん」をやっと見た。
あまり期待してはなかったんだけど、はっきり言ってビックリ!
これって実に不思議な雰囲気が漂っているというか、
かなり凄い作品だな。
香川京子はメチャクチャ可愛いし、
成瀬で岡田英次が出てるのも新鮮だった。
個人的に成瀬でベスト5、いやベスト3に入る作品かもしれない。

677 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/10(月) 01:34:14 ID:/qxWovnN
>>668 >>673
あざみ野の件、サンクスです

>676
「おかあさん」いいよね
子供の扱い方がうまい
妹が貰われていくシーンなんか・・

そういえば私もこれで香川京子にハマり、
後に「猫と正造と二人の女」を観てぶっとんだw
「おかあさん」と「近松物語」の香川京子は格別だね
他に成瀬だと「銀座化粧」「驟雨」も捨て難い
で、「杏っ子」は可哀想
あ、香川スレになってスマン(笑)




678 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/10(月) 07:17:27 ID:EfVdc7Sv
>>676
俺は「おかあさん」が一番好き。
当時の雑誌読むと、かなり評価高いよ。
萩昌弘なんかべたぼめだったな。

679 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/10(月) 07:55:36 ID:9nKySueQ
俺も林芙美子の映画化や晩年の乱れるなんかとは全然違うけど「おかあさん」が一番好き。
成瀬お得意のロクデナシが一人も出てこないし、温かい映画だよな。成瀬というよりどこか小津的。


680 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/10(月) 10:17:53 ID:NgE+NT+J
私も『おかあさん』が一番好きです。早くDVD出して欲しい。
画面が逆さまになって、二人の子供が股の間から「クリーニング」
って読んでるシーンが微笑ましかった。

681 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/10(月) 10:35:19 ID:cER4pvLK
ピカソパンの中味教えてください。
五色だと思ったが、ジャム、チョコ、クリーム、ソーセージ、
あと一つがわからん。

682 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/10(月) 10:47:16 ID:aEHd/wZc
カレー

683 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/10(月) 10:57:17 ID:EfVdc7Sv
>>679
「おかあさん」は水木の資質でしょう。水木さんは善人だから。
小津は子供撮るのあんまり上手くないよね。


684 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/10(月) 13:33:28 ID:fz00MNTt
「おかあさん」を成瀬作品のベストにあげる人は結構いますよね。
評論家の佐藤忠夫さんなんかもそうだし・・・。
映画の途中で「終」の文字が突然出てきて思わず観客をビックリさせる
なんていう、茶目っ気もタップリでほんとに素晴らしい作品だと思います。
それに何といっても香川京子さんの素朴で素直な演技が最高!

685 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/10(月) 13:39:25 ID:EfVdc7Sv
香川京子も自分の持ち味をついに見つけた感じと言っているな。
「銀座化粧」で既に萌芽が見られるが。


686 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/10(月) 13:40:41 ID:EfVdc7Sv
>>684
当時、一番評価していたのは、佐藤忠夫だけれど、
この人は労働者への素朴な視点の映画に甘くなるところがあるからなあ。

687 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/10(月) 20:28:08 ID:3YCVd+4B
それにしても『おかあさん』のクレジット、
「助監督 石井輝男」←これが違和感ありすぎw

688 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/10(月) 20:37:12 ID:EfVdc7Sv
輝男は「黄色地帯」のエンディングで、
天知茂、吉田輝雄、三原葉子の三人で、目線を交す演出で成瀬つなぎしているぞ。
スーパージャイアンツのドラマ部分でも。独白ナレーションも良く使う。

正直言ってこの人が一番成瀬巳喜男を引き継いでいる。
題材以外は。題材以外は。題材以外は。

ただし現場の雰囲気は全然違って敵が多かったらしい…

689 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/10(月) 20:43:59 ID:XT6JGSz9
>>681-682
“ピカソパン”の中身は正しくは
「クリーム・蜜・ジャム・ソーセージ・カレー」
でした。自分は覚えてなかったので録画した
DVD-Rを見直しちゃいましたよw

>>687
なんてことを……成瀬と清水宏の最後の直弟子なのにw

690 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/10(月) 22:01:15 ID:Y7knRjwG
>>686
佐藤忠夫氏は成瀬作品では「浮雲」よりも、「おかあさん」と「稲妻」を
買っていますね。意外に「めし」はあまり評価していない。

691 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/10(月) 22:14:55 ID:wa1snAvI
>>690
うん、『浮雲』は傑作ではあるけど、成瀬のフィルモグラフィ中では
どちらかと言えば異色作だからね。『おかあさん』や『稲妻』の方が、
成瀬らしさが出ている作品だね。


692 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/10(月) 23:40:54 ID:9nKySueQ
>>691
「浮雲」も異色だけど、「おかあさん」も異色じゃない?

夫婦三部作、乱れ雲、乱れる、流れる、驟雨、晩菊あたりが成瀬らしいかと

693 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/11(火) 00:31:14 ID:kAuZYClr
「おかあさん」のDVD、なんで出ないの?

694 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/11(火) 00:44:01 ID:W2Ul2FZt
>>692
「おかあさん」関連作品
「まごころ」「秀子の車掌さん」「石中先生行状記」「秋立ちぬ」

「旅役者」もそうかもしれん。

>>692の「成瀬らしい」というのをひとまとめにするよりも近いはず。

695 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/11(火) 00:44:46 ID:W2Ul2FZt
>>693
ヨーロッパで出てまっせー!

696 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/11(火) 09:25:08 ID:IRgrcWF/
おかあさん?
くだらない作品だなw
人間に対する見方が甘すぎる。悪人がいない

697 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/11(火) 09:54:41 ID:W2Ul2FZt
岡田英次が喰い物で女を引っ掛けようとしている。

698 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/11(火) 10:39:19 ID:N5nDJeXt
先に岡田が女の可愛い容姿に引っ掛かったのでは

699 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/11(火) 12:56:52 ID:szO9/3st
BSで一連の作品を見たが「浮雲」以外はどうもねぇ・・
「流れる」は期待したんだけど。

700 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/11(火) 15:17:16 ID:TYFTaIX2
石井も最近成瀬同様に海外での評価高まってるらしいが、
この二人が師弟関係にあるということを外国の観客ははたして理解できるのか?

701 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/11(火) 16:43:34 ID:ugJzluf9
>>700
海外の評論家や映画学者の書いたものについてはよく分からない。やはりデカダン
でキッチュなモンド映画、タラも敬愛するアジアのクラシック・アクション映画の鬼才、
こういった文脈なのであろうか?

ただし、カット割やテンポの巧さ、セット内におけるキャメラや人物の配置のダイナミズム
においては、石井は紛れもない成瀬の後継者なので、そういう点について説明すれば分かってくれるだろう。

702 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/11(火) 19:02:31 ID:wHaXdVeN
>>700
石井のどんな作品が評価されてるの?

703 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/11(火) 21:49:46 ID:AGZYPodY
「銀座化粧」エカッタ。

成瀬め、絹代タンをコケにしやがって、、
溝口のは溝口だからしょうがないと思えたが
成瀬のヤロウ。プンプン
子供がいるのが違うけどね。やはり母親は強いな。

704 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/11(火) 23:59:27 ID:W2Ul2FZt
いや、絹代は凄くいい役回りだよ。
「なによ、泣いたりなんかして。馬鹿ねえ」の'な'のところで涙声になって、
一触即発から一気に泣かせの場面に持っていく演技の巧みさ。

やはり最後は香川京子の事を思う気持ちを出して、
田中絹代がやる役としての体裁を整えると同時に、
映画の筋としてもいいものになっているよね。

三島雅夫、東野英治郎との距離感の素晴らしさ。

そして助監督は石井輝男。

705 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/12(水) 00:03:37 ID:XHtIlhzY
「銀座化粧」もどっちかというと>>694のラインアップに入るんじゃないのかな?


706 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/12(水) 00:47:43 ID:rLE/9GXb
「まごころ」の女の子いいな。
幼女趣味なかったけど、明日から純粋な小学六年生の女の子を探すことにするよ。
俺がタンクトップに短パンで水浴びさせてあげるんだ。


707 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/12(水) 22:03:12 ID:qvd47VfL
つられようか…つられまいか…

708 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/12(水) 22:14:52 ID:eAwVpbTL
昨日『まごころ』観ようと思って初めてフィルムセンター行ったけど、
二列に並んで順番にエレベーター乗って2階に行くとは思わなかった。
一時間前からあんな状態なんだね。凄く時間掛かるよね?
面倒だから帰って来ちゃった。忍耐が必要なのが解った。

709 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/12(水) 22:38:39 ID:5autGrng
>>708
1分前に入っても座れたのに・・・
1時間も前に来て並ぶ人は座る席を決めてる人。
「まごころ」最高だったのに・・・

710 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/12(水) 23:43:58 ID:XHtIlhzY
あれ、ロビーは溢れて奥のソファーのあるところをぐるっと廻るから、
立っていたくなければ、ソファーに座っていればいい。
そのうちにそこまで列が伸びてくるから。
で、30分前に入場開始で、最後尾でも15分後には終わっている。
だから、ソファーで本でも読んで座っていればいい。

ただ、初回じゃなくて、3,4回目だからもう満員はないんじゃない?

711 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/12(水) 23:44:49 ID:XHtIlhzY
ちなみに火曜の「銀座化粧」も席空いてました。

712 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/13(木) 09:10:32 ID:uDWzLxmJ
>>708

>二列に並んで順番にエレベーター乗って2階に行く
???
昼間に観に行く暇人たちはエレベーター使わされるんだ。
夜行くと階段でぞろぞろ上がっていく経験しかない。
どうでもいいけど、階段の踊り場にあるソファー邪魔すぎ。


713 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/13(木) 10:38:19 ID:U3ToD5Bl
エレベータに向かって並んでいたから勘違いしたんじゃない?

714 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/13(木) 17:34:23 ID:tLGQCxGI
石井は師の成瀬とほぼ同じ数の監督作があるんだなあ

715 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/13(木) 22:39:52 ID:6/OQoMDG
真面目で免疫できてない成瀬ファンが
成瀬の弟子だということでまさか文芸座の石井追悼特集にまで流れたりしないだろうな。

ショック死するぞw

716 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/14(金) 03:24:57 ID:nHzwcsvO
>真面目で免疫できてない成瀬ファン


717 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/14(金) 03:37:28 ID:lF1f/G2q
「まごころ」そんなにいいかなぁ?


718 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/14(金) 07:07:26 ID:fWDZnyVF
>>715
一般人の知名度では石井>成瀬の映画だろ。

719 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/14(金) 07:08:30 ID:fWDZnyVF
>>717
そんなにいいよ。俺は今回観てびっくりした。

720 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/14(金) 10:09:12 ID:NR9DBR8V
女の子がいいってことだろ。
最後近くの夫婦の会話なんか、ちょっとおかしい。
マジな会話なのに客はみんな笑ってた。

721 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/14(金) 10:27:54 ID:18aSStw2
最後はまあ時局に迎合しているわけだから、
そこは少し目をつぶっての話。> すごくいい
女の子だけじゃない。

入江たか子も加藤照子もあの家もあの道も
岩田先生も高田稔と村瀬幸子の夫婦もいい。

722 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/14(金) 11:35:38 ID:nHzwcsvO
ツタヤあざみ野店行ってきたぞ
他ではない品揃えでなかなかいいね
DVD率が多くて「男はつらいよ」シリーズすべてDVDなのが驚いたw

まぁ、成瀬に限っては都内では吉祥寺店の方が多いかな

723 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/14(金) 18:39:01 ID:764NzQd/
「まごころ」観た後、ラピュタに「柿の木のある家」観に行った。
同じように女の子が主人公だがこっちの方がジーンときて良かったなあ。

724 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/14(金) 21:53:20 ID:ocPL736c
ドイツのアマゾンで成瀬を検索したら菜々子解体診書がいっぱい出てきた。

725 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/15(土) 02:25:22 ID:wN3MktGi
>>723
「まごころ」はちょっと理屈っぽいところがあるから、
(元思い人の二人の生真面目さ、言動が)
泣かせが好きな人は「柿の木のある家」の方がいいでしょうね。

ただ高峰と上原の夫婦の人物造形は甘いとしか言いようがないけどね。
子供は良く書いてあるのに、夫婦はちょっと刺身のツマ的な扱いだ。
ただあの帰ったらおじいが死んでいる辺りはいいなあ。
エンディングの処理も巧い。全般的に演出での省略が巧い。

協力に内田吐夢ってのは何をやったんだろう。(jmdbでは監修)
もしかして企画を譲ったのかな? それとも帰国後大変だからお金稼ぎにアドバイス?

726 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/15(土) 03:07:22 ID:xL4mFcm/
>>725
熊谷久虎の芸研プロで制作された「柿の木のある家」は、昔、観たような気がするんだが
どうしても思い出せない。
同じ55年に熊谷が制作した「ノンちゃん雲に乗る」と混同しているのかな?
こっちは原節子が出ていたことを覚えているので、確実に観ている。

内田は熊谷や古賀聖人とは日活多摩川時代からの知り合いのはずだから、演出・脚本協力
みたいな形で、少しホンを書いたり撮っている部分があるのかもしれない。
この「ノンちゃん雲に乗る」「柿の木のある家」の2本は、熊谷のプロデュースで
ほとんど当時の撮影所外の独立系・文化映画系のスタッフで制作されているんだよね。

727 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/15(土) 03:12:17 ID:wN3MktGi
古賀は吐夢の助監督だからねえ。

728 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/15(土) 03:34:53 ID:g6R3nq5P
「おかあさん」のロケ地って何処なんでしょうか。
どなたかご存知ありません?
向ヶ丘遊園に行ったりするところ見ると、
小田急沿線で成瀬おなじみの世田谷のような気がするんですが。

729 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/15(土) 03:51:26 ID:wN3MktGi
あれはオープンセットだってさ。あと遠足が石神井公園。
電車はさすがに成城辺りで撮ったんだろうね。
設定は大森とかあの辺りらしいんだけれど。

730 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/15(土) 10:30:25 ID:Efdc/zcM
「柿の木のある家」おねえちゃん役の桑野みゆき、これがデビュー作みたいだね。この頃はふっくらしてたけど母親の桑野通子にはやっぱり似てなかった。

731 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/15(土) 20:10:17 ID:zYVm0W1M
おまえらコタンの口笛ってどうよ?

今日フィルムセンターで観てきたけど、かなりの異色作だな。

732 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/15(土) 20:21:54 ID:TDCb5GwI
「コタンの口笛」好きだよ。
第一印象「キクとイサム」にかぶったけど
アイヌ人の生活が興味深くて、映画に入り込めた。


733 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/16(日) 13:37:24 ID:KqpEq2o1
アイヌというと宇梶剛の顔が典型的。
森はメイクがうまくてアイヌ人に思えた、あと三好栄子も。
音楽が北海道出身の伊福部なのでよく合ってたと思う。
山茶花究の叔父さんが怖いな。朝鮮系の顔かも・・・

734 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/16(日) 15:10:50 ID:GYoqWfoW
『コタンの口笛』ねえ。
『ひき逃げ』なんかと同じで「その筋」のイデオロギーというか影響力の匂いがプンプンしてて
どうも「成瀬の作品」て感じがしないんだよねえ。
やっぱ教育啓発映画の一種と考えるべきでは?

735 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/16(日) 21:37:05 ID:4l09BZmd
NFCで『薔薇合戦』みた
昼過ぎにやってる連続メロドラマみたいな話
それに「ニゲラ」って... 怪獣じゃないんだから

736 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/16(日) 21:57:47 ID:Zk2kuUtu
「薔薇合戦」の脚本の西亀元貞ってなにもんなんかね。
「白い野獣」「怒りの街」とやっているんだが。脚本が良くないね。

正直、この頃は成瀬の調子が悪いというより、製作体制が良くないね。
労組が暴れている頃だから。

737 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/16(日) 23:02:01 ID:2pjFvlM9
>「その筋」のイデオロギーというか影響力の匂いがプンプンして

これ、逆の意味でも使えるね

738 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/16(日) 23:41:36 ID:ikBN0PnI
「秋立ちぬ」の幼女可愛いな。フィルムセンターで勃起しっぱなしやった。

739 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/16(日) 23:46:33 ID:IALtpFpt
「コタンの口笛」は怖い映画だった。
このまま幸せに終わるのか、いや成瀬だから決してそんな…と思ってたら、あの結末。
山茶花究を思いっきりぶん殴ってやりたかった。

740 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/17(月) 00:31:09 ID:Q3GxJPQc
>>738
こういうのがいると思うと
映画館に行きたくない

741 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/17(月) 00:32:53 ID:U82bYCWe
>738
他スレでも書いてなかったかお前。氏ねマジで。

742 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/17(月) 00:41:43 ID:kKO72/so
まあいいじゃないか。男の子でないだけ
更生の可能性も・・・?

743 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/17(月) 11:48:55 ID:nDs2NlQD
俺、今高校生だけど成瀬映画のファンです。
初めて「乱れ雲」を観た時、日本の役者さんが何故かヨーロッパ系の俳優に
見えて驚いた。内容も何だかフランス映画みたいで新鮮だった。
その後、「浮雲」を観てさらにビックリした。
やっぱりこの監督特有のバタ臭さ(死語)がこれ程濃厚なのってあるかなー・・と。
映画について何も知らない学生がこういう事言うのもアレだけど・・・。
というか、この年で成瀬巳喜男が好きだって話したら敬遠されそうな感じもあるが・・・。

744 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/17(月) 17:26:55 ID:CTKqUSdX
おまえ、友達居ないだろ。w

745 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/17(月) 18:10:17 ID:U82bYCWe
別にいなくてもいいだろ。若い人がもっと古い映画興味もてばいいと思う。

746 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/17(月) 18:58:48 ID:2oLma5+V
古い邦画は観る価値大だと思うけどな。

747 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/17(月) 19:58:30 ID:oo+LDyDL
>日本の役者さんが何故かヨーロッパ系の俳優に
>見えて驚いた。

そりゃ成瀬よりは増村保造だろ。

748 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/17(月) 20:04:52 ID:ETiziCpr
成瀬が「ゴジラ」を撮ったら、テレビ塔のくだりを目線の芸でつなぐ。

749 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/17(月) 20:16:50 ID:XxzfQhZT
>>743 >>745
恐らく、CSやBSで観たのでしょうが、いいことだ。

750 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/17(月) 22:21:27 ID:Q3GxJPQc
>>749
それが悪い? あんたはリアルタイムの死にかけじじぃ?www

751 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/17(月) 22:24:54 ID:U82bYCWe
>750
それは言いすぎ!!
でも映画館で見ろって意味だとすると厳しいね。

752 :749:2005/10/17(月) 22:48:43 ID:XxzfQhZT
>>750-751
「悪い」とは一言も言ってね〜だろ? どこを読んでるんだ?

それと「映画館で見ろ」とも敢えて言わん。単純にスクリーンで観るのはカネが掛かるからな。
自分の知り合いでも、本当は劇場が好きだけど、金銭的負担から行く頻度が減った奴は何人もいる。
別にそれ以外で観る選択肢があっても構わないでしょ?
加えて、ロードショー以外の作品をスクリーンで見るのは都市部在住でなくては無理だし。
(まあ、「映画なんかビデオで観ればいいんだよ」とか平然と言う奴には
 さすがにハラが立つけど・・・)

753 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/17(月) 22:52:12 ID:Q3GxJPQc
死にかけの爺さんがなんかごちゃごちゃ言い訳してるよ。
馬鹿ジジィ。
どこを読んでるんだ?ってお前の書いた一行だよ。
薄らボケめ
名画座関連はお前みたいのがうろうろして
汚いし、死臭が漂ってるからいやなんだ

754 :749:2005/10/17(月) 22:54:17 ID:XxzfQhZT
>>753
なんだただの煽りか。

755 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/17(月) 23:11:20 ID:Xp8KoMIr
単にお馬鹿な厨房
おまえみたいな奴は、小さい画面の中で吼えていろ

756 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/17(月) 23:27:35 ID:U82bYCWe
>752
ワオ!ただのDQNオヤジだったのか!w

757 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/17(月) 23:46:32 ID:BhkTH39n
まったくおまえらはいつもいつもつまらんことで言い争いしやがって。
おれが南部牛追い唄を歌ってやるから、しあわせになってください。

いなかーなれどもぉー

758 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/18(火) 03:06:38 ID:yxFf4Y6L
つまんねぇのw

759 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/18(火) 03:43:33 ID:pYYk5NZ9
>>743の書き込みからここまで荒れるとは、
流石の高校生も思わなかっただろうな。

> 初めて「乱れ雲」を観た時、日本の役者さんが何故かヨーロッパ系の俳優に見えて驚いた。

つーのはどういうことかな。ちょっと説明してみて欲しい気がする。


760 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/18(火) 03:54:26 ID:D55M+H6c
つーかID:Q3GxJPQcが何故>>749の書き込みに切れてるのか誰か説明してくれ


761 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/18(火) 04:13:58 ID:pYYk5NZ9
恐らく、

> 恐らく、CSやBSで観たのでしょうが、いいことだ。
を、
< 恐らく、CSやBSで観たのが、いいとこだろう。(映画館で観ろよ)
と勘違いしたと思われ!(ハァハァ; 飛躍推理で息が荒くなりますた)

それがいいところだ。



762 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/18(火) 10:29:29 ID:c0hr9eSe
やっぱり映画はスクリーンで観ないとね

763 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/18(火) 15:03:24 ID:n2MxSDUZ
>>749=>>754
とりあえず死んでおけw

764 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/18(火) 16:53:25 ID:zj7eM/HC
■角梨枝子さん死去 元女優
角梨枝子さん(すみ・りえこ=元女優、本名泰枝=やすえ)
12日午後9時36分、心不全のため東京都目黒区の病院で死去、77歳。
広島市出身。自宅は目黒区東が丘2の11の15。葬儀・告別式は近親者だけで済ませた。
喪主は夫俊明(としあき)氏。
初代ミス広島から映画界入り。青春映画「山の彼方に」に主演したほか、
成瀬巳喜男監督の「山の音」やテレビドラマ「キイハンター」などに出演した。

765 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/18(火) 17:35:31 ID:IYIcqelF
絹子さんかあ…

766 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/18(火) 17:43:01 ID:y7NaKyr5
>>760
749は、君らはテレビだろうけど俺はスクリーンで観たんだよ、という優越意識
がモロ漂ってるから、カルシウム不足の坊やが反発したんだろうな。

767 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/18(火) 18:44:39 ID:7CNC8dFW
>>766
そうだろうね

768 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/18(火) 20:08:04 ID:iQgdecvo
>764
あんまり詳しくないけど美人でしたね。

769 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/19(水) 04:06:00 ID:H4Z7t23s
若い高校生がわざわざ劇場に成瀬に見に行く姿を想像するほうが不自然では?
金銭的余裕のない高校生が古い邦画を知るいい機会なのは家族が加入している
BSやCSだろう。
そういう事情を踏まえてね書き込みに対するあらぬ中傷。こいつらその短絡思考で成瀬の何を見てるんだろうか
と少し不思議。って、ここは2CHだからなw

770 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/19(水) 09:26:08 ID:E1xlpedi
>そういう事情を踏まえてね書き込みに対するあらぬ中傷。
人の批判をする前に、まず日本語を勉強して欲しい。

771 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/19(水) 10:03:33 ID:2jXpc5cp
>>770
まったくだなw

772 :749:2005/10/19(水) 11:41:38 ID:bGoPTaQv
>>766
>749は、君らはテレビだろうけど俺はスクリーンで観たんだよ、という優越意識

曲解を重ねるなよ・・・正直に言うと、自分も劇場よりもBSで観た本数の方が多いよ・・・。
どうでもいいことで延々と絡まれてうんざり。

ところで、角さんが亡くなられたね。享年77って本当? じゃあ、50年代に川島や成瀬
の映画に出ていた頃は、まだ20代だったわけ? 独特の色気があったなあ。合掌。

773 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/19(水) 12:20:23 ID:d7smrKd4
映画館に行くときは清潔にしてね、くさいから。

774 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/19(水) 14:31:01 ID:E1xlpedi
今迄荒れてなかったのに、目くそ鼻くその争いにはいい加減うんざりだな。
大人なら、これで打ち切りにしなよ。

775 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/19(水) 20:57:47 ID:QUge/0Eg
>>ID:E1xlpedi
何が大人だよwお前は自分の発言を棚に上げてよく言うな。お前こそ死んだ方がいいよ。

776 :成瀬巳喜男:2005/10/19(水) 21:09:01 ID:JWLrRghl
わたしのためにあらそうのはやーめーてー

777 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/19(水) 22:19:25 ID:nsRNKdDo
誕生日、司葉子と同じなんですね

778 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/20(木) 12:18:20 ID:zaAWkPzX
頭の悪いスレですね

779 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/20(木) 12:25:35 ID:Xele0AIc
最近、著しくスレの質が低下している件について。

780 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/20(木) 12:46:18 ID:t3XVfhCl
頭の悪いレスはここで終了。
778〜780は悪スレ化に加担しているのでここで終了。以下修正で。

781 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/20(木) 16:26:47 ID:ulwUngsR
今日発売の週刊文春で、小林信彦が
「おかあさん」の香川京子をベタほめしてる上、
長澤まさみと比較してるのだが、ここの住人としては、
恥ずかしながら、そんな女優しらんかった。
70過ぎのじじい評論家に負けた。

782 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/20(木) 16:30:17 ID:sJTnR5VW
小林は突然若い女優をひっぱってきて評価したりすることが多い。
大塚寧々や菅野美穂も若い頃褒められてたっけ。

783 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/20(木) 16:52:12 ID:C/ozdF/T
香川と長澤、のっぺらとした顔以外に結びつかんな。
単に小林が両方とも好みだというだけじゃないの。

784 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/20(木) 17:10:38 ID:dMQkCFXq
綺麗な子がいっぱいいるもんだな。

785 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/20(木) 17:26:06 ID:sJTnR5VW


786 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/20(木) 19:41:06 ID:YhxZCtkQ
京橋FCで「楽しき哉人生」を観た。面白かった。
「まごころ」より全然好きだ。
「旅役者」とかこの作品とかコメディタッチのものは成瀬には合ってるね。
会社から押し付けられた企画だろうけど、この路線でもっと撮ってもらいたかった。

787 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/20(木) 22:45:10 ID:RSkO6zY5
>>782
イヤ全然タイプ違うよ。> 大塚、菅野
ああいう曲者タイプじゃなくて、長澤まさみはストレートな演技で結構旨いよ。

「おかあさん」の香川京子は唯一無二なので、比べることはできないけど。
デートに妹と従兄弟連れてくところのとぼけたそぶりなんて巧すぎ。

788 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/21(金) 02:52:19 ID:wx5Q9kcB
ウルトラQの、梶田作品を集中的に見たけど、
やっぱり成瀬のタッチが濃厚に出てくるところがあると思った。特に「悪魔っ子」。
絵作りとかフレーミングの好みとか、成瀬の映画みたいだと思った。
時期的に重なるということもあるんだろうけれど、監督は違うが「2020年の挑戦」のネガっぽい映像とか、
「虹の卵」の子役の異常なほどの上手さとか、柳谷寛の報われなさとか、
変な具合に成瀬を引きずっているような気がして、面白い。

789 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/22(土) 07:23:16 ID:LNbhrRUj
「鰯雲」
これは何気に名作だと思った。
昔の日本の田園風景って美しかったのね。
玉緒さんのおとん最高や。



790 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/22(土) 07:55:01 ID:5TY7uGt+
鰯雲の中村鴈治郎 は泣ける。

791 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/22(土) 10:57:52 ID:LNbhrRUj
「鰯雲」観ててびっくりしたのは
いとこ同士でくっついちゃって妊娠中絶までやってるところ。
しかもあっさり風味で。w

なるほどやたら「佐藤さん」が多い田舎の集落があったりするわけだ。
昔の開けてない地域に血の交流が或る訳も無いか、、、

792 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/22(土) 12:19:49 ID:iEFDk/GQ
というか従兄弟同士の結婚を問題視しているあなたの方が疑問。
いまだ古い頭のままというか。

793 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/22(土) 13:25:00 ID:H2W+eVmF
>>792
逆。昔の日本ではいとこ同士の結婚は当たり前だったが
最近は抵抗感が増しているそうです。

794 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/22(土) 14:05:14 ID:Fpa8Px+m
戦前だか戦後すぐの日本のいとこ婚の割合が7パーセントくらいだと聞いたことがあります。
農村なんかだともっと多かったかもしれないし、珍しくも無かったのかな。
今はずっと少ないでしょうけど。

795 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/22(土) 15:08:15 ID:iEFDk/GQ
>>793
そういうことではなく法治主義、自由主義でないという事です。

796 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/22(土) 15:21:49 ID:sPaHBeEW
>>793
遺伝学が浸透してきた今と違い、家同士の結びつきが大事だった
頃は近親婚は多かったね。やはり劣勢遺伝はかなりあったはず。
今時いとこ同士の結婚なんていうと引いてしまうなあ。自由では
あるにしてもね。

797 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/22(土) 17:32:50 ID:pCkF3Vn0
>>795
それも違う。かつては親族の結びつきを強め
財産を散らさないように親同士が取り決める
いとこ婚が多かった。
“自由主義”で結婚するなら近親婚は減る。

親族やら義理の姉妹への恋愛が許されるのが
より自由であると考えるのはエロゲーの世界観の
影響を受けすぎでしょう。

なんか思いっきりスレ違いの話題になっちゃったけど。

798 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/22(土) 19:21:02 ID:q03d8E4G
まったくそのとおりだ

799 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/22(土) 20:51:48 ID:5TY7uGt+
全然期待してなかったけど「妻として女として」凄いよかった。
「女が階段を上る時」より俺は好きだな。

800 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/22(土) 20:59:25 ID:oZtuIv/E
>>799
おまえの意見なんざどうでもよし

801 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/22(土) 21:29:16 ID:s4b6lPfD
>>800
今日フィルムセンターで満員なので席を空けてくれと係員の人がまわってるのに
きたねぇーパンパンに詰まったリュックを隣の席に置いてたの、おまえだろーwww
そこのリュック誰のですか?とか言われてるのに惚けてただろ?wwww

802 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/22(土) 21:46:41 ID:DVxcNcU4
>>797は、近親婚を禁止する/反対する議論は(反)自由主義的か?という話と、
自由に任せておけば近親婚が減るか、という話を混同した、混濁した議論w

エロゲー云々はともかく、自由主義を徹底するなら、さしあたり他者に危害を及ぼさない
成人同士の近親婚は 法的に禁止すべきでない、ということになるでしょうし、法的に禁止されていなければ
他人が文句をいうのはおかしい、ということになるでしょう。

だから>>795は、具体的な経緯はおくとして、法律でゆるされたイトコ婚に文句を言うのは
「自由主義的でない」「頭が古い」といってるんじゃないか?

803 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/22(土) 22:03:55 ID:U/qLyAE8
うぜー誰が読むんだ、こんなもん

804 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/22(土) 22:10:03 ID:VFseKO9x
>>801
なぜわかるんだ?!ドキッ

805 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/22(土) 22:15:30 ID:+BAM7WJb
こまかく見てみると「鰯雲」は「流れる」みたいにオールスターのキャストなのだな。
ただ全員が主役級の活躍をしているわけではないが。
淡島演じる婦人が面白い役どころ。

806 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/22(土) 22:25:50 ID:SSoFkRNn
『ひき逃げ』こそ真の傑作

807 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/22(土) 22:33:25 ID:zefeRYow
『鰯雲』と『風の道』
http://www2.city.atsugi.kanagawa.jp/broadband/furusato/wadashi02/page_4592.html

舞台は厚木だそうな

808 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/22(土) 22:41:10 ID:lWx3P8MV
>806
今日NFCで観てきたよ。
これは成瀬作品の中でも一番笑いが取れる映画じゃないかな。オイオイって感じで
実際、場内でも何度か笑い(失笑)が漏れてた

809 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/22(土) 23:01:02 ID:iEFDk/GQ
>>805
「鰯雲」はちょっと話を広げすぎなんだよね。
筋を展開するのに必死で、成瀬のいいところが出てない。
千景が好きなので、好きな映画だけれど。

810 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/22(土) 23:11:19 ID:sPaHBeEW
成瀬監督だってたまには壮大なストーリーを語りたいだろう。
鰯雲>農家の近代化、コタンの口笛>アイヌの人種問題など。
路地や横丁のチマシマした世界ばっかりってさんざんケナサレ、
淀長には「おおーやだ、あんな貧乏くさい映画ばっかりの監督」
って言われたという話しだから。

811 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/22(土) 23:48:27 ID:CCPvdNLf
>>788
>ウルトラQの、梶田作品を集中的に見たけど、
>やっぱり成瀬のタッチが濃厚に出てくるところがあると思った。

梶田は成瀬についたこともあるが、何と言っても本多猪四郎の助監督で
彼の話を聞くと本多猪四郎を今でも心から尊敬しているのがよく分る。
本多も成瀬にあこがれていたらしいから、そこにも共感があったんだろうな。

812 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/23(日) 00:16:39 ID:qcNX9sQd
厚木かあ。
しかし成瀬は小田急沿線が本当に好きだな。
まあ本人が成城の住民だったから無理ないか。
そういう漏れも小田急住民。

813 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/23(日) 00:31:52 ID:RgnMKcAh
君のことなどどうでもよいのだよ

814 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/23(日) 08:14:07 ID:Ym0JEY2F
「鰯雲」は成瀬の名作の1つだと思う。
中村雁次郎と杉村春子が差し向かいで昔の話をするシーンもとても良い。
「浮草」と重なった。

しかし性的にオープンな所がなんていうか異色だと思ったな。
・粟島千景と木村功の不倫関係を周りが公認
・小林桂樹と司葉子の新婚初夜に新珠三千代が豪勢な床を粋に提供
・水野久美が妊娠中絶する過程で、小林桂樹等がいとこ同士の性的関係を黙認

815 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/23(日) 13:31:23 ID:HDCGUyj5
それは別にオープンでもないような。

816 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/23(日) 16:33:17 ID:zTcHg4v/
岐阜でも成瀬の映画が上映されてる。
今日「TOHOシネマズ岐阜」で「めし」を観てきた。
日曜日というにいに100人席に10人くらいしか入ってない人気のなさ。
地方でもいい企画が続くためにも、近辺の人間は、観にいってくれ。

明日からは「乱れ雲」、「放浪記」、「山の音」、「流れる」、「乱れる」
10月28日まで日替わりでやっている。料金は800円。


817 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/23(日) 17:34:55 ID:f1I53OcJ
>>816
岐阜かよw
まあ野田聖子を国会に送り込むような土地だから、成瀬なんてだれも見ねーんだろw

818 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/23(日) 17:39:38 ID:Ym0JEY2F
ご愁傷様。
東京のNFCなら毎晩300席程度の箱がほぼ満席になってるのにな。

819 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/23(日) 17:43:23 ID:2ndG+o7x
日常的に懐かしい邦画を見る機会がないから
仕方ないと思う
NFCも昔はガラガラだったけどね

820 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/23(日) 17:56:53 ID:jiD1IA1g
辛気臭いストーリー
貧乏臭いセット
陰気臭い雰囲気
餓鬼臭い成瀬演出
素人臭いデコの演技

『浮雲』は駄作だよな。

821 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/23(日) 18:42:01 ID:6lCMys7g
>>819
いつの話? > ガラガラ
竹橋でやっていた頃も企画によっては一杯だったよ。

今でも有名監督、俳優、逝った人特集じゃないとガラガラだし。
「発掘された〜」とか



822 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/23(日) 23:27:25 ID:wHd0EeOR
浮糞
乱れ糞

野糞身黄汚の糞映画つまんね

823 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/24(月) 03:34:24 ID:rIUjAkLf
サイレントからトーキーになった時、映像表現の変化とかあったのかな。

824 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/24(月) 06:01:46 ID:50cM4a4Y
>>819
日常的に劇場に足を運ばないだけだと思うけどな。
レンタルやBSやCSを見る機会は都会に住んでるより田舎の方が多いと思う。
俺も18歳まで田舎に住んでた映画ヲタだけど。

825 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/24(月) 09:01:34 ID:Lga8brVl
傑作
「おかあさん」

駄作
「おかあさん」以外全部w

826 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/24(月) 09:45:47 ID:hwymq892
また蛆がわきだしたか...。

827 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/24(月) 09:59:00 ID:SnKW0SbG
海外の映画祭に一度も出品されなかった成瀬映画は全部駄作
海外の映画祭に一度も出品されなかった成瀬映画は全部駄作
海外の映画祭に一度も出品されなかった成瀬映画は全部駄作
海外の映画祭に一度も出品されなかった成瀬映画は全部駄作
海外の映画祭に一度も出品されなかった成瀬映画は全部駄作
海外の映画祭に一度も出品されなかった成瀬映画は全部駄作
海外の映画祭に一度も出品されなかった成瀬映画は全部駄作
海外の映画祭に一度も出品されなかった成瀬映画は全部駄作
海外の映画祭に一度も出品されなかった成瀬映画は全部駄作
海外の映画祭に一度も出品されなかった成瀬映画は全部駄作
海外の映画祭に一度も出品されなかった成瀬映画は全部駄作
海外の映画祭に一度も出品されなかった成瀬映画は全部駄作
海外の映画祭に一度も出品されなかった成瀬映画は全部駄作
海外の映画祭に一度も出品されなかった成瀬映画は全部駄作

828 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/24(月) 10:30:20 ID:ew6Q4DwT
>>827
ということは篠田正浩さんのほうが成瀬より才能は上だな。

「近松門左衛門 鑓の権三」ベルリン映画祭銀熊賞受賞

829 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/24(月) 11:30:33 ID:ZAyHNNRh
某サイトで絶賛の乱れるも駄作だと思うのですが・・。

830 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/24(月) 12:06:02 ID:JrI//mNS
サーファーに一番のダントツ人気・際立つ白波、光る海

 http://money4.2ch.net/test/read.cgi/venture/1130011507/


831 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/24(月) 13:41:22 ID:PHr2lVMq
何で こんなに荒れてるん?

832 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/24(月) 16:43:26 ID:CKBEuKp3
この板に来て、しかも成瀬スレを荒らす奴って何者さ。
やっぱり、どこぞの監督の信者さんな訳?

833 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/24(月) 20:47:54 ID:H0q2mxD6
孤独なんでしょ。

834 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/24(月) 21:23:35 ID:hdRl2Dpj
海外の映画祭に出品してますから(w

835 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/24(月) 21:59:49 ID:4IVDvV0+
岐阜で上映されてる成瀬映画を、今日は夜の部で観てきた。
客数たった5人・・・
もう岐阜で成瀬が観られるのは、これが最後になるかも・・・。
「乱れ雲」、遺作ゆえの最後のメッセージを受けとめる覚悟で観た。

この映画、とてもモダンな試みを成瀬はやろうとしてたのでないだろうか。
日本人離れした容姿とスタイルを持つ司葉子と、当時の新人類の加山の組み合わせは、
脱日本映画の可能性を成瀬は提示したのではないか。

国際的な職業を持つ男たちと、自立しようとする女。
変わりゆく生活空間とニーノ・ロータばりの音楽。

これまで日本の中でのみ成立していた邦画を
成瀬は国際的にも通じる道筋を未来に託したかったのではないか。








836 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/24(月) 22:47:11 ID:qXZXPToq
フィルムセンターの成瀬特集にて。
終映後、
年配男性「いやー、つまらん。駄作だね。脚本もひどいし」
なでしこさん「そーですよねー」


837 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/24(月) 22:48:37 ID:C4K0Q5OB
>>835
音楽は
本当に
いい

838 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/24(月) 23:20:48 ID:hdRl2Dpj
>>836
「乱れ雲」?

839 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/25(火) 10:23:17 ID:YzOvIAyb
昨日、録画しておいた「女の中にいる他人」みたんですが、
社長室にかけてある写真に、森鴎外と思しきものがあったような・・・。キニナル


840 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/26(水) 10:53:52 ID:GX5Dd55g
昨日『女の歴史』観たけど、結構面白かった。
賀原夏子のセリフにはみんな笑ってた。

841 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/26(水) 21:23:16 ID:gxGPWe0Y
おかあさんで香川京子がすごいとか言うけど
どっちかというと田中絹代は別格にして
加東大介や中北千枝子のほうが光ってなかった?
この二人のほうが香川を食ってる気がする

842 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/26(水) 22:52:48 ID:dwWwlLxn
「おかあさん」の加東と絹代はセックスしちゃってるか否か、
で論争になってたことがあったw。まだ邦画板が出来る前か。

あの映画の加東大介は名演だと思います。

843 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/26(水) 23:42:37 ID:apJSQm1X
国際放映だっけ版権もってるの。
なんでDVD出さないんだ「おかあさん」
「東京のえくぼ」「煙突の見える場所」より先だろ、普通。

844 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/27(木) 14:12:34 ID:dmLCP/Cc
既出?
 ↓
http://www.filmforum.org/films/naruse.html


とりあえず、英語タイトルクイズを書いて悦に入ってみる。


初級編

Mother
Wife
Ginza Cosmetic
Sound of the mouintain
Wife! Be like a rose!
A wife’s heart
Daughter,wives and mother
The approach of Autumn
When a woman ascends the stairs

中級編

Travelling Actors
Three girls with maiden hearts
Lightning
Flowing
Summer clouds
Floating clouds
Scattered clouds
The Whole Family Works
Sudden Rain

上級編

Repast
Yearning
The Song Lantern
Late chrysanthemums

845 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/28(金) 21:14:48 ID:J7W6yvuA
今日NFCでおじさんが話してるのが聞こえてきたけど、今回の特集に
小田原の自宅から通って41本観たって。


846 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/28(金) 23:07:08 ID:zMLe/sU5
スゲー暇人だな。w

847 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/29(土) 01:09:56 ID:rl6ntNs0
全角野郎のことか?

848 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/29(土) 01:17:02 ID:7wi/6rGG
いいよな年金世代は。金も暇もあり余ってて。
年金保険料払うのがバカらしくなってくる。

849 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/29(土) 06:22:38 ID:zUfm/Saw
真面目にコツコツ働いて、早くそういう身分になりたいものだ。

850 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/29(土) 10:40:54 ID:vM48QwDt
無理。保険料払い損。

851 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/29(土) 11:19:19 ID:J8sVYjZB
そうならないためにもみんな保険料をちゃんと払いましょう。 by社会保険庁

852 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/29(土) 11:41:41 ID:elwnfK+D
明日フィルムセンターへ稲妻を見に行こうと思うのですが、混雑しますか?
早めに行って並んでおいたほうが良いのでしょうか?

853 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/29(土) 11:48:09 ID:DPXKB+Cc
>>852
「稲妻」は良い映画だよ。追悼根上淳。
日曜で最終日だし、映画の内容は良いし、根上さんの追悼って人もいるだろうから多分混雑すると思う。

854 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/29(土) 11:51:01 ID:BhtZ8fUn
徹夜組が出ること必至

855 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/29(土) 12:12:19 ID:mMg4Ja/D
>853

根上淳ってカガキョンの兄役?

856 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/29(土) 15:07:46 ID:MoCNQHnS
俺も『稲妻』好き。

857 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/29(土) 17:15:33 ID:DMEOoZ2S
成瀬「おかあさん」
木下「日本の悲劇」
小津「東京物語」
黒澤「生きる」

溝口以外の5大監督が52年、53年と同じ年に戦後の親子のギャップというほぼ同じテーマを描いたのに
成瀬以外は全員最終的に家族の破滅を描いてるのに対して
成瀬だけが家族の絆が強調されてるんだな

成瀬の親子観ってどんなもんだろ

858 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/29(土) 23:19:07 ID:6hPH6mlq
>>857
そんな成瀬も晩年の「乱れる」「乱れ雲」あたりになると、
家族とか親戚とかのしがらみみたいなもんに嫌悪を感じているように見える。

859 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/29(土) 23:43:03 ID:XbDi53gn
『おかあさん』大好きなんだけど、一つだけ気に入らないセリフがある。
香川京子が加東大介のことを「シベリアで捕虜をやっていたので、捕虜
のおじさんと呼ぶことにしました」って所。
笑わせる所なんだろうけど、俺は笑えなかった。
水木洋子は素晴らしい脚本家なのに・・・

860 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/30(日) 01:42:28 ID:2LCInv/r
笑わせる所なの?

861 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/30(日) 06:42:56 ID:zhJRGHQj
映画館では大抵笑っているね。俺も。

「おかあさん」は、全般的に糖衣されているけれど、
いいところだけ描いてはいないと思う。


862 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/30(日) 09:22:58 ID:S9yHKRz9
>>859

「呼ぶことにしました」ではなく「呼ぶことに決めました」。
その断定口調が妙にオカしいのだ。
さすが水木洋子。

863 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/30(日) 09:25:06 ID:tj0EAv7a
>>860
笑うとこだけど、おかしみの内訳は加東大介のキャラによるものが大きいでしょ。

864 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/30(日) 17:21:12 ID:Ke6K+GA4
捕虜を好きでやる人間はいないし、国家の犠牲になった人間を
バカにしていると取られてもおかしくないセリフだね。
水木洋子は「ひめゆりの塔」では、著しく反戦臭の無い偏って
無い脚本を書いてるのにね。

865 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/30(日) 17:23:33 ID:4X+E2dgw
「捕虜のおじさん」って親愛の情あふれる呼び名だと思うが。
子供らしくてほほ笑ましいんじゃないかね。

866 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/30(日) 17:46:08 ID:/bjVuQ3M
フィルムセンターの成瀬特集も終わりだね。
土曜の「浮雲」見にいった。余裕みて1時間前に行ったけどさすがに
混んでた。俺の10分後にきた人は入場断られてたもの。

成瀬の代表作と言う評判だけど期待はずれだったなー
森雅之のダメぶりはいつも通りだしデコの役もかわいそうとか思わなかった。
山形勲にとり入るなり他の身の振り方があるだろ、普通。
「妻として女として」はもう少しうまくやってたじゃん。

「娘妻母」(これも森雅之のダメぶり炸裂)の方がよっぽどいいよ。

867 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/30(日) 18:12:14 ID:zhJRGHQj
>>864
捕虜のおじさんと呼ばれていても、
捕虜時代のことは微塵も感じさせないのは、
加東大介の隠れたダンディズムだと思うのだが、
君にはそれが感じ取れないのか?

アイロンを習いたいという田中絹代に対するさりげない応援、
自分を犠牲にした元親分の家への押し付けがましさが微塵もない献身を見よ。
あんなダンディなデブはいない。

868 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/30(日) 18:12:33 ID:zPbaN88q
森雅之といえば「あにいもうと」で船越英二との2ショットで
背の高さを旨く同じ位に見せてたのが旨いと思った。

869 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/30(日) 18:13:29 ID:zhJRGHQj
>>866
登場人物の人となりについて熱く語るのは、
映画にやられてしまっているというと言うことではないか?


870 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/30(日) 18:58:33 ID:Ke6K+GA4
>>867
俺が言ってんのはセリフだよ、セリフのこと。
隠れたダンディズムなんて関係ない。

871 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/30(日) 19:35:37 ID:zhJRGHQj
セリフを状況から切り取って、
頭ごなしに批判するのは感心しない。

872 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/30(日) 19:38:40 ID:jNSNIrCy
>>869こそ人の感想に、なに熱なっとるの?
「浮雲」は賛否両論の問題作だから
>>866の感想はうなずける。


873 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/30(日) 19:40:39 ID:SFpqP8/5
捕虜になったんだから捕虜のおじさん。
そういうことを平気で言うキャラであることを示しているのだから、
脚本が無神経などというのはお門違い。

874 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/30(日) 20:14:21 ID:e81wkNiH
わかったよ。
差別語撤廃運動なんかに理解の深い人権感覚豊かな人なんだろ。
要するに無神経な「捕虜」って言葉がいけないわけだ。
だから「捕虜のおじさん」は「軍事活動に不自由なおじさん」と正しく言い換えれば
よかったわけだよね?
加えて「おじさん」も年長者に対する配慮が不足した言葉だから、結局の所
「軍事活動に不自由な若さの不自由な方」と香川京子が呼んでいれば問題なかった。
そうだろ?

875 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/30(日) 20:42:19 ID:OInkK2Wi
いや、捕虜じゃなくて「俘虜」と呼べ! と言いたいんじゃないかな。

876 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/30(日) 23:49:34 ID:Ke6K+GA4
じゃなくて、
○捕虜になった
×捕虜をやっていた

"捕虜"とか"おじさん"が差別語にあたるとは思っていない。
要するに、捕虜っていうのはやるんじゃなくて、なるものだってこと。
香川京子のあの役の年齢なら、そんなことは理解出来ているはずだろう。

877 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/30(日) 23:58:00 ID:zhJRGHQj
>>876
君だっていい年してあまり賢いとは言いがたいぞ(w

878 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/31(月) 05:24:12 ID:NLabLZpL
「捕虜のおじさん」なんて大島渚の「儀式」で佐藤慶をつかまえて「戦犯のおじいさま」って言うのと似てるな。
佐藤慶は当然不用意な言葉に激怒したわけだが。

879 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/31(月) 09:01:15 ID:YsYVvJU6
つーか、原作は子供の書いた作文だろ。
幼い弟妹たちもいたんだから、私たちは捕虜のおじさんと呼ぶことにしましたって意味じゃないのか。

>>871
同意だね。こういうのって言葉狩りに近い嫌な感じがするな。


880 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/31(月) 09:33:52 ID:AYVmvUz6
昔は人権意識が今ほど広まってないんだよ。
だから例えばある家から殺人犯なんて出そうもんなら一族は
もう極悪人を出した忌まわしい家系ということになり、年頃の
娘は嫁のもらい手が無くなり、公務員なんかやてる人も職場に
いずらくなる、そういう土壌があった。
それに比べれば「捕虜のおじさん」なんて子どもが呼ぶんだから
たいしたことないよ。
東條英樹の戦陣訓などあっても捕虜はごまんといたからね。

881 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/31(月) 19:55:01 ID:JelZ3A4n
>>880
シベリア抑留に関しての背景を知らないようだな。
当時はシベリア帰り=アカで、就職もままならず大変な苦労をされている。
だからいくら子供でも、「捕虜のおじさん」と呼ばせるのは、配慮に欠け
ていると言えるだろう。
だいたいシベリアからの帰還者の多くは、捕虜ではなく抑留者という認識
を持っている。
理由は殆んどの方が戦闘中ではなく、武装解除された後に日本への帰還だ
と騙されてシベリアに連行されているから。
但し、53年前と現在の認識の違いはあるし、脚本家の考え方だから誤りと
は言えない。

「シベリアに抑留されていたので、私達は抑留のおじさんと呼ぶことに
決めました」
現在ではこういうセリフの方が違和感を覚えないだろう。

882 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/31(月) 22:27:53 ID:CfAI4w6/
むかしは「配慮」なんて洒落たものはなかった。
しかしそんな配慮だらけの今がじゃあ昔より天国に近づいているのか?

懐かし邦画観てるとしょっちゅう考えること。

883 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/31(月) 22:50:42 ID:oInnJHOB
>シベリア帰り=アカで、就職もままならず大変な苦労をされている。
んなこたあない。
漏れの職場の前の大ボスは帰国してから東大に復学して一級省庁に入省、
最終的に次官の手前まで行ってる。

884 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/31(月) 23:34:23 ID:+Y3/Tjhk
シベリア帰りで次官と大臣にもなったうえに嫁さんは司葉子、という人もいるから。

まあ苦労した人は多いだろうけど。


885 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/31(月) 23:52:09 ID:PfrjTYmx
>>883-884
一部の恵まれた人の例なんか出しても意味が無いだろ。
よっぽど言い返したいらしいが。
くだらないこと書き込む前に、抑留体験者の自伝でも
読んでみな。
アカのレッテル貼られた人が大勢いたのは真実。
書き込む前に多少の知識は必要なんだよ。
無駄なレスが多くて、あまりにも非合理的じゃないか?
もうちょっとまともなレスしてくれよ。時間が無駄になるから。




886 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/01(火) 00:32:26 ID:5SgxEoPz
 

887 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/01(火) 00:36:38 ID:33olO4O5
                  ノ      } ゙l、   」′           .,/′   .,ノ _,,y
    .,v─ーv_         〕      〕 .|  .il゙            《 ._   .,,l(ノ^ノ
   ,i(厂  _,,,从vy      .,i「      .》;ト-v,|l′          _,ノ゙|.ミ,.゙'=,/┴y/
   l  ,zll^゙″  ゙ミ    .ノ       .il|′アll!           .>‐〕 \ _><
   《 il|′     フーv,_ .,i″       ||}ーvrリ、             ¨'‐.`   {
    \《 ヽ     .゙li ._¨''ーv,,_     .》′  ゙゙ミ| ,r′                }
      \ ,゙r_    lア'    .゙⌒>-vzト    .ミノ′                 〕
       .゙'=ミ:┐  .「      ./ .^〃     :、_ リ                   .}
         ゙\ア'   .--  ,,ノ|    、    ゙ミ}                   :ト
           ゙^ー、,,,¨ -   ''¨.─   :!.,   リ                   ノ
              〔^ー-v、,,,_,:     i゙「   }                  .,l゙
              l!     .´゙フ'ーv .,y    ]                  '゙ミ
              |     ,/゙ .ミ;.´.‐    .]                   ミ,
              |     ノ′ ヽ      〔                   ミ
              }    }     ′    }                   {
              .|    .ミ     .<     〔                    〕
              .{     \,_   _》、    .{                    .}


888 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/01(火) 00:41:16 ID:7/VGiJn5
>「シベリアに抑留されていたので、私達は抑留のおじさんと呼ぶことに決めました」
>現在ではこういうセリフの方が違和感を覚えないだろう。

馬鹿?

889 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/01(火) 02:44:37 ID:cojGFF3l
もう俺は「抑留のおじさん」でいいよ。それで馬鹿が消えてくれるなら。

890 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/01(火) 09:35:40 ID:WdFtWOqq
シベリアに抑留されたヤツのことなんてどうでもいいよw
他人事
他人事


891 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/01(火) 10:46:15 ID:5h2F32D6
「拉致されたおじさん」にしとけ

892 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/01(火) 10:50:07 ID:bb5TP+Vm
シベリアに抑留されていた三波春夫は帰国後、社会主義浪曲をやっていた。

893 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/01(火) 11:26:48 ID:5bKvuVY7
>>892
へー社会主義浪曲ねw、少しは洗脳されてたのか?三波は。

自分も、自ら経験もしてないのにシベリア抑留捕虜を腫れ物みたいに
祭る感覚はちょっと受け付けないな、左翼の人なのかしらないが・・・
たかが映画のセリフじゃないのって感じ。
そんな感覚じゃ懐かし邦画見てると腹立ててばかりじゃん >>881

894 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/01(火) 11:55:13 ID:WdFtWOqq
シベリアに抑留された捕虜のオジサンw

895 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/01(火) 22:59:18 ID:noyA6phI
ローアングル、マルチレンズ、アクション、過剰な演出、リアリズム
みたいにこの監督はコレって特徴あるけど

成瀬映画の特徴って何なの?
数本見たけどよくわからん

896 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/02(水) 01:27:33 ID:MzIrQyV9
成瀬目線。

897 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/02(水) 07:10:02 ID:MzIrQyV9
日本映画専門チャンネルで、「四つの恋の物語」やってるね。
成瀬が第二話「別れも愉し」やってるやつ。

898 :sage:2005/11/02(水) 08:00:25 ID:chJPepyK
1 おかあさん
2 秋立ちぬ
3 妻
これが私のべスト3

899 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/02(水) 10:04:27 ID:MzIrQyV9
俺は「妻」の代りに「乱れる」で順不同。

900 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/02(水) 10:21:16 ID:oCvzDpQ5
>>895
他人様の迷惑かえりみず、二人連れで小道を占領しながらノロノロしゃべり歩く。

901 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/02(水) 10:53:38 ID:7aAbiY5u
>>893
お前は本物の馬鹿だな。
左翼だったら、ソ連の行為を正当化する為に"捕虜"だと言うよ。
全く逆なんだけどね・・・
水木洋子はどちらかといえば、リベラルだろうからこんな台詞
が出ても不思議じゃない。


902 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/02(水) 11:30:37 ID:7aAbiY5u
>>893
お前は「おかあさん」のことになると必死になるが、あの映画は
文部省推薦みたいな映画で、成瀬らしくないよ。


903 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/02(水) 16:20:06 ID:M4N8XUoP
本物の馬鹿と言われた私ですが、私は「おかあさん」のレス書いた
人ではありませんよ。>>902
社会主義のことには詳しくないし戦争捕虜についても細かく突っ込まれて
も困るんだけど、たかが映画のセリフだと書いただけだよん。
今井正じゃあるまいし、成瀬だし。もう戦争秘史の件はご免こうむりたい。
釣られた私が間抜けでした。

904 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/02(水) 18:41:44 ID:XYv6Qpki
「おかあさん」ってどこがそんなにいいのだろうか?
そこまでいいとは思わんな。

なんで?
具体的に述べよ。

905 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/02(水) 19:29:28 ID:CfjMfE4D
>>904
香川京子

906 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/02(水) 20:23:01 ID:a81KjIDF
まぁうすっぺらい根拠だな。w

907 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/02(水) 21:10:00 ID:Qt0NmzJb
おかあさんがいいのは
戦後の親子を黒沢、小津、木下が否定的に描いたのに
成瀬だけは肯定的に描いた事

908 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/02(水) 21:51:07 ID:VaKF1rCZ
あんな映画の助監督を務めていた人がのちに成人映画の帝王になったこと。

909 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/02(水) 21:56:01 ID:MzIrQyV9
>>904
日常生活がただ日常生活のままで映画になっているところ。
ぶつ切れの話が見事なリズムでつながっているところ。

「綴方教室」の前例があるとはいえ、あの演出は素晴らしい。
「綴方教室」には少し演劇的なところが残っているので。

910 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/03(木) 01:17:46 ID:Hr6DWEqd
一部の評論家がおかあさんを持ち上げすぎていてうざい
石井が浮雲はおかあさんみたいな作品では満足できなくなったからとか言ってなかったか?

911 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/03(木) 01:49:01 ID:C/ZmMQrt
>>908
「徳川異常性愛シリーズ」が「成人映画の帝王」なんですか?
たしかに若松孝二、小林悟、向井寛ではあのようには作れないけれど。

912 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/03(木) 05:51:25 ID:sj7M9siO
>>910
「おかあさん」持ち上げている人って誰?
当時観ていた人くらいしかしらないや。

913 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/03(木) 07:50:10 ID:jCI6Lz+x
>>912
小林信彦、川本三郎

914 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/03(木) 19:32:32 ID:FB79/Sz1
>>912
ココでも「おかあさん」を一人で絶賛してる痛い奴がいるよ。
たぶんこいつは、「秋立ちぬ」とか「まごごろ」も好きなはず。
きっとただのロリコンだろう。

915 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/03(木) 22:02:39 ID:sj7M9siO
>>913
それ評論家じゃないよね。本職別だもん。

916 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/03(木) 23:09:42 ID:a7+mqWnk
>>914
ロリコンでなくって小津的な雰囲気が好きなんだよ
俺もそうだけど

917 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/04(金) 00:28:58 ID:lbx/QoNm
>国家の犠牲になった人間をバカにしていると取られてもおかしくないセリフ
確かにそういう意味合いも含んでいたのでは?>>880は正論だよ。
俺四十代だけど子供の頃はめくら、つんぼ、おし、びっこ、かたわ、なんて
普通に会話に出て来た。昔はそんなもんだよ。差別用語に対してうるさく
なったのは高校生の頃かな。

918 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/04(金) 00:50:46 ID:OUt/0iPN
いまが行き過ぎなんだと思う
昔の映画の放送後にオリジナリティーを尊重してうんぬんて断りをいちいち入れすぎ
そのうち障害とか不自由って言葉も差別用語ってことになって新しい言葉になるかもな

919 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/04(金) 01:17:39 ID:EB0O4KSt
そうか、石井輝男は成瀬の「おかあさん」のチーフ助監督をしていたから、
「江戸川乱歩全集恐怖奇形人間」のラストの名台詞が出てきたのか!?

920 :44歳:2005/11/04(金) 01:46:12 ID:ZdS9w1us
「差別用語狩り」は、昭和47、8年頃から始まったと思う。ちょうどこのあたりが、世界でも日本でも、時代の節目という感じだった。
そのちょっと前に作られたアニメ「巨人の星」では、おしやつんぼや日雇い人夫なんて言葉が自然に使われていたが、
その後の再放送版では、それらはことごとく音声を消されていた。
それはさておき、成瀬はまったく左翼がかった人ではなく、きわめて正常な庶民感覚の持ち主だったと思う。
国家についても、あの戦争についても、言葉や「差別」についても。
そういうところがまた好きだ。

921 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/04(金) 12:49:35 ID:JhZtJ3fk
「庶民感覚」=「右」でもないことは言うまでもないよね。

922 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/04(金) 13:18:00 ID:5O/sptvu
ところで「おかあさん」をやけに叩く奴(というより「おかあさん」を賞賛する人を叩く奴)がいるが、どういう了見?
あれは過度な表現が削除されてる事で、逆に観る側の感性が揺さぶられるところがいいんだけどなぁ。
俺は好きだけどな。それじゃダメかね?
ちなみにベクトルは違う方を向いてるが、やはり感性を揺さぶられたのが「流れる」だな。

923 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/04(金) 14:46:37 ID:J2NzwFOZ
ルルーシュの「男と女」と「乱れ雲」の2本立てを
好きな異性を観てみたいと、たった今、なぜか想像した。
パワーポイント資料作りで仕事中なんだがw

924 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/04(金) 16:16:37 ID:HfjaG5mV
>>923
結構共通点あるかもよ。
「男と女」66年、「乱れ雲」67年

成瀬は、「男と女」から影響受けてると思うな。
前に>>835の俺のレスもう一度読んでくれ。


925 :923:2005/11/04(金) 17:20:41 ID:J2NzwFOZ
>>924
トランティニアン=加山  アヌーク・エーメ=司葉子
ちと思ったのは、女性が事故で失った夫の記憶と
葛藤して、新たに現れた男性との恋に真摯向き合えないところ。
ルルーシュはハッピーエンド(その先の未来で結局別れる)
成瀬は、あのころのヨーロッパ映画のような哀愁のラストシークエンス。

926 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/04(金) 18:40:36 ID:HfjaG5mV
ラストもいいね。
「乱れる」の限定的にしか解釈できないラストの反省が
生かされているんじゃないかな。

927 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/04(金) 20:39:30 ID:TZ3rqGvE
>>917
>>880が言ってるのも、貴方が言ってるのも一般的な差別のこと。
召集されて戦争に駆り出された人達のケースとは根本的に違うし、
差別とか人権意識なんて問題ではない。
だいたい、あの台詞が差別だなんてことは書かれてないだろ?
勝手に人権意識だとか、差別だと解釈してるだけ。
かなり勘違いしてるから、もう一度よく読んだ方がイイんじゃない?
彼らは国内では被害者だが、敵対国にとっては加害者になる。
しかし同じ日本人であるなら、そのような人達を愚弄するような
ことは決してやってはいけない。
なぜなら、現在の平和はその人達の犠牲の上に成り立っているからだ。
あの台詞は、現代史に造詣が深い人間には非常に違和感があるはず。
無教養の人や左翼の馬鹿は、子供の他愛ない台詞だと思うだろうけどね。
貴方に理解出来ますか?
理解出来なければ、考え方や捕らえ方が根本的に違うか、貴方の頭が悪い
かのどちらかなので、どこまでも平行線で無駄になるからレスしないでよ。
どちらにしても、ガッカリさせるような的外れのレスは遠慮して下さいね。

928 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/04(金) 21:01:07 ID:YPVYWxhj
「流れる」で出かけるとき、玄関で見送る人がカチカチやるシーンが
何度かあるけど、あれは何のおまじない?

929 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/04(金) 21:50:55 ID:URY3GFTO
>>927
お前ウザいよ

930 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/04(金) 22:26:12 ID:SlBOOHdj
現代史に造詣が深くて教養高い右翼の女の子が主人公だったら根本的に違う映画になってたと
思われ。それ以前にウザイと思う。

931 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/04(金) 22:58:42 ID:J2NzwFOZ
>>928
知らない人もいるのか。時代劇や古い邦画を観るんだったら
当たり前に出てくるよ。魔除けのおまじないです。
古代に火が貴重だったころから、火の神様に守ってもらおうという
民間信仰です。

ttp://72.14.203.104/search?q=cache:Up14qG_qOvUJ:www.d3.dion.ne.jp/~makiuchi/sub5.htm+%E5%88%87%E3%82%8A%E7%81%AB+&hl=ja&start=12

932 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/05(土) 03:37:50 ID:8WYpL+Pr
>>927
世の中にはこんなバカもいるのかという驚きがあるな
ウヨサヨとか以前の問題だわ
映画なんか見るのやめて体験談でも読んで遺骨収集の募金活動でもしてろ

933 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/05(土) 11:33:59 ID:l7fkWR2C
>>932
だよねっ、「映画における差別表現の研究」みたいな本を自費出版しる!

934 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/05(土) 11:43:07 ID:Md2g4U/J
そうじゃなくて「映画における誤った歴史認識」らしいぜ? (w

935 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/05(土) 14:50:23 ID:i2Qw6xdF
こんな低次元の議論に参加してる奴は全員ドアホ

936 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/05(土) 15:57:32 ID:gTFpYi8Q
すべてを超越したドアホが一匹居るね、どうでもいいけど。

映画の話しよう、映画。

イデオロギーの披瀝は他で思う存分やってくれ。

937 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/05(土) 18:46:23 ID:GpQXXmgo
>>917は結局逃げちゃったよ。
まぁ、悔し紛れにコソコソと言い返しているようにも見えるが。
小学生の綴り方みたいな文章力のカキコしか出来ない、低能の
アカには無理もないか。

938 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/05(土) 18:57:57 ID:GpQXXmgo
>>935
俺は少なくとも議論してるつもりは無いよ。
「おかあさん」に関しては、絶対に悪い部分が無いと頑なに思い込んでいる
馬鹿が、悪い頭をフル回転させて必死にイチャモンつけてるだけだから。
まともな人間なら、一つの意見として聞き流してしまうけど、「おかあさん」
のことになると、黙っていられないらしい。

939 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/05(土) 19:07:19 ID:Md2g4U/J
あほか

940 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/05(土) 21:17:11 ID:l7fkWR2C
917は逃げたんじゃあない、あきれてしまったんだよ。

>>「おかあさん」のことになると黙ってられないらしい。
黙ってられないのはアンタの方だろう。>>937

941 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/06(日) 02:16:51 ID:DeSojxgs
>>940
何で第三者のお前が>>917のこと代弁するんだ?
憶測でいい加減なこと書くなよ。
逃げた理由など当人にしか判らないのに。

>黙ってられないのはアンタの方だろう。
バカがくだらないレスしてくるから、相手してるだけ。
簡単に言うと暇つぶし。
あのバカみたいに、「おかあさん」に特別な愛情は無い。
バカが黙ればこっちも話すことは無い。

まさかお前、あの"おかあさん"馬鹿じゃないだろうな?

942 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/06(日) 03:01:07 ID:DeSojxgs
"一つだけ気にいらないセリフがある"
これは単なる個人的な感想でしかないのに、"おかあさん"馬鹿は、自分の
お気に入りの映画を貶された事に腹を立て、必死に「おかあさん」の素晴
らしさをアピールする為に、完全に破綻した自分の意見を正当化するべく
粘着し、書き込みを続けている。

映画というものは、それぞれが個々の感想や意見を持ち、どれが正解だと
か不正解であるとは一概に言えない。
それに対して自分の意見を、相反する意見を持つ人間に押し付けようとす
る行動は、非常に愚かであり滑稽である。
何故なら、その行動自体が全て徒労に終わるからだ。
"おかあさん"馬鹿はそれを理解せず、ただ本能によって無駄で幼稚な書き
込みを続けている。
このような非常に頭の程度の低い人間は、社会生活においても日常的に無駄
が多い。
要するに勤労や家事の能率が悪く、周りから馬鹿だと認知されてしまう。
この後も、"おかあさん"馬鹿は、自作自演を繰り返しレスを続けるでしょう。
それが、この"おかあさん"馬鹿の哀れな性です。

943 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/06(日) 03:28:31 ID:hZVPxZ80
おとなになりましょう

944 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/06(日) 04:28:12 ID:UisBJESL
(前のレスも含めて)>>942の言わんとしていることはよく理解できる。我が意を得たりと意ってもいいほどだ。
ただ、「捕虜のおじさん」という台詞にそこまで神経質になる必要はないんじゃないか?
当時の一般庶民は、「捕虜」という言葉をそんなに厳密に定義して使っていたわけではないだろう。
「敵に捕らえられた状態の兵隊はすべて捕虜」程度の感覚だったんじゃないかな?
そう考えて観たなら、「捕虜のおじさん」という台詞も、大して違和感なくスルーできると思うが?どう?

945 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/06(日) 08:17:37 ID:LQtBRUsz
「捕虜」
ただこれだけの言葉でここまで粘着できる異常性について

946 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/06(日) 11:16:14 ID:QLJR5B1l
個人的におかあさんなんて浮雲や流れるに比べたら全然ダメだと思ってるが
捕虜のおじさん如きににこれだけひっかかるんじゃ映画見ながら大変だろうな
映画や小説などの芸術を教訓や教育のためにあるとでも思ってるのだろうか?

947 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/06(日) 11:39:46 ID:bNdY/PBC
芸術主義ってのもまたアホっぽいね。

948 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/06(日) 13:35:55 ID:/lS8h6KT
>完全に破綻した自分の意見を正当化するべく
>粘着し、書き込みを続けている。
>自分の意見を、相反する意見を持つ人間に押し付けようとす
>る行動は、非常に愚かであり滑稽である。
>何故なら、その行動自体が全て徒労に終わるからだ。

貴方の書きこみを見ていると
その意味が非常に良くわかりますよ。

貴方は実に愚かで滑稽だ。




949 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/06(日) 17:01:54 ID:etnVsZcJ
おまいら、捕虜だ、俘虜だ、抑留だって、それが
「おかあさん」で成瀬が描きたかったことと
なんか関係あるの?
外地帰り、満州引き揚げの人が、町内に一人二人
当たり前に居た時代だよ。
中傷誹謗に類した実のない議論はよそうよ。
成瀬が好きでここに来てる人たちが引いちゃうからね。

950 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/06(日) 20:20:17 ID:LQtBRUsz
最新のNFC NEWSLETTERの表紙の写真が「おかあさん」ですね。
成瀬の両隣に若い恋人二人。

951 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/07(月) 00:01:27 ID:E4iArY+4
何だチミは
そうです私が捕虜のおじさんです
アッ、捕虜のおじさん、捕虜のおじさん、捕虜のおじさんだから捕虜のおじさんw


952 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/07(月) 00:01:38 ID:E4iArY+4
何だチミは
そうです私が捕虜のおじさんです
アッ、捕虜のおじさん、捕虜のおじさん、捕虜のおじさんだから捕虜のおじさんw


953 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/07(月) 03:46:14 ID:8dsiv7Tp
でも、空気読まないイデオロギー・バカを叩くのって面白いよね、正直な話。

954 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/07(月) 07:36:25 ID:LRgnH3B/
オマイラ、まだやってんのかよ。w

955 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/07(月) 20:53:26 ID:pn9I/thx
12月にCSで松竹時代のサイレント作品放送するね。


956 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/08(火) 11:13:49 ID:0/c+fVqG
※結論
>>917>>940だった。




957 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/08(火) 11:17:20 ID:0/c+fVqG
>>953
悔しくて眠れなかったみたいだね。

958 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/08(火) 11:21:42 ID:0/c+fVqG
>>944
いろんな人になりすますって、そんなに楽しいの?
それとも心の病?

959 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/08(火) 11:27:16 ID:0/c+fVqG
このスレも「おかあさん」をベタ誉めする馬鹿が出てきてから、おかしくなったね。
とにかく何でも「おかあさん」を引き合いに出す。
作品は他にもいっぱいあるのにね。
でもしょうがないか、ほとんど一人でジサクジエンしてるから。



960 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/08(火) 11:30:15 ID:0/c+fVqG
>>916
成瀬に小津を求めてるの?
それなら小津を観ればいいんじゃないのか?
あんた、変わってんな。

961 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/08(火) 11:32:53 ID:0/c+fVqG
>>954
オマイラって・・・お前が一人でやってるのに・・・

962 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/08(火) 11:47:16 ID:DcgWnFvx
悪いのは『おかあさん』じゃなくて、「捕虜のおじさん」だろーが。

963 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/08(火) 11:55:51 ID:sz2X36bw
もう「捕虜になった馬鹿なおじさん」でいいよ…

964 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/08(火) 14:05:07 ID:p1s9kvg5
その名は留置衆

965 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/08(火) 14:45:18 ID:DArGokci
捕虜のおじちゃんもありがた迷惑だろうなwwwwww
もちろんおかあさんファンもおかあさんに否定的な奴もw
当時問題になったりしたのか?w 過剰反応被害妄想の粘着うざっ
つーかここまでいくと、スレも終了間近だしこいつが他の映画で気になってしょうがないシーンとか言葉を聞いてみたいw

966 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/08(火) 15:49:40 ID:dNh5SuQN
「おかあさん」は初めて観た時は純粋に感動したが、二度目はウンザリして
しまい、もう観たくない。
加東大介の役みたいなわざわざ又貸ししてくれる良い人なんて、あの状況で
は不自然過ぎる。
田中絹代と結婚すれば店も手に入るんだし、欲を出さないのはおかしい。


967 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/08(火) 15:53:34 ID:dNh5SuQN
それにしてもいちいちID替えるのって面倒じゃないのかね?
堂々とカキコすればイイのに、そんなに恥ずかしいのかな?

968 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/08(火) 15:58:32 ID:dNh5SuQN
他のスレでもそうだけど、粘着して自作自演してる馬鹿ってID替えなきゃなら
ないから、たいへんだよね。
そんなことに労力使うなら、他に使えばイイのにね。
夜中にカキコして、昼間もカキコして、ニートなのかな?
どっちにしても暇な野郎だよ。

969 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/08(火) 16:03:35 ID:dNh5SuQN
>>962
悪いのはお前のアタマだって。

970 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/08(火) 16:09:40 ID:dNh5SuQN
>>965
「おかあさん」のことになると、やたらとムキになるお前の精神状態の方が気になる。


971 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/08(火) 16:13:37 ID:DcgWnFvx
>>966
そんなこと言ってたら、同時代の他の日本映画だってほとんどダメになるだろ。
小津だって「不自然に良い人」だらけじゃねーか。

972 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/08(火) 16:15:39 ID:DArGokci
>>970
アホかw おかあさんなんて嫌いだってーのw
俺はお前と違って初めて見たときから感動してねーよ 
ムキになってるのはお前だろw
つーか他人のIDにこだわってるようだけど ID:0/c+fVqG=ID:dNh5SuQNだったんだなw

973 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/08(火) 16:26:16 ID:dNh5SuQN
>>971-972
アタマ悪いのにレスはやたら速いな。

974 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/08(火) 16:30:56 ID:dNh5SuQN
>>972
アホかって、誰も「おかあさん」好きだろなんて書いてないけど。
聞いてないことには答えるが、聞いてることには答えないのがお前だよ。
単に答えられないだけだろうけどな。

975 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/08(火) 16:31:58 ID:DArGokci
アタマ悪いし気が触れてるからレスはやたら多いな。

976 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/08(火) 16:32:05 ID:dNh5SuQN
>>972
いつもズレたレス、それがお前。

977 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/08(火) 16:33:10 ID:DArGokci
お前の言ってる「お前」と俺は別人だからwwwwww

978 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/08(火) 19:40:41 ID:sGyXA6Bk
オイオイ、天下の名匠・成瀬スレが「捕虜」でこのまま1000行くのかよw
勘弁してくれよ。

979 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/08(火) 20:09:16 ID:dyfPthhn
>>977
やっぱりズレてる。



980 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/08(火) 21:21:31 ID:DArGokci
いくらズレてもお前には敵わない
お前の言いたいことは捕虜(笑)についてしかないのか?

981 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/08(火) 21:22:28 ID:DArGokci
いくらズレてもお前には敵わない
お前の言いたいことは捕虜(笑)についてしかないのか?

982 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/08(火) 21:37:33 ID:dyfPthhn
>>980
捕虜?
俺は暫く言ってないが・・・
さかのぼって確認してみたら。
やっぱりお前のレスはズレてるな。

983 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/08(火) 22:13:20 ID:dyfPthhn
やっぱりこいつは馬鹿だ。

984 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/08(火) 22:14:35 ID:dyfPthhn
>>980-981
連続投稿とは間が抜けてるというか、ズレてるな。

985 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/08(火) 22:49:59 ID:dyfPthhn
馬鹿は結局逃げちゃったよ。
どうせ夜中にコソコソ書き込むんだろう。

986 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/08(火) 23:23:19 ID:99vw0l+S
まだいるとは…ひどい粘着ぶりだな

987 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/08(火) 23:48:29 ID:TfHgGYQt
こいつらみんな草葉の陰にでも隠れてくんないかな

988 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/09(水) 02:35:30 ID:gGdoG4dS
基地外に居着かれちゃったな

989 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/09(水) 02:47:29 ID:3jbsR+2B
天下の成瀬も吉外には勝てないな。
ところでカラックスは、ポンヌフの巨大セット作ったとき、「俺もこれでナルセに一歩近づいた」とか思ったんだろうか。

990 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/09(水) 13:35:35 ID:F4yAPwG4
おかあさんの感想。

田中絹代が暗い!暗すぎる。
子供に明るい笑顔の一つも見せずに
いつもしょんぼりした顔をしてて辛気臭い。

いくら事情があるからって妹の子供を預かって
わが子を養子にやったり なんっか意味不明。
最後もしょんぼりした顔で終わった。

あれじゃ加東も未練なく逃げ出すw

総括:辛気臭い


991 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/09(水) 19:56:34 ID:UZ5mqKfx
おかあさん馬鹿、相変わらず粘着してるな。
次のスレでも珠玉の自作自演で盛り上げるでしょう。
皆様!ツッコミは厳禁です。
気が付いていないフリをして、たまにレスしてあげて
くださいね。

992 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/09(水) 20:46:00 ID:UZ5mqKfx
皆様!成瀬の新作はもう観れませんが、おかあさん馬鹿の新作は
これからもたくさん観られます。
高校生ネタはあまり盛り上がりませんでしたが、ラストのセリフ
ネタは評判が良かったみたいです。
このネタは元々おかあさん馬鹿が書き込んだのを、自作自演だと
気付かない人が本気でレスしたほど白熱しました。

993 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/09(水) 22:18:27 ID:AXcn0XRe
×「おかあさん馬鹿」
○「おかあさんが大嫌いな馬鹿」

994 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/10(木) 01:16:02 ID:JBNjqDc+
やばいよおおおおおおおおお
巨大なおかあさんが攻めてくるよおおおおおお
次スレで捕虜のおじちゃんを虐待しようと待ってるよおおおお

995 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/10(木) 04:29:24 ID:ebkM9uGl
おかあさん馬鹿って年齢不詳っぽい。
四十代にしては知識が無さ過ぎだし、十代・二十代ということも
考えられる。
NFCのロビーで、待ち時間にコンビニ弁当喰ってるようなイメージ
がある。
外見は眼鏡かけて痩せていて、リュック背負って髪洗ってないみた
いな野郎かな?
どっちにしても、社交性が著しく欠けた邦画オタクだろう。

996 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/10(木) 05:13:52 ID:ebkM9uGl
それにしてもおかあさん馬鹿は極度のマザコンじゃないか?
田中絹代の優しそうな顔が好きとか?
それともホモなのか?
加東大介のポッチャリしてるところが好きとか?

997 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/10(木) 05:31:23 ID:ebkM9uGl
「おかあさん」は晩年の「乱れる」や「乱れ雲」みたいなメロドラマと比べると
遥かに出来が良いよ。
「流れる」や「浮雲」にも劣らない。
ただ、花嫁人形を唄う場面は長過ぎて間延びしてる感じがした。
それと、遊園地やチャーハンを食べてる場面での田中絹代の気分が悪くなった顔
が、ちょっと大げさというか不自然だったけど、あの顔の演技は一つの見せ場な
ら仕方ない。


998 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/10(木) 06:19:30 ID:ebkM9uGl
次のスレでおかあさん馬鹿がどんなネタでジサクジエンするのか、今から楽しみに
しています。

999 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/10(木) 06:21:57 ID:ebkM9uGl
なんか最後の方はおかあさんばっかりだった。

1000 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/10(木) 06:22:37 ID:ebkM9uGl
おかあさん馬鹿に栄光あれ!

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

266 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)