5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

『まあだだよ』〜後期・晩年黒澤全般スレ

1 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/21(火) 00:58:58 ID:Q4VB+5UB
黒澤後期の作品は大体スレたってるので、ここで遺作のスレを立てたい。

これだけでは話もたないかもしれないので、80、90年代の後期から晩年にいたる
黒澤の特質、変化、エピソードみたいなの、あと彼の手で撮られなかった「雨あがる」
「海は見ていた」とかの話なども。
(作品自体の話は作品スレがある場合はそちらで)

96 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/05(火) 04:51:40 ID:luJwFywr
>>91
そういうことよくも恥も外聞もなく言えるもんだ。
「乱」と次作の「夢」は、後者の方が予算は多い。
いいかげんなことを言うな。
さらしage


97 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/05(火) 06:49:42 ID:XE1neAtd
>>95
<黒澤組の撮影>
三村明「姿三四郎」--小原譲治「一番美しく」--伊藤武夫「続姿三四郎」--
中井朝一「わが青春に悔なし」「素晴らしき日曜日」--伊藤武夫「酔いどれ天使」--
相坂操一「静かなる決闘」--中井朝一「野良犬」--生方敏夫「醜聞」--宮川一夫「羅生門」--
生方敏夫「白痴」--伊藤武夫「虎の尾を踏む男たち」(完成は45年 公開は52年)--
中井朝一「生きる」「七人の侍」「生きものの記録」「蜘蛛巣城」--
山崎市雄「どん底」「隠し砦の三悪人」--逢沢譲「悪い奴ほどよく眠る」--宮川一夫「用心棒」--
小泉福造・斎藤孝雄「椿三十郎」--中井朝一・斎藤孝雄「天国と地獄」「赤ひげ」--
福沢康道・斎藤孝雄「どですかでん」--中井朝一他「デルス・ウザーラ」--
斎藤孝雄・上田正治「影武者」(撮影協力 中井朝一・宮川一夫)「乱」(撮影協力 中井朝一)
「夢」(撮影協力 原一民)「八月の狂詩曲」「まあだだよ」

98 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/05(火) 06:54:48 ID:XE1neAtd
年代順に並べてみると、社内のローテーションもあったのだろうが、中期
までは結構撮影技師が変わっている。
その中でもやはり最も信頼していたのは中井朝一、正式には2本だけだが宮川一夫であろうか?
また「椿三十郎」以降はほとんど斎藤孝雄の名がある。

「影武者」以降は斎藤・上田コンビにお任せ。この時期の黒澤は「映画よりも
自分で描いた絵コンテの方が面白い」と揶揄されていた頃だったのだが、斎藤・上田も
絵コンテのイメージに拘束され苦しかったのかもしれない。
その中では完璧な仕事ではあるのだろうが・・・。
ちなみに、「影武者」以降の照明は一貫して佐野武治が努めている。

99 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/05(火) 07:18:19 ID:XE1neAtd
ついで。松山善三の監督した実質的な黒澤リスペクト作品「虹の橋」では、
撮影=斎藤孝雄、照明=佐野武治、美術=村木与四郎。
小泉堯史の「雨あがる」では、撮影=上田正治(撮影協力=斎藤孝雄)、
照明=佐野武治、美術=村木与四郎となっている。これは限られた撮影条件で大変だったよ
うですが、こじんまりとした中で立派に時代劇していたのは感服しました。

斎藤さんも上田さんも、実は黒澤作品を含めても、本編の仕事は余り多くない。
斎藤さんは三船プロ等のTV映画が多かったし、上田さんもTVを結構
やっているらしい(「はぐれ刑事純情派」で名前をお見掛けしたことがある)
合間にCMとかPR映画とかの類もやってたんでしょうか? 
フィルモグラフィーを見ると、まさに黒澤に捧げた職業人生だったようにも
思えてくる・・・(三船主演のTV映画をよく撮っていた斎藤さんは、三船にも捧げたかな?)

斎藤孝雄
ttp://www.jmdb.ne.jp/person/p0130400.htm
上田正治
ttp://www.jmdb.ne.jp/person/p0192480.htm

100 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/05(火) 08:15:19 ID:mGmB/KCt
>>98
> その中では完璧な仕事ではあるのだろうが・・・。

「夢」を久しぶりに見たけど、到底そうは思えなかった。
ああいう映画でハッとさせられるショットがないのはつらい…
美術、衣装、演出はいいのだが、カメラが凡庸。


101 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/05(火) 09:49:45 ID:o/jsZylk
自分ももういい歳になってボケた親の面倒も見てる。
久しぶりにボケ期の「夢」「まあだだよ」を偶然見て、
昔はこの作品を見て新たな試みや人を突き動かす力を何も感じず、
ただ黒澤老いたりと失望したんだよなぁとしみじみ思った。


102 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/05(火) 13:38:28 ID:fkPTxwEX
「夢」「まあだだよ」はボケ老人の脳内トリップ映画として、
麻薬のような効き目があると感じたけどな。
特に「まあだだよ」のラストシーンを見た時は、
「あーっ、黒澤はもう(あの世に)イッちゃってるんだな」と思って、
「2001年宇宙の旅」なみの衝撃を受けた。
もう一度戻ろうと思って企画したのが「雨あがる」「海がみていた」じゃなかったろうか。
戻らぬままにイッしまったことは、晩節を汚さないことになって、かえって良かったのかも。

103 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/05(火) 15:41:13 ID:J4bpkMPN
>>97

本来「七人の侍」以降はマルチカム撮影だから撮影にクレジットされてるのが
一人だけというのはおかしい。
「用心棒」にしても番屋の半助が三十郎に「口ききしてやってもいいけど」の
三船の胴体と刀、いき雄の顔がアップのカットなんて斉藤孝雄だと思うけどね。

>>カメラが凡庸。

あれが凡庸かい?
そうですか。

104 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/05(火) 16:52:14 ID:010cxNZw
黒澤遺稿を映画化した作品に関しては公開当時に
少しばかり忸怩たる思いをもっていました。
死してなお、黒澤の才能を吸い取って商売しているように感じたのです。
黒澤映画が蘇っただの黒澤が最後に描きたかったのは純愛だっただの
実に安易な謳い文句が踊ったのも素直に見たいと思えなかった原因でした。
ソフト化して「雨あがる」だけをDVDで鑑賞しましたが
やはり作るべきではなかったのではというのが率直な感想です。
映画としては小品佳作といえる良作だと思いますが
黒澤映画という観点から見ればどうしても貧弱に見えてしまいます。
スタッフや関係者は黒澤映画を踏襲して心血注いだのでしょうが
どうしたって物足りないのです。
それほど黒澤が偉大であったことの証明ともなってしまったようです。


105 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/05(火) 19:10:41 ID:HfZVWUAV
>この時期の黒澤は「映画よりも
自分で描いた絵コンテの方が面白い」

「七人の侍」にも詳細な絵コンテがあったらそういわれてたんだろうね。
絵コンテといっても
実際には気に入った場面を
撮影後に書いたりしたものもあるけどね。

106 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/08(金) 11:22:33 ID:6ErUim/l
よくわからんがアゲ

107 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/10(日) 01:23:52 ID:GqTvTsTI
「影武者」で驚いたのだが、信玄の遺骸を湖に沈める場面で、仲代が湖畔の小屋から浜辺に駆け出すシーケンスに、なんとジャンプカットが2、3回ある。
黒澤のジャンプカットってかなり珍しいのでは?

それと、このシーケンスの仲代は、まるで三船がのりうつったような科白回し。

108 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/10(日) 03:55:47 ID:cmpZ96QV
>このシーケンスの仲代は、まるで三船がのりうつったような科白回し

自分もそう思ったけど、オープニングだってそうだよ。
仲代は二枚目で売ってるだけの俳優だと勘違いしてたけど、
無頼漢や下郎役もできるから、凄い役者だと思いましたよ。
日本を代表する役者は誰か、という事になると異論もあるようだけど。
確かそんなスレも立ってたよな。

109 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/10(日) 09:33:42 ID:PZdb3pTN
仲代は、成瀬の映画でもいいぞ。その後の仲代からは想像がつかないが。
「女が階段を上る時」のバーの若いマネージャ小松。
千葉泰樹の「大番」の新どんもいい。二枚目だけじゃない味がある。

110 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/11(月) 06:23:07 ID:zfEGZJHX
>>109
若い頃の仲代のルックスは本当にいいですね。
まるで加藤雅也のよう。

用心棒もかっこよかった。
三船はアップで観ると目とかの綺麗さが分かるけれども、
仲代はどこのパーツも良さげ、相当な二枚目。

中国で放映した時に、
「三船は見かけはかっこよくないけど」
とのコメントがあったのはいただけないけど。

111 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/11(月) 11:27:38 ID:jZbt0KVv
>「三船は見かけはかっこよくないけど」
無精ヒゲや汚しの効いた衣装を指して、でしょう。
低開発国の映画スターは根拠無く小奇麗だから。

112 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/11(月) 21:02:14 ID:KzffEgwL
というか…
ネオリアリズモのイタリアとか、黒澤の時代劇とか、
他にも豊田四郎の庶民ものとか、敗戦国の映画はジェントルマンの映画じゃない。
三船の影響を受けたマカロニウェスタンもしかり。

アメリカにも「怒りの葡萄」('39)みたいな映画があるが。

113 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/12(火) 15:20:31 ID:4X/vX5bD
三船さんて外見はすごくかっこよいのだけれど演技は・・・だと思うんだが。
ちゃんばらはいいんだがヒューマンドラマとかやると浮きまくってる。
あの力みと気取りってやっぱり監督の演出なの?それとも黒澤監督とのやりとりで
生まれたものなの?

114 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/12(火) 17:28:57 ID:m8Gzs3QV
>>110
仲代なら喜八作品もいいです。
「殺人狂時代」のコミカルな演技には驚いた。
あと、「斬る」も良かった。

115 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/14(木) 19:21:05 ID:jF6+n6tE
「どですかでん」のテーマ曲が好きなんだけど、
あの映画のサントラCDって発売されてるのかな?

「きみぃ・・・プールができたよ」 ぐぅうぉわ〜ん〜

116 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/14(木) 19:52:50 ID:sGsR2v6a
俺はビクターから出てたCD(サントラ音源)とワーナーのアダムス盤を持ってるが、
後者なら手に入るようだ。

http://shopping.yahoo.co.jp/search?p=WPCS
5090&cspid=2075732312&first=1

117 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/14(木) 20:05:20 ID:rHTaLJ9T
>>115
東宝ミュージック

118 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/14(木) 20:05:22 ID:sGsR2v6a
「影武者」はアメリカでDVDがちょうど出たところで、評価がまた上がったようだ。
ところで、本多猪四郎率いるB班が演出したフッテージも多いはず。
たとえば三人の間者が岩の上から顔を出しているところなどは本多演出に見える。
仲代のシーンにさすがに本多はあまりかかわっていないと思うが、それでも
仲代が馬にのって陽気に兵隊たちの前を駆け抜けるところは、どうも黒澤らしくない構図のような気がする。
むしろ「サンダ対ガイラ」で山中を行く自衛隊のシーンにふいんきが似ていると思うのは気のせいだろうか。


119 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/15(金) 19:12:42 ID:7f5xbEqN
>116 >117
ありがとうございます。

120 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/15(金) 19:48:33 ID:mcU2YcBd
>どうも黒澤らしくない構図のような気がする。

黒澤の絵コンテ見てごらん。


121 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/15(金) 22:01:15 ID:20DelMQ1
>>120
>105


122 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/16(土) 18:02:25 ID:IpClmoZT
>>121
105=120
あれは、琵琶湖ロケで黒澤自身の演出です。

123 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/17(日) 23:20:06 ID:JWu/NPbX
>>122
どこで撮影したって、何かそういう(公式)資料があるんですか?
それともドキュメンタリーとかあるのかな

124 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/29(金) 23:03:35 ID:vH5Ndt3S
香川京子が
イイ

125 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/29(金) 23:52:40 ID:1XNUDcO/
香川京子ダケが
イイ

それにしても、宴会のシーンを良く見ると、ほとんど台詞が無くても
錚々たるメンバーが出演してるんだよね

126 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/30(土) 14:43:43 ID:/MiupZKk
いき雄が
イイ

いき雄ダケが
イイ

名前が
イイ

127 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/30(土) 15:39:16 ID:5ijhfuVL
92年、撮影当時の香川京子さんは、ちょうど還暦にあたります。
まさに今の吉永小百合と同じ年頃ですな。

128 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/31(日) 19:00:45 ID:YoSP9NAj
わ、わしを、
季節のない街に連れてっておくれ!
六ちゃ〜ん!

129 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/01(月) 06:46:55 ID:N2gEYEie
http://music4.2ch.net/test/read.cgi/classical/1115691601/119-

130 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/01(月) 23:30:45 ID:Xv8wl//+
「まあだだよ」について。
主人公が倒れたのに
小林亜星が平然と飲み食いしてて
所ジョージの「このクソ坊主!」に対して
言い返すセリフが、とても良かった、と
記憶してるのだが、なんて言ったんだっけ?
「まだ俺の出番じゃない」だったかな?


131 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/16(火) 01:51:01 ID:N3FBKRq/
「夢」って「七人の侍」の時の子役がエキストラで参加してるんすよね?


「八月の狂詩曲」以後は自己満足の世界だよな。元々あった説教臭さが
前面に出てきてうざったい。

132 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/16(火) 04:25:37 ID:lUO9j5Xj
>「夢」って「七人の侍」の時の子役がエキストラで参加してるんすよね?

村人役やってた大部屋俳優だろ。

133 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/16(火) 10:54:13 ID:N3FBKRq/
子役も村人には違いないが・・・・



その中の一人のおばちゃんが「センセーッ!」と監督に駆けよったん
です。誰かと思ったら『七人の侍』の村の子供の一人だったんですね。
37年ぶりの再会だったそうです。
(宮崎駿との対談より)

134 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/16(火) 14:56:18 ID:DNbjdxbn
「夢」
タイトル・クレジットが日本語のDVD出ませんか?

135 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/27(土) 15:09:27 ID:Dhgc2STv
LDは日本語だったのにね。
多少高くても特別版で出してくれ。

136 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/18(日) 09:39:12 ID:tOR86orj
夢はなかなか素晴らしいと思うがな

137 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/19(月) 03:08:23 ID:SLgcGMc4
めをさませ

138 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/19(月) 14:51:20 ID:Cb++lFR/
>夢
狐の嫁入りは好きだ。
説教臭い話は最低最悪。

139 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/19(月) 19:56:17 ID:SLgcGMc4
先日自伝を読み返していたら
16であっけなく死んだお姉さんの思い出が語られていた
ああ映画ででてきた女の子はこのひとのことなんだなーと

140 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/05(水) 01:22:39 ID:yk3RrWBj
このスレ主によると黒澤作品を凌駕してるらしいですよ。
黒澤作品は飽きるほど見てるそうです
ちなみに本気の様です

クレヨンしん 戦国大合戦を海外でメジャーにするスレ
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/movie/1128310238/

141 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/12(土) 23:48:08 ID:G7/Q8TJd
久々にあげ

142 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/16(水) 00:57:40 ID:vL/1E+xO
なんで八月のオープニングが松竹の富士山なの?
あの映画って松竹となんか関係あるの?
あったとしてもそこまでおおきな出資とかしてたの

143 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/16(水) 10:44:53 ID:KmqgYOOm
ゼネラルプロデューサが元松竹社長の奥山融じゃん。(1998に解任劇)
製作クレジットも「黒澤プロダクション=フィーチャーフィルムエンタープライズII=松竹」だし。

144 :海は見ていた:2005/11/17(木) 03:43:04 ID:9ldgBeTz
「海は見ていた」は原田美枝子、宮沢りえ(激ヤセ前の)が黒澤の立てたキャストだった。熊井版の清水美砂、遠野舞子(って名前だったけ?)よりは断然こっちのほうがよかったろうな。

145 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/17(木) 11:10:51 ID:0/6l6x2Z
で、美枝子が脱いでたら最高だった罠

45 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)