5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【寅さん】男はつらいよ望郷篇【さくら】

1 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/23(日) 23:17:46 ID:5j+5w70z
「四角四面は豆腐屋の娘、色は白いが水臭い」

前スレ 「新男はつらいよ」
http://that3.2ch.net/test/read.cgi/rmovie/1124802460/


2 ::2005/10/23(日) 23:20:09 ID:5j+5w70z
パート1 男はつらいよ
http://that3.2ch.net/test/read.cgi/rmovie/1066236108/
パート2 続・男はつらいよ
http://that3.2ch.net/test/read.cgi/rmovie/1100955825/l50
パート3 フーテンの寅
http://that3.2ch.net/test/read.cgi/rmovie/1111235481/

作品紹介
http://www.asahi-net.or.jp/~vd3t-smz/eiga/torasan48.html

BS2 失恋48連発
http://www.nhk.or.jp/torasan/main.html


3 ::2005/10/23(日) 23:31:25 ID:5j+5w70z
・・・立てただけでは芸がないので

「望郷篇」のマドンナが「節子」、母親が「とみ」というのは「東京物語」へのオマージュ。
(原節子の義母が、東山千栄子扮する「とみ」)

4 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/23(日) 23:33:06 ID:5j+5w70z
「夜霧にむせぶ」のマドンナ小暮風子の姓は、おそらく小暮美千代にあやかったもの。
小暮美千代は「とんでる寅次郎」でマドンナひとみの母親を演じた。

5 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/23(日) 23:36:12 ID:5j+5w70z
「相合傘」で、さくらがリリーに結婚を申し込む場面のモデルは、たぶん「麦秋」で杉村春子が原節子に結婚を申し込む場面。
ちなみに前スレで話題になったように、メロン事件のモデルも「麦秋」に出てくる。

「木暮」だったorz


6 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/24(月) 00:43:04 ID:iuL7lAdk
オレはこの望郷篇かなり気に入ってる。
テンポがいいよ、なんてったって。
見ていて気持ちいいね。
浦安を自転車こいでる渥美さん似合ってるしね。



7 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/24(月) 06:57:48 ID:/2JMHzbb
>>1
ちと早いけど、スレ立ておつ。

>「麦秋」で杉村春子が原節子に結婚を申し込む場面。
観ている人は分かるけど、観てない人には「どういうこと?」と疑問を抱かせるような文章だな。

よく言われていることだけど、この「望郷篇」でシリーズのパターンが定着したな。
おれも大好きな1本だ。

8 ::2005/10/24(月) 10:52:49 ID:5EdO5ukh
そうだねw「さくらがリリーに結婚を申し込む」は・・・さすがにわかるかw

「子守唄」の元ネタは多分「長屋紳士録」。笠智衆も出てくるし。

9 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/25(火) 14:32:45 ID:JGU/prjN
何かの本で、山田洋次が黒澤明を尊敬する反面、
小津安二郎を腐すのを読んだような気がするんだけど違ったかな?

10 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/25(火) 14:40:43 ID:uWJjxTuk
>>9
若い頃は小津作品を否定していたらしいね

11 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/25(火) 14:59:51 ID:bYPp+y4N
>>前スレ999

>ではあなたは「凡作」だと言いきることで、この作品に愛着を抱いている者を否定してはいませんか?
自分は、あなたのように否定はしようとは思いません。
「作品」と「その作品に愛着を抱いている者」はまったく別物です。
自分は「あじさいの恋」や「花も嵐も寅次郎」の2本を、質が高いとの評価はしませんが
「あじさいの恋」や「花も嵐も寅次郎」に非常に愛着を持っています。
そして、この2本を凡作だと断ずる人の感性を否定しようとなど考えたこともありません。
「人それぞれ」だからです。

>違った考えを持つ者への配慮がもう少し必要だとは考えませんか?
それが必要なのはあなた自身です。

12 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/25(火) 15:35:21 ID:uISpzlhp
>>11
やれやれ、まだやるの?笑
いったい私のどこが否定しているのですか?私にはあなたがたの「子守歌」への
批評のピントがずれていると思ったから、それに対して意見を述べたまでですよ。

>キャラクター造型、ストーリー構成が雑で伝わりにくい。
>それは他作品と比較して失敗しているということです。

それは要するにあなたの知性と感性が紡ぎだした判断で、真理でもなんでも
ないのですよ。それをいつしか前提であるかのように論を進めてしまっている。
もう一度虚心にあの作品を見てみて、そのキャラクター造形なりストーリー構成と
やらを全体との関係の中から見つめ直してみたらどうです。

決してあなたを否定しているのではないのです。ただ私はあの作品を本当に
味わい深い良品と感じたし、あの味わい深さが味わえないではもったいなと
思えたものですから。

13 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/25(火) 16:44:01 ID:nVqyFvGb
このスレの住人、長文レスですげえ興味深いね。良スレ。
おれは最近寅さんにはまったクチなんだけど、
第1作を見た後、「みんなのシネマレビュー」サイトで1,2を争う高評価だった
「相合傘」と「夕焼け小焼け」を見ちゃった。傑作を先に見ちゃいけなかったかと少し後悔。
好きなセリフは、”カツシカ島”、”バカだねえ・・・”、”働け、職工!”

14 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/25(火) 17:33:57 ID:7kF8BC8O
望郷篇の節子は残酷だよね。
1作目の冬子、9作目の歌子もキツかった。
残酷なマドンナ・ベスト3

15 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/25(火) 18:00:43 ID:f6otkjvR
長文レスの応酬か。完全変態 vs RICEみたいになるとおもしろい

16 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/25(火) 18:01:28 ID:bYPp+y4N
>>12
やめないなら、もうレスしなければいいんですよw
>いったい私のどこが否定しているのですか?
忘れているのか誤魔化そうとしているのか
あなたが前スレ997で書いた文章ですよ
>凡作なんて言う人の感性が疑われる。

何度観ても「子守唄」が他作品と較べ優れているとは考えないと思いますよ。
あなたが逆の意見でもかまいません。人それぞれですから。
凡作じゃないなんて言う人の感性を疑ったりましません。
わたしは。

17 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/25(火) 18:34:19 ID:uISpzlhp
>>16
凡作なんて言う人の感性が疑われる、と言ったのがどうして否定したことに
なるんですか?自分では理解できないのだから、他に言いようがないじゃ
ないですか。

とにもかくにも、あなたは人の文章をぱくるというその卑しい所行を
まず改めなさい。
話はそれからだ。


18 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/25(火) 18:36:46 ID:ujEw1KMN
>>16
横レスで申し訳ないんだけど
>凡作なんて言う人の感性が疑われる。
この部分は作品の否定とかそういう問題ではなくて、いくら個人的に面白いとは
思わない作品でも、第三者がいる場所でこういう切って捨てるような書き方をする
のはマナーが悪いと言いたいんじゃないかな。
もうちょっと配慮があってもいいんじゃないかと(2ちゃんでいうのも何だけど)。

19 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/25(火) 18:38:25 ID:4STVWglv
>>13
>このスレの住人、長文レスですげえ興味深いね。良スレ。

なぁに便所の落書きみたいなもんですよ。

20 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/25(火) 19:04:26 ID:t0V1M3nz
オレにとっての、子守唄の最大の欠点はマドンナと寅の関係が
薄い事だな。
さくらとはあのあとも合唱団を通して繋がって
いったんだけどね。

上條恒彦はがんばってるし、春川ますみはいい味出してるし、
アコーディオンを使ったテーマ曲も哀愁があっていい。
赤ちゃんネタのギャグも大笑い。
弥太郎の告白もベタだが胸を打つものがある。

全体的にはバランスがとれた程よい作品だとオレなんかは思う。


21 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/25(火) 19:17:48 ID:bYPp+y4N
>あなたは人の文章をぱくるというその卑しい所行をまず改めなさい。
どこを指している発言?
卑しいのは自分の書いた文章じゃないの?

>自分では理解できないのだから、他に言いようがないじゃないですか。
なら、そのまま「自分では理解できない」と書けばいいんです。
「凡作なんて言う人の感性が疑われる」というのは
相手の感性に疑問を持っているということ。
それが他人にとって肯定的な意味を持っているとは思わないでしょう?
わざわざ人を腐すような書き方をすることは、あなたの感覚では「卑しい所行」ではない?

22 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/25(火) 20:02:25 ID:/yxKUg7Q
〈子守唄〉で面白いのは、幼稚園でのコーラスを寅がブチ壊すところと、
そのあと喫茶店で さくらに叱られるところだな。

23 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/25(火) 20:04:47 ID:uISpzlhp
>>21
>私なんかにはむしろあなたがあまりにも表層的なストーリー展開だけを、作品の
>良否の基準にしすぎている感じがする。木を見て森を見ずとでも言うのでしょうか。

これは997で私が書いた一文だが、続いて998であなたが、

>私なんかにはむしろあなたがあまりにもテーマだけを掬い取ろうとして、
>そこに至までの全体像が見れていないのではないかという感じがする。
>木を見て森を見ずとでも言うのでしょうか。

と、書いている。こういう人を揶揄するみたいな行為を「卑しい」と
言ってるのですよ。

>「凡作なんて言う人の感性が疑われる」というのは
>相手の感性に疑問を持っているということ。
>それが他人にとって肯定的な意味を持っているとは思わないでしょう?
>わざわざ人を腐すような書き方をすることは、あなたの感覚では「卑しい所行」ではない?

これには999で述べた一文を繰り返す以外にないでしょう

ではあなたは「凡作」だと言いきることで、この作品に愛着を抱いている
者を否定してはいませんか?
「人それぞれ」だと言うなら、違った考えを持つ者への配慮がもう少し
必要だとは考えませんか?

要は物は言い様だということです。あなたの言う「凡作」の中に、それに
愛着を抱く者への「腐す」ニュアンスがないとあなたに言い切れるのか。
あなたが私の「感性が疑われる」に腐すニュアンスを感じたのなら、それは
私があなたの「凡作」の中に感じ取っていたものへのわたしなりの応答
だったのでしょう。

24 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/25(火) 22:06:44 ID:f6otkjvR
bYPp+y4Nはメシでも食いに行ってるのか?

25 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/25(火) 22:10:38 ID:H+aMxb4u
浦安で豆腐売りをする寅さんのシーンが好きだ。
夏の終わりの夕暮れ時の切ない感じ。
高揚している寅さん。(「お前も吹くか?」は兄妹ならではのセリフ)
悲劇のフィナーレを予感しているさくら。(西日を受けた横顔が綺麗だ)
このシリーズの最上の部分がここにあると思う。


26 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/25(火) 22:13:32 ID:6wXJ83vS
>>22
オープニングで寅が川に帽子落とすところもw

27 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/25(火) 23:19:43 ID:OajHdDgE
>>23
もういい加減にしたら。

作品について議論するならともかく、言葉尻のことで粘着するのは見苦しいよ。
別に構わないだろうに凡作と言っても、愛着を持つこととは別のことだし。

28 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/25(火) 23:23:49 ID:fT3yeNmQ
bYPp+y4Nは反論をしないのか。
言われっぱなしで おまえは平気なのか。

29 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/25(火) 23:27:00 ID:bYPp+y4N
>こういう人を揶揄するみたいな行為を「卑しい」と言ってるのですよ。
もちろん、それは「揶揄するみたいな行為」です。
でもここまで書かなければ、あなたはきっと先に自分の書いた文章がどれだけ思い上って
相手を侮辱した物か気がつかなかったでしょう。
しかしこんな事を書いているようでは、いまだに気がついていないのかもしれませんが。

999で書いた文を繰り返す前に、こちらの回答くらい読んでもらいたい。
時間の無駄です。
>あなたの言う「凡作」の中に、それに愛着を抱く者への「腐す」ニュアンスがないとあなたに言い切れるのか。
作品と、それを愛する観客は別物だと何故理解しないのですか?
「愛着を抱く者への腐すニュアンス」など感じたことはない。
そんな忌わしい行為は想像したくもない。
作品ではなく、それを「評価する者を腐すニュアンス」は、あなたの専売特許で
他人が同様の発想をしているとは考えない方がいい。

「凡作」の意味を調べてか考えなさい。
「愚作」ではなく「凡作」は平均的な出来栄のことです。
本来の意味に受け取らずに、これに否定的な匂いを感じるのは勝手だが
他人の感性が疑うことような、さもしい行為と混同しないでもらいたい。

>あなたが私の「感性が疑われる」に腐すニュアンスを感じたのなら、
>それは私があなたの「凡作」の中に感じ取っていたものへのわたしなりの応答だったのでしょう。
あなたがまず先に「感性が疑われる」発言をしたことを忘れずに。
こちらはその行為の後に、あえて「凡作」と書込んだのだから。
自分の都合のいいように事実をねじ曲げるのは、あまり格好のいいことじゃないよ。

30 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/25(火) 23:28:42 ID:bYPp+y4N
>>28
仕事の合間に覗いてるんだから
こおこに張り付いてはいらんないんだよ。

31 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/25(火) 23:29:26 ID:bYPp+y4N
「こおこに」→「ここに」

32 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/25(火) 23:47:57 ID:WZ4R8Kzl
仲悪いみたいに見えるけど
「議論の噛み合ってなさ」が噛み合って話が続いているので
ここは気の済むまでやらせてあげたい。
すごく楽しそうだ。
タイガーVSキッドみたいな感じ

33 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/25(火) 23:56:57 ID:f6otkjvR
あまりに思考回路が似てるので、自作自(ry

34 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/26(水) 00:03:09 ID:iCjLV1H2
>>12
> いったい私のどこが否定しているのですか?私にはあなたがたの「子守歌」への
> 批評のピントがずれていると思ったから、それに対して意見を述べたまでですよ。

それ、かなり否定行為に近いんじゃないの? ほとんど否定だと思うな、俺は。

35 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/26(水) 00:10:06 ID:Vea3/bqq
しかし「子守唄」でここまで話が伸びるとは・・・
まあ主観だけど「子守唄」は起承転結がはっきりしているし
全作品の中でも上位に上げれる分かりやすい作品だと思いますよ。

まあマドンナとの結びつきや最後のサクラの別れのシーンは
物足りなかったというのは同意ですけどね。

36 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/26(水) 00:14:53 ID:kTk72Gzl
>>29
> 「凡作」の意味を調べてか考えなさい。
> 「愚作」ではなく「凡作」は平均的な出来栄のことです。

凡作と聞いたらプラスマイナスなしの中庸と受け取るよりは
本来の語義からは離れているのかもしれないが、ややマイナスという印象を
受ける人が多いかもしれない。俺もそうかな。


> 本来の意味に受け取らずに、これに否定的な匂いを感じるのは勝手だが
> 他人の感性が疑うことような、さもしい行為と混同しないでもらいたい。

これには同意。

37 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/26(水) 00:26:52 ID:kTk72Gzl
しかしまあ、顔も知らない他人様の書き込みを少し読んだぐらいで、その他人様の
「感性を云々」と書き込むのはちょっとまずいんじゃないの。

「感」なんていけませんよ。最近の国会でもよく言われてるでしょ、「カンからミンへ」って。
重要なのはミン、すなわち「眠」。ということで俺は寝るとするか。

38 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/26(水) 00:32:58 ID:jiO8TiFA
>>33
確かに、言い回しや文章から滲み出ているものが酷似してるな。

このふたりが万が一同一人物でないとしたら、二人にとっては
心外だろうが、作品に対する認識が意外にどこかで似ているんだろうね。
似ているからこそここまで続くんだろうね。




39 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/26(水) 00:43:51 ID:SeWg306r
言い争ってる二人(?)は名無しで書き込むのをやめてくれ
名無しじゃあぼ〜んもできねえよ

40 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/26(水) 00:50:50 ID:/UNNKUCQ
>>29

>でもここまで書かなければ、あなたはきっと先に自分の書いた文章がどれだけ思い上って
>相手を侮辱した物か気がつかなかったでしょう。

その前の思い上がった私の文章とはなんのことです?どこが相手を侮辱しているのです?
あえて揶揄するみたいな卑しい真似をしてまで私に言おうとしたこととは、なんなのです。

「凡作」に対して「感性が疑われる」と言ったのは確かにあなたではありません
でしたね。別の人でした。これに関しては私が混同していたわけだが、しかし
どう見てもあれが「凡作」とは思えない者にとっては、やはりその言葉に否定的な
意味、というか挑戦的というか、要するにデリカシーを欠いた物言いとして受け
取ってしまうのは当然でしょう。
私への直接のレスで使用された言葉でしたしね。
ですから私の「感性が疑われる」というのも、いわばそれに対する不快感の表れ、
言ってみれば売り言葉に買い言葉のようなものなのです。
あなたはこの程度のものを侮辱だとかなんだとか言ってるのですか?

>「愛着を抱く者への腐すニュアンス」など感じたことはない。

では愛着を抱く者へのデリケートな配慮という点ではどうでしょう。

>そんな忌わしい行為は想像したくもない。

こんなことを言えるぐらい清廉なあなたなら、なんであたかも挑戦するかのように
「凡作」を繰り返したり、揶揄するかのようなオウム返しのレスをするのです?
私にはどうもあなたの言ってることとやってることがバラバラに思えてしょうが
ありませんがね。

41 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/26(水) 00:55:50 ID:mIZwKDYw
前スレでBS放映直後に「子守歌」をけなした香具師だけどさ
オイラ、十朱さん演じるいかにも”お嫁さんにしたい”的な女が苦手なんです。
こういう女って大概、裏があるからね。
で、リリーさんとか、この後出てくる木の実ナナさんのダンサーとか、ああいったヴァンプに魅かれるのよ。
だから、単純に「子守歌」は嫌いなの。
佳作、凡作じゃなくて、本能的に嫌いなの。
これは個人の本能的な嗜好だから、人それぞれによって感じ方が違うのは、当然です。

でも、もう少し人口に膾炙した意味合いでの、嫌悪点があります。
それが、繰り返して恐縮ですが、ストーリィには殆ど影響のない唐津おくんちの長廻し。
ここに、後年の「寅さんロケ誘致運動」に繋がる、商業ベースの萌芽が見て取れるのよ。
これが、とっても嫌なんですの。

42 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/26(水) 01:10:32 ID:fcA3SWfG
>>41
>それが、繰り返して恐縮ですが、ストーリィには殆ど影響のない唐津おくんちの長廻し。

でも、こういうのは瀬川昌治・フランキー堺の「旅行」シリーズとかでもやってたからな〜。

まあ、後年はロケ誘致自体がお祭りになってしまい、作品性を歪めたのは事実だろうけど・・・。松竹と
してもタイアップで安く挙げたい意向だしね、今でも釣りバカで同じことをやってるわけだし。

43 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/26(水) 01:24:17 ID:WM7RM1Ek
感性を疑うとか凡作論はもういいから、そろそろ「男はつらいよ」の話に戻れよ。
どうせ結論なんか出ないんだから終わりにしたらどうだ。
とりあえず今後は初期と比べてお寒い仕上がりのが続くんだから
人の感想に対して「感性云々」と書き込むクズは消えてくれ。
そんな奴がいると「夕焼け小焼け」以降は、みんな文句が多くなるんだから
うるさいこと言われたくなくて書込み減少するぞ

44 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/26(水) 02:06:04 ID:Q0pLKL/Q
んじゃまーこの際多数決で決めたらどーだい
寅次郎子守歌は佳作か凡作か
おらとは面白かったから佳作に一票だにゃ
こうゆう問題じゃねーのか
ま、いいや、すったもんだしてることだし

45 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/26(水) 09:00:51 ID:Yk/3hXdU
凡作に一票。
しっかり者の看護婦さんや考古学の学者は、寅さんと相思相愛になるはずがないから、スリルがないんだよねぇ。
合唱団の場面は面白いけど、やや凡作かな。

46 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/26(水) 09:09:22 ID:ovW/TKe3
最初は凡作だと思ってたけど、何回か見ているうちに良さが分かってきた。
全体的になんとなくのんびりしている感じがいい。

47 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/26(水) 09:12:02 ID:1CsT0bOZ
あれだけ長く続いたシリーズだし熱心なファンも多数いるだろうから
(自分もそのうちの一人だと思ってる)それぞれ一家言を持つのは当たり前
なんだよな。結局、各作品の評価なんて人によって違うだろうし、年齢・性別
社会的な立場など境遇が変わればまた異なる魅力が見えてくる作品もある。
それこそ人それぞれだが、多数決で評価の高い作品もあるわけでその代表が
「相合い傘」や「夕焼け小焼け」なんだろうけど、そういう相対的な名作以外でも
このシリーズは楽しい作品、面白い作品はいっぱいある。だからなるべく楽しく
語れるようにしようよ。凡作だ駄作だと決めつけるなんて悲しいもん。

48 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/26(水) 09:54:41 ID:Yk/3hXdU
48ゲット

49 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/26(水) 10:26:24 ID:FAe14fkI
>>47
あきらかに駄作、凡作はあると思うが、それと個人の思い入れは別のもの。
例えば自分は作品的には良い出来とは思わないが「寅次郎と殿様」なんかも好きだ。
アラカン先生と執事にのり平を起用した遊び心のあるキャスティングとエピソードが素直に笑えた。
ここはファンサイトじゃないのだから駄作凡作論、好きな作品どちらもおおいに語ってかまわないと思うよ。
そうじゃないと全面的に擁護する信者専用スレになってしまう。
但し「こんなの面白がるなんてアホですか?」「理解できないなんて池沼?」の類の、
2ch的な煽り文句はご法度でお願いしたいが。
直近の論争というか罵りあいなんかスレが荒れていく典型的な容だもんね。
自分の意見に否定的なこと書かれたからって中傷とかいって粘着する性質の人は、
こういうマッタリ系の板やスレには向かないから書き込まないでほしいよ。
論争に負ける→コピペ等で荒しとかにになったら最悪だから。


50 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/26(水) 10:44:47 ID:NRZgH5YU
味付けに例えると、
〈子守唄〉は、軽く塩を振りかけた感じだし。
〈相合い傘〉は、醤油をたっぷり染み込ませたような感じかな。
俺はどっちも好きだよ。
リリーは嫌いじゃないけど、特に抜きん出たマドンナだとは思わない。

51 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/26(水) 12:03:45 ID:pmSO2M1S
冗談言うなよ。オレがオマエと同じ気持ちになってたまるかぃ。
バカにすんな、このヤロウ。

オマエ頭悪いな、おい。
オマエとオレとは別な人間なんだぞ。
早い話がだ、オレが芋食ってオマエの尻からプーッと屁が出るか?

どうだ?


52 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/26(水) 12:13:26 ID:FxnDX8e5
第1作の光本幸子もあんまり魅力ないし、寅との関係も希薄なんだよな
喋り方や声も下品だし
子守唄を否定してる人の理屈だと1作目から駄作ってことになるのかな

53 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/26(水) 12:25:22 ID:SPU+Proe
はいはい、信者おつかれ

54 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/26(水) 12:27:28 ID:ghHnmJmD
だからそうやって、つまんない話すんのはもう止めようや。
『子守唄』を「駄作」とか言ってる奴なんかいないんだから。
あんたはあんたで『子守唄』は第1作と同じくらい面白いと思っていればいいじゃんか。
「○○と××なんて言う人は△△」とか書いて意味あんのか?

55 :52:2005/10/26(水) 12:50:32 ID:FxnDX8e5
>>54
子守唄を否定してる人の多くは十朱と寅の関係の希薄さを指摘しいる
から、じゃぁ1作目のマンドナと寅との関係をどう見てるのか
その意見を聞いてるだけだろ

なんであんた発言を規制されなきゃならんのだ
あんたがここの管理人なのか?
2ちゃんねるに何を求めるのかも「人それぞれ」だという事を覚えたほうがいい

56 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/26(水) 12:53:47 ID:YpxZ9Rfv
寅さん映画における相対的な評価の基準は単品として観たときにどうかってことだと思う。

あくまで個人的な意見だけど、
・シーリーズ作じゃないとしても良いと思えて他人にも勧められる作品=傑作
 例、1、2、望郷篇など。
・シリーズを前提としてはいるが良い作品=佳作
 例、夢枕、相合い傘、夕焼け小焼け、ハイビスカスなど。
・シリーズを前提としないと成立しない作品=凡作
 例、子守唄など
・シリーズとしても低調でファン以外には勧められない作品=駄作
 例、多数。20作目以降の殆ど。

再度断っておくがこういう評価と個人の好き嫌い思い入れは全然別次元。




57 :いい:2005/10/26(水) 12:55:59 ID:bPscMORx
まぁいいよ

58 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/26(水) 12:57:31 ID:r6Qr3uQ+
>>33

http://that3.2ch.net/test/read.cgi/rmovie/1124802460/881

論破されて逃亡したこいつの煙幕説に一票

59 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/26(水) 12:57:35 ID:vwYYEViG
寅とマドンナの関係が希薄だろうが、
寅とさくらの別れの場面があっさりしてようが、
観て面白ければそれでいいじゃん。

60 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/26(水) 13:08:41 ID:ghHnmJmD
>>55
『子守唄』を面白くなかったと言ってるひとが大抵あげてんのが寅とマドンナの関係とストーリーの散漫さだろ。
それなのに寅とマドンナの関係だけ持ってきて、それなら第1作も愚作なのか?と問いかけるのは言い掛かりみたいなもんじゃん。
意見を聞いてるだけっていうなら「第1作はどう感じた?」って聞けよ。
『子守唄』をツマンネと言う奴が多いからってムキになんな。
「人それぞれ」なんだから、いいじゃないか。

61 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/26(水) 13:10:44 ID:7bApVkzX
>評価と個人の好き嫌い思い入れは全然別次元。
別次元の線引きが、万人の納得いくものだったら、それでもいいよ。
おれは個人的な趣味嗜好があってこその客観的評価だとおもうから、
あんたの傑作・佳作・凡作・駄作の振り分けなんて意味ないものだと思うし、
各作品を振り分けて、なにが愉しいのかもサッパリ分からんのだけど。

62 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/26(水) 13:24:30 ID:cHmfFTfX
好きな作品とかあんまり好きじゃない作品とか私もあるけど、みんな同じ寅さんファンなんやから喧嘩なんかしないで。

(´・∀・)o♪

63 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/26(水) 13:51:00 ID:FxnDX8e5
>>60
いや、子守唄を否定してる人がムキになってるだけだと思うよ
5年近く寅さん関係のスレを読んでるけど
子守唄がここまで否定されてるスレはここだけだよ
一般的に子守唄はそれなりに評価さてる作品だから
反論もたくさん出てくるわけ
もしこれが3作、4作や幸せの青い鳥だったら、ここまで議論が長引くこともない




64 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/26(水) 13:59:21 ID:1CsT0bOZ
>>62
自分も同じ気持ちだなあ。作品を自由に論ずるのは何も問題ないけど
相手に対しての配慮みたいのものがほしい。
そうじゃないと荒れるだけじゃないかと。

65 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/26(水) 14:10:06 ID:vwYYEViG
最近、
特定の作品を「凡作」「駄作」と決めつける
とげとげしい書き込みが増えたね。
寅さんスレにふさわしい、
心に余裕のある、おだやかな書き込みが
以前は多かったのだが。

66 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/26(水) 14:55:28 ID:ghHnmJmD
>>63
そうかな?
否定されてるとか言うけど、みんな「初期の傑作と比較すると落ちる」と書いているだけで
愚作、駄作と突き放した評価はほとんど無いように思ったんだけどね。

>一般的に子守唄はそれなりに評価さてる作品だから反論もたくさん出てくるわけ
その「一般的」とか「それなり」とかの基準がわからないけど、俺の認識では
「前期の作品群の中では特別に高い評価ではない水準作」なんだけど。
傑作だと思わなかったということは当然、不満点があるわけで
こうだったらもっと良かったのに…との、人の感想に噛み付いてくるって人は
シリーズ屈指の傑作だと信じているのかもしれないが
俺は「望郷篇」「柴又慕情」クラスだとは思っていない。

人それぞれだな


67 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/26(水) 18:29:40 ID:aspxe5XT
それにしても評論家的な書き込みばっかりだね。48本もあればそりゃこっちがいい
あっちがいいって意見は出てくるのは当たり前だと思うけど、俺はランク付けするん
だったらその作品への思い入れがどれほど強いかで決まっちゃうな。
多感な中高生時代に映画館で封切で観たやつはやっぱり思い出深いから上位になるとかね。
「寅さん」という一本の長い映画を観続けていたと考えれば回毎に「今回はよかった」とか
「あんまり面白くなかったな」っていうのがあるのも一興なんだよな。
ここは2ちゃんねるだからいろんな書き込みがあって面白いんだけど、もっとテンポいい
書き込みしてスレタイトルをBSの放送に追いつくようにしようぢゃないか。
・・ちょっと空気が読めなかったかな俺。


68 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/26(水) 18:39:34 ID:SjHQQp2g
>>65
とげとげしいのは「凡作」「駄作」と決めつける書き込みだけじゃないよね。
「感性をうたがう」云々の書き込みもそうとうなもんだろ。どっちもどっち。

69 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/26(水) 18:52:02 ID:SjHQQp2g
       |
   \  __  /
   _ (m) _ピコーン
      |ミ|
    /  `´  \
     ('A`)    「佳作・凡作」というから荒れる。「松・竹・梅」は?
     ノヽノヽ
       くく

70 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/26(水) 19:06:16 ID:6+uTcAT8
まあ、一般的評価でも個人的感想でも、どんな話してもいいんだろうけどね。
ただ、この2つを同じ土俵で話したら結論はでないよ。
例えばピカソの絵と、どこかの子供が書いた絵。どっちが価値があるか?
一般的評価で言えば、ピカソの絵の方がはるかに高いだろう。
でも、この子供の親から見たらどうだろう。
しかもこの絵は、子供が生まれて始めて書いた絵とかだったら。
親としては特別なものになるかもね。親としては断然、子供の絵だろう。
つまり、一般的な話と、個人的感想を同じに話たらダメ。結論は出ない。

それからここからは主観だけど、俺としては個人的感想の話をもっと聞きたい。
別に一般的評価の話を否定するわけではないが、
感想のほうが、人それぞれの見方が分かって面白いので。(あくまで主観です)

71 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/26(水) 19:15:14 ID:7bApVkzX
>例えばピカソの絵と、どこかの子供が書いた絵。

滅茶苦茶な例えだな。笑っちまったよ。
例えば製作スタッフとその身内に対して、身銭を切って観に行く
縁もゆ、かりもない一般観客、みたいな感じかな。
どちらがより作品に対しての愛情が深いか、みたいな感じかな。

ただの言葉遊びじゃないの。
やめようよ、ばかばかしいから。

72 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/26(水) 19:39:06 ID:Gx6A5gx/
子守唄についてだが、弥太郎の前夜の告白の後、
駅で京子が「ちょっと..あなたに、会いたくて…」と話しているすシーンが好きだ。
十朱幸代のあの表情がたまらない。
あのシーンが有るから俺にとっては好きな作品の一つ。

73 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/26(水) 20:18:21 ID:hK5m7/5L
あの夜の告白は見ていてちょっと気恥かしいが、
なぜだか心に残った。

おばちゃんも、あとで
「あんなこと言われて心を動かさない女はいないよ」
みたいなこと言ってたね。
さすが年の功。



74 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/26(水) 20:21:58 ID:ghHnmJmD
「子守唄」は他作品と較べて
おばちゃんの比重が若干大きく感じる。
おいちゃんの影が薄いだけか?

75 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/26(水) 20:48:26 ID:r6Qr3uQ+
おばちゃん子供がいなかったからなあ。
そのくせリリーに子供できた?とか無神経に聞くしな。
おっとイカン、また話題がw

76 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/26(水) 20:51:27 ID:uYNpqT7a
あのおばちゃん、いつもいつも脇役なんだけど、
子守唄では存在感あったね。

子供ができないおばちゃん。
子供が欲しいおばちゃん。
迷惑がりながらも赤ちゃんを可愛く
思っているところが切なかったね。

あの「子守唄」はおばちゃんの
物語でもあるんだろうね…。

そういう意味でも
しみじみといい作品だな、ってオレは思うね。



77 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/26(水) 20:59:47 ID:ghHnmJmD
つねさんが印象的なのが「子守唄」だとしたら
竜造、さくら、しろしさん、タコ…で、
いつもよりピックアップされてる印象の作品ってある?
第1作を除いて。

78 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/26(水) 21:12:40 ID:VOnehx3e
タコ社長なら、大地きわこと借金取り立てにいくのが印象的かな。あと、島根の温泉津についていってあげるのとか、とらや一家で九州旅行するときに寅さんの相手してあげるとか。

79 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/26(水) 21:16:35 ID:r6Qr3uQ+
竜造、 新・男
さくら わが道
しろしさん 純情。口笛
タコ  純情 

修正よろしく 

80 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/26(水) 21:18:13 ID:r6Qr3uQ+
しろしさん 恋歌。口笛

てめえで修正。


81 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/26(水) 21:26:31 ID:Rr3334Tx
博が、存在感があるのはやはり第1作以外では、「純情篇」「恋歌」
あたりかな…。

タコ社長は確かに「恋やつれ」と「夕焼け小焼け」では
がんばってたよね。
特に駄目な事が分かっていてもなんとかしてやろうと
鬼頭に切々と訴えかける社長の汗だらけの顔を見ていると、
こういう気持ちにぼたんは最後救われるんだよな、って思えたよ。

あと「夜霧に〜」でもあけみの花嫁の父としてハレの日を迎える。


さくらは「春の夢」では愛を告白されて、戸惑い、悩む姿がある。



82 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/26(水) 21:33:45 ID:r6Qr3uQ+
お兄ちゃんは社長さんより役に立つ人間だと思ってるの?

さくら強烈w

83 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/26(水) 21:40:56 ID:ghHnmJmD
俺は
さくら「奮闘篇」
しろしさん「恋歌」
タコ「恋やつれ」「夕焼け小焼け」
竜造さんは考慮中

84 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/26(水) 22:01:37 ID:LHY81/gb
>>71
>>70 が言ってることは、何かしらの作品を楽しむ上での
大前提だぞ。一般的な普遍性を持つ価値が1つあり、
それとは別に、それぞれの人の気持ちと作品とのシンクロの度合い
その2つの相乗効果みたいなものが生み出す価値がある。
映画評の本で☆の多い作品ほど好きっていう人もいるかもしれないが。
俺にとっては七人の侍(前者)と時をかける少女(後者)は
同じくらいおもしろい!

85 :84:2005/10/26(水) 22:08:22 ID:LHY81/gb
じゃあ俺の個人的感想。「春の夢」
唯一劇場で見た、母に連れて行ってもらった寅さん映画。
母は「あんまおもんなかった」って言ってたけど
ガキだった俺と弟には梅干しのあたりで大爆笑。
お母さんと俺たちっておもしろさの感じ方が違うんだなあ、と
ガキながらに思った。外国人の切なさもなんとなくわかった。
一番おもしろい、とは言わないけど、一番スキな作品。
もう一度母ちゃんと映画行きたいな。

……まだ生きてるけど。

86 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/26(水) 22:19:37 ID:ZbYYBVj5
おいちゃんは、第1作から第8作まで存在感がバシバシ。
寅との大喧嘩も激しい。まあ、森川さんのキャラクターに
負う部分が多いんだけれどね。

第1作での喧嘩の際の啖呵がやっぱり一番かなあ〜!

第13作では歌子ちゃん親子の和解の際、
涙を潤ませながら「酒だ!酒の用意だ!」って言う
名シーンがある。

夕焼け小焼けでは2階のジジイに説教する貫禄も。


87 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/26(水) 22:28:01 ID:LyxUOF36
俺はベタベタのさくらファンだから 出てればみんな好き
「子守歌」でいえば 寅:俺が赤ん坊の父親だと思ってたのか!?さくら!
「違 うんでしょ?」 違うの?から違うんでしょ?への素早い切り替え
こういうディテールなんか作中でいちばん好き
渥美の芸は文句なしだが 倍賞もカンがいいというか間がいいというか山田演出にはまってるというか
寅さんシリーズ以外でも出ずっぱりなのも当然かな いいなあ


88 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/26(水) 22:29:42 ID:LyxUOF36
それを言えば山田作品はエピソードとディテールだけで成り立ってるともいえるのか
難しいことはわからんが とにかくおもしろいや

89 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/26(水) 22:57:40 ID:7B5ct20g
細かいところを楽しめるのが、このシリーズの
奥深いところだよね。

演出が手を抜いていないので、よ〜く見ていくと
上手いな〜ってところが随所に出てくる。

全体を見ながら細部もしぶとく追いかける。
演出がきめ細かい映画はこれができるんだな。

90 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/26(水) 22:59:06 ID:23w7L1sX
ベテランの芝居のテクもあると思うけど、
ずーっと一緒に同じ家族やってると、自然と出ちゃうアドリブもあるんじゃないかなと

91 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/26(水) 23:00:46 ID:r6Qr3uQ+
晩年の穏やかな渥美さんなら、森川さんの活きの良さは裏目に出るような気がするな。
初期のはちきれんばかりの寅だからこそ、森川おいちゃんとスイングしたんだと思う。

そういう意味では子守唄では、森川さんにガチンとやって欲しい場面があったと俺は思う。
この時期の寅は初期の粗暴さが残ってるから、下条おいちゃんでは手に負えない。すぐ博呼ぶし。
てめえあたま足りねえくせにえらそうなことぬかしゃがって! ああ森川さん好き…
それと春川ますみがいい味出してた。ああいう田舎臭い役やらせたら抜群だわ。
脳天からキンキン声出してダジャレ連発する十朱、俺はああいう女苦手です。

92 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/26(水) 23:02:52 ID:r6Qr3uQ+
下條さんの間違い

93 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/26(水) 23:12:58 ID:onHfUlki
春川ますみいいねえ〜!
第3作でもいい味出してたけど、「子守唄」は出色だったよ。
呼子の侘しさと上手くマッチしていた。
ラストでの寅との何気ない会話もしみじみ。

94 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/26(水) 23:20:43 ID:r6Qr3uQ+
そうそう、あのラストで引き締まったね!
春川ますみがラストで出る出ない、寅が訪ねる訪ねないで、
あの作品はぜんぜん違った印象になる。

95 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/26(水) 23:57:43 ID:6+uTcAT8
>>71
では、滅茶苦茶な例をもう1つ。
例えば、納豆を好きな人がいたとする(まあ、ニンジンでもピーマンでもいいけど)。
でも、納豆の世間での評価は「臭い」とか「まずい」とか、あまりいいものではない。
しかし、その評価により好きな人の味覚が変わるわけではない。
一般的評価がどうだろうと、個人の味覚は変わらない。こういうことかな。
まあ、映画と味覚は全く同じとはいえないかもしれないが、似てるものはあると思う。
勘違いしてほしくないのは、別に一般的評価が悪いってわけではない。
ただ、同じ次元で語れないってこと。
「納豆は世間での評価はよくない(一般)」「でも、俺は好き(好み)」
これじゃ結論でないしね。

>>72
十朱さんって、普段は元気な明るいイメージがあるよね。
「子守唄」の役もそういう感じの役。
そういう感じの人が、いきなり女っぽい表情を見せるからいいんだろうね。
十朱さんだから、あの役ができたってのもあると思う。
マドンナの性格、演じる人の性格、話の内容。
この相性も大事なのかも。長文失礼。

96 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/27(木) 00:03:57 ID:w/eT9unv
十朱さん(京子さん)のシーンで好きなのは、彼女が夜勤開けで、
アパートに帰ってりんごが届いているんだけど、それを
自分の部屋まで運んで、箱開けて、山形の母親に電話している場面。
あそこのトーンはキンキン声でなく、落ち着いていて臨場感もあった。

何気ないシーンだが彼女の日常が伝わって来た。

97 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/27(木) 00:54:38 ID:1OiHZvXd
子守唄でのつねさんの描き方(山田演出)は、はっきり言って嫌い。
おばちゃんの目の前に突然あかんぼが現れたことで、
母性本能がスイッチオンしたような描き方では、おばちゃんが惨めだ。
おいちゃんのせりふもあまりに説明的で逆効果。
妻のさびしい気持ちをいたわる夫の心情をもっと肌理細かく演出する
ことが、山田監督なら出来たはずなのにと思うと残念。


98 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/27(木) 01:14:32 ID:rJNNevXn
まだやってんのかよw

99 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/27(木) 01:38:26 ID:e2CoQtEm
>>97
所詮は「子守唄」なんだから、そのへんは大目に見てやれや

100 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/27(木) 01:45:33 ID:ZKvqLF5p
>>52
初期の寅はマドンナとの恋愛はメインのテーマではない、いわば刺身のツマ。
他に傑作との評価が一般的な望郷篇なども同じ。
だから光本幸子のキャラがどうだとか、寅との関係性がどうだとかは殆ど気にならないのよ。
マドンナとの恋愛がメインテーマにシフトした頃の子守唄と同列に語れるようなもんじゃない。

101 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/27(木) 01:46:12 ID:i+crjx3/
>>98
読めない人ですねえ

102 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/27(木) 06:47:33 ID:d1x/reXW
「ぼくの伯父さん」なかなか面白かったな。
主役が渥美さんから吉岡君に移っているから、
それが不満な人も多いんだろうけど、映画としての出来は悪くない。
まだ観ていなかった43作目以降をこれから観るつもり。

103 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/27(木) 11:20:21 ID:IXc6JDGJ
相思相愛のって、夢枕とリリーのシリーズのほかには何があったっけ?

104 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/27(木) 12:04:59 ID:oTsTYsdf
>>103
いっぱいあるよ。
有名なところだと32作「口笛」の竹下景子。29作「あじさいの恋」のいしだあゆみ
これに限らず、後期以降は相思相愛のパターンが多い。マドンナ側が迫ってくるのに
寅さんがあと一歩の勇気が出せずに怖じげづいて逃げてしまう。絵に描いたように
見事に振られるのは41作「心の旅路」が最後。

105 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/27(木) 16:06:39 ID:FUhkpOye
>>74
おいちゃんの影は薄いね。
あの作品は森川、松村と演じてきた竜造というキャラを全くタイプの違う
下條さんになってまだ暗中模索の段階だろうから、それは仕方がないところ。
パチンコ好き、女好きの松村竜造はお気軽な下町親父だったけど、それは下條竜造には無理。
これ以降は、寅との掴み合いの喧嘩の役割もタコにバトンを渡して、次第に
おばちゃんに「この人は頭が堅いんだから」とか言われる新・竜造になっていくよね。
きっと寅の「出来の良い兄貴」が生きていたら下條竜造みたいな人になったんじゃなかろうか。
森川竜造はどちらかといえば「やっぱり親戚、寅と同じ血が流れているな〜」と感じたけど。

106 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/27(木) 16:09:59 ID:FUhkpOye
>寅との掴み合いの喧嘩の役割もタコにバトンを渡して

まったく喧嘩をしなくなるってことじゃなくて徐々に減っていくってことね。
おいちゃんと寅が、お互いに歳をとったという理由も勿論あるだろうけど。

107 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/27(木) 18:57:03 ID:vcKdF+iW
どうでもいいことだが「相合い傘」からさくらのシャツがストライプになった
ような気がするが やっぱどうでもいいことだった

108 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/27(木) 19:22:33 ID:2UXt4gMV
いやいや、どうでもいいことだが、そういうことは実に面白い。
さくらのストライプのシャツはこのあたりの作品で頻繁に出てくる。
全く同じだったり、チョッと色が違ってたり。
ポスターを見てみるとこの頃のストライプを他の作品にも何作も
使ってる。

松竹さ〜ん、ほんと頼むよ〜。

109 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/27(木) 20:03:38 ID:gSiKbjgM
下条さんのおいちゃん、私は好きですよ。なんかほっとするし落ち着いて
見ていられる。寅さんも丸くなってきていたし良い配役だったと思います。

110 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/27(木) 20:22:25 ID:uxq4gIHZ
地味だか腕の立つ和菓子職人の味わいだよね下條おいちゃん

111 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/27(木) 22:04:56 ID:DgnUCUsM
森川さん、気風が良くていかにも商店街や消防団のご意見番みたいだな。
祭りになると妙に張り切るタイプ。そうよ、まさしく俺の親父みたいなやつよ!
松村さん頑固もんだ、ありゃ。なんか学者風情というか品のよさが感じられるんだな、 
お調子もんの森川さんは酒飲んで話せばわかるが、松村さんはむずかしいぞ… 
鷹揚に見えるが気に入られないとなかなか懐へ入れない。
俺ね東京下町で生まれて育ったんだけど、意外に思うかもしれねえが一番多いのは
下條おいちゃんタイプだったよ。森川さんタイプは目立つけど案外少ないんだなこれが。
背筋ぴーんと延ばして気が強いんだか弱いんだかわかんねえ、生真面目でそれでいて
短気で嫌な事があるとすぐほっぽり出す。あの弱弱しい風体が寅のことを心配してる
さまに重なって…ああ下條おいちゃん、いとおしいなあ。
中期〜後期は下條さんでよかったと思う。以上、実体験に基づく妄想でした。


112 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/27(木) 22:13:56 ID:jdXKx/OD
森川さんは確かに天使肌の役者。あのとぼけた味はたまりません。
渥美さんとの絡みも実に上手い。これは誰が見てもそうだろう。

しかし、

松村さんには松村さんの風が吹き

下條さんには下條さんの風が吹いていた。

結構オレなんかはそれぞれを楽しんでいる。

スケベでパチンコ好きの松村おいちゃんは憎めない
味があった。

下條おいちゃんは自分がしゃしゃり出ない分、
渥美さんをくう事も、とらやのイメージを壊す事もしなかった。
これも一つの才能だと思う。
さりげない地味で確かな演技も映画ではとても重要だ。



113 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/27(木) 22:21:48 ID:1OiHZvXd
「かもめ歌」での下條おいちゃんが好きだ。
ヒロイン(蘭ちゃん)中心に 相談役ーさくら。教師役ー博。後見人(?)ー寅。
それを見守るおいちゃんとおばちゃん。この作品では
とらや一家のアンサンブルがとてもうまくいっていて
その中で下條おいちゃんの落ち着いた演技が輝きを増していると思う。
作品としても出色だと思っているのだが。


114 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/28(金) 00:38:05 ID:ox9JZplG
>>108
ポスターのさくらの写真は使い回しが多い

        
             かわいそう(;´Д⊂)

115 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/28(金) 01:52:29 ID:K+mZO4FP
初期の作品で
どおせおいらはやくざな兄貴のところを
やくざな男って歌っているのがあったんだけど
わざとに歌詞を変えているんだろうか
たまたま間違えたのをそのまま使ったのだろうか

5か7あたりだと思う

116 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/28(金) 01:59:52 ID:7b+VQppV
第4作は「どおせおいらは底抜けバケツ」なんだよな。

117 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/28(金) 02:18:38 ID:K+mZO4FP
底抜けバケツってやつは確か一回だけだから新鮮な感じがするね
2番の歌詞が
あてもないのに♪っていうのもあまりないので貴重

あとハイビスカスの花特別編の八代亜紀の歌がとても好きです

118 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/28(金) 02:22:36 ID:C3agVFBE
12作のポスターのりつ子さんを見よ
これは可哀想。。。(iДi)
初期のさくらの顔も。。。

結構いいのは第7作のポスター。

119 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/28(金) 07:35:21 ID:XI84JPYj
第7作奮闘篇のはいいよね
それまでのってわざと下手な絵看板のタッチを狙ったみたいで
どうもいただけない

120 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/28(金) 08:04:38 ID:N9dH5DGu
俺の好きなポスターは、
22作「噂の寅次郎」・24作「春の夢」・28作「寅次郎 紙風船」。

121 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/28(金) 09:46:37 ID:dE5tyLe/
粋なねえちゃん立ち小便

http://blog24.fc2.com/p/ponybin/file/p_magic.jpg


122 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/28(金) 11:55:24 ID:xKYwlSpQ
>>118
7作目がいいって?
渥美さんの笑顔は最高だけど、さくらの顔ひん曲がってるじゃねえか。
初期ポスターでさくらの映りが良いのは8作目。9作目も人気あるみたいよ。

あれ、さくらの話だよな今?

123 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/28(金) 14:52:19 ID:C0a0c3T5
トラ  古里ってなーなー
サクラ え〜〜〜?
トラ  古里ってなーよー
サクラ え〜〜〜?
    プワーン ガタゴトガタゴト・・・
望郷篇の名場面だったが
これって、ディビビエの「望郷」のパクリじゃないかと
ジャンギャバンが波止場で大声で叫ぶ 打ち消すように船の汽笛が

124 : ◆KyUpmG9.1. :2005/10/28(金) 15:07:30 ID:2vq3syP8


125 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/28(金) 16:24:58 ID:Rx+yFqAm
純情篇な。

126 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/28(金) 18:40:30 ID:C0a0c3T5
賠償姉妹にしろ叶姉妹にしろ
年齢を重ねるほど ええ女になるタイプがおるんじゃね

127 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/28(金) 19:33:01 ID:x094wIjW
倍賞姉妹と萩原健一が共演してる〈離婚しない女〉という映画があるそうですね。
すごく見たい。

128 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/28(金) 20:09:14 ID:dbThzf+u
化膿姉妹ごときと比べるなよ

129 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/28(金) 20:24:46 ID:h9DOANZH
化膿って ・・ あのグロかよ ゲっ 吐きそ

130 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/28(金) 20:43:54 ID:v5HBIX9T
寅さんの啖呵で「国の始まりが大和なら」って続いていく奴で
「助平の始まりは小平義雄」とか言う場面があったけれど
あれはNHKではカットかな?

131 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/28(金) 20:50:43 ID:OW/ph1rC
つうか いままでのBS2の放送でカットされたとこあるのかな? 
けっこう きわどい用語も普通に放送してるよね。

132 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/28(金) 21:33:28 ID:ErKLPmS5
「相合い傘」で寅がさくらに伝えるパパ宅の電話番号は、音声の一部が飛ばされてた。

133 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/28(金) 23:00:04 ID:Y6URM8aT
スレで評判の良かった「口笛を吹く寅次郎」を初めて見た。
48作中まだ半分ぐらいしか見ていないけど
個人的には今まで見た中で一番面白かった。

さくらが坊さんになった寅さんを見て泣くシーンや
おいちゃんが、「これが本当の三日坊主ですね」と言って
御前様に怒られるシーンが特に印象的だった。

今まで一番好きなマドンナは「フーテンの寅」の栗原小巻だったけど
今回の竹下景子はそれ以上に良かった。
寅さんが博のお父さんの墓参りに行くシーンがあるけど
実際に志村さんは亡くなっていたんだね。
寅さんとの絡みが見られなくなるのは残念だ。

134 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/29(土) 00:28:38 ID:OQNcMRCv
>>131
どこといわれて覚えてるわけじゃないけど、けっこうカットされてるよ。
エアチェック派の俺はそのたびに悔しい思いをしてます。

135 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/29(土) 00:33:43 ID:w6AsRoYF
奮闘偏で森川おいちゃんがさくらに『あのふたりは足りねえ同士だからよお…』とか言う台詞。
ありゃ俺にとっては結構ツボだったんだが、まあカットは妥当かもしれねえなあ。

136 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/29(土) 00:40:53 ID:w6AsRoYF
>>133
『口笛を吹く』は生徒に見せたら人気NO1だったと、どっかの粋な大学教授が本に書いてた記憶あり。
俺は柴又駅の別れのシーンが好きだわ。竹下景子は寅シリーズと相性良いな。

137 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/29(土) 10:41:44 ID:ihTBdtfE
夕焼け小焼けの評価が高いですけど、僕はあまり感じなかった。
岡田嘉子のシーンは、自分の実人生に重ね合わせるようなセリフと
ともに何とも言えない静かな迫力を感じたけどね。
太地喜和子は顔に自信がないのか、アップではっきり顔が決まる
写し方をしてないように感じた。
夕焼け小焼けを高く評価する人には、どのあたりが良かったのか
教えて下さると、僕の寅さん鑑賞も深みが増すと思うんで、教えて
くれませんか。(あおりじゃないからね)

いっぽう、『口笛を吹く』は僕も大好きな作品です。

138 :葛飾立志篇:2005/10/29(土) 11:21:05 ID:+dYrPwvp
放映日age

139 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/29(土) 11:36:23 ID:AODxXHwE
うあー・・・ そんなにカットされてたんだ・・・
全然気づかんかった。 カットってどんな形でカットされてるんでしょうか?
不適切な表現やNG用語のとこは丸ごとシーンごとカットって形?



140 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/29(土) 12:31:37 ID:iV4jahpC
たしか
第五作の社長「あの人は近所のキチガイで不良ですから」
     →「あの人は不良ですから」という形でカット

141 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/29(土) 12:53:10 ID:5sPDujsq
今日、放映日なんだね。
でも俺としては、土曜より日曜のほうが合ってるな〜なんて思ってしまう。
雰囲気的に。

まあ、放映してくるだけでも、ありがたいんだけどさ

142 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/29(土) 14:13:22 ID:hoZl4wM3
それにしてもあの子役はなんか、地味だよね・・

143 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/29(土) 17:46:01 ID:yAcpY1j3
きょう、「女は度胸」のDVDが届いた。
森崎東監督の映画の渥美さんは、初期の寅以上に粗暴。

144 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/29(土) 17:54:24 ID:OdvDmWBm
今日発売の「喜劇・一発勝負」(山田監督)のDVDを発送したってメールがきた。
明日は「葛飾立志篇」の録画を見返すのと両方で忙しい予定

145 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/29(土) 19:35:32 ID:OdvDmWBm
パーフェクトガイド見てたら 今日の「立志篇」に
蛾次郎夫人の嫁入り姿があるとなっていたが
それって以前に放映されたときのにあったんじゃなかったっけ

146 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/29(土) 20:49:40 ID:0gVYVaDj
「忘れな草」、渋谷のHMV、タワー・レコード、TUTAYAのどの店でも品切れだった。
笑うしかなかったな。

147 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/29(土) 22:55:11 ID:/UKIRW19
葛飾立志篇は傑作だなぁ
やっぱり70年代の作品はハズレなし

148 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/29(土) 23:09:08 ID:+dYrPwvp
安易にマドンナとヒゲ先生がくっつかなかったのが良かった。

149 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/29(土) 23:17:12 ID:EuACjdpc
傑作かどうかは別にして盛り沢山の楽しい映画だ。
いくつか不満もあるにはあるが。

150 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/29(土) 23:20:01 ID:0T4VqXzH
樫山は綿引勝彦のカミさん 夫婦そろって好きな役者だ

151 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/29(土) 23:47:30 ID:phrFyj29
そう言えば「おはなはん」の歌は倍賞が歌ってたんだな。
わしは紅白で倍賞が「おはなはん」を歌って、審査員席に招かれていた
樫山が手を振っているシーンをかすかに覚えているぞ。
どうでもいい話だがな。

152 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/29(土) 23:48:43 ID:5sPDujsq
ヘルメットかぶった、さくらに萌え

153 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/30(日) 00:03:04 ID:j3w08G8L
「どうでもいい話」じゃありません。良い話。
そのシーンぜひ見たいですね。
「おはなはんの歌」は心にしみる名曲。

154 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/30(日) 00:11:36 ID:E8xvPBca
「葛飾立志編」(75)の「田所」(小林桂樹)は、「日本沈没」(73)から
持ってきたキャラクターですね。

155 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/30(日) 00:52:31 ID:6lWkAb5a
ttp://www.asahi-net.or.jp/~QM4H-IIM/kohaku.htm

『おはなはん』は1966年(S41)みたいですぜ。
下町の太陽、瞳とじれば、さよならはダンスのあとに、なんと4年連続出場!
知らなかった…。ちなみに俺の紅白の記憶は70年からで、ガキのくせに点数付けてました。

156 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/30(日) 01:19:25 ID:7gWNGsjD
今日の葛飾立志篇は寒河江が風情があってよかったよ。
お雪さんとの思い出も、しっとりとしていたね。

順子ちゃんのためにみんなで写真撮るとこなんか
ほのぼのしていていい。

マドンナが寅さんのこと眼中にないのは寂しいが、
田所教授もふられたのでよしとするか。

田所教授はタバコ吸いすぎ。
ありゃあとで困るぞ。

ラストもふられたようなふられてないような…って感じで
気に入った。富士山いいねえ。





157 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/30(日) 01:25:41 ID:K7M1L5WL
シンミリする話は好きでは無いので    立志篇は一番好きかもしれない      桜田淳子がとらやを訪ねて来たトコや   寅と博が眼鏡の件で 喧嘩してる場面なんざぁ笑えまさーねぇ

158 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/30(日) 02:11:21 ID:DqHUg6GL
だるまじぇんし!

キュウネン!

あのへん笑いました。

寅:ふんどし

博:パンツ

159 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/30(日) 02:37:14 ID:TLlC+ZcL
君は僕の師だよ!

160 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/30(日) 06:21:37 ID:E8xvPBca
>>156
あんまり書き込みがないねえ。「教養」や「勉強」について、好悪は別にして恐ろしく真面目で
啓蒙的なテーマを扱った映画だと思うんだけど・・・。
寅のような愛される「馬鹿」は、勉強に目覚めてもやっぱり利口になれない、とい
うあたりは、「労働」を扱った「望郷編」に通じるペーソスですね。

161 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/30(日) 06:56:50 ID:nNd3/zab
寅が勉強するわけないよなあ〜。
しかし寒河江で学問しようとした時の「気持ち」だけは本物だったんだが…。
慣れない事はしないほうがいいねえ。
とらやのコーヒーはレギュラーだったなんて。。。。。
それにしてもいいラストだ。この「葛飾立志篇」悪くないと思う。

162 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/30(日) 07:55:28 ID:jNSNIrCy
渥美が小林にくわれてた。


163 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/30(日) 10:50:06 ID:Toh4Ohff
大滝秀治さんの和尚さんとのシーン、あの時の寅さんのしゃべり方っていいですね。
いつもだと渡世人気取ったり妙に優しいしゃべり方することが多いと思うんだけど
あそこでは普段とは違った寅さんだった。自分にしてみればシリーズ通してみても
強く印象に残るシーンのひとつです。

164 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/30(日) 15:34:53 ID:lD+9bXe2
>>162
それはあるかもしれん。

165 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/30(日) 16:44:18 ID:aTsYWu2p
田所先生のラブレターがロマンチックで泣かせる。
でも振られちゃうんだよね。
最後に寅と二人で元気そうにしていて良かった。
地味な作品だけれど佳作です。

166 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/30(日) 17:03:29 ID:AQG0o9MC
ラストの観光船の女性のガイドみたいな人、あれ、
岡本茉莉だよね。

167 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/30(日) 17:04:22 ID:O3x8aHfl
今回は西部劇か。
しかし、吉田義夫はおもしれえな(w

168 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/30(日) 19:37:26 ID:byNdQ2JB
俺は高校3年の正月に彼女とこの映画観る約束で待ち合わせして、直前にヤダと言われて「トラック野郎」観に行かされた、苦い経験有り。直後別れた。

169 :168:2005/10/30(日) 19:39:34 ID:byNdQ2JB
後で知ったが、二股かけてた奴が桜田淳子のファンだった。納得!


170 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/30(日) 19:39:36 ID:EPITw/a4
ってか、BS2でやってる寅さん、音質悪すぎじゃない??ウチBSデジタルで見てるけど、DVDと聞き比べると全然悪い。。

171 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/30(日) 20:33:33 ID:E8xvPBca
>>169
ああ、そっちの方と「寅さん」を観に行ったんだねw

172 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/30(日) 21:11:57 ID:rt6nHXfV
おいおい、二股かけられたのはしょうがないけどさぁ
高校生のデートが「寅さん」か「トラック野郎」はないだろ(w

当時だったら「小さな恋のメロディ」とか「フレンズ」だろ?


173 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/30(日) 23:50:14 ID:P67Od8+P
忘れな草のリリーが、頬の笑い皺のせいか老けて見える。
でも初期のハイソックスのさくら並みにカワイイ。

174 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/31(月) 00:59:28 ID:m8Zthy68
俺の両親がデートで「夕焼け小焼け」を観たらしい。高校生じゃなかったけどw
父親が渥美清のファンで、母親は「ヤクザの映画なんて」と嫌がっていたらしい
が、その時寅の洗礼を受けてしまったようだ。

175 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/31(月) 01:18:52 ID:SwX6dbGf
親戚の高校生を毎土曜日に晩飯に呼んでいるんだが
いまどきの若者は「ダサくて貧乏臭い」とこの映画なんて観たがらないのよ
「このオバさんは『ハウル』に出てた婆さん?」ってくらいで
出演者は誰ひとり知らないし。

最初は「こんなの見るの〜?何か違うのにしようよ〜」とうるさかったが
数週間前にポツリと「博さんっていい人だよな」と言った。
先週は「タコっていつもタイミング悪いよな」と。

こいつも30本を越えるあたりから楽しんで見るようになるなと思った。

176 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/31(月) 01:33:43 ID:LSVg+T3W
「新・男は〜(第4作)」では、栗原が部屋代を渡そうとするのを
「こんな汚い部屋で金もらうのは失礼」って言って、返そうとするけど
昨日のやつ(第16作)では、普通にもらってたね。
寅さんが少し常識的になってきたというか、丸くなってきたのかな。
初期は恋愛以外が中心だから、荒々しくてよかったけど
中期は、恋愛中心でマドンナと釣り合いとるため
少し常識的になってきたというか(メガネ買うってのはまだまだ常識外れだけど)。

前期の荒々しい感じが少し合わなかった俺としては、これ以降の寅さん(中期)が好きだな。
一般的に中期は不評みたいだけど

177 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/31(月) 01:39:56 ID:7sFIPCID
>>176
俺も中期が好きだぞ、元気出せ、青年

178 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/31(月) 02:22:48 ID:5+8H0M0s
岡本茉莉さん「いなかっぺ大将」で声の出演してたのは
既出ですか。

179 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/31(月) 02:58:42 ID:SwX6dbGf
前スレの岡本茉莉祭りの時に既出。
ちなみに現在は「岡本茉利 」なので注意

180 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/31(月) 06:13:14 ID:p2A8S3zN
寅さんの母親の話、なんで映画で二回しか出てこないんだ?
結構重要だと俺は思ったんだけど

181 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/31(月) 13:43:13 ID:rm9CUgG9
「家にも余剰人員が一人いるんじゃないのか?」
っておいちゃんの言葉何作目でしたっけ?

182 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/31(月) 14:59:03 ID:m8Zthy68
>>181
80年代後半だよね。「幸福の青い鳥」かな?

183 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/31(月) 16:37:16 ID:yBLlL1gg
こないだ2作目を見返したけど、ミヤコ蝶々の啖呵の迫力たるや凄いね
連れ込みホテルでの寅さんとの罵り合いは鳥肌が立ったよ(ラストも最高)

蝶々さんと渥美さん、もっと絡んで欲しかったなあ

184 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/31(月) 20:36:20 ID:oYYDG25i
第二作は壮絶な母子喧嘩のあと、ホテルのステンドグラスがうつされるのだが、ここに描かれているのが聖母子像という皮肉。

185 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/31(月) 20:38:14 ID:XKc+Tkwq
>>182
そんなあとじゃないんじゃ?
いや俺も思い出せねーんだけれども、社長がオフセット(印刷機)入れた
ときだったっけな。前は人手不足だったけど、今は機械がやってくれる
から人余りでさー、みたいな。

186 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/31(月) 21:01:00 ID:8z8Nvthr
『青い鳥』だよ、今確認した。確かにオフセット入れたのはその2年前だ。

ミヤコ蝶々さんの訃報の記事めっけ。監督や倍賞さんのコメントもある。
麻薬中毒の時期があったりとか健康に難があった人だから、舞台に専念したのかもしれねえな。
『浪速の恋』の時にでも、ちっとだけでも出て欲しかったな。
ttp://www.nikkansports.com/jinji/2000/seikyo001013.html

187 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/31(月) 21:09:03 ID:uY2zGL48
ミヤコ蝶々が生前に「いくつも歳の違わない(8歳違い)オッサンの母親役なんていやだった。
あんな四角くて可愛げのない顔の息子はいらない」と笑い話にしていたのはよく聞いた。

188 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/31(月) 23:59:44 ID:Ct5CkcXU
寅さんって、もしかしたら童貞なんじゃなかと思えてきたが
どうなんだろ? 2ch独身スレで見掛ける様な「魔法が使える」
状態みたいだ

189 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/01(火) 17:20:17 ID:BuPJFPbd
廉価版DVDで「口笛」を探しているんだけど、
たいがいの店では売り切れているよ(´・ω・`)
出来のいい作品はやっぱり売れているんだね・・。

190 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/01(火) 18:28:53 ID:+bgEOKbg
予約入れとけばいいのに。


191 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/01(火) 20:40:02 ID:/5QmlCht
10/31で終わったのでは?>廉価DVD

192 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/01(火) 21:08:48 ID:ZkweMoMI
一日過ぎてるけど、通販サイトで検索したら一応出てくるね、廉価版。

193 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/01(火) 21:09:05 ID:rGnekXqW
自慢じゃ無いが、俺には君らが羨ましく思うであろう「いいこと」がことがある。
シリーズを45本しか見ていない俺は、まだあの評判のいい『口笛を』を見てないのさ。
これから、まだ見ていない「男はつらいよ」を観る機会があるという幸せ…
あ〜〜〜〜、楽しみ。

194 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/01(火) 21:29:39 ID:ZkweMoMI
20番台の作品はだいたい好き。
ただ27・28・29は苦手。
3つとも名作なんだろうけど、話が暗いので、
見たいという気持ちがあまり起きない。

195 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/01(火) 21:35:36 ID:8buL0u3f
『口笛を』の時の竹下景子ってあの寺(自宅)でふたりっきりとかに、
なったら俺、押し倒しそう。 それ位かわゆいよね、アン時の竹下。
竹下さんより、少し年下です。

196 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/01(火) 22:38:09 ID:saLza6YR
>>193
口笛童貞か〜。大事にしろよ!
俺は実は拝啓だけまだ観てない。ずるずると11年…。

197 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/01(火) 22:40:56 ID:mB/FvULf
”三択の女王”の頃かな?
実際の景子タンは、名古屋弁丸出しでベラベラ喋るんで、かなり萎えるそうだよ。 

198 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/01(火) 22:43:55 ID:v5v777zH
個人的には「浪花の恋の寅次郎」の松坂慶子がダントツでエロイと思う。
寅と食事をするシーンで上着を脱いでノースリーブ姿になるところが堪らない。
「口笛を吹く寅次郎」の竹下景子は最も好きなマドンナだが
お嫁さんにしたいタイプだ。
「口笛〜」は物凄く面白い作品なんだけど最後が切なすぎる。
寅が列車に飛び乗って朋子と一緒に高梁まで行って欲しかった。

199 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/01(火) 22:50:27 ID:3luRkXw1
俺は「夜霧にむせぶ寅次郎」を ちゃんと見ていない。
テレビで一度、最後のほうをチョコッと見たんだけど、
風子が寅次郎を罵倒していて、見ていて気分が悪かったんだよね。
一度レンタルして きちんと見たいんだけど、
見るのが怖くて まだ借りてない。

200 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/02(水) 00:37:10 ID:NyrPI+gK
うーんタイムマシンに乗って誰かひとり好きにしていいって言われたら
ふみさん(松坂慶子)だなあ。俺的にはあたま一つ抜けてるわな。
あの状況で雁之助はんの部屋で寝た寅は漢だなあ…抱かれる覚悟は当然してるだろうに。
前にも書いたが居間のテレビの上に『浪花の恋』のポスター貼って嫁に怒られたよ。

201 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/02(水) 02:32:16 ID:ArPanAUI
>>188
寅さんはマドンナには指一本触れてはいない。
風俗なんかにも絶対逝かない。
はちまきして、何時も一人淋しく女将相手に安い酒だよ。

最後のリリーの肩は惜しかったが。

202 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/02(水) 03:38:15 ID:qCmGduEi
>>201
>風俗なんかにも絶対逝かない。

画面外ではどうかわからんだろw 女性に「さくら」的な母性・聖性や愛情を求めるが余り、異性
に対して常に潔癖で博愛主義者であらざるを得ないところはあるだろうけどね。

203 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/02(水) 12:49:07 ID:RJlizNzV
ストリップは見に行くよね。

204 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/02(水) 14:22:26 ID:892kpqvV
>>203
劇場が映ってたシーンがあったな。
もしかすると客になっときもあったかもな。
でも、その時の寅さんの目をしばたく表情がリアルに想像出来杉。
それに、あの年で、田舎の場末のひなびた劇場に昼間からいたら、それも悲し杉。

205 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/03(木) 15:24:32 ID:Q017Qyc6
あき竹城あたりが楽屋から出て来て、なまりで寅さんに話しかけそうだな。

206 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/03(木) 20:58:30 ID:vege8fYx
「純情篇」(マドンナ:若尾文子)を初めて見ました。
これは兄妹愛を強く感じさせる作品ですね。
柴又駅での別れのシーンでは思わず泣いてしまいました。
森繁さんの前で熱弁をふるう寅さんも非常に良かった。
「夏になったら啼きながら〜」は名台詞ですね。
寅さんはやっぱり詩人だ。
このシリーズはいい作品が多いな。

207 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/03(木) 22:08:37 ID:bo8beX9p
〈純情篇〉では、
「とらやの団子は鼻クソ団子」と寅が言って、
おいちゃんとケンカになったあと、
さくらが怒って帰っちゃうシーンがありますよね。
そのあと路上で寅が さくらをなだめるところにも兄妹愛を感じます。

208 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/03(木) 22:09:36 ID:LD6Oqvpf
206
このシリーズ最高の兄妹の別れのシーンだね。
さくらが自分のマフラーかけてやるんだよな。

209 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/03(木) 22:24:21 ID:J8l+7IWO
寅が飯をむさぼり食っている時の、夕子(若尾文子)の表情がとてもいいんだな。
あの瞬間に寅の抱く好意に気付いたんだろうな…
ああいう配慮というか優しさが節子にあればw

210 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/03(木) 22:51:20 ID:/pPP5EKH
夕子さんはあまり魅力の無いマドンナだったが、

江戸川土手で寅と散歩した時
寅の優しい人格形成がこの風景や風土から来ていることを
肌で感じていた。これはなかなか繊細な感覚だね。

寅が仁義を切るその言葉の数々も心底素敵だと言っていた。

なかなかの人物だよ彼女は。

あの自暴自棄の夫が足をひっぱっていたね。

211 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/03(木) 23:13:27 ID:N/yC+WDI
明日年に一回の柴又巡礼に行く。
しかし、寅さん記念館てのはお粗末だよな。
もっと工夫すべき。

212 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/03(木) 23:29:31 ID:bo8beX9p
柴又って観光客で混んでいるそうだけど、平日でも やっぱりそう?

213 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/03(木) 23:41:48 ID:J8l+7IWO
いえいえ平日は空いておりやす。
夏休みなんかは平日でもそこそこ賑わってます。
そういうあっしは柴又在住。

記念館は運営が葛飾区ですからどうにもこうにも。
小諸は実際どうなんでしょうか。なかなか行く機会がなくて。
展示品の内容は関連本などに載ってましたが。
ttp://www.kanko.komoro.org/mido/torasan.html

214 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/04(金) 07:34:06 ID:az1f1LeE
純情篇で夕子が夫について行ったのは
寅の前から身を引く意味もあったのか

江戸川べりで寅がつんだ花束も受け取らなかったし
そのへんは彼女の行動は首尾一貫している

215 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/04(金) 21:00:40 ID:heOoO3kN
柴又の記念館のくるまやセットで階段の所に腰掛けて
「…聴いてたよ」のマネしたことある。



216 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/04(金) 22:02:36 ID:RVvUl+0h
いよいよ明日は、真打の登場ですなぁ

楽しみです。

217 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/04(金) 22:16:56 ID:yRr0UG5a
オイラは柴又行くと、「記念館」には行かないが、「日曜庵」は必ず立ち寄るな。
ポタージュみたいな蕎麦湯に、塩かけて啜るのがたまんねぇ。

218 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/04(金) 23:08:56 ID:SVlFPDAc
明日は「夕焼け小焼け」について語ろうぜ!

それにしても小学館から出た予告編DVD付の新刊、
なんだかなあという内容だったので買わなかった。
なんか作品に対する愛が感じられない。
かわりに『泣いてたまるか』のシナリオ本を購入。
こっちのほうが面白かった。

219 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/05(土) 01:29:52 ID:LL4XWy++
桜井センリの市役所課長もいい味出してたよね
お座敷芸を披露する羽目になったときに、芸者のぼたんに「笑うな」と
あらかじめクギを差すあの真剣ぶりが微笑ましかった。
市役所課長と芸者との間に通うある意味戦友のような心の交流。
好きだなぁ、あのシーン。

220 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/05(土) 07:01:45 ID:Fy5E8JWH
おばちゃんのルンペン発言はカット必至か?

221 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/05(土) 08:45:57 ID:LwKv0Xn0
とうとうシリーズ最高傑作放映の日がきちまったか。
あとは落ちる一方だと思うと、ちょっとさみしいな……

222 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/05(土) 09:13:00 ID:kYaVs/Ig
まだ、口笛があるじゃないか。それ以降はアレだけど。

223 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/05(土) 09:15:12 ID:vcT28Uh+
ハイビスカスと知床もあるよ。
夕焼けが最高傑作という人は多いね。

224 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/05(土) 09:35:08 ID:OZVV8JoD
俺は、1作目から12作目までの12作品が最高傑作だと思う。
10番台の作品ではほかに14・16・18がいい。
20番台では、21・22・24・26かな?
〈相合い傘〉と〈夕焼け小焼け〉はイマイチ。

225 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/05(土) 11:08:17 ID:2sK1WotU
もうわかったよ。
俺は釣られないぞw

226 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/05(土) 11:14:18 ID:pagGHC1A
俺も釣られないw

227 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/05(土) 11:29:04 ID:ch8ilnnx
どうでもいい話題だが今日の作品から主題歌の2番が「あてもないのに…」ってのに
差し替わる。これは17〜19作でしか聴けないレア歌詞だ。
因みに「どぶにおちても…」が復活するのは22作から。

228 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/05(土) 11:43:59 ID:YPwud/oC
「夕焼け小焼け」は大嫌い。
汚いジジイが有名日本画家だとわかったとたんに卑屈になる とらやの面々。
返済の催促をタコ社長に手伝わせる ぼたんの どうしようもない甘え。
シリーズ中屈指の駄作。

229 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/05(土) 11:45:10 ID:FNLd6xzF
おれ今日スイングガール見るわ

230 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/05(土) 13:53:50 ID:n7I/B9Tg
未見だが228のような見方もおもしろい それだけ傑作なのかもしれんし

231 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/05(土) 14:29:56 ID:4Ynd+QLH
>>228
薄汚くて無礼なおっさんが、有名画家だったら誰だって驚くし、その後の対応も変わってしまうのはしょうがないよ。

牡丹は一人で行くつもりで上京してきたんじゃなかったっけ。
タコ社長を行かせたのは寅でしょ。
今で言う1000万くらいを取られ芸者人生を送ってる女性を
「どうしようもない甘え」というのは厳しすぎるな。

232 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/05(土) 16:28:14 ID:hBjjqMwc
>>231
同意。
金の交渉にはタコを行かせ、自分は画を頼んで断られる、
普段粋がってる寅が現実社会ではまるで使えない男という描写が残酷で悲しい。
だからこそラストシーンに救われる。

233 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/05(土) 17:15:33 ID:ItFIon4C
夕焼け小焼けの話題はもう飽きたから、
そろそろ最低傑作と呼び名の高い
夜霧と青い鳥について語り倒そうぜ。
賛否両論よろしく。

俺はトニーってキャラ好きだけどなぁ〜

234 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/05(土) 17:38:18 ID:UwoBbS6j
青い鳥傑作だよ。
長渕がいい味出してるじゃん。

235 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/05(土) 17:38:31 ID:cDIpN9Rf
いろいろな考えがあるねえ・・。
やっぱり今晩が楽しみだ。

236 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/05(土) 17:50:48 ID:Q5Y5xpxB
>汚いジジイが有名日本画家だとわかったとたんに卑屈になる とらやの面々。

元ネタは落語「抜け雀」の宿屋のおかみさんだろ。

237 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/05(土) 17:53:08 ID:4Ynd+QLH
青い鳥はストーリーがいまひとつだったな・・・。
寅さんの出番が長渕夫妻より少ないような感じもある。

長渕の演技はTBSの「家族ゲーム」以外あんまり好きになれない。


238 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/05(土) 19:02:40 ID:Oz+pH/Gv
「夕焼け小焼け」は有名画家に絵を描いてくれと頼む、寅の常識やぶりの行動が光る一作。
寅の馬鹿で常識のなさは、普段はとらやに迷惑をかけたり、失恋につながったりでマイナス。
いつもはその無力感や哀愁がラストに漂いながら終わるものが多い。
しかし今回は、その非常識が最後、牡丹を感情的に救うという形で見事プラスに描かれ、
寅の存在がプラスに光りながら終わる。恋愛一辺倒ものとは少し異質の作品。

239 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/05(土) 19:09:50 ID:jSEH2Zou
青い鳥は長淵と寅の絡みがほとんど無いのがね。。

さて、今夜は夕焼け小焼けか
個人的には純情詩集、寅次郎頑張れ、が最高傑作だと思ってるから
前夜祭的に楽しめるなぁ

240 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/05(土) 20:07:42 ID:tnGyp/JH
溶けて流れりゃ、みな同じぃ♪

あと、一時間、ハァハァ(;´Д`)


241 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/05(土) 20:54:50 ID:C2OCzLa+
初めて「夕焼け小焼け」を見たとき、俺も>>228と同じように思ったが、何度か見ているうちに好きになった。

242 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/05(土) 22:58:15 ID:up7miDSX
結局所帯もてたのか?

243 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/05(土) 23:21:11 ID:Fy5E8JWH
「いったいどこへ行ってたの?」と聞くさくらに
「どこへ行ってたっていいじゃね〜かよ。どうせろくなところじゃね〜や。」
とだけ答えて旅立つ寅。
「龍野でいろいろお世話になったから君にあげる」とだけ添えて
ぼたんに牡丹の絵を描いて送った青観。

二人とも粋だね。やっぱりいい作品だ。

244 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/06(日) 00:03:15 ID:85kP4+Ez
うーん。久し振りに見たけど、オイラ的には最高傑作というよりは、異色作かな。
名シーンの連続ではあるけど、エピソードを詰め込み過ぎな感じだな。
しかも、余りにストレート。
ワンクッションおいた間接照明的なシーンが、男はつらいよの良さだと思うが。

No.6池内順子の悪徳不動産屋との電話でのやりとり>>牡丹と社長の借金取立て
No.10田中絹代の墓参り>>岡田嘉子の「後悔は...」

ただ、寅が青観宅に乗り込み、牡丹のためになりふり構わず「絵を描いてくれ」のシーンはいい。
前作で寅が田所教授に恋愛指南する「この人を幸せにしてやりたい。この人のためだったら死んだって構わない」
を実践してて、カッコよかったよ。

245 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/06(日) 00:08:11 ID:DHSaWreA
もう17作なの。
さすがNHKはどっかの局と違って早いねえ。

私は17作は苦手。寅さんには異質の真性悪人が出てくるし
結局は悪の前に無力な話。夢のジョーズも残虐すぎる。

246 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/06(日) 01:41:47 ID:nesLvima
あの夢はどうもね
この作を通じて演出がわりとストレートというか
ややくどい印象を受けたけど どうせ何回も見なおすから
違う印象になるだろう 
だいいち さくらをああ老け顔に撮るのもどうかと思うが
それも録画の画質が悪いのが幸い ソフトフォーカス 再見再見

247 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/06(日) 03:16:46 ID:QIAWN4hG
夢のジョーズおもろいじゃんw
さくらの足もつくりもののっぽいし。
残虐とまでは思えないな。

248 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/06(日) 05:17:32 ID:jEB2MfeI
>>242
「夕焼け小焼け」では、ぼたんは寅を振っていない。寅が先生のいる東京の方向に
何度も遥拝をして終わっている。
恐らく、あの後、寅とぼたんはしばらくは一緒に暮らしたんだろうな。どうせ
別れちゃったんだろうけど、たまには寅の恋が実った(であろう)という話。

249 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/06(日) 06:00:54 ID:WGY5HSlI
♪私のラバさぁん xxx長のむすめぇ〜

250 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/06(日) 07:41:57 ID:lksUNcmh
「寅さん完全最終本」を本屋で見た。
気になったのは写真。
モニターに映った画像をそのまま取り込んだような
ぼやけた写真がたくさんある。

251 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/06(日) 08:30:51 ID:ozYnd309
>>248
そうそう、あのあと、ぼたんと何日かは楽しい日々を
送ったんではないだろうか。
そう思うとなんか嬉しくなる。

でも一緒には住んではいないだろうけどね。
そんな甲斐性は寅には無い。

この作品はなんといってもぼたんがいいよ。


252 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/06(日) 10:46:26 ID:wQk5ISKn
寅さんとボタンの丁丁発止の楽しいやり取り
ロケ先の竜野の美しい風景
三味線風のぼたんのテーマ
青観先生や桜井センリ、岡田嘉子のキャラクター
シリーズ異例の悪党の登場に絡む金、情、芸の葛藤と鮮やかな結末
最後の解決は子供の頃は腑に落ちなかったが、
大人になって見ると製作者の強い思いが感じられます。


253 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/06(日) 11:20:53 ID:xvUrcy4a
夕焼け小焼けでぼたんのテーマ曲として使われている曲、いいですね。
何だか聞き覚えのある曲に思えるのですが、あれ、この作品のオリジナル曲なのでしょうか?
カラッとした曲調で気分が明るくなります。
また、浴衣姿のぼたんや、竜野の古い街にもとても合っているように思えます。

254 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/06(日) 11:50:59 ID:IXVEv5u5
今も同じ色、デザイン。高木屋さんの包装紙が随所で映えてます。
あっそれと以下の御二方も忘れちゃいけゃせんぜ。

1 本郷にて『おかえんなさいまし。奥様、先生がおかえりでございます』

2 龍野にて『先生、池ノ内様という方がみえてますけど』

255 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/06(日) 11:54:02 ID:IXVEv5u5
>>249
えっ酋長カットされてたんすか?
昨夜みてねえもんですから。

256 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/06(日) 11:56:19 ID:KXLvmFlh
岡田嘉子の弟子をやってた人は、榊原ルミに似てましたね。
でもクレジットされてなかったからちがうのかな。

257 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/06(日) 12:13:08 ID:eJ8uUeei
おばちゃんの「ルンペンみたい」はそのままだった

258 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/06(日) 12:24:55 ID:eJ8uUeei
「酋長」は「しゅう」のところがボカしてあった

259 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/06(日) 14:41:21 ID:Rh5bR/3v
大雅堂の主人に「いくらで売るの?」と訊かれた寅さんが、及び腰な感じで
一本指を立てて答える場面があったけど、あれはいくらのつもりだったんだろ?
千円かな?百円てことはないよね

260 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/06(日) 15:29:09 ID:IUrmy4P/
寅がさくらに「七万円だよ」と声を弾ませるシーンで、
タイゾーの「2,500万円ですよ」発言を思い出した。

261 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/06(日) 17:19:21 ID:LVOLXRqj
寅さんのしてる腕時計のブランド(モデル)ってわかる人いますか?
くあしー人おせーて!

262 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/06(日) 21:12:16 ID:N+5yHRqW
龍野の公務員に聞きたい。
70年代は有名人が来ると
芸者あげて一緒に遊んどったんかい。

263 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/06(日) 23:41:10 ID:JLMben8a
寅さん映画って、何でか夏公開のほうが名作だよね。好みは分かれるが
個人的には。
興行成績は正月だけど。

264 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/06(日) 23:56:38 ID:bMulen+6
>>259
指を立てる前に「電車賃使ってきた事だし・・・」と言っているので、おそらく千円じゃないか。

あの大滝秀治とのやりとりは個人的にかなり好き。売値をめぐるやり取りもさることながら
「事もあろうに青観の名を騙るとは・・・」と笑いながら、もう一度画のほうに目をやると表情を一変させる
大滝も面白い。

265 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/07(月) 00:06:16 ID:hPML6pco
龍野芸者に惚れちゃった。。

266 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/07(月) 00:15:20 ID:j/4pAQMu
俺も好きな順にDVD買っていったら意識したわけじゃないのに夏寅ばっかだった
ラストで汗をかきかき氷をガリガリ削るおばちゃんが好きだ

267 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/07(月) 00:18:42 ID:lYT61GMX
11月6日(日)8:15〜9:50 WOWOW(アナログ) 
  「喜劇女は度胸」  (1969年松竹) 
 今日見逃してしまった…。悔しいので放映予定を貼っときますわ。未見の方はお薦めでっせ。

11月8日(火)14:05〜15:00 NHK衛星第二 Gコード(180972)
  「俳優笠智衆わたしと松竹大船撮影所」  笠智衆ほか

11月11日(金)13:00〜14:40 NHK衛星第二 Gコード(86096324)
  「故郷」  (1972年松竹)山田洋次監督 井川比佐志 倍賞千恵子

12月4日(日)08:15〜10:00(?)  WOWOW(アナログ) 
  『拝啓天皇陛下様』

268 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/07(月) 08:53:32 ID:tAo6i5X6
11月6日にWOWOWでやった「喜劇・女は度胸」をBSデジタル放送で見た(BS-5chとデジタル191chは全く同じ番組を放送)んだけど。。。。あれは最悪でした。
WOWOWはシネスコサイズの映画も左右をカットせず、フルサイズで放送して、しかも女は度胸はハイビジョンでの放送。以前ハイビジョンで放送された仁義なき戦いの第1作がすごいキレイだったので期待してたが、
6日に放送した女は度胸は、左右をカットしてビスタサイズで放送、しかもハイビジョンなんてもんじゃない。VHSを見てるみたいだった。つい最近買ったDVDと見比べながら見てみたら月とスッポン。WOWOWの方ゎ黒なんか濃い緑みたいな感じ。
11月末にやる「男は愛嬌」、12月にやる「拝啓天皇陛下様」「ああ声なき友」「スクラップ集団」「白昼堂々」もあんな最低な画質で放送するのだろうか。。。

269 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/07(月) 11:01:44 ID:ofh6ZvBt
DVD買うと違ってタダなんだから我慢しろ

270 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/07(月) 11:42:25 ID:cAhn2VlW
WOWOWもNHK-BSも、タダじゃないんですが

271 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/07(月) 11:44:42 ID:+TJ4K2qG
俺は山田監督の作品ほとんど見ているけど『故郷』は見逃していたので
金曜日が楽しみだよ。渥美さんも出ているんだよね。

272 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/07(月) 11:50:58 ID:L353SKNf
>>256
榊原るみ本人ですよ。
ちなみに清観の家のお手伝いさんは大空小百合こと岡本茉利さん。

273 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/07(月) 15:00:21 ID:pjuyAB5I
>>271
故郷はいい映画だよ。見終わった後爽やかな脱力感・・・。

274 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/07(月) 19:26:42 ID:NPUoOaTQ
いい映画だけど、赤ん坊と笠さんを殺す必要はなかった。
人が死ね山田作品は苦手です。

275 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/07(月) 20:57:37 ID:Aa1j6sTp
「夕焼け小焼け」大雅堂の店内での寅 書棚を見ながら小声で 
ドフトフエフスキーカラマゾフの兄弟 と読むところも実に味があるなあ
ドフトフと間違えさせる脚本演出もいいし 渥美清ってほんとに味がある役者だ
ちなみに 昔はみんなドフトエフスキーだったけど
今はドストエフスキーが主流なんか よく知らんが

276 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/07(月) 21:31:43 ID:IWe6EpsN
>>274
それは家族の方だよ

277 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/08(火) 01:50:08 ID:dYh9KlHH
渥美さんはやっぱり凄いと思う。
評伝とかによると、渥美さんと寅さんの共通点とは
「喋りが上手い」てだけだしね。それ以外は正反対。
病弱(片肺)なのにドタバタもやってるから凄いよ。

278 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/08(火) 19:14:02 ID:6cisqvr2
今度放映される第18作『寅次郎純情詩集』のマドンナ
である、壇ふみは綺麗でしたね。知的で美人で品がある。
今、こんな女性は殆ど居なくなったね。



279 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/08(火) 20:27:08 ID:Rtephx5q
前は年に1,2回しか会えなかったのに、今じゃ毎週寅さんに会える。
しかし今週はお休みだったのね。

280 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/08(火) 20:44:03 ID:6jaq/beE
昔は壇ふみと紺野美沙子の区別がつかなかった...

281 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/09(水) 04:12:32 ID:UHbuEAiQ


282 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/09(水) 06:24:16 ID:RHomxNU4
>278
でしたねって死んだみたいな・・・
阿川と変なCMやってるけど料理なんてまるで出来ないらしい

283 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/09(水) 10:22:40 ID:veUV16P4
>278
ダンフミはマドンナではないw

284 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/09(水) 11:59:18 ID:JCoIb7rY
>>283
そうとも言いきれないんじゃない?

285 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/09(水) 13:38:08 ID:DoelmJnI
DVDのキャンペーンはがき6枚送った。当たるかな。

286 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/09(水) 14:06:42 ID:HFZRIO24
理屈を言うんじゃないよ

287 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/09(水) 14:38:31 ID:lmaz6A1P
お前なんかにな、中小企業の経営者の苦労がわかってたまるか!

288 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/09(水) 15:02:49 ID:k2epWwen
「このタコ!自分の足でも食ってろ!」 ←ワロスw

289 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/09(水) 15:50:20 ID:mAVAjyGM
ちげえねえや!

290 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/09(水) 16:01:23 ID:qNs88IAU
だから生き物 飼うのイヤなんだよ俺。

291 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/09(水) 18:30:22 ID:SejatlB0
檀さんは今でもおキレイ。18作の頃は「お嫁にしたいNO1」のころで
本当に輝いてる。

でも18作は嫌いではないがあまり観れない。マドンナを死なせるというのは、
寅さんの世界ではタブーだと思う。

292 :333 ◆DE/WeWLmi6 :2005/11/09(水) 21:53:02 ID:FtF9JFFL
test

293 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/09(水) 22:10:04 ID:4S44mLS2
さっきミニ番組を見て思ったこと。
ここで話されてた寅童貞説はありなのかな・・・
「あじさい」「口笛」「告白」の各シーンをまとめて見ると、そんな感じが益々してくる。

294 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/09(水) 22:28:09 ID:0AUFx+gF
素人はどうだか知らないけど、
玄人相手に筆おろしは済ませてるんじゃなかったっけ?

295 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/09(水) 22:29:48 ID:RNz9Li53
>>293
素人童貞。1〜2作の雰囲気みると、かなり遊びは派手だった気がする。

296 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/10(木) 10:15:01 ID:iX2sz7OM
通信機器のことは、全く詳しくなくて、わからないのですが、
「光」を入れれば、寅さん各話を、自由にダウンロードして観られる環境をつくることができるのですか?(CFで、そんなこといってたような)

297 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/10(木) 12:41:29 ID:VYT70SdM
壇ふみって独身だよね?

298 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/10(木) 14:42:28 ID:Z56yrBgH
春川ますみと東北の安宿で一発やってるような気がしないでもない。

299 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/10(木) 18:10:55 ID:YTEO9UvT
童貞の男なら、「純情篇」で宮本信子が脱ぎかけたときに、たしなめた
時のような落ち着きはでない。

300 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/10(木) 19:21:52 ID:SMVNLTZA
「純情詩集」の綾さんは白血病だったのかな。

301 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/11(金) 10:12:54 ID:Z9VyFkz3
今BSで放送されてるけどやっぱり寅さんは満員の劇場で観るのが一番いいなあ。
俺がリアルタイムで観れたのは47作・48作だけだが、例えば48作の砂浜で寅さん
がリリーの肩を抱こうとして空振りするシーンなんかは劇場全体が震えるような
爆笑に包まれて凄かったよ。他者と共感しながら笑うのってホントいい。

302 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/11(金) 10:27:21 ID:iBW1PaWL
それを言っちゃあ・・・

303 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/11(金) 11:03:04 ID:ouVcSMqQ
映画館では、寅が店の前を素通りするだけで場内が爆笑するからな。
観客が笑ってる最中に次の台詞を出しちゃうと、台詞の頭が聞き取れないから
寅が笑いをとった所は、次の台詞までの間を若干開けていると語っていた。
映画館でみんなと笑いながら見るのが前提の映画だから。
だからTVで一人で観ていると妙に間延びしているように感じる所が
あるんじゃないでしょうか…と山田さんが話していたのを憶えている。

304 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/11(金) 12:16:41 ID:s1IzLlM3
アメリカのミュージカル映画で、観客の拍手の間を計算してある
というのと同じだね。

305 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/11(金) 14:15:45 ID:a5aJOsjI
>>302
たしかに…映画館の迫力といえば思い出すのが知床旅情。
DVDで観た時、何か肩透かし食った気分だった。
スクリーン一杯に拡がる知床の大自然の雄大さ、清々しさ。
あれを家庭用TVで感じ取れというには無理がある。
時としてあの作品の評価が分かれるのはやむをえないと思うな。

最近、人大杉でぜんぜん見れないwしばらくageで書き込みます。

306 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/11(金) 14:16:53 ID:a5aJOsjI
慕情ですたw

307 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/11(金) 14:46:05 ID:u4ueptYC
故郷ってなんか哀しい映画だね。
こういうのが興行として成り立つ時代だったんだ・・・

308 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/11(金) 18:59:41 ID:aflVnvO/
>>307
>故郷ってなんか哀しい映画だね
いやー、家族に比べたら・・・。
故郷は見終わってから静かな感動が続くよね。

309 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/11(金) 20:51:33 ID:XZGF0RrV
「故郷」もすごい映画だねえ。今日の録画していま見たところ。
ところで第5作「望郷篇」は録画しそこなってDVD買って見なおしてるが
どうにもあの冒頭の真夏のワンピースの動きにはまいってしまうね
山田ー倍賞ラインの悩殺カット やってくれるよ  
石船の夫婦とはえらい違いだが、両方ともいい
昨日はまた瀬川監督の「旅行」シリーズ 「逆転旅行」で芸者の倍賞さんもみた。なんと源氏名が「さくら」(芸者っても格好だけだが)
こっちはもうひたすらおふざけでね 気軽にやってるこの旅行シリーズの倍賞さんもいいよ

310 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/12(土) 00:26:22 ID:UCt+Mir9
逆転旅行連日見てしまった。カメラが高羽哲夫だからってこともないだろうがよく撮れてる
これ、寅さん1作目とまったく同じ1969年8月の公開ってのもおもしろい
倍賞さくらが同時に2本誕生したわけだ もちろん格は寅さんに及ぶべくもないが
芸者さくらのほうもなかなか魅力的よ

311 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/12(土) 08:37:22 ID:tKdlh/cl
>>309
>故郷

山田さん本人としては、高度成長で地方の共同体や家業が破壊され、誰もが大資本の下請け
労働者にならざるを得ない悲哀を描いたのだろうが、いま見ると別の意味で興味深い。

主人公(井川比佐志)が尾道の造船所の下請け労働者への転職を決意するのは、
その方が実入りも良く生活が楽になるからである。
山田さんの意図とは別に、高度成長の光(地域社会破壊や、下請け化による労働者の買い叩きなども
存在したのは事実だが、それで暮らしが少しでも楽になった労働者も多かったのは事実)
の面も映画の中で記録されているわけですよ。
(もちろん、賢明な山田さんはここまで考えていた可能性もありますが。労働者としての
 若干の生活の安定と引き換えに、彼の誇りまでを失わせてていいのか、と・・・)

現在のデフレ・構造改革時代に見直すと、色んな意味で複雑な感慨があるなあ。
いま、ああいう稼業の人間が、少しでも条件のいい転職をするのはまず無理だもんね。
確実に雇用条件も生活も悪くなるからなあ。
トラックで魚の行商をしている渥美さんがいい役なんだよね。立ってるだけで、
この人物が真面目に労働して生きてきた半生史までが匂ってくるみたい。

312 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/12(土) 10:51:36 ID:GZzZCGJp
なんだ、今日は寅さん中止なのか。
まあ、詰め込みすぎもよくないから、たまには一休みもいいかもな。


313 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/12(土) 12:24:29 ID:VnK77Hy+
BSで見てるがテレビの画面が上下4分の1づつ黒で結局半分しか映っていない。
ワイドテレビでも黒帯出る気ガス。
NHKはどんなテレビで見るように想定してるんだろか?



314 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/12(土) 12:39:28 ID:tKdlh/cl
>>313
あれはオリジナルのシネマスコープサイズを尊重してトリミングしないだけ。
ワイドテレビはオートで適当に画面サイズを変えちゃうからな(シネスコだと
確かに黒帯は残るだろうね) 

普通のTVはスタンダードかワイド(いわゆる映画でいう「ビスタ」)の二種
だけど、映画の画面サイズは結構ややこしい。
ワイドテレビが完全に標準になれば、作品毎の送出サイズはどう落ち着いていくのだろう。

315 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/12(土) 13:32:56 ID:aQUlwxKY
数年前、CSの衛星劇場ではこのシリーズをビスタサイズにトリミングして
放送していたな。今はどうかしらんが。
今回、BS2の一挙放送では山田監督の要望もあってオリジナルの
サイズのまま放送しているとエロ監督が言っていた。

316 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/13(日) 19:16:34 ID:vzmOo87a
困った表情が多いさくらさんだが、
笑顔だけで癒される俺がいる。
どの笑顔が一番か見直してます。

317 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/14(月) 19:37:07 ID:iwpvfirO
>>311

なるほど。なるほど。

「l故郷」は、他愛のない話だけど、最後まで退屈せず見られた。やっぱり山田洋次は
優秀な監督ですね。

「時代の流れ」と言ってしまえば、それまでなんだけど、その裏には、様々な人間模様、
ドラマがあるわけだ。主人公の仕事への誇りや矜持には、胸に熱いものがこみ上げて
きましたよ。

松下さん、渥美清は脇役だけど、けっこう重要な役回りでしたね。
「船長は、船長だ」いいセリフだったなぁ。

風景の色彩は美しく、構図は完璧。高羽さんもいい仕事をしてましたね。



318 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/14(月) 23:46:51 ID:2133+sFw

「下町の太陽」も なかなかイイ。


319 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/14(月) 23:48:04 ID:2133+sFw

「下町の太陽」も なかなかイイ。


320 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/15(火) 13:24:30 ID:uzAdhOtQ
こもろ寅さん会館に行ってきました。
柴又の寅さん記念館は帰るときに名残惜しかったけど
ここはもういいや。一回行けば充分。

321 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/15(火) 15:10:18 ID:VTLYPmtS
>>320
理由をぜひ。

322 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/15(火) 17:16:42 ID:uzAdhOtQ
男はつらいよの世界に触れたかったのに
展示品の半分くらいが「山田洋次の世界」で正直あまり面白くなく・・・
表彰状とかトロフィー等には興味が湧かず・・・

各作品のポスターや歴代マドンナのサイン色紙や
渥美さん自筆の手紙が見れたのは嬉しかったです

323 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/15(火) 20:34:23 ID:ZiPeNXKR
>>322
たしかに、表彰状だのトロフィーだのを見てもつまらない。
俺が見たいのは、撮影の合間に撮られた、出演者やスタッフのスナップ写真です。
こういう写真は、柴又の寅さん記念館や こもろ寅さん会館にあるんでしょうか?

324 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/15(火) 22:00:09 ID:vq9L1h3m
寅さん記念館に、寅さんの服が展示してあったけど
見た感じ、すごい小さい感じがしたな。
渥美さんってけっこう小柄な人だったのかな。

325 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/15(火) 22:10:54 ID:8rlVn4dO
寅さん記念館でポスターが買えると聞いたんですが、
映画公開時のものと同じデザインなんでしょうか?
値段はいくらなんでしょう?

326 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/15(火) 22:21:23 ID:Rabb9gK9
≫325
映画公開時のものと同じデザインなんでしょうか?

同じ。
但し復刻版なので、いわゆる「ねむい」印刷
(ちょっとボケている、ということ)。
それから、第1作だけはもう在庫が無いはず。

値段はいくらなんでしょう?

税込525円


327 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/16(水) 22:46:48 ID:1GjZMy26
「夕焼け小焼け」のラスト近く さくらが青観先生を送って帝釈天のほうへ歩いていく
江戸川はどっち? こっちですと帝釈天のほう(そうだよな たしかに)
青観が じゃあこっちが東か と右手を指す
いえ こっちです とさくらが左手を指す あれ?さくらさん それはどっちかっていうと北じゃない?
(そのあと ですから東京はこっちになります と後ろを指すのはその通りだよな)
まあ どうでもいいことであったスマン

328 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/16(水) 23:05:46 ID:o0bH8EL+
一作目ポスターは原則非売品です。
記念館ではDVD全集買った人に特典として付けてます。
たしか400円(20円)だったかな…作品によって紙質にも違いありやす。
記念館のポスター欠番は以下の通り(最新情報ではないので間違ってたらスマン)
1,5,9,10,11,15,16,19,23,25,27,29,30,38,42,45
増刷予定は無いのでお早めにどぞ。先日38知床が売り切れました。

んなことより、11月26日(土) 柴又記念館に於いて
倍賞さんが紫綬褒章を受章したということでお祝いの会が催されます。
ご本人倍賞智恵子さん、山田監督がお見えになります。
本日京成電車の吊り広告で確認しました。
10:30AM〜(10;45だったかな?) 
お時間のある方は是非、柴又へさくらに会いにお越し下さいませ。
あっしは柴又在住の寅ファンです。情報なもんでageときます!

329 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/16(水) 23:10:57 ID:o0bH8EL+
忘れたてた!源ちゃんが来るという噂もあり。
これは確認次第書き込みますね。

330 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/17(木) 00:52:39 ID:Eoy3hald
>>301
小学生の頃、両親に連れられて
都はるみがマドンナだった「旅と女と寅次郎」を映画館で見たことがあるけど
寅さんが葛飾電器からウォークマンを盗んだという電話を受けた
おいちゃんとおばちゃんが「寅はそういうことをする子じゃない」と怒っているのを尻目に
寅さんがウォークマンを聞きながらとら屋の前を素通りするシーンがまさしくそうでした。
映画館でもっと見とけばよかったな・・・

97 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)