5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

AIまだなの?

1 :メカ名無しさん:03/03/31 03:18 ID:UwTjCVKl
なんか自分で考えるロボットってまだ?

239 :メカ名無しさん:05/01/24 01:28:06 ID:VT+GqfPS
AIは無理だろ…
ロボットが走れないのがアクチュエータによる問題であるなら
AIが出来ないのもニューロンの挙動を再現できるデバイスが無いから。
…と思う。

>>機械に「自らを壊れないように適切に管理しつつ自分の複製を作る」っていう
>>目標にむかって働いてもらうプログラムを作ってその目標に向かって生きてもらえば
>>AIができるんじゃないのですか??
この内容を機械が理解できるように細分化(「適切に管理」とかも具体例を全部示す)し、
その細分化した個々の行動プログラムを事前に機械に格納しておかないと無理だと思う…。
そのためにもこれから怒りうるであろう事象を全て求め、全てを細分化し…

とか膨大な情報量が必要になるので人間には用意できない(多分)。
機械もAIがないかぎり情報の準備ができないので無理(致命的)。

…とボクは思っています。

240 :メカ名無しさん:05/01/24 04:00:22 ID:X0S5Da1B
>>237
だから「実体化」って何?
機械で肉体を持たせるとか、そういう話?

241 :メカ名無しさん:05/01/24 04:14:25 ID:X0S5Da1B
>>239
> AIが出来ないのもニューロンの挙動を再現できるデバイスが無いから。

べつに実際の機械じゃなくたって、シミュレーター書けばいいだけでしょ。
ニューロンの挙動が正確にわかれば可能。
ちょっと動きが遅いかもしれないけど、コンピューターの性能はどんどん向上してるし。


> その細分化した個々の行動プログラムを事前に機械に格納しておかないと無理だと思う…。
> そのためにもこれから怒りうるであろう事象を全て求め、全てを細分化し…

それは完璧なプログラムを要求してるよ。
数学的に完全な円なんて実際には書けないように、完璧なプログラムはまず作れない。

でも、とりあえずちゃんと動く程度のプログラムなら作れる。
「事前に」「全て」用意しなくても、必要な範囲で少しずつ改良していけばいい。


242 :メカ名無しさん:05/01/24 23:20:45 ID:ZG8TdpnV
とりあえずは、ニューロン真似しなくてもチューリングテストに合格すればよし。


243 :メカ名無しさん:05/01/25 00:44:57 ID:YaKzcY3N
既にチューリングテストに合格したことあるよ

244 :メカ名無しさん:05/01/25 14:54:20 ID:+xrNbKz+
>>240
マジレスすると、某漫画の実体化とは
それまで計算機のメモリ上(二次元)で動いていた人工知能プログラムが
我々の世界(三次元)にロボットの体を持って存在すること、だと思われます

>>241
考えはわかるけれど、239氏はとりあえずちゃんと動くプログラムのためには
思ったより高度なものを書かないといけないという可能性を示唆してるんでわ
例えばとりあえずいい感じに動く自然言語処理のプログラムを造るには
以外と人の自然言語処理にだけ注目しててはだめで、知能全体をプログラムする
必要があるんじゃないの?みたいな

245 :メカ名無しさん:05/01/25 18:15:10 ID:rB+7kSSU
>>244
自然言語処理は確かに大変そうだね。
良く知らないけど、意味とか概念のデータベースをうまく扱えなきゃいけないだろうし。

でも、元々の >>226 の話って、人工生命とかでやってるような、もっと簡単な話じゃないかな。
動かなくなっても「死んだ」と見なすだけだし、たまに「死ぬ」くらいなら問題ないでしょ。
暴走して怪しい挙動取ったりするのも、全滅しない程度なら、進化に繋がるかもしれない材料だし。

246 :メカ名無しさん:05/01/26 13:52:48 ID:GfXvabts
コピーの連鎖からオリジナルなものが発生することがあるんじゃない?って主張?
プログラムのコピーはまさにコピーであり、進化には変化が必要であると思われ、
そのような変化をどのように表現したらいいのだろうか
全く同じものの複製を繰り返すだけでは複製元が増えるだけだと思うぞ
乱数による変化・・・は違うだろうしねぇ


247 :メカ名無しさん:05/01/26 22:01:17 ID:RVHJ3QT7
>>246
人工生命とかでやってるのは、まさに乱数による変化だけど。
環境に適応できない個体を淘汰する仕組みと合わせて、進化を再現しようとしてる。

有名なのは Tierra とかかな。
ただの自己複製プログラムから始まって、寄生虫と免疫系の戦いとかまで出てきたらしいよ。

似たようなので、進化を模倣する GA とかもそれなりに成果が挙がってるみたいだし。
ソフトウェアとかシミュレーターの話としては、こういうやりかたも有望だと思う。

248 :メカ名無しさん:05/02/11 18:54:39 ID:NqoMk6Pd
私的には とりあえず らしくあってくれりゃおkなんだが

249 :メカ名無しさん:05/02/17 10:38:29 ID:IGfGIgBr
このスレの期待するものはもっとドリームなかんじだけど
とりあえず押さえとくべきはこーゆーのじゃなかろうか
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4873112168/
ゲーム開発者のためのAI入門―Creating intelligent behavior in games


250 :メカ名無しさん:05/02/18 17:29:32 ID:YA2lh714
ニューロチップの開発まだ〜?

251 :メカ名無しさん:05/02/19 02:36:20 ID:Qgeh9e0k
普通にありますが何か?

252 :メカ名無しさん:05/03/07 15:23:55 ID:pLIWMx3t
オカルトという概念を実装できない知能は、知能とは呼べない。


253 :メカ名無しさん:2005/03/21(月) 13:24:00 ID:C2RPxTSg
会場前で堂々とベジタリアン弁当\600 
アレルギー向け弁当\500 とか売りそう・・・

254 :メカ名無しさん:2005/03/27(日) 14:55:17 ID:haV8NZxW
>>195

勇気と誇りがあれば、人は何でも出来るんだよ。

255 :メカ名無しさん:2005/04/22(金) 21:35:06 ID:tATwYz2Q
aiに自我を移して写して自由になりたいです。

256 :メカ名無しさん:2005/04/29(金) 02:54:22 ID:o4pTVajj
http://www.smilecareclub.com/
結構進化してるね。

257 :メカ名無しさん:2005/04/29(金) 14:30:40 ID:xXSwFmS/
>>242
今のほとんどのAI研究者が、その昔鳥を見て人が乗れる羽ばたき飛行機を
作ろうとしていた科学者と重なって見える・・・。
ニューロンの模倣が最適だとは思えない。

258 :メカ名無しさん:2005/05/01(日) 11:37:08 ID:mCJLdJ5E
タチコマまだ?

259 :メカ名無しさん:2005/05/01(日) 19:28:29 ID:lJTZsrJK
人工知能の研究が活発な大学ってどこだろう。
結構おおくの大学が人工知能を研究テーマにしてるけど、
具体的にどの程度のレベルかっていうのがはっきり示されてない気がする。
っつか、日本にこの手の研究をまじめにやってる人っているのか?

260 :メカ名無しさん:2005/05/01(日) 21:20:18 ID:Tx1bp9Xx
以前、理研に”脳型コンピュータ”の研究の見学に行ったことが有る。
仕事場のつてで特別に可能になったのだが、正直、がっかりだった。

真新しいビルの最上階、土足厳禁を訴えるカードキャプターさくらの
張り紙のあるドアの向こうで、4輪の自律ロボットが動いていた。
コントロールしていたのはFPGAを山盛りしたボードで、研究者は笑顔で
我々の疑問に答えてくれた。

帰りの車の中は、ほとんど会話が無かった。
「……」
「……あれ、簡単にできるね」
「……あれでお金がもらえるって、良いね……」
会話はそれっきり、だった。皆は衛星屋で、当然ながら自律機械の
専門家である。みんな、もっと高度なものを期待していたのだ。

261 :メカ名無しさん:2005/05/03(火) 17:14:27 ID:As9aNBRt
人間の脳ほど単純な回路もないけどなwww

262 :メカ名無しさん:2005/05/04(水) 12:38:38 ID:TSmUf+jU
脳死は『死』だそうですが
首から下を取替えれば
永遠の『生』になるとですか


263 :メカ名無しさん:2005/05/04(水) 23:55:38 ID:V0iYNMYm
逆だろ。脳死が死の判定基準なら
永遠の『生』のために取り替えるべきは首から上。


…で、それがAIと何の関係が?

264 :メカ名無しさん:2005/05/06(金) 22:39:05 ID:wqZUhP4y
おまいら!
人間の脳だけ研究しても駄目だ。
脳と体は一体。体があってこそ知能が発達するんだ。

ヘレン・ケラーは見えない・聞こえないとコンピュータと
さして変わらない状況だが、彼女は最終的に知能を
手に入れられた。

それは体があったからだ。

以上、文学部より心を込めて。

265 :うんち:2005/05/06(金) 23:32:45 ID:9iZaLE9s
子供もまともに育たない。大人もまともに生きられない。
そんな状態で新しいロボットなんていう生物作ってその人格も
まともに生きてない人が作って、まともにいくワケないじゃん。
まだ人類には早すぎるよ。そして人がまともになったらロボット
なんて作るもんじゃないってわかるよ。

266 :メカ名無しさん:2005/05/17(火) 17:43:15 ID:K4zmSwfl
>>265
とりあえずおまいは消えろ

>>264
「認知発達ロボティクス」ってやつな
うん。俺もより人間らしさを追求するならそれが一番いいと思うよ

267 :メカ名無しさん:2005/05/18(水) 05:16:26 ID:4ClCQ5TH
>>260
期待していたのは技術的に高度なのか、学問的に(或いは「学問的に目指す所」がw)高度なのかと

268 :メカ名無しさん:2005/05/20(金) 00:37:44 ID:GcNP5aZ0
慶応大学で量子コンピュータによる簡単な計算が実現されたらしい。
量子コンピュータは分散処理的な計算を行うものだから、分岐の多い探索に関する問題には強いはず。
これで高度な計算ができるようになったら、AIはどうなるのだろうか?

>>264
確かに、ロボットの思考を徐々に賢くしていく過程で、環境とインタラクトする体が必要なのは賛成だね。
一方で、脳の場合はすでに完成されているものであるし、結局体で受け取った刺激は脳内で処理されている。

結局、
脳の部分的な反応の仕方を調べるだけ(=細かいレベルでの調査)では、ミクロマクロループのある複雑系としての脳を理解できない。
そこで、脳の働きを細かいレベルである程度理解していき、「その部分的な機能を独自に工夫して組み合わせた体」を使ったロボットによる検証によって、ミクロマクロループを補うという形をとるべきだということになるのか?

先のことはわからないかな..


269 :メカ名無しさん:2005/05/20(金) 21:58:18 ID:J3iMHxUK
>>268
>量子コンピュータは分散処理的な計算を行うものだから、
>分岐の多い探索に関する問題には強いはず。
これは根本的に違うはず。

脳の構造を解析して複製しても、別の媒体で出来た人間が出来るだけで。
そんなロボットは作るべきではないと考えている。
まあ、人間を理解するためのシミュレーション程度ならいいと思う。

ロボット独自の知能が合ってもいいのでは。

270 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

271 :メカ名無しさん:2005/07/23(土) 10:46:01 ID:OK2/ueqY
AIは論理的適応はできるけど非論理的適応は
出来ないじゃない?

272 :メカ名無しさん:2005/07/28(木) 13:57:48 ID:vJ+wlq7V
>>271
あなたにとってAIの定義がそうなだけ。

273 :メカ名無しさん:2005/10/16(日) 04:34:39 ID:8vHeKCMV
知的ロボットに必要なCPUとハードディスクはどのくらいですかね?

274 :メカ名無しさん:2005/10/16(日) 09:40:04 ID:S6jQY0Lc
脳の容量は1京バイト程らしい。
これは1000万GBのHDを用意すればいい。
CPUは、脳の神経細胞は140億個、200本のシナプスが
伸びていて、それが毎秒200回信号をやり取りしますから、560THzです。


275 :メカ名無しさん:2005/10/17(月) 12:31:41 ID:9eFDn0mT
脳の構造を解析して複製しても、別の媒体で出来た人間が出来るだけで。
そんなロボットは作るべきではないと考えている。

それができたら、人間には不可能な直接インプットによる
膨大な学識詰め込みやその時点から技術進歩して
数倍のスピードで動く可能性もあるわけじゃん。
データだけじゃなく考え方まで追加で組み合わせて見れるわけよ。
それに人間の体という制約条件もなくなるんだよ。
きっと楽しいよね。

まあ、俺が生きているうちはSF的妄想だろうけど。

276 :メカ名無しさん:2005/10/17(月) 23:38:32 ID:VqycWdQT
人間の脳と全く同じスペックで人工的なものを作っても
絶対にAIはできないと思う。たとえば、容量が1000万GBのHDなんか
使っても情報の検索、引き出しとかは時間かかりすぎるしね。
HDを並列化しても量子コンピューターが対応できないかも。

277 :メカ名無しさん:2005/10/18(火) 00:33:28 ID:3V1ztqtC
>>274 本当なら地球上にあるPCあわせたらそれはすぐに超えられる容量だな。
ターミネーターのマリオネットオソロシス・・・・・

278 :メカ名無しさん:2005/10/23(日) 17:33:54 ID:uXOy/PIv
コンピュータが知能を持つにはまだまだ長い道のりがある気がする。
人が日常の生活で当たり前のように行なっている”認識”すらコンピュータはこなせていない。
人は置物の猫を見れば置物の猫と判断できるし生きてる猫をみれば生きてる猫と瞬時に判断できる。
釘が飛び足していれば硬くて尖ってるから危険だと認識して回避するし
葉っぱが飛び出していれば柔らかいから避けなくても大丈夫だと回避しない。材質まで認識できる。
道の向こうからちょっと怖そうな人が歩いてきたら避ける。コンピュータにはそういう判断力がない。
自分で考える力をつける前に経験・情報を瞬時に拾い出して結論を出せるようにならないと。

279 :メカ名無しさん:2005/10/24(月) 08:02:47 ID:8rC7g3b0
>>278
微妙なことを・・・。あなたの話は、あなたが人間が認識を行っていると思っているだけの話。
まず、テレビがまだ広まってなかった時は、普通に箱の中に人がいると思って居た人が居た。
それと同じく、動物の一種は映像を現実と捕らえることもある。
このようなことを人間が何回も繰り返して、認識を作りたててるだけ、それに瞬時に判断しているわけでもないしね。
人間は結構曖昧なことが得意で、ある時点では認識保留でも自分の思考過程でそれを認識していた。とすることも多々ある。
そんなんだから、手品やその他いろんなトリックにも引っかかるし、変なおかしい理論も信じられる。


280 :メカ名無しさん:2005/10/26(水) 02:15:09 ID:fVhpNisb
感情とはなんですか?
どうやって発生し、どうやって分類するのでしょう。

↑を模倣するのには、エキスパートシステムでできると思う?

281 :メカ名無しさん:2005/11/01(火) 00:12:40 ID:sHgf7NL3
おれ思うんだけど感情について研究してるときに「怒り」とか「悲しみ」とかっていう言葉に特定の動作とかを結びつけるのは問題あると思う。感情って言葉で分類できるほど単純なものじゃないと思うから。

282 :メカ名無しさん:2005/11/01(火) 00:44:29 ID:qqYGOhFS
感情は分類できないモノということですか?

ではどうやって認識すればよいのでしょう。
・・・受け手・・・いえ、発信側・・・やっぱ受け手はどうやって相手が怒っているとか分かるのでしょう?

この辺りは、心理学?認知学?ではどうやって解釈しているのですか?

283 :メカ名無しさん:2005/11/01(火) 01:15:25 ID:sHgf7NL3
心理学も認知科学もあまりよく知らないんですが、相手の感情の予測については2000年ぐらいに脳科学の分野で発見されたミラーニューロンとかが関係しているんじゃないでしょうか。
ミラーニューロンは,他者の行為を自分自身の内的な運動表象に対応づけることで,自分の行為と他者の行為を結びつける役目を担う( http://www.cns.atr.jp/dcn/OztopG/oztopG.ja.html )らしいです。
このような対応づけを行うときに、自分の中でもある感情が誘発されて、それを発進側の感情として認識するんじゃないでしょうか・・・。
とんちんかんなこと書いてたらすみません。

284 :ななす:2005/11/03(木) 02:12:30 ID:tof0rb6C
そいつに仕事を任せるとして、どこまでそいつの判断にまかせるべきなのかっていう理論も出てきますね。
いちいち人の指示待ってたら意味ないワケで。

285 :メカ名無しさん:2005/11/03(木) 23:45:01 ID:nKyRMEmv
>>283
俺もAIに持たせる感情は最初に分類しちゃダメだと思ってる。
「怒り」や「悲しみ」みたいな感情を皆が認識できるのは、その感情とリンクする
言動・行動が皆たまたま同じだから。

AIを作るときは、感情が複数の状態を持つ可変ステートモデルをベースにして
各ステートに行動・言動を学習でリンクさせていく。その結果「感情Aは人間で
言うところの「怒り」に近いね」とかなる。これなら説明できない感情とか恋とかも
学習次第で可能。つまり「何かの行動・言動によりある感情ステートは刺激される
」という仕組みしか元々用意しないってこと。

なんて知った風なこといってみた

286 :メカ名無しさん:2005/11/04(金) 07:52:33 ID:Gp9+V9er
>>285
学習によって分類する話は、予め分類する基準がないと動かないと思う。

人の感情の基礎は本能に組み込まれてるでしょ。
誕生直後の赤ちゃんだって、ちゃんと特定の状況で泣いたり笑ったりしてる。
もちろんそのあと学習してどんどん発展してくけど、それは成長であって創造じゃない。

AI にも基礎になる部分は組み込まないと、そもそも感情らしいものが発生しないと思う。

287 :メカ名無しさん:2005/11/04(金) 15:26:13 ID:7xlqDcXY
AIなら最近幾らでも出てるだろ?
http://pure.chat-jp.com/FH050011.jpg
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/19/2f/bcae879651e4aacdfd46804f0c8155f2.jpg
http://www.lpga.or.jp/profile/img/0715.jpg
http://members.at.infoseek.co.jp/magiyosi/ai.jpg
http://ferret01.hp.infoseek.co.jp/dialy2004-10/2004-10-01-01.jpg
http://www.nfljapan.co.jp/cheer/cheerleaders/img/nakayama.jpg
http://blog5.fc2.com/w/walla/file/20050222124639.jpg

暇だねオレもw
他に何があったっけ。


288 :メカ名無しさん:2005/11/04(金) 16:08:20 ID:7xlqDcXY
wikiったらまだ幾らでもいるか
http://www.descente.co.jp/arena-jp/fan/images/ai_p01.jpg
http://www.popteen.net/news/img/ai/ai_title04.jpg
http://67.18.135.162/img/cari/1069452721.jpg

66 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)