5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

壁という言葉が出てくる歌を出すスレ

1 :壁に耳あり、障子にメアリーさん:04/03/31 23:11
高ければ高い壁の方が登った時気持ちいいもんな
                   by 終わりなき旅(ミスチル)

2 :( ´Д`) ◆JwDQN1jb/I :04/03/31 23:18
草も壁も濡れてこんなにも色を変えていった
ねぇ大切な気持ちまで 軽々しく変えないで
                 by 雨の日(aiko)

3 :( ´Д`) ◆JwDQN1jb/I :04/03/31 23:19
とうとうぶつかった大きな壁 説いてくれる人はいないけれど
きっとあなたは知ってるんだ 上から笑って見てるんだ
                 by 陽と陰(aiko)

4 :( ´Д`) ◆JwDQN1jb/I :04/03/31 23:20
あなたにとっての大きなピンチ
少しでもかばえるように
あんな壁 こんな壁 乗り越えて
                 by イジワルな天使よ 世界を笑え!(aiko)

5 :鞍馬トマト ◆PpMURAL.9. :04/04/01 02:34
♪壁際に寝返りうって 背中で聞いている
 やっぱりお前は出て行くんだな
                   by 勝手にしやがれ (沢田研二) 

6 :ギコ猫旅団@ネオ(*゚Д゚)AANo.357 ◆GikonekOkA :04/04/01 14:57
 壁に向かって〜♪


by壁に向かって(浜田省吾)

7 :キタ━━(・∀・)━━!! ◆kitaQj9oXE :04/04/01 18:46
さくらんぼ(大塚愛
くちばしにチェリー

8 :壁の予感:04/04/03 01:03
壁〜 壁〜 あな〜たは〜

9 :老猿 ◆gG2PDturbo :04/04/12 23:58
THE ALFEE
壁の向こうのFREEDOM

10 :まきる:04/04/20 00:06
♪鉄の壁に 見えるのは
  扉を隠す カーテンかも知れない

11 :壁に耳あり、障子にメアリーさん:04/04/21 07:56
ドカベン

12 :壁に耳あり、障子にメアリーさん:04/05/01 11:16
この体が血を噴出すほどぶつかれる壁があればいい

鬼束ちひろ  Everything,in my hand

13 :壁に耳あり、障子にメアリーさん:04/05/01 16:57
びゅーっと飛んでくドーカベン、にじゅーーはぁーーちごう

14 :壁に耳あり、障子にメアリーさん:04/05/03 08:22
壁際に寝返りうって。。。

15 :壁に耳あり、障子にメアリーさん:04/05/13 23:06


16 :鞍馬トマト ◆PpMURAL.9. :04/05/30 21:44
♪Humpty Dumpty sat on a wall.
 Humpty Dumpty had a great fall.
 All the king's horses,
 And all the king's men,
 Couldn't put Humpty together again.


17 :まきる:04/05/31 00:10
♪ どれだけ旅を続けたら 自立できるのか?
いくつ壁を乗り越えたら 自由になれるのか?
なんど自分を見つめたら 優しくなれるのか?
その答えは 友達よ、風に吹かれている

♪ The answer, my friend, is blowin' in the wind
The answer is blowin' in the wind

18 :壁に耳あり、障子にメアリーさん:04/06/10 13:15
守るも攻めるもくろがねの、う壁る城ぞ頼みなるぅ

19 :二重壁:04/06/10 13:24
風にふるえるオリーブの花、白い壁の教会で、
ゆれてかたむく十字架のもと、一人の男が たおれてた
何のために、何を夢みて、歯を食いしばり、働いて死ぬのか
ゆれてかたむく十字架のもと、一人の男が たおれてた
われてくだけたステンドグラス、もれる光が目にしみる
戦火にやけたマリアの像に母の姿を思い出す
何のために、何を信じて、歯を食いしばり、戦って死ぬのか
戦火にやけたマリアの像に、母の姿を思い出す
何のために、何を求めて、傷つきつかれ、年老いて死ぬのか
よごれた顔に、ほほえみう壁、
男はやがて、息絶えた

20 :壁に耳あり、障子にメアリーさん:04/06/20 12:23
白夜〜True Ligut〜

哀しいほど 光り出した 白い闇 切り裂く翼になれ
冷たい太陽に照らされてた
飼い馴らされた自由があった
鏡に映った 奇跡の夜
仮面(マスク)を外し始めた my soul
崩れてゆく壁の向こうは
絶望も希望も同じ顔する
満たされない心あるなら
飛び立てる終末のプロローグへ・・・
刃のような風吹く世界
守るべきものは何なのか?
ひとつひとつ痛みを知るたび
本当の自分へと近づく
消えゆく Fake Light
生まれゆく True Light
この手に・・・・・・・
白く染まる闇突き抜けて
新しい時代を刻み続けろ
解き放した心のままに
果てしなく続いてく白夜を飛べ

http://music4.2ch.net/test/read.cgi/asong/1054491764/201-300

21 :キタ━━(・∀・)━━!! ◆kitaQj9oXE :04/06/21 15:46
ずっと〜眺めていた、遠く幼い頃から
今も色あせたその景色は 真っ白い壁にかかってある

22 :鞍馬トマト ◆PpMURAL.9. :04/08/23 11:33
まるかいて ちょん
まるかいて ちょん
お豆に根が出て
うえ木ばち うえ木ばち

6月6日に UFOが
あっちいって
こっちいって
おっこちて
お池が2つできました

お池にお舟を う「かべ」たら
おそらに三日月のぼってた
ひげをつけたら ドラえもん 〜♪

23 :鞍馬トマト ◆PpMURAL.9. :04/08/23 11:38
ほんの少しだけれど
陽が射し始めた
雪明り 誘蛾灯
誰が来るもんか
独人(ひとり)

荒野から山径へ
邂逅(であい)はまぼろし
弄びし夏もや
何が視えたんだろうか
抱擁(だい)て

十九歳十月
窓からたびたち
壁でザビエルも
ベッドで千代紙も
涙泣(な)いた

「冬のサナトリウム/あがた森魚」


24 :壁に耳あり、障子にメアリーさん:04/09/29 10:36:30
夢が泣いてる 現実というコンクリートの壁に
動けない 輝けない いつの間にか囲まれすぎて
                  by Birth(奥井雅美)

25 : ◆fgBOLAN6mg :04/10/20 01:28:21
僕は
僕は思い出すことが出来る
佇んでいた 壁の前に
銃は
打ち抜いた 僕たちの額を
そして僕たちはキスをした
何者も転落できないように
恥辱とは 他人の側にある
僕たちは彼らを打ちのめすことが出来る
永遠にいつまでも
僕たちは英雄になれる
たった一日だけ

David Bowie "HEROES"

26 :漏れ ◆i3ANIKIo7o :04/10/23 17:20:57
こんな広いうららかな空をゆく
ときにはどこへでもゆける
強い翼よ しなえ!
ほら 断崖絶壁 谷に船を出そう
深く大地は裂け 悠久の時 ズンズン迫ってくる

轟音が記憶の螺子を捲く
あの人の匂い 母の匂い 父の匂い 僕の匂いも


星が生まれたよ 詞・曲 渡辺勝

27 :壁に耳あり、障子にメアリーさん:04/10/24 11:28:49


28 :老猿 ◆gG2PDturbo :04/11/04 18:14:56
ジョナサン 音速の壁に
ジョナサン きりもみする

14才/ザ・ハイロウズ

29 :かまぼこ ◆u2MANKOJrs :05/01/16 07:18:19
高梨みどり

30 :壁に耳あり、障子にメアリーさん:05/03/04 17:03:12
壁に〜♪

31 :音浪 ◆imo8.onro. :05/03/20 13:15:15
The Madmen     YMO(細野晴臣詞・曲)

Walk in the forest, what do I see
A wooden house in the trees
I can feel people here and there
But I can't see a wall anywhere

Every time I look away
I hear the madmen call

I walk on looking for something new
A lake comes into view
I can feel the spirits call
I look around, but there's no wall

I cross the lake to the other side
A spirits hands me a meteorite
I throw it down and walk some more
I don't see no wall at all

I swallowed up again
I staring at the wall
Look away
I hear the madmen call

32 :壁に耳あり、障子にメアリーさん:2005/04/27(水) 08:57:37
>>3


33 :アイランド:2005/05/09(月) 17:00:00
海に囲まれた大地と小川と木々
私の島から砂を洗い流す波
夕焼けは闇に溶けていく
畑地や林の空き地はひたすら雨を待っている
一粒ごとの愛憎の雨粒は
風化しくたびれたこの壁を浸食していく
時流を退け島への風を受け止めてきた
この私の壁を  (Peter Sinfield)

8 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)